海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ポルティモネンセ

    1: pathos ★ 2019/02/26(火) 18:05:47.78
    ポルトガル1部のポルティモネンセは26日、FW大堀亮之介と契約を結んだ。所属しているサンフレッチェ広島、同選手をサポートしているユーロプラスインターナショナルが発表している。

    大堀は『高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル』で決勝ゴールも決めるなど、広島の高校年代日本一に大きく貢献。また昨年はU-17日本代表にも選出された。背番号10番、さらにキャプテンを任されるなど、年間を通して大きな活躍を見せた。その実績が認められ、本人の希望でもあった海外クラブとの契約、入団に至った。

    入団に際し、大堀は次のようにコメントしている。

    「まず契約するにあたって、サンフレッチェ広島という素晴らしいクラブで成長させて頂きとても感謝しています。これからまた新しい環境でのスタートとなりますが、自信をもって自分の武器であるドリブル、シュートを存分に発揮し、1日でも早くトップチームで活躍できるよう頑張ります!そしてここで結果を出し、必ず日本代表入りします!応援よろしくお願いします!」

    大堀が入団するポルティモネンセは、日本代表MF中島翔哉がブレイクしたクラブだ。今シーズンの後半戦からは同じく日本代表のGK権田修一が加入するなど非常に注目度の高いクラブである。当面はU-23カテゴリーでプレーする見込みだが、中島とプレースタイルも近いだけにクラブからの期待値も高く、今後の活躍が期待される。
    2019-02-26_18h50_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00911884-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/09(土) 07:44:21.73
    ポルトガル1部のポルティモネンセが8日、同クラブの下部組織(U-23)に所属する21歳の長島滉大がトップチームに昇格したと発表した。長島は昨年9月、JFLのFC今治からの期限付き移籍でポルティモネンセに加入。U-23の選手としてプレーしていた。なお、当時の発表によるとレンタル期間は今年の6月30日までとなっている。

    ポルティモネンセには今年2月まで日本代表MF中島翔哉が所属していた。今季はリーグ戦13試合出場で5得点6アシストを記録。ウォルバーハンプトンなど複数の欧州クラブから関心を示される中で、2月3日に移籍金3500万ユーロ(約44億円)でカタール1部のアル・ドゥハイルSCへ移籍している。

    過去には金崎夢生がプレー。1月29日には権田修一がポルティモネンセに加入しており、日本との関わりが深いクラブだ。FC今治とは2016年に付き合いがあり、長島を含めた日本人選手3人(長島、片岡爽、小野田将人)がポルティモネンセの練習に参加していたことがある。

    果たして、長島はトップチームでどのような活躍を見せるのだろうか。

    2019年02月09日(Sat)6時51分配信 フットボールチャンネル
    po-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2019/02/09/post308790/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/04(金) 07:40:59.48 _USER9
    1月2日(現地時間)にポルトガル・リーグ第15節が行なわれ、ポルティモネンセはリーグ2位のベンフィカを2-0で下した

    前節のフェイレンセ戦を欠場した中島翔哉だが、日本にいったん帰国してからポルトガルに戻り、今年初試合となるこの一戦に先発出場。2点目の起点となるなど、要所で存在感を示した。

    試合は12分、ウィウィソン・マナファのクロスに対し、ベンフィカ守備陣が処理に失敗したことで、ポルティモネンセはオウンゴールで先制する。

    そして38分、中島が左サイドから前線のジャクソン・マルティネスにクロスを上げるが、ベンフィカGKが飛び出して弾く。しかし、そのこぼれ球をクリアしようとDFが頭でそらしたボールは、ネットに吸い込まれていった。

    その後、ベンフィカは得点を奪えず、ポルティモネンセは強豪相手に大金星。中島は89分にピッチを退くまで、果敢にベンフィカの守備網に挑み続けた。

    彼はこの試合の後、日本代表の背番号10として、アジアカップが開催されるUAEに向かうとみられていたが、合流はさらに遅れる可能性が出てきた。

    現地紙『O jogo』によれば、この試合にはイングランドのマンチェスター・ユナイテッド、サウサンプトンのほか、スペインのアラベス、マジョルカ、ドイツのフライブルク、そしてオランダのフェイエノールトなどのスカウトが訪れていた。

    ベンフィカの若手選手2名を見る目的もあったようだが、最大のお目当ては中島だったとされる。

    そんな中島について、同紙は「ポルティモネンセ側が“あと数日”滞在させるように画策している」との見解を示している。

    「ポルティモネンセは、土曜日にマリティモ戦を控えている。中島はUAEに飛ぶ前に、この試合に出場する可能性が出てきた。日本の初戦は9日のトルクメニスタン戦であり、目の前に迫っているが、ポルティモネンセの会長は日本サッカー協会がベンフィカ戦での出場を認めたように(推測だが……)、今回も出場が叶うとみている」

    いずれも、今冬の移籍を見越しての戦略と考えるのが自然だろう。英メディアは、ウォールバーハンプトンとの交渉は破談したとの見方を報じている。今回の滞在の延長、合流の遅れは、新たな移籍交渉のためのものとなるのだろうか。

    ポルトガル紙『Record』は、試合後にアントニオ・フォーリャ監督が、中島について以下のようにコメントを残したと紹介している。

    「監督として、私は彼を失いたくない。しかし、もし(移籍が)起こるのであれば、これがサッカーにおける人生であり、私たちはまた再び、チームを作り上げなければならない……」

    はたして、中島の動向やいかに!?

    1/4(金) 6:30 サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=52272

    写真
    2019-01-04_08h12_25


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/02(水) 11:30:31.60 _USER9
    ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の高額な移籍金に注目が集まっている。

    昨シーズンからポルトガルリーグのポルティモネンセでプレーする中島。今シーズンからは10番を背負い、ここまでリーグ戦で5ゴール5アシストを記録するなどエース級の活躍を見せる。

    プレミアリーグのウォルヴァーハンプトン移籍の可能性が高いと伝えられてきたが、ここに来て契約解除金である4000万ユーロ(約50億円)をウルブスは払う意思がないとされる。

    さらに、ポルトガル『A Bola』によると、レスター・シティも中島の獲得を狙っているが、やはり4000万ユーロを支払えた場合のみ、移籍が成立するようだ。

    経済的に豊かではないポルティモネンセはあくまでも契約解除金満額を要求する模様で、その条件を満たせるかが今冬の移籍のカギとなるようだ。

    ポルト、ベンフィカ、セビージャといったクラブも興味を寄せる中島。どのクラブが50億円を支払うことになるのだろうか。

    1/2(水) 11:20配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000001-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/26(日) 12:17:51.63 ID:CAP_USER9.net
    8/26(日) 12:05配信
    中島翔哉はフル出場も今季初ゴールお預け…ポルティモネンセは開幕3戦勝ちなし

    [8.25 ポルトガル・リーグ第3節 ポルティモネンセ2-2サンタクララ]

    ポルトガル・リーグ第3節が25日に行われ、MF中島翔哉の所属するポルティモネンセはホームでサンタクララと対戦し、2-2で引き分けた。連敗こそ2で止めたが、開幕3戦未勝利(1分2敗)。中島は3試合連続で先発フル出場している。

    前半5分にサンタクララのDFファビオ・カルドーゾに巧みなバックヘッドを決めれたポルティモネンセだったが、後半4分に試合を振り出しに戻す。MFエヴェルトンのミドルシュートがクロスバーを叩き、跳ね返りをFWブルーノ・タバタがヘディングで押し込んだ。

    後半19分にはドリブルでPA内左に切れ込んだFWウィルソン・マナファが右足で流し込み、2-1と逆転する。しかし、直後の同21分にマナファが相手のCKをクリアミスし、オウンゴールで同点弾を献上。中島ら攻撃陣が再び勝ち越しを狙ったが、2-2のドローに終わった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-01716860-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/05/14(月) 10:40:54.27 ID:CAP_USER9.net
    5/14(月) 10:21配信
    サッカーJ1のFC東京は14日、ポルトガル1部ポルティモネンセへ期限付き移籍中の中島翔哉(23)が完全移籍することが決定したと発表した。

    鋭いドリブル突破と得点力を持ち味とする中島は、昨年8月にポルティモネンセへ加入。今季リーグ戦29試合に出場し、10得点と活躍した。

    中島は「この度、ポルトガルのポルティモネンセに完全移籍することになりました。FC東京では素晴らしいチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの方々とともにサッカーをすることができてとても幸せでした。チームとしてタイトルを獲るという目標は達成できませんでしたが、FC東京でプレーし、多くのことを学び、成長できたことにとても感謝しています。これからも精一杯サッカーを楽しんでいきたいと思います!ありがとうございました(原文まま)」とFC東京の公式サイト上にコメントを掲載。来月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会への出場が期待されている。
    2018-05-14_11h18_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208236-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/14(月) 06:08:56.86 ID:CAP_USER9.net
    来るロシア・ワールドカップへ好アピール!

    写真


    期待のホープが今シーズンを締めくくる一戦で魅せた。

    現地時間5月13日に行なわれたポルトガル・リーグ最終節で、ポルティモネンセはパソス・フェレイラと対戦して3-1で勝利を収めた。そんな本拠地での一戦で殊勝なパフォーマンスを披露したのは日本代表MFの中島翔哉だった。

    【動画】10ゴール&12アシスト達成! 中島翔哉が代表入りへアピール

    シャドーポジションで5試合連続先発出場を飾った中島は開始早々から機敏な動きを見せると、27分に左サイドのライン際からドリブルで切れ込んでからゴール前へ絶妙なスルーパスを供給。これが味方FWピレスへと繋がって先制点を演出した。

    さらに1-0でリードして迎えた77分には、再び日本代表MFを起点に得点が生まれる。速攻から仕掛けた中島がシュートし、相手GKが弾いたところをピレスが押し込んだのだ。
     

    その後、パソス・フェレイラに1点を返されたポルティモネンセだったが、後半アディショナルタイム2分にトドメを刺す。このダメ押し弾を呼び込んだもの中島だった。

    センターサークル付近でボールを持った中島は右サイドへ展開し、再びマナファからのリターンパスをゴール前で受けると、ワンタッチで流して、ウェリントン・カルバーリョのゴールをお膳立てした。

    欧州初挑戦となったシーズンの最終戦で2アシストを含めて全3ゴールに絡んだ中島。公式戦の記録も10ゴール・12アシストにまで伸ばして、迫るロシア・ワールドカップ出場へ向けてきっちりとアピールしてシーズンを終えた。
     
    サッカーダイジェスト 5/14(月) 5:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00040329-sdigestw-socc

    中島翔哉、全得点関与の活躍で今季12アシストに。最終節勝利で有終の美
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00269261-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/01(日) 21:45:54.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカーの日本代表FW中島翔哉が所属するポルトガル1部、ポルティモネンセのホジネイ・サンパイオ会長が31日、当地で取材に応じ、新たに日本人選手を獲得する可能性があることを認めた。

    ポルティモネンセは31日のモレイレンセ戦で、0―3から4点を奪って4―3で大逆転勝ち。中島はそのうち3点に絡む活躍を見せ、チームの攻撃をリードした。

    中島は3月のベルギー遠征で日本代表に初招集。デビュー戦となった同月23日のマリ戦(1△1)では同点ゴールを挙げた。ベルギー遠征の2試合を現地で視察した同会長は「(中島は)最高のプレーを見せてくれたし、攻撃の際に可能性を感じるほとんど唯一の選手だった。彼が出ていない時の日本代表の攻撃は面白くない。もう少し中島を出して欲しかった」と手放しでたたえた。

    クラブでも代表でも結果を残している中島には、様々なクラブから獲得オファーが届いているという。サンパイオ会長によると、スペインの強豪Aマドリードに加え、香川真司が所属するドルトムント、ヴォルフスブルク(ともにドイツ)からもオファーがあった。さらにポルトガル1部で現在1位のベンフィカ、同2位のポルト、同3位のスポルティングも獲得を検討。ウクライナの名門・シャフタール・ドネツクに加え、ロシアのクラブからもオファーがあるという。

    中島を放出する可能性について問われた同会長は「クラブにとって重要な選手だ。それは我々だけでは決められない。彼自身が決めることでもあり、家族の意向など多くの要素が絡んでくる。急いではいない」と語った。

    ただし、中島が移籍した場合の『保険』は準備しているという。「もちろん(移籍する)可能性はあるし、すでに注目している日本人選手がいる。来季、獲得する可能性もある。日本には頻繁に行ってスカウティングしている」と語った。日本へスカウトを派遣している事実を明かした点を考えると、意中の選手はJリーグでプレーする選手なのだろうか。いずれにしても、今後もポルティモネンセの動向から目が離せなくなりそうだ。

    4/1(日) 21:05配信 スポーツ報知
    2018-04-01_22h07_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000214-sph-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/01(日) 02:08:28.83 ID:CAP_USER9.net
    2018.04.01 記事

    モレイレンセ戦で先発、後半19分にこぼれ球を拾ってゴールにつながるパスを供給

    ポルトガル1部ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉が現地時間3月31日のリーグ第28節モレイレンセ戦に先発出場。ポスト直撃のクロスで2点目の起点となるなど、存在感を示し、チームも試合終了間際に逆転して4-3で勝利した。

    本拠地モレイレンセ戦に先発した中島だったが、チームは劣勢を強いられた。前半38分にPKを献上して先制を許すと、その2分後にはフランス人MFビレル・ウアシェリアにゴールを許し、2点のビハインドを背負った。

    しかし、ポルティモネンセも後半に反撃する。後半11分、途中出場のFWウェリントン・カルバリョのパスからFWホルヘ・ピレスがゴール。さらに同19分には、モレイレンセがGKとDFが交錯してボールがこぼれたところを、中島がペナルティーエリア内左でいち早く拾って中央へ折り返し。左足で放ったボールは左ポストを直撃し、ファーサイドにいたDFルーベン・フェルナンデスが押し込んで2-3と1点差に迫った。

    その後、後半45分にピレスがPKを決めて同点に追いつくと、アディショナルタイム4分には再びピレスがゴールを挙げてハットトリックを達成。後半に4得点を奪う怒涛のゴールラッシュで4-3と劇的な逆転勝利を飾った。日本代表の欧州遠征でデビュー&ゴールを決めた中島は“ポスト直撃クロス”でゴールに絡み、存在感を示した。

    (Football ZONE web編集部)
    cd508d5b0582f9ecb096764ad7f0c577
    https://www.football-zone.net/archives/96762
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/17(土) 07:37:20.59 ID:CAP_USER9.net
    no title
    中島翔哉 ポルティモネンセの中島翔哉【写真:Getty Images】


    現地時間16日に行われたポルトガル1部リーグ第27節でポルティモネンセはビトーリア・セトゥバルと敵地で対戦し、1-1と引き分けた。中島翔哉はフル出場でアシストを記録している。

    ポルティモネンセは開始直後、残留争い中のビトーリア・セトゥバルに先制を許してしまう。

    それでも14分、同点に追いつくことに成功した。左サイドのスペースでパスを受けた中島は、中をよく見てクロス。2列目から入ったデネルがヘディングで合わせて1-1とする。

    中島はその後、ドリブルで相手をかわしてチャンスをつくる見せ場もあったが、決定的な仕事はできない。チーム全体としても逆転弾を挙げるには至らず、試合は1-1のまま終了した。

    フル出場した中島は、2試合連続のアシスト。今季のアシスト数は8となっている。

    【得点者】
    2分 1-0 アンドレ・ペレイラ(ビトーリア・セトゥバル)
    14分 1-1 デネル(ポルティモネンセ)

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2018/03/17/post261077/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ