海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マンチェスター・シティ

    【ウィガン 1-0 マンC FA杯5回戦】

    現地時間19日にFA杯5回戦の試合が行われ、マンチェスター・シティはイングランド3部ウィガンのホームに乗り込んで対戦。

    セルヒオ・アグエロやフェルナンジーニョ、ベルナルド・シウバなどを先発起用した一方で、チームの“アシスト王”ケビン・デ・ブライネはベンチスタートとなった。序盤から圧倒的にボールを支配して試合を有利に進めるシティ。しかし前半アディショナルタイム、ファビアン・デルフが足の裏を見せながらの危険なスライディングで1発退場してしまう。

    数的不利になりながらもシティの優勢は変わらず。何度もウィガンのゴールに迫ったが、なかなか先制点を奪えない状況が続いた。すると79分、カイル・ウォーカーがトラップミスしたボールが流れてウィガンのウィル・グリッグのもとに。グリッグが自らゴール前まで運んでシュートを放ち先制点を決めた。結局、このゴールが決勝点となりシティは0-1の敗戦を喫している。シティはまさかのFA杯5回戦敗退となった。

    【得点者】
    79分 1-0 グリッグ(ウィガン)
    manc_getty-2

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00257135-footballc-socc続きを読む

    2018-02-11_08h29_49

    1:豆次郎 ★:2018/02/11(日) 05:37:49.39 ID:CAP_USER9.net
    2/11(日) 5:31配信
    日刊スポーツ

    <プレミアリーグ:マンチェスターC5-1レスター>◇10日◇マンチェスター

    FW岡崎慎司(31)が所属するレスターは、マンチェスターCに1-5の大敗を喫した。岡崎はベンチ外だった。

    レスターは9勝10敗8分け。マンチェスターCは23勝1敗3分けとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00122598-nksports-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/02/07(水) 14:36:23.57 ID:CAP_USER9.net
    エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドがマンチェスター・シティに追いつくのは来季も難しいという考えを述べた。英『スカイ・スポーツ』の番組で話している。

    シティは今季プレミアリーグで順調に首位を走っており、12試合を残した時点で2位のユナイテッドに13ポイント差。ユナイテッドも過去数年に比べれば好成績を残しているが、同じ町のライバルチームには大きく水を開けられている。

    昨季まで在籍したユナイテッドでエースとして長年活躍したルーニーは、今季だけでなく来季もこの力関係が変わることはないと予想している。「シティに追いつけるかどうかという話なら、今年はもちろん無理だ。率直に言えば、来季も追いつくのは難しいだろう」と語った。

    「シティは4、5年前のバルセロナのレベルに達しようとしている。僕からこういうことは言いにくいが、ほぼ完璧なサッカーをしていることもある」とルーニーはシティの戦いぶりに賛辞を送った。

    バルサを2008年から2012年まで率いて“黄金時代”を築いたのが、現在シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督だった。今季シティはチャンピオンズリーグ、FAカップ、カラバオ・カップ(リーグ杯)でも勝ち残り、前人未到の4冠達成の可能性も残している。
    20180206_rooney_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00254934-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/01(木) 22:40:41.42 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、自チームを批判する声に反論した。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

    シティは先月31日、イングランド・プレミアリーグ第25節のウェストブロム戦に3-0で快勝。同日に2位のマンチェスター・ユナイテッドがトッテナムに0-2で敗北したため、勝ち点差が15に開いた。

    試合後、グアルディオラ監督は閉鎖したばかりの冬の移籍市場に言及。「人々は我々が持っているものは金だけで、世界一お金のあるクラブだという。しかし、我々には情熱や素晴らしい組織もある。ビッグクラブのレベルでね」と“金満”と揶揄される自チームへの批判に反論した。

    シティは今冬、アスレティック・ビルバオからDFエメリック・ラポルトを5700万ポンド(約88億円)で獲得。昨夏には、ブラジル代表DFダニーロ、フランス代表DFバンジャマン・メンディ、イングランド代表DFカイル・ウォーカーらディフェンダーの選手に合計1億4000万ユーロ(約186億円)の移籍金を投資しており、守備陣強化のために巨額の金額をつぎ込む姿勢に批判の声もあった。

    グアルディオラ監督は、圧倒的な攻撃力でリーグを席巻しているクラブのサッカーには「私は魔法使いではないから、素晴らしい選手が必要だ」と認めつつも「今いる選手、彼らがこれまでにしてきたことを受けて、どう彼らを疑えばいいんだ」と現在の選手層に満足している。

    また同監督は、移籍市場閉鎖直前で獲得を目論んでいたレスター・シティのMFリヤド・マフレズに関しては「マフレズはレスターの選手。他のチームの選手のことは話さない」と失敗に終わった交渉への言及を避けた。
    20180201guardiola1_getty-560x373
    2/1(木) 22:00配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180201-00254186-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/26(金) 06:52:29.42 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティ所属のFWセルヒオ・アグエロとアトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリエーズマンのトレード話が浮上している。24日、英『ザ・サン』が伝えている。

    アグエロは2011年にアトレティコから3800万ポンド(約60億円)でシティに移籍。スコアラーの真価を発揮してクラブ史上最多得点記録も更新し、圧倒的な強さを誇るシティの原動力としてチームを牽引している。

    アトレティコはチェルシーから獲得したFWジエゴ・コスタとの前線を形成すべく、かつてのエースに対して復帰を熱望。ペップ・グアルディオラ監督はアグエロ放出を望みはしないものの、グリエーズマンとのトレードの場合は可能性を残しているという。

    同メディアのとある関係筋によると、アトレティコはアグエロの代理人に連絡を取っており、アグエロを連れ戻す可能性がどれだけあるかを確認中とのこと。

    シティにとって、クラブのレジェンドとして名を残したアグエロをトレードに出すことは可能性としては低い。しかし、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナも獲得を狙うグリエーズマンとのトレードとなったら、果たしてどうなるか。

    ビッグディール候補から目が離せない。

    1/25(木) 22:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-01649918-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2018/01/15(月) 03:05:11.89 ID:CAP_USER9.net
    20180115_livmci_getty-1-560x373

    マンC初黒星。攻撃力爆発のリバプールが4ゴールで粉砕
    2018年01月15日(Mon)2時55分配信

    【リバプール 4-3 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第23節】

    現地時間14日に行われたプレミアリーグ第23節のリバプール対マンチェスター・シティは、ホームのリバプールが4-3で勝利した。シティは今シーズンリーグ戦初黒星となっている。

    今季リーグ戦無敗で首位を独走するシティと、ホームで14試合負けなしのリバプールの対決。好スタートを切ったのはホームのリバプールだった。

    9分、高い位置でボールを奪ったリバプールは、チェンバレンがミドルシュート。コースはそれほど厳しくなかったものの、体重の乗った強烈なシュートをGKは弾き切れず、リバプールが先制した。

    その後もリバプールは、守備がうまく機能してシティの攻撃を封じていった。しかし、リードを維持して折り返せない。

    https://www.footballchannel.jp/2018/01/15/post251228/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/09(火) 17:56:16.36 ID:CAP_USER9.net
    ・熾烈な争奪戦を制したのはやはりマンC。

    アーセナルに所属するチリ代表FWのアレクシス・サンチェスが、マンチェスター・Cと移籍に関して合意したようだ。現地時間1月8日、イタリアの著名な移籍専門記者であるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じた。
     
    マンチェスター・Cは昨夏もサンチェスの獲得に動き、メルカート終盤には6000万ポンド(約87億円)でクラブ間合意。しかし、アーセナルが後釜に狙っていたトマ・ルマール(モナコ)を取り逃がしたことで、商談が流れたという経緯があった。
     
    サンチェスとアーセナルの現行契約は今年6月までで、アーセナルは延長オファーを送ったものの本人サイドが拒否。年が明け契約満了半年前になったため、FIFAのルール上、サンチェスはどのクラブともアーセナルに断りなく来シーズン以降の契約を結べる立場になった。
     
    サンチェスは世界トップクラスのアタッカーだけに、チェルシーやパリSG、バイエルン、ユベントス、インテルなども獲得を狙っていたが、やはりマンチェスター・Cが争奪戦を制した模様だ。
     
    サンチェスとマンチェスター・Cは年俸1300万ポンド(約19億円)で合意したという。仮にこの1月に移籍する場合はアーセナルに移籍金2000万ポンド(約29億円)が、サンチェスには1500万ポンド(約22億円)の契約ボーナス。この冬は残留し、来シーズンから移籍金ゼロでの加入となれば、サンチェスに3000万ポンド(約44億円)の契約ボーナスが支払われるという。
     
    サンチェスとマンチェスター・Cは合意しただけに、残るはアーセナルの決断のみ。移籍金を得られる1月に売却するか、契約満了で夏に手放すかだ。はたして?
     
    1/9(火) 13:40配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00034588-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    2018-01-01_08h45_43

    1:風吹けば名無し:2018/01/01(月) 01:30:38.91 ID:5z67aE/00.net
    ふつうに負けそうやったな
    2:風吹けば名無し:2018/01/01(月) 01:31:27.31 ID:5z67aE/00.net
    デ・ブライネは大丈夫か
    3:風吹けば名無し:2018/01/01(月) 01:31:31.39 ID:fLwwltnV0.net
    ワイアーセナル、笑う
    4:風吹けば名無し:2018/01/01(月) 01:32:13.49 ID:5z67aE/00.net
    >>3
    サンチェス奪ったろか?
    続きを読む

    DRwM8BMXUAA6JpQ

    1:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:19:04.41 ID:0rh7A6YRa.net
    あれ?
    3:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:20:18.49 ID:LduffN1zp.net
    シティが強すぎる
    バルサとやったらどうなるんやろ
    4:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:20:53.90 ID:0rh7A6YRa.net
    >>3
    CLで見られるな
    シティ嫌いやけど勝ちそう
    5:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:21:52.74 ID:LduffN1zp.net
    >>4
    レアルがこけてるから強く見えるだけで今年のバルサはそこまでじゃないからなあ
    9:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:23:02.35 ID:0rh7A6YRa.net
    >>5
    いや強いのは間違いないぞ
    失点少なすぎやし
    ただ層が薄い
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/28(木) 07:10:42.97 ID:CAP_USER9.net
    ■プレミアリーグ第20節

    ニューカッスル 0-1 マンチェスター・シティ

    <得点者>

    マンチェスター・C:スターリング(31分)


    現地時間27日、プレミアリーグ第20節ニューカッスルvsマンチェスター・Cの一戦が行われた。

    第2節エヴァートン戦で引き分けてから、リーグ戦で17連勝を飾っているマンチェスター・Cが、アウェーながら高いボール支配率を記録し、相手ゴールを脅かす展開が続いた。

    開始直後からニコラス・オタメンディ、セルヒオ・アグエロ、カイル・ウォーカーらがシュートを放つ。すると11分にマンチェスター・CはDFヴァンサン・コンパニが負傷交代を余儀なくされ、早くも序盤で交代枠1枚を使うことに。

    だが、ジョゼップ・グアルディオラ監督はDFコンパニに代えてFWガブリエウ・ジェズスを投入し、攻撃の枚数を増やす陣形にスライドする。

    その後もマンチェスター・Cは攻勢をかけ続け、31分にようやく先制に成功する。ケヴィン・デ・ブライネが浮き球のパスをラヒーム・スターリングに通すと、スターリングは左足ダイレクトでゴールに流し込み、マンチェスター・Cが1点を先行する。

    追う展開になったニューカッスルは35分、左サイドからローランド・アーロンズが相手GKの位置を見計らってループ気味にシュートを放つも、オタメンディがゴールライン上でかき出され、同点ゴールは決まらず。

    後半に入ってからもマンチェスター・Cのハーフコートマッチのような状況が続く。66分、デ・ブライネが右足でミドルを放ち、バーに弾かれる。そのルーズボールに反応したアグエロが無人のゴールに押し込むも、アグエロはオフサイドポジションとの判定で追加点はならなかった。

    防戦一方のニューカッスルはクリスティアン・アツを投入して流れを引き用せようとする一方で、マンチェスター・CはFWアグエロを下げてDFエリアカン・マンガラを入れ、守備陣の枚数を戻す形に。

    ここからニューカッスルは反撃を見せるも1点が遠く、マンチェスター・Cが1点のリードを守りきって勝利を収めている。これでマンチェスター・Cは第3節からの連勝を18に伸ばした。

    なお、フルタイムでのボール支配率は22-78%、シュート本数は6-21(枠内2-6)という内容だった。

    マンチェスター・Cは勝ち点3を積み重ね、これで勝ち点を58に伸ばした。一方のニューカッスルは勝ち点18のまま、暫定15位となっており残留争いの様相を呈している。

    12/28(木) 6:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000028-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ