海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ムアントン

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 20:50:52.19 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 5/30(火) 20:48配信

    川崎F4発快勝 8年ぶり準々決勝へ進出 ACL
    2017-05-30_21h25_22
    前半、MFエドゥアルド・ネットのチーム3点目のゴールに沸くMF中村(上)ら川崎Fイレブン(撮影・小沢裕)

    <ACL:川崎F4-1ムアントン>◇決勝トーナメント1回戦第2戦◇30日◇等々力

    川崎フロンターレが、ムアントン(タイ)にホームで快勝し、09年以来8年ぶりの準々決勝に進出した。第1戦は川崎Fがアウェーで、3-1で勝利していた。

    川崎Fは前半31分にFW小林悠のゴールで先制すると、同32分にMF長谷川竜也が立て続けにゴール。同40分にはMFエドゥアルド・ネットが追加点を挙げた。後半34分にも、FWハイネルのゴールでダメ押し。同44分に1点返されたが、余裕を持って逃げ切った。

    ACLは32チームが出場し、1次リーグは全8組で総当たり(ホームアンドアウェー)で実施。各組上位2チームが決勝トーナメント(T)に進む。決勝Tもホームアンドアウェー。優勝すればクラブW杯の出場権を得る。昨季優勝は全北(韓国)。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-01832295-nksports-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/12(金) 18:44:49.15
    札幌の社長やGMも観戦に訪れたことを報道。

    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、タイ王者のムアントン・ユナイテッド(以下、ムアントン)は、鹿島アントラーズと“首位通過”を懸けて対戦した。
     
    すでに前節、ノックアウトステージへの勝ち上がりを確定している両者の戦い、先だって前夜にはグループGの順位が確定し、組み合わせが見えた上での試合となり、勝ち抜け順位にも注目が集まった。
     
    カシマスタジアムは小雨、平日開催も重なり、ファンの入りも芳しくないなか、ムアントンは19分に鈴木優磨のゴールで鹿島に先制を許してしまうが、前半アディショナルタイムにティーラシン・デンダー(以下、ムイ/彼のニックネーム)のファインゴールで応戦する。
     
    しかし60分、鈴木に再びゴールを許し1-2とされると、その後の抵抗むなしく敗戦。試合終了の笛は、ムアントンのラウンド16の相手が川崎フロンターレに確定した合図でもあった。
     
    「ムアントンが1-2で敗戦。ムイの華麗なるキック。ACLラウンド16は川崎フロンターレと戦うことに」【サイアム・スポーツ】「ムアントン、ACLグループリーグ無敗記録が破れようとも、一生懸命に戦った」【Four Four Twoタイランド】「Jクラブとの対戦経験があるからこそ、チャナティップは北海道でも上手くやっていけると信じている」【Goal.comタイランド】
     
    試合後のタイメディア各社の見出しである。本文も含め、軒並み敗戦への悲観的な批評はなく、賞賛やノックアウトラウンドを見据えたものが多かった。
     
    タイ大手スポーツメディアの『サイアム・スポーツ』は、2月国内リーグの試合で右足首を骨折したタイ代表MFのサーラット・ユーイェンが、予定よりも早い復帰を視野に入れ、練習を再開していると伝えた。
     
    またインターネットメディアの『Goal.comタイランド』は、北海道コンサドーレ札幌の社長やGMが観戦に訪れたことを写真付きで報道。“タイのメッシ”と言われるチャナティップをメインに持ってくる辺り、タイでも彼の日本移籍が高い注目を集めている証だろう。
     
    また取材に訪れていた『サイアム・スポーツ』のワッサポン・ピントーン記者にも話を聞いた。
     
    ――試合を振り返っての感想を聞かせてください。
     
    「ノックアウトステージへ進出を決めているチーム同士の試合でしたが、消化試合にはならず、ともに100パーセントの力でぶつかり合っていたと思います」
     
    ――ラウンド16の対戦相手が見えていた状況での試合、私としては広州恒大より川崎との対戦の方がやり易いと思っていたのですが、その辺りはどう考えていましたか?
     
    「グループGにおいて、広州恒大と川崎が2試合ともに引き分けた事実を知っています。つまり力が拮抗しているチーム、どちらと当たっても難しい勝負になると考えていました」
     
    ――相手に先制された展開で、そのまま試合は動かさないだろうと思っていたのですが、前半終了間際のムイのゴールが決まり1-1、私には意外に感じたのですが。
     
    「彼らは消化試合の為に鹿島まで来た訳ではないということでしょう。それにしてもムイのスーパーゴールは素晴らしかったでしょう?(笑)」
     
    月曜早朝に成田国際空港へ降り立って丸3日の日本滞在となったムアントンだったが、チームは成田山新勝寺や鹿島神宮への観光に足を運び、また居酒屋やファミレスで日本食を頬張り嬉しそうにする画も垣間見られた。まるでグループ観光客の様、日本人からすれば「やる気があるのかよ」とダメ出ししたくもなるのだが、これもすべてタイ式故のこと。逆にぶれなかったタイ版ドリームチームの行動に、筆者は思わず笑みをこぼした。
     
    今回ムアントンは、私が認識しているかぎりで、レギュラー選手4名が帯同していない(2名は累積、2名は怪我と聞いた)。また再び今月末、彼らはラウンド8への切符を奪いにベストメンバーでやってくることだろう。
     
    次回は必勝祈願に川崎大師にでも行くのだろうか。彼らの滞在中の行動から本気度が見えてくるかも知れない。
    2017-05-12_22h51_11 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170512-00025605-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 23:26:59.04 ID:CAP_USER9.net
    2017-02-28_23h46_48
    鹿島が敵地敗戦、まさかロスタイム弾浴びる
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-01785585-nksports-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 23:27:18.53 ID:CAP_USER9.net
    ACL:ムアントン1-1鹿島>◇1次リーグE組◇28日◇バンコク

    昨季Jリーグ王者の鹿島アントラーズが、敵地でムアントン(タイ)に敗れた。これで鹿島は1勝1敗。

    鹿島はリーグ戦から中2日という厳しい日程の中、25日のJリーグ開幕戦から先発を6人入れ替えての戦いとなった。前半12分、ムアントンDFティーラトンに直接フリーキックを決められ、先制された。後半に入るとすぐさま反撃。2分にFWペドロ・ジュニオールが同点ゴールを決めた。鹿島は同38分、FW鈴木優磨がPKを獲得し大きなチャンスを得たが、鈴木がゴール左に外してしまい勝ち越し機を逃した。そして後半ロスタイム、FWシスコに劇的な決勝ゴールを食らい敗れた。

    鹿島の次戦は3月14日。ホームでブリスベン(オーストラリア)と対戦する。

    ACLは32チームが出場し、1次リーグは全8組で総当たり(ホームアンドアウェー)で実施。各組上位2チームが決勝トーナメント(T)に進む。決勝Tもホームアンドアウェー。優勝すればクラブW杯の出場権を得る。昨季優勝は全北(韓国)。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ