海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モウリーニョ

    1: 久太郎 ★ 2020/05/15(金) 14:02:09.55
    モウリーニョ監督怒る「家でブンデスを見てくれ!」

    イングランド・プレミアリーグのトットナムを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督(57)が、今季再開に慎重な他クラブ監督に怒り!?の「けん制球」を投げた。

    14日にウェブ上で開かれたクラブ指揮官たちによるリーグマネジャー協会ミーティングに出席。同日の英紙ミラーによると、早期再開を希望するモウリーニョ監督は早期のリーグ再開を熱望した上で「あなたがたがプレーしたくない場合は、家にいてブンデスリーガを見てくれ!」とまくしたてた、と報じられた。

    プレミアリーグ20クラブのうち、モウリーニョ監督をはじめ、リバプールのクロップ監督、エバートンのアンチェロッティ監督が早期再開を希望している。一方、チェルシーのランパード監督、マンチェスター・シティーのグアルディオラ監督らが健康リスクを理由に慎重な姿勢を貫き、意見が割れているとされる。モウリーニョ監督の発言は、慎重派の指揮官に向けた強烈メッセージだったようだ。

    トットナムはウェブ上での選手トレーニングが順調に進み、練習場での個人トレーニングも再開済み。今月上旬、モウリーニョ監督は「我々の選手たちは素晴らしいプロ意識、情熱、献身を示している」と早期再開への準備が整っていることを明かした。しかしプレミアリーグは当初予定されていた6月12日の再開日程が同19日以降にずれこんだこともあり、イライラが募っているようだ。
    2020-05-15_14h49_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-25150076-nksports-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/30(木) 15:21:25.57
    イングランド・プレミアリーグ、トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督(57)が野菜など生鮮食品を新型コロナウイルスの影響などで貧困に苦しむ地元住民のために輸送した。

    29日、クラブ公式インスタグラムで報告されたもので、練習場の菜園で収穫されたほうれんそうとルバーブを車に積め、食料流通エリアとして開放されているトットナム・ホットスパースタジアムに運ぶ姿が画像で紹介された。クラブは「モウリーニョ監督がスタジアムの食品流通ハブに生鮮食品を初めて届けました。これは地元コミュニティー内でもっとも必要とする人々に配布されます」とつづった。

    新型コロナウイルス撲滅のため、トットナムホットスパースタジアムは、ドライブスルー検査や英国営医療サービス事業NHSの活動拠点、生活困窮者のための食料流通エリアとして開放されている。先週、自らのツイッターでモウリーニョ監督は「練習場の菜園で、新鮮な果実と野菜を育てています。現在、この食品はスタジアムの流通エリアに運ばれているため、コミュニティー内でもっとも必要としている人々に届けることができます。来週から私はこのパンデミックと戦うために、庭で手伝い、この食物をスタジアムに届けるボランティア活動をします」と宣言していた。
    2020-04-30_20h46_30

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-24300219-nksports-socc

    画像

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/24(金) 11:05:31.28
    トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督(57)が来週から食料提供のボランティアに取り組む。

    23日にクラブ公式ツイッターの動画に登場した同監督が自ら明かした。本拠地のトットナム・ホットスパー・スタジアムは現在、新型コロナウイルス撲滅のためにドライブスルー検査や英国営医療サービス事業NHSの活動拠点、生活困窮者のための食料流通エリアとして開放。同日の英ミラー紙によると、食料の1部の農産物はトットナムの練習場で栽培されているという。

    畑の前に立った同監督は「練習場の菜園で、新鮮な果実と野菜を育てています。現在、この食品はスタジアムの流通エリアに運ばれているため、コミュニティー内でもっとも必要としている人々に届けることができます。来週から私はこのパンデミックと戦うために、庭で手伝い、この食物をスタジアムに届けるボランティア活動をします」と宣言した。

    コロナウイルスの治療にあたるNHSの医療メンバーにも敬意を表し「私はみんなが元気であることを願っています。最前線のヒーローたちによる素晴らしい仕事に感謝したいと思います」と口にしていた。
    2020-04-24_14h51_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-24240131-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/11(水) 23:41:20.96
    トッテナムの監督ジョゼ・モウリーニョは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でRBライプツィヒに3-0で敗れ、監督キャリアで最悪の成績を記録した。

    モウリーニョ “トラウマ”の負傷者続出でも「得点する方法はある」

    ホームで行われた1stレグを0-1で落とすと、アウェイの2ndレグでザビッツァーの2得点とフォルスベリの得点で0-3で敗れ、2試合通じて1得点も奪うことができず、トッテナムはCL敗退となった。

    この敗戦で6試合未勝利となったが、監督モウリーニョが通算935試合に及ぶキャリアの中で最長の記録となった。

    トッテナムは2月16日に行われたアストン・ヴィラ戦で3-2で勝利して以降、1か月近く未勝利となっている。

    3/11(水) 19:56配信スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00010013-sportes-socc

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/02/09(日) 13:49:36.47
    2014年にジョゼ・モウリーニョはペップ・グアルディオラについて次のようにコメントしている。「もし自分のしていることが好きなら、髪を失いはしないだろう。彼は剥げているからサッカーが好きではない」

    しかしグアルディオラの頭を揶揄したモウリーニョ自身が、現在突然スキンヘッドにイメチェンし、まるで別人のようになっている。

    『まさかモウリーニョ自身がサッカーを楽しんでいないということだろうか?』とメディアは憶測し、巷ではモウリーニョのニュールックについてジョークが飛び交っている。

    また類似点は髪型だけであるにもかかわらず、多くの人々がモウリーニョとペップ・グアルディオラを比較している。
    2020-02-09_14h10_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010004-sportes-socc 
    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 20:56:11.67
    これ地味に凄いよな

    2: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 20:56:55.10
    ポルトとかいうヨーロッパで見たら中堅率いて優勝

    3: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 20:57:23.15
    こんなん今後出てこんやろ

    7: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 20:59:08.41
    モウリーニョ珍テルがイタリア勢最後のCL優勝クラブだという事実

    22: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 21:02:20.09
    かっこいい
    no title

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/29(金) 22:00:18.83
    マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ジョゼ・モウリーニョ監督のプレミアリーグ帰還を歓迎した。

    2018年12月にマンチェスター・ユナイテッドの職を解かれて以降、1年近くにわたり無所属の続いたモウリーニョ監督。しかし、現在14位と低迷するトッテナムが解任したマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の後任として、名物指揮官がプレミアリーグの舞台に帰って来た。

    グアルディオラ監督がバルセロナ時代には、レアル・マドリーの指揮官として、マンチェスター・Cを率いてからはマンチェスター・Uの指揮官として戦ってきた宿敵がトッテナム指揮官に就任したことを受け、スペイン人指揮官はモウリーニョ監督がノースロンドンで再び成功を掴むだろうと感じているようだ。

    22日にチェルシー戦前の会見に臨んだグアルディオラ監督は、モウリーニョ監督の帰還に関する質問に対して「私より君たちのほうが彼のことをよく知っているだろう」と主張するも、名将がトッテナムの立て直しに成功することに太鼓判を押した。

    「彼は異なるクラブを率いて何年間もここで活躍してきた。おかえり。彼は素晴らしい監督だ。彼がトッテナムで良い仕事をすると強い確信を持っている」

    また、前任のポチェッティーノ前監督については「マウリシオは素晴らしい仕事をやり遂げた。すべての監督がタイトルの数で判断されるが、それは事実ではない。彼は在籍中にクラブを本当に良くしたと思う」と労いの言葉を送った。

    グアルディオラ監督は、23日に対戦する3位チェルシーを率いるフランク・ランパード監督についても言及。「シーズンの最初から、彼のチームは本当に良いプレーをしている。それに、若いイングランド人の監督がビッグクラブを率いて躍動することはこの国のフットボールにとって良いこと。代表チームやクラブのさらなる成長のために最善の方法だ」とコメントを残している。
    2019-11-30_00h09_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00010002-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/11/27(水) 18:19:03.38
    イングランド・プレミアリーグのトッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、オリンピアコス戦の同点弾に関与したボールボーイの少年を賞賛した。英メディア『BBC』などが現地時間の26日に報じた。

    現地時間の26日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第5節トッテナム対オリンピアコスが行われた。試合はトッテナムが4-2の逆転勝利を収めた。

    前半終了間際までオリンピアコスに2点のリードを許していたトッテナム。前半ATにデレ・アリのゴールで1点を返した。1-2で迎えた50分、トッテナムは右サイド高い位置でスローインを獲得。すると、ボールボーイがすぐさまボールをセルジュ・オーリエに渡す。オーリエは素早くスローインで再開し、ルーカス・モウラに通る。モウラはドリブルで駆け上がり、中央にグラウンダーのクロスを供給。これをハリー・ケインがダイレクトで決め、トッテナムが同点に追いついた。

    この得点の後、モウリーニョ監督はボールボーイと握手。さらに抱擁し、ボールボーイの行動を称えた。試合後のインタビューに臨んだモウリーニョ監督は「私のような賢いボールボーイが好きだ。私も少年時代は賢いボールボーイだった。あの少年は今日、賢かった。彼は試合の流れを読み、この試合の意味を理解し、重要なアシストをした」とコメントした。

    チーム一丸となって全員で奪った同点ゴールが、この試合の勝利に繋がったと言えるだろう。
    56b64b8af4de051f4939b6e53cd1e060-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00350103-footballc-socc

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/25(月) 22:11:33.74
    20日にトッテナムの新指揮官就任が決定したジョゼ・モウリーニョ氏(56)だが、同クラブで受け取るサラリーはマンチェスター・ユナイテッド時代とほぼ同額のようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

    今季ここまでの成績不振を理由にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督(47)を解任したトッテナムは、その後任に約1年の休養を経た“スペシャル・ワン”を招へい。

    ユナイテッドでの失敗によってやや評価を落とすも、未だに世界屈指の名将と評されるポルトガル人指揮官に関しては、ヨーロッパのメガクラブに加え、中国スーパーリーグや代表監督のオファーも届いていたとされている。

    そのため、トッテナムがいかにしてモウリーニョ氏を口説き落としたかに注目が集まる。モウリーニョ自身は、「このクラブが持つスカッドとアカデミーのクオリティーにも興奮させられている。彼らのような素晴らしいプレーヤーと共に働けることは、自分にとって魅力的なものだった」と、同クラブの持つ人的リソースが理由のひとつだと語っていた。

    しかし、モウリーニョ氏を魅了したのは、トッテナムのクラブレベルと高額なサラリーにあるようだ。

    『デイリー・メール』が伝えるところによれば、トッテナムは今回のモウリーニョ氏招へいに際して、ユナイテッド時代とほぼ同額と目される年俸1500万ポンド(約21億円)の3年半契約を打診していたようだ。

    この1500万ポンドに関してはポチェッティーノ前監督が受け取っていたとされる850万ポンド(約12億円)のほぼ倍額になるという。

    モウリーニョ氏の実績を考えれば、前述の金額は決して高過ぎるとは言えないが、緊縮財政を強いられた中で多くの遺産をもたらしたポチェッティーノ前監督の倍額以上をクラブが簡単に支払うとなれば、同氏へのプレッシャーは強まりそうだ。

    なお、今回のモウリーニョ氏の招へいの裏ではサッカー界屈指の代理人ピニ・ザハビ氏の働きが大きかったようだ。

    過去にロマン・アブラモビッチ氏のチェルシー買収を手引きし、2004年にモウリーニョ氏をチェルシーに連れて来たザハビ氏は、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキの代理人を務める傍ら、ブローカーとしてブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍を実現させるなど、辣腕として知られる。
    2019-11-26_00h28_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00364751-usoccer-socc

    続きを読む

    2019-11-24_00h03_43

    1: 風吹けば名無し 2019/11/23(土) 23:24:53.36
    なんなんや

    2: 風吹けば名無し 2019/11/23(土) 23:25:05.45
    危なくて草

    3: 風吹けば名無し 2019/11/23(土) 23:25:23.61

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ