海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モウリーニョ

    1:ほニーテール ★:2018/08/08(水) 01:18:15.20 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッド内の雰囲気はシーズン開幕にふさわしいものではないようだ。レッド・デビルズは今週金曜日、オールド・トラフォードにレスター・シティを迎える。プレミアリーグ2018/19開幕節を目前にしてジョゼ・モウリーニョは今夏の補強に全く満足していない状況が続いている。

    マンUがボアテング獲得を狙う、移籍金は約64億円

    モウリーニョは最近のインタビューで今夏中に新たな補強が行われない場合、厳しいシーズンになると指摘した。「我々と競うクラブは本当に強敵揃いだ。チェルシー、トッテナム、マンチェスター・シティなどのビッグクラブがいて、リヴァプールのように巨額投資を行っているクラブがいる。もし我々のチームを改善できなければ、我々にとって困難なシーズンになるだろう。」

    これを見るとマンチェスター・ユナイテッドは補強を行っていないように思われるが、今回の移籍市場では既に8,270万ユーロ(約106億円)を投資してフレッジ(5900万:約76億円)、ダロト(2,200万:約28億3,600万円)、グラント(170万:約2億2000万円)を獲得している。しかし、これでは十分ではないと考えるモウリーニョはこのように語っている。「CEOは私が望むものをかなり前から知っている。彼が私に最善のものを提供しようと試みている事は理解している。まだ私はこれから起こる事を待つために数日間有している。」

    今夏のここまでの補強の投資額8,270万ユーロ(約106億円)を別にして、マンチェスター・ユナイテッドは最近5年間で補強に合計7億7700万ユーロ(約1000億円)を費やしている。それでも満足しないモウリーニョのためにクラブが閉幕まで残り2日を切ったプレミアの移籍市場でどのような動きを見せるのか注目しよう。
    2018-08-08_07h34_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00010017-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/07(木) 12:18:13.31 ID:CAP_USER9.net
    『オムニスポーツ』の企画で、モウリーニョ監督は決勝トーナメントに出場する16チームを予想。当初、同指揮官は「とても難しい。感情的になってはならない。私の選手のことを考えると本当にタフだ」としながらも短時間でグループA~Hまでの突破国を選んだ。

    まず、グループAで、1位予想に挙げたのはウルグアイ。次いで開催国ロシアを2位に予想したモウリーニョ監督は「ウルグアイは経験もタレントも豊富」と評価し、ロシアに対しては「エジプト戦が重要な一戦となる」と話した。続いてグループBは、1位にスペイン、2位に母国ポルトガルを推した。

    グループCの1位通過はフランスで「問題ない」と話した同指揮官は、続く2位に「サプライズ」としてオーストラリアを選出。さらに、アルゼンチンをグループDの1位に挙げると、「アフリカチームが健闘するだろう」としてナイジェリアが2位で決勝トーナメントに進むと推測する。

    また、グループEの1位通過に迷いなくブラジルを選択。モウリーニョ監督は続けて「申し訳ないが(ネマニャ)マティッチはホリデーだ」と言及し、2位にスイスを推す。グループFではドイツが「間違いなく1位通過する」と予想し、2位にメキシコを選んだ。次いでグループGの首位通過はイングランド、2位にベルギーを挙げた。

    最後に日本代表が所属するグループH。このグループに関してはモウリーニョ監督は「拮抗している」と話すと、1位には意外にもサディオ・マネ擁するセネガルを推した。そしてポーランドが2位で通過すると予想。コロンビアと日本代表はグループリーグで敗退するとの考えを示した。

    モウリーニョ監督が予想したベスト16の組み合わせは以下の通り。

    ウルグアイ(A1位)vs ポルトガル(B2位)
    フランス(C1位)vs ナイジェリア(D2位)
    ブラジル(E1位)vs メキシコ(F2位)
    イングランド(G1位)vs ポーランド(H2位)
    スペイン(B1位)vs ロシア(A2位)
    アルゼンチン(D1位)vs オーストラリア(C2位)
    ドイツ(F1位)vs スイス(E2位)
    セネガル(H1位)vs ベルギー(G2位)

    GOAL
    2018-06-07_13h10_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000024-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/20(火) 21:51:59.86 ID:CAP_USER9.net
    CL敗退で選手起用に疑問の声 デ・ブライネら退団後に成長した選手も多数
     
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、現地時間17日のFAカップ準々決勝ブライトン戦で苦しみながらも2-0と勝利。13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でセビージャに敗れ、ベスト16で姿を消したショックを払拭する白星を手にした。

    しかし、この試合では先発したイングランド代表DFルーク・ショーがハーフタイムで交代。その理由についてモウリーニョ監督が試合後のインタビューで批判を展開しており、両者の関係は冷えきったものとなっている。

    こうした状況を受けて、スペイン紙「マルカ」はモウリーニョ監督の下を離れて「他の場所で素晴らしいキャリアを築いた」選手を紹介。現在、リバプールで圧倒的なパフォーマンスを披露しているエジプト代表FWモハメド・サラーら5選手が厳選されている。

    まず紹介されているのが、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだ。2012年にベルギーのヘンクからチェルシーへ移籍し、ブレーメンへの期限付き移籍を経てチームに復帰。13年は輝かしい1年になるはずだった。

    しかし、同年にモウリーニョ監督が就任すると、両者の関係は思わしくなく出場は3試合止まり。翌年に加入したヴォルフスブルクで結果を残してシティへと引き抜かれ、今では7500万ユーロ(約98億円)の移籍金がつけられるほどに成長を遂げている。

    その他には、アトレチコ・マドリードで輝きを取り戻したブラジル代表DFフィリペ・ルイス、レアル・マドリードで欠かせない選手に成長したスペイン代表DFダニエル・カルバハル、そして一度は放出したものの再びユナイテッドで師弟関係となったベルギー代表FWロメル・ルカクの名前が挙げられている。

    目下プレミア得点王のサラーを逃したのは痛手!?
     
    そして忘れてはならないのが、リバプールで得点を量産しているサラーだ。現地時間17日のプレミアリーグ第31節ワトフォード戦(5-0)では、4得点の大爆発でチームの勝利に貢献。今季得点数を28ゴールに伸ばし、得点王争いでトップに立っている。

    そんなサラーはチェルシー時代にモウリーニョ監督の下でプレーしていたが、2年間で公式戦出場は19試合止まり。最終的にはコロンビア代表MFフアン・グアドラード(現ユベントス)を獲得する代役として、フィオレンティーナへレンタル移籍となった。その後、セリエAで結果を残してリバプールに加入。現在の活躍ぶりを考えれば、逃した魚は大きかったと言えるだろう。

    奇しくも、モウリーニョ監督の下を離れてから結果を残し、さらなる飛躍を遂げた選手は多い。移籍が噂されるフランス代表MFポール・ポグバやショーらは、どんな決断を下すのか。前述の5人と同様、新天地を求めることでさらなるビッグプレーヤーへと進化を果たすのかもしれない。

    3/20(火) 21:15配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/02(金) 06:41:15.31 ID:CAP_USER9.net
    数々の栄冠を手にした名将ルイス・ファン・ハール氏が、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーに対する扱いが不当だったとして、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督を批判している。

    ファン・ハール氏は2014年、監督生活最後のクラブになると明言した上でユナイテッドと3年契約を結んだ。そして指揮2年目となる2015年夏には、バイエルン・ミュンヘン一筋だった“元教え子”のシュバインシュタイガーをチームに加えた。

    “シュバイニー”の愛称で知られるMFを、ファン・ハール氏は高く評価していた。しかし、同氏は15-16シーズン限りで解任。後任に就いたモウリーニョ監督はドイツ代表のベテランMFを戦力外と見なし、起用したのはわずか4試合だけに終わった。

    シュバインシュタイガーは2017年3月にアメリカMLSのシカゴ・ファイアーに移籍。モウリーニョ監督は後に、シュバインシュタイガーへの冷遇を謝罪していた。

    「モウリーニョの扱いは相応しいものではなかった」

    そして、ファン・ハール氏はドイツ誌「シュポルト・ビルト」の取材で、「シュバインシュタイガーは確かに歳をとっていたが、決してとりすぎていたわけではない。ただ、彼の体はプレミアリーグの高い要求に、遅れずについていくことはできなかった。バイエルンはフィットした選手として彼を売却したが、実際に彼の肉体は終わりへと近づいていた」とフィジカル的な衰えがあったことは認めている。しかし、その一方で「扱いは相応しいものではなかった」と、ポルトガル人指揮官への批判を展開している。

    「私にとってモウリーニョの扱いは、シュバイニーに相応しいものではなかった。しかし、その扱いが、彼の立たされている状況を表していた。それは恥ずべきことだ。彼はルイス・エンリケやマルク・ファン・ボメル、フィリップ・ラームのような選手だ。彼らは(ベテランとなっても)常にピッチに立っていた」

    ファン・ハール監督は元ドイツ代表のキャプテンは30歳を越えてもなお、歴代のレジェンドと同様にピッチで変わらぬ存在感を示していたと主張した。

    3/1(木) 20:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180301-00010020-soccermzw-socc

    写真 
    続きを読む

    rrrry

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/10(水) 23:01:11.13 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の発言にイライラしている。

    両指揮官の“舌戦”は激化の一途を辿っている。先日、モウリーニョ監督がプレミアリーグの監督のうち何人かは試合中に「狂った男のよう」とコメントし、コンテ監督の振る舞いに苦言を呈すと、コンテ監督が反論。「彼は自分自身を振り返る必要がある」と語り、イタリア語で認知症なのではないかと、強烈批判していた。

    そして、またもモウリーニョ監督が口撃。「私は過去にタッチラインで何度か間違ったことはある。だが、資格停止処分なんて受けてことはないし、今後も決してないだろうね」とコンテ監督の過去について皮肉った。

    コンテ監督はシエナ時代、八百長を知りながら申告しなかった罪に問われ、2012年に10か月の活動停止処分を科された。その後、減刑され、2016年に無罪となっていた。

    この発言にコンテ監督が激怒した。「小さい男だ。彼の言葉は大げさすぎる。私はこの侮辱をこれからも忘れない。これはクラブ間の問題ではない。私と彼の個人的な問題だ」と反論し、それぞれのクラブには関係がないことも強調している。

    1/10(水) 20:04配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-01649275-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    GettyImages-893904548
    1:風吹けば名無し:2017/12/29(金) 20:54:32.06 ID:3t/e/l6b0NIKU.net
    なんでや
    2:風吹けば名無し:2017/12/29(金) 20:54:50.39 ID:3t/e/l6b0NIKU.net
    ルカクもか
    3:風吹けば名無し:2017/12/29(金) 20:55:27.78 ID:naj891WH0NIKU.net
    モウリーニョが馬鹿なだけ
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/12/27(水) 12:05:33.95 ID:CAP_USER9.net
    2017-12-27_13h57_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00010007-soccermzw-socc

    マンチェスター・ユナイテッドは、現地時間26日に行われたプレミアリーグ第20節バーンリー戦で2-2のドローに終わった。試合終盤に追いつき勝ち点1を拾ったものの、首位マンチェスター・シティの背中が遠のく展開に、ジョゼ・モウリーニョ監督は「450億円使っても十分じゃない」と、ペップ・グアルディオラ監督率いるシティとの資金力差を嘆いた。

    試合は前半3分にセットプレーからいきなり先制を許し、同36分にも直接FKで2点目を奪われるなど、バーンリーの勢いに後手に回った。後半に入って目覚めたユナイテッドは8分にイングランド代表MFジェシー・リンガードの巧みなバックヒールシュートで1点差に詰め寄ると、後半アディショナルタイムにセットプレーの混戦から再びリンガードが右足で蹴り込み、辛くも勝ち点1を確保した。

    2-2のドローに持ち込み、2位の座を確保したユナイテッドだが、首位シティとの勝ち点差は12にまで開いてしまった。その状況に、カリスマ指揮官は「我々が世界のベストチームの1つではないことを知ってるだろう? 再建2年目のチームだから」と前置きし、同都市のライバルをこのように表現した。

    “隣の芝生は青く見える”心境か
    「シティはストライカーを獲得するような金額でサイドバックを獲得する。3億ポンド(約450億円)を使うことは十分じゃない。ビッグクラブにとっての価格は他のクラブと比べて違うものだ。歴史あるクラブはその歴史によって、移籍市場で罰せられるものだから」

    今夏の移籍市場でユナイテッドは、ベルギー代表FWロメル・ルカクに7500万ポンド(約112億円)、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに3100万ポンド(約46億5000万円)、セルビア代表MFネマニャ・マティッチに4000万ユーロ(約60億円)を費やした。前年のフランス代表MFポール・ポグバらを含めれば、移籍金に費やした額は莫大だ。しかし、それ以上の金額で選手をかき集めるシティにはお手上げといった具合だ。

    隣の芝生は青く見える――。モウリーニョ監督にとってシティはそのように映っているのかもしれない。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/11(月) 17:49:38.83 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、元監督のデイビッド・モイーズ氏やルイス・ファン・ハール氏が指揮を執った期間はユナイテッドにとって「空っぽの期間」だったと評している。10日付の英紙『タイムズ』が伝えた。

    伝説的監督となったサー・アレックス・ファーガソン氏に率いられて数々のタイトルを獲得し、一時代を築いたユナイテッドだが、2013年に同氏が勇退して以降は低調。後任のモイーズ氏はシーズンを終えることなく解任され、その後の2年間監督を務めたファン・ハール氏も状況を劇的に改善することはできなかった。

    昨シーズンからユナイテッドを率いるモウリーニョ監督はその時期を振り返り、「他のクラブには進化があったが、このクラブには何の進化もなかった。重要な部分に何の進化もない、全く空っぽの期間だった」と厳しい見解を述べている。

    過去の成功からの突然の転落により、ユナイテッドは大きな重圧の中での戦いを強いられることになったとモウリーニョ監督は主張。「選手たちにも監督たちにも、フロントにも、おそらくはオーナーにも、過去の重荷がのしかかっていた。勝ち続けることに慣れ、突然それが途切れれば、重い荷物になってしまうからだ」

    現在では、ユナイテッドは停滞を脱して前進することができているという考えも述べている。「労働環境も、医療部門も、分析部門も、スカウト部門も、メディア部門も改善できた。そのほとんどを、人を入れ替えずに実現できたのは非常に大事なことだ」

    プレミアリーグでは昨シーズンも優勝争いに絡めなかったユナイテッドだが、リーグカップとヨーロッパリーグのタイトルを獲得してシーズンを終えた。今季はリーグ戦4試合を終えて3勝1分けで首位と好発進を切ることに成功している。

    9/11(月) 8:41配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00230769-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    230:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です:2017/07/31(月) 11:32:12.04 ID:xvYvQ4Dmd.net
    モウリーニョ、コンテの批判発言に反論。「私は髪の毛を失いたくはない」
    20170731_mourinho_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00224236-footballc-socc

    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシーのアントニオ・コンテ監督からの批判的な発言に返答した。30日付の英紙『ザ・サン』などが伝えている。 

    昨季のプレミアリーグでチェルシーを優勝に導いたコンテ監督だが、同じくチェルシーで2014/15シーズンのプレミアリーグを制したモウリーニョ監督が翌シーズン途中に解任されたことに言及し、「モウリーニョの最後のシーズンのようになるのを避けたい」と話していた。  

    モウリーニョ監督は、現地時間30日に行われたバレレンガ(ノルウェー)との親善試合後の会見でこの発言に対するコメントを求められた。「分からない。色々な形で答えることはできるが、アントニオ・コンテについて話をして髪の毛を失うつもりはない」とユナイテッド指揮官は答えている。 

    モウリーニョ監督の発言は、コンテ監督の頭髪事情を揶揄したものだと受け取られている。現役時代から薄毛を指摘されていたコンテ監督は、植毛を行ったのではないかとの噂もあ
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ