海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ポグバ

    1:Egg ★:2018/03/28(水) 22:22:33.12 ID:CAP_USER9.net
    W杯開催スタジアムで心ない“モンキーチャント”の人種差別行為

    フランス代表のMFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)とFWウスマン・デンベレ(バルセロナ)がワールドカップ(W杯)開催国のロシアで行われた試合で人種差別的チャントを浴びる被害に遭っていたことが分かった。国際サッカー連盟(FIFA)も調査に乗り出している。

    フランスは現地時間27日にサンクトペテルブルクでロシアと対戦。19歳の神童FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)の2得点とポグバの強烈な直接FK弾で3-1と勝利を収めた。23日のコロンビア戦では2-3と逆転負けを喫したが、ロシアとのテストマッチはきっちりと勝利を収めた。

    しかし、“レ・ブルー”は素直に勝利を喜べない事態を迎えている。

    仏紙「レキップ」や地元テレビ「RMCスポーツ」によれば、この試合でポグバとデンベレの両選手がロシアのサポーターから人種差別的な意味を持つ“モンキー・チャント”を受けていたことが発覚したという。W杯開催会場の一つであるクレストフスキー・スタジアムで心ない人種差別行為が選手を襲った。

    米スポーツ専門テレビ局「ESPN」では、FIFAがこの件について徹底調査を行うと伝えている。世界各地から32カ国が集結するサッカー界の祭典で、このような事態が起きないことを願うばかりだ。

    3/28(水) 21:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00010032-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/21(水) 16:19:15.67 ID:CAP_USER9.net
    フランス代表監督のディディエ・デシャンはポール・ポグバが現在、マンチェスター・ユナイテッドで過ごしている状況では幸せになれないと語った。ポグバはジョゼ・モウリーニョの信頼を失っている。

    今回の代表ウィークでコロンビア代表とロシア代表と対戦するフランス代表にポグバを招集しているデシャンは合宿中に彼と話す事を主張した。「私は合宿中に選手達とたくさん話す機会を持つ。だから私はそうするだろう。それはポールとだけではない。」

    ポグバの状態についてデシャンはこのように見解を述べた。「ポグバはこの状況を楽しんではいないだろう。彼は自分の能力を全て発揮できていない現状に満足していないはずだ。それには複数の理由が存在するだろう。彼のクラブで過ごしている現状では彼は幸せにはなれない。」

    ポグバは代表ウィーク前最後のFAカップ準々決勝のブライトン戦(2-0でユナイテッドが勝利)ではベンチにとどまった。さらにチャンピオンズリーグのラウンド16でマンチェスター・ユナイテッドが敗退を喫したセビージャとの2ndレグでも後半15分からの出場となっている。

    ポグバの次の夏の市場での移籍の噂は絶え間なく続いており、今後の動向に注目が集まっている。

    (文:SPORT)
    2018-03-21_18h18_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010007-sportes-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/13(木) 14:51:45.64 ID:CAP_USER9.net
    昨夏、ユヴェントスから1億500万ユーロ(約126億円)といわれる“史上最高額”の移籍金で、古巣であるマンチェスター・Uに復帰したフランス代表MFポール・ポグバのパフォーマンスに対し、ファンから不満が噴出している。

    その不満の声に対して、ポグバ自身がコメントを残した。イギリス紙『デイリーメール』が12日に伝えている。

    「みんなは僕のパフォーマンスを見て、ゴールを決めていないと判断している。たぶん僕がきっちりとゴールを決めていたら、みんなそのことについて言及しないんだろう」と批判を受け止めながらも

    「移籍金については忘れたほうがいい。それは過去のことだし、移籍は移籍。ピッチでプレーすることとは別の話だ」と強調。常に移籍金の金額ばかりが注目され、パフォーマンスと比較されることについての不満を露わにした。

    「みんな僕がゴールを決めなければならないと思っている。だけど僕の仕事はMFとしてアシストをすることだ。たとえ僕がアシストをしても、誰もそれについては語ってくれないけどね。

    それでもチームを勝たせることができれば、僕はしっかりとその役目を果たすつもりだよ。僕たちは勝利のために努力し続け、トップ4に入るために頑張っている」。

    ポグバはプレミアリーグ第32節を終え、27試合に出場して4ゴール、3アシストを記録。マンチェスター・Uは13日、UEFAヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでアンデルレヒトとアウェイで対戦する。

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20170413/575562.html?cx_top=topix

    写真


    ポグバ「ゴール数や移籍金じゃない」 マンチェスター・ユナイテッド日本語公式
    http://www.manutd.jp/ja-JP/NewsAndFeatures/FootballNews/2017/Apr/POGBA-DONT-JUDGE-ME-ON-FEE-OR-GOALS.aspx

    プロフィール
    http://www.manutd.jp/ja-JP/PlayerAndStaff/FirstTeamLandingPage/Paul-Pogba.aspx
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 22:42:58.54 ID:CAP_USER9.net
    史上最高額のサッカー選手、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバが、金満セレブぶりを発揮して話題を呼んでいる。

    大好物のボロネーゼ、すなわちミートソースのスパゲッティが食べたくて、旧知のイタリア人シェフを個人的に雇い入れ、マンチェスター郊外オルトリンシャンの自宅近くに家族とともに引っ越しさせたという。イギリスの大衆紙『サン』が伝えている。

    「ポグバは食べることが大好きで、それこそ最大級の礼を尽くしてようやく口説き落とし、イタリアからマンチェスターに呼び寄せることに成功した」と関係者が明かすそのシェフは女性で、ポグバは彼女の作るボロネーゼに惚れ込み、ユベントス時代から懇意にしていたという。

    女性シェフの名前やポグバがいくらで雇い入れたかなどは明らかになっていないが、オルトリンシャンに構える300万ポンド(約4億円)の豪邸の近くに住まいを用意し、女性シェフは9歳の息子を連れてすでに専属シェフとしての生活を始めているという。

    「彼女はまだイギリスの天気に馴染めないようだ。息子さんは英語がまったくしゃべれなくて苦労しているらしい」と関係者は語っている。

    ポグバは昨夏、ユベントスから約9000万ポンド(約125億5000万円)というサッカー史上最高額の移籍金でマンチェスター・Uに戻ってきたが、本来のダイナミックなプレーは影を潜めたままで、先日も元チェルシーのフランク・ランパードに「現状では試合を変えられる選手ではない」と酷評されたばかり。

    大好物のミートソースのパワーで、ついに本領発揮となるか。
    23387_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=23387
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 09:45:06.42 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチがMFポール・ポグバに対し、「プレッシャーを愛せ」とアドバイスした。英『ミラー』が伝えている。

    ポグバは昨年8月にサッカー史上最高額といわれる9380万ポンド(約123億7000万円)の移籍金でユナイテッドに加入。鳴り物入りで赤い悪魔の一員となったものの、高額な移籍金に見合う活躍を披露しているとは言い難い。15日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦(1-1)でも軽率なハンドを犯し、先制点の献上につながるPKを与えてしまった。

    重圧に苦しむポグバに対し、同じく昨年夏に加入したイブラヒモビッチは「俺はプレッシャーを楽しんでいるよ。ポールにとって良い答えになるかは分からないけどね。だけど彼もプレッシャーが好きなはずさ。プレッシャーがなければ、トップレベルに足を踏み入れることはできないのだから」とアドバイスを送る。

    「もしトップでプレーしたいと思うのならば、プレッシャーは24時間ついて回る。もしより良いプレーがしたいのなら、プレッシャーはさらに強くなる。だからプレッシャーの使い方を学んだほうがいい。俺らはトップレベルでプレーしているし、ポールも間違いなくそうだからだ。プレッシャーはこれからも常にあるものなんだ」

    自身の経験も踏まえ、ポグバを激励したイブラヒモビッチ。現在プレミア6位のユナイテッドは公式戦16試合連続無敗と好調だが、さらに上を目指すにはポグバの“覚醒”が欠かせない。
    2017-01-18_11h16_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01635990-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 20:25:26.13 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表のMFポール・ポグバがレアル・マドリーやバルセロナへの移籍の可能性があったことを、フランスメディア『SFR』のインタビューで明かした。

    ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが所属するレアル・マドリーや、アルゼンチンの天才、FWリオネル・メッシやブラジル代表のFWネイマールが所属するバルセロナへの移籍の可能性があったものの、ポグバはユナイテッドへの愛を貫き、加入を決断した。

    「バルセロナやレアル・マドリーとも契約することはできたが、僕はハートでユナイテッドへ来ることを選んだんだ」

    今冬の移籍市場では、中国スーパーリーグのクラブによる爆買いが相次ぎ、トップ選手が「お金」のために移籍を決断している。ポグバはその路線とは一線を画す。

    「このユニフォームでタイトルを勝ち取りたい。僕がここへ来たのはお金のためではなく、ここでサッカーをしたいからなんだ」

    2012年から4年間、セリエAのユヴェントスでプレーしている間も、ユナイテッドのことを忘れなかった。

    「ここへまた戻ってくるって自分自身に言い聞かせていた。僕が大好きなチームだし、ユナイテッドのおかげで、今の自分のキャリアがある。ここに来たのは自分自身の目標があるからだ。僕にとって大きな挑戦となる」

    ポグバは大好きなユナイテッドで、タイトルを獲得し、世界一を目指すことを誓った。
    2017-01-17_22h44_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000008-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/29(火) 11:56:50.36 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドは27日の本拠地ウェストハム戦で1-1のドローに終わり、第13節終了時点での勝ち点が20とプレミアリーグの歴史で最低となっていることが明らかとなった。今季史上最高額の移籍金8900万ポンド(約120億円)ユベントスから加入したフランス代表MFポール・ポグバは、チームの不振から「オレたちは呪われている」と悲鳴を上げている

    ポグバはこの試合で、前半21分にFWズラタン・イブラヒモビッチの同点弾を完璧なクロスでアシストしているが、その7分後に渦中の人になった。相手DFにエリア内で倒されたが、主審は意図的に転んだと判断。シミュレーションの判定でポグバはイエローカードを提示された。これに激怒したジョゼ・モウリーニョ監督は、給水ボトルを蹴りつける激昂ぶりで退席処分を言い渡された。

    フランステレビ局「SFRスポーツ」で、ポグバは茫然自失の様子だった。「オレたちは呪われていると信じ始めている。どのチームがやって来ようが、相手を支配している。アーセナルだろうが、ウェストハムだろうが、だ。自分たちの運気はどこかで変わるのだろうか。その時に掴み取らなければいけない」と、自らに言い聞かせるように語った。

    今季はポグバ、イブラヒモビッチ、MFヘンリク・ムヒタリアン、DFエリック・バイリーと3年連続の大型補強に成功したユナイテッドだが、決定機を作りながらもことごとく外してしまう。偉大なるアレックス・ファーガソン監督の退任後に迷走を続けるユナイテッドは、モウリーニョ政権でデイビッド・モイーズ元監督やルイス・ファン・ハール前監督時代を下回る低空飛行を余儀なくされている。

    「愚かな形で勝ち点を落としているが…」

    「決定機を作れているので自信はある。ゴールは来るだろう。チームを信頼している。小さなディティールに注意を払わないといけない。今日は愚かなゴールを喫した。アーセナル戦でもディティールを欠いた。愚かな形で勝ち点を落としている。でもうまくいくと思う」

    なんとか気持ちを取り直すように、ポグバは言葉をつないでいた。
    2016-11-29_12h38_45
    Football ZONE web 11/28(月) 23:24
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161128-00010021-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/10(木) 23:19:55.62 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリエーズマンはフランス代表のチームメイトであるマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバと、いずれは同じクラブチームでプレーすることを望んでいるようだ。『ESPN』が伝えている。

    W杯欧州予選グループAで首位に立つフランスは、13日にホームでスウェーデンと対戦する。グリエーズマンとポグバは代表チームで行動をともにしており、最近はSNS上でも一緒に写っている写真が多くアップされているようだ。ドイツでの『スカイ・スポーツ』の取材に対し、グリエーズマンは以下のように話している。

    「ポール・ポグバには、いつもユナイテッドについて尋ねているよ。あそこは本当に素晴らしくインフラの整ったビッグクラブだと思っている。ポールにはそこにいる選手たちについても質問している。彼らは本当に良い選手なのかとか、ジョゼ・モウリーニョは本当に良い監督なのかとかね」

    大きな野心を持つ選手の1人として、友人が所属するビッグクラブへの興味を隠さないグリエーズマン。『ESPN』によれば、ユナイテッドのモウリーニョ監督は来夏、攻撃のオプションを増やすためにグリエーズマンを獲得するつもりだという報道もある。

    グリエーズマンは「僕がユナイテッドやパリSGに移籍するんじゃないかっていう噂は多いけど、今のところは新しいクラブへの移籍は考えていない」と現状では否定しながらも、「でも、いつの日かポールと一緒にプレーできたら素晴らしいと思っているよ」と希望を明かした。
    2016-11-11_06h59_13
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-01633184-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/27(木) 19:35:44.77 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がMFポール・ポグバのセンターバックとしての才能を評価している。同監督が『スカイ・スポーツ』で語った内容を英『メトロ』が伝えた。

    今夏、サッカー史上最高額となる8900万ポンド(約113億円)の移籍金でユナイテッドに加入したポグバ。

    しかし、プレミアリーグ8試合の出場でわずか1ゴールと、金額に見合うパフォーマンスを発揮しているとはいい難い状況だ。

    真価を発揮できずにいるフランス代表MFに対し、モウリーニョ監督は「今彼が抱えている問題はポジションでもないし、戦術的なシステムでもない。

    個人的な意見になるが、彼が異なるスタイルのサッカー文化からやってきたことが問題を生んでいるんだ。最高のパフォーマンスを発揮するためには少し時間がかかるだろう。

    特にプレーが難しい中盤の選手はそういうものなんだ」と擁護。さらに、ポグバの並外れたポテンシャルについても言及している。

    「ポグバはトップクラスの選手だ。彼は驚異的なセンターバックになれると思うよ」

    「彼のパスのクオリティー、空中戦の強さ、あの巨体から繰り出されるアジリティーを考えると、守備的なポジションでの活躍が期待できる。

    しかも後ろからボールを持って上がることも可能だ。素晴らしいセンターバックになれるだろうね」

    ポグバの攻撃面での不振に対する批判を遠ざける狙いもあったのだろうか。モウリーニョ監督はポグバの守備的プレーヤーとしての才能を絶賛した。
    2016-10-27_20h54_10
    ゲキサカ 10/27(木) 17:59配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-01632667-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/14(金) 18:48:40.41 ID:CAP_USER9.net
    a15ef524-83f3-4e8b-9143-99afe0a76f55
    今季もズラタン・イブラヒモヴィッチやポール・ポグバらビッグネームたちが加わったイングランド・プレミアリーグ(ポグバは復帰だが)。

    そんななか、英紙『Metro』では今季のプレミアリーグで最もユニフォームが売れている選手TOP10を伝えていた。『Sports Direct』での売り上げになるようだ。
    1位 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

    2位 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・ユナイテッド)

    3位 アレクシス・サンチェス(アーセナル)

    4位 メスト・エジル(アーセナル)

    5位 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)

    6位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)

    7位 サディオ・マネ(リヴァプール)

    8位 ディミトリ・パイェット(ウェストハム)

    9位 エデン・アザール(チェルシー)

    10位 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

    今季最もユニが売れているのは、ポグバだそう。その移籍金は8900万ポンド(112.4億円)というとんでもない額だったが、このニュースはユナイテッドにとって朗報といえるかもしれない。また、ユナイテッドはトップ10に実に4人がランクインしており、その人気ぶりが窺える。

    その他、アーセナルとリヴァプールが2人ずつ、ウェストハムとチェルシーから1人ずつという結果だった。

    http://qoly.jp/2016/10/14/premier-league-2016-17-top-10-player-shirt-sales-so-far
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ