海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モウリーニョ

    1: pathos ★ 2019/01/20(日) 17:10:08.98
    ジョゼ・モウリーニョ氏は、古巣マンチェスター・ユナイテッドに対して補強面でのサポートが十分ではなかったと主張した。

    2016年夏からマンチェスター・Uを指揮したモウリーニョ氏。1年目から複数のトロフィーを獲得したが、3年目となった今シーズン、シーズン前の移籍市場で希望する選手の獲得には至らず、また数名の主力との確執も報じられるなどネガティブなニュースが続き、さらに結果も残せない状況に陥ったことを受け、昨年12月中旬に解任の憂き目に遭った。

    そんな中、モウリーニョ氏はマンチェスター・U時代を振り返り、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督やリヴァプールのユルゲン・クロップ監督とは異なり、自身は十分なクラブからのサポートを受けられなかったと『beINスポーツ』で語った。

    「最初のシーズン、多くの人がマンチェスター・シティが王者になると期待していたが、グアルディオラは優勝できなかった。彼らは勝利のサイクルにすでに入っており、(ロベルト)マンチーニと(マヌエル)ペジェグリーニとともに王者になり、さらに(セルヒオ)アグエロ、(ヴァンサン)コンパニら数名の選手は2回も優勝を経験している。それに加え、ペップは1年目から2年目にかけてクラブからのサポートという大きな物を手にした」

    「彼は(パブロ)サバレタ、(バカリ)サニャ、(アレクサンダル)コラロフ、(ガエル)クリシのサイドバックを不要とした。同じ夏の移籍市場で、4人のサイドバックを放出し、4人のサイドバックを補強した。(カイル)ウォーカー、ダニーロ、(バンジャマン)メンディ、あともう1人を手にした。彼にはサポートがあった」

    「リヴァプールも、ユルゲンが来る前の選手が何人残っている?アリソン、(ビルヒル)ファン・ダイク、(アンドリュー)ロバートソン、(モハメド)サラー、(ロベルト)フィルミーノ、(サディオ)マネ、ファビーニョ、(ジョルジニオ)ワイナルドゥム、(ナビ)ケイタはいなかった」

    また、マンチェスター・Uから去ってからの生活についても言及し、将来については曖昧なコメントを残した。「この3週間は幸せだ。この間に3つのオファーをすでに断った。なぜなら私のやりたい仕事のようには感じなかった。次は挑戦を楽しめるところに行くことになるはずだ」
    2019-01-20_17h54_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000008-goal-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/19(土) 21:36:49.86
    「クラブにもよるが、選手のパワーは強くなっている。かつて(アレックス)ファーガソンは(デビッド)ベッカムが退団した時、『クラブより重要になったので、売るしかなかった』と言っていた。今やそれは存在しない。このバランスはもはやないんだ。繰り返すが、監督には監督を守る構造が必要になっている」

    「昔が良かったということではなく、そういう時代なんだ。例えば、昔は父が私に新聞を買いに行けと言えば、私は何も言わず行っていた。でも今の子供は『なぜ』と尋ねるんだ。規律の欠如ではなく、新たなメンタリティだよ」

    時代の変化が監督業をも難しくしていると説明したモウリーニョ。マンチェスター・Uでの失敗の理由の一端もそこにあったのかもしれない。
    2019-01-19_22h26_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010020-goal-socc

    続きを読む

    20181112-00103912-roupeiro-000-4-view

    1: 数の子 ★ 2019/01/18(金) 18:48:43.99
    マンチェスター・ユナイテッドでは思うような結果は残せなかったが、ジョゼ・モウリーニョはサッカー界を代表する名将だ。FCポルトでの躍進から一気に名前が売れ、チェルシー、インテル、レアル・マドリード、マンUとビッグクラブを指揮し続けてきた。

    では、その監督キャリアの中で自身が思う最強のチームはどれなのか。モウリーニョはポルトガル、イングランド、イタリア、スペインでリーグ制覇を成し遂げており、どのクラブでもタイトルの数は申し分ない。その中でモウリーニョがベストチームに挙げたのは、3冠を達成したインテルだった。

    『beIN Sport』によると、モウリーニョは「全てを勝ち取ったのだから、インテルと言わないといけないね。我々は全てを獲得した。3冠を達成し、世界最強のチームであるバルセロナも3-1で撃破し、バイエルンにも2-0で勝った。素晴らしい勝ち点数でセリエAも制したし、カップ戦も制した。10日で3つのファイナルに勝利したんだ。インテルがベストチームと言わないとね」とコメントしている。

    ディエゴ・ミリート、ウェズレイ・スナイデル、ハビエル・サネッティ、マイコンなど経験豊富な実力者を軸に、インテルはモウリーニョらしい手堅いサッカーで欧州の頂点に立った。圧倒的な堅守を誇ったジュリオ・セーザル、ルシオ、ワルテル・サムエル、そして少ないチャンスを得点に結び付けられるミリートと、あれこそモウリーニョが理想とするサッカーを実現する最高の環境だったのかもしれない。

    https://this.kiji.is/458876969418032225?c=392626039954244705&s=f

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/09(水) 22:13:48.19
    レアル・マドリーがジョゼ・モウリーニョ氏(55)の復帰に関心を示しているようだが、モウリーニョ氏は2つの条件を提示したという。英『ミラー』が報じている。

    “3年目のジンクス”通り、昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任となってしまったモウリーニョ氏。解任後、古巣ベンフィカからオファーがあり、ルイス・フィリペ・ペレイラ会長も大金を準備していたが、モウリーニョ氏はこれを拒否。オファーを断っていた。

    同紙によれば、その理由はさらなるビッグクラブからオファーがあったためだという。そのクラブは2010年5月から3年間指揮を執ったレアルだ。

    レアルは、成績不振によりフレン・ロペテギ前監督が解任され、下部組織を率いていたサンティアゴ・ソラーリ監督が昇格。当初は暫定監督だったが、11月に正式に就任することになった。しかし、思うような結果が残せず、現在はリーガ・エスパニョーラ5位につけている。

    この状況にフロレンティーノ・ペレス会長が満足していない様子。モウリーニョ氏も復帰に関心を示しているようだが、『ムンド・デポルティーボ』によると、レアル復帰に向けて2つの条件を出しているという。

    それは、補強資金がどれだけあるのかということ、最終ラインと前線の補強したいということを伝えたという。特に前線は、FWクリスティアーノ・ロナウドの放出により得点力不足が露呈。これが原因でロペテギ前監督も解任に追い込まれた。そのため、モウリーニョ氏も補強が不可欠と考えているようだ。
    2019-01-09_22h57_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-16744111-gekisaka-socc

    続きを読む

    2018-12-22_00h41_17

    1: 風吹けば名無し 2018/12/20(木) 04:29:51.43
    かなしい

    2: 風吹けば名無し 2018/12/20(木) 04:31:03.86
    どこ行くんやろか

    3: 風吹けば名無し 2018/12/20(木) 04:32:00.93
    あのインテルをCL優勝に導いただけで唯一無二の名将になったからセーフ

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/12/18(火) 19:05:29.69 _USER9
    12/18(火) 19:01配信
    SOCCER KING

    マンチェスター・Uは18日、ジョゼ・モウリーニョ監督が退任したことを発表した。

    モウリーニョ監督は2016-17シーズンからマンチェスター・Uを指揮し、同シーズンにリーグカップとヨーロッパリーグを制したが、大型補強などを敢行したものの、プレミアリーグをはじめとした他のタイトルは獲得できず。今シーズンもチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出を果たしたが、プレミアリーグでは7勝5分5敗の6位に位置し、直近のリヴァプールとのナショナルダービーでも1-3で敗戦していた。

    後任人事についてクラブは、今シーズン、チームを率いる監督を選定後、フルタイムでチームを任せる指揮官探しをすると発表している。
    2018-12-18_19h36_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00878577-soccerk-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/17(月) 20:47:37.46 _USER9
    数日前、イケル・カシージャスは「もしレアル・マドリーでモウリーニョと過ごした状況が繰り返されたとすれば、今ならポルトガル人指揮官に立ち向かっていただろう」と発言した。

    それに対してモウリーニョは『Record』紙のインタビューで辛辣な形でその発言に反応した。

    「このインタビューはキャリアを終える人物のもののようだ。彼が私について話した事に関して、彼が私に一度も立ち向かわなかったというのは真実ではない。彼はこっそりと私に立ち向かっていたよ」

    それに対して、カシージャスはモウリーニョの名を挙げる事はなかったが、彼に向けたものと推察する事ができる以下のツイートを投稿し、モウリーニョとの関係性が未だ修復していない事を示した。

    「とあるポルトガル紙によると、誰かが(37歳の)私のような選手はキャリアの終わりにいると言ったそうだ。完全に同意見だ!その意見に対し問いたい。監督の場合、いつ、どのタイミングでチームを率いる?もしくは指揮する事が出来なくなったと判断されるのか?」とベテランGKはコメントを残している。
    2018-12-17_22h18_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010014-sportes-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/27(火) 16:31:31.35 _USER9
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今夏のJリーグ移籍後も、ピッチで見せるビッグプレーが故郷スペインをはじめとした世界各国で注目を集めている。

    そんななかで、スペインのテレビ局「ラ・セクスタ」がイニエスタのインタビューを敢行。全国紙「マルカ」によると、バルセロナ時代、永遠の宿敵レアル・マドリード勢とスペイン代表で“亀裂危機”にあったと明かしている。その張本人とは――。

    イニエスタらが主力時のスペイン代表は、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)制覇に欧州選手権2008、2012連覇など正真正銘の「無敵艦隊」として世界に君臨した。ただその時期、常に一枚岩だったわけではないようだ。「皆さんはバルセロナとレアル・マドリードが快くない状況であったことを知る必要はないんだけど」と切り出したイニエスタは、このように続けた。

    「その鍵となる要素はモウリーニョだったんだ」

    優勝請負人としてカリスマ指揮官となったジョゼ・モウリーニョがレアルの監督に就任したのは2010年夏のこと。当時ペップ・グアルディオラ監督の下で完成の域を迎えつつあったバルサのポゼッションサッカーに、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長が対抗するため、規律と闘争心、ショートカウンターで仕留めるポルトガル人指揮官を招聘した。

    実際、レアルは2011-12シーズンのリーガ優勝など競争力を取り戻した一方、当時助監督だったティト・ビラノバ助監督(故人)にモウリーニョ監督が“目つぶし”をするなど、バルサとのクラシコは荒れる展開となった。その当時のことについてイニエスタはこう回想する。

    「バルサとマドリー間の緊張感は、代表チームと同僚の間にも大きなダメージを与えた」

    「誰もがそれを理解できないほど、急進的だったんだ。人々はそれ以前までに常にあったライバル性ではなく、“憎悪”の感情を見たんだ」

    そしてイニエスタは、これがラ・ロハ(スペイン代表の愛称)にも悪影響を及ぼしていたと話している。

    「その雰囲気が渦巻くことで、耐えがたいものとなったんだ。モウリーニョが引き起こしたバルサとマドリー間の緊張感は、代表チームとチームメイトの間にも大きなダメージを与えたのだから」

    結果的に欧州選手権2012を制したものの、暗い影を起こしていた。テクニックとともに連係プレーを何より大事にするイニエスタだからこそ、この期間の葛藤は大きかったのだろう。
    2018-11-27_20h11_12
    11/27(火) 14:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00150407-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/26(金) 01:20:35.59 ID:CAP_USER9.net
    強さを認めつつも守備重視の戦術は「好きになれない」と告白



    元スペイン代表の司令塔MFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)が、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督のスタイルについて言及。「批判しているわけではないが…」と前置きしたうえで、「私はあのフットボールを楽しめない」と語った

    モウリーニョ監督率いるチームは、これまで欧州各国で成功を収めてきた。ポルトでUEFAカップとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制し、インテルではセリエA、CL、コッパ・イタリアの3冠をイタリアのクラブとして初めて成し遂げた。チェルシーやレアル・マドリードでも数々のタイトルを獲得し、モウリーニョ監督は現代サッカーの最高の監督の一人に数えられる。

    そんな名将のスタイルに異を唱えるのは、元バルセロナのシャビだ。モウリーニョ監督のチームと何度も対戦経験がある司令塔は、「モウリーニョは非常にディフェンシブな監督だ。彼のインテルとの対戦は簡単じゃなかった」とその強さを認めつつも、守備を重視する戦術は好きになれないと伊紙「コリエレ・デロ・スポルト」に対して明かした。

    「あれは彼のスタイルで、チェルシーやレアル・マドリードでもそうだった。彼はディテールにこだわり、ギャップをなくし、相手にスペースを与えなかった。私はそれとは違ったフットボールが好みだ。批判しているわけではないが、私はあのフットボールは楽しめないし、自分のチームではああいった振る舞いをすることはないだろう」

    今季限りで引退し、指導者への転身を明言しているシャビ。バルサで一時代を築いたレジェンドがどのようなチームを作るのかは見ものだが、モウリーニョ監督とは全く異なるアプローチを取ることは間違いなさそうだ。
    「あのフットボールは楽しめない」

    10/25(木) 17:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00143354-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/10/04(木) 12:16:53.77 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めるDFアントニオ・バレンシアは、SNS上でジョゼ・モウリーニョ監督の解任を望んでいるかのような動きを見せたことについて釈明し、謝罪を行った。英メディア『BBC』などが伝えている。

    ユナイテッドは現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグの試合でスペインのバレンシアと対戦し、ホームで0-0のドローに終わった。公式戦4試合連続で白星を逃し、モウリーニョ監督が解任される可能性も取りざたされている。

    そういった状況の中、バレンシアはインスタグラムの自身のアカウントで、あるユーザーの投稿に対して「いいね」を押した。その投稿はバレンシアの写真にコメントが添えられたものであり、コメントは「モウリーニョは去るべき時だ」という言葉で締めくくられていた。

    ユナイテッド主将がモウリーニョ解任論を支持したように見える形となったが、その後バレンシアはツイッターで説明。「写真に添えられた文を読まずにいいねをしてしまった」と述べている。

    「僕の意見ではない。このことについて謝罪したい。僕は監督とチームメートたちを全面的に支持している。全員が結果を改善するために全力を尽くしている」とバレンシアは述べ、指揮官をサポートする姿勢を明確にしている。
    20180720_valencia_getty
    https://www.footballchannel.jp/2018/10/03/post291672/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ