海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マラドーナ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/08(土) 09:31:09.51 ID:CAP_USER9.net
    マラドーナの孫はあの現役代表選手の息子だが…。

    時代が変われば風習も変わるということなのだろうか。元アルゼンチン代表のガブリエル・バティストゥータとディエゴ・マラドーナが、現在の代表チームを嘆いた。アルゼンチン・メディア『TYCスポーツ』が伝えている。
     
    同メディアの番組にロシア・ワールドカップ南米予選で苦戦するアルゼンチン代表を奮起させる目的で出演したバティストゥータは、ロッカールームを訪ねた時のことを次のように振り返っている。
     
    「僕が控え室を訪ねた時、メンバーの半分は挨拶をしてくれなかった。敬意を欠いていたというわけじゃないとは思う。僕がここにいた時と今は時代が違うし、何も感じなかっただけだと思うよ」
     
    自身が活躍した1990年代と現代は違うという理由で、現代表戦士たちの態度を責めることはしなかったバティストゥータだが、そんな元ストライカーに代わって一喝したのは、他でもないマラドーナだった。
     
    バティストゥータのコメントを読んだというアルゼンチン・サッカー界の神は、「泣きたくなったね。俺の孫のベンハミンですらバティストゥータのことは知っている。一部だろうと挨拶をしなかったというのは理解できない」と、礼節を欠いた行動だと嘆いたのだ。

    ちなみに、現在8歳のベンハミンくんは、マラドーナの次女ジャンニーナとセルヒオ・アグエロの子供。2人はすでに離婚しているが、初孫とあって“お爺ちゃん”はかなり溺愛している。
     
    現在、アルゼンチン代表は南米予選でオセアニア代表チームとの大陸間プレーオフに回る5位。本大会自動出場圏内の4位チリとは勝点1差だが、リオネル・メッシが審判への暴言で残り4戦すべての出場停止が決まり、苦境に立たされている。
     
    大黒柱メッシを欠くなかで勝利を挙げるためには、スタッフを含めたチーム一丸で戦うことが求められる。しかし、2人の偉大な先達が指摘した礼節欠く行動をしているようでは、それも厳しいように思うがはたして……。
    2017-04-08_10h36_34
    SOCCER DIGEST Web 4/8(土) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170408-00024346-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/07(金) 00:02:06.94 ID:CAP_USER9.net
    フェイスブックを更新し非難の声明 全面戦争に発展か
     
    アルゼンチンが生んだフットボール史上に残る天才であり永遠の問題児であるディエゴ・マラドーナ氏が、コナミを相手にサッカーゲームで使用された自身の肖像権問題について反撃を予告している。自身のフェイスブックを更新し、メッセージを発した。

    マラドーナ氏は日本企業であるコナミが自身の肖像権使用許可を取らずにゲームを制作したとして提訴する意向を示していた。

    「今や、コナミはバルセロナからオレの肖像を使用する権利を得たと言い始めた。

    だが、アルゼンチン代表チームをバルセロナがどうコントロールできると言うのか。オレはもう56歳だ。

    奴らがオレをだますことなどできない。いいか、コナミ。君らは金持ちを食い物にしようとしているのだ。

    オレは君たちから受け取った金で、貧しい子供たちに向けたサッカー場を作る。

    そこで彼らはクリーンなゲームができる。全てはオレの弁護士であるマティアス・モルラの手にあるんだ」

    コナミは先日「一部の選手を無許可で使用しているとの報道がございましたが、弊社はライセンス元との契約内において、適切に使用しております」と声明を発している。

    それだけに、マラドーナ氏の今回の発言は全面戦争がスタートすることを宣言したものになる。

    マラドーナ氏はコナミから受け取ると確信している賠償金の使い道まで明言している。果たして、日本の世界的ゲームメーカーとレジェンドによる対決の結果は、どのようなものになるのだろうか。

    Football ZONE web 4/6(木) 23:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170406-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/04/01(土) 09:51:58.07 ID:CAP_USER9.net
    4試合出場停止を受けたメッシへの思いは一方通行

    アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏は2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で指導した愛弟子のバルセロナFWリオネル・メッシへの愛情を公言しているが、実際のところ、かなりの片思いのようだ。

    アルゼンチンラジオ局「リバダビア」に登場したマラドーナ氏は、W杯南米予選チリ戦で副審に暴言を吐いた問題で、4試合出場停止処分を受けたメッシを再三擁護している。10年南アフリカW杯ではアルゼンチン代表で師弟関係を築いた新旧天才だが、その思いは一方通行のようだ。

    「メッシと話すよりマウリシオ・マクリ(大統領)と話す方が簡単なんだよ。私は共通の問題で何度も電話をかけている。でも、絶対に返信はないんだ」

    マラドーナ氏は切ない思いを吐露した。FIFAのジャンニ・インファンティニ会長に直談判で処分軽減の恩赦を取り付けようと必死のお騒がせなマラドーナ氏に対し、メッシは音信不通だという。アルゼンチンで慣用的に使われる母親を貶める暴言を吐いたと報じられている。

    レジェンドの電話にメッシが応じるか

    「ドレッシングルームや練習場に行けば、その言葉が反射的なものかどうか分かると思うよ。自分はマテラッツィへの頭突きと比べてしまうよ」とマラドーナ氏は語った。

    2006年ドイツW杯決勝では、イタリアDFマルコ・マテラッツィに家族を侮辱された現レアル・マドリード監督のフランス代表MFジネディーヌ・ジダンがヘッドバットを炸裂させた。暴言以上に罪深い印象があるが、メッシの出場停止処分よりも1試合少ない3試合出場停止処分に止まっている。

    納得感のある発言でメッシ擁護を続けるレジェンドの電話にメッシが応じることはあるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170401-00010003-soccermzw-socc
    Football ZONE web 4/1(土) 9:43配信





    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/04/01(土) 07:28:31.23 ID:CAP_USER9.net
    サッカーの元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏が無許可で自身をゲームに登場させたとして、日本のゲームメーカー大手「コナミ」に対して法的措置を取ると交流サイトのフェイスブックで明らかにした。英BBC放送(電子版)が31日、報じた。

    ゲームではフランスのアンリ、スウェーデンのラーション両氏らとともに過去の伝説的な名選手として登場している。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/03/31/kiji/20170401s00002000036000c.html
    2017年4月1日 00:25









    伝説の名実況 「マラドーナの5人抜き」



    【検証!】マラドーナ伝説の神の手(La Mano de Dios)ゴール
    続きを読む

    1:鴉 ★@\(^o^)/:2017/02/11(土) 00:50:10.68 ID:CAP_USER9.net
    マラドーナ氏、FIFA大使就任決定を発表。「クリーンで透明なFIFAに」

    アルゼンチンの“レジェンド“であるディエゴ・マラドーナ氏は、国際サッカー連盟(FIFA)の大使に就任することが決定した。9日にSNSの自らのアカウントで明らかにしている。

    マラドーナ氏の大使就任は、正式発表前の先月の段階で報じられていた。報道によれば、今月7日に同氏の弁護士がFIFAとの契約書にサインをする予定とのことだった。

    9日には、マラドーナ氏はジャンニ・インファンティーノFIFA会長と撮影した写真とともにフェイスブックで大使就任を発表した。「正式に決まった。ついに人生の夢のひとつを実現することができる。本当にサッカーを愛する者たちと一緒に、クリーンで透明なFIFAのために仕事をすることだ」とコメントしている。

    ゼップ・ブラッター前会長の体制の頃には、マラドーナ氏はたびたびFIFAへの批判を繰り返していた。だがそのブラッター会長らが汚職疑惑でFIFAを追われた今、インファンティーノ会長のもとでイメージ回復に努めている新たなFIFAに協力することを決めたようだ。
    20170210_maradona_getty
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00010027-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/27(金) 11:24:35.94 ID:CAP_USER9.net
    元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、アルゼンチン代表でタイトルを獲得していないことで批判されるFWリオネル・メッシを擁護するコメントを残し、さらに自分を持ち上げた。

    メッシはこれまでバロンドールを5度獲得。所属するバルセロナでも多くのタイトルを獲得してきた。しかし代表では14年W杯などこれまで3度の準優勝があるものの、頂点にはたどり着いていない。

    昨夏のコパ・アメリカ後には代表引退をほのめかし、騒動を起こしたメッシ。メッシにかかる重圧は計り知れないが、マラドーナ氏は自身を重ね合わせ、メッシを批判する人たちに警告した。『TyCスポーツ』に語った内容を『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

    「メッシはW杯を優勝したことがないから平凡だ、なんていう人達に我慢がならない。メッシはすばらいい選手だ。たとえW杯を優勝していなくてもね。56歳の今になって言えることは、これまでメッシのような選手を見たことがないということだ。メッシがアルゼンチン人であることを神に感謝したい。アルゼンチンにはメッシ、法王、そして私がいるのだよ」

    「彼がW杯を優勝したことがないからって、なぜ彼がここまで言われなきゃいけないんだ? 私が優勝できたのは、(リカルド・)ジュスティ、(ホルヘ・)ブルチャガ、(ネリー・)プンピード、(オスカル・)ルジェリといった選手に囲まれていたからだよ」
    2017-01-27_12h27_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-01636241-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 19:36:50.62 ID:CAP_USER9.net
    アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏は、バルセロナFWネイマールが世界の頂点に近づきつつあるとの見解を示している。

    2016年はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが通算4度目となるバロンドールを受賞して幕を閉じた。2位に選ばれたバルセロナFWリオネル・メッシとの得票数の差は決して少なかった。

    だがマラドーナ氏は「メッシとクリスティアーノの違いは少ししかない」と語っている。「どちらが(バロンドールのような)個人賞を受賞してもおかしくない」。そう意見を述べ、次のように続けている。

    「そこにもうすぐネイマールが現れるだろう。あの2人に一番近いのは彼だ。彼は今メッシとC・ロナウドとの差を埋めている」

    GOAL 12/30(金) 11:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00010001-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:40:00.11 ID:CAP_USER9.net
    ■メッシの代表引退撤回を受けて、アルゼンチンの英雄が批判に転じる

    アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏が、バルセロナの代表引退を撤回したバルセロナのFWリオネル・メッシに苦言を呈している。世間を騒がせた今夏の代表引退宣言は、タイトルを獲得できないことに対する世間の批判から逃れるために演じたものだったと主張した。アルゼンチン放送局「TyC Sports」が報じている。

    メッシは6月に行われたコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)に出場。決勝まで勝ち進んだものの、2大会連続でチリに敗れて涙を呑んだ。2014年ブラジル・ワールドカップ、15年南米選手権チリ大会に続き、メジャートーナメントの決勝に3年間で3度も敗れる悲劇を経験。傷心のメッシは、大会直後に代表引退を発表していた。

    その後、アルゼンチン代表のエドガルド・バウサ新監督の説得に応じる形でメッシは代表復帰を決意したが、マラドーナ氏は一連の騒動は批判から逃れるための選択だったのではないかと指摘している。

    「(メッシは)批判から逃れたが、アルゼンチン国民は苦しんでいる。きっと彼の代表引退は演じられたもので、我々が3度の決勝で敗れたことを忘れさせようとしているんだ」

    ■代表引退発表時には翻意を求めていたが…

    マラドーナ氏は6月の南米選手権開催中に、メッシに対して「リーダーの器にない」と厳しい言葉をぶつけてきたが、代表引退発表時には即座に翻意を求めた。しかし、すぐに心変わりしたのか、数日後には「休ませてあげよう」と前言を撤回するなど、自身の後継者と言われるメッシに対する発言がこれまで二転三転していた。今回もメッシの代表引退宣言撤回を受けて、責任逃れのためだったという批判的な論調に転じている。

    メッシは母国のレジェンドからの批判を、どのように受け止めるのだろうか。
    2016-08-27_07h29_08
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160826-00010014-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/01(月) 12:26:52.31 ID:CAP_USER9.net
    ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王にとって、リオネル・メッシはサッカー史上最高の選手のようだ。31日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

    先日伝説の名将アリゴ・サッキ氏が「メッシにはディエゴ・マラドーナのような強烈な性格が足りない」と発言し話題を呼んだが、フランシスコ法王は“メッシ派”のようだ。

    「マラドーナとペレのどちらが上か」と聞かれ、「私にとってはメッシだ」と答えたと報じられている。

    マラドーナとペレ、メッシとマラドーナ、メッシとクリスティアーノ・ロナウド。サッカー界には数々の比較がつきまとうが、その答えは人によって様々であることは言うまでもない。

    フットボールチャンネル 8月1日(月)11時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160801-00010021-footballc-socc

    写真 フランシスコ法王
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/30(土) 22:18:07.28 ID:CAP_USER9.net
    元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、FWリオネル・メッシを同代表チームに復帰させる動きに対して反対意見を述べた。

    メッシの代表復帰を望むアルゼンチンサッカー協会(AFA)は、同選手と話し合いの場を持ち、説得する考えと報じられる。しかしながらマラドーナ氏は、それが無意味な行動であるとの見解を示した。

    アルゼンチンの生ける伝説は、同国『ラジオ・ラ・レッド』に対して次のように話している。

    「メッシの件をもっと騒ぎ立てるというのは、子供のキ◯タマを壊す(うんざりさせる、疲れさせるの意)ことと同じだ」

    「メッシと話すためにバルセロナに行こうと誰かが考えているならば、そんなことはしない方が賢明だろう。それはあいつのケツに蹴りを入れるような行為になるだけだよ」
    messi-maradona_1wyiiqz5cyv3912p21nipychrh
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00000022-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ