海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モウリーニョ

    1: Egg ★ 2018/11/27(火) 16:31:31.35 _USER9
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今夏のJリーグ移籍後も、ピッチで見せるビッグプレーが故郷スペインをはじめとした世界各国で注目を集めている。

    そんななかで、スペインのテレビ局「ラ・セクスタ」がイニエスタのインタビューを敢行。全国紙「マルカ」によると、バルセロナ時代、永遠の宿敵レアル・マドリード勢とスペイン代表で“亀裂危機”にあったと明かしている。その張本人とは――。

    イニエスタらが主力時のスペイン代表は、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)制覇に欧州選手権2008、2012連覇など正真正銘の「無敵艦隊」として世界に君臨した。ただその時期、常に一枚岩だったわけではないようだ。「皆さんはバルセロナとレアル・マドリードが快くない状況であったことを知る必要はないんだけど」と切り出したイニエスタは、このように続けた。

    「その鍵となる要素はモウリーニョだったんだ」

    優勝請負人としてカリスマ指揮官となったジョゼ・モウリーニョがレアルの監督に就任したのは2010年夏のこと。当時ペップ・グアルディオラ監督の下で完成の域を迎えつつあったバルサのポゼッションサッカーに、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長が対抗するため、規律と闘争心、ショートカウンターで仕留めるポルトガル人指揮官を招聘した。

    実際、レアルは2011-12シーズンのリーガ優勝など競争力を取り戻した一方、当時助監督だったティト・ビラノバ助監督(故人)にモウリーニョ監督が“目つぶし”をするなど、バルサとのクラシコは荒れる展開となった。その当時のことについてイニエスタはこう回想する。

    「バルサとマドリー間の緊張感は、代表チームと同僚の間にも大きなダメージを与えた」

    「誰もがそれを理解できないほど、急進的だったんだ。人々はそれ以前までに常にあったライバル性ではなく、“憎悪”の感情を見たんだ」

    そしてイニエスタは、これがラ・ロハ(スペイン代表の愛称)にも悪影響を及ぼしていたと話している。

    「その雰囲気が渦巻くことで、耐えがたいものとなったんだ。モウリーニョが引き起こしたバルサとマドリー間の緊張感は、代表チームとチームメイトの間にも大きなダメージを与えたのだから」

    結果的に欧州選手権2012を制したものの、暗い影を起こしていた。テクニックとともに連係プレーを何より大事にするイニエスタだからこそ、この期間の葛藤は大きかったのだろう。
    2018-11-27_20h11_12
    11/27(火) 14:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00150407-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/26(金) 01:20:35.59 ID:CAP_USER9.net
    強さを認めつつも守備重視の戦術は「好きになれない」と告白



    元スペイン代表の司令塔MFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)が、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督のスタイルについて言及。「批判しているわけではないが…」と前置きしたうえで、「私はあのフットボールを楽しめない」と語った

    モウリーニョ監督率いるチームは、これまで欧州各国で成功を収めてきた。ポルトでUEFAカップとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制し、インテルではセリエA、CL、コッパ・イタリアの3冠をイタリアのクラブとして初めて成し遂げた。チェルシーやレアル・マドリードでも数々のタイトルを獲得し、モウリーニョ監督は現代サッカーの最高の監督の一人に数えられる。

    そんな名将のスタイルに異を唱えるのは、元バルセロナのシャビだ。モウリーニョ監督のチームと何度も対戦経験がある司令塔は、「モウリーニョは非常にディフェンシブな監督だ。彼のインテルとの対戦は簡単じゃなかった」とその強さを認めつつも、守備を重視する戦術は好きになれないと伊紙「コリエレ・デロ・スポルト」に対して明かした。

    「あれは彼のスタイルで、チェルシーやレアル・マドリードでもそうだった。彼はディテールにこだわり、ギャップをなくし、相手にスペースを与えなかった。私はそれとは違ったフットボールが好みだ。批判しているわけではないが、私はあのフットボールは楽しめないし、自分のチームではああいった振る舞いをすることはないだろう」

    今季限りで引退し、指導者への転身を明言しているシャビ。バルサで一時代を築いたレジェンドがどのようなチームを作るのかは見ものだが、モウリーニョ監督とは全く異なるアプローチを取ることは間違いなさそうだ。
    「あのフットボールは楽しめない」

    10/25(木) 17:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00143354-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/10/04(木) 12:16:53.77 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めるDFアントニオ・バレンシアは、SNS上でジョゼ・モウリーニョ監督の解任を望んでいるかのような動きを見せたことについて釈明し、謝罪を行った。英メディア『BBC』などが伝えている。

    ユナイテッドは現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグの試合でスペインのバレンシアと対戦し、ホームで0-0のドローに終わった。公式戦4試合連続で白星を逃し、モウリーニョ監督が解任される可能性も取りざたされている。

    そういった状況の中、バレンシアはインスタグラムの自身のアカウントで、あるユーザーの投稿に対して「いいね」を押した。その投稿はバレンシアの写真にコメントが添えられたものであり、コメントは「モウリーニョは去るべき時だ」という言葉で締めくくられていた。

    ユナイテッド主将がモウリーニョ解任論を支持したように見える形となったが、その後バレンシアはツイッターで説明。「写真に添えられた文を読まずにいいねをしてしまった」と述べている。

    「僕の意見ではない。このことについて謝罪したい。僕は監督とチームメートたちを全面的に支持している。全員が結果を改善するために全力を尽くしている」とバレンシアは述べ、指揮官をサポートする姿勢を明確にしている。
    20180720_valencia_getty
    https://www.footballchannel.jp/2018/10/03/post291672/
    続きを読む


    GettyImages-1044738724

    1:アルテミス@ ★:2018/10/03(水) 18:13:54.63 ID:CAP_USER9.net
    欧州CL・1次リーグH組、マンチェスター・ユナイテッド0-0バレンシア」(2日、マンチェスター)

    解任の危機が伝えられるイングランド1部リーグ、マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督は、またもや勝利をものにすることができなかった。

    地元メディアによると、マンチェスター・ユナイテッドのバスは交通渋滞に巻き込まれ、スタジアムへの到着が遅れて試合は7、8分遅れでキックオフとなった。「警官がバスを護衛してくれず到着までに75分かかった」と同監督はおかんむりだ。

    また、モウリーニョ監督は「言葉で表すには難しい。だが私を批判する動機は十分にあるだろう。今日は勝つためにいくつかチャンスも作ったのだが、スコアは真っ当だ」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000081-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 12:54:06.49 ID:CAP_USER9.net
    写真



    マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、解任の可能性が高まっている。英『デイリー・メール』が伝えた。

    ユナイテッドは現地時間29日、プレミアリーグ第7節のウェスト・ハム戦を1-3で落とした。これで首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は9となっている。ミッドウィークに行われたカップ戦ではダービーカウンティにPK戦で敗れており、指揮官が選手たちと良好な関係を築けていない様子だ。

    ロンドンでの試合を終えたあと、チームは電車でマンチェスターに戻った。だが、その中にモウリーニョ監督の姿がなく、ロンドンにとどまった模様だと記事は伝えている。

    元ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は『BTスポーツ』の中で、「ユナイテッドは大きな決断を下したかもしれない。エド・ウッドワード(ユナイテッドCEO)のような上層部たちが話しているところだと思う」と語った。

    ユナイテッドが危機的状況にあることは明らか。上層部はどういった話をしているのだろうか

    9/30(日) 7:53 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291220-footballc-socc

    現役時代にニューカッスルなどで活躍した元イングランド代表のアラン・シアラー氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任されると予想した。英『インディペンデント』が伝えている。

    ユナイテッドは29日のプレミアリーグ第7節でウェスト・ハムに敗れた。モウリーニョ監督は今週、MFポール・ポグバとの関係悪化が大きく取り上げられ、チームを掌握できていないのではないかとの声が高まっている。

    『BBC』の解説を務めるシアラー氏は、「モウリーニョは仕事を失うと思う」とコメント。「彼がこの状況を好転させるとは考えにくい。最初から最後まで可能性が感じられず、あまりに遅い。無気力で非常に弱かった」と酷評した。

    『BTスポーツ』では、元ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏が「大きな決断を下したかもしれない」と発言。元選手たちは、ユナイテッドの現状にただならぬ雰囲気を感じている様子だ。

    9/30(日) 8:23 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291224-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/28(金) 21:05:54.83 ID:CAP_USER9.net
    モウリーニョとポグバの不和をきっかけに起きた内部分裂



    指揮官と司令塔の軋轢によって、マンチェスター・ユナイテッドに暗雲が立ち込めている――。

    今シーズンに5年ぶりのプレミアリーグ制覇を懸けているユナイテッドだが、そのチーム状態が芳しくない。きっかけとなったのが、就任3年目を迎えた指揮官ジョゼ・モウリーニョとチームの“メインキャスト”であるフランス代表MFのポール・ポグバの関係悪化だ。

    以前から“不仲”が噂されてきた両者だが、現地9月26日に、英衛星放送『Sky Sports』が、練習場で何事かを話し合った末に睨み合うという、一触即発の緊張感が漂う様子をカメラに収めたことで、その亀裂がもはや修復不可能なところにまで来ていると憶測を呼んでいる。

    ついには、チームそのものが内部分裂の危機に瀕していることも伝えられた。英紙『Mirror』を始めとする複数の国内メディアが一斉に報道したのだ。

    『Mirror』によれば、一連の騒動により、ユナイテッドには、モウリーニョに対立する派閥が生まれており、ポグバを中心にアントニー・マルシアル、エリック・バイリーなどのフランス語圏の選手、さらに若手注目株のマーカス・ラッシュフォードやルーク・ショーも指揮官に対して反旗を翻しているという。

    一方、モウリーニョを支持するグループも存在するようで、アシュリー・ヤングやネマニャ・マティッチを中心に、チームキャプテンのアントニオ・バレンシアやマルアン・フェライニなどの中堅・ベテラン勢が占めており、同紙は「自己中心的な振る舞いの目立つポグバと距離を置いている」と綴っている。

    ここで気になるのは、チームの頼れる点取り屋で、「ドレッシングルームの中心人物(Mirror紙)」であるロメル・ルカクがどちらについているのか、だ。『Mirror』によれば、一緒にオフを過ごすなどポグバと友人関係にあったベルギー代表FWだが、ここ最近は距離をおいており、モウリーニョ支持派に回っているようだ。

    ライバルのリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティらが順調なスタートを切った一方で、ピッチの内外で混沌とした状況が続いているユナイテッド。現状を打破すべく、クラブ首脳はいかなる策を講じるのか? もはや看過できるレベルではないはずだが……。

    9/28(金) 19:27サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00047904-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/09/04(火) 22:44:01.40 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョは、プレミアリーグ第4節バーンリー戦(マンチェスター・Uが2-0で勝利)の終了後、イタリア人記者のインタビューに対し、冗談を交えつつ答えた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』および『レプブリカ』が3日、報じている。

    今シーズン、開幕戦こそ勝利したものの、2連敗を喫し、解任危機が囁かれていたモウリーニョだが、2日のバーンリー戦で3試合ぶりの勝利を手にした。だがキックオフ前には、CEOのエド・ウッドワード氏を批判する横断幕を掲げた飛行機が上空に姿を現したが、モウリーニョは気にも留めなかった様子だ。

    「飛行機は見なかった。空を見上げて助けを求めることはよくあるが、ピッチを見ていたのでね。今日は2-0で勝った。ウッドワードを含め全員の勝利だ」

    インテル時代から指揮官を知る記者から、飛行機を手配した本人ではないかと冗談ながらも疑われると思わず吹き出して、「いや。私にそんなことができればね…」と続けた。また心配されている解任危機については、1500万ポンド(約21億円)の年俸を盾に可能性を一蹴した。

    「私が(解任)危機だというが、まさかね。もし私を追い出したら、どれほどの金額を支払わなければならないか分かっているのかね?(笑)」

    ■CL優勝を狙うユーヴェに警告

    “スペシャル・ワン”が率いるマンチェスター・Uは、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでFWクリスティアーノ・ロナウドを擁するユヴェントスと対戦することが決定している。モウリーニョはユーヴェが偉大なクラブであることを認める一方、自身の手腕に自信を見せた。

    「彼らは隠すことをしない。2度にわたり決勝で敗れており、今夏はクリスティアーノ、エムレ・ジャン、(レオナルド)ボヌッチのようなトップ選手を獲得し、CL優勝への貪欲さを見せた。偉大なクラブだが、私のチームとの対戦は難しいだろうね。昨夏、クリスティアーノ獲得を私が拒否した? 事実ではない」

    またモウリーニョはアレックス・ファーガソンやアーセン・ヴェンゲルのように通算1000試合を達成するつもりはないと明かしている。また来年1月に56歳を迎えるポルトガル人指揮官は、最後にジョークを付け加えた。

    「私が1000試合に到達することはない。遅かれ早かれすべてを放りだして、(母国ポルトガルの)アルガルヴェで隠居するつもりだ。55歳頃かな」
    2018-09-04_23h43_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00010004-goal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/09/01(土) 19:22:25.59 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に対し、元イングランド代表のスティーブ・マクマホン氏が辛辣に評価している。英『スカイスポーツ』が伝えた。

    プレミアリーグ開幕から3試合で2敗を喫するなど、難しいスタートとなったマンチェスター・U。指揮を執るモウリーニョ監督には批判が相次いでおり、解任の可能性も浮上するなど、指揮官にとっても苦しい立ち上がりとなっている。

    この状況にいらだちを見せるポルトガル人指揮官は、トッテナム戦(0-3)後の会見で「リスペクト!」と連呼しながら退席。また2日のバーンリー戦前会見では「私は世界最高の監督の1人」と自ら話し、過去のタイトル数を誇示するなど、落ち着かない状況となっている。

    そんなモウリーニョ監督に対し、かつてリヴァプールやマンチェスター・シティで活躍したマクマホン氏が苦言を呈している。

    「彼が最初にプレミアリーグに来た時は素晴らしかったし、成功も収めた。だが、突然すべてが彼にまつわることになった」

    「過去10日間の会見はすべて『私、私、私』だ。これはクロップやグアルディオラ、ポチェッティーノらからくる不安やプレッシャーの最初の兆候だ。彼は圧力に耐えられない」

    そして、「彼は最高の監督ではない」と厳しい評価を下している。

    「明らかに今は最高の監督ではない。(現在は)グアルディオラやクロップだろう。クロップは今のマンチェスター・Uを指揮できるか? 100%できる。モウリーニョはリヴァプールを指揮できるか? 100万年は無理だろう」

    厳しい状況に追い込まれているモウリーニョ監督だが、バーンリー戦で勝利を取り戻し、周囲の雑音を掻き消せるだろうか。

    GOAL
    2018-09-01_22h33_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000011-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/29(水) 07:56:09.89 ID:CAP_USER9.net
    「リスペクト、リスペクト、リスペクト」

    ホームでトッテナムに0-3という厳しい敗北を喫した後、モウリーニョは記者会見でジャーナリスト達にこのように要求したが、彼にとって今シーズンは苦難のスタートとなっている。

    ケインの1ゴールとルーカス・モウラの2ゴールはマンチェスターでモウリーニョが過ごす苦境をさらに煽る事となった。

    モウリーニョは記者会見でジャーナリスト達を相手に自身の3度のプレミアリーグ制覇を引き合いに出しながら、再びかんしゃくの一面を示した。

    激怒したモウリーニョが記者会見で「リスペクト、リスペクト、リスペクト」

    27日(月)、モウリーニョは4つのリーグ(ポルトガル、イタリア、スペイン、イングランド)で監督を務めてきた18年間のキャリアの中でも最低の数字を記録した。

    プレミアリーグは開幕したばかりとはいえ、ユナイテッドの成績は期待されていたものにはなっていない。

    レッド・デビルズは開幕節のレスター戦に勝利した後、ブライトンとスパーズに2連敗を喫している。

    モウが彼の監督キャリアにおいて最初の3試合で2敗を喫するのは初めての事である。

    サー・アレックス・ファーガソンが赤のベンチから身を引いて以降、レッド・デビルズを率いた監督達はサポーター達に期待を抱かせることすらできずにいる。スパーズ戦の敗北はプレミアリーグの創設(1992)以降、ユナイテッドがホームで喫した通算50敗目を意味した。

    その内の16敗(32%)はファーガソンの退任以降のデイビッド・モイーズ、ルイ・ファン・ハール、モウリーニョの時代に記録されたものである。

    (文:SPORT)

    8/29(水) 7:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010000-sportes-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/22(水) 14:05:59.61 ID:CAP_USER9.net
    ジョゼ・モウリーニョ監督に代わるマンチェスター・ユナイテッドの監督には元レアル・マドリーの指揮官ジネディーヌ・ジダンこそふさわしいと、同クラブのレジェンドであるリー・シャープ氏が語った。スペイン『メトロ』が伝えている。

    シャープ氏はジダンであればまちがいなくユナイテッドで成功すると太鼓判を押している。モウリーニョは2016年にユナイテッドに就任し、1月にクラブと契約延長を行ったが、今後については不透明な状況。シャープ氏は『トーク・スポーツ』に「理想的な監督候補はジダンだと思う」と語った。

    「彼は最高峰の舞台でのプレー経験も監督経験もあるし、どちらも成功している。あれぐらい大きな規模のクラブのプレッシャーにも、うまく対処できるはずだ。彼はそれだけのビッグネームだよ。彼を離島的と思う理由はそこにある」

    モウリーニョはエド・ウッドワードCEOとの間に問題を抱えている。19日に行われたプレミアリーグ第2節ではブライトンに2-3で敗れ、今季初黒星。早くも批判が高まる中、元リバプールのジェイミー・キャラガー氏は「このパフォーマンスが続けばモウリーニョは来季、ユナイテッドの監督ではないと思う。今シーズンのどこかでそうなるかもしれない」と予想している。

    シャープ氏も「モウリーニョは再びトライアル期間に入った。彼はユナイテッドに来てからハッピーになったことがない。小耳に挟んだんだが、モウリーニョは試合前にあまり指示を出さないようだ。彼はただ使う背手を選んで、あとはがんばれと言うだけ」と、モウリーニョの姿勢に疑問を投げかけている。

    「夏の移籍市場で、彼のほしい選手が手に入らなかったように見える。それで少し彼はすねてしまった。彼はただ選手にまかせているだけ。今いる選手たちを励ますのではなく、現状の戦力に不満を言うのがチームのためになるとは思わない」

    8/22(水) 12:48配信 ゲキサカ
    2018-08-22_18h39_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-01699564-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ