海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マンチェスターシティ

    [2.13 欧州CL決勝T1回戦第1戦 バーゼル0-4マンチェスター・C]

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、決勝トーナメント1回戦第1戦を各地で行った。マンチェスター・シティ(イングランド)は敵地でバーゼル(スイス)と対戦。MFイルカイ・ギュンドガンの2ゴールなどが決まって4-0で完勝し、ホームで行われる3月7日の第2戦にはずみをつけた。

    今季のプレミアリーグでは、第27節終了時点で79得点という圧倒的な攻撃力を見せ、2位と勝ち点16差で首位を独走中のマンチェスター・C。この日は、スイスリーグ2位のバーゼルの本拠地に乗り込み、変わらぬ得点力を見せつけた。

    前半6分、攻撃意識の高いバーゼルがFWディミトリ・オベリンの単独カウンターで抜け出すと、同7分には素早いトランジションからFWラヒーム・スターリングがドリブルで相手陣内に侵入。相手のクリアで浮いたボールをFWセルヒオ・アグエロがボレーで狙い、さっそく決定機をつくった。

    すると前半14分、早々にスコアを動かす。MFケビン・デ・ブライネが左CKを鋭く蹴り込み、ニアサイドでマークを外したMFギュンドガンがヘディング。角度のない難しいシュートだったが、見事にネットを揺らして見せ、アウェーチームが先制点を奪った。

    さらに前半18分、左サイドを突破したスターリングのクロスは相手DFが頭で触ったが、ボールはファーサイドへ流れる。PA内で待っていたFWベルナルド・シルバが胸トラップで浮かせると、飛び出したGKの動きを見て左足を一閃。GKトマシュ・バクリクはわずかに触れたが、ボールはネットに吸い込まれた。

    マンチェスター・Cはなおも止まらない。前半23分、アンカーに入ったMFフェルナンジーニョの持ち上がりはリベロのDFレオ・ラクロワがスライディングでクリア。ところが、絶妙な位置にポジションを取っていたアグエロがボールを拾い、右足ミドルシュートを狙うと、ゴール左隅に突き刺さった。

    3点ビハインドでハーフタイムを迎えたバーゼルだったが、後半立ち上がりにMFモハメド・エルユヌシがミドルシュートを狙い、この試合で初めての枠内シュートを記録。6分には、スターリングが最終ライン裏に抜け出すも、猛スピードで戻った守備陣が対応して難を逃れた。

    それでも後半8分、マンチェスター・Cが4点目を奪う。相手ブロックに侵入したアグエロがゴール正面右寄りを攻め上がって、中央のギュンドガンにパス。背番号8が正確なトラップから右足で持ち出し、落ち着いたフォームでミドルシュートを繰り出すと、ボールはGKの手を華麗に巻いて2得点目となった。

    マンチェスター・Cは後半12分、スターリングに代えてFWリロイ・サネを投入。1月27日に行われたFAカップ4回戦のカーディフ戦で相手の悪質なタックルを受けて足首を負傷し、各種報道で全治4~6週間とされていたドイツ代表アタッカーだったが、わずか2週間余りでの復帰となった。さらに同18分、デ・ブライネに代わって負傷明けのMFダビド・シルバもピッチに立った

    一方のバーゼルは後半22分、MFバレンティン・シュトッカーのクロスにオベリンが頭で狙ったが枠外。その後もPA内に抜け出したエルヌユシのシュートがGKエデルソンに阻まれるシーン、オベリンの強烈なミドルが枠を捉えるシーンなど、惜しいチャンスを立て続けにつくった。

    マンチェスター・Cは後半28分、PA左深くを突破したアグエロがマイナス方向にクロスを送ると、ギュンドガンが低く押さえたダイレクトボレー。ハットトリック達成かと思われたが、右隅を突いたボールはGKバクリクが見事な横っ飛びでかき出した。

    マンチェスター・Cは後半40分、アグエロを下げてMFダニーロを入れ、フォーメーションを4-2-3-1に変更。ギュンドガンが“ゼロトップ”気味に最前線に入った。そのまま危なげなく試合を終えて4-0で完勝。初の欧州CL制覇に向けて好スタートを切った。
    2018-02-14_08h49_40

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-01650520-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/29(金) 16:52:20.91 ID:CAP_USER9.net
    9/29(金) 12:29配信
    SOCCER KING



    アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが交通事故に遭い、負傷した。

    イギリスメディア『エクスプレス』によると、コロンビア人歌手マルマのコンサートの帰り道にタクシーを使ったアグエロだったが、乗車したタクシーが空港へ向かう道中に電柱に衝突したという。なお、同メディアによると全治まで2カ月ほどかかる見込みである。

    プレミアリーグで首位につけるマンチェスター・Cでエースの役割を全うしているアグエロは今シーズン、公式戦8試合出場7ゴール3アシストを記録している。クラブ通算最多ゴールに王手をかけているが、長期離脱を強いられてしまった。

    2018 FIFAワールドカップロシア・南米予選で5位につけるアルゼンチン代表にとっても痛すぎる事故となっている。

    アグエロが離脱したマンチェスター・Cは10月1日、昨シーズンのプレミアリーグ王者チェルシーとホームで対戦予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00649134-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/14(月) 18:39:39.70 ID:CAP_USER9.net
    サッカースペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシがクラブからの契約延長の打診を断ったという。14日のスペイン紙マルカが伝えているもので、現契約満了後の2018年夏に新天地に移る可能性が示唆されている。

    記事によると、メッシは休暇を過ごしていた今年7月、契約満了を待って去就を決める意向をクラブに伝えたという。現契約はメッシが27歳だった14年5

    月に結ばれたもので18年6月に終了する。通常契約終了の1年前に新契約が結ばれることが多い状況で、通算8回目となるメッシのバルセロナとの契約延長が棚上げされたかたちになっている。バルセロナは選手側に再考を求めているが、これまで両者が改めて話し合いを持つ場はないとしている。マルカ紙では一連の流れは脱税により行われた裁判の影響があるとしている。

    メッシが新天地を求める場合、現地点で最有力視されるのがマンチェスター・シティー(イングランド)だ。グアルディオラ監督、選手時代に浦和レッズでもプレーしたベギリスタイン氏、ソリアーノ氏とバルセロナ出身の人材が現場、強化部、フロントでそれぞれ責任者を務めていることが理由として挙げられる。

    グアルディオラ監督は「メッシがキャリアをバルサで終えるのを願っている。でももしかしたらいつか気持ちが変わるかもしれない」とわずかながらも引き抜きの希望を持っていることをほのめかしており、ソリアーノGMも「彼が決めることだが、もし彼が連絡をくれればこちらとしてはすぐに門戸を開く」といつでも受け入れる体制にあるとしている。
    2016-11-14_19h18_56
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000085-dal-socc
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 16:58:38.02 ID:CAP_USER9.net
    【11月5日 AFP】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のヤヤ・トゥーレ(Yaya Toure)は4日、自身がチームから外される原因となった代理人の問題発言をフェイスブックで謝罪した。

    代理人のディミトリ・セルク氏が、欧州チャンピオンズリーグの登録メンバーから外れたことでトゥーレが「恥をかいた」と発言して以来、ジョゼップ・グアルディオラ監督は同選手を構想から外していた。

    グアルディオラ監督は、セルク氏が謝罪すればトゥーレを再びチームに戻すことを明言しており、トゥーレは声明で「自分と代理人に代わり、過去の誤解について、マネジメントチームなどクラブの全関係者にお詫びしたい。一連のコメントは、クラブや関係者の皆さんに対する自分の見解を反映するものではない」と述べた。

    「マンチェスター・シティには尊敬の念しかなく、このクラブの繁栄だけを願っている。このクラブの歴史の一員としてプレーできたことを誇りに思っているし、今後もシティの成功に貢献したい。自分はファンを楽しませるために生きている」

    「今回の問題で厳しい時間を過ごす間、メッセージを寄せてくれたファンの皆さんに感謝したい。自分と家族にとっては、とても励みになった」

    2010年にスペイン1部リーグのFCバルセロナから加入して以来、トゥーレはシティでプレミアリーグ制覇2回、リーグカップ優勝2回、FAカップ優勝1回を経験しているが、今季で契約が満了する。

    グアルディオラ監督が指揮官に就任して以来、トゥーレはシーズン序盤に行われたステアウア・ブカレストとのチャンピオンズリーグ・プレーオフ第2戦の1試合しか出場しておらず、チャンピオンズリーグのグループステージに向けた25人の登録メンバーが発表された際にも、最大17人の外国人枠の中にコートジボワール出身のトゥーレの名前は見つからなかった。

    こうした状況を受け、これまでにもクラブショップで同選手のネーム入りシャツが不足していたことや、チームが誕生日を祝わなかったことなどに文句をつけていたセルク氏は、指揮官が選手に恥をかかせていると批判。また、ジョー・ハートやヴィンセント・コンパニーを「犬のように」扱っていると話すなど、第三者のことにまで口を出していた。

    img_2f66d03b213dc1e80132aabe9d3b7838103840
    2016/11/05 16:13(マンチェスター/英国)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3106922?act=all
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 15:55:37.27 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグで今、もっとも注目すべき男はだれか――。ポール・ポグバ? ズラタン・イブラヒモビッチ? エデン・アザール? いや、違う。胸を張って推せるのが、マンチェスター・シティのMF、ケビン・デ・ブルイネだ。

    ジョゼップ・グアルディオラ新監督の下、高度なボールテクニックと戦術眼を活かしてパスワークに絡みながら、アタッキングサードで決定的な仕事を連発している。

    際立っているのが、右足の精度とパンチ力だ。サイドから放つクロスは高い確率でターゲットを捉える。シュートレンジは広く、機を見て撃ち込む抑えの利いたミドルは、ほとんど枠を外さない。

    なにより相手の脅威となっているのが、直接FKだろう。今シーズンはすでに2ゴールを決めている。1点目はプレミアリーグ5節のボーンマス戦(9月17日)、ジャンプした壁の下を巧みに抜いて、ネットを揺らした。

    2点目はチャンピオンズ・リーグ4節のバルセロナ戦(11月1日)だ。ゴールまで約20メートルの距離。力強く蹴り出されたボールは、壁を越えたあと勢いを保ったまま鋭く落ち、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが懸命に伸ばした手を弾いて突き刺さった。最も得意とする軌道だ。

    デ・ブルイネの活躍ぶりは、データにも表われている。以下はプレミアリーグにおける数字だが、アシストはリーグ最多の5つ。1試合平均のデータに目を向けると、シュートに繋がったパスを示すキーパスが2.8本(6位)、シュート数がMFながら3.2本(9位)、クロス数が2.3本(4位)、スルーパスが0.4本(3位)と総じてアベレージが高い。

    セルヒオ・アグエロやラヒーム・スターリングとともに、今シーズンのシティで最もゴールの香りが漂うプレーヤーの一人である。

    まだ25歳。智将グアルディオラの下で、どこまで進化を遂げるのか。デ・ブルイネが右足を振り抜くとき、何かが起こる――。
    20301_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=20301
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ