海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ムヒタリアン

    1:Egg ★:2018/01/23(火) 19:21:35.28 ID:CAP_USER9.net
    何気ない発言が思わぬ騒動を呼ぶ結果に……。軽率な言動と対応が、騒動の発端となってしまったようだ。
     
    いわゆる”炎上”の火種となったのは、現地1月22日にアレクシス・サンチェスとの大型トレードでマンチェスター・ユナイテッドからやってきたアルメニア代表MFのヘンリク・ムヒタリアンだ。
     
    今シーズンのムヒタリアンはジョゼ・モウリーニョ監督の構想から外れ、プレミアリーグの出場が15試合に留まり、得点はわずかに1と不振に陥っていた。そんななかで、キャリアの転機ともなる大型移籍決定だっただけに、アーセナルの公式サイトでは、「僕はいつもこのクラブでプレーすることを夢見てきたので、今日、それが実現した」と喜びを爆発させている。
     
    問題となったのは、移籍決定後に『You Tube』で配信されたクラブ公式動画での発言だった。移籍決定に浮かれたのか、ムヒタリアンは、あろうことかドルトムント時代の同僚で、今冬の移籍市場でアーセナル加入が噂されているピエール=エメリク・オーバメヤンを勧誘したのだ。
     
    「Yo ピエール、お前もここに来たいだろう?」
     
    小声であったため、発言に気付かなかったクラブはこれを配信。するとファンは「よく聞け、ムヒタリアンは間違いなく言っている。これはオーバメヤンが来るってことじゃないか?」と熱狂。瞬く間に“炎上騒ぎ”となり、アーセナルは急いで動画を削除し、事態の収拾に追われるはめとなった。
     
    英紙『Daily Mail』によれば、アーセナルはドルトムントに対して移籍金として5000万ユーロ(約65億円)のオファーを出したものの、6000万~7000万ユーロ(約78億~91億円)を要求されたため、交渉は暗礁に乗り上げたとされている。
     
    同紙は1月23日現在、アーセナルは交渉を進展させるべく、イバン・ガジディスCEOが、元ドルトムントのスカウトマンだったスベン・ミスリンタート・スカウト部長を引き連れて、ドイツに乗り込んだと報じている。
    2018-01-23_20h05_02 
    1/23(火) 15:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180123-00034993-sdigestw-socc

    続きを読む

    2018-01-23_11h05_57

    1:風吹けば名無し:2018/01/23(火) 06:11:30.64 ID:A3mamoPG0.net
    ぐっばいサンチェス…
    代わりにムヒタリアンとかいうドルト産貰ったんご…
    2:風吹けば名無し:2018/01/23(火) 06:12:10.15 ID:A3mamoPG0.net
    なんか移籍発表もサンチェスがピアノ弾く謎演出やし…
    なんやねん…
    3:風吹けば名無し:2018/01/23(火) 06:13:04.21 ID:EXI9Yxhhd.net
    サンチェスはアーセナルごときに収まるレベルじゃない
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/23(火) 06:14:23.24 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uは22日、アーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスを獲得したこと、そしてその取り引きの一部としてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがアーセナルに移籍することを発表。また、アーセナルもムヒタリアンの加入を正式発表しており、ついにトレードが実現した。
     
    現在29歳のサンチェスは、2014年にバルセロナからアーセナルに移籍。3年半で公式戦166試合出場、80ゴールを記録し、2度のFAカップ制覇に貢献した。

    新天地では4年半契約を結び、給与の総額は“イギリス史上最高額”となる1億1830万ポンド(約183億円)、週給にして50万ポンド(約7700万円)と報じられていた。なお、クラブ公式Twitterの動画によると、背番号はクラブ伝統の「7」番に決っている。

    同選手はマンチェスター・Uのクラブ公式サイトを通じ、「世界一のビッグクラブに加入できてとても興奮している」と移籍を喜んだ。「アーセナルでは素晴らしい3年半を過ごせた。歴史的なスタジアムでのプレー、そしてジョゼ・モウリーニョとの共闘は断ることができないものだ。ユナイテッドのファーストチームで初のチリ人選手になったことを誇りに思う。クラブが僕を必要とした理由を世界中のファンに示したい」。

    一方、前日21日に29歳となったムヒタリアンは2016年にドルトムントからマンチェスター・Uに移籍し、公式戦63試合出場、3ゴールをマーク。加入初年度でリーグ・カップとヨーロッパリーグの優勝を経験した。

    同選手はアーセナルと「長期契約」を締結。公式サイトを通じ、「この移籍が実現し、ここにいられることがとても嬉しい。長年想っていたアーセナルの選手になるという夢が実現した。ここに来たからには、クラブの歴史を作るために全力を尽くすよ」とコメントした。

    1/23(火) 3:05配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00703819-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    GettyImages-629133938-800x600

    1:Egg ★:2017/12/27(水) 22:22:05.43 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのMFヘンリク・ムヒタリアンは可能であればこの冬にもドルトムントへの復帰を願っている。

    27日の独紙ビルトが報じた。エキセントリックな監督ジョゼ・モウリーニョ監督の下で繊細なムヒタリアンはうまくいっていない。人心掌握術にたけたドルトムント新監督ペーター・シュテーガーの下でプレーしたいようだ。

    ただ、復帰話の前にムヒタリアンは首脳陣に謝罪をしなければならない。

    ドルトムントからマンチェスターUへの移籍の際、フェアなやり方でなかったことが遺恨となっている。ドルトムントのサポーターのハートはパフォーマンスで取り戻さなければならない。

    12/27(水) 19:03配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00087413-nksports-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/11/25(土) 14:21:25.70 ID:CAP_USER9.net
    11/25(土) 13:20配信 ISM
    モウリーニョ監督、ムヒタリアンに「満足していない」 ドルトムントは買い戻しに興味か

    マンチェスターU(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督が、FWヘンリク・ムヒタリアンのこのところのパフォーマンスに満足していないと語った。英『BBC』が現地時間24日に伝えている。

    2016年7月に、ドルトムント(ドイツ)から2630万ポンド(約39億1000万円)でマンUへの移籍を果たしたムヒタリアン。昨季序盤はそれほど目立った活躍はなく、国内リーグの試合では途中約3カ月ほど先発から外れたこともあった。シーズン後半からは徐々にコンディションが改善され、5月に行なわれたヨーロッパリーグ決勝のアヤックス(オランダ)戦ではゴールも挙げ、優勝に貢献した。

    だが今季は、プレミア開幕11試合のうち10試合で先発出場したものの、今月5日に行なわれたチェルシー戦で62分にベンチに下げられてからは、ニューカッスル戦、チャンピオンズリーグのバーゼル(スイス)戦と、2試合連続でベンチ外に。今季公式戦16試合で2得点にとどまっている。

    マンUのモウリーニョ監督は同選手のパフォーマンスが「少しずつ落ちてきている」とし、「彼の最近のパフォーマンスに満足していない。1つや2つではない。3つ、4つ、5つのことを話している」と述べた。

    同監督は「彼は今季良いスタートを切ったが、パフォーマンスのレベル、ゴール、アシスト、プレス、背番号10としてのチームでの役割において、だんだんと低下してきている」「ほかの選手たちがチャンスを得るために努力しているのだから、(ムヒタリアンがベンチ外となるのは)当然だった。全員がチャンスのために頑張っている。ただそれだけのことだ」と続けた。

    なお、『BBC』は前所属先ドルトムントが、同選手の買い戻しに興味を示しているようだと報道。同クラブが近年、過去に放出したビッグネームの買い戻しをしてきたことを指摘し、マンUで2年間プレーしたMF香川真司が2014年にドルトムントに復帰したことなどを例に挙げた。

    香川のほかにも、MFヌリ・シャヒンがレアル・マドリー(スペイン)へ移籍したのち、リヴァプール(イングランド)への期限付き移籍を経て、ドルトムントにレンタル移籍後、14年に完全復帰。また、MFマリオ・ゲッツェも16年にバイエルン(ドイツ)からドルトムント復帰を果たしている。
    2017-11-25_15h25_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000013-ism-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/17(火) 08:49:48.07 ID:CAP_USER9.net
    10/17(火) 7:30配信

    昨夏にドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFヘンリク・ムヒタリアンは、第2の香川真司になるかもしれない。そう主張しているのは英『Express』だ。

    香川も以前ドルトムントからマンUにチャレンジしたが、プレミアリーグで自身の能力を100%発揮することはできなかった。なぜならデイビッド・モイーズ、ルイ・ファン・ハールと当時チームを率いていた指揮官のスタイルでは香川を活かし切れなかったからだ。ムヒタリアンは今季開幕戦からアシストを連発するなど結果を出していたため、そうした心配はないと思われていた。

    しかし同メディアは、14日のリヴァプール戦のように勝ち点1獲得のために引いて守るスタイルではムヒタリアンを活かせないと主張しており、リヴァプール戦でムヒタリアンが空気のようになっていたことを嘆いている。同時に「グアルディオラの下ならばムヒタリアンは間違いなく輝いただろう。モウリーニョの下では?それは起こらない」とも伝えており、現指揮官ジョゼ・モウリーニョの現実的な戦い方ではムヒタリアンの能力を100%活かすことはできないのかもしれない。

    グアルディオラが指揮を執るマンチェスター・シティでは、ケビン・デ・ブライネやダビド・シルバなどチャンスメイカーが中盤で躍動している。仮にムヒタリアンがマンCの選手だったなら、今頃はもっとアシストを量産していたことだろう。今後マンUはモウリーニョの教え子でもあるアーセナルMFメスト・エジルの獲得に動く可能性が噂されており、同メディアは仮にエジルがマンUに加わればムヒタリアンの立場が危なくなるかもしれないことを伝えている。

    同メディアは今でもマンUサポーターが香川を愛していると伝えているが、ムヒタリアンも香川と同じくチームに活かしてもらえないのか。リヴァプール相手の戦い方でそうした疑問も出てきているようだ。
    2017-10-17_11h08_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00010004-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 17:47:39.76 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがジョゼ・モウリーニョ監督からレギュラーポジションを託された背景には、突出したパスセンスに加え、7カ国語を操るコミュニケーション能力が存在していたようだ。8日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

    5日に行われたプレミアリーグ第24節レスター戦で、今シーズンの公式戦5ゴール目を決めたムヒタリアン。今ではモウリーニョ監督からも絶大な信頼を置かれているが、ドルトムントから加入したばかりのシーズン序盤は決して順風満帆ではなかった。

    9月にホームで行われたマンチェスター・Cとのダービーマッチで初の先発出場を果たすも、プレーに精彩を欠いてハーフタイムに屈辱の交代を命じられた同選手。悪夢のような先発デビューの後は、2カ月ほどベンチ入りさえできない日々が続いたが、12月26日に行われた第18節サンダーランド戦でアクロバティックなゴールを決めてサポーターの心をつかんだ。

    そんなムヒタリアンは、前所属のドルトムント時代から類まれなるパスセンスの持ち主であることは知られていたが、人並外れた語学力も持ち合わせていたようだ。母国語のアルメニア語に加えて、ロシア語、英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語が堪能。さらにイタリア語も少し話せるという。通訳を介さずにコミュニケーションを取れることが、ピッチの内外で大きくプラスに作用したことは想像に難くない。

    クラブ、そしてマンチェスターという街そのものの偉大な歴史に魅かれてイングランドへとやってきたムヒタリアン。「マンチェスター・Uは唯一無二のクラブ」と話し、「その偉大なクラブの歴史の一部となる為、常に準備をし、トップフォームを維持するよう努めること」を、心がけているという。

    同選手は毎朝8時に練習場に到着し、従業員への挨拶も欠かさないという。ハイレベルな語学力とプロフェッショナルな姿勢を武器に、マンチェスター・Uをトップ4に導けるだろうか。
    2017-02-09_18h54_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00550712-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/12(月) 01:12:46.80 ID:CAP_USER9.net
    2016年12月12日(Mon)1時09分配信

    【マンチェスター・ユナイテッド 1-0 トッテナム プレミアリーグ第15節】

    現地時間11日にプレミアリーグ第15節の試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはトッテナムと対戦。1-0でユナイテッドが勝利を収めた。

    試合は29分に動く。中盤でハリー・ケインのパスミスを拾ったアンデル・エレーラから裏へ飛び出したヘンリク・ムヒタリアンへスルーパス。GKとの1対1をしっかりと決めてユナイテッドが先制。ムヒタリアンはミッドウィークに行われたヨーロッパリーグゾリャ戦から公式戦2試合連続、プレミアリーグでは初ゴールとなった。

    トッテナムはポゼッション率ではユナイテッドを上回り、クリスティアン・エリクセンのFKやソン・フンミンのミドルシュートなどチャンスは作ったもののダビド・デ・ヘアの好セーブに阻まれた。

    60分を過ぎると試合はオープンで激しい展開に。ユナイテッドはポール・ポグバのFKがバーを直撃。トッテナムは投入されたムサ・シソコが右サイドを突破してチャンスを作ったが、ゴールを奪うことができず。

    81分にはユナイテッドにアクシデント。先制点を奪ったムヒタリアンがダニー・ローズに倒された際に負傷交代。担架に乗せられ、ピッチを後にした。

    結局1-0でムヒタリアンのゴールを守り切ったユナイテッドが勝利。ユナイテッドにとってリーグ戦4試合ぶり、ホームでは9月24日のレスター・シティ戦以来の勝利となった。

    【得点者】
    29分 1-0 ムヒタリアン(ユナイテッド)
    20161212_muhi_Getty-560x373
    http://www.footballchannel.jp/2016/12/12/post189460/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 13:50:54.03 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・リーグカップは現地時間11月30日に準々決勝の残り2試合が行なわれ、マンチェスターUはホームでウェストハムを4対1と下した。アーセナルは吉田麻也所属のサウザンプトンにホームで0対2と敗れている。

    マンUは開始早々の2分に、ムヒタリアンのヒールパスからイブラヒモヴィッチのゴールで先制。35分には昨季までマンUに在籍していたフレッチャーに同点弾を奪われるも、48分に再びムヒタリアンのお膳立てから、今度はマーシャルが決めて勝ち越しに成功する。

    さらに62分にマーシャルのこの日2点目のゴールで突き放すと、ロスタイムにイブラヒモヴィッチも自身2点目をマークしてダメ押し。準決勝へと駒を進めた。

    今季ドルトムント(ドイツ)から鳴り物入りで加入しながら、先発出場2試合にとどまっていたムヒタリアンは、2アシストの活躍で終盤の交代時に本拠地「オールド・トラフォード」の観客から拍手を受けた。モウリーニョ監督は試合後、「彼が適応するのを待っていたが、そのときが訪れているようだ」と今後のさらなる活躍に期待を寄せている。

    キックオフ数時間前に1試合のベンチ入り禁止処分を科されたモウリーニョ監督は、スタンドで試合を観戦せず。どこで観戦したかとの質問には、「秘密だ」と答えるにとどめた。同監督は「ゴールとパフォーマンスに満足している」「美しく、攻撃的なサッカーだった」と喜びを表している。

    なお、マンUは終盤にシュヴァインシュタイガーを投入している。同選手は今季初出場となった。

    同日開催のもう1試合では、大多数の主力を休ませたアーセナルが、前半にクラーシとバートランドにゴールを許し、サウザンプトンに敗れた。同チームはこれが1986-87シーズン以来の4強入りとなる。なお、吉田はフル出場した。

    準決勝はホーム&アウェイの2試合で、1月に開催予定。マンUはハルと、サウザンプトンはリヴァプールと対戦する。(STATS-AP)
    2016-12-01_16h27_18
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000012-ism-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/26(土) 15:50:22.14 ID:CAP_USER9.net
    theWORLD(ザ・ワールド) 11/25(金) 20:00配信
    2016-11-26_21h47_40

    遂に実力発揮へ

    眠れる獅子がいよいよジョゼ・モウリーニョのお眼鏡に叶ったのかもしれない。今夏に破格の移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ加入したヘンリク・ムヒタリアンは24日、ヨーロッパリーグ第5節フェイエノールト戦に先発出場し、そのポテンシャルを発揮した。

    超絶ドリブルで一気に交わす中央突破も! ムヒタリアンのタッチ集を動画で見る

    彼がドルトムントで見せていた驚くべきフットボールは決して幻覚ではない。少なくともフェイエノールト戦でのムヒタリアンはウェイン・ルーニーとの息の合ったワンツーパス交換や、相手DFを一気にごぼう抜きするなど、良質な仕事ぶりを披露。オールド・トラッフォードの誰もがその才能を確認した。もちろんモウリーニョもそんなアルメニア代表MFへの賛辞を惜しまない。ユナイテッド公式サイトが指揮官のコメントを伝えた。

    「この試合は内容と結果が完全に伴っていた。とても素晴らしいゲームだったし、4つのゴールを奪うことができたしね。我々はヨーロッパリーグでのタイトルを狙っている。ムヒタリアン? 彼は最高に素晴らしいプレイをしていた。サポーターが彼に歓声を浴びせたのは納得できるよ。彼を交代させたのはベストなタイミングだと判断したからだ。最高のパフォーマンスをしながらピッチを後にできたことは彼にとってもポジティブなことさ。今後はプレミアリーグへの適応にも期待しているよ」

    極上のタレントを備えるムヒタリアンには今夏、アーセナルやチェルシーといったクラブも獲得に関心を示したものの、最終的に赤い悪魔が落札。この試合をきっかけにムヒタリアンがプレミアリーグでも大暴れしてくれることを願いたい。


    http://www.theworldmagazine.jp

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00010016-theworld-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ