海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ミック・ジャガー

    1:ほニーテール ★:2018/07/12(木) 17:34:01.21 ID:CAP_USER9.net
    英国が生んだ世界的ロックスターであるミック・ジャガー氏の、ワールドカップ(W杯)における“負の歴史”がまた一つ書き加えられたようだ。現地時間11日にモスクワのルジニキ・スタジアムで行われたロシアW杯準決勝で、母国イングランドがクロアチアに延長戦の末に1-2で敗れた一戦のスタンドに、同氏の姿はあった。

    ロックスターの負の歴史は止まらなかった。AP通信によると、2010年南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦アメリカ対ガーナ戦を、元アメリカ大統領ビル・クリントン氏とともに現地観戦してアメリカが1-2で敗れると、その歴史は始まった。続くイングランド対ドイツの試合を観戦してイングランドが1-4で敗れると、さらに準々決勝のブラジル対オランダで、ブラジルのユニフォームを着た息子と観戦するとブラジルが1-2で敗れた。

    4年が経った前回のブラジル大会でも、その歴史は止まるどころか加速した。まずはグループリーグ第2戦で、ツイッターに「勝者はイングランドだ」と書き込んだウルグアイ戦に、イングランドが1-2で敗れた。

    さらに、ローマで行われたコンサートの際に「イタリアが勝利する」と話すと、グループリーグ第3戦でイタリアがウルグアイに0-1で敗れた。その後、リスボンのコンサートで「ポルトガルがブラジル大会で優勝する」と宣言すると、ポルトガルはグループリーグ敗退の憂き目にあった。

    そして準決勝のブラジル対ドイツの観戦に息子と訪れると、ブラジルはドイツに対して“ミネイロンの惨劇”と呼ばれる1-7の歴史的な大敗を喫した。

    そして今回、観戦に訪れた試合でイングランドはクロアチアに敗れ、1966年大会以来の決勝進出を逃した。ロックスターの言動とスケジュールは、世界中の代表チームにとってW杯を勝ち残る上で重要なファクターとなっているのかもしれない。
    2018-07-13_01h23_33

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180712-00121275-soccermzw-socc
    続きを読む

    451867318
    人気ロックグループ「ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガーの“呪い”がまたも的中した。ミックは前回の南アフリカ大会からW杯で応援するチームが こどごとく敗戦するとして、疫病神扱いされていた。今回のブラジルW杯でも「お願いだから応援しないで、会場に来ないでくれ!」とブラジルサポーターから 言われていたが……本人待望の現地観戦した結果、ブラジルは大敗を喫した。

     3日にデンマークでの欧州ツアーを終えたミックは、この日行われたブラジルW杯準決勝のブラジル代表対ドイツ代表を息子のルーカスくんとともに現地観 戦。ルーカスくんはセレソンのユニフォームに身をつつみ、2人はスタジアムに姿を現した。スタンドで優雅に試合を応援したミック親子だったが、結果はブラ ジル代表が1-7の惨敗。疫病神の汚名返上はならなかった。

     そもそも、“ミックの呪い”が叫ばれ始めたのは2010年南アフリカW杯からのこと。スタンドで応援したアメリカ、イングランド、アルゼンチン、ブラジ ルが全て敗れたのだ。そして今大会も“呪い”は発動。自身のtwitterでイングランドを応援した翌日に、イングランドがグループリーグ敗退。ツアー中 のMCで声援を送ったイタリアとポルトガルも相次いで姿を消した。

     ブラジルサポーターは、この“呪い”を危惧。コロンビア戦の試合会場に、コロンビア代表のユニフォーム姿のミックパネルを持ち込むと、勝利を手にしてい た。この日も、ドイツ代表のユニフォームを着たミックのパネルを持ち込んだのだが……本人を前には効果はなかったようだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140709-00137172-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ