海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マインツ

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/10/01(日) 08:00:05.35 ID:CAP_USER9.net
    昨季の指揮官との対決で「特別な満足感を得られたことだろう」

    ブンデスリーガ第7節のヴォルフスブルク戦、武藤嘉紀は74分に殊勲の同点ゴールを豪快ヘッドで決めた。これで今シーズン3得点目だ。

    レビン・エズトゥナリの右からのクロスに合わせたプレーは、非常にダイナミックであり、また技巧的でもあった。
     
    このゴールを高く評価したのがドイツの地元メディアだ。全国紙の『BILD』は「スーパーヘッドだ!」と称えつつ、以下のように記している。
     
    「エズトゥナリからのクロスは最高のものではなかったが、武藤が頭を前に向けてこれに合わせると、ボールは美しくゴールの隅に飛び、GKカステールスは止めることができなかった! ヴォルフスブルクは、ギラボギの1点だけでは勝つのに十分ではなかった」
     
    また同紙は、ヴォルフスブルクの新監督が、昨シーズンまで武藤のボスだったマルティン・シュミットであることにも触れている。
     
    「ムトウは、特別な満足感を得られたことだろう。シュミット時代のマインツでは、彼はベンチ要員であり、大きな役割を担っていなかった。彼はこの試合でリベンジを果たしたのだ」
     
    またサッカー専門誌『KICKER』は「一見の価値があるゴール。実にパワフルだったし、上手くコントロールされていた」と評し、地元紙『Allgemeine Zeitung』紙は「一瞬でマークを外し、圧巻のゴールセンスを発揮した。チームとシュバルツ監督に今季リーグ戦初のアウェーゴールとアウェーポイントをもたらしたのだ」と報じた。

    10/1(日) 6:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00030600-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/10/01(日) 00:30:05.58 ID:CAP_USER9.net
    10/1(日) 0:26配信
    2017-10-01_00h55_18
    両チームとも一歩も譲らぬ展開へ [写真]=Getty Images

    ブンデスリーガ第7節が30日に行われ、ヴォルフスブルクとマインツが対戦した。

    マインツに所属する武藤嘉紀は先発出場を果たしている。

    25分、武藤にチャンスが訪れる。ディフェンスラインの裏に抜け出した武藤にスルーパスが送られる。1対1になり左足でシュートを放つも、GKのファインセーブに阻まれてしまった。

    前半は両チームともチャンスを決めきれず、スコアレスで折り返す。

    55分、ついにスコアボードが動く。ヴォルフスブルクが右サイドのCKを獲得。このCKにジョシュア・ギラヴォギが頭で合わせ、先制点を奪った。

    75分、武藤にゴールのチャンスが訪れた。右サイドでボールを持った味方が早めのクロスを送る。ペナルティエリア内に飛び込んだ武藤がジャンプしながらヘッドで合わせた。ファーサイドに流し込まれたボールがゴールへ吸い込まれ、貴重な同点弾をマークした。

    試合はこのまま終了。マインツは敵地で勝ち点1を手に入れた。

    【スコア】
    ヴォルフスブルク 1-1 マインツ

    【得点者】
    1-0 55分 ジョシュア・ギラヴォギ(ヴォルフスブルク)
    1-1 75分 武藤嘉紀(マインツ)

    SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00649752-soccerk-socc
    続きを読む

    2017-10-01_00h11_05

    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/24(日) 00:30:54.74 ID:CAP_USER9.net
    9/24(日) 0:28配信
    2017-09-24_05h04_44
    ゴールを喜ぶマインツの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

    ブンデスリーガ第6節が23日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀所属のマインツと、同FW原口元気所属のヘルタ・ベルリンが対戦した。武藤は2試合連続でスタメン、原口は6試合連続でベンチスタートとなった。

    マインツは36分、右サイドからのクロスにペナルティエリア内の武藤がヘディングで合わせたが、シュートは枠の左へ外れた。

    後半に入り52分、エリア内でパスを受けた武藤が相手DFに倒されると、主審は一度流したものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で映像を確認。マインツにPKを与えた。54分、このPKをパブロ・デ・ブラシスが決めて、マインツが先制に成功した。

    マインツは87分に武藤を下げてヴィクトル・フィッシャーを投入。このまま1-0で逃げ切り、連敗を2でストップする貴重な勝利を収めた。なお、ヘルタ・ベルリンの原口は出番なしに終わっている。

    次節、マインツは30日にアウェイでヴォルフスブルクと、ヘルタ・ベルリンは10月1日にホームでバイエルンと対戦する。

    【スコア】
    マインツ 1-0 ヘルタ・ベルリン

    【得点者】
    1-0 54分 パブロ・デ・ブラシス(PK)(マインツ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00646495-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 22:19:08.55 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ公式サイトは21日、今週ミッドウィークに開催された第5節のベストイレブンを発表した。マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀も選出されている。

    武藤は現地時間20日に行われたホッフェンハイム戦で前半16分にチームの2点目を記録。ドリブルで3人を抜き去り、相手GKの股間を抜くシュートを決めた見事なゴールだった。だがマインツはその後逆転を許し、試合には2-3で敗れている。

    ブンデスリーガ公式サイトでは、「ファンタジーサッカー」のポイント獲得数に基づくベストイレブンを発表。武藤は1得点を記録したほか、試合最多の8本のシュートを放ったことなどが高得点に結びつき、ベストイレブン入りを果たした。

    他にはバイエルン・ミュンヘンでのリーグ初先発で1ゴール1アシストの活躍を見せたMFハメス・ロドリゲスや、開幕から5試合連続となる完封を成し遂げたボルシア・ドルトムントの守備陣2選手などが名を連ねている。

    9/21(木) 22:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00232282-footballc-socc


    好調時の武藤はとんでもない選手 日本人離れした驚異のパワーシュートを披露
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010017-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1:Pescatora ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 05:13:03.37 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第5節が20日に行われ、マインツとホッフェンハイムが対戦。先発出場したマインツの日本代表FW武藤嘉紀がゴールを決めた。

    ホームのマインツ1点リードで迎えた16分、レヴィン・エズトゥナリのヒールパスを受けた武藤がドリブルでエリア内へ侵入。相手DFに囲まれながらも強引に持ち込み、左足で得点を挙げた。

    武藤は第3節のレヴァークーゼン戦以来、今シーズン2得点目となっている。
    2017-09-21_06h58_52
    http://mainichi.jp/articles/20170921/sck/00m/050/003000c
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 07:30:38.50 ID:CAP_USER9.net
    現地時間9日にブンデスリーガ第3節の試合が行われ、マインツはレバークーゼンと対戦し3-1の勝利をおさめた。この試合でマインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は1得点決めている。

    試合開始して22分、レバークーゼンのドミニク・コールに先制点を決められた。それでも45分、武藤は左からのクロスをファーポストで受け、難しい体勢から左足ボレーで蹴り込んだ。

    開幕から2試合無得点だったマインツの今季チーム初ゴールであり、武藤にとっても初ゴールとなった。

    その後、2点を追加したマインツは3-1の勝利をおさめている。独紙『ビルト』はタイトルに「マインツの日本人による空手キックが炸裂」とつけ、試合内容と共に武藤の得点シーンを紹介した。


    9/10(日) 1:28配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170910-00230678-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/10(日) 00:26:08.39 ID:CAP_USER9.net
    9/10(日) 0:22配信

    迷うことなく左足を振り抜き、ダイレクトで豪快に。

    日本代表FW、武藤嘉紀が鮮烈ゴールだ。
     
    9月9日、ブンデスリーガ3節のマインツ対バイヤー・レバークーゼンの一戦。ホームのマインツは、22分にMFドミニク・コールに先制点を決められる苦しい展開に。3-4-2-1システムの1トップで先発した武藤は敵DFの厳しいマークに遭いながらも積極的に裏のスぺースを狙い、クサビのボールを的確なポストで捌くなど、攻撃に厚みをもたらしていく。
     
    そして迎えた44分、スーパーゴールが生まれる。
     
    左サイドを駆け上がったSBダニエル・ブロジンスキの鋭いクロスを、ファーサイドで待ち受けた武藤は巧みに身体をひねり、左足のハーフボレーで豪快にインパクト。ドイツ代表GKベルント・レノもノーチャンスな一撃を見舞い、スコアを振り出しに戻した。武藤は待望のリーグ戦初ゴールだ。
     
    後半に入って攻勢を仕掛けるマインツは、57分にリスタートからCBアブドゥ・ディアロが頭で決めて逆転に成功。さらに71分にMFズアト・ゼルダルが加点し、3-1の快勝を収めた。開幕2連敗の悪しき流れを見事に断ち切り、武藤はエースの面目躍如だ。終了間際の交代時には、ホームサポーターから喝采を浴びた。
    2017-09-10_00h49_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170910-00029818-sdigestw-socc
    続きを読む

    2017-09-09_23h24_33

    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/27(日) 00:28:12.60 ID:CAP_USER9.net
    8/27(日) 0:25配信

    途中出場の浅野がPK演出! シュトゥットガルトが武藤フル出場のマインツ撃破

    ブンデスリーガ第2節が行われ、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトと武藤嘉紀が所属するマインツが対戦した。

    前節でスタメンだった浅野はベンチスタート。一方武藤は開幕戦から連続で先発に名を連ねた。

    中々前を向けない試合展開で、前線からのチェイシングや機を見たプレスバックなどで存在感を見せた武藤。すると29分、前線の武藤へ向けてアバウトなボールが来ると、一度は相手DFが拾ったかに見えたが、武藤が体を上手く入れてこれを納めファールを誘う。そのFKからシュテファン・ベルがドンピシャのヘディングシュートを放つが、シュトゥットガルトの守護神ロン・ロベルト・ツィーラーが右手一本でスーパーセーブを見せた。

    試合が動いたのは53分。シュトゥットガルトが左コーナーキックを獲得すると、デニス・アオゴが担当。左足から放たれたボールは中央に向かい、走り込んだホルガー・バドシュトゥバーがダイビングヘッドで合わせる。弾丸のようなシュートにGKは反応できず、シュトゥットガルトが新加入の2人で先制点を奪った。

    60分過ぎには浅野が登場。入ってすぐにヘディングシュートを放って存在感を見せると、左サイドからフェイントで2人をかわして中に切れ込みミドルシュート。わずかに右に外れたが、調子の良さを伺わせた。

    浅野はその後も何度か左サイドを抜け出してチャンスを作ると、79分には絶妙なスルーパスで1対1を演出。ゴールにはならなかったがPK獲得に貢献、しかしキッカーのシモン・テロッデが外してしまった。

    試合終盤には武藤が胸トラップからきれいなボレーシュートを放つがツィーラーがまたしてもスーパーセーブ。結局そのまま終了のホイッスルを迎え、シュトゥットガルトが1点を守り切って今シーズン初勝利をあげた。

    【スコア】
    シュトゥットガルト 1-0 マインツ

    【得点者】
    1-0 53分 ホルガー・バドシュトゥバー(シュトゥットガルト)
    2017-08-27_08h06_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00633972-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ