海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:マンチェスター・ユナイテッド

    1:Egg ★:2018/10/10(水) 12:29:59.65 ID:CAP_USER9.net
    ジョゼ・モウリーニョは2016年7月6日にマンチェスターにやって来て以降、ずっとホテル暮らしを続けている。その日数は825日にも及び、ザ・ローリーホテルに住んで3シーズンが経つ。2020年までクラブと契約を持つにも関わらず、モウリーニョは同ホテルからの引越しは考えていない。

    G・ネヴィルがモウリーニョを擁護「彼をサポート」

    『Daily Mail』によると、モウリーニョは1泊600ポンド(約9万円)の部屋Suite Riversideに居住している。それはこのポルトガル人監督がホテル暮らしを続けた3年間で約50万ポンド(約7,500万円)を費やした事を意味する。

    モウリーニョが居住するスイートルームの窓からは美しい川の景色が見え、柔らかいソファのセレクションを備えている他、リビングと別に小さなキッチンも備えたダイニングルームもあるという。同ホテルはその部屋についてプライベートアパートにいるような感覚で滞在する事ができると説明している。

    モウリーニョは数ヶ月前に自身のホテル滞在をこのように誇っていた。「毎日、私を追っているパパラッチを持つ事はホテルや私のスポンサーになっている服のブランドにとってファンタスティックな事だ」

    従って、もしモウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドを離れる事になったとしても、彼は家を売る事を心配する必要はない。

    10/10(水) 12:14配信 スポルト
    2018-10-10_13h53_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00010005-sportes-socc
    続きを読む

    2018-10-07_00h38_41

    マンチェスター・ユナイテッド☓ニューカッスル 日本時間25:30キックオフ




    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/04(木) 17:37:08.06 ID:CAP_USER9.net
    10/4(木) 17:10配信 SPORT.es

    欧州チャンピオンズリーグ(CL)においてあってはならない違反が発生した。現地時間2日(火)に行われた欧州CLのマンチェスター・ユナイテッド対バレンシア戦で、ユナイテッドの遅刻が理由で試合開始が5分間遅れたのだ。

    この為、夜9時に開催が予定されていた試合は9時5分に開始されることとなった。UEFA規則41条2項には「両クラブは少なくとも試合開始の75分前にはスタジアムに到着すべきこと」とある。ユナイテッドはこの規則を破り55分前にスタジアムに入ったという。スペインリーグにおいては、試合開始1時間前のスタジアム入りが義務付けられている。

    この大幅な遅刻によりウォーミングアップなどの時間がずれ、試合開始のタイミングが遅れ、さらに各スポンサーやTV局も絡んで事態は拡大した。UEFAでの最も重要なCLにおいてこのような事態が起きたことを同機関は重く見ている。

    これらの状況を鑑み、UEFAの懲罰委員会が最終的に処分の内容を確定するが、これまでの同種の違反を鑑みると、おそらく罰金が徴収されることになるとみられる。

    今後ユナイテッド側の報告書の提出が待たれるが、クラブ側は遅刻の理由として“警察がホテルからスタジアムまでの先導を拒んだため”と説明しているという。
    2018-10-04_20h52_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00010013-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/10/04(木) 12:16:53.77 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めるDFアントニオ・バレンシアは、SNS上でジョゼ・モウリーニョ監督の解任を望んでいるかのような動きを見せたことについて釈明し、謝罪を行った。英メディア『BBC』などが伝えている。

    ユナイテッドは現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグの試合でスペインのバレンシアと対戦し、ホームで0-0のドローに終わった。公式戦4試合連続で白星を逃し、モウリーニョ監督が解任される可能性も取りざたされている。

    そういった状況の中、バレンシアはインスタグラムの自身のアカウントで、あるユーザーの投稿に対して「いいね」を押した。その投稿はバレンシアの写真にコメントが添えられたものであり、コメントは「モウリーニョは去るべき時だ」という言葉で締めくくられていた。

    ユナイテッド主将がモウリーニョ解任論を支持したように見える形となったが、その後バレンシアはツイッターで説明。「写真に添えられた文を読まずにいいねをしてしまった」と述べている。

    「僕の意見ではない。このことについて謝罪したい。僕は監督とチームメートたちを全面的に支持している。全員が結果を改善するために全力を尽くしている」とバレンシアは述べ、指揮官をサポートする姿勢を明確にしている。
    20180720_valencia_getty
    https://www.footballchannel.jp/2018/10/03/post291672/
    続きを読む


    GettyImages-1044738724

    1:アルテミス@ ★:2018/10/03(水) 18:13:54.63 ID:CAP_USER9.net
    欧州CL・1次リーグH組、マンチェスター・ユナイテッド0-0バレンシア」(2日、マンチェスター)

    解任の危機が伝えられるイングランド1部リーグ、マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督は、またもや勝利をものにすることができなかった。

    地元メディアによると、マンチェスター・ユナイテッドのバスは交通渋滞に巻き込まれ、スタジアムへの到着が遅れて試合は7、8分遅れでキックオフとなった。「警官がバスを護衛してくれず到着までに75分かかった」と同監督はおかんむりだ。

    また、モウリーニョ監督は「言葉で表すには難しい。だが私を批判する動機は十分にあるだろう。今日は勝つためにいくつかチャンスも作ったのだが、スコアは真っ当だ」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000081-dal-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/03(水) 14:47:13.37 ID:CAP_USER9.net
    ▽ジネディーヌ・ジダン氏に監督業復帰を急ぐ考えはないようだ。フランス『Le Parisien』が伝えている。

    ▽レアル・マドリーで前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げた後、2017-18シーズン終了と共に監督を退任したジダン氏。現在フリーとなっているものの、最近ではジョゼ・モウリーニョ監督の後任としてユナイテッド行きの可能性が取り沙汰され、自身も近々の監督業再開をほのめかしたほか、英語を勉強していることが伝えられるなど、同氏の動向に注目が集まっている。

    ▽ところが今回伝えられるところによると、ジダン氏はマドリー指揮官退任後、マドリッドやマルセイユでの家族との時間を楽しんでおり、現場復帰を急いでいないという。また、同氏の関係者によると、現在噂されているユナイテッドからの接触はない模様。シーズン途中での監督就任のリスクや英語が話せないことも考慮しているようだ。

    ▽また同メディアは、ジダン氏がユナイテッドではなく、ユベントスの監督就任を望んでいるとも報道。マドリー同様に、現役時代にプレーした古巣クラブへの恩返しを夢見ているようだ。

    [2018年10月3日(水)13:55]
    pcimage

    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=329802
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 12:54:06.49 ID:CAP_USER9.net
    写真



    マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、解任の可能性が高まっている。英『デイリー・メール』が伝えた。

    ユナイテッドは現地時間29日、プレミアリーグ第7節のウェスト・ハム戦を1-3で落とした。これで首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は9となっている。ミッドウィークに行われたカップ戦ではダービーカウンティにPK戦で敗れており、指揮官が選手たちと良好な関係を築けていない様子だ。

    ロンドンでの試合を終えたあと、チームは電車でマンチェスターに戻った。だが、その中にモウリーニョ監督の姿がなく、ロンドンにとどまった模様だと記事は伝えている。

    元ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は『BTスポーツ』の中で、「ユナイテッドは大きな決断を下したかもしれない。エド・ウッドワード(ユナイテッドCEO)のような上層部たちが話しているところだと思う」と語った。

    ユナイテッドが危機的状況にあることは明らか。上層部はどういった話をしているのだろうか

    9/30(日) 7:53 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291220-footballc-socc

    現役時代にニューカッスルなどで活躍した元イングランド代表のアラン・シアラー氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任されると予想した。英『インディペンデント』が伝えている。

    ユナイテッドは29日のプレミアリーグ第7節でウェスト・ハムに敗れた。モウリーニョ監督は今週、MFポール・ポグバとの関係悪化が大きく取り上げられ、チームを掌握できていないのではないかとの声が高まっている。

    『BBC』の解説を務めるシアラー氏は、「モウリーニョは仕事を失うと思う」とコメント。「彼がこの状況を好転させるとは考えにくい。最初から最後まで可能性が感じられず、あまりに遅い。無気力で非常に弱かった」と酷評した。

    『BTスポーツ』では、元ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏が「大きな決断を下したかもしれない」と発言。元選手たちは、ユナイテッドの現状にただならぬ雰囲気を感じている様子だ。

    9/30(日) 8:23 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291224-footballc-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/09/29(土) 23:42:45.85 ID:CAP_USER9.net
    ジョゼ・モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドの監督解任とジヌディーヌ・ジダンがその後任に就くという噂は止んでいない。

    マンUがモウリーニョを解任するために支払わなければならない金額

    チームの成績不振、ポール・ポグバなど選手達との不仲、カラバオカップ(リーグカップ戦)でダービー・カウンティ(イングランド2部)を相手に敗退など、その理由は1つではない。

    今週土曜日、『The Sun』はジヌディーヌ・ジダンのロンドン訪問と時を同じくして、彼がマンチェスター・ユナイテッドといつでも契約を結べるよう準備するために英語を勉強していると報じた。

    ベルナベウを離れる時、1年間の休暇を取る事を発表したジダンは数ヶ月前からレッド・デビルズの次期指揮官候補と見られている。

    同紙によると、彼はマンチェスター・ユナイテッドでの指揮に備えるために既に複数のオファーに断りを入れているという。

    ユナイテッドは彼の指導法、特にレアル・マドリーのような、まとめるのが非常に困難なチームをコントロールする能力を高く評価している。

    実際、レッドデビルズのロッカールームはモウリーニョとポール ・ポグバ間の対立によって一触即発状態にあり、クラブの幹部達はその状態を不安視している。

    さらにモウリーニョは彼のチェルシー時代の元愛弟子で、監督としては新米のフランク・ランパード率いるダービー相手にカラバオカップ敗退を喫した際、フィル・ジョーンズやエリック・バイリーなどの選手達に対して批判と取れるコメントを残した。

    (文:SPORT)
    2018-09-30_00h20_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00010015-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/09/29(土) 23:34:52.85 ID:CAP_USER9.net
    敵地で力なく1-3で敗戦 開幕7試合で3勝1分3敗で13-14シーズンに並ぶスロースタート
    マンチェスター・ユナイテッドは現地時間29日のプレミアリーグ第7節でウェストハムに1-3で敗戦。この結果、開幕7試合で獲得した勝ち点は10で、デイビッド・モイーズ元監督体制の2013-14シーズンに並ぶクラブのプレミアワーストタイ記録となった。

    【動画】「別々にするべき」「ひどいチーム」とファンから非難殺到 表面化するマンUモウリーニョ監督とポグバの確執

    プレミアでのスロースタートや、ジョゼ・モウリーニョ監督とフランス代表MFポール・ポグバの執などネガティブな話題の多いユナイテッド。敵地でのウェストハム戦もチームはちぐはぐさを露呈した。

    開始5分にブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンにゴールを許すと、同43分にはウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコのシュートがスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに当たり、オウンゴールという形で2失点目を喫した。

    イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで一時点差を縮めたものの、すぐにオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチに決められて万事休す。今季3度目の3失点であえなく敗れた。

    これでユナイテッドは3勝1分3敗で勝ち点10。英サッカー情報サイト「Squawka」公式ツイッターによれば、開幕7試合時点での成績としては2013-14シーズン以来となるクラブのプレミアワーストスタートだという。1年持たずに解任されたモイーズ元監督時代と並ぶ苦しいスタートとなった。

    Football ZONE web編集部
    2018-09-30_00h13_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138297-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ