海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モイーズ監督

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 20:02:38.82 ID:CAP_USER9.net
    22日に行われたプレミアリーグ第22節のウェスト・ブロムウィッチvsサンダーランドの一戦は2-0でホームのウェスト・ブロムウィッチが勝利。

    試合終了後、サンダーランドのデイヴィド・モイーズ監督が「ダレン(フレッチャー)のゴールは素晴らしかったね。危険な場面でゴールを許す形になった」と、マンチェスター・U時代の教え子のゴールを称賛した。

    その一方で「我々はできる限りのことをやっているが、最近は結果に結びついていない。選手を選んでいるのは私だが……」と発言。

    モイーズ監督は「なんとか結果を残して、次の試合では勝ち点3を獲得できるようにしたい」と続け、次節以降での巻き返しを誓っている。

    サンダーランドは第22節終了時点で勝ち点15。同じ日の試合でスウォンジーがリヴァプールを下したため、サンダーランドは最下位に転落していた。
    2017-01-23_08h12_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/01(日) 12:34:29.92 ID:CAP_USER9.net
    彼は“Japanese”にどのような思い入れがあるのだろうか。

    かつてマンチェスター・ユナイテッドで香川真司を指導した現サンダーランド指揮官ディビッド・モイーズが、新たなサムライに目をつけている。

    ドルトムントのチャンスメイカーがモイーズ政権下のユナイテッドで最高にポジティブな日々を過ごしたかは分からないが、このスコットランド人が日本人に特別な感情を抱いている可能性は否めないだろう。

    というのも、イタリアのミランで10番を背負う本田圭佑への関心を再三に渡り報じられてきた同監督率いるサンダーランドが、またしてもヨーロッパを舞台に奮闘するサムライへ熱視線を送っているのだ。

    伊『Corriere dello Sport』はプレミアリーグ18位に低迷する降格濃厚の“モイーズ軍”によるインテル長友佑都獲得の可能性を報じ、契約に動くことになると報じた。

    曰く「本人はインテル残留を望んでいる」とのことだが、長友も本田もクラブからの100%の信頼を確保するには至っていないのが現状だ。

    これまでには中国リーグからの誘いも幾度か報じられたミラノの2人。意外にもプレミアリーグ下位を彷徨うディビッド・モイーズの下でタッグを組むことになるのだろうか。今後の展開に注目が集まりそうだ。
    2017-01-01_13h49_07
    theWORLD(ザ・ワールド) 1/1(日) 12:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00010006-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/29(木) 09:18:40.97 ID:CAP_USER9.net
    ミランの日本代表MF本田圭佑の移籍先候補の1つに、プレミアリーグのサンダーランドが挙がっているようだ。英『トライバル・フットボール』が伝えている。

    同メディアでは、本田が1月にミランを出て行く準備をしており、クラブもそれを容認する意向だと報道。

    本田に対してはMLSのLAギャラクシーとシアトル・サウンダーズ、プレミアのサンダーランドの3つのクラブが強い関心を寄せているという。

    中でもサンダーランドのデイビッド・モイーズ監督は長い間ミランの10番を注視し続けているとし、まだヨーロッパで自分の力を証明しようと望んでいる本田本人と思惑が一致するのではないかと見ているようだ。

    本田は今季からミランを率いるビンチェンツォ・モンテッラ監督の下、リーグ戦の出場が17試合中わずか5試合(計96分)。

    若手が躍動するチームの中で完全に取り残され、ミラン加入後最も厳しいシーズンを過ごしている。

    ゲキサカ 12/29(木) 0:19配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-01635124-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/24(土) 18:32:18.53 ID:CAP_USER9.net
    サンダーランドのデービッド・モイズ監督(53)は、2013年にマンチェスターUの監督に指名された際、RマドリードFWクリスティアノ・ロナルド、当時トットナムにいたFWガレス・ベール(現Rマドリード)、同バルセロナMFセスク(現チェルシー)のビッグネーム3人が加入すると思っていた。23日付の英紙ミラー電子版が報じた。

    当時エバートンからマンチェスターUの監督に就任した同監督は、クラブからロナルドら3選手獲得を約束されていたという。だが、実際に獲得されたのは、移籍期限ぎりぎりで、エバートン時代の教え子でベルギー代表MFマルアン・フェライニのみだったという。モイズ監督は「初めてファーガソン監督(モイズ監督の前任者)と会ったと時、ロナルドが戻ってくる可能性があると言っていたのを覚えている」と明かした。

    優勝チームを引き継いだモイズ監督だが、まさかの補強失敗に終わり、チームは7位と低迷。試合中には同監督の解任を求め、飛行機で「出て行け」と書かれたバナーまで飛んだ。6年契約という破格の長期契約だったが、14年4月に解任され、1年も持たずにチームを去った。
    2016-12-24_21h19_45
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-01756225-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/06(日) 11:34:38.91 ID:CAP_USER9.net
    サンダーランドのデイビッド・モイーズ監督は、古巣マンチェスター・ユナイテッドが苦しい戦いを強いられている現状について、ユナイテッド監督という仕事の難しさを改めて強調している。4日付の英紙『ミラー』が同監督のコメントを伝えた。

    エバートンを率いて好成績を収め評価を高めていたモイーズ監督は、ユナイテッドの伝説的名将サー・アレックス・ファーガソン氏の後継者に指名され、2013年にユナイテッド監督に就任。

    だが期待されたような結果を出すことはできず、1年目のシーズン終了を待たずして解任される結果に終わった。

    だが、その後も名門ユナイテッドは復活を果たすことはできていない。モイーズ監督の後を継いだルイス・ファン・ハール氏も、状況を大きく変えることはできず2シーズンで退任。

    今季から就任したジョゼ・モウリーニョ監督も安定した結果を出せず、ここまでの成績はモイーズ氏の率いたシーズンをも下回る数字となっている。

    「ある意味では、モイーズだけが原因ではなかったということが示されているかもしれない」と現サンダーランドの指揮官は語る。

    「マンチェスター・ユナイテッドの仕事は、モウリーニョであれファン・ハールであれモイーズであれ、誰が引き受けても難しいものだ。

    おそらく同時代で最高の監督(ファーガソン氏)の後を引き継いでいるからだ」と、かつて自分自身にも託された仕事の大きさを強調した。

    とはいえ、モイーズ監督はユナイテッドを離れたあとも苦戦が続いている。

    レアル・ソシエダでは1シーズン目にはチームを降格の危機から救ったが、2シーズン目の成績不振で解任。

    今季から率いるサンダーランドでは10試合を終えて勝ち点2の獲得にとどまり、プレミアリーグにおける開幕10試合時点での史上最低成績を更新してしまったが、現地時間5日に行われたボーンマス戦でようやく今季初勝利を挙げることに成功した。
    20161105_moyes_getty
    フットボールチャンネル
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161106-00010009-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/04(金) 17:06:28.01 ID:CAP_USER9.net
    今季のイングランド・プレミアリーグで、開幕から10試合未勝利とエンジンのかからないサンダーランド。デイヴィッド・モイーズ監督は選手らを地元の自動車工場へ連れて行き、重要なことを学んだようだ。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間3日に伝えている。

    サンダーランドは現在、10試合を終えて2分8敗の最下位。前週末の試合ではアーセナルにホームで1対4と大敗するなど、なかなかギアが上がらず。今季から指揮をとるモイーズ監督の進退も騒がれている。

    そうした状況のなか、モイーズ監督はチームを連れて地元の『日産』の工場を訪問。7000人の従業員を抱え、協力しあって効果的に作業を進めることに感銘を受けたモイーズ監督は、「このように成功しているものを見るのは、選手にとって重要なことだ」「全ての人がお互いをサポートしている。全員が状況を理解しているね。我々もこのようにできるようトライしていく」と、サッカーでも同様に支えあうことが必要だと語った。

    モイーズ監督はまた、「チームはもっとよくなる。選手たちは、自分がどれだけ恵まれていて、才能があるのかを理解し、それを無駄にせず力の限り戦ってほしい」とチームに奮起を促した。また、自分たちを応援してくれるファンが、どのような場所で働き、どこからやってくるかを知ることが重要だと話し、「我々は上手くいかない時、できる限りのベストを尽くさなければならないんだ」と呼びかけた。

    さらに「チームワークは素晴らしいい。日産の工場は年々大きくなり、より大きな部品や車を作り、生産数も伸びている。ここではチームワークがいかに大切か教えてもらったよ」と、自動車工場から大切なことを学んだとコメントしている。
    2016-11-04_18h46_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000016-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/27(木) 11:54:46.24 ID:CAP_USER9.net
    4回戦

    【スコア】
    サウサンプトン 1-0 サンダーランド

    【得点者】

    66分 1-0 ブファル(サウサンプトン)

    Goal.com
    https://goo.gl/xfgJ8H

    元マンチェスター・ユナイテッドの指揮官デイビッド・モイーズ監督は吉田麻也のタックルに対する判定に激怒している。26日、英紙『デイリー・メール』が報じた。

    イングランド・リーグ・カップ4回戦が現地時間の25日に開催された。サウサンプトンはサンダーランドと対戦し1-0で勝利。試合中にモイーズ監督が退席処分となっている。

    モイーズ監督が激怒したのは吉田のヴィクター・アニチェベに対するタックルだ。試合後のコメント同指揮官は「もしもう一度あのシーンを見直せばファウルだとわかる。疑問は皆無だ」と語った。

    「ヨシダはヴィクターに対してファウルを犯した。あれは明確なPKだったよ」

    審判に対して猛抗議したモイーズは結局退席処分となっている。試合はサウサンプトンが1点のリードを守りきり、モイーズ監督にとっては悔しい一戦に終わった。サウサンプトンは次戦アーセナルと対戦する。

    フットボールチャンネル 10月27日(木)11時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010013-footballc-socc

    写真



    イングランド・フットボールリーグ杯の準々決勝は来月28日に開催予定となっている。すべての組み合わせは以下のとおり。

    リバプール対リーズ・ユナイテッド
    マンチェスター・ユナイテッド対ウェストハム
    ハル・シティ対ニューカッスル
    アーセナル対サウサンプトン

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010008-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/25(火) 18:18:44.34 ID:CAP_USER9.net
    9節を終えて、今季と13年シーズンは4勝2分3敗で勝ち点14、12失点と一致

    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は今季就任後、ユベントスから移籍史上最高額の移籍金でフランス代表MFポール・ポグバを獲得するなど大型補強に踏み切ったが、23日の敵地チェルシー戦で0-4で大敗するなど現在リーグ7位と期待を裏切る形となっている。

    そして、リーグ開幕9試合時点の成績がユナイテッド史上に残る暗黒時代と一致したことが明らかになった。英地元紙「サン」が報じている。

    モウリーニョ監督は23日の古巣チェルシー戦で惨敗を喫すると、かつてのサポーターから「お前はもうスペシャルじゃない」「明日の朝にはクビだ」とチャントを浴びる辱めを受けた。

    だが、本当の恥辱はここからだった。特集では「モウリーニョ政権下でどんなに薄口の船出となっているか、破滅的なスタッツがそれを示している」と断罪。

    偉大なるアレックス・ファーガソン元監督の後継者として2013年シーズンに就任し、1年持たずに解任された現サンダーランド監督のデイビッド・モイーズ政権時の9節終了時の成績と一致しているという。

    今季と13年シーズンは4勝2分3敗で勝ち点14、12失点と一致。得点数はモイーズ時代が1ゴール上で14得点となっている。

    どちらの政権もロングボール頼りで連動性の欠如という悲しい共通点が存在するが、決定的な違いがあるという。

    モイーズ体制はアフロヘアーの補強のみも…

    「これにモウリーニョが今夏に移籍金1億4500万ポンド(約184億円)を使い、欧州トップのセンターフォワードであるズラタン・イブラヒモビッチを移籍金ゼロで加えた事実が加わる。

    一方、モイーズは2700万ポンド(35億円)のマルアン・フェライニを補強しただけだった。これはユナイテッドファンをぞっとさせる状況だ」

    今季、ユナイテッドはイブラに加え、コートジボワール代表DFエリック・バイリー、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、ポグバという大型補強に成功した。ビッグネームをかき集めた挙句、アフロヘアーのミッドフィルダー1人の補強に留まったモイーズ政権と同じ戦績というのは衝撃的な事実だと記事では指摘している。

    優勝請負人と期待されたモウリーニョ監督は、スター軍団を浮上させることができるだろうか。
    それともユナイテッド史上に汚点としてその名を刻んでしまうのだろうか。

    Football ZONE web 10月25日(火)12時40分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161025-00010009-soccermzw-socc

    写真


    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/08/23(火) 06:38:57.03 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・プレミアリーグのサンダーランドが22日、ACミランのMF本田圭佑(30)=獲得に向け、再オファーを出す準備を進めていることが分かった。

    関係者によると、この2度目のオファーはミランが設定する1000万ユーロ(約11億5000万円)に近い金額で、移籍市場が閉まる31日までに合意する可能性があるという。

    今季からサンダーランドを率いるモイズ監督はプレミア残留を目標に掲げ、本田を補強の筆頭候補に挙げた。当初850万ユーロ(約10億円)でオファーを出したが、ミランが拒否。しかしサンダーランドが開幕2連敗したことを受け、再オファーを出す方針だという。
    2016-08-23_07h29_32
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000025-dal-socc
    デイリースポーツ 8月23日(火)6時4分配信

    続きを読む


    2015-05-09_14h55_33
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 13:52:07.86 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドMFマルアン・フェライニは、元監督のデイビッド・モイーズ氏が解任されたときに涙を流したと明かしている。

    エヴァートンでモイーズ氏の指導を受けたフェライニは、2013年夏にユナイテッドに加入した。アレックス・ファーガソン氏の引退でユナイテッドの指揮官に就任した恩師を追ったフェライニだが、ユナイテッドは低迷し、モイーズ氏はシーズン終了を待たずして解任の憂き目に遭っている。

    フェライニは『So Foot』の中で、恩師の解任に心を痛めたと明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    「彼が去ったときは悲しかった。エヴァートンに敗れた後、僕らはメディアで(モイーズ氏の解任の噂を)耳にしていたんだ。事実どうか分からなかった。そして次の日、練習場で彼がジャージじゃなく、スーツを着ていたのを見て思ったんだ。終わりだ、とね」

    「おかしな感じだったよ。食事をしてから、監督は僕をオフィスに呼んで、(解任を)知らせてきた。これがサッカーなんだ。泣いたよ。普通のことだ。僕は人間なんだよ。彼と6年仕事をしてきたんだ。彼は2番目の父親というわけじゃない。でも、それに近いものだ。すごく助けてくれた人なんだよ」

    モイーズ氏と同じように、フェライニもユナイテッドでの1年目は苦しみ、批判を浴びせられた。

    「チームも良いパフォーマンスをしておらず、僕はスケープゴートにされた。すべてがフェライニの責任だったんだ。そういう(批判の)すべてに気を配ると、沈んでしまう。あらゆる面で壊された」

    昨年夏に移籍が取りざたされたフェライニだが、最終的にはルイス・ファン・ハール監督が率いるチームに残った。

    「(ファン・ハール)監督が来たときに、難しくなることは分かっていた。昨季の僕はスケープゴートにされていたからね。でも、言い聞かせたんだ。失うものは何もないとね」

    「ワールドカップが終わって、今季の最初に監督と話した。僕のポジションには多くの選手がおり、自分を証明できるかどうかは自分次第だと言われたよ。でも、何度か練習してから、僕はうまくいくと感じていたんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000007-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431147127/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ