海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マルセイユ

    1:久太郎 ★:2018/05/17(木) 05:39:01.68 ID:CAP_USER9.net
    グリーズマン2発!アトレティコが快勝でEL制覇!…酒井は出番なしで16年ぶり快挙ならず

    ヨーロッパリーグ(EL)決勝が16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとアトレティコ・マドリードが対戦した。酒井はベンチスタートとなった。

    EL初制覇を狙うマルセイユと3度目の優勝を目指すアトレティコが激突。マルセイユは、主将のディミトリ・パイェやリーグ戦22得点のフロリアン・トヴァン、ルイス・グスタヴォらがスタメンに名を連ね、11日にケガから復帰した酒井の代わりにブナ・サールが右サイドバックに入った。

    対するアトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督が準決勝で主審を侮辱し4試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、この日もスタンドから観戦。指揮官不在の中、今大会4ゴール3アシストのアントワーヌ・グリーズマンや、1月にチェルシーから復帰したジエゴ・コスタらが先発出場で、今シーズン限りで退団するフェルナンド・トーレスはベンチスタートとなった。

    試合はマルセイユが立ち上がりからチャンスを作る。4分、今大会トップの7アシストを記録しているパイェのスルーパスから、ヴァレール・ジェルマンがエリア内に抜け出してシュート。6分には、アディル・ラミがエリア内中央でこぼれ球を右足ダイレクトで叩くが、どちらも枠を捉えられなかった。

    試合が動いたのは21分、アトレティコは高い位置からプレッシャーをかけると、敵陣中央のガビが相手のトラップミスを見逃さず、ダイレクトで前線にパス。エリア内中央に抜け出したグリーズマンがゴール左に流し込み、貴重な先制点を挙げた。

    32分、先制を許したマルセイユに追い打ちをかけるアクシデント。パイェが負傷交代を強いられ、涙ながらにピッチを後にした主将の代わりにマキシム・ロペスが投入された。

    後半に入って49分、アトレティコが追加点を奪う。エリア内右に走り込んだグリーズマンがコケからリターンパスを受けると、冷静に左足シュートを沈めてリードを2点に広げた。

    マルセイユは2点を追う展開となったが、なかなか反撃できず。81分には途中出場のコンスタンティノス・ミトログルがヘディングシュートを放ったが、これは左ポストに嫌われた。アトレティコは89分、ガビがエリア内右フリーでパスを受けると、右足を振り抜き、試合を決定づけるダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、アトレティコが3-0の快勝で6年ぶり3度目のEL制覇を果たした。

    なお、酒井は出番が回ってこず、大舞台での出場は叶わなかった。また、チームも敗れたため、2002年にフェイエノールトで前身のUEFAカップを制した小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)以来、日本人選手2人目の優勝を果たすことはできなかった。

    【スコア】
    マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    1-0 21分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
    2-0 49分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
    3-0 89分 ガビ(アトレティコ)
    2018-05-17_07h51_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00759181-soccerk-socc
    続きを読む

    8:久太郎 ★:2018/05/04(金) 06:44:07.51 ID:CAP_USER9.net
    210分の激闘を制したマルセイユが決勝へ! ザルツブルグの南野は84分から出場

    ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが3日に行われ、ザルツブルグとマルセイユが対戦した。

    4月26日に行なわれたファーストレグは、フロリアン・トヴァンとクリントン・エンジの得点でホームのマルセイユが先勝。決勝進出に前進している。

    前半をスコアレスで折り返すと、迎えた53分。右サイドでボールを持ったアマドゥ・ハイダラが力強いドリブル突破から右足でシュートを突き刺す。ザルツブルグが1点を先制した。勢いに乗るザルツブルグは65分、右サイドからチャンスを作ると、相手DFのクリアボールを拾ったクサファー・シュラーガーが左足でシュート。このシュートがブナ・サールに当たってゴールイン。2試合合計スコアで追いつく。

    試合は延長戦に突入。延長後半に入り116分、ディミトリ・パイェのCKから途中出場のロランド・フォンセカが決めて、マルセイユが2試合合計スコアで勝ち越しに成功する。

    試合は2-1で終了。2試合合計2-3でマルセイユが決勝に駒を進めた。マルセイユの酒井宏樹は負傷中のためメンバー外。ザルツブルグの南野拓実は84分からプレーしている。

    決勝の対戦相手はアトレティコ・マドリード。今シーズンのEL決勝戦は今月17日、フランスのリヨンで開催される。

    【スコア】
    ザルツブルグ 2-1(2試合合計2-3)マルセイユ

    【得点者】
    1-0 53分 アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルグ)
    2-0 65分 クサファー・シュラーガー(ザルツブルグ)
    2-1 116分 ロランド・フォンセカ(マルセイユ)
    2018-05-04_07h39_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752351-soccerk-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/27(金) 05:59:04.93 ID:CAP_USER9.net
    マルセイユ 2-0 ザルツブルク
    [得点者]
    フロリアン・トヴァン(前半15分)マルセイユ
    クリントン・エンジ (後半18分)マルセイユ

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11152951


    アーセナル 1-1 アトレティコ
    [得点者]
    アレクサンドル・ラカゼット(後半16分)アーセナル
    アントワーヌ・グリーズマン(後半37分)アトレティコ

    ※シメ・ヴルサリコ(前半10分)イエロー2枚で退場

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11152952


    アーセナル、80分間数的優位も終盤に痛恨被弾…アトレティコが価値あるドローに持ち込む

    ヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグが26日に行われ、アーセナルとアトレティコ・マドリードが対戦した。

    立ち上がりから試合の主導権を握ったのはホームのアーセナルだった。6分、ショートカウンターを仕掛けると、左サイドのダニー・ウェルベックがアーリークロスを供給。ペナルティエリア内中央に走り込んだアレクサンドル・ラカゼットが右足ボレーで合わせたが、ここは枠の右に外れた。直後の7分には左サイドからナチョ・モンレアルが上げたクロスにラカゼットが頭で合わせたが、枠を捉えたシュートはGKヤン・オブラクの好セーブに阻まれた。

    反撃の糸口を探るアトレティコ・マドリードだが、想定外の事態に見舞われる。10分、すでに警告を受けていたシメ・ヴルサリコがラカゼットの足を踏んでしまい、2枚目のイエローカードで退場となる。さらに12分、判定に不満をつのらせていたディエゴ・シメオネ監督が審判への抗議で退席処分に。早い時間に数的不利に陥っただけでなく、指揮官も失うこととなった。

    これでさらに攻勢を強めたアーセナルは21分、ジャック・ウィルシャーとのワンツーでエリア内左に抜け出したウェルベックが決定機を迎えたが、シュートはまたしてもGKオブラクの好セーブに阻まれた。

    耐える時間が続くアトレティコ・マドリードだが、カウンターからチャンスを作る。37分、敵陣でボールを奪ったトーマス・バルディがエリア内まで持ち上がり、中央へラストパス。フリーで受けたアントワーヌ・グリーズマンが左足ダイレクトで狙ったが、シュートはGKダビド・オスピナの正面に飛んだ。

    後半もアーセナルが押し込む時間が続くと、61分に猛攻が実る。エリア内左深い位置に抜け出したウィルシャーが折り返したボールを、ファーサイドのラカゼットがヘディングでゴール右に決めた。

    その後も追加点を狙ってアーセナルが攻め続けたが、アトレティコ・マドリードが一瞬の隙を突く。82分、ロングボール1本でディフェンスラインの裏に抜け出したグリーズマンが一度はGKに阻まれたボールを左足でゴールに蹴り込み、貴重なアウェイゴールを奪った。

    試合はこのままタイムアップ。終始、試合の主導権を握ったアーセナルが先手を取ったが、アトレティコ・マドリードがドローに持ち込む結果となった。セカンドレグは5月3日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。

    【スコア】
    アーセナル 1-1 アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    1-0 61分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
    1-1 82分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    2018-04-27_08h21_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00748823-soccerk-socc

    >>2以降に続く
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/24(火) 06:58:21.04 ID:CAP_USER9.net
    マルセイユは23日、リール戦(21日)で負傷交代した日本代表DF酒井宏樹(28)について、左膝内側側副じん帯の捻挫で少なくとも3週間離脱するとの検査結果を発表。じん帯断裂などの重傷ではなく、順調なら5月中旬には復帰できる見通しで6月開幕のW杯ロシア大会の出場に影響する最悪の事態は避けられた。

    酒井宏は、同日に自身のツイッターを更新。「どんなに気をつけていてもケガはつきものです。ただ今回は自分の身体が本当に頑張って耐えてくれました」と重傷とならなかった自身の体に感謝。さらに「EL(欧州リーグ)もリーグもまだ諦めてません。またすぐこのシャツを着られるようリハビリ頑張ります!」と今季中の復帰に強い意欲を示した。

    4/24(火) 6:00配信 スポニチ
    2018-04-24_08h21_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000014-spnannex-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/04/22(日) 02:28:51.70 ID:CAP_USER9.net
    酒井宏樹がリーグ戦で負傷交代…離脱ならクラブと代表の双方に痛手か
    4/22(日) 1:24配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00746690-soccerk-socc

    リール戦で負傷交代を強いられた酒井宏樹(写真は第33節・トロワ戦のもの) [写真]=Icon Sport via Getty Images



    リーグ・アンの第34節が21日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはリールと対戦した。この試合でも先発出場を果たした酒井だったが、アクシデントによって前半のうちに負傷交代を強いられている。

    マルセイユが1-0でリードして迎えた前半19分に、前線左サイドから攻め上がった酒井は地上戦で相手選手と競り合う。その際にピッチへと倒れ込んだ同選手は左脚を痛めてしまったようで、22分にジョルダン・アマヴィと交代でピッチを後にした。

    酒井は交代が告げられた後に自力で歩いてはいたものの、仮に故障離脱となるとヨーロッパリーグ(EL)の準決勝に進出しているマルセイユにとっては大きな痛手に。また、日本代表でも右サイドバックの主力として活躍を見せてきた同選手が、この時期にケガによって戦線を離れるようなことがあれば、2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けても懸念材料が残ることになってしまう。
    続きを読む

    2018-04-13_09h01_34

    1:久太郎 ★:2018/04/13(金) 06:02:52.99 ID:CAP_USER9.net
    オリンピック・マルセイユ 5-2 RBライプツィヒ
    2戦合計          5-3

    [得点者]
    ブルマ(前半2分)     ライプツィヒ
    OG(前半6分)       マルセイユ
    ブナ・サル(前半9分)   マルセイユ
    トヴァン(前半38分)    マルセイユ
    アウグスティン(後半10分) ライプツィヒ
    パイェ(後半15分)     マルセイユ
    酒井宏樹(後半49分)    マルセイユ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151651



    CSKAモスクワ 2-2 アーセナル
    2戦合計 3-6
    [得点者]
    フェドル・チャロフ(前半39分)CSKA
    キリル・ナバブキン(後半5分)CSKA
    ダニー・ウェルベック(後半31分)アーセナル
    アーロン・ラムジー(後半47分) アーセナル
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151652



    スポルティングCP 1-0 アトレティコ・マドリード
    2戦合計      1-2
    [得点者]
    フレディ・モンテロ・ムノス(前半28分)スポルティングCP

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151653



    RBザルツブルク 4-1 ラツィオ
    2戦合計     6-5
    [得点者]
    チーロ・インモービレ(後半10分)   ラツィオ
    アマドウ・ダブール(後半11分)    ザルツブルク
    アマドウ・ハイダラ(後半27分)    ザルツブルク
    ファン・ヒチャン(後半29分)     ザルツブルク
    シュテファン・ライナー(後半31分)  ザルツブルク
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/43
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/19(月) 08:02:17.57 ID:CAP_USER9.net
    3/19(月) 7:24配信
    酒井宏樹、日本代表辞退の可能性も。リヨン戦で負傷交代

    マルセイユに所属する日本代表のDF酒井宏樹が負傷退場した。

    現地時間18日に行われたリーグアン第30節でマルセイユはリヨンと対戦した。試合はホームのマルセイユが2-3で敗戦した。

    この試合で右サイドバックとして先発出場した酒井は31分にチームが先制した直後にピッチの外に出て治療を受ける。再びピッチに戻ったがすぐに倒れこんでしまい医療スタッフに抱えられながら無念の途中交代となってしまった。

    どうやら臀部を痛めた模様だがクラブ側から詳細な発表はされていない。酒井は今季リーグ戦27試合に出場するなどマルセイユで不動の地位を築いている。また現地時間23日にベルギーで行われるマリ代表、27日のウクライナ代表との親善試合にも日本代表として招集されており怪我の具合によっては欠場の可能性も出てきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180319-00261376-footballc-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/11(日) 22:45:31.92 ID:CAP_USER9.net
    チームの核が「活躍できてるのはヒロキのおかげ」と激賞
     
    マルセイユの日本代表DF、酒井宏樹が日曜日のトゥールーズ戦を前にした記者会見に臨み、報道陣とユーモア溢れるやりとりを繰り広げた。
     
    まずは今シーズン、本来の右SBだけでなく左SBでの出場も増えているが、かなり慣れてきた印象を受けると投げかけられると、「そう思っていただけるのは嬉しいですけど、自分としてはぎこちない。右と左とでは全然違いますからね。もっと高いレベルにしないといけない。チームの事情もあるので、そこは覚悟してやっています」と回答した。
     
    さらに、チームの攻撃の核であるフロリアン・トバンが「今シーズンの僕が(右サイドで)活躍できているのはヒロキが守備面でカバーしてくれているからだ」と称えたことを伝え聞くと、にっこり笑い、「フロー(トバンの愛称)はそう言ってくれるけど、間違いなく彼の能力があってこそ。でもサイドバックとしては一番幸せな言葉だと思う」と照れた。

    会見は終始通訳を介して行なわれたが、記者からは「毎回訊いてるけど、いつになったらフランス語で応対するんだい?」という意地悪な質問も。だだこれも、話し手と聞き手の信頼関係があってのものだ。酒井は笑顔を見せながら、「自分の思っていることがみなさんに100%伝わることが大事だと思っているので、このまま日本語で続けていければと思います」と、やんわり返した。
     
    日本代表の一員として挑むロシア・ワールドカップへの展望についてはどう?「僕らはフランス代表と違ってチャレンジャーなので、とにかく相手をリスペクトしたうえで、相手に挑んでいくという戦い方を見せて、そのうえで成功できればいいかなといまは思っているので、全力で挑んでいきたい」
     
    先日のイベントで、日本代表の先輩である中田英寿氏が「ワールドカップで日本はグループリーグを突破しなければならない」と話したことを問われると、「もちろんやるからにはかならず最高の結果を望みたい。日本のレジェンドがそのように言ってくれるのであれば、すごく嬉しいことですね」と語った。

    「CLをこの街、このスタジアムで戦えることは素晴らしいし、夢」
     
    マルセイユは現在、リーグ・アンで3位に付ける。28節終了時点で首位パリ・サンジェルマンとの勝点差は17ポイントあり、逆転の可能性は限りなくゼロに近いが、2位モナコとは4ポイント差だ。2位以内に食い込めば来季のチャンピオンズ・リーグでグループステージにストレートインできるだけに、その争いがヒートアップしている。金曜日にモナコは先に29節を消化し、勝利した。マルセイユもトゥールーズ戦での3ポイント奪取が求められる。
     
    「とにかく勝たないと追いつけないので、モナコがコケることを願いながら、僕らは勝ち続けるしかない。チャンピオンズ・リーグをこの街、このスタジアムで戦えることは素晴らしいし、夢ですね。とにかくいまは1試合1試合集中してやることがそれにつながるのかなと思います」

     
    欧州を見渡してもマルセイユは、サポーターやメディアなど周囲の目の厳しさが群を抜く。そのなかで入団2年目の酒井は、コンスタントな活躍ぶりと持ち前の明るいキャラクターですっかり彼らの信頼を得ている印象だ。
     
    そんなポジティブな側面が垣間見える、前日会見だった。

    3/11(日) 20:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180311-00036862-sdigestw-socc&p=1

    写真
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/09(金) 07:51:43.55 ID:CAP_USER9.net
    2018-03-09_09h56_14
    [3.8 EL決勝T2回戦第1戦 マルセイユ3-1ビルバオ]

    ヨーロッパリーグ(EL)は8日、決勝トーナメント2回戦第1戦を行った。日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はホームでビルバオ(スペイン)と対戦し、3ー1で勝利。右SBで出場した酒井はフル出場した。第2戦は15日にビルバオの本拠地で行われる。

    8年ぶりにベスト16入りを果たしたマルセイユ。直近の公式戦で4試合白星なしの中、メンバーは主力を総動員し、酒井も主戦場である右SBで先発出場した。

    試合は開始早々に動く。マルセイユは前半1分、PA右に進入したMFフロリアン・トバンが左足インスイングのクロスを上げ、ファーサイドのMFルーカス・オカンポスが右足アウトサイドで技ありのワンタッチで流し込み、先制に成功する。

    前半14分には酒井が起点となり、マルセイユが追加点。右サイドを突破した酒井が右足クロスを上げるが、相手選手にブロックされる。しかしクリアされたボールは敵陣PA内に入り、FWディミトリ・パイェがボールを奪うと胸トラップから鋭い右足ボレーを放ち、ゴール右に突き刺した。2点リードしたマルセイユだが前半終了間際、DFアディル・ラミがPA内でのハンドを取られてPKを献上。相手にPKを決められ、前半を2-1で折り返す。

    嫌な形で前半を終えたマルセイユだが、勢いは止まらない。後半12分、パイェは右サイドを突破し、PA内を確認しつつ鋭い右足クロスを上げる。すると、素早く詰めたオカンポスが右足で合わせ、相手GKに阻まれるも、ボールはそのままゴール左に吸い込まれた。地力の差を見せたマルセイユが3-1でホームでの第1戦を勝利。15日に行われる敵地での第2戦に向けて弾みをつけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-01651281-gekisaka-socc

    [得点者]
    ルーカス・オカンポス 1'(マルセイユ)
    デミトリィ・パイェ 14'(マルセイユ)
    アリツ・アドリゥス 45'+3(ビルバオ)
    ルーカス・オカンポス57’(マルセイユ)
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 18:47:19.77 ID:CAP_USER9.net
    現地2月25日にパルク・デ・プランスで行なわれたパリ・サンジェルマンとマルセイユによるダービーマッチ『ル・クラスィク』は、3-0でホームチームが快勝した。
     
    フランスきっての名門対決は、試合前から両軍のサポーターによる熱き応援によって異様なムードとなっていたが、そんな中、よりスタジアムを盛り上げたのは、パリSGサポーターのユニークな応援バナーとコレオグラフィーだった。

    【動画】酒井宏樹対ネイマールの白熱したパリSGとマルセイユのマッチハイライト
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=36169

    宿敵を試合前に威圧するべくパリSGのサポーターがスタンドで掲げたのは、日本の人気漫画『ドラゴンボール』の主人公『孫悟空』の巨大バナー。

    道着にパリSGのエンブレムが刻印された巨大なそのバナーの周りには、6つの「ドラゴンボール」をかたどった円形のフラッグも添えられていた。それぞれに「1986、1994、2013、2014、2015、2016」という数字が記されており、これはパリSGがこれまでリーグ・アンで優勝した年を表わしていた。
     
    おそらくサポーターは、リーグ・アンにおける強者は自分たちだというのを誇示したかったのと同時に、7つのドラゴンボールを集めれば願いが叶うという作品のストーリーラインに沿って、今シーズンに7度目のリーグ制覇を成し遂げれば、悲願であるチャンピオンズ・リーグ(CL)初制覇も叶うという意味を込めたのだろう。
     
    地元紙『Le Parisen』は、「パリSGのサポーターたちは強烈なメッセージを放った。もし彼らが5月よりも前に7個目のリーグタイトルを手にすれば、全ての望みが叶うかもしれない」と、含みを持たせて書き記している
     
    サポーターたちの熱意が通じ、3-0と快勝を収めたパリSGは、2位モナコとの勝点差を14に広げており、7度目のリーグ・アン優勝に向けて視界は良好だ。
     
    だが、CLは2月14日にサンチャゴ・ベルナベウで行なわれた決勝トーナメント1回戦のレアル・マドリーとの第1レグを1-3で落としており、厳しい状況に変わりはない。
     
    3月6日にホームで実施される第2レグでは、大会2連覇中の王者を相手に2点差以上での勝利が勝ち抜けの最低条件となっているが、はたしてパリSGサポーターたちのドラゴンボールに込めた想いは通じるのだろうか……。
     
    2/26(月) 17:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00036169-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ