海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マラドーナ

    1:Egg ★:2017/12/16(土) 08:59:48.19 ID:CAP_USER9.net
    アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が、規定が現在のものに変更されていたらクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシよりも、自身のほうが多くバロンドールを獲得できたはずだと語っている。

    1986年にワールドカップを制したマラドーナ氏だが、バロンドールは1995年まで欧州出身選手のみを対象としており、アルゼンチン代表のスター選手は一度も受賞できないまま現役を退いた。2017年のバロンドールに輝いたレアル・マドリーのC・ロナウドは、バルセロナのメッシに次いで史上2人目となる通算5度目のバロンドール受賞を果たしたが、マラドーナ氏は両選手よりもさらに多く同賞を獲得できたと考えているようだ。

    バロンドールについて問われたマラドーナ氏は「バロンドール? C・ロナウドとメッシばかりが獲得しているから飽き飽きしている」と過去10年間2選手が独占していることに“退屈なトロフィー”と表現。

    さらに、誰が受賞に値するかと問われ「たぶん(エディンソン)カバーニ、(キリアン)ムバッペ、(ズラタン)イブラヒモビッチだと思うが、私には分からない。まだまだ有力候補はたくさんいると思う」と語った。

    続けて、以前のレギュレーションによりバロンドールを獲得できなかったマラドーナ氏は「規則が早く変更していれば、C・ロナウドやメッシよりも私のほうがさらに多く獲得できただろう」と自身の現役時代が両選手よりも優れていたと強調。

    さらに、受賞後にC・ロナウドが発言した「僕が史上最高の選手だ」という発言にも元アルゼンチン代表FWは噛みつき「C・ロナウドが自分のことを“最高の選手”だと言っていたが、とてもナンセンスな話だね。私にとって最高の選手とは、アルフレッド・ディ・ステファノ、(ヨハン)クライフ、メッシだ。だが、C・ロナウドにもその域に達するチャンスはあるかもね」と話している。

    12/16(土) 8:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000023-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:みつを ★:2017/12/13(水) 17:57:06.82 ID:CAP_USER9.net
    https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35111892.html


    2017.12.13 Wed posted at 16:58 JST
    (CNN) インド東部コルカタでこのほど、サッカー元アルゼンチン代表の往年の名選手、ディエゴ・マラドーナ氏の銅像がお披露目された。これを受けてマラドーナ氏本人も喜びを語ったが、ソーシャルメディア上では、銅像にかたどられた同氏の顔を英歌手スーザン・ボイルさんらのものと比較する冗談が飛び交っている。

    今回の銅像は若い頃のマラドーナ氏を表現したもので、ワールドカップ(W杯)のトロフィーを高々と掲げている。その髪型のせいで、外見はどちらかというと英国のバンド、ビートルズのメンバーに近いように見える。

    マラドーナ氏は1986年W杯のイングランド戦で「神の手」と呼ばれるハンドのゴールを決めたことで知られる。同氏はこの大会で驚異的な個人プレーを連発し、ほぼ1人でアルゼンチンを快進撃へと導いた。


    マラドーナ氏は銅像の公開後、「私はサッカーの神でなく、単なる1人の選手だ」としつつも、「この場所に私の像が建てられたのは素晴らしいことだ」と述べた。

    しかしソーシャルメディア上では銅像の顔をめぐり、スーザン・ボイルさんや、現在はイングランド・プレミアリーグのクリスタルパレスで指揮を執るロイ・ホジソン監督の若い頃と比較する冗談が飛び交っている。

    サッカー選手の銅像をめぐっては、ポルトガルの芸術家が今年、スペイン1部リーグのレアル・マドリードに所属するクリスティアノ・ロナルド選手の胸像をデザイン。ソーシャルメディアの一部ではこの胸像について、ホラー映画に登場する何かのようだなどと指摘する声が上がっていた。ロナルド選手については二つ目の銅像も公開され、こちらは実際に同選手に似ている。
     diego-maradona-statue-restricted-story-top

    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/11/16(木) 17:13:58.77 ID:CAP_USER9.net
    ナイジェリアに敗戦で激怒のマラドーナ氏「俺に監督をやらせろ!」
    17/11/16 12:06
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230996-230996-fl



    母国の不甲斐なさ?に激怒のマラドーナ氏

    元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏が“再登板”へ意欲をみせた。『ESPN』が伝えている。

    アルゼンチン代表は今月14日に行われた国際親善試合でナイジェリア代表に2-0からの逆転を許し、2-4で敗れた。この結果を受けて、激怒したのがマラドーナ氏だ。

    「誰ならもっと勝てるかって? 結論を下そうじゃないか。俺は怒っている。威厳もへったくれもあったもんじゃない。だが選手たちは悪くない。俺に監督をやらせろ!!!」と綴った。

    歴代監督のなかで、もっとも勝率の良いマラドーナ氏。当時は24試合で18勝6敗として、75%の勝率を誇った。

    なお、2位は29試合で74%の勝率を叩き出したヘラルド・マルティーノ監督。その後ろには41試合で72%の勝率としたアレハンドロ・サベーラ監督。

    ともに68試合で指揮を執り、勝率70%のアルフィオ・バシーレ監督とマルセロ・ビエルサ監督が続いている。
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/02(木) 01:00:16.06 ID:CAP_USER9.net
    「幽霊かUFOがシルトンをどこかに連れ去ったんだ」
     
    神の子ディエゴ・マラドーナが、『FIFA.com』のスペシャルゲストで登場。「思い出深いワールドカップ5大シーンは?」と問われ、面白おかしく振り返った。本人のコメントとともに紹介しよう。
     
    ①1982年スペイン大会
    /グループリーグ・ハンガリー戦でのW杯初ゴール
    「ワールドユース(U-20W杯)ではゴールを決めていたけど、ワールドカップでのそれは比べものにならなかったね。ずっとずっと欲していた。まるでママがベッドまで朝食をもってきてくれて、キスをしてくれたかのような喜びだったよ。すごくピュアなね」
     
    ②1982年スペイン大会
    /2次リーグのブラジル戦で一発退場
    「ブラジルは俺たちをからかっていた。それがどうしても我慢できなくてね。(おなかに飛び蹴りを見舞った)バチスタとは何年かしてから話をしたよ。彼は言った。『間違っているよ、ディエゴ。それもまたフットボールじゃないか』と。でもさ、3点をリードされて、敵のサポーターが『オレ! オレ! オレ!』と叫ぶなかでボール回しをされたら、カチンとも来るさ。少しでも静脈に血が流れているなら。でも、蹴っちゃいけなかったかな、やっぱり。俺はなんてことをしたんだ!」
     
    ③1986年メキシコ大会
    /準々決勝イングランド戦での「5人抜き」
    「あんなゴールは後にも先にもない。難しいゴールはいくつか決めたけど、あれはワールドカップだった。すべての子どもたちの夢だ。最後は(GKのピーター・)シルトンだったね。彼がなにをしていたのか、いまでもよく分からない。幽霊やUFOがやって来て、彼をどこかに連れ去ったのかもしれない。俺のためにあんなに広くゴールを開けててくれたんだからな。何度も何度も(映像を)観たね。『ママ! また観ようぜ!』と誘って、いつも大喜びの彼女とね」


    「これを外したらお前は大バカだ、弱虫だ、最低ヤローだ」

    ④1990年イタリア大会
    /ラウンド・オブ16のブラジル戦での決勝アシスト。40mドリブルからの股抜きスルーパス
    「ブラジル人はアレマンの対応を批判したようだけど、違うな。俺が速すぎたんだ。むしろ責められて然りなのは、あっさりやられたドゥンガだろう。カニ(クラウディオ・カニージャ)がゴールを決めた時は、心底神に感謝したよ。下馬評ではブラジルが有利だったし、実際の試合内容もそうだった。俺たちは少ないチャンスをモノにしたんだ。試合後にカニに言ったよ。『なにをしでかしたか分かってるのか?』って。したら彼は『うん、ゴールを決めたよ!』とはしゃいでた。で、俺が言ったんだ。『こんなにスタジアムを静かにしちゃってなにを言ってるんだ!』とね。あれだけやられれても勝てるのがフットボール。だからこそ、世界でもっとも美しいスポーツなんだ」
     
    ⑤1990年イタリア大会
    /準決勝イタリア戦のPK戦。4番目のキッカーとして成功
    「PK戦になった時、(ルイジ・)デ・アゴスティーニや(ワルター・)ゼンガあたりが俺のところに来て、『こんなのフェアじゃないぞ!』とか『おかしいだろ、こんな試合!』と言ってたな。俺はそうは思わなかったけど。で、PK戦で俺の番になった。準々決勝のユーゴ戦でもPK戦があって、俺は外してたろ? だからセンターサークルからスポットに行くまでの間、自分自身にこんなことを言ってた。

    『これを外したらお前は大バカだ、弱虫だ、最低ヤローだ』とね。ママやパパ、兄弟、アルゼンチンのすべての人びと、俺を愛してくれるすべてのひとをもう裏切ることはできない。うまくゼンガの裏をかけたね。俺のキックのあと、イタリアの敗退が決まったんだ」
     
    残念ながら、マラドーナにとっての「ワールドカップ黒歴史」にはいっさい触れられていない。「5人抜き」と同様にイングランド戦で伝説となった「神の手ゴール」と、1994年アメリカ大会でのドーピング事件のふたつだ。いずれにせよ通算4度出場のワールドカップで、悲喜こもごも、記録にも記憶にも残るプレーを連発した御大。10月30日に57歳となった現在は、UAEのアル・ワスルで監督を務めるかたわら、FIFAのアンバサダーとしても活躍している。

    11/1(水) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171101-00031926-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/14(土) 17:48:44.27 ID:CAP_USER9.net
    インテルやナポリは、現役時代にマルディーニがタイトルを競ったライバルたちだ。長いキャリアにおいて、最も強かった対戦相手を問われると、かつてのナポリとインテルの「顔」を挙げている。
     
    「幸か不幸か、私は(ディエゴ・)マラドーナやロナウドといった選手たちと対戦してきた。私が戦ってきた中で最も強かった選手たちだ」

    ---略-----

    全文はこちらからご覧になれます
    2017-10-14_21h10_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171014-00031109-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/10/12(木) 18:31:14.25 ID:CAP_USER9.net
    サッカー界が誇るレジェンド、元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ。

    かつてはラ・ボンボネーラで愛娘とともに愛するボカの試合を観戦する様子が度々目撃されていた。だが、溺愛していたはずの娘たちとの親子関係に亀裂が走っているようだ。

    『Corriere Del Mezzogiorno』によれば、マラドーナは「銀行口座から185万ドル(2億円)が消えた」として2人の娘を非難したという。

    ダルマとジャンニーナ(セルヒオ・アグエロの元妻)の2人は父親に知らせることなく、ウルグアイの金融機関に資金を移していたとのこと。この動きの裏には、マラドーナの元嫁であるクラウディア・ビジャファーニェの存在があるとも。マラドーナは法的措置に出る構えも見せているというが…。
    2017-10-12_22h49_24
    http://news.livedoor.com/article/detail/13738154/
    2017年10月12日 15時0分 Qoly
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/04(水) 13:50:12.17 ID:CAP_USER9.net
    バルサの10番はやはり別格か

    かつてインテルなどで活躍した元ウルグアイ代表の魔法使い、アルバロ・レコバ氏が“史上最高のフットボーラー”について自身の見解を述べている。

    カルチョ全盛期を謳歌し、名門インテルで240試合以上に出場したレジェンドがTV番組『Jaque y Mate』に出演。そのファンタスティックな左足でセリエAを熱狂させた男は、同インタビューにおいて、バルセロナで活躍するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシこそがフットボール史上最高のプレイヤーだと断言した。

    「ものすごくハイレベルな争いだが、歴代でNo.1の選手はメッシだ。ディエゴ・マラドーナには申し訳ないが、実際のところ彼のプレイは少ししか見ていない。もちろんマラドーナもペレやその他の選手と同様に間違いなくベストの1人だと思うよ」

    長い年月を経ることでレコバ氏の指摘は正当化されるかもしれない。

    「15~20年の月日が経てば、おそらく人々はメッシを史上最強の選手として見なすことになるはずだ」

    多くの称賛と敬意、そしてあらゆる個人賞を総なめにするメッシ。やはりこの小柄な10番こそ、全てを見下ろすことのできるNo.1プレイヤーと言えるかもしれない。

    10/3(火) 17:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010008-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 22:59:35.01 ID:CAP_USER9.net
    アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏がFIFAのインタビューに応じ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)制度に賛成意見を述べた。

    VAR制度はオフサイドやペナルティエリア内のファールなどの判定の際、誤審解消のために考案されたが、正式ルールとして採用されればサッカー界に大きな変革をもたらすことになる。かつて現役時代に“神の手”ゴールを決めたことで有名なマラドーナ氏だが、VARの導入には肯定的な立場をとっている。

    「科学技術はかなりのスピードで進化しており、もはやあらゆるスポーツで導入されている。サッカーにも導入することを検討しても良いと思う。やたらと時間がかかって、進行の妨げになるだけだと考える人もいるようだが、実際はそうではない。与えられるべきではないものが与えられたり、誤ったゴールが認められたりすれば皆うんざりするものだ。テクノロジーは透明性とクオリティをもたらす」

    ■VAR導入で「神の手」ゴールはなくなる

    またマラドーナ氏は、1986年に行われたメキシコ・ワールドカップのイングランド戦で「神の手」ゴールが認められたことに言及し、「当然、テクノロジーの導入を支持する際、いつも考えてしまう。もしテクノロジーが進んでいたらあのゴールは生まれなかっただろうと思う」と明かしている。

    1990年に行われたイタリア・ワールドカップでもペナルティエリア内でハンドしていたことにも触れ、科学技術が発展した現代においてサッカーも適応していくよう自身の見解を述べた。

    「1990年のワールドカップでは、ソヴィエト連邦戦で手を使ってライン上のボールをクリアした。レフェリーが気づかなかったからラッキーだったよ。あの頃、テクノロジーを導入することはできなかったけど、現在は違う。もしテクノロジーが導入されていれば、ワールドカップの歴史が変えてしまうようないろんな事件がこれまで起きてきたわけだが、今こそ変革の時がやって来た」
    2017-07-27_09h34_15
    7/26(水) 17:08配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000013-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/02(日) 19:31:12.49 ID:CAP_USER9.net
    現地時間6月30日、リオネル・メッシがアルゼンチンの故郷ロサリオで結婚披露宴を行った。

    この式にはメッシが親しくしている著名人が数多く参加したが、アルゼンチンの国民的英雄であり、かつて代表を指導した恩師ディエゴ・マラドーナの姿はなかった。

    その頃マラドーナは、FIFAコンフェデレーションズカップが行われているロシアに滞在していた。そんな状況下、マラドーナはロシアメディア『Sovetskiy Sport』の前で次のように述べている。

    「メッシに祝福の言葉を言いたい。メッシは私がどれだけメッシのことを愛しているか、よく理解してくれているからね」

    マラドーナは「式の招待状は手元にないけれど、メッシに対する私の愛は変わらない。彼は優れたアスリートであり、素晴らしい人間だからね」と続け、メッシの結婚式に参加しなかった経緯に触れた。

    メッシがマラドーナを挙式に呼ばなかったのか、それとも招待状をマラドーナが何らかの手違いで紛失したのか。メッシはメールでマラドーナに招待状を送っていたとの報道もあるが、現時点で真相は不明だ。だが、マラドーナとメッシの関係が悪化しているというわけではなさそうだ。

    メッシの挙式にはネイマール、ルイス・スアレス、ハビエル・マスチェラーノ、セルヒオ・ロメロ、シャビ、サミュエル・エトー、カルレス・プジョルなど、バルセロナや代表の盟友たちが多数参加していた。
    2017-07-02_22h59_33
    7/2(日) 18:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/28(水) 22:08:50.07 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのリオネル・メッシは現地時間6月30日に、パートナーのアントネッラ・ロクソさんと生まれ故郷であるアルゼンチンのロサリオで結婚式を行なう。だが、そこにアルゼンチン・サッカー界の“レジェンド”は呼ばれていないようだ。27日、スペインの『ムント・デポルティボ』紙は、招待客の中にディエゴ・マラドーナが入っていないと報じた。

    マラドーナは2008年の10月にアルゼンチン代表の監督に就任しメッシを指導。2010年の南アフリカ・ワールドカップでも共に戦った間柄だ。

    マラドーナはメッシについて、「これまでメッシのような選手を見たことがない。メッシがアルゼンチン人であることを神に感謝したい。アルゼンチンにはメッシ、法王、そして私がいる」と語るなど、母国の後輩を称賛。ただ、「メッシは良い人物だが、個性が無い。彼はリーダーになるだけの個性が無い」と、時に歯に衣着せぬ厳しい言葉を投げかけてもきた。

    一方のメッシは、2016年3月に両者の関係について、「ディエゴとは長年会っていない。2010年のワールドカップ以来かな。彼には彼の生活があるし、僕には僕の生活がある。ディエゴとは全く話さないし、互いに連絡も取らない。偉大な関係である僕たちのはずなのにね」と、近年は疎遠になっていると明かしていた。

    ちなみに、メッシの結婚式に招待される260人の中には、バルサのチームメートをはじめ、近しい友人や、共にプレーしたロナウジーニョやデコなどが含まれている。はたして、かつての恩師であるマラドーナは、この一件をどのように感じているのだろうか。
    27283_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=27283
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ