海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:メッシ

    webultrasoccer_171620_0-enlarge
     FIFA(国際サッカー連盟)は11日、ブラジル・ワールドカップの最優秀選手に贈られるゴールデンボール賞のノミネートリストを発表した。『FIFA.com』が伝えている。

     同賞の候補者は10名となっており、決勝に進出したドイツ代表からはMFトーマス・ミュラーなど4名、アルゼンチン代表からはFWリオネル・メッシら3 名が選出された他、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、ブラジル代表FWネイマールなどが名を連ねた。ゴールデンボール賞の受賞者は、13日に行われ る決勝の後に発表される。

     ゴールデンボール賞のノミネートリストは以下のとおり。

    アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン代表)
    マッツ・フンメルス(ドイツ代表)
    トニ・クロース(ドイツ代表)
    フィリップ・ラーム(ドイツ代表)
    ハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン代表)
    リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
    トーマス・ミュラー(ドイツ代表)
    ネイマール(ブラジル代表)
    アルイェン・ロッベン(オランダ代表)
    ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140712-00211064-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-07-10_07h57_50
    【スコア】
    オランダ 0-0(PK2-4) アルゼンチン

    ブラジル・ワールドカップ準決勝が9日に行われ、オランダ代表とアルゼンチン代表が対戦した。

     2大会連続の決勝を狙うオランダは準々決勝のコスタリカ戦から1選手を変更。メンフィス・デパイに代え、負傷していると報じられていたナイジェル・デ・ヨングが復帰した。一方、6大会ぶりの決勝を目指すアルゼンチンは、出場停止だったマルコス・ロホが復帰。負傷のアンヘル・ディ・マリアの代わりにエンツォ・ペレスがスタメンとなった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140710/210474.html?view=more
    続きを読む

    1404902667795
    「ブラジルW杯・準決勝、オランダ-アルゼンチン」(9日、サンパウロ)

     オランダ代表МFスナイダーが、準決勝アルゼンチン戦を前に「チームの雰囲気はすごくいい。まるで4年前に戻ったような感じ。これが自信になっている」と話した。9日付ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

     スナイダーは、前回大会の2010年にも中心選手として決勝進出に貢献。今回は2トップのロッベン、ファン・ペルシーの得点力に任せ、裏方に徹している部分もあるが「新しいポジションで2人を支えるプレーは重みになっていない」とコメント。

     2大会連続の決勝進出がかかるアルゼンチン戦に向けても「これまで通りのプレーを続けるだけ。アルゼンチンにはメッシがいる?でもこっちにはオランダのメッシがいる。このW杯で活躍中のロッベンって名前の選手さ」と胸を張った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140709-00000046-dal-socc
    続きを読む

    2014-07-06_03h06_36
    【スコア】
    アルゼンチン 1-0 ベルギー

    【得点者】
    1-0 8分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン)

    ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント準々決勝が5日に行われ、アルゼンチン代表とベルギー代表が対戦した。

     1990年大会以来、6大会ぶりの準決勝進出を目指すアルゼンチンは、決勝トーナメント1回戦のスイス戦から3選手を変更。ルーカス・ビグリア、マルティン・デミチェリス、ホセ・マリア・バサンタが起用された。一方、1986年大会以来、7大会ぶりのベスト4入りを狙うベルギーは、アメリカ戦から1選手を変更し、ドリース・メルテンスに代わって、ケヴィン・ミララスがスタメンとなった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140706/209234.html?view=more
    続きを読む

    86e4f908-s
    元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、アルゼンチンのテレビ番組『De Zurda』に出演した際、ブラジル・ワールドカップに出場している同国代表の試合内容に苦言を呈した。

     1日に行われた決勝トーナメント1回戦スイス代表戦を視聴したマラドーナ氏は、「前半のうちに先制点を取れていたはずだ。アルゼンチンには有能な選手が 揃っているのに、チームとしての組織力は今ひとつの印象で攻めあぐねていた」と分析。さらに、以下のように自論を展開した。

    「私は、ワールドカップがあるたびにアルゼンチンの優勝を願っていて、今年こそは優勝してほしいという思いがある。しかし、今大会の代表は(リオネル)メッシと(アンヘル)ディ・マリアの2人だけで、どうにか面目を保っているようにさえ見えてしまう」

     さらに、スイス戦に先発出場した同国代表MFフェルナンド・ガーゴについて、「メッシが一人二役となって、ガーゴの役回りまでこなす羽目になっている。これでは本来の力が出せない」とコメントし、不満を示している。

     今のアルゼンチン代表は、本来の実力の40パーセント程度しか出せていないと嘆くマラドーナ氏は、「次のベルギー戦では選手に高いパフォーマンスを見せてほしい」と述べて、厳しい言葉を締めくくっている。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140703-00208450-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-07-02_03h44_52
    【スコア】
    アルゼンチン 1-0(延長) スイス

    【得点者】
    1-0 118分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)

     ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が1日に行われ、アルゼンチン代表とスイス代表が対戦した。

     グループFで3連勝を果たし、首位通過を決めたアルゼンチンは、第3節のナイジェリア戦から1選手を変更。同試合で負傷交代したセルヒオ・アグエロに代わって、エセキエル・ラベッシが先発メンバーに名を連ねた。一方、グループEを2勝1敗の2位で通過したスイスは、第3節のホンジュラス戦と同じ11人が先発し、ベスト8進出を目指す。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140702/207975.html?view=more
    続きを読む

    2014-06-26_03h07_18
    【スコア】
    ナイジェリア 2-3 アルゼンチン

    【得点者】
    0-1 3分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    1-1 4分 アーメド・ムサ(ナイジェリア)
    1-2 45分+1分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    2-2 47分 アーメド・ムサ(ナイジェリア)
    2-3 50分 マルコス・ロホ(アルゼンチン)

    ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が25日に行われ、ナイジェリア代表とアルゼンチン代表が対戦した。

     勝ち点4で引き分け以上の結果で決勝トーナメント進出が決まるナイジェリアは、前節からスタメンは変わらず。2連勝のアルゼンチンは16強入りがすでに 決定。引き分け以上で首位通過を決める一戦で、3試合連続ゴールを狙うリオネル・メッシら、こちらも前節と変わらないメンバーをそろえた。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00205647-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-06-22_03h04_26
    【スコア】
    アルゼンチン 1-0 イラン

    【得点者】
    1-0 90+1分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)

     ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が21日に行われ、グループFではアルゼンチン代表とイラン代表が対戦した。

     初戦で白星を挙げたアルゼンチンは先発2選手を変更。ウーゴ・カンパニャーロとマキシ・ロドリゲスに代わり、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で途中出場した フェルナンド・ガーゴとゴンサロ・イグアインが入った。開幕戦はナイジェリアと引き分けたイランは、ナイジェリア戦からホスロ・ヘイダリに代わりマスド・ ショジャエイを起用した。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140622/203280.html?view=more
    続きを読む

    BqSKRfoCEAEX_A0
    サッカーアルゼンチン代表FWメッシがファン対応を怠ったとする指摘に反論し、悪意はなかったと釈明した。17日のスペイン紙マルカが報じている。

      問題のシーンは先に行われたW杯ブラジル大会のボスニア戦試合前、ピッチへ向かう前のトンネル内でのことだ。審判団を先頭に両チームが列を作る際、エス コートする少年が選手に握手を求めて手を差し伸べたものの、メッシはそのまま審判の方へあいさつに向かった。記者会見でメッシは「そんなひどいことはしな い。僕がどうして子供にあいさつするのを拒むというの?」と、不可抗力によるものだとした。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8947892/
    続きを読む

    2014-06-16_09h09_06
    【スコア】
    アルゼンチン 2-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ

    【得点者】
    1-0 3分 オウンゴール(コラシナツ)(アルゼンチン)
    2-0 65分 メッシ(アルゼンチン)
    2-1 85分 イビシェヴィッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

    ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が15日に行われ、グループFではアルゼンチン代表とボスニア・ヘルツェゴビナ代表が対戦した。

     3度目のワールドカップ制覇を目指すアルゼンチンはリオネル・メッシやセルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディ・マリアらが先発。初出場となるボスニアは、エディン・ジェコやミラレム・ピアニッチ、ズヴェズダン・ミシモヴィッチらがスタメンとなった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140616-00201052-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ