海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マンチェスター・ユナイテッド

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/22(土) 22:23:47.76 ID:CAP_USER9.net
    2012シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去ったファーガソン氏
     
    ドルトムントの日本代表MF香川真司は、今季前半戦で有望な若手の加入による定位置争いの激化と古傷の右足首痛でポジションを失ったが、3月に入ってから公式戦9試合で8試合に先発し、2ゴールを決めるなど完全復活を遂げている。

    そうしたなかイングランド紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、2012年シーズンに香川獲得を実現させたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン元監督の“遺産”を特集。稀代の名将がイングランド代表FWウェイン・ルーニーよりも香川をトップ下として高く評価していたと分析している。

    2012年シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去った偉大なるサーは、後任に現在サンダーランドを率いるデイビッド・モイーズ監督を指名した。

    記事では「サー・アレックス・ファーガソンは、マンチェスター・ユナイテッドの時限爆弾付きのチームとともに後任にデイビッド・モイーズを提案したことから、当惑され、批判もされてきた。歴史はファーガソンの引退から塗り替えられてしまった」と、27年間赤い悪魔を指揮した名将の去り際をこう評している。

    だが、ファーガソン氏は盤石なコーチングスタッフに加えて、人材豊富なアカデミーという揺るぎない基盤を残したと自負。マンチェスター・シティと勝ち点差11で優勝したチームも連覇可能と評価していたという。

    ■ファーガソン氏の去り際を再評価する声
     
    退任後のチームの凋落ぶりから批判を集めることもあったファーガソン氏だが、その去り際に対する再評価の声が高まっている。

    「時間が経つにつれて、ファーガソン時代の出来事が重みを持ち始める。25歳以下の選手がスカッドに9人いたという数字だけでも、下降線を辿っていたチームではないという議論を支持する。そして、ユナイテッドが夏にマイケル・キーンを買い戻そうとし、ウィルフレッド・ザハがトットナムかマンチェスター・シティに移籍の可能性が浮上しており、ファーガソンの遺産は見直されるべきとなった」

    記事ではこう報じられている。ルイス・ファン・ハール前監督に放出された2人は、現在その評価を高めている。コートジボワール代表FWザハはクリスタル・パレスで活躍し、ライバルクラブが獲得に動いている。バーンリーに放出されたイングランド代表DFキーンに至ってはユナイテッドが買い戻しに動いており、いずれもファーガソン時代の選手だ。

    そして、イングランド代表FWコンビ、マーカス・ラッシュフォードとジェシ・リンガードはファーガソン氏が引き上げたアカデミー出身者。

    そして、ファーガソン氏が獲得に動いたスペイン代表GKダビド・デ・ヘアはプレミア屈指の名手という評価を築いているが、ファン・ハール監督に放出されたレバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリート、こと、ハビエル・エルナンデスは、ジョゼ・モウリーニョ監督が不在を嘆いたほどだった。

    つづく
    no title
    Football ZONE web 4/22(土) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010025-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/22(土) 11:01:07.66 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチの怪我は、やはり重傷のようだ。ポルトガルメディア『Record.pt』は最悪の場合、このまま現役引退となる可能性も伝えている。

    イブラヒモビッチは20日にホームで行ったアンデルレヒト(ベルギー)とのヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝第2戦に先発。しかし後半アディショナルタイムのクロスボールの競り合いの際に右膝を負傷。苦悶の表情を浮かべながら、そのままピッチを後にした。

    クラブからの公式発表はまだないが、現地メディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』は十字靱帯を断裂したと報道。その他複数メディアも近日中に手術が行われる見込みと伝え、その場合の全治は8か月以上になるという。

    イブラヒモビッチは今季より1年契約でマンチェスター・ユナイテッドに加入。公式戦28ゴールを決める活躍を見せているが、契約延長は不透明な状況だ。この負傷で契約延長の可能性はほぼなくなったとの見方もある。

    そして『Record.pt』は、十字靱帯を負傷した現在35歳のFWが、復帰した2018年にハイパフォーマンスを取り戻すのは困難だとし、このまま引退する可能性があると伝えた。
    2017-04-22_11h14_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-01638992-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/21(金) 09:11:06.36 ID:CAP_USER9.net
    ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグの4試合が20日に各地で行われた。

    3試合が延長戦に突入する激闘のラウンドとなった。マンチェスター・Uは第1戦を1-1のドローで終えたが、ホームで迎えた第2戦でアンデルレヒトを2試合合計3-2で破った。開始10分にMFヘンリク・ムヒタリアンの2試合連続ゴールで先制したが、32分にMFソフィアヌ・アンニの得点で同点とされて、そのまま延長戦突入。苦戦が続いたが、107分にFWマーカス・ラッシュフォードの決勝点で猛攻が実り、2-1の勝利で準決勝に駒を進めた。

    DF内田篤人が所属するシャルケは、第1戦でアヤックスに0-2で完封負け。ホームでの第2戦では53分にMFレオン・ゴレツカ、56分にFWグイド・ブルグスタラーがゴールを決めて2点差を追い付くと、80分にはアヤックスが退場者を出して数的有利となった。90分では決着がつかなかったが、101分にMFダニエル・カリジューリの得点でついに2戦合計で逆転する。シャルケがこのまま逃げ切るかと思われたが、111分にDFニック・フィールへフェル、120分にFWアミン・ユネスに失点を喫し、試合には勝利したが、アヤックスに2試合合計4-3の劇的な突破を許した。なお、内田は2試合ともメンバー外だった。

    リヨンとベシクタシュの対決は、PK戦での決着となった。第1戦はホームのリヨンが2-1で先勝。敵地での第2戦は27分に先制されるが、34分にFWアレクサンドル・ラカゼットが同点ゴールを決めて追い付く。しかし後半58分、MFタリスカにこの日2点目を喫し、ベシクタシュに2戦合計3-3とされ、そのまま延長戦に突入。120分でも勝負が決まらないままPK戦に入り、後攻のリヨンが7-6で制してベスト4入りを決めた。

    残りの1試合はセルタとヘンクが1-1で引き分け。ホームでの第1戦を3-2で制していたセルタが2試合合計4-3で準決勝に進んだ。

    なお、準決勝の組み合わせ抽選会は21日に開催され、ファーストレグは5月4日に、セカンドレグは同11日に行われる。

    ■EL準々決勝セカンドレグ結果
    マンチェスター・U(イングランド) 2-1(2試合合計:3-2) アンデルレヒト(ベルギー)
    ヘンク(ベルギー) 1-1(2試合合計:3-4) セルタ(スペイン)
    シャルケ(ドイツ) 3-2(2試合合計:3-4) アヤックス(オランダ)
    ベシクタシュ(トルコ) 2-1(2試合合計:3-3/PK戦6-7) リヨン(フランス)
    2017-04-21_10h48_20
    SOCCER KING 4/21(金) 8:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00578796-soccerk-socc

    セルタ引き分けで逃げ切り、ゲンク破り4強進出
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-01810983-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/17(月) 10:28:44.70 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    マンチェスター・U 2-0 チェルシー

    【得点者】
    1-0 7分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
    2-0 49分 アンデル・エレーラ(マンチェスター・U)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927905

    ■守備面で相手を上回ったマンUが意地の白星!

    流れを引き寄せる先制ゴールを決めたラッシュフォード。この日はドリブルで仕掛けるシーンを幾度となくみられた。 (C) Getty Images拡大写真

    現地時間4月16日、オールド・トラフォードでプレミアリーグ33節のマンチェスター・U対チェルシーが開催された。
     
    ホームのマンチェスター・Uは、イブラヒモビッチとムヒタリアンという攻撃の軸となる2人がベンチスタート。布陣も3-5-2にして臨んだ。最前線にはラッシュフォードとリンガードが並び、そしてゴールマウスには、臀部に問題を抱えて休養していた守護神のデ・ヘアが復帰を果たした。
     
    一方、首位を快走するチェルシーは、守護神のクルトワが足首の負傷により欠場。それによってベゴビッチが今シーズンリーグ戦初出場を飾った。また、試合前の練習でM・アロンソが怪我を負ったためにアスピリクエタを右WBに配置。3バックの一角にはズマが入った。
     
    試合は開始早々にマンチェスター・Uがカウンターから先制に成功する。7分、自陣でマティッチからハンド気味にボールをカットしたアンデルが前線にスルーパスを供給。これに反応したラッシュフォードが相手GKとの1対1を制して、冷静にネットを揺らした。
     
    立ち上がりに失点を喫してしまったチェルシーは、自陣に人数を割くマンチェスター・Uの堅牢を打開するのに手こずると、逆にカウンターから16分にヤング、23分にラッシュフォードと決定機を作られてしまう。
     
    アザールがアンデルのマンマークに苦しみ、攻撃にテンポが生まれなかったため、アウェーチームは悪い流れを脱せない時間帯が続いた。
     
    マンチェスター・Uも守備では上々のパフォーマンスを披露したが、攻撃ではほとんど良い場面はなし。試合は双方に得点も決定機も数多く生まれないなかで、ハーフタイムを迎えた。
     
    互いの総シュート数が5本と手堅い展開となった試合は、前半と同様にマンチェスター・Uが後半開始早々に得点を奪う。
     
    49分、左サイドからペナルティーエリア内にヤングが侵入。これはチェルシーDF陣に止められるも、ルーズとなったボールをアンデルが直接シュート。この強烈な一撃がズマに当たってゴールへと吸い込まれたのだ。
     
    2点のビハインドを背負ったチェルシーの指揮官コンテは、54分にモーゼスに代えてセスクを投入し、同時に布陣を4-2-3-1に変更する。60分にはそのセスクからのロブパスに反応したペドロが惜しいシュートを放つなどペースを掴みかける。
     
    その相手の変化を見たモウリーニョは、60分にリンガードに代えてキャリックをピッチに送り出し、布陣を4-1-4-1に変更。その直後の61分にはキャリックの楔のパスを受けたラッシュフォードがサイドネットをかすめるシュートを見舞った。
     
    両指揮官の駆け引きによって魅力の増した試合は、残り時間が15分を切ったところで追い上げるチェルシーが攻勢を強め、ボールを支配する。マンチェスター・Uは攻撃をラッシュフォードのスピードに託す他なく、守勢に回されてしまう。
     
    前掛かりになるチェルシーだったが、局面で相手DFとのデュエルにことごとく敗れ、自慢の3トップも最後まで鳴りを潜め、万事休す。試合は守備面で上回ったマンチェスター・Uが2-0で勝利した。
     
    かつての指揮官モウリーニョの采配と相手の執拗な守りに屈したコンテのチェルシー。これで2位トッテナムの勝点差が4に縮まってしまった。
     
    一方、チェルシーから2012年の10月以来となる白星を飾ったマンチェスター・U。モウリーニョにとっても古巣に公式戦2連敗を屈していただけに、意地の1勝を飾ったと言えるだろう。
     
    SOCCER DIGEST Web 4/17(月) 2:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170417-00024678-sdigestw-soc

    マンU、エレーラの1得点1アシストで首位撃破! チェルシーは2位トッテナムと4差に
    2017-04-17_11h17_13
    SOCCER KING 4/17(月)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00576909-soccerk-socc

    順位表
    http://www.jsports.co.jp/football/premier/ranking/?utm_content=buffer40e0b&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/13(木) 22:30:23.43 ID:CAP_USER9.net
    モナコ戦でも魅せた

    ドルトムントMF香川真司の勢いが止まらない。

    香川は12日にチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ・モナコ戦に先発出場すると、1G1Aと大暴れ。中でもゴールシーンは圧巻で、トラップからキックフェイント、そしてシュートまでの流れが実に美しかった。まさに「香川らしい」ゴールだったと言えるのではないか。チームは残念ながらホームでの第1戦を2-3で落としてしまったが、英『Daily Mirror』は2ndレグに希望が残ったと香川の活躍を称賛しており、ドルトムントは日本代表のエースに救われる格好となった。

    そしてこのパフォーマンスを古巣マンチェスター・ユナイテッドのサポーターが見逃すはずはない。現在のマンUは得点力不足が指摘されていることもあり、SNS上ではマンUサポーターから「もう1度香川が必要だ!」、「なぜ香川をドルトムントに戻したのか疑問」、「ファーガソンが獲得したことを納得させるパフォーマンス」、「マンUは香川を台無しにした」など、改めて香川放出を嘆く意見が出ている。

    こうした意見は香川が活躍するたびに出ているのだが、今マンUが得点力不足に陥っていることもあって余計に香川のパフォーマンスが恋しく思える のだろう。中には「全盛期のルーニーより良い」と主張している者までおり、復調した香川の評価が異常なレベルにまできている。

    果たしてドルトムントは香川が繋いでくれた希望をアウェイの2ndレグで活かすことができるのか。ここ数試合で香川はドルトムントを引っ張るキープレイヤーとなっている。

    2017-04-13_06h41_35
    theWORLD(ザ・ワールド) 4/13(木) 19:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010030-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/13(木) 18:57:34.03 ID:CAP_USER9.net
    昨年4月に離婚が成立したマンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ライアン・ギグスとステイシー元夫人が慰謝料で揉めているようだ。英紙『ザ・サン』が報じている。
     
    4月10日に高等裁判所にて2人の聴聞会が行なわれたが、ギグスは仕事で海外に渡航中のため、この日は姿を現さなかった。ステイシーの弁護人を務めるジェームズ・ブラウンは、「ステイシーの焦点は、この裁判を可能な限り早く、友好的に終わらせ、本来の生活に戻ることだ」と述べている。
     
    ステイシー側の要求は、ギグスの4000万ポンドポンド(約56億円)とも言われる総資産のうち少なくとも半分の2000万ポンド(約28億円)。これに対してギグスは、「特別寄与」という制度を持ち出して減額を望んでいるため、交渉は平行線を辿っているようだ。
     
    ギグスはまだ現役だった2011年に元ミス・ウェールズのイモージェン・トーマスとの不倫が発覚し、さらに同時期に実弟の妻であるナターシャとの7年間にも渡る不倫関係も暴露される。当時も離婚の危機に晒された。
     
    それでも、2人の子供の将来を考えて夫婦関係を続けていたが、ギグスの不倫癖は治らない。ガリー・ネビルと共同で設立したホテル・フットボールのPR担当との関係が1年ほど前に発覚し、ついにステイシーの堪忍袋の緒が切れたと言われている。
     
    世の女性からは、「度重なる不倫によって元夫から受けた屈辱は、根こそぎ財産を受けとるに値する程の苦痛」だとし、この破格の要求も妥当と捉えられているようだ。
     
    離婚成立後のステイシーは結婚指輪を捨て、友人とバカンスを楽しむなど自由を謳歌している。一方で、マンチェスター・Uの英雄は未だに結婚指輪をはめた姿が見られるなど未練たらたらで、離婚成立から1年が経つにもかかわらず、新しい家を見つけられず、いまだに元妻と子供たちと一緒に暮らしているという。

    これを機に「不倫中毒」を断ち切り、ピッチ上でそうだったように、せめて2人の子供からは、尊敬を集める人間に生まれ変わってほしいものだ。
    2017-04-13_20h55_50
    SOCCER DIGEST Web 4/13(木) 18:31
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00024557-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/13(木) 14:51:45.64 ID:CAP_USER9.net
    昨夏、ユヴェントスから1億500万ユーロ(約126億円)といわれる“史上最高額”の移籍金で、古巣であるマンチェスター・Uに復帰したフランス代表MFポール・ポグバのパフォーマンスに対し、ファンから不満が噴出している。

    その不満の声に対して、ポグバ自身がコメントを残した。イギリス紙『デイリーメール』が12日に伝えている。

    「みんなは僕のパフォーマンスを見て、ゴールを決めていないと判断している。たぶん僕がきっちりとゴールを決めていたら、みんなそのことについて言及しないんだろう」と批判を受け止めながらも

    「移籍金については忘れたほうがいい。それは過去のことだし、移籍は移籍。ピッチでプレーすることとは別の話だ」と強調。常に移籍金の金額ばかりが注目され、パフォーマンスと比較されることについての不満を露わにした。

    「みんな僕がゴールを決めなければならないと思っている。だけど僕の仕事はMFとしてアシストをすることだ。たとえ僕がアシストをしても、誰もそれについては語ってくれないけどね。

    それでもチームを勝たせることができれば、僕はしっかりとその役目を果たすつもりだよ。僕たちは勝利のために努力し続け、トップ4に入るために頑張っている」。

    ポグバはプレミアリーグ第32節を終え、27試合に出場して4ゴール、3アシストを記録。マンチェスター・Uは13日、UEFAヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでアンデルレヒトとアウェイで対戦する。

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20170413/575562.html?cx_top=topix

    写真


    ポグバ「ゴール数や移籍金じゃない」 マンチェスター・ユナイテッド日本語公式
    http://www.manutd.jp/ja-JP/NewsAndFeatures/FootballNews/2017/Apr/POGBA-DONT-JUDGE-ME-ON-FEE-OR-GOALS.aspx

    プロフィール
    http://www.manutd.jp/ja-JP/PlayerAndStaff/FirstTeamLandingPage/Paul-Pogba.aspx
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/11(火) 16:01:03.84 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uは、サンダーランドへレンタル移籍中のベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイを完全売却するのではないかと、11日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

    今シーズンはサンダーランドへ1年間のレンタル移籍をしているヤヌザイだが、所属元のマンチェスター・Uとの契約は残り1年となっている。

    サンダーランドで活躍して今夏にマンチェスター・Uに復帰したいところだったが、ここまではリーグ戦で21試合に出場、0得点3アシストとあまり結果を残せていない。この様子を受けて、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は今夏の売却を考え始めたようだ。

    ヤヌザイには、フランスやイタリア、ドイツから関心が持たれているが、マンチェスター・Uのファーストチームでプレーするほどのレベルには達していないと判断されているようだ。

    同選手は2月に22歳となったばかりだが、これまでプレミアリーグでは71試合に出場、5ゴール7アシストを記録。ベルギー代表には2014年7月にデビュー、これまで6試合に出場している。

    SOCCER KING 4/11(火) 11:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00574653-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:ホイミン ★@\(^o^)/:2017/04/07(金) 22:05:28.59 ID:CAP_USER9.net
    現在マンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンは、ここ数シーズンでワールドクラスのFWへと成長した。マンUだけでなく他の強豪クラブが興味を示すのも当然で、以前からグリーズマンはビッグクラブに向かうのではないかと言われてきた。

    しかし、アトレティコよりも実力で上回るチームがどれほど存在するだろうか。英『Daily Mail』によると、元フランス代表のユーリ・ジョルカエフ氏はアトレティコが少しばかり過小評価されているとコメント。アトレティコからマンUへの移籍は必ずしもステップアップになるとは考えていないようだ。

    「人々はアトレティコが他のビッグクラブより劣ると思っている。しかし、アトレティコはここ3シーズンで2度もチャンピオンズリーグの決勝に到達しているし、彼らはリーガ・エスパニョーラにコパ・デル・レイも獲った。彼らは多くのトロフィーを獲得したし、同様に何度もファイナルに達した。チャンピオンズリーグが欠けているだけだろう」

    確かにアトレティコはやや過小評価されているところがあり、真のビッグクラブとカウントされていないようにも思える。し かしグリーズマンに興味を示すマンUと比べても、近年は明らかにアトレティコの方が良い成績を残している。資金面などではビッグクラブと戦えないところはあるだろうが、実力で見るならマンUへの移籍は決してステップアップとは言えないはずだ。
    GettyImages-664608414-compressor-2
    https://www.theworldmagazine.jp/20170407/01world/spain/123640
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/06(木) 12:48:18.40 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョは、前任者であるルイ・ファン・ハールが1年目に残した成績を下回っているようだ。

    マンチェスター・Uは4日、プレミアリーグ第29節でエヴァートンと対戦し1-1で引き分けた。試合終了間際にズラタン・イブラヒモビッチがPKを決めてなんとか勝ち点1を手に入れている。

    2016-17シーズン、マンチェスター・Uは14勝12分け3敗の成績を残している。勝ち点は54となっており、2014-15シーズンにクラブを4位に導いたファン・ハールよりも、29試合を終えた時点で比べると2ポイント少ない。

    マンチェスター・Uは現時点で6位とこのままではチャンピオンズリーグ出場権を獲得できない。4位のマンチェスター・シティとは勝ち点差が4となっており厳しい戦いが続く。シーズン残り9試合でモウリーニョはどこまで順位を上昇させられるだろうか。
    2017-04-06_16h31_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000006-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ