海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ムバッペ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/23(火) 07:07:15.73
    得点数を30点台に乗せ、キャリアハイを更新

    パリ・サンジェルマンのフランス代表FW、キリアン・エムバペが驚異的な数値を叩き出した。

    日曜日に行なわれたリーグ・アン第33節、ホームでのモナコ戦。すでに試合前、2位リールが引き分けたために2年連続8度目のリーグ優勝を決めていたパリSGは、エムバペのハットトリックの大活躍で3-1の勝利を収め、戴冠に華を添えた。

    世間をあっと言わせたのは、エムバペの先制点だった。15分、パリSGがロングカウンターを仕掛ける。ハーフウェイライン付近でボールを受けたエムバペはすぐさま右サイドのムサ・ディアビにパス。
    すると猛然と敵陣中央を駆け抜け、瞬く間に守備者ふたりを置き去りにした。タメを作ったディアビの好パスを受け、難なくゴールを割ったのだ。

    テレビ中継局がこのダッシュ時の速度を集計したところ、ビックリするような値が出た。トップスピードが時速38キロに達していたというのだ!

    これはあのウサイン・ボルトを上回るもの。2009年の世界陸上で、ジャマイカの英雄は100メートル走の世界新記録、9秒58をマークした。その平均スピードは、時速37.58キロ。わずかに今回のエムバペが勝利したのである。つまり20歳の韋駄天がまったく同じペースで100メートルを走破すれば、ボルトの世界記録を塗り替えられるということだ。

    ただ、ボルトの場合は「平均スピード」であって「トップスピード」ではない。レコード樹立時のトップスピードは時速44.72キロに達していた。

    それでも、エムバペの走りは圧巻だ。英紙『The Sun』はSNS上における以下のような称賛コメントを掲載している。

    「恐怖を感じさせるほどのスピードだ! 決定的な殺傷能力がある」
    「地球上のどんな優秀なディフェンダーをも混乱させるだろう。非現実的な才能だ」
    「なんて加速力だろう。驚異的としか言いようがない!」

    モナコ戦の3発で今季リーグ戦の得点数を30としたエムバペ。自身のキャリアハイを更新するとともに、初のリーグ・アン得点王の座もほぼ確定させ、まさに“最速”でスターダムを駆け上がっている。

    2019-04-23_08h52_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00010000-sdigestw-socc
    4/23(火) 5:03配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 10:20:04.01
    パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペが、タイトル獲得を喜びつつ、レアル・マドリー移籍の噂にも言及した。

    21日に行われたリーグ・アン第33節で2位リールが引き分けたため、リーグ優勝を達成したPSG。その後行われたモナコとの一戦ではムバッペがハットトリックを達成、さらに長期離脱中だったネイマールとエディンソン・カバーニも復帰を果たし、
    本拠地パルク・デ・プランスで3-1と勝利を飾った。

    3ゴールを挙げたムバッペは、今季のリーグ・アン通算得点数が「30」の大台に突入。フランスのレジェンドであるジャン=ピエール・パパン氏が1889-90シーズンに達成して以来、フランス人選手としては29年ぶりの記録達成となった。

    試合後、フランス『Canal +』のインタビューに応じた20歳は、記録を喜びつつもさらに上を目指している。

    「最後の30ゴールはパパン? 知ってる、知ってるよ。嬉しいね。でもまだシーズンは終わっていないし、まだまだゴールを決めることができる」

    「本当にタイトルが欲しかったし、何度か失敗した後だったから幸せだね。そして、これは来週のための良い準備でもある。(チャンピオンズリーグの)マンチェスター・ユナイテッド戦にはがっかりしたけど、フットボールは続く。『先に進まなければならない』というのは安易かもしれないけど、僕はとにかくそう言い続けるよ」

    来週にはクープ・ドゥ・フランス決勝でレンヌと対戦するPSG。ムバッペはタイトルへの意欲を示し、最後にレアル・マドリーへの移籍を否定している。

    「クープ・ドゥ・フランス優勝は幸せだろうね。ダニ(アウヴェス)が40個のタイトルを持っているのを見ると、夢中になるよ……」

    「僕はここにいて、プロジェクトの一員だ。ジズー(ジネディーヌ・ジダンの愛称)がいることはレアル・マドリーにとって素晴らしいことだ。だけど、僕は単にファンとしてそれを見ているよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00010008-goal-socc
    4/22(月) 7:48配信

    no title
    no title
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/01(月) 22:21:14.27
    ◆フランス王者PSGとの対戦でムバッペ相手に「いろいろなトライをしよう!」とプレー

    日本代表DF昌子源が所属するフランス1部トゥールーズは、現地時間3月31日に行われたリーグ・アン第30節で王者パリ・サンジェルマン(PSG)に0-1で惜敗した。

    長期離脱中のブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに加え、アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアとドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーも負傷欠場、イタリア代表MFマルコ・ベラッティやブラジル代表DFチアゴ・シウバもベンチスタートと、PSGは主力の多くを欠いていた。

    トゥールーズはリーグ得点王ランク1位を走るフランス代表FWキリアン・ムバッペを抑えて前半は0-0で折り返したが、後半29分に20歳の神童FWに決勝ゴールを許した。今年1月に鹿島アントラーズからトゥールーズに移籍以降、初の日本代表活動を終えた昌子は、フランスに戻って中3日でムバッペとのマッチアップに挑んだ。

    「世界の最高峰とやる機会は少ないと思うから、『いろいろなトライをしよう!』というのは(自分の中で)決めていて。せっかくのこのチャンスに、縮こまってあたふたするより、いろいろな対応をして、自分の引き出しをどんどん増やしていきたいと思っていた」

    昌子は「まあ、あの選手で試すのもどうかと思うけど(笑)」と多少のおこがましさを覚えつつ、ムバッペがトップスピードに乗った状態でどこまで迫れるかトライしたり、1対1で近距離から対峙したり、相手がトラップした瞬間を狙ってぶつかりに行くなど、さまざまなパターンでディフェンスを試みた。

    その結果、この試合唯一の得点シーンとなった後半29分のゴール以外はムバッペに危険なクロスやシュートを打たせることなく、アラン・カサノバ監督も試合後の会見で「お互いがカバーし合って強固な守備ができたこと」をPSG戦の収穫に挙げた。

    ◆「人間ができる加速じゃない」 昌子源、神童ムバッペとの対戦で感じた

    もっとも昌子本人は「いろいろなトライはできた」と話す一方で、「(相手を抑え込んだという)手応えは感じない」と自己評価は厳しい。

    「あのシュートも、端から見たら簡単そうですけど、実際には相当レベル高いです。トラップしてからの振りが速い! トラップしてからコンマ数秒で打っている。だから誰もアプローチに行けないんです。しかもサイドネットに入れていますからね。あれこそワールドクラスだな、と」

    決勝ゴールの場面では、昌子とセンターバックの相棒クリストファー・ジュリアンの2人はゴール前にポジションをとっていた。ムバッペにクロスが入った瞬間、昌子も寄せようと動き始めていたが、20歳の神童はトラップしたボールがバウンドする瞬間に右足をコンパクトに振り抜いてゴールを陥れている。

    「彼はフランスリーグで1トップを張るタイプではなく、フィジカルコンタクトせずにすっと行くタイプ。だから難しい。あのゴールの場面も、1トップの選手だったら俺とクリス(ジュリアン)の間に入ってくる。でもムバッペ選手は入ってこずに常にマイナスの位置で待っていて、そこにクロスを蹴られた。でもそこでムバッペについたら、今度はスピードでぶっちぎられるから無理だし……」

    PSGのドイツ代表DFティロ・ケーラーからのクロスを通させたサイドのカバーリング不足が痛かったが、その千載一遇のチャンスを逃さないところがムバッペが世界トッププレーヤーたる所以だ。また、これまで映像などで見ていた姿と同じ部分もあったが、実際に同じピッチの上で、至近距離で見るムバッペのスピードは、「人間ができる加速じゃない」ほどだったという。

    4/1(月) 18:50配信 FOOTBALLZONE 全文掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00180111-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    columnsv2_62239

    1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)16:15:57
    もはやネイマールより上手いやろ

    5: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)16:18:23
    でもメッシ、ロナウド級じゃないよね

    6: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)16:18:32
    エムバペなのかムバッペなのか

    10: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)16:22:49
    東京五輪は…さすがに来ないやろなぁ

    11: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)16:25:08
    >>10
    どうやろね
    年齢的にはセーフやし来て欲しいわ

    続きを読む

    17027_854_a44eb7c9_df1e62cc

    1: 風吹けば名無し 2019/02/13(水) 08:07:55.61
    アンリより理想的なFW見たことないんやが

    2: 風吹けば名無し 2019/02/13(水) 08:08:42.19
    まだ全盛期アンリのが上やろ

    4: 風吹けば名無し 2019/02/13(水) 08:09:17.18
    若いから

    5: 風吹けば名無し 2019/02/13(水) 08:09:45.79
    何歳やと思っとんねん

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/17(木) 11:22:07.41
    3度のW杯制覇を経験したペレ氏は、FWキリアン・ムバッペ(パリSG)が“第2のペレ”だと考えているようだ。英『ミラー』が伝えた。

    ムバッペのポテンシャルはまずモナコで花開き、その後はパリSGに1億600万ポンドもの巨額オファーで引き抜かれている。パリSGに移籍してから1シーズンと半分が経過したが、ムバッペは22試合に出場し、18ゴールを決めている。ペレ氏は20歳になったばかりのバッペの大ファンだ。

    ロシアW杯ではフランス代表として4ゴールを決めて優勝に導き、最優秀新人賞も受賞した。「彼は19歳でW杯を勝ち取った。私は17歳のときだった」と『フレンチ・フットボール』に語ったペレ氏は「もうちょっとで並ばれてしまうところだったと彼には話したよ」と続けた。

    「彼は新しいペレになれると思っている。『またペレが冗談を言っている』と思う人が大半だろうが、それは違う。冗談なんかじゃない」

    “サッカーの王様”ペレ氏はさらに、ムバッペとFWリオネル・メッシとの大きな違いについても指摘している。ペレ氏は先月、メッシについて批判的なコメントをしていた。

    「ムバッペはヘッドも上手ければ右でも左でもシュートできる選手。片方の足しか使えずスキルも1つしかないうえに、ヘッドもできないような選手と、どうやって比べることができるのだろう?」と『フォーリャ・デ・サンパウロ』が伝えている。

    「このペレと比較したいのならば、左右どちらの足も使えてヘッドでも得点できる選手でなければならない」
    news_264347_1
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264347-264347-fl

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/29(土) 16:07:00.84 _USER9
    スペイン紙『AS』によるとファイナンシャル・フェアプレー規則違反により、パリ・サンジェルマン(PSG)は9,000万ユーロ(約113億円)の収益を得る必要がある。

    PSG、ネイマールかエムバペの売却が必須?

    その場合、PSGは主要選手のうち何人かを売却しなければならなくなるだろう。

    そこで売却先としてレアル・マドリーの名前が浮上してくる。

    もしPSGがネイマールかエムバペを手放さなくてはならない場合、おそらくフランス代表のエムバペをキープし、バロンドール欲しさに移籍してきたネイマールを売却するだろう。

    バルセロナ時代にメッシの陰になっていたネイマールは、主役の座を求めてPSGへと移籍した。しかし皮肉なことにPSGでもエムバペに人々の注目が集まり、ネイマールは脇役に転じかけている。
    2018-12-29_17h34_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010003-sportes-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/01(土) 08:13:02.55 _USER9
    フランス政府は、新生児に「グリーズマン・ムバッペ」と名付けることを禁止する方針のようだ。フランスメディア『AFP』が28日に伝えている。

    フランスは2018 FIFAワールドカップ ロシアで20年ぶり2回目となる優勝を果たした。パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペとアトレティコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマンは、同大会でゴールを量産。帰国時は、“英雄”のように出迎えられた。

    しかし、同メディアによると、フランス政府は子どもの将来を考えて、「グリーズマン・ムバッペ」のように目立つ名前を付けることを禁止するという。児童問題を引き起こすと判断された場合、家庭裁判所が夫婦に名前の変更を命じる可能性があるようだ。

    過去にはアルゼンチンで、同国代表FWリオネル・メッシに影響を受け、本来はファミリーネームである「メッシ」がファーストネームとして使用され、問題になっていた。
    2018-12-01_08h52_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00870726-soccerk-socc
    11/30(金) 23:01配信

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/11/22(木) 12:45:02.55 ID:CAP_USER9.net
    イタリアのスポーツ専門誌『トゥット・スポルト』が主催する最優秀若手選手賞「ゴールデンボーイ」は20日、中間発表が行われ、上位5人からフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリSG)の名前が外れたようだ。同選手は昨季の受賞者だが、今月上旬に発表されたノミネート20人の中には入っていた。

    同賞はヨーロッパでプレーする21歳以下の選手を対象とした賞。欧州各国の大手記者による投票で選ばれる。

    中間発表の上位5人は19歳のローマFWジャスティン・クライファート、19歳のアヤックスDFマタイス・デ・リフト、20歳のミランFWパトリック・クトローネ、20歳のリバプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)、レアル・マドリーFWビニシウス・ジュニオールという。

    なお、同誌は21日、年間最優秀選手にあたる「バロンドール」の最終候補3人において、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(R・マドリー)、DFラファエル・バラン(R・マドリー)に並んでムバッペが入ったとスクープ。“飛び級”受賞の可能性を指摘している。

    なお同誌によると、ここまで10年間にわたって年間最優秀選手を独占してきたFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とFWリオネル・メッシ(アルゼンチン)はノミネート漏れ。バロンドールは12月3日、ゴールデンボーイは同20日に発表される。
    2018-11-23_08h45_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-06088531-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/18(木) 16:41:36.84 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、2年後に迫った東京オリンピック出場への意欲を示した。フランスメディア『RMC SPORT』が17日に報じている。

    19歳の若さで2018 FIFAワールドカップ ロシアの優勝に大きく貢献し、パリ・サンジェルマンでも活躍を続けているムバッペ。年代別代表では2016年にUEFA U-19欧州選手権を制しているが、次なる目標はオリンピック出場のようだ。

    ムバッペは「やるべきことはたくさんある。全てを勝ち取りたいんだ」と今後のキャリアに向けて抱負を語り、「代表チームでは、ユーロで勝たないといけない。そしてもう一つ、オリンピックだ。そこで戦いたいんだよ」と、2020年の東京五輪出場を見据えていた。

    ムバッペは1998年生まれの19歳で、いわゆる“東京五輪世代”の一人。すでに世界的なスターとなった若武者だが、フランス五輪代表の一員として来日する資格を持っている。東京五輪出場のためには、来年6月に行われるU-21欧州選手権でベスト4以上の成績を収める必要がある。フランスは前回のリオデジャネイロ・オリンピック出場を逃しているだけに、ムバッペにかかる期待は大きなものとなりそうだ。
    2018-10-18_17h57_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00849570-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ