海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モウリーニョ

    1: pathos ★ 2019/03/12(火) 16:00:29.98
    レアル・マドリードは11日、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任とジネディーヌ・ジダン氏の指揮官就任を発表。新監督候補として取り沙汰されていたジョゼ・モウリーニョ氏の復帰が実現しなかったことについて、同クラブで2009年まで会長を務めていたラモン・カルデロン氏が見解を示した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に報じている。

    報道によると、カルデロン氏は「ドレッシングルームのリーダーたちが、モウリーニョが就任することを拒んだんだ。彼は(2013年に)多くの問題を抱えながら(レアル・マドリードを)去った。彼が戻ってきた場合、新たな問題も生じることになるだろう」とコメント。2012-13シーズン終了後に退任した際の状況を振り返りつつ、モウリーニョ氏の復帰が実現しなかった理由を推測している。

    「彼は多くのタイトルを獲得している、素晴らしい指導者だ。しかし、ドレッシングルームの多くのリーダーたちは彼のことを好んではいなかった。それが今回の決定において、重要な意味を持っていたのだと私は思っているよ」
    2019-03-12_17h39_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00916723-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/10(日) 11:46:02.67
    ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリの解任後にレアル・マドリーの新監督に就任する可能性がある。メディア『Soy madridista』によれば、モウリーニョは4名の主力選手の放出を条件に、マドリーの指揮を執ることに同意したという。

    4名の選手とはセルヒオ・ラモス、マルセロ、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルである。6月30日までにマドリーがこれらの選手を売却することをモウリーニョは要求している。同メディアによれば会長はこの要求を受け入れる準備があるという。

    コパ・デル・レイとUEFAチャンピオンズリーグで敗退し、リーガでの優勝のチャンスも期待薄なマドリーは現在必死に次期監督を探しているが、現在のところモウリーニョは唯一の候補である。

    3/10(日) 8:40配信 スポルト
    2019-03-10_12h53_08
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010003-sportes-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/07(木) 23:43:06.28
    リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーがジョゼ・モウリーニョ氏の指揮官復帰を検討していると英メディア『テレグラフ』が現地時間の6日に報じた。

    モウリーニョ氏は2008年から2010年までイタリアのインテルで指揮を執った後、2010年にマドリー指揮官に就任。2013年までマドリーで指揮を執った。その後、再びチェルシー指揮官に就任するも2015年に成績不振で解任され、2016年から2018年12月までマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を務めた。

    現在はフリーとなっているモウリーニョ氏に現地時間の5日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント一回戦で敗退となったマドリー指揮官復帰の噂が浮上した。

    同メディアによると、「モウリーニョ氏は監督就任オファーを受け取るだろう。クラブが彼を復帰させる可能性はほぼ100%だ」と報じている。

    だが、モウリーニョ氏はスペインのTV番組『エル・チリンギート』のインタビューで「私とレアルとの間でまだ何も起きていない。少しのコンタクトもない。会長とも選手たちとも話をしていない。あなたが言うように噂に過ぎない。でも、サッカー界での噂は良いものではない」とマドリーからの接触はないと否定している。

    マドリーのサポーターはアヤックス戦後にスタジアムの外で”モウリーニョ”コールをしたと伝えられていて、サポーターは復帰を熱望していると言われているが、モウリーニョ氏の指揮官就任は現実のものとなるのだろうか

    3/7(木) 22:00配信
    56b64b8af4de051f4939b6e53cd1e060-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190307-00312213-footballc-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/20(日) 17:10:08.98
    ジョゼ・モウリーニョ氏は、古巣マンチェスター・ユナイテッドに対して補強面でのサポートが十分ではなかったと主張した。

    2016年夏からマンチェスター・Uを指揮したモウリーニョ氏。1年目から複数のトロフィーを獲得したが、3年目となった今シーズン、シーズン前の移籍市場で希望する選手の獲得には至らず、また数名の主力との確執も報じられるなどネガティブなニュースが続き、さらに結果も残せない状況に陥ったことを受け、昨年12月中旬に解任の憂き目に遭った。

    そんな中、モウリーニョ氏はマンチェスター・U時代を振り返り、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督やリヴァプールのユルゲン・クロップ監督とは異なり、自身は十分なクラブからのサポートを受けられなかったと『beINスポーツ』で語った。

    「最初のシーズン、多くの人がマンチェスター・シティが王者になると期待していたが、グアルディオラは優勝できなかった。彼らは勝利のサイクルにすでに入っており、(ロベルト)マンチーニと(マヌエル)ペジェグリーニとともに王者になり、さらに(セルヒオ)アグエロ、(ヴァンサン)コンパニら数名の選手は2回も優勝を経験している。それに加え、ペップは1年目から2年目にかけてクラブからのサポートという大きな物を手にした」

    「彼は(パブロ)サバレタ、(バカリ)サニャ、(アレクサンダル)コラロフ、(ガエル)クリシのサイドバックを不要とした。同じ夏の移籍市場で、4人のサイドバックを放出し、4人のサイドバックを補強した。(カイル)ウォーカー、ダニーロ、(バンジャマン)メンディ、あともう1人を手にした。彼にはサポートがあった」

    「リヴァプールも、ユルゲンが来る前の選手が何人残っている?アリソン、(ビルヒル)ファン・ダイク、(アンドリュー)ロバートソン、(モハメド)サラー、(ロベルト)フィルミーノ、(サディオ)マネ、ファビーニョ、(ジョルジニオ)ワイナルドゥム、(ナビ)ケイタはいなかった」

    また、マンチェスター・Uから去ってからの生活についても言及し、将来については曖昧なコメントを残した。「この3週間は幸せだ。この間に3つのオファーをすでに断った。なぜなら私のやりたい仕事のようには感じなかった。次は挑戦を楽しめるところに行くことになるはずだ」
    2019-01-20_17h54_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000008-goal-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/19(土) 21:36:49.86
    「クラブにもよるが、選手のパワーは強くなっている。かつて(アレックス)ファーガソンは(デビッド)ベッカムが退団した時、『クラブより重要になったので、売るしかなかった』と言っていた。今やそれは存在しない。このバランスはもはやないんだ。繰り返すが、監督には監督を守る構造が必要になっている」

    「昔が良かったということではなく、そういう時代なんだ。例えば、昔は父が私に新聞を買いに行けと言えば、私は何も言わず行っていた。でも今の子供は『なぜ』と尋ねるんだ。規律の欠如ではなく、新たなメンタリティだよ」

    時代の変化が監督業をも難しくしていると説明したモウリーニョ。マンチェスター・Uでの失敗の理由の一端もそこにあったのかもしれない。
    2019-01-19_22h26_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010020-goal-socc

    続きを読む

    20181112-00103912-roupeiro-000-4-view

    1: 数の子 ★ 2019/01/18(金) 18:48:43.99
    マンチェスター・ユナイテッドでは思うような結果は残せなかったが、ジョゼ・モウリーニョはサッカー界を代表する名将だ。FCポルトでの躍進から一気に名前が売れ、チェルシー、インテル、レアル・マドリード、マンUとビッグクラブを指揮し続けてきた。

    では、その監督キャリアの中で自身が思う最強のチームはどれなのか。モウリーニョはポルトガル、イングランド、イタリア、スペインでリーグ制覇を成し遂げており、どのクラブでもタイトルの数は申し分ない。その中でモウリーニョがベストチームに挙げたのは、3冠を達成したインテルだった。

    『beIN Sport』によると、モウリーニョは「全てを勝ち取ったのだから、インテルと言わないといけないね。我々は全てを獲得した。3冠を達成し、世界最強のチームであるバルセロナも3-1で撃破し、バイエルンにも2-0で勝った。素晴らしい勝ち点数でセリエAも制したし、カップ戦も制した。10日で3つのファイナルに勝利したんだ。インテルがベストチームと言わないとね」とコメントしている。

    ディエゴ・ミリート、ウェズレイ・スナイデル、ハビエル・サネッティ、マイコンなど経験豊富な実力者を軸に、インテルはモウリーニョらしい手堅いサッカーで欧州の頂点に立った。圧倒的な堅守を誇ったジュリオ・セーザル、ルシオ、ワルテル・サムエル、そして少ないチャンスを得点に結び付けられるミリートと、あれこそモウリーニョが理想とするサッカーを実現する最高の環境だったのかもしれない。

    https://this.kiji.is/458876969418032225?c=392626039954244705&s=f

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/09(水) 22:13:48.19
    レアル・マドリーがジョゼ・モウリーニョ氏(55)の復帰に関心を示しているようだが、モウリーニョ氏は2つの条件を提示したという。英『ミラー』が報じている。

    “3年目のジンクス”通り、昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任となってしまったモウリーニョ氏。解任後、古巣ベンフィカからオファーがあり、ルイス・フィリペ・ペレイラ会長も大金を準備していたが、モウリーニョ氏はこれを拒否。オファーを断っていた。

    同紙によれば、その理由はさらなるビッグクラブからオファーがあったためだという。そのクラブは2010年5月から3年間指揮を執ったレアルだ。

    レアルは、成績不振によりフレン・ロペテギ前監督が解任され、下部組織を率いていたサンティアゴ・ソラーリ監督が昇格。当初は暫定監督だったが、11月に正式に就任することになった。しかし、思うような結果が残せず、現在はリーガ・エスパニョーラ5位につけている。

    この状況にフロレンティーノ・ペレス会長が満足していない様子。モウリーニョ氏も復帰に関心を示しているようだが、『ムンド・デポルティーボ』によると、レアル復帰に向けて2つの条件を出しているという。

    それは、補強資金がどれだけあるのかということ、最終ラインと前線の補強したいということを伝えたという。特に前線は、FWクリスティアーノ・ロナウドの放出により得点力不足が露呈。これが原因でロペテギ前監督も解任に追い込まれた。そのため、モウリーニョ氏も補強が不可欠と考えているようだ。
    2019-01-09_22h57_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-16744111-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/12/18(火) 19:05:29.69 _USER9
    12/18(火) 19:01配信
    SOCCER KING

    マンチェスター・Uは18日、ジョゼ・モウリーニョ監督が退任したことを発表した。

    モウリーニョ監督は2016-17シーズンからマンチェスター・Uを指揮し、同シーズンにリーグカップとヨーロッパリーグを制したが、大型補強などを敢行したものの、プレミアリーグをはじめとした他のタイトルは獲得できず。今シーズンもチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出を果たしたが、プレミアリーグでは7勝5分5敗の6位に位置し、直近のリヴァプールとのナショナルダービーでも1-3で敗戦していた。

    後任人事についてクラブは、今シーズン、チームを率いる監督を選定後、フルタイムでチームを任せる指揮官探しをすると発表している。
    2018-12-18_19h36_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00878577-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ