海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マタ

    1:久太郎 ★:2018/03/26(月) 10:44:39.50 ID:CAP_USER9.net
    フットボール界の現状を憂うマタ「今の子供はプレーするより、スパイクやユニを見せびらかすことを好む」

    マンチェスター・ユナイテッドMFフアン・マタが、フットボール界のビジネス偏重の流れに警鐘を鳴らしている。

    「僕ら選手は金をもらい過ぎている」と発言したり、選手年俸の1%をチャリティー活動や社会問題に充てるという慈善活動団体『コモンゴール』を発足したりと、現役選手屈指の社会派として知られるマタ。スペインのフットボールカルチャーマガジン『パネンカ』とのインタビューに応じた同選手は、マネーゲーム化が顕著で、ビッグクラブが世界的ブランドとなっている現在のフットボール界について、「フットボールの本質が失われる」ことを憂慮している。

    「誰もが成長を求めている。僕が心配しているのはフットボールの本質が失われることであり、実際にいくつかの面ではプレー自体から離れ始めている。今はピッチ内よりもピッチ外で起きていることの方が話題になるし、ファンは蚊帳の外に置かれた始めた……。フットボール界が成長するのは良い。が、それもスポーツの、プレーの範疇である限りだ」

    「今やクラブはブランド、企業と化した。だけどフットボール自体から離れてはいけない。フットボールは予測できないようなことが起こるゲームなんだよ。そこから成長していくならばいいけど、本質を見失ってはいけない。フットボールで、ビジネスだけを探すような人は存在しない方がいい」

    スペイン人MFはまた、「しかしながらフットボールのファンは、消費者、顧客になり始めています」との問いに対して、こう返した。

    「プロフットボールがスポーツ本来の価値と距離を置き始め、自分のチームを50年間追い続けている人が軽視されるような状況は心配だ。僕はフットボールと、自チームを心の底から愛している人たちが好きなんだよ」

    その一方で、クラブ間の格差が広がっていることについては次のような見解を示している。

    「レベルの高い選手を買えるクラブとそうできないクラブと、財政的には大きな差が生まれている。ただイングランドはほかの国と比べると全然良い。各クラブが受け取っている額はより均衡が取れているからね。ただほかのリーグも、もっと均衡を取るべきだと気づき始めたように思える」

    「僕はより平等なフットボールを求めている。レスターがプレミアに勝ち、オビエドがリーガで勝つようなフットボールをね。リーガ2部のチームが国王杯でマドリーやバルサに勝てるなら素晴らしい。フットボールでは、ピッチの背景にあるものを考える必要だってない。これからもサプライズが起こるだろうし、それがもっと頻繁になることが理想だね」

    欧州のビッグクラブを集結させる欧州スーパーリーグ構想には反対のようだ。

    「その構想は殻にこもったエリート集団を生み出す可能性がある。違うチームについて想像を巡らせてみてくれよ。例えば、ジローナはそのすべてを懸けてマドリーと対戦するんだ。そうした試合にも十分な魅力がある」

    マタの「フットボールの本質が失われる」との危惧は、子供たちにも及ぶ。曰く、現代の子供たちはプレーすることよりもグッズ収集に躍起であるという。

    「子供たちについては、本当に様々なことで驚かされる。僕にスパイクのことや、どうして髪を染めないのかと質問してくるんだよ。素晴らしいことではあるけど、『なぜクロスやボールコントロール、ボールを足のどこで蹴るかといったことを聞かないんだ?』と考えてしまう」

    「以前の子供はフットボールをプレーするためにボールを欲しがったものだけど、今はスパイクやユニフォームを欲しがる。ボールがなくて、プレーできなくたっていいのさ。スパイクやユニフォームを見せびらかすことができれば、それでかっこいいんだ」

    「フットボールの本質は失われている。今はどうゴールを決めたかより、それをどう祝ったかの方が話題になってしまう。別にゴールパフォーマンスやスパイク、髪型が話題になることを批判しているわけじゃない。だけど、そうしたこととはまた違うこと、つまりプレーのことをもう少し話題にしてほしいね」
    2018-03-26_12h14_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000040-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/04(日) 09:52:54.51 ID:CAP_USER9.net
    ◆メッシやネイマールらがランク外の一方、各国のFKの名手が並ぶ
     
    サッカーにおいて「得点の3割はセットプレー」と言われるように、コーナーキック(CK)やフリーキック(FK)は勝敗を左右する大きな要素だ。歴史を紐解いても、数々のFKの名手が存在し、チームの勝利に貢献してきた。

    そんなFKによる得点、成功率を世界中のスポーツデータを取り扱う「STATS」が算出。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、2013-14シーズン以降に欧州トップリーグでFK20本以上を蹴った選手を対象に「FK成功率トップ20」を発表した。

    意外にも、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(6.25%)やバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(6.67%)、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(12.2%)らは落選。トップ20には各国のFKの名手たちが名を連ねた。

    13位に入ったバイエルン・ミュンヘンのスイス代表DFダビド・アラバは、42本中6本を決め、成功率は14.29%。ユベントスのボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピャニッチは76本で11ゴールを沈め、成功率14.47%と12位にランクインしている。

    ◆マタは22本中5本を沈め、成功率22.73%
     
    トップ5からはお馴染みの顔が並ぶ。5位は36本中6つのゴールを決めて成功率16.67%を記録したバイエルンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス。続いて、今季のゴール量産が記憶に新しいチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソが成功率18.18%(22本中4ゴール)でランクインした。

    また、今冬の移籍市場でリバプールからバルセロナに移籍したばかりのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョも成功率19.23%(26本中5ゴール)で3位。さらにユベントスでゴールを量産しているアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが成功率21.05%(38本中8ゴール)で2位に入った。

    そして、栄えある1位にランクインされたのが、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFファン・マヌエル・マタだ。FK数は22本と多くはないが、そのうち5つのゴールを決め、成功率は圧巻の22.73%を記録している。

    トップ20に入ったメンバーを見ると、まだ世界的に名の知られていない選手も多い。今後もゴールを量産していけば、彼らもFKの名手として名を馳せる日は近いかもしれない。
     
    FK成功率トップ20は以下のとおり。

    1位 ファン・マヌエル・マタ(マンチェスター・ユナイテッド/22.73%)
    2位 パウロ・ディバラ(ユベントス/21.05%)
    3位 フェリペ・コウチーニョ(バルセロナ/19.23%)
    4位 マルコス・アロンソ(チェルシー/18.18%)
    5位 ハメス・ロドリゲス(バイエルン/16.67%)
    6位 フェデリコ・ヴィヴィアーニ(ヴェローナ/16.67%)
    7位 マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン/16.22%)
    8位タイ セヤド・サリホヴィッチ(ハンブルガーSV/15.0%)
    8位タイ アンリ・サイベ(ニューカッスル/15.0%)
    8位タイ マウリシオ・レモス(サッスオーロ/15.0%)
    11位 マルクス・ズットナー(ブライトン/14.81%)
    12位 ミラレム・ピャニッチ(ユベントス/14.47%)
    13位 ダビド・アラバ(バイエルン/14.29%)
    14位 ズラトコ・ユヌゾビッチ(ブレーメン/14.29%)
    15位 ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・シティ/14.29%)
    16位 ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/14.29%)
    17位 ウェイン・ルーニー(エバートン/13.79%)
    18位タイ ベン・イェデル(セビージャ/13.64%)
    18位タイ ガエル・カクタ(アミアン/13.64%)
    18位タイ スソ(ミラン/13.64%)
    2018-02-04_12h53_17
    2/4(日) 9:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180204-00010002-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/31(水) 13:15:30.43 ID:CAP_USER9.net
    1/31(水) 13:01配信
    マンU、30歳マタと2019年6月まで契約延長! 今季19試合3ゴール

    マンチェスター・Uは30日、スペイン代表MFフアン・マタと契約延長したことを公式サイトで発表した。

    発表によると、クラブは契約延長オプションを行使し、2018年6月までとなっていた契約を新たに2019年6月まで延長させることでマタと合意したという。

    2014年1月にチェルシーからマンチェスター・Uに加入したマタはこれまで公式戦172試合に出場し39ゴールを挙げている。

    昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)初制覇や、2015-16シーズンのFAカップ優勝など多くのタイトル獲得に貢献してきただけでなく、自身の出場機会が限られているにも関わらず、チームが勝てない苦しい時期にいるとSNSなどを通してファンやサポーターを鼓舞し続けた人格者でもあるマタ。

    現在はチェルシー時代に一度は袂を分けたジョゼ・モウリーニョ監督の下、直近リーグ戦8試合連続スタメン出場を含め、今シーズンのプレミアリーグで19試合出場3ゴールと絶対的な信頼を得て定位置を掴んでいる。契約延長を機に更なる成長を遂げることができるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00709222-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/26(木) 21:29:56.06 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントのMF香川真司は、マンチェスター・ユナイテッドのMFフアン・マタが立ち上げたチャリティプロジェクトすることを表明した。イギリス『デイリー・メール』やスペイン『ラ・バングアルディア』、ドイツ『シュポルト1』など各国メディアがこれを取り上げている。

    香川は26日、自身のブログなどを通じて元チームメートのマタから誘われ、コモンゴールのプロジェクトに参加することを明かした。

    このプロジェクトは、給料の1%を寄付するほか、サッカーを通じてさまざまな形で社会に貢献しようというもの。

    マタのほか、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFマッツ・フンメルス、ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ、アメリカ女子代表のFWアレックス・モーガンやMFミーガン・ラピノー、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督らが参加している。

    マタは「シンジはマンチェスター・ユナイテッドでプレーした最初の日本人選手で、初めてプレミアリーグ優勝を経験した。だから、コモンゴールにも最初から参加してくれるのが適切だと思ったんだ」とコメント。

    「シンジはスペシャルなフットボーラーで、人としても素晴らしい。彼をチームに歓迎することができてとてもうれしい」と話している。

    10/26(木) 21:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171026-00237621-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/04(火) 17:21:25.36 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFフアン・マタがイギリスでの食生活について語り、同国の伝統料理の1つであるフィッシュ・アンド・チップスが未だに苦手であることを明かした。イギリス紙『デイリー・メール』が3日付で伝えている。

    2011年夏にバレンシアからチェルシーに移籍し、2014年1月にマンチェスター・Uに加入したマタは、イングランドでの生活は今年で6年目となる。スペイン北部のオビエドで育った同選手にとって、初の国外移籍はプレー面だけでなく、日常生活においても大きな不安を伴っていたようだ。

    スポーツソーシャルメディア『キッカ』のインタビューで「あまりにみんなが悪く言うものだから、イングランドの食べ物については来る前から全く期待していなかった。でもいろいろトライしてみた結果、僕の口にはとても合った。いい意味で期待を裏切られたよ」と予想に反して自身がイングランドの食文化に溶け込めたことを明かしたマタ。しかしその一方で、「フィッシュ・アンド・チップスだけは好きじゃない。有名な料理だけど、脂っこすぎる」と全てが好きなわけでなく、“例外”があることも正直に語っている。

    休日には街中のパブに出かけ家庭料理を楽しむのが好きだといい、イングランドの食文化には何の文句も付けられないというマタ。長年に渡って外国で成功を収めるためには、その国で過ごす日常への適応が最も重要なのかもしれない。
    2017-04-04_18h08_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00571791-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/19(土) 23:33:11.45 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    マンチェスター・U 1-1 アーセナル

    【得点者】
    1-0 68分 フアン・マタ(マンチェスター・U)
    1-1 89分 オリヴィエ・ジルー(アーセナル)

    Goal.com
    https://goo.gl/AYwMLM


    プレミアリーグ第12節が19日に行われ、マンチェスター・Uとアーセナルが対戦した。

    首位リヴァプールを勝ち点差2で追うアーセナルは、前節のノース・ロンドン・ダービーを1-1のドローで終え、公式戦無敗を16に伸ばした。一方、マンチェスター・Uはスウォンジーに3-1で快勝。今シーズン5勝目を挙げた。しかし、今節はFWズラタン・イブラヒモヴィッチが累積警告により出場停止。代わってイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが最前線に入り、FWアントニー・マルシャルが左に入った。

    最初のチャンスはマンチェスター・U。5分、エリア手前右でアンデル・エレーラが倒されてFKを獲得すると、
    キッカーのフアン・マタが左足で直接狙ったが、ここは枠の左へ外れてしまった。

    マンチェスター・Uは相手にボールを保持されながらも、しっかりと守ってアーセナルにチャンスを作らせない。37分、中盤でボールを持ったポール・ポグバがラストパスを送ると、マタが抜け出して左足シュートを放ったが、ここはGKペトル・チェフがなんとか防いだ。さらに40分にもエレーラ、ポグバ、エレーラとつなぎ、最後はマルシャルがエリア左からシュートを放ったが、ここもチェフがはじき出してCKに逃れた。このままスコアレスで前半終了を迎える。

    後半もマンチェスター・Uが積極的にシュートチャンスを作る。63分、マンチェスター・Uはマルシャルを下げてウェイン・ルーニーを、64分にマッテオ・ダルミアンを下げてダレイ・ブリントを投入した。すると68分、右サイドでポグバがボールをキープ。走り込んだエレーラにパスを出すと、マイナスの折り返しを送る。これをマタがゴール左下に決め、マンチェスター・Uが先制に成功した。

    1点を追うアーセナルは73分にモハメド・エルネニーに代えてオリヴィエ・ジルーを投入した。すると89分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンが右サイドを突破してクロスを上げファーサイドのジルーがヘッドで合わせて同点に追いついた。このまま試合は1-1のドローで終わった。アーセナルは公式戦無敗を17に伸ばした。

    次節、マンチェスター・Uはウェストハムと、アーセナルはボーンマスとそれぞれホームで対戦する。
    2016-11-19_23h54_26
    SOCCER KING 11/19(土) 23:24配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00517865-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/27(木) 06:00:05.72 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    マンチェスター・ユナイテッド 1-0 マンチェスター・シティ

    【得点者】
    1-0 54分 マタ'(マンU)

    Goal.com
    https://goo.gl/fVUtv4

    EFL杯は26日、4回戦2日目を行った。オールド・トラッフォードではマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティによる今季2度目の“マンチェスター・ダービー”が開催され、1-0でユナイテッドが勝利した。

    23日のプレミアリーグ第9節でチェルシーに0-4で敗れたユナイテッドは、4人を変更。MFフアン・マタやMFマイケル・キャリック、DFルーク・ショー、DFマルコス・ロホが先発に名を連ねた。

    一方、公式戦5試合勝利がない(3分2敗)シティは、伝統の一戦でターンオーバーを採用。23日の第9節サウサンプトン戦から9人を入れ替え、FWノリートらのほか、DFパブロ・マッフェオ(18)、MFアレイシュ・ガルシア(19)といった若手も先発に送り込んだ。

    立ち上がりから攻め込んだのはシティ。前半2分、右サイドを持ち味のスピードで突破したMFヘスス・ナバスが高速クロス。ニアにFWケレチ・イヘアナチョが飛び込んだが、ヘディングシュートは枠を大きく外れた。
    その後は、FWズラタン・イブラヒモビッチが中盤に降りてきて攻撃の組み立てに絡むなど、ユナイテッドが盛り返す。

    前半36分、ユナイテッドはショーが左サイドをえぐり、マイナスに折り返したボールをMFポール・ポグバがつないでイブラヒモビッチが右足シュート。直後の同37分には、イブラヒモビッチのスルーパスでFWマーカス・ラッシュフォードが完全に裏に抜け出すが、カバーに戻ったDFのブロックに阻まれた。シティも同40分にパスカットからワンタッチでつなぎ、イヘアナチョがPA左から左足シュートを放ったが決めきれず、前半をスコアレスで折り返した。

    シティはパスミスが目立ったDFビンセント・コンパニに代えて、DFアレクサンダル・コラロフを後半開始から投入する。だが、後半の立ち上がりから攻め込んだのはユナイテッドだった。

    後半4分、イブラヒモビッチのラストパスをPA左で受けたポグバの左足シュートを放つも、GKウィリー・カバジェロが弾いたボールが左ポストを直撃。それでも同9分に均衡が破れた。

    DFニコラス・オタメンディと体を入れ替えて裏に抜け出したイブラヒモビッチがPA左に侵入し、中央に折り返す。ニアでMFアンデル・エレーラがつぶれ、ゴール前に走り込んだマタが左足でゴール左隅に流し込み、ユナイテッドが先制。後半19分には、左サイドからラッシュフォードが左足で鋭いクロスを送るも、イブラヒモビッチが合わせることができず、一気に突き放すことはできなかった。

    同点に追いつきたいジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティは後半18分にMFリロイ・サネを下げてMFラヒーム・スターリング、同25分にFWノリートに代えてFWセルヒオ・アグエロをピッチに送り込む。

    これを見てか、ジョゼ・モウリーニョ監督は同28分に先制点を奪ったマタを下げて、MFモルガン・シュネデルランを入れ、中盤の守備を強化した。

    シティは少ないタッチでボールを回し、ユナイテッドの守備を崩しにかかる。だが、シュネデルラン投入後、守備の意識が高くなったユナイテッドから得点を奪うことができず、そのまま0-1で敗戦。シティは4回戦敗退で公式戦6試合勝利なしとなった。

    ゲキサカ 10月27日(木)5時53分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-01632642-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/15(月) 17:43:55.70 ID:CAP_USER9.net
    現地時間14日(以下現地時間)に行なわれたイングランド・プレミアリーグ開幕戦で、アウェイでボーンマスを3対1と下したマンチェスターU。ジョゼ・モウリーニョ監督は、MFファン・マヌエル・マタの先制点が試合の展開を変えたとの見解を示した。

    敵地に赴いたマンUは、40分に相手守備陣のミスを突いたマタのゴールで先制。前半のうちにリードを奪うことに成功すると、後半にFWウェイン・ルーニー、FWズラタン・イブラヒモヴィッチが加点。その後1失点を喫するも、重要な開幕戦で白星を手にした。

    チェルシー(イングランド)時代の2014年にモウリーニョ監督に放出された過去があり、新体制発足に伴い移籍も噂されるマタ。7日のレスターとのコミュニティーシールドでは途中出場ながら、終盤に身長を理由に途中交代させられており、モウリーニョ監督との関係に再び注目が集まっている。

    クラブ公式チャンネルで、そのマタのゴールの重要性を問われたモウリーニョ監督。前半はスペースを見つけられず苦労していたが、「1つのゴールが試合の展開を変えた。後半立ち上がりに(ボーンマスは)プレッシャーをかけようとしてきた。結果として、より多くのスペースが生まれた。先制点とは、どんな時も重要なもの。勝利を保証するわけではないが、心理的に自信を持ち、より良いプレーを可能にさせてくれる」とコメント。先制点が後半の2ゴールにつながったとの見解を示している。
    2016-08-15_19h17_49
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000020-ism-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/08/12(金) 01:54:15.18 ID:CAP_USER9.net
    マタ、“謎の交代”に怒り? マーフィー氏は「意味が分からない」とモウリーニョを非難
    http://www.goal.com/jp/news/74/%EF%BC%91/2016/08/08/26306592/%EF%BC%91



    「ジョゼのマタに対する扱いはなんて意地悪なんだ。ユナイテッドではいつも誰かが虐げられているよ。香川真司のようにね」マタとモウリーニョ。2人の関係性はこのまま悪化の一途を辿ることになるのだろうか。
    http://www.theworldmagazine.jp/20160808/01world/england/80416

    混沌のビジャレアル、ソルダード代役にマタ獲得を検討
    http://www.goal.com/jp/news/73/%EF%BC%91/2016/08/11/26407072/%EF%BC%91
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/20(水) 22:01:15.23 ID:CAP_USER9.net
    ◆英紙報じる 昨季は公式戦54試合10得点も残留なら冷遇必至か
     
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、スペイン代表MFフアン・マタに対して残留の扉は開いているものの、出場機会は3試合に1回しかないという非情通告を行ったという。英紙「サン」が報じている。

    モウリーニョ監督は、13年夏に発足したチェルシー第2次政権でマタを冷遇。12-13シーズンにPFA年間ベストイレブンを受賞した当時のエースを、守備での貢献が低いことなどを理由にバックアッパーへと降格させ、14年1月にはライバルのユナイテッドに移籍金3710万ポンド(約52億円)で放出していた。

    今夏、マンチェスターの地で再会を果たした2人だが、地元メディアではモウリーニョ監督の就任当初からマタが再び戦力外になると予想。バルセロナやビジャレアルなど、母国スペインのクラブが関心を示しているとも噂されていた。

    最新のレポートによると、モウリーニョ監督はマタに対して、残留した場合も出番は3試合に1回程度になるという非情通告を行ったという。

    マタは昨季リーグ戦とカップ戦を含めて公式戦54試合に出場して10得点を記録。チームの中心選手として活躍したが、仮に今季の試合数が昨季と同程度の場合なら、出番は18試合ほどに限られことになる。

    ◆中国ツアーの帯同25選手に入っているが…
     
    16日に行われたウィガンとの親善試合ではモウ・ユナイテッドの一員としてプレーし、中国でのプレシーズンツアー帯同メンバー25人にも名を連ねているマタ。

    しかし、今後新加入のFWズラタン・イブラヒモビッチらが合流してフルメンバーとなった際には、出場機会を手にすることすら困難となる模様だ。

    マタと同様に立場が危ぶまれているのが、ベルギー代表MFマルアン・フェライニだ。

    ただし、身長194センチの長身と強靭なフィジカルを備える“アフロマン”に関しては、チェルシー時代に重宝したナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルと似た守備固めのオプションとしてチームに残る可能性が報じられている。

    マタに比べればモウリーニョ監督好みの選手で、新生ユナイテッドにおいても、いくらかの希望があるのかもしれない。

    テクニシャン揃いのスペイン人選手のなかでも屈指の実力を持つマタだが、“スペシャル・ワン”に認めてもらうには、まだ何かが足りないようだ。

    Football ZONE web 7月20日(水)20時26分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160720-00010018-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ