海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:メッシ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 12:00:47.93 ID:CAP_USER9.net
    怒りの矛先は同僚へ

    リオネル・メッシも人間だ。ときには誰かを非難し、嫌気も指すだろう。19日に開催されたリーガエスパニョーラ第23節のレガネス戦でチームの全得点を挙げた“温和な10番”は、大きな不満を蓄積させているという。

    “パルク・デ・プランスの悲劇”から完璧に立ち直るには、“カンプノウの奇跡”でその傷を上書きする必要があるだろう。しかし、それを体現するには、当然ながら十分なクオリティーが備わっていなければならない。スペイン『Don Balon』が報じたところによれば、メッシはバルセロナによる“貧相な補強”に憤っており、そのツケを自らのスーパープレイで払っている現状に憂いているという。なかでも、アンドレ・ゴメスとルーカス・ディーニュ、そしてジェレミー・マテューの3人はバルサでプレイするだけの基準に達しておらず、メッシは今季終了後に彼らを放出するよう望んでいると同メディアが伝えた。

    先日は恩師ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティが獲得を狙っていると報じられたメッシ。このまま不満を蓄積させる状況が続けば、よもやの電撃退団も現実味を増すことになるかもしれない。

    2017年02月20日(月) 12時30分配信
    https://www.theworldmagazine.jp/20170220/01world/spain/113085

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 20:58:53.81 ID:CAP_USER9.net
    良いところがなく

    試合前は相性の良いウナイ・エメリ率いるチーム相手に何点奪うのかと期待されていたバルセロナFWリオネル・メッシだが、今回は何もできなかった。

    試合前は相性の良いウナイ・エメリ率いるチーム相手に何点奪うのかと期待されていたバルセロナFWリオネル・メッシだが、今回は何もできなかった。

    イニエスタ、プジョル超える! UCLの出場記録塗り替えるも「最悪な一日だった」

    バルセロナは14日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGと対戦し、まさかの0-4で大敗した。中でもメッシのパフォーマンスは酷いもので、英『Daily Mirror』はメッシの信じられないデータを取り上げている。

    この試合でメッシはやや下がった位置でボールを受ける機会もあったが、指揮官のルイス・エンリケはこの判断について「メッシが上手くボールに絡めていないと思ったからシステムを変えた」とコメントしている。しかしその効果は発揮されず、メッシはこの試合で28本しかパスを出していない。これはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンよりも少ない数字だ。

    さらにメッシはこの試合で1度もペナルティエリア内でボールに触れていない。同メディアも信じられないスタッツと伝えており、これまでの監督キャリアでバルセロナ相手に勝率4・3%だったエメリ率いるチーム相手に大敗したことも含めて驚いている。

    メッシはボールに絡む機会が少なかっただけでなく、中盤でのボールロストからPSGの2点目に深く関わってしまった。これほどボールをあっさり奪われるメッシも珍しく、それに合わせるかのようにルイス・スアレスも元気がなかった。2ndレグで奇跡の逆転劇を起こすにはメッシが全く違うパフォーマンスを見せる必要があるが、史上最高の選手とも言われる男はホームで復活できるか。
    2017-02-15_22h01_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010030-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 2/15(水) 20:50配信
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/06(月) 22:00:43.83 ID:CAP_USER9.net
    6f3bb64d-700a-4c3e-9cb3-884d6bd7e8dc

    先週末、カンプ・ノウでアスレティック・ビルバオを3-0で下したバルセロナ。

    試合を決定づける2点目を奪ったのは、リオネル・メッシだった(「Youtubeで見る」からご覧ください。00:51から)。



    右サイドの角度のない位置からフリーキックを直接決めたメッシ。相手GKゴルカ・イライソスのミスにも助けられたが、こうした位置からゴールを狙えるのは自信があってのことだろう。

    そんなメッシは、今季直接フリーキックで4ゴールを奪っている。その全てが2017年に入ってからのものであり、今年に入ってからの10試合であげた8点のうち、半分にあたるフリーキックということになる。

    そのゴールはいずれも過去記事で映像を紹介しており、時系列順に並べるとビルバオ戦、ビジャレアル戦、ビルバオ戦。なかでもビルバオからは直近の3試合で全てフリーキックからゴールを決めていることになる。対戦相手からするとこれはトラウマレベル…。

    逆に言えば、今季メッシは1月に入るまでフリーキックからゴールを決めていなかったということになる(代表戦では1ゴール)。それはそれで不思議なことだが、いずれにしても今やミラレム・ピャニッチと並ぶ世界最高のフリーキッカーと言って良い。

    なお、この日のゴールによってメッシがバルセロナであげた直接フリーキックの数は27に。これによりロナルト・クーマンが持っていたクラブ記録(26)を更新し、単独でのレコードホルダーとなった。

    http://qoly.jp/2017/02/06/lionel-messi-freekick-data-20170206-kwm-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/27(金) 11:24:35.94 ID:CAP_USER9.net
    元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、アルゼンチン代表でタイトルを獲得していないことで批判されるFWリオネル・メッシを擁護するコメントを残し、さらに自分を持ち上げた。

    メッシはこれまでバロンドールを5度獲得。所属するバルセロナでも多くのタイトルを獲得してきた。しかし代表では14年W杯などこれまで3度の準優勝があるものの、頂点にはたどり着いていない。

    昨夏のコパ・アメリカ後には代表引退をほのめかし、騒動を起こしたメッシ。メッシにかかる重圧は計り知れないが、マラドーナ氏は自身を重ね合わせ、メッシを批判する人たちに警告した。『TyCスポーツ』に語った内容を『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

    「メッシはW杯を優勝したことがないから平凡だ、なんていう人達に我慢がならない。メッシはすばらいい選手だ。たとえW杯を優勝していなくてもね。56歳の今になって言えることは、これまでメッシのような選手を見たことがないということだ。メッシがアルゼンチン人であることを神に感謝したい。アルゼンチンにはメッシ、法王、そして私がいるのだよ」

    「彼がW杯を優勝したことがないからって、なぜ彼がここまで言われなきゃいけないんだ? 私が優勝できたのは、(リカルド・)ジュスティ、(ホルヘ・)ブルチャガ、(ネリー・)プンピード、(オスカル・)ルジェリといった選手に囲まれていたからだよ」
    2017-01-27_12h27_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-01636241-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/26(木) 18:16:38.79 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、中国サッカーメディア「ドン・チョウティ」の2016年MVP受賞でコメントを寄せた。

    そこで「僕は批判を気にしない」と強気発言に出て、ライバルであるバルセロナのFWリオネル・メッシとの比較論について大いに語ったとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

    ロナウドは2016年、UEFAチャンピオンズリーグと欧州選手権をダブル制覇し、クラブと代表レベルで王者へと駆け上った。また12月に日本で行われたFIFAクラブ・ワールドカップでも準決勝のクラブ・アメリカ戦、決勝の鹿島アントラーズ戦でゴールを決めてチームをクラブ世界一の座に導き、自身4度目のバロンドール獲得を果たすなどタイトル総なめの1年となった。

    これだけの名声を得るロナウドだが、その反動からか少しでもゴールから離れる期間があるとすぐに批判の声が挙がるのも宿命だ。しかし本人はそのことに意を介していないという。

    「自分に対する批判は気にしていないよ。僕は自分の仕事をして、自分自身を確立することに努めている。誰にだって嫌いな人はいて、それは“ビジネス”の一部だと思っている。でも僕は毎日寝る時は幸せなんだ。批判する人の心を満たすためにいるわけじゃないし、ファンがいて自分を幸せにしてくれる人がいるからね」

    メッシとは「普通の関係を築いているよ」

    批判にも動じないロナウドは、メッシとの比較も自分の中で整理できているようだ。

    「違うチームでプレーしているから、僕らはライバル関係にある。だけど僕らは一緒にいる時、普通の関係を築いているよ。人々は僕らを常に比べようとする。それは学校にいる時、子供でもそうだ。どっちが速くて、スマートか……。これもまた“ビジネス”の一部だ」

    また、ロナウドは「僕は比較は好きじゃない。僕らは異なっていて、2人の人間がそれぞれの仕事をしている、それだけだ」とも話している。

    世界各国から注目を浴び続けるなか、自分自身がぶれないことこそがロナウドのアイデンティティなのかもしれない。
    2017-01-26_19h20_48
    Football ZONE web 1/26(木) 12:50配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170126-00010009-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 19:38:01.31 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターCは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(29)を獲得するために、移籍金1億ポンド(約145億円)を支払うとバルセロナに伝えた。17日付の英紙サンが報じた。

    両クラブの首脳陣は、先月の終わりに話し合いを設けていたが、マンチェスターCが史上最高額の移籍金を決断できるかどうかで持ち越されたという。正式な入札はしていないというが、マンチェスターUがユベントスからMFポグバを獲得した際の8900万ポンド(約129億円)を上回る移籍金を支払うことを恐れていないという。

    バルセロナ側は、今の時点で、メッシを売りに出すか名言は避けている。しかしな、関係者によると話し合いはポジティブだったという。

    バルセロナは、同選手が望むような高額の報酬を支払いきれないことを認めている。マンチェスターCはメッシの代理人らに対して、週給80万ポンド(約1億1600万円)を支払う準備があることを伝えたと昨夏に同紙が報じていた。
    2017-01-17_22h17_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01766585-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 19:05:13.97 ID:CAP_USER9.net
    数字の他、過去の実績、ピッチ外の活動も考慮した結果は!?クリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシは、どちらが優れた選手か?
     
    サッカー界最大の論争テーマであり、世界中で多くの人々が意見をぶつけ合っているが、イタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は先日、独自の見解をもって、このテーマに対する現時点での答を導き出した。
     
    イタリア最大のスポーツ新聞が選んだのはC・ロナウド。昨年、レアル・マドリーではチャンピオンズ・リーグ、クラブワールドカップ、ポルトガル代表ではEURO2016を制した他、個人ではUEFA最優秀選手賞、バロンドール、FIFA最優秀選手賞を獲得しただけに、至極妥当な判断だろう。
     
    ただ、同紙は獲得タイトルだけでなく、様々な視点から2人を比較。数字はもちろん、過去の実績、さらにはピッチ外での行動なども含めた上で、ポルトガル人アタッカーの方に軍配を上げている。
     
    その10の理由は以下の通りだ。
     
    1)試合における完成度が上。
     
    2)両足はもちろん、ヘディング(空中戦)でも高い確率でゴールが奪える。
     
    3)完璧なフィジカルと、それを維持するためのストイックなまでのケア(トレーニング)ぶり。
     
    4)イングランド、スペインのクラブでメジャータイトルを獲得。バルセロナひと筋のメッシとは違い、異なる環境でも活躍できることを証明している。
     
    5)メッシがブラジル・ワールドカップ、コパ・アメリカで2度、決勝戦で敗れてタイトルを逃したのに対し、昨夏のEURO2016で優勝を果たし、母国に初のメジャータイトルをもたらした。
     
    6)昨シーズン終了時点でのチャンピオンズ・リーグ(CL)での通算ゴール数は93。これはメッシを10上回っている。
     
    7)アメリカの経済誌『フォーブス』によると、2016年の収入は8800万ユーロ(約94億円)とされている。メッシは8140万ユーロ(約87億円)。
     
    8)慈善活動により積極的。シャペコエンセの遺族やパレスチナの孤児たちに対する寄付や慰問などのニュースが頻繁に伝えられている。
     
    9)欧州各国リーグで最も多くのゴールを挙げた選手に贈られる「ヨーロッパ・ゴールデンシュー」を4度受賞している。メッシは3回。
     
    10)CLにおいて、1試合2得点を25回も記録。ハットトリックは昨シーズン、3度達成した。リーガ・エスパニョーラでは、過去6シーズン連続で30得点以上を挙げている。
     
    もちろん、メッシの方が上回っている項目も多々ある。得点数においても、今シーズンはメッシがリーガで14点とランキングの首位であり(C・ロナウドは12点)、CLにいたってはC・ロナウドが2点止まりなのに対し、メッシは10ゴールと大きくリードしている。
     
    視点によって評価の結果は全く変わってくるだけに、この先も両者の比較は多くの論争や興味の種を人々に提供していくことだろう。

    SOCCER DIGEST Web 1/17(火) 18:59配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00021932-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/15(日) 10:29:53.75 ID:CAP_USER9.net
    正論か否かは問題ではない。重要なのはフットボール史上最高の10番がどのように感じるかだ。スペインのバルセロナは13日、リオネル・メッシに関する“個人的な見解”を述べた渉外担当責任者に更迭という罰を施している。

    「バルセロナはメッシのためだけに存在している訳ではない。彼がバルセロナの重要な選手であることは事実だが、勝利を収めるのはメッシではなく、チームなんだよ。ネイマールやルイス・スアレス、イニエスタ、ピケ、それに他の重要なプレイヤーがいなければそれほど良いプレイヤーにはなっていなかっただろう」

    英『Four Four Two』によれば、これがペレ・ガラタコス氏のアルゼンチン代表FWに対する見識だ。一見すれば、さほど騒ぎ立てるほどの発言とは思えないが、ことバルセロナにおいてはとんでもない失言となってしまう。もちろん2018年までとなっている王様との契約を延長すべく奔走するクラブ幹部陣からすれば、このタイミングでの“グレイな発言”は避けたいというのが本音だろう。

    バルセロナは、自らの本能の許すままに弁舌を振ったガラタコス氏への処分がスポーツ部門のディレクターであるアルベルト・ソレル氏によって下されたものだと発表。また同時に、“失言者”が今後も育成に関するプロジェクト「マシア360」には参加を続けることになるとも併せて伝えている。
    2017-01-15_12h20_51
    heWORLD(ザ・ワールド) 1/15(日) 10:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00010008-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/09(月) 09:23:06.84 ID:CAP_USER9.net
    [1.8 リーガ・エスパニョーラ第17節 ] エル・マドリガス

    【スコア】

    ビジャレアル 1-1 バルセロナ

    【得点者】

    [ビ](49分)ニコラ・サンソーネ
    [バ](90分)リオネル・メッシ

    ビジャレアル
    セルヒオ・アセンホ、マリオ・ガスパル、ムサッチオ(87分アルバロ・ゴンサレス)、ビクトル・ルイス、ハウメ・コスタ■■■(90分)、J・ドス・サントス、マヌ、ソリアーノ(83分ロドリ・エルナンデス)、ブルーノ・ソリアーノ、パト(76分サム・カスティジェホ)、サンソーネ■

    バルセロナ
    テア・シュテーゲン、ピケ■、マスケラーノ、ディニュ(71分アルダ)、セルジ・ロベルト■、ブスケッツ、イニエスタ、アンドレ・ゴメス(68分デニス・スアレス)、L・スアレス、メッシ、ネイマール

    GOAL.com
    https://goo.gl/PIhxie

    リーガ・エスパニョーラ第17節3日目が8日に開催され、バルセロナがビジャレアルのホームに乗り込んだ。

    前半をスコアレスで折り返した試合は、後半5分にビジャレアルが先制するも、試合終了間際の同45分にFWリオネル・メッシが直接FKを沈め、1-1のドローに終わった。

    勝ち点1の上積みに終わったバルセロナ(勝ち点35)はセビージャ(同36)にかわされて3位に転落。クラブW杯の影響で消化試合が1試合少ない首位レアル・マドリー(同40)との勝ち点差は「5」に開いた。

    序盤からバルセロナが立て続けにシュートチャンスを生み出すが、リーグ最少失点のビジャレアル守備陣が体を張ってはね返し、前半8分にメッシの浮き球のパスからPA内に進入したFWネイマールのシュートは距離を詰めたGKセルヒオ・アセンホにストップされた。

    バルセロナの攻撃をしのいだビジャレアルは前半10分に好機を創出するが、DFハウメ・コスタのクロスからフリーになったMFジョナタン・ドス・サントスがダイレクトで狙ったシュートは枠を捉え切れない。

    その後は両チームともにゴールを脅かす場面を作るものの、同43分にネイマールのCKからメッシが放ったヘディングシュートが好反応を見せたS・アセンホに弾き出されるなど、ともに粘り強い守備に遭ってネットを揺らすには至らなかった。

    0-0のまま後半を迎えると、後半5分にビジャレアルが先制に成功。DFリュカ・ディーニュのパスミスを奪ってカウンターを発動させると、縦パスを受けたFWアレシャンドレ・パトが持ち上がってスルーパスを出し、走り込んだFW二コラ・サンソーネが右足のシュートで流し込んでスコアを1-0とした。

    1点を先行されたバルセロナは後半23分にMFアンドレ・ゴメスに代えてMFデニス・スアレス、同26分にはディーニュに代えてMFアルダ・トゥランを投入して状況を打開しようと試みる。

    同28分にはMFアンドレス・イニエスタのパスを受けたメッシが左足で狙うもシュートはポストに弾かれ、同30分にはカウンターからL・スアレスが放ったシュートがS・アセンホに弾かれるなどゴールに迫りながらも同点ゴールが生まれない。

    その後も猛攻を掛けるバルセロナだが、ゴール前に人数を割いたビジャレアルゴールをなかなかこじ開けられない。しかし、試合終了間際にメッシがチームを救う。後半45分、ドリブルを仕掛けてPA外で相手選手のファウルを誘ってFKを獲得すると、自らキッカーを務める。

    左足から蹴り出した鋭いシュートに対してS・アセンホは反応することができず、ボールはゴールネットに直接突き刺さった。その後、スコアは動かずに1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、勝ち点1を分け合った。

    ゲキサカ 1/9(月) 6:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-01635634-gekisaka-socc

    写真


    ブルーノ、バルサ戦のハンド疑惑について「マスチェラーノのハンドもあったなら引き分けだ」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000000-goal-socc

    メッシが2戦連発の圧巻直接FK弾もビジャレアルとの上位対決はドロー《リーガエスパニョーラ》
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=264298
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/05(木) 00:34:59.88 ID:CAP_USER9.net
    元スペイン代表監督のクレメンテ氏 「メッシが一番。全く違うことを成し遂げている」
     
    元スペイン代表監督のハビエル・クレメンテ氏が、世界ナンバーワン選手をバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと断言。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがメッシよりも上回っている部分を「腹筋」と指摘し、「2番であることを誇るべし」と提言している。スペイン地元ラジオ「ラジオ・バルセロナ」が報じている。

    スペイン代表に加え、スペインで12クラブの監督を歴任したクレメンテ氏にとって、誰が世界ナンバーワン選手なのかという議論の結論は明白なようだ。

    「メッシが一番だ。彼は全く違うことを成し遂げている。そういったものの集積が彼を一番に押し上げている。だからといって、他の選手が優秀ではないと言うつもりもない。なぜ、そのこと(メッシがナンバーワン)で怒る人間がいるが理解できない」

    クレメンテ氏は持論を展開し、メッシが一番と認めない人たちが抱く負の感情について疑問符を付けていた。

    「商業的な戦いが存在する。クリスティアーノを巡るマドリードとバルサの戦争だ。誰がナンバー2だってくらいだろう。その人間より優れた人間が1人存在することはコントロールできない問題だ。クリスティアーノは世界ナンバーツーであることを喜び、誇るべきなんだよ」

    ロナウドは「背も高い。ヘディングも上」

    ロナウドは昨季、UEFAチャンピオンズリーグ優勝と欧州選手権優勝を経験し、2016年シーズンに自身4度目のバロンドールに輝いた。「ナンバーワン」を自負するロナウドには二番手であることに誇りを持つべし、とクレメンテ氏は説いている。

    “世界2位”のロナウドにも、メッシを凌駕する部分はあるという。「ロナウドは腹筋では上だ。彼は背も高い。ヘディングも上だ。そういう部分ではクリスティアーノが上だ。だが、メッシはテクニック、能力、視野で彼を打ち負かす。そういうことなんだよ」と、腹筋と高さではロナウドの優位性を指摘している。

    メッシとロナウドは現代サッカー界の双璧だが、クレメンテ氏にとって2人のスーパースターを巡る議論の答えは揺るぎないようだ。

    Football ZONE web 1/4(水) 21:42配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170104-00010024-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ