海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モウリーニョ監督

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/01(月) 22:41:32.23 ID:CAP_USER9.net
    スウォンジー相手に1-1と引き分け無敗継続も、今季14引き分け目

    マンチェスター・ユナイテッドは、30日のスウォンジー戦に(1-1)で引き分けたことにより、プレミアリーグで6カ月以上無敗をキープしている。しかし、ここまでリーグ最多の14引き分けと勝ち切れない試合も多く、現チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は過去40年で本拠地での勝率が最も低い指揮官だということが分かった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

    ユナイテッドは34試合を消化し、勝点65で5位につけている。3敗はトットナムと並ぶリーグ最少である一方、14引き分けはリーグ最多。最後にリーグ戦で敗れたのは昨年10月23日のチェルシー戦(0-4)で、25試合無敗というクラブレコードを樹立したものの、勝率は決して高くないのが実情だ。

    記事によれば、リーグ戦のホームゲームにおけるモウリーニョ体制の勝率はわずか39%(18試合/7勝10分1敗)。これは過去40年間で指揮を執った監督のなかで、最低の数字だという。

    ◆モイーズ体制の44%も下回る

    2013年まで27年間に渡ってチームを率いたアレックス・ファーガソン氏が72%でトップ。昨季まで2シーズン指揮を執ったルイス・ファン・ハール氏が68%で2位だった。以下、ロン・アトキンソン氏が58%、デイブ・セクストン氏で52%、デイビッド・モイーズ氏が44%(14年に暫定監督を務めたライアン・ギグス氏は含まず)。モウリーニョ監督のホーム勝率は、1年も持たずに解任されたモイーズ氏よりも低いことが明らかとなっている。

    負けはしないが、勝ち切れない。ポルトガル人指揮官はチームに漂う停滞感を払拭し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位以内に食い込むことができるだろうか。
    2017-05-02_07h46_46
    Football ZONE web 5/1(月) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010020-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/01(土) 11:55:45.98 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)へ活躍の場を移したバスティアン・シュバインシュタイガーに対する待遇を後悔しており、移籍前に同選手に謝罪したことを明かしている。

    今シーズンよりユナイテッドで指揮を執るモウリーニョ監督の下、シュバインシュタイガーは全公式戦で4試合のみしか出場機会を得られず、今週初めにシカゴ・ファイアーへの移籍が完了していた。しかしポルトガル人指揮官は、現在負傷や出場停止により多くの欠場者を抱えており、シーズン終了まで同選手を起用する考えがあったようだ。さらに、元ドイツ代表MFへの不当な扱いを後悔していると明かした。

    「彼はプロフェッショナルで素晴らしい男だが、私が申し訳ないと思う選手の一人だ。彼が去る前に私は『適切なやり方ではなかった』と謝った。彼が移籍の意思を示したとき、彼に対してこれ以上悪いことはできないから彼の意思を尊重せざるを得なかった。序盤に彼に対して行ったことは非常に申し訳なく思う。私は自分の間違いを認め、彼に謝罪できたから、今は晴れやかな気持ちだ」

    「彼は素晴らしい人間であり、素晴らしい選手だ。今シーズン終了まで多くの試合が残されており、
    まだまだ彼が必要な試合はあったはずだ。だが、彼の退団を止めることはできない。彼と彼の妻にはシカゴで幸せな生活を送ってほしい」
    2017-04-01_13h16_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000003-goal-socc
    続きを読む

    1:イセモル ★@\(^o^)/:2017/03/17(金) 14:49:28.94 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、もっと早くクラブの監督に就任していれば、アンヘル・ディ・マリアやハビエル・エルナンデスを放出しなかったと『BBC』で語っている。

    2014年に高額な移籍金でオールド・トラッフォードにやって来たディ・マリアは、一時は活躍を見せていたものの、ルイ・ファン・ハール前監督の信頼を得られず、加入からわずか1年でパリ・サンジェルマンへと去っていった。しかしモウリーニョ監督は、1年足らずでアルゼンチン代表MFを売却した判断は浅はかだったと語った。

    「最初にここに来た時、哀れなクラブだと思った。マンチェスター・ユナイテッドは私なら売却しなかった選手たちを売ってしまっていたんだ。それに私なら獲得しない選手を買っていた。私ならディ・マリア、チチャリートとダニー・ウェルベックを売却しなかった」

    さらに“スペシャル・ワン”は、ユナイテッドがチャンピオンズリーグに出場するしないにかかわらず、トップ選手を魅了できるだけのビッグクラブだと話した。

    2017-03-17_15h22_36
    以下略で送りしております。
    全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000036-goal-socc
    続きを読む

    C3BNZTKUoAAgVH5
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/26(木) 20:29:08.49 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、26日に行われるイングランド、EFLカップ準決勝ハル・シティ対マンチェスター・U戦を前に記者会見で新ヘアスタイルを披露し、自身の髪の毛の再生力をアピールした。

    坊主頭で登場して周囲を驚かせたモウリーニョは、自身のヘアスタイルが選ばれた者にしかできない特別な髪型であると持論を主張した。

    「この髪型にできるのは特権なんだ。私にはそれができる。1カ月も経てばまた新しい髪が生えてくるからね。ここにいる何人かはできないだろう(笑)」

    坊主頭を自慢したモウリーニョは記者会見を終えると、薄毛の記者とハイタッチをして退席したと伝えられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000129-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 19:26:43.05 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がオールド・トラフォードのボールボーイを全員クビにしていたことが明らかになった。

    ホームの試合で、ボールボーイの子供たちが選手にボールを渡すタイミングが遅いことで、攻撃の際に不利になっているとモウリーニョは感じていたようだ。そのため、担当していたボールボーイを15日のリヴァプール戦(1-1)から全員交代させた。それまでは、伝統的にマンチェスター・ユナイテッド・ファウンデーションに所属する子供たちから選ばれていたが、現在は下部組織であるU-16マンチェスター・Uのメンバーが務めている。

    ボールボーイの入れ替えが行われたことについては非公表となっていたが、モウリーニョ自身が明らかにしている。
    2017-01-23_20h15_34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/15(日) 13:04:39.57 ID:CAP_USER9.net
    「神通力がなくなったとか、的確な采配を振るえなくなったとか言われてきたが、(ジョゼ・)モウリーニョは今でも偉大な監督だ。今日の試合での彼のインパクトは特大だった」

    マンチェスター・ユナイテッドが、今年最初のプレミアリーグの試合となった前節のウェストハム戦を2-0で制した後、レッドデビルズのレジェンドであるギャリー・ネビルはモウリーニョ監督をそう評した。

    この白星によりユナイテッドはリーグ戦で6連勝。その後のカップ戦の勝利を含めると公式戦9連勝中だ(2009年にアレックス・ファーガソン率いるチームがマークした11連勝以降の最長記録)。

    開幕3連勝の後、スランプに陥ったチームは冬の到来とともに見事に復調し、上位陣を懸命に追走している。現在、プレミアリーグで勝ち点39の6位につけているが、日曜日(15日)に行なわれるホームでのリバプール戦で勝利を収めれば、2位の相手に勝ち点2差と肉薄する。そして両チームの現状を見るかぎり、その可能性は高いと言えそうだ。

    53歳のポルトガル人指揮官は昨年の秋頃まで、チームの最適な形を見出せていなかった。

    基本給1000万ポンド(契約当時のレートで約16億円)と言われる年俸に加え、ポール・ポグバやズラタン・イブラヒモビッチ、ヘンリク・ムヒタリアンといった豪華な新戦力を与えられながら、結果を残せずにいた新監督には批判が集中。

    中でも、クラブOBのポール・スコールズは、「今のチームにはアイデンティティーがない」「選手の起用法が間違っている」「このチームでは優勝できない」など、厳しい批判を繰り返した。

    10月23日の敵地でのチェルシー戦で0-4の屈辱的な大敗を喫した際には、試合後にモウリーニョ監督は敵将のアントニオ・コンテに「大量リードしているときに、サポーターを煽るのはいかがなものか」といった意味の耳打ちをしたという。確かにそれはそうかもしれない。だがその姿は、悔しさに我を忘れた「ルーザー」にしか見えなかった。

    これまでに指揮を執ったほとんどのクラブでメジャータイトルを手にしてきたモウリーニョから、マジックが消えた──。そんな声がいたるところから聞こえてきたのも、この頃だった。

    >>2以降につづく
    2017-01-15_15h36_32
    webスポルティーバ 1/15(日) 12:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170115-00010000-sportiva-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/07(土) 16:38:44.89 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ワールドカップ(W杯)の出場チーム数を48チームに拡大する案に「全面的に賛成」だと述べている。国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトによるインタビューの中で語った。

    FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、現在32チームで行われているW杯を48チームに拡大する改革を推し進めようとしている。

    4チームずつ8つのグループステージで行われる現行方式から、3チームずつ16のグループへ変更することが想定されている。各グループの上位2チームが決勝トーナメントへ進み、現在の16チームではなく32チームによるトーナメント戦が行われることになる。

    出場チーム数の増加は、サッカー界の過密日程に拍車をかけるものだとして懸念の声も上がっている。だがインファンティーノ会長の想定する方式によれば、1チームが戦う試合数自体は最大7試合で現在と同じ。モウリーニョ監督はその点を踏まえ、日程面での不安はないと述べている。

    「私は全面的に賛成だ。クラブの監督としては、大会拡大が試合の増加と休暇の短縮、プレシーズンの短縮を意味するのであれば、ノーと言うだろう。だが批判する者たちは、大会拡大が試合数の増加を意味するのではないことを分析し理解することが重要だ」

    各チームが2試合のみを戦うグループステージの試合は「より決定的」な意味を持つことになり、その後の決勝トーナメントも「さらなる興奮をもたらす」とモウリーニョ監督は歓迎。

    出場チーム数の拡大は、「ソーシャルイベント」としてのW杯の価値をさらに高め、サッカーの普及をさらに促進するものだと語った。

    またモウリーニョ監督は、先月のクラブW杯で導入試験が行われたビデオアシスタントレフェリー(VARs)にも賛成意見を述べている。

    「プロであれば、このような進化を拒否することで試合に勝ったり負けたり、タイトルを獲得したり逃したりするわけにはいかない。審判はテクノロジーによる助けや保護やサポートを必要としている」と主張した。

    フットボールチャンネル 1/7(土) 9:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170107-00010005-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/22(木) 12:07:00.63 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、『スカイスポーツ』のインタビューで、「どんなにお金を詰まれた中国からの巨額オファーよりも、ユナイテッドからの新契約を選ぶ」と公言した。モウリーニョ監督は次のように述べている。

    「私がユナイテッドを愛していることをスタッフも知っているし、ここでの仕事を愛していることは周知のとおりだ」

    また、マルチェロ・リッピやアンドレ・ヴィラス・ボラスなど、欧州で実績ある監督が巨額のオファーを受けて中国リーグに新天地を求めるケースが多発している点について、「中国リーグからの巨額のオファーは誰にとっても魅力的だが、私はあくまでハイレベルな環境で指導をしたい。それに私はまだ53歳だ。現時点で中国のような場所で稼ぐつもりはない。ユナイテッドから新契約を提示されたら、迷わずそっちを選ぶ」と断言している。

    モウリーニョ監督は今シーズンから2019年夏までの3年契約でマンチェスター・Uの監督に就任。過去にポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリーなどに数々のタイトルをもたらしてきた“優勝請負人”ながら、今シーズンは古巣チェルシーのアントニオ・コンテ監督が首位を独走する一方で、第17節終了時点で首位とは勝ち点差13の6位に沈んでいる。
    2016-12-22_16h57_29
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000007-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 12:08:46.85 ID:CAP_USER9.net
    なぜマンチェスター・ユナイテッドを指揮するジョゼ・モウリーニョは、マルアン・フェライニを信頼して起用するのか。サポーターの間には疑問もあるかもしれない。

    フェライニはルイ・ファン・ハールが指揮を執っていた昨季も決して評価は高くなかったが、モウリーニョは開幕からポール・ポグバとフェライニの2人をインサイドハーフで起用してきた。

    今ではアンデル・エレーラやマイケル・キャリックも指揮官の信頼を掴んでいるものの、それでもモウリーニョはフェライニを試合途中から投入するなど積極的に起用している。これに対して米『ESPN』は、なぜフェライニを起用したがるのか?と疑問を投げかけている。

    というのも、フェライニは途中出場した場合でもそれほど良いパフォーマンスをしているわけではない。先日のエヴァートン戦では投入から2分後にPKを与えてしまい、勝ち点3を逃す原因となってしまった。これだけではない。

    スコアレスドローに終わったバーンリー戦では後半途中から起用されたが、同メディアによればフェライニは10本のパスを成功させ、1度ヘディングで競り勝っただけで、インターセプトもタックルも0回だった。1-1に終わったウェストハム戦では後半40分からロスタイムも含め10分間出場したものの、ここでもタックルもインターセプトも0だった。

    同メディアは中盤にフェライニを配置する考えがよく分からないようで、モウリーニョの采配に納得していない。恐らくサポーターの中にもフェライニを高く評価している人はそれほど多くはないだろう。サイズがあるパワータイプはモウリーニョが気に入りやすい選手だが、フェライニの起用を続ける必要はあるか。
    2016-12-08_13h27_26
    theWORLD(ザ・ワールド) 12/8(木) 10:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 15:57:04.29 ID:CAP_USER9.net
    【12月3日 AFP】欧州各メディアは2日、スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)に所属するクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)とイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)で指揮を執るジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督が、数百万ユーロ規模の「脱税」システムに関与した疑いがあると報じた。

    欧州12の新聞社による団体は、サッカー情報公開ウェブサイト「フットボール・リークス」において、サッカー界の中心における汚職疑惑の調査結果を、今後3週間かけて開示する意向を明かしている。

    これに対してロナウドとモウリーニョ監督サイドは、両者が英国とスペインの会計基準に完璧にのっとっていると反論している。

    独週刊誌シュピーゲルが入手した文書によると、スペイン1部リーグのレアル・マドリードに所属するポルトガル代表のロナウドは、「スイスと英領バージン諸島のタックスヘイブン(租税回避地)に1億5000万ユーロ(約180億円)を隠していた」という。

    同誌は「この額に基づくと、そのストライカーは560万ユーロ(約6億8000万円)しか支払っていない。全体のわずか4パーセントだ」と付け加えた。

    報道によるとロナウドは、「代理人のホルヘ・メンデス(Jorge Mendes)が構築したシステム」により利益を得ていたとされている。

    同団体によると、2009年から2014年にかけてロナウドは、「7480万ユーロ(約91億円)をバージン諸島に登記されているトリンというオフショア企業に経由させた」とされており、仏調査報道ウェブサイト「メディアパート」は、「彼は最終的にその一部を申告したはずだ」と報告している。

    さらにロナウドは、2015年から2020年にかけての広告権において、「3100万ユーロ(約38億円)の税金逃れをした」可能性もあるといわれている。

    一方、モウリーニョ監督は、やはりメンデス氏経由で、「英領バージン諸島の会社が所有するスイスの銀行口座に1200万ユーロ(約15億円)を隠していた」とされている。

    この件でモウリーニョ監督には、「スペインの税務監査を受け、罰金も含めて440万ユーロ(約5億3000万円)の支払いが言い渡された」という。

    2日の第一報は、ロナウドとモウリーニョ監督の敏腕代理人であるメンデス氏による「システム」を中心に伝えられた。

    これに対してメンデス氏が所有する代理人会社のジェスティフテは、ロナウドとモウリーニョ監督が「義務を最大限に重んじ、スペイン当局と英国当局に対応している」とコメントし、有名人の納税に関し各紙団体が「陰湿な」やり方で動いていると批判している。


    2016/12/03 14:00(パリ/フランス)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3110070?act=all

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ