海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モウリーニョ監督

    1:Egg ★:2018/10/10(水) 12:29:59.65 ID:CAP_USER9.net
    ジョゼ・モウリーニョは2016年7月6日にマンチェスターにやって来て以降、ずっとホテル暮らしを続けている。その日数は825日にも及び、ザ・ローリーホテルに住んで3シーズンが経つ。2020年までクラブと契約を持つにも関わらず、モウリーニョは同ホテルからの引越しは考えていない。

    G・ネヴィルがモウリーニョを擁護「彼をサポート」

    『Daily Mail』によると、モウリーニョは1泊600ポンド(約9万円)の部屋Suite Riversideに居住している。それはこのポルトガル人監督がホテル暮らしを続けた3年間で約50万ポンド(約7,500万円)を費やした事を意味する。

    モウリーニョが居住するスイートルームの窓からは美しい川の景色が見え、柔らかいソファのセレクションを備えている他、リビングと別に小さなキッチンも備えたダイニングルームもあるという。同ホテルはその部屋についてプライベートアパートにいるような感覚で滞在する事ができると説明している。

    モウリーニョは数ヶ月前に自身のホテル滞在をこのように誇っていた。「毎日、私を追っているパパラッチを持つ事はホテルや私のスポンサーになっている服のブランドにとってファンタスティックな事だ」

    従って、もしモウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドを離れる事になったとしても、彼は家を売る事を心配する必要はない。

    10/10(水) 12:14配信 スポルト
    2018-10-10_13h53_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00010005-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/07/30(月) 21:05:06.86 ID:CAP_USER9.net
    ジョゼ・モウリーニョにとって物事は上手くいっていないようだ。

    マンチェスター・ユナイテッドはアメリカツアーで低調なパフォーマンスを示している。26日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)ではACミランとドロー、そして28日のリヴァプール戦では、スイス代表ジェルダン・シャキリのバイシクルゴールを含む4失点を喫し敗戦。

    シメオネ「メッシかロナウドを選ぶとしたら迷いなくメッシだ」

    この試合後、同指揮官は今年からシーズン開幕前(2018/19シーズンは8月9日)に閉じる夏の移籍市場において、クラブのディレクター陣が自身の希望を満たしてくれていないと不満を露わにした。

    「あと2人選手が欲しいんだが…手に入らないだろうがね。私が興味を持つ5人の選手のリストを渡したし、少なくとも1人は来ることを願っている。もしそれが可能でなければ、我々は戦い、努力し、今ある者を信じ続ける」

    現在までに、ユナイテッドはポルトから19歳のポルトガル人SBディオゴ・ダロト(2,200万ユーロ)、シャフタール・ドネツクから25歳のブラジル代表MFフレッジ(5,900万ユーロ)、ストークから35歳のベテランGKリー・グラント(1,700万ユーロ)を獲得。
    そして昨シーズン、ローン移籍していた攻撃的MFアンドレアス・ペレイラ(バレンシア)、左SBキャメロン・ボースウィック=ジャクソン(スカンソープ・ユナイテッド)が復帰を果たしている。

    ■マルシャルへの批判

    また、モウリーニョは試合後会見において、第2子出産に立ち会うためチームを離れたフランス代表FWアントニー・マルシャルへのメッセージをはっきりと語った。「彼には赤ちゃんが生まれた。神のおかげで丈夫で健康だそうだ。だが彼はここにいるはずだったのに、いない」と不満を示し、休暇を続けているW杯出場選手にも言及。

    「一つだけ願うのは休暇中の選手達が体調に気を付けて、チームを助けるために早く戻ってきたラッシュフォードや(フィル・)ジョーンズのようにしてほしいということだ。我々は問題を抱えたままシーズンに入ることになるからね」と、プレシーズン開始の数日前に怪我をしたチームキャプテンのアントニオ・バレンシアに毒突いた。
    2018-07-30_23h11_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010015-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/19(月) 21:51:44.64 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドが来夏にチームの刷新を図ろうとしている。今季プレミアリーグで2位につけているユナイテッドは、6位と振るわぬ結果に終わった昨季よりも強力なチームとなっている。

    しかし、チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦でセビージャに敗れ、リーグでは首位マンチェスター・シティに勝ち点差16をつけられているなどまだまだ満足できる域には達していない。

    英紙『デイリー・メール』によると、シーズンを通して一部の選手のパフォーマンスに不満を感じている指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督は、来夏に多数の選手の放出と獲得をチームに要求しているようだ。放出の対象となっている選手は合計9人に昇る。

    ディフェンスラインからは、オランダ代表のDFダレイ・ブリントやイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、さらにはイングランド代表のDFクリス・スモーリングやDFルーク・ショーが放出候補として挙げられている。

    特に左サイドバックのショーは、指揮官から「プレーに満足していない」と直々に評価を受けており、来夏最も退団の可能性が高いディフェンダーの選手と見なされている。

    中盤の選手では、スペイン代表MFのアンデル・エレーラとフアン・マタ、ベルギー代表MFマルアン・フェライニ、今季限りでの現役引退が伝えられている元イングランド代表MFマイケル・キャリックがチームを去ることになりそうだ。前線の選手からは、フランス代表FWアントニー・マルシャルが唯一放出候補と見なされている。

    そして、モウリーニョ監督はさらに5人の選手の補強を目指している。

    ディフェンダーでは、トッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズとオランダ代表DFアルデル・ヴァイレルト、中盤からはシャフタール・ドネツクのMFフレッジとチェルシーのMFウィリアンらブラジル人コンビが指名されているようだ。

    また、来夏の補強の目玉となるのはレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルとなるとも伝えられている。ユナイテッドは、これら5選手の獲得のために合計3億ポンド(約443億円)を投資する準備を整えており、来夏の移籍市場では再び活発な動きを見せるかもしれない。

    3/19(月) 21:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180319-00261460-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/17(土) 09:15:42.35 ID:CAP_USER9.net
    セビージャが監督モウリーニョのユナイテッドを欧州CLから一掃した。イングランドでは監督に批判の雨が降っている。

    元サッカー指導者フランク・デ・ブールを試合前に厳しく口撃していたモウリーニョだが、敗戦後逆に人々からの批判を受けることになった。

    フランク・デ・ブールはこのチャンスを逃さず、モウリーニョにこれまで多くの監督が天狗になった結果、地方のマイナーチームでキャリアを終えることになっている、と言う警告を送った。

    今シーズンのユナイテッドは悲惨としか言いようがない。前シーズンこそ補強に3億6,500万ユーロ(約480億円)を投じた結果、コミュニティシールドやFAカップ、UEFAヨーロッパリーグでの優勝を果たしたものの、人々の期待に応えたとは言いかねる。

    レッドデビルスことユナイテッドが選手たちにつぎ込んだ資金は次の通りだ。

    ポール・ポグバ:1億2,000万ユーロ(約158億円)、ルカク(約111億円)、マティッチ:4,500万ユーロ(約59億円)、バイリー:3,800万ユーロ(約50億円)、リンデロフ(約46億円)、ムヒタリアン:4,200万ユーロ(約55億円)。この中には既にユナイテッドに在籍していない選手もいる。

    上記はほんの一例であり、近年選手の補強に多額の資金が費やされている。
    しかしその甲斐も無く、ユナイテッドは現在宿敵マンチェスターシティにプレミアリーグで勝ち点16の差をつけられており、2部リーグのブリストルシティによりELFカップをベスト8戦で離脱している。

    ユナイテッドにとって次の試練は3月17日のFAカップ準々決勝のブライトン戦だ。

    インテルミラノで8年前に欧州の覇者となったモウリーニョ。しかし、ユナイテッドに4億500万ユーロ(約533億円)もの資金を投じさせた上、結果が伴わないのに責任を感じる風でもない態度は、大きな批判を生んでいる。

    3/15(木) 17:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00010008-sportes-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/02(火) 20:27:49.25 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督が、元イングランド代表のスコールズ氏からのポグバ(24)に対する批判に反論したと、2日に英国複数メディアが報じた。

    マンUがサウサンプトンとスコアレスドローで試合を終えた後、スコールズ氏は「彼は試合を勝たせてくれる選手に見えない。その選手に対して9000万ポンドを支払った」と辛口なコメントをしていた。

    2-0で勝利したエバートン戦後にモウリーニョ監督は「スコールズは批判しかしない。解説をしているのではなく、批判をしていると思う。この2つは全く違う物ごとだよ。

    ポグバはいつも最善を尽くしてくれている。素晴らしいプレーをすることもあれば良いプレーのときもあるし、良いプレーでないときもある。でもスコールズよりお金を稼いでいるのは彼のせいではないよ。

    今のサッカーのあり方だ。スコールズは素晴らしい選手として歴史に名を刻むかもしれないが、解説者としてはそうでなさそうだ」と口撃した。

    1/2(火) 19:11配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00091418-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/11/25(土) 14:21:25.70 ID:CAP_USER9.net
    11/25(土) 13:20配信 ISM
    モウリーニョ監督、ムヒタリアンに「満足していない」 ドルトムントは買い戻しに興味か

    マンチェスターU(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督が、FWヘンリク・ムヒタリアンのこのところのパフォーマンスに満足していないと語った。英『BBC』が現地時間24日に伝えている。

    2016年7月に、ドルトムント(ドイツ)から2630万ポンド(約39億1000万円)でマンUへの移籍を果たしたムヒタリアン。昨季序盤はそれほど目立った活躍はなく、国内リーグの試合では途中約3カ月ほど先発から外れたこともあった。シーズン後半からは徐々にコンディションが改善され、5月に行なわれたヨーロッパリーグ決勝のアヤックス(オランダ)戦ではゴールも挙げ、優勝に貢献した。

    だが今季は、プレミア開幕11試合のうち10試合で先発出場したものの、今月5日に行なわれたチェルシー戦で62分にベンチに下げられてからは、ニューカッスル戦、チャンピオンズリーグのバーゼル(スイス)戦と、2試合連続でベンチ外に。今季公式戦16試合で2得点にとどまっている。

    マンUのモウリーニョ監督は同選手のパフォーマンスが「少しずつ落ちてきている」とし、「彼の最近のパフォーマンスに満足していない。1つや2つではない。3つ、4つ、5つのことを話している」と述べた。

    同監督は「彼は今季良いスタートを切ったが、パフォーマンスのレベル、ゴール、アシスト、プレス、背番号10としてのチームでの役割において、だんだんと低下してきている」「ほかの選手たちがチャンスを得るために努力しているのだから、(ムヒタリアンがベンチ外となるのは)当然だった。全員がチャンスのために頑張っている。ただそれだけのことだ」と続けた。

    なお、『BBC』は前所属先ドルトムントが、同選手の買い戻しに興味を示しているようだと報道。同クラブが近年、過去に放出したビッグネームの買い戻しをしてきたことを指摘し、マンUで2年間プレーしたMF香川真司が2014年にドルトムントに復帰したことなどを例に挙げた。

    香川のほかにも、MFヌリ・シャヒンがレアル・マドリー(スペイン)へ移籍したのち、リヴァプール(イングランド)への期限付き移籍を経て、ドルトムントにレンタル移籍後、14年に完全復帰。また、MFマリオ・ゲッツェも16年にバイエルン(ドイツ)からドルトムント復帰を果たしている。
    2017-11-25_15h25_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000013-ism-socc
    続きを読む

    1:カイキニッショク :2017/11/14(火) 00:16:25.11 ID:CAP_USER9.net
    モウリーニョに「猫」と形容されたベンゼマ、「あのときには気が狂いそうだった」

    11/13(月) 23:32配信

    GOAL

    レアル・マドリーFWカリム・ベンゼマが、ジョゼ・モウリーニョ現マンチェスター・ユナイテッド監督から「猫」と形容された出来事を振り返った。

    モウリーニョ監督はレアル・マドリー時代、FWゴンサロ・イグアイン(現ナポリ)が長期離脱した際に、クラブが補強に動く気配がないことで「犬とともに狩りに行けないならば、猫とともに狩りに出なければならない」と発言。この「猫」にあたるのが、当時イグアインとポジションを競っていたベンゼマだった。

    ベンゼマはこの『猫』との形容について、これまで沈黙を貫いてきたが、フランス『カナル・プリュス』のドキュメンタリー番組でついに言及。やはり、納得がいかない形容であったようだ。

    「(モウリーニョ監督とは)良い関係にあったが、その後に適切ではない発言があった。彼は猫や犬など様々なことをメディアに話していった。そうした話をすることを楽しんでいるような印象があったよ。本当のことを言ってしまえば、彼のことを尊敬していたが、あの瞬間には気が狂いそうだった」

    「だから、彼に対して言うべきことを言ったんだ。『自分はフットボールの選手で、あなたは僕の監督だ。あなたを敬ってはいるが、選手としての自分も尊重してほしい』と。それから、あの犬と猫の話はなくなった。僕は内気な人間だが、自分を笑う人間がいるならば立ち向かう。話し合えば、すべてうまくいくんだよ」
    2017-11-14_07h33_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000028-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/11(月) 20:58:52.42 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、アーセン・ベンゲル監督が長期間指揮を執るアーセナルのファンについて、「かわいそうに思う」とコメントしたようだ。

    英『デイリー・メール』によると、イギリスの人気司会者であるピアーズ・モーガン氏が、同紙のコラム内で、20分ほどモウリーニョ監督と話したとして、そのときの様子について語っている。

    「モウリーニョは『アーセナルのファンについては、本当にかわいそうに思うよ』と言っていた。そして、『私にもアーセナルを愛している友人が何人もいるけど、彼らは今のアーセナルについてひどくガッカリしているんだ。受け入れがたいってさ』と続けたんだ」

    そして、モーガン氏が「なぜ、ベンゲルはまだ監督を続けられるんだ?」と尋ねると、モウリーニョは「分からないよ。ただ、彼ができる限り長く、監督を続けてくれることを願うよ」と答えている。

    96年からアーセナルの指揮を執るベンゲル監督だが、03-04シーズンを最後にプレミアのタイトルから遠ざかっている。

    写真


    9/11(月) 20:55配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-01643983-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/01(月) 22:41:32.23 ID:CAP_USER9.net
    スウォンジー相手に1-1と引き分け無敗継続も、今季14引き分け目

    マンチェスター・ユナイテッドは、30日のスウォンジー戦に(1-1)で引き分けたことにより、プレミアリーグで6カ月以上無敗をキープしている。しかし、ここまでリーグ最多の14引き分けと勝ち切れない試合も多く、現チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は過去40年で本拠地での勝率が最も低い指揮官だということが分かった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

    ユナイテッドは34試合を消化し、勝点65で5位につけている。3敗はトットナムと並ぶリーグ最少である一方、14引き分けはリーグ最多。最後にリーグ戦で敗れたのは昨年10月23日のチェルシー戦(0-4)で、25試合無敗というクラブレコードを樹立したものの、勝率は決して高くないのが実情だ。

    記事によれば、リーグ戦のホームゲームにおけるモウリーニョ体制の勝率はわずか39%(18試合/7勝10分1敗)。これは過去40年間で指揮を執った監督のなかで、最低の数字だという。

    ◆モイーズ体制の44%も下回る

    2013年まで27年間に渡ってチームを率いたアレックス・ファーガソン氏が72%でトップ。昨季まで2シーズン指揮を執ったルイス・ファン・ハール氏が68%で2位だった。以下、ロン・アトキンソン氏が58%、デイブ・セクストン氏で52%、デイビッド・モイーズ氏が44%(14年に暫定監督を務めたライアン・ギグス氏は含まず)。モウリーニョ監督のホーム勝率は、1年も持たずに解任されたモイーズ氏よりも低いことが明らかとなっている。

    負けはしないが、勝ち切れない。ポルトガル人指揮官はチームに漂う停滞感を払拭し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位以内に食い込むことができるだろうか。
    2017-05-02_07h46_46
    Football ZONE web 5/1(月) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010020-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/01(土) 11:55:45.98 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)へ活躍の場を移したバスティアン・シュバインシュタイガーに対する待遇を後悔しており、移籍前に同選手に謝罪したことを明かしている。

    今シーズンよりユナイテッドで指揮を執るモウリーニョ監督の下、シュバインシュタイガーは全公式戦で4試合のみしか出場機会を得られず、今週初めにシカゴ・ファイアーへの移籍が完了していた。しかしポルトガル人指揮官は、現在負傷や出場停止により多くの欠場者を抱えており、シーズン終了まで同選手を起用する考えがあったようだ。さらに、元ドイツ代表MFへの不当な扱いを後悔していると明かした。

    「彼はプロフェッショナルで素晴らしい男だが、私が申し訳ないと思う選手の一人だ。彼が去る前に私は『適切なやり方ではなかった』と謝った。彼が移籍の意思を示したとき、彼に対してこれ以上悪いことはできないから彼の意思を尊重せざるを得なかった。序盤に彼に対して行ったことは非常に申し訳なく思う。私は自分の間違いを認め、彼に謝罪できたから、今は晴れやかな気持ちだ」

    「彼は素晴らしい人間であり、素晴らしい選手だ。今シーズン終了まで多くの試合が残されており、
    まだまだ彼が必要な試合はあったはずだ。だが、彼の退団を止めることはできない。彼と彼の妻にはシカゴで幸せな生活を送ってほしい」
    2017-04-01_13h16_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000003-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ