海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ポドルスキ

    1:Egg ★:2018/11/04(日) 02:20:15.36 ID:CAP_USER9.net
    [11.3 J1第31節 名古屋-神戸 豊田ス]

    ヴィッセル神戸のMFルーカス・ポドルスキが3日、敵地でのJ1第31節・名古屋戦でMFアンドレス・イニエスタのアシストから芸術的なゴールを挙げた。

    前半10分、フリーでボールを受けたイニエスタが敵陣中央から右足でループパスを送ると、PA内中央に飛び出したポドルスキが左足のジャンピングボレーで合わせる。これがゴール左に決まり、先制点を挙げた。

    ポドルスキは第9節・名古屋戦(3-0)以来、22試合ぶりとなる今季4得点目。豪華共演によるゴールにスタジアムは大きくどよめいた。

    11/3(土) 14:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-04249920-gekisaka-socc

    写真


    動画

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/01(木) 22:46:05.61 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸でプレーしている元ドイツ代表ルーカス・ポドルスキの近況を、1日の独紙ビルトが伝えている。

    神戸でキャプテンを務め、残り4試合を残し残留争いをしていると報じ、同紙の取材に「僕の契約は19年まで残っている。でもその後にサッカーを辞めるということではない。体と頭が一緒についてくる限り僕はプレーをするつもりだ。楽しんでいるよ」とコメントしている。

    ポドルスキとともに06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会では若手として躍動し、14年W杯ブラジル大会ではリーダーとしてドイツを優勝に導いたバスティアン・シュバインシュタイガーの近況も、同時に報じている。

    シュバインシュタイガーは米MLSシカゴ・ファイアーに所属、現在はセンターバックとしてプレーしているという。今季は下から2番目の順位で終了。契約は今年いっぱいまでで「妻と話をして、それから決断しようと思う」と話したという。
    2018-11-01_23h39_22
    11/1(木) 19:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00379496-nksports-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/28(日) 10:51:15.56 ID:CAP_USER9.net
    「この国に来れて、本当に嬉しい」と話す元ドイツ代表ストライカーにとって、日本での生活はかけがえのない時間のようだ。ドイツのオンラインポータル『Sportbuzzer』は、10月27日にルーカス・ポドルスキの独占インタビューを載せている。

    ヴィッセル神戸では結果が出ない苦しい時期が続いているが、欧州で成功も失敗も味わっているポドルスキにとって、結果が出ない時期も貴重な糧になると見ている。

    「正直に言うと、ときには痛い目にあうことも良いことだと思うんだ。
    人生の中で、自分自身がますます強くなれるからね。ピッチの外では、日本での生活を毎日楽しんでいる」

    元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが加入後も成績が伸び悩む神戸。それでも同クラブをJリーグのトップチームにするプロジェクトを諦めるつもりはない。

    「周囲からの高い期待は、僕らのような経験豊富な選手にとっては、大きな刺激になる。僕が日本に来るときに、クラブが話してくれたプロジェクトは、僕を納得させるものだった。ここ最近の調子が悪いからといって、僕はここであきらめて『アディオス』なんて言わないよ」

    2019年には契約が切れるポドルスキ。その後の明確なプランはまだないようだ。神戸で引き続きプレーする可能性も示唆している。

    「まずは、今シーズンをしっかりとした形で終わらせることが先だね。もしかしたら、もう1年ここでプレーするかもしれない。ただ、もう6、7年外国でプレーしているからね。そろそろ家族や友人たちとの日常も恋しくなるよ。年を取れば、故郷やそういったものの価値が分かるようになるものさ」
    2018-10-28_11h48_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00854735-soccerk-socc
    10/28(日) 8:15配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/28(日) 00:07:55.73 ID:CAP_USER9.net
    J1のヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキはドイツメディアのインタビューに対し、日本での体験や今後の見通しについて語っている。ドイツ『Sportbuzzer』がインタビューを伝えた。

    ポドルスキは日本での生活について、「この国での日々は相変わらず信じられないほど素晴らしい」と称賛。「日本の人々や全てのものが大好きになった。清潔で安全で、食事も素晴らしい。人々はとても敬意を持ってくれる。ここに来ることができて本当に幸せだ」と述べた。

    しかし、昨年の来日当初ほど笑顔を見せなくなったのではないかとも指摘されている。

    それに対しポドルスキは、「確かに最近はたくさんやるべきことがある」と神戸が置かれた苦しい現状に言及しつつ、「バルセロナやバイエルンなどのトップチームにいるのでなければ、いつも笑顔でいる理由があるとは限らない」と答えている。

    「トップチームにいればいつも良く見える。全体的によりクオリティーが高いわけだからね。ポドルスキと、今は(アンドレス・)イニエスタもいるという理由だけで、チームが全く別のサッカーをできるというわけじゃない」と神戸の苦境について語った。

    日本のサッカーについては、「この国のリーグを欧州のリーグと直接的に比較することはできない」としつつ、「チームとしても個人としても、欧州と同じような勝負があるわけじゃない。スピードは欧州より遅いし、タックルもより少ない」と率直な感想も述べている。と率直な感想も述べている。

    神戸との契約を2019年まで残すポドルスキは、今後の見通しについて「まずは今季を良い形で終えなければならない」とコメント。

    その上で、「最後にもう1年続けるかもしれない」とプレー続行に意欲を見せている。「もう6年か7年国外にいて、家族や友人も恋しい」と契約終了後のドイツ帰国も示唆した。

    10/27(土) 21:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00294801-footballc-socc

    写真
    20181027-00294801-footballc-000-view (1)
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/01(月) 11:20:42.21 ID:CAP_USER9.net
    J1ヴィッセル神戸は29日の第28節鹿島アントラーズ戦で0-5と敗れた。今季最多の5失点で公式戦6連敗(リーグ5連敗)を喫するなど大失速しているなか、キャプテンの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身の公式インスタグラムで謝罪文を掲載した。

    元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが負傷により2試合連続欠場したなか、チームは27節の浦和レッズ戦で0-4と大敗し、続く鹿島戦でも5失点。2戦合計0ゴール9失点と攻守の歯車がかみ合わない状態に陥っている。

    シーズン終盤に最も調子を落としているのが神戸で、現在リーグ10位ながら振り返れば降格圏の16位サガン鳥栖と勝ち点差6。残り6試合の結果次第ではJ2降格もあり得る立場だ。今季からキャプテンを務めるポドルスキは30日にインスタグラムを更新すると、「いま、神戸サポーターを始めチームに関わる全ての人にとって難しい局面を迎えています!」と切り出し、鹿島戦を振り返りながら次のように謝罪した。

    「昨日の試合は本当に申し訳ないとサポーターをはじめ、チームを支えてくれているみんなに、キャプテンとして謝りたい!!」

    チームの苦境に責任を感じているポドルスキは「残りあと6試合、共に立つこと以外になにもない!」とファンに共闘を呼びかけつつ、「最高の応援に感謝」と日頃のサポートに対して思いを綴った。

    返信欄には厳しい言葉も並んだ一方、「共に戦いましょう!」「応援してます」「しっかり声だして勝たせるので力の限り戦って下さい」「頼むで」「どんな状況でも応援してます」とエールも届いている。

    イニエスタの復帰時期は依然として不透明だが、チームが一丸となって苦境から脱することができるだろうか。

    9/30(日) 20:30配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00138448-soccermzw-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/22(土) 13:06:05.32 ID:CAP_USER9.net
    J1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身の公式インスタグラムを更新し、ホームタウンの神戸で酔ったファンに心優しい対応を見せる動画を公開した。

    【画像】神戸の独代表FWポドルスキ、夜の神戸で酔ったファンに神対応! タクシーの後部座席に優しくエスコートする様子



    1日のJ1第25節・北海道コンサドーレ札幌戦で危険なタックルにより一発退場となったポドルスキは、1試合出場停止処分で15日の本拠地ガンバ大阪戦を欠場。23日に敵地浦和レッズ戦を控えるなか、ポドルスキが20日にインスタグラムのストーリー(24時間で削除される動画・写真)を更新。夜の神戸でファンと酒を交わし、最後はタクシーに乗せて見送るという神対応の動画をアップした。

    「神戸で夜の外出」と記した動画では、とあるお店でファンと一緒にお酒を嗜む様子を公開。楽しい時間を過ごした後、路上で酔ったファンが「ルーカス・ポドルスキ、オール・オーバー・ザ・ワールド、ナンバーワン!」と絶叫すると、ポドルスキは柔和な笑顔を浮かべて嬉しそうな表情を見せた。動画上には「KOBE FANS LOVE」と記して、ファンへの愛を示している。

    酔ったファンが何度も絶叫し、ポドルスキは優しく見つめていたなか、送迎のタクシーが到着すると、エスコートに動いたのがポドルスキだった。日本語で「アリガトウゴザイマス」と感謝の言葉を発すると、そのファンをタクシーの後部座席に案内。紳士的対応でファンがその場から去るのを見送った。動画上には「変だが愛らしい」と冗談交じりの一言を添えている。

    ピッチ内では闘争心剥き出しのポドルスキだが、夜の神戸でファンに見せたのは神対応そのもの。ピッチ外で“良い人すぎる”側面を覗かせた。

    9/22(土) 8:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00136806-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/19(水) 19:49:24.73 ID:CAP_USER9.net


    東京・両国国技館で、超異色対談が実現した。9月19日に行われた大相撲秋場所十一日目で、相撲中継にゲストとして登場していた高須クリニック・高須克弥院長と、観戦に訪れていた元ドイツ代表で現神戸の世界的サッカー選手・ポドルスキが、まさかの遭遇。高須院長が、角度によって整形前後の自分の顔が映し出される名刺を渡すと、あの名FWが「NICE!」と爆笑した。



    高須院長は好角家として知られ、本場所開催中は砂かぶり(溜席)で度々観戦、多くの懸賞も出すことで知られており、この日はAbemaTVの中継でゲストとして初出演。相撲通ぶりを存分に発揮していた。またポドルスキは、親交がある豊ノ島(時津風)の応援で、関取復帰を濃厚とする5勝目を挙げると、早速祝福に駆けつけていた。

    お互い観戦し終えると、関係者エリアでがっちりと握手。直後に高須院長がおもむろに名刺入れを取り出し「FACE ALL CHANGE」と語りながら、角度を変えることで自身の整形前後の顔が見える名刺を手渡した。これにはドイツ代表としてワールドカップ優勝も経験し、名門クラブを渡り歩いた名選手も興味津々。あまりの変貌ぶりに、笑いが込み上げた様子だった。

    さらに今度はポドルスキから「TOKYO?」と、高須クリニックの場所を質問すると、すかさず高須院長は「YES! TOKYO、OSAKA、NAGOYA」と案内。これを聞いたポドルスキが通訳を介して「何か(顔に)問題があったら行ってもいいですか?」と“予約”打診をすると、すかさず「ALLWAYS WELCOME YOU(いつでもどうぞ)」。2人はがっちりと握手を交わしていた。

    9/19(水) 19:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00010021-abema-fight
    続きを読む

    313:U-名無しさん :2018/09/17(月) 17:52:08.92 ID:1uPUOB9b0.net
    >神戸、超異例の選手参加で監督交代会見を実施
    2018.9.17 15:19

    会見を聞く神戸・イニエスタ(中央)、ポドルスキ(右)ら選手たち=ホテルオークラ神戸





    https://www.sanspo.com/soccer/news/20180917/jle18091715190007-n1.html


    ポルディワロタw
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/11(火) 14:12:38.00 ID:CAP_USER9.net
    9/11(火) 13:23配信
     J1神戸が11日、神戸ユニバー記念競技場で行われた公開練習の後に「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」の募金活動を行った。

    活動には、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)ら選手27人が参加。中でも元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)がひときわ存在感を示し、活動を盛り上げた。まず最初に募金箱を手にしたポドルスキは、カタール代表DFヤセルとともに「MONEY! MONEY!」と大きな声を挙げた。ド直球な呼びかけには周囲の選手や練習に集まった約700人のファンも爆笑に包まれた。

    さらに自身の持つ箱の前にファンが通ると「ジュウマンエン!」と募金を呼びかけ、お札を入れたファンがいれば「ナイスプレー!」などと言って拍手で讃えた。中には財布の中の小銭を全て、ポドルスキの箱に入れた男性ファンもいた。また時折ファンとの撮影を自ら提案するなど、サービス精神とユーモアたっぷりで場を盛り上げた。

    約30分間の募金活動の後、取材に応じたポドルスキは「(地震は)心が痛むニュース。被災された方はたくさんのものを失って、苦しいことがたくさんある。この募金で彼らに力を与えることができたんじゃないかなと思う。これからも彼らのためになることを協力していければ」と真剣な表情で語った。集まった26万1048円は楽天クラッチ募金を通じて北海道の各自治体に送られる。15日のG大阪戦(ノエスタ)でも募金活動を検討しているという。
    2018-09-11_16h29_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000093-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/03(月) 20:21:09.34 ID:CAP_USER9.net
    楽天ヴィッセル神戸株式会社の代表取締役会長である三木谷浩史氏は、1日に行われた北海道コンサドーレ札幌戦におけるFWルーカス・ポドルスキの退場処分に納得がいっていない。“専門家”に意見を求めたことを自身のツイッターで明かしている。

    三木谷氏は友人であるバルセロナのDFジェラール・ピケにこの一件を報告した模様で、テキストメッセージのやりとりをしている。

    ピケは「試合を見たよ。ルーカスへのレッドカードが試合を壊してしまったね」と述べると、三木谷氏は「レッドだと思う?」と返答。するとピケは「最大でもイエローカード。相手を痛めつける意図はないし、レイトタックルというだけだ」との見解を示している。

    このやりとりの画像を掲載した三木谷氏は、「Jリーグは改善の必要がある…」と一言添えた。

    9/3(月) 20:10 フットボールチャンネル
    20180202_podolski_gettyd-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180903-00287977-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ