海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マンチェスター・シティ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/15(火) 11:48:47.40
    川崎フロンターレは15日、昨季ベガルタ仙台に期限付き移籍していたDF板倉滉(21)が、マンチェスター・シティへ完全移籍することを発表した。

    川崎Fの下部組織出身の板倉は2015年にトップチームに昇格。16年にJ1で2試合、17年にJ1で5試合に出場し、昨季は期限付き移籍先の仙台で24試合出場3得点を記録した。各年代別代表にも名を連ね、17年のU-20W杯、昨年のAFC U-23選手権、アジア競技大会にも出場した。

    クラブを通じて板倉は「この度、プレミアリーグのマンチェスター・シティに完全移籍することになりました」と報告。「人生の半分以上をフロンターレで過ごし、サッカーはもちろん、人としてもたくさんのことを学ぶことが出来ました!僕に関わってくれた方々、応援してくれた方々には本当に感謝しています!

    フロンターレでの出会い、経験は僕の宝物です。なかなか等々力で活躍した姿を見せることが出来ず悔しい思いもありますが、さらに成長して、またいつの日か等々力でプレー出来れば幸せです!本当にフロンターレが大好きです!」と語り、川崎F愛を示した。

    「昨年プレーさせていただいたベガルタ仙台では、プロになり初めてコンスタントに試合に出場することができ、たくさんの熱い声援をいただくなかプロサッカー選手としてもっともっと成長したい!という気持ちがより一層高まりました。

    仙台での1年間は最高の経験でした、忘れません!初めての海外でのプレーなので、色々あると思います。厳しい環境に身を置いて、がむしゃらに突き進んで行きたいと思っていますので引き続き応援よろしくお願いいたします」

    なお、14日にエールディビジのフローニンゲンが板倉がレンタル移籍で加入することを発表。MF堂安律との東京五輪世代コンビがオランダで誕生することになった。
    2019-01-15_13h45_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18498015-gekisaka-socc
    1/15(火) 9:27配信

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/15(火) 05:11:50.11
    1/15(火) 5:03配信
    板倉滉がマンCからのレンタルでフローニンゲンに加入!!堂安と東京五輪コンビ結成へ

    オランダ・エールディビジのフローニンゲンは14日、マンチェスター・シティからDF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。

    昨季、川崎フロンターレからベガルタ仙台に期限付き移籍していた板倉。川崎Fからマンチェスター・Cに完全移籍したうえで、2020年夏までの期限付き移籍でフローニンゲンに加入することになった。

    フローニンゲンは公式サイトに板倉が英語で話す動画も掲載。「偉大なクラブであるフローニンゲンに加わることができてとてもうれしいです」と笑顔で話す板倉は15日にオランダに到着する予定だという。

    東京五輪世代の板倉はセンターバックだけでなく、ボランチもこなすユーティリティープレイヤー。186cmの長身を生かした対人の強さには定評がある。フローニンゲンには日本代表MF堂安律も所属しており、オランダで東京五輪世代コンビが誕生することになった。

    川崎Fの下部組織出身の板倉は15年にトップチームに昇格。16年にJ1で2試合、17年にJ1で5試合に出場し、昨季は期限付き移籍先の仙台で24試合出場3得点を記録した。各年代別代表にも名を連ね、17年のU-20W杯、昨年のAFC U-23選手権、アジア競技大会にも出場した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18439400-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/04(金) 20:07:43.21 _USER9
    現地時間12月3日に行なわれたプレミアリーグ第21節、マンチェスター・シティは本拠地エティハド・スタジアムで首位のリバプールを2-1で撃破した。

    シティは40分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの鮮やかなゴールで先制したが、64分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの同点弾を許し、苦しい展開を強いられる。

    それでも、「勝たなければ終わりだった」と試合後にジョゼップ・グアルディオラ監督が漏らしたことからも分かるように、この一戦に並々ならぬ闘志を燃やしていたシティは、俊英MFが決定打を放った。

    72分、ラヒーム・スターリングのパスを受けたレロイ・ザネが、ペナルティーエリア内で左足を振り抜き、強烈な弾道のシュートをゴール右隅へ突き刺したのだ。

    これが決勝点となり、シーズン後半戦を占う大一番を制したシティ。敗れていれば、首位リバプールとの勝点差が「10」に開いていただけに、逆転優勝にも望みを繋ぐ重要な勝利だったことは言うまでもない。

    そんなウォーターブルーの戦士たちの奮闘を間近で見届けたサポーターたちは、大いに熱狂した。なかでも、根っからの“シティ愛”を持つ英国の大人気ロックバンド「Oasis」の元メンバー、リアム・ギャラガーは試合後、自身のツイッターで次のようにつぶやいている。

    「何がヘビーメタル・フットボールだ、ばーか!」

    「ヘビーメタル・フットボール」とは、リバプールのドイツ人監督ユルゲン・クロップが、戦術的に柔軟でスピーディーな攻撃を貫き、ファンをエモーショナルな気分にさせる自身の標榜するスタイルを例えた造語だ。L・ギャラガーは、これを皮肉ったのである。

    ただ、いまだリバプールが首位であることに変わりはない。ゆえにL・ギャラガーの元には、「誰がトップなのかをお忘れか?」「ストーン・ローゼズがライブをした時以外、お前らのスタジアムが沸いたのを聞いたことがない」「首位になってからものを言えよ」など、多くのコップ(熱狂的なリバプール・ファンの総称)から非難の声が相次いだ。

    過去にも、愛するシティに関する話題に首を突っ込んでは、お騒がせなロックミュージシャンらしい歯に衣着せぬ発言で“炎上”のネタを振りまいてきたL・ギャラガー。そんな男のつぶやきは、今回も“燃えた”。

    1/4(金) 17:19配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00052309-sdigestw-socc

    写真
    2019-01-04_20h47_42


    続きを読む

    マンCがプレミア天王山を制す! リヴァプールはリーグ21戦目で初黒星

    【スコア】 マンチェスター・C 2-1 リヴァプール
    【得点者】
    1-0 40分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    1-1 64分 フィルミーノ(リヴァプール)
    2-1 72分 サネ(マンチェスター・C)

    2019-01-04_08h09_36

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00886379-soccerk-socc


    1: 風吹けば名無し 2019/01/04(金) 07:02:01.12
    どうしても優勝できない模様

    2: 風吹けば名無し 2019/01/04(金) 07:03:06.01
    プレミアおもろなったやん

    3: 風吹けば名無し 2019/01/04(金) 07:03:13.70
    ロブレンが糞すぎてなぁ
    絶対吉田の方が上だわ

    続きを読む

    2018-12-30_18h01_53

    1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 11:40:43.15
    どうせ強くなってからファンになったにわかやろwwww
    クソ雑魚時代からのシティファンなんているのか?

    2: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 11:41:28.77
    いやアーセナルファンもリバプールファンも強くなってからのファンやろ?

    3: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 11:41:45.69
    なにをカリカリしてるんだい?

    4: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 11:41:46.08
    マンCができた当初からのファンやぞ

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/27(木) 07:52:07.29 _USER9
    14分にB・シルバのゴールで先制したマンCだったが、その5分後にオルブライトンに同点弾を奪われ、前半は1-1で折り返す。後半もボールを保持して試合を進めるが、固い守備を見せるレスターを崩しきれない。

    すると81分、耐え続けていたレスターが逆転に成功。CKのこぼれ球から、ペレイラがボックス外から豪快なミドルシュートを叩き込んだ。

    苦しい展開となったマンCは、89分にデルフが危険なタックルで一発退場に。更に厳しい状況に追い込まれる。

    試合はこのまま終了。マンCは前節のクリスタル・パレス戦(2-3)に続き、連敗となった。なお、岡崎慎司は88分から途中出場を果たしている。

    マンCは前節に続き連敗を喫し、同日に勝利したトッテナムにかわされ3位に転落。首位リヴァプールとの差は「7」に広がった。
    2018-12-27_09h13_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000025-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/10(月) 18:49:05.14 _USER9
    no title


    フローニンゲンの日本代表MF堂安律はすでにビッグクラブ移籍の噂が複数浮上しているが、英メディアではマンチェスター・シティが来年1月の移籍マーケットで獲得を目指していると報じられた。


    「マン・シティは1月に日本人スターの卵獲得を目指す」

    こう報じたのは英メディア「TEAMtalk」だ。フローニンゲンでブレーク中の堂安の獲得をシティが熱望しているようだと特集している。

    「小柄なアタッキングミッドフィールダー」と称されている堂安に対しては、シティ以外にもチェルシーやアーセナル、アトレチコ・マドリード、そしてMF香川真司の所属するドルトムントも関心を持っていると言われる。

    そうしたなかで、シティのスカウトは堂安の視察を続けているという。ライバルクラブの動きも盛んに報じられるようになり、出し抜かれることを恐れているとも記されている。

    それでもシティは、フローニンゲンが元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の若手有望株とも期待される堂安の獲得に自信ものぞかせているという。記事ではシティは1月中に獲得を決めたうえで、2020年夏までは引き続きオランダでプレーさせる可能性があると具体的な話も出てきている。シティは将来有望な堂安をじっくりと育てていくプランを持っているのかもしれない。

    海外挑戦2年目ながら日本代表の主力にも定着し、ビッグクラブが追いかける存在となった堂安。ペップ・グアルディオラ監督率いるメガクラブへの移籍は現実のものとなるだろうか

    12/10(月) 18:40 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/153372

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/09(日) 05:33:18.02 _USER9
    【チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第16節】

    現地時間8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー対マンチェスター・シティは、2-0でホームのチェルシーが勝利した。

    ここまで無敗を維持するシティと、対策が講じられ始めたチェルシーの一戦。前半は圧倒的なシティペースで進む。高い位置からの激しいプレスでチェルシーに自由を与えず、主導権を握った。

    しかし、チェルシーはシティの猛攻に耐えて無失点で踏ん張ると、前半終了間際に先制点。ペナルティエリア左でボールを持ったアザールがマイナスに折り返したボールに2列目から入ったカンテが合わせ、チーム初シュートを得点にした。

    追いかけるシティは53分、ザネを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。チェルシーはコバチッチが負傷したため、65分にバークリーと交代した。

    守備の意識が高いチェルシーを攻略できないシティは、なかなか1点差を詰めることができない。

    すると78分、チェルシーが大きな追加点を挙げる。左からのCKにダビド・ルイスがヘディングで合わせて2-0とした。

    チェルシーは残り時間で集中した守備を披露し、シティにチャンスを与えない。最後までこの守りを続けたチェルシーが、シティに勝利している。

    この結果、シティの無敗がストップ。同日の試合で勝利したリバプールがリーグで唯一の無敗チームとなり、シティは2位に順位を下げた。

    【得点者】
    45分 1-0 カンテ(チェルシー)
    78分 2-0 ダビド・ルイス(チェルシー)
    20181209_chel_getty
    12/9(日) 4:22 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300375-footballc-socc

    続きを読む

    2018-11-11-jose-

    1:風吹けば名無し:2018/11/18(日) 07:57:36.85 ID:kuNqwaoAM.net
    なんでこうなっちゃったんや…
    2:風吹けば名無し:2018/11/18(日) 07:58:06.18 ID:kuNqwaoAM.net
    誰がファーガソンの後釜やったら落ちぶれずに済んだんやろか…
    56:風吹けば名無し:2018/11/18(日) 08:14:20.78 ID:+4I1B+Vv0.net
    >>2
    ファーガソンから直でモウリーニョしか正解ルートはなかったように思う
    マンUブランドに相手がビビってたことが強さの源泉やったわけで
    モイーズで催眠術解けたあとでは何しても無駄
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 05:59:29.77 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグ第12節が11日に行われ、マンチェスター・Cはホームでマンチェスター・Uに3-1で勝利した。

    公式戦176回目の“マンチェスター・ダービー”は開始12分、ホームのマンチェスター・Cが先制に成功した。左サイドのラヒーム・スターリングが鋭いクロスを入れると、ファーのベルナルド・シルヴァが折り返し、ダビド・シルバが冷静に右足シュートを沈めて先制点を奪った。

    1点リードで折り返したマンチェスター・Cは後半の立ち上がり48分、セルヒオ・アグエロがリヤド・マフレズとのワンツーでエリア右に抜け出し右足を一閃。強烈なシュートはGKダビド・デ・ヘアの頭上を貫き、ゴールネットを揺らした。

    2点を追うマンチェスター・Uは57分にジェシー・リンガードを下げてロメル・ルカクを送り出す。するとその直後、エリア左に抜け出したルカクがGKエデルソンに倒されてPKを獲得。58分にアントニー・マルシャルがGKと逆のゴール右に沈めて1点を返した。

    それでもマンチェスター・Cは86分、B・シルヴァが右サイドから精確なクロスを送ると、ゴール前に飛び出したイルカイ・ギュンドアンが左足トラップから素早く左足で押し込み、試合を決める追加点。
    マンチェスター・Cがホームでは4年ぶりに“マンチェスター・ダービー”を制し、開幕12試合無敗をキープした。一方のマンチェスター・Uはリーグ戦5試合ぶりの黒星となった。

    次節、マンチェスター・Cは24日にアウェイでウェストハムと、マンチェスター・Uは同日にクリスタル・パレスをホームに迎える。

    【スコア】
    マンチェスター・C 3-1 マンチェスター・U

    【得点者】
    1-0 12分 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)
    2-0 48分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    2-1 58分 アントニー・マルシャル(PK)(マンチェスター・U)
    3-1 86分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)

    【スターティングメンバー】
    マンチェスター・C(4-3-3)
    エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ;B・シルヴァ、フェルナンジーニョ、D・シルバ(90+2分 フォーデン);マフレズ(62分 サネ)、アグエロ(75分 ギュンドアン)、スターリング

    マンチェスター・U(4-3-3)
    デ・ヘア;ヤング、スモーリング、リンデロフ、ショー;エレーラ(73分 マタ)、フェライニ、マティッチ;リンガード(57分 ルカク)、ラッシュフォード(73分 サンチェス)、マルシャル

    11/12(月) 3:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00013720-jprime-ent&p=3

    写真
    20181112-00861860-soccerk-000-view

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ