海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ミュラー

    1:pathos ★@\(^o^)/ :2017/09/08(金) 16:02:51.87 ID:CAP_USER9.net
    複数のプレミアリーグのクラブがバイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーに興味を持っているようだ。7日付けの英紙『ミラー』が報じている。

    今季のミュラーはカルロ・アンチェロッティ監督の下でリーグ戦わずか78分しか出場していない。また現地時間8月26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦では出場時間わずか17分で試合終了後には不満を口にするなど不本意なシーズンを送っている。

    記事によると、そんなミュラーにプレミアリーグのチェルシー、アーセナルそしてリバプールが興味を示しているようだ。リバプールは既に今夏の移籍市場でイングランド代表MFアレックス・チェンバレンを獲得した事で撤退気味だが、チェルシーとアーセナルは冬の移籍市場で獲得を狙っていると伝えている。

    これまでバイエルン一筋でリーグ戦通算399試合に出場し161ゴールを挙げている生え抜きのミュラーだが出場機会を求めて移籍を決断するのだろうか。
    20170908_mueller_getty-560x373
    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170908-00230429-footballc-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/29(火) 13:29:09.59 ID:CAP_USER9.net
    元ドイツ代表でバイエルン・ミュンヘンOBでもあるローター・マテウス氏は、トーマス・ミュラーのクラブでの状況について言及した。ドイツ誌『キッカー』に対して、同選手がカルロ・アンチェロッティ監督の下では今後もベンチスタートを強いられると予想している。

    ミュラーは26日に行われたブンデスリーガ第2節ブレーメン戦で途中出場し、FWロベルト・レヴァンドフスキが決めた2点目に絡んで敵地での2-0勝利に貢献。だが試合後には「コーチがどのようなクオリティーを求めているのかわからない。しかし、僕の能力はその要求を100%満たしてはいないようだ」と、アンチェロッティ監督に先発から外されたことへの不満を口にした。

    マテウス氏は同選手について「トーマス・ミュラーはバイエルンで難しい立場に置かれているが、代表ではレギュラー」とクラブと代表とのギャップを指摘。「ミュンヘンでは大事な試合での起用が減っている。そして、私はこの状況が好転するとは思えない」と話し、次のように続けた。

    「彼には彼のことを望む監督が必要。そうであるならば、ミュラーは期待に応えられるはずだ。ミュラーは7番(ウィング)でもなければ9番(ストライカー)や10番(トップ下)でもない。彼はそれら全部でありながら、それらの間の選手とも言える。だがカルロ・アンチェロッティはポジションにとてもこだわりを持って行動する監督なんだ」

    バイエルンの攻撃陣で絶対的な地位を誇っていたミュラー。ジョゼップ・グアルディオラ前監督の下でも、ビッグマッチではベンチに置かれることもあったが、アンチェロッティ監督の下ではさらに苦しい状況に立たされたようだ。インターナショナルブレイク後には監督の愛弟子とも言われる新加入のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが負傷から復帰する。実際にマテウス氏が予想するように、ミュラーへの扱いが好転する可能性は低いのだろうか。
    2017-08-29_14h49_56
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000026-goal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/27(日) 14:53:58.43 ID:CAP_USER9.net
    試合後に本音を噴出
    ドイツのバイエルン・ミュンヘンに所属する同国代表FWトーマス・ミュラーが、指揮官の采配に不満を示している。

    足に吸い付くボールコントロールに抜群の決定力、そしてその抜け目なさから、これまで名門バイエルンにおける主力選手として活躍してきたミュラー。27歳となった今、彼のより洗練された攻撃センスはチームにとって大きな弾みとなることが予想されたが、カルロ・アンチェロッティ監督との相性は決して芳しいものではないようだ。

    26日、敵地でブレーメンとブンデスリーガ第2節を戦ったバイエルンはミュラーを先発から外し、ロベルト・レヴァンドフスキの2ゴールにより完封勝利。ポーランド代表FWの2得点目は73分からピッチへ投入されたミュラーのお膳立てから生まれたものだが、彼には何かが引っかかっている様子だ。『ARD』はブレーメン戦後のミュラーのコメントを伝えている。

    「監督は僕に一体どのような役割、そしてクオリティーを要求しているのだろうか。自分には一切分からないね。少なくとも確実なのは、僕のもたらしているのが彼の欲しがるものではないということだよ。要求を100%満たすことができていないのさ」

    昨季は9ゴールという戦績に留まり、ブンデスリーガ屈指のアタッカーとしてはやや物足りないシーズンとなったミュラー。年齢的に最も脂の乗り切っている時期ともいえる同選手だが、アンチェロッティからの絶大な信頼を獲得することはできるのだろうか。彼の奮闘に期待したい。
    2017-08-27_20h12_46
    http://www.theworldmagazine.jp
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 02:23:32.73 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、昨季まで4シーズン連続で公式戦20ゴール以上を記録し、チームの絶対的エースとして君臨していたが、カルロ・アンチェロッティ新監督が就任した今季前半戦のブンデスリーガでは13試合出場でわずか1ゴールと、不振に喘いでいる。

    バイエルンOBのローター・マテウス氏は後半戦で、ミュラーがベンチ要員になると警告を発している。ドイツ地元誌「シュポルト・ビルト」が報じている。

    「先発イレブンに自分の場所を探すことは、後半戦トーマス・ミュラーにとっては容易なことではないだろう。カルロ・アンチェロッティのチームに、彼の本当の居場所はない」

    1984年から88年、インテル移籍を経て92年から2000年まで通算12シーズンにわたってバイエルンでプレー。1990年イタリア・ワールドカップで西ドイツ(現ドイツ)の優勝に大きく貢献した闘将は、現在のバイエルンの象徴的存在であるアタッカーにさらなる冷たい風が吹きつけることを予告している。

    ミュラーは昨夏の欧州選手権にドイツ代表の一員として出場したが、まさかの無得点に終わった。そして今季就任したアンチェロッティ監督の導入した4-2-3-1システムでは中央にスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが入り、右ウイングにオランダ代表FWアリエン・ロッベンが入る試合が多い。

    「サンチェスが大きく出場時間を伸ばす」

    「右ウイングではアリエン・ロッベンがより強力な選手だ。4-2-3-1システムでセカンドストライカーの居場所はない」

    ミュラーは受難の日々を迎えることになるという。

    「あの(トップ下)ポジションにはチアゴが入ると思う。彼は前半戦、力強かった。彼はミュラーよりも多様性がある。レナト・サンチェスは後半戦、大きく出場時間を伸ばすと確信している」とマテウス氏は続けた。

    2021年夏まで契約を残すミュラーは、マテウス氏の言葉通りに受難の後半戦を送ることになるのだろうか。
    2017-01-06_07h55_47
    Football ZONE web 1/5(木) 21:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010026-soccermzw-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/11(金) 18:12:41.80 ID:CAP_USER*.net
    バイエルンに所属するドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、近年ヨーロッパの覇権争いを演じているバルセロナへの強い対抗心を見せた。

    バルセロナは現在、リーガ・エスパニョーラでは首位を独走し、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)では決勝進出を決め、チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝トーナメント1回戦ファーストレグでアーセナルにアウェーで2-0と先勝するなど、2シーズン連続の3冠に向けて着々と歩を進めている。

    だが、母国の専門チャンネル『Sport1』とのインタビューに応じたミュラーは、同じくブンデスリーガで首位を快走し、DFBポカール(ドイツ・カップ)では準決勝進出を決め、CLでも決勝トーナメント1回戦ファーストレグでユヴェントス相手にアウェーで2-2のドローを演じるなど、3シーズン振りの3冠を視野に入れているバイエルンも、実力で引けを取らないとの自信を見せた。

    「バイエルンはリーグ戦では首位を走り、カップ戦でも決勝まであと一歩のところにあるうえ、CLでも決勝トーナメント1回戦の1st Legで好結果を残している。彼らのどこが僕達より上か分からない」

     今シーズンのCLでも優勝候補に挙げられている両チームだが、2012-13シーズンの準決勝ではバイエルンが圧勝した一方、昨シーズンの準決勝ではバルセロナがリベンジを果たしている。ミュラーは、早ければ準々決勝で実現する可能性がある直接対決に向けて静かに意欲を燃やした。

    「バルセロナがどれだけ優れているかは毎週のように見ることができる。だが、僕達の試合を見ても『バイエルンだって本当に強い』と言うことができるだろう。バルセロナとの対戦を迎えたならば、僕達は万全の準備ができているはずだ」
    GettyImages-513359058-500x333
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160311-00410097-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457687561/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 22:55:19.51 ID:CAP_USER*.net
    バイエルン・ミュンヘンに、内部情報をメディアに流す“スパイ”がいるのかもしれない 。DFフィリップ・ラームら選手たちは、その報道についてそれぞれ異なる反応を示している。

    ドイツ『キッカー』は先週、バイエルンの“ある選手”が、チームの雰囲気について「良くない」と話していたことを伝えた。雰囲気が悪い理由には、負傷者の多さと、チームの面々とジョゼップ・グアルディオラ監督の関係を挙げていたそうだ。

    グアルディオラ監督は先日の会見で、この報道への苛立ちを感じさせつつ、ミーティングの内容が「すぐにメディアに伝わることは分かっている」と発言。だが選手たちとはオープンにコミュニケーションを取っていることも強調した。

    1月31日に行われたブンデスリーガ第19節のホッフェンハイム戦後には、選手たちも『キッカー』の報道について言及。主将を務めるラームは、もちろん内部の情報が公に伝えられることを好んでいない様子だ。ドイツ『AZ』によると、次のようにコメントしている。

    「残念なことだけど、こういうことは過去にもあったし、これからもあり続けることだよ。僕たちは可能な限りのタイトル獲得を目指している。そのために役立つことではないね。でも大事なのは、チームが機能し、みんなが監督に従うこと。確実にそうしているし、今日は苦しまずに勝利を収めることができた。それが一番だよ」

    またFWトーマス・ミュラーは“スパイ”の存在を疑いつつも、プレーに影響しない限り、問題にはならないことを主張している。

    「優れたジャーナリズムだね。”スパイ”なんて、そう簡単に見つけることはできないものだよ。外野がチーム内の雰囲気を壊そうとしているだけだ。だから、今日の勝利は良いタイミングだったね」

    一方でFWアリエン・ロッベンは、過去の経験から”スパイ”が実際に存在するとして、憤りを露わにした。

    「僕はチェルシーやレアル・マドリーにも在籍したが、それはどこでも起きることだ。恥ずべきことだよ。
    そういったことをする選手には、自分自身を見つめ直してほしい。その選手こそが、最も恥を感じるべきなのだからね」
    2016-02-02_12h22_00
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000028-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454334919/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/10(木) 13:11:44.93 ID:CAP_USER*.net
    A組の首位通過はチチャリート! 圧巻の人気見せつける
     
    ドルトムントの日本代表MF香川真司がバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーらスター6人と共に、ブンデスリーガ最強の「アイドル候補」に堂々の選出を果たした。

    「ブンデスリーガ・アイドル」というリーグ最強のアイドルを決めるファン選出の“総選挙”で、香川の相棒が無念の敗退第一号となった。

    ブンデスリーガの公式サイト英語版とツイッターでは「ブンデスリーガ・アイドル」という一大企画がスタートしている。

    「6人の男の中からアイドルは1人。自分のお気に入りの選手で何かが起こせる。公式ツイッターのアカウントに向かって、投票してください。もしも、あなたの“推しメン”が準決勝から決勝に進んだら、彼をブンデスリーガ・アイドルに」と公式サイトは企画趣旨を説明している。

    準決勝A組はバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン、レバークーゼンのメキシコ代表FWで“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが、準決勝1組に選出されていた。

    今季リーグ17得点のオーバ、14得点のレバンドフスキに加え、7得点のチチャリートというイケメン三人衆が鎬を削ったが、ここではマンチェスター・ユナイテッド時代に香川と好連携を見せたストライカーが、圧倒的な強さを見せた。

    チチャリートが63%もの得票を集めて堂々のトップに。2位はレバンドフスキが22%で2人が決勝トーナメント進出を決める一方、香川の現在の相棒でリーグ得点王のオーバは15%の得票に終わり、敗退が決まった。ピッチ上で見せる韋駄天ぶりとゴールラッシュは得票に繋がらなかった。

    ”小さな魔法使い”の決勝進出なるか
     
    一方、準決勝B組には香川、ミュラー、ボルシアMGのアメリカ代表DFファビアン・ジョンソンの3人がノミネートされている。今季13得点のドイツ代表エース、ミュラーと共に香川も堂々の選出を果たしており、投票の締め切りは10日の日本時間午後7時と迫っている。B組からも2人が決勝に駒を進めることになる。

    残念ながら準決勝敗退の決まったオーバの無念を、“小さな魔法使い“は決勝進出によって晴らすことができるだろうか。

    Soccer Magazine ZONE web 12月10日(木)11時10分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151210-00010004-soccermzw-socc

    1回戦A組(投票:締め切り)

    ・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・63%
    ・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)・・・22%
    ・ピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)・・・15%(1回戦敗退)

    1回戦B組(投票日:110日の日本時間午後7時)

    ・香川真司(ドルトムント)
    ・トーマス・ミュラー(バイエルン)
    ・ファビアン・ジョンソン(メンヘングラートバッハ)

    ブンデスリーガの日本語公式サイト ブンデスリーガ人気NO.1は誰だ!?
    http://www.bundesliga.com/jp/news/bundesliga-201516-idol-noblmd16.jsp

    香川がブンデスのアイドルに!? 公式サイトの”総選挙”企画で候補6人にノミネート
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151209-00010004-soccermzw-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449720704/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 19:56:50.40 ID:???*.net
     CS放送『Sky』の番組『アウディ・スタートーク』に出演したバイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、自身のプライベートやチームメートについて話した。10月15日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

     同紙によると、「もしサッカー選手になっていなかったとしたら何の職業に就きたかったか?」と、番組内で聞かれたボアテングは「警察官」と答えたという。さらに「ブラジル・ワールドカップの優勝後、母親に作ってもらったものは?」という質問に対しては「子供の時からの大好物、白身魚のフライとジャガイモのピュレー」と回答。自身のプライベートに関する質問にも快く受け答えをした。

     バイエルンのキャプテンを務める元ドイツ代表DFフィリップ・ラームについては「人間としても、主将としても、完璧な模範的人物だ」と称賛した。

     また、同代表FWトーマス・ミュラーに関しては「彼のファッションセンスは“ベンチスタート”のレベルだよ」と冗談を飛ばした。なお、この発言を聞いたミュラーは自身の公式ツイッターで「親愛なるジェロームへ、洋服の好みについては君と言い争う必要がありそうだね」と応戦している。
    2015-11-05_21h08_25
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00366811-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446721010/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:00:31.83 ID:???*.net
    ドイツ誌『Kicker』は「マンチェスター・ユナイテッドは、バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーを獲得するために移籍金1億2000万ユーロ(約163億円)の提示を行っていた」と報じた。

    今夏、ロビン・ファン・ペルシー、ラダメル・ファルカオ、そしてハビエル・エルナンデスとストライカー3人を放出し、ワントップをウェイン・ルーニーが務めているマンチェスター・U。先週末にアントニー・マルシャルがデビューゴールを決めたとはいえ、シーズンを通して戦うには明らかにストライカー不足であるとも言われている。

    しかし、記事によればマンチェスター・Uは「世界最高額」の移籍金を準備し、ルイ・ファン・ハール監督の教え子でもあるトーマス・ミュラーを獲得に向かっていたようだ。

    その額はなんと1億2000万ユーロ。これはクリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルがレアル・マドリードに移籍した際の9400万ユーロ(現在のレートで約128億円)を遥かに超える世界最高額の入札である。

    さらに、年俸についても1250万ユーロ(約17億円)の5年契約が提示されていたとのことで、こちらの総額も6250万ユーロ(約85億円)。

    マンチェスター・Uは合わせて1億8250万ユーロ(約245億円)というとてつもない額をミュラーの獲得に
    向けて費やす可能性があったようだ。

    だが、記事によればバイエルンはミュラーを売却するつもりはなく、マンチェスター・Uへ「交渉に応じる余地はない」と一蹴したという。
    2015-09-14_21h48_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150914-00350041-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442232031/

     
    続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 16:38:49.08 ID:???*.net
    ゲキサカ 8月21日(金)12時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00975525-gekisaka-socc
    バイエルンのFWトーマス・ミュラーは、マンチェスター・ユナイテッドが自身の獲得のために1億ユーロ(約138億円)を用意しているとの報道について言及している。ドイツのテレビ局『スポーツ1』の取材に答えた。

    「サッカー界における移籍金の高騰については頭がおかしいとしか言いようがないね。ただのビジネスだ」

    「ドレスデンでは、ファンがメガフォンで僕にこう言ったんだ。『おい、1億ユーロの男!お前のユニフォームにはどれくらいの価値があるんだ?』ってね。思わず笑ってしまったよ」

    バイエルンのマティアス・ザマーSD(スポーツ・ディレクター)は、14日のブンデスリーガ開幕戦・ハンブルガーSV戦で2ゴールを決めたミュラーについて、あらためて残留すると主張している。

    「カール・ハインツ・ルンメニゲCEOは『ミュラーには値段がついていない』と言っていたが、あれは正しかったよ」

    画像: Getty Images (ゲキサカ)
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440142729/
     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ