海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モナコ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 12:52:23.88 ID:CAP_USER*.net
    モナコに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィが、同クラブを退団する可能性が浮上した。18日、イタリアメディア『メディアセット』が報じている。

    日本代表FW本田圭佑の所属するミランから7月にレンタル移籍をしたエル・シャーラウィ。契約には15試合出場で完全移籍が成立する条項が含まれており、すでに条件を満たしている。しかし、同選手は自身のキャリアを望み通りに描けておらず、早くも退団する見通しだという。

    一方、古巣ミランへ復帰することはないようだ。ミランを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督は攻撃のオプションを複数抱えており、エル・シャーラウィ獲得を希望していないと、同メディアは伝えている。
    2015-12-19_14h01_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00381040-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450497143/

     
    続きを読む

    2015-04-23_06h34_34
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/23(木) 05:54:58.38 ID:???*.net
    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグが22日に行なわれ、モナコとユヴェントスが対戦した。

    敵地でのファーストレグを0-1で落としたモナコ。ホームに帰ってきての第2戦は序盤から果敢にゴールに迫る。15分、ペナルティエリア右を細かいコンビネーションで繋ぐと、最後はベエナルド・シウヴァがシュート。アンドレア・バルザーリが足を伸ばして防いだが、あわやオウンゴールになりかける。19分には、ジョフレー・コンドグビアがエリア手前でボールを奪うと、振り向き様に左足シュートを放ったが、ジャンルイジ・ブッフォンの正面に飛んでしまう。

    慎重に守るユヴェントスは26分、アンドレア・ピルロが相手DFライン裏を突くような縦パスを入れるが、ダニイェル・スバシッチが飛び出し、シュートを打たせない。前半終了間際には、アルバロ・モラタか左サイドでボールを奪うと、エリア手前中央でパスを受けたカルロス・テベスが強烈なミドルシュートを放つも、ゴール右に外れる。スコアは動かず、前半を終える。

    モナコは後半開始からジェレミー・トゥラランに代えてディミタール・ベルバトフを投入する。50分、右サイド深い位置でFKを獲得すると、ファーサイドへと流れたクロスボールをジョアン・モウティーニョが折り返す。ゴール前で混戦となりチャンスを迎えたが、得点は生まれなかった。

    68分、ユヴェントスはモラタを下げて、フェルナンド・ジョレンテをピッチに送る。さらには体調不良で出場が危ぶまれていたアルトゥーロ・ビダルに代えて、ロベルト・ペレイラを投入する。

    やはりファーストレグでの1点が重いモナコ。前がかりで攻撃を仕掛けるが、ユヴェントスの守備を崩すことができない。ユヴェントスは90分にゴール正面やや遠い位置でFKのチャンスを得る。ピルロが直接狙ったが、惜しくもクロスバーを叩く。結局、初戦でアウェーゴールを許さず勝利したユヴェントスが、この試合をスコアレスドローに持ち込み、2002-03シーズン以来の準決勝進出を決めた。

    準決勝の組み合わせ抽選会は24日に開催され、準決勝ファーストレグは5月5日と6日、セカンドレグは同12日と13日に行なわれる。

    【スコア】
    モナコ 0-0 ユヴェントス
    (2試合合計:0-1)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00305017-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月23日(木)5時37分配信

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/chmp/chmp-10779485.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429736098/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/15(水) 06:42:23.85 ID:???*.net
    ユーヴェ、ビダルのPKでモナコにウノゼロ 4強進出に前進

    GOAL 4月15日(水)5時45分配信

    'ビダルのPKでユーヴェがモナコに先勝'

    14日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグ、ユヴェントス対モナコの一戦は、1-0でホームのユヴェントスが勝利した。

    ユーヴェは復帰したピルロがアンカーに入り、4バックでスタート。ペレイラがトップ下に入った。モナコはカルバーリョが間に合ったが、トゥラランはベンチにも入らず。マルティアルを1トップに起用し、モウティーニョがサポートしつつ、ピルロをマークする。

    立ち上がりこそ主導権を握るかに見えたユーヴェだが、ピルロが復帰初戦で今ひとつのコンディションということも影響したか、思うようにコントロールできず。逆に少ない手数で好機を演出したモナコに苦しめられた。

    モナコは10分、マルティアルが中盤からドリブルで前線の左サイドに運び、中央にパス。走り込んだカラスコがゴール前で決定機を手にするが、シュートはブッフォンに阻まれる。カラスコは11分にも中盤からドリブルで攻め上がり、そのままシュートするが、ここもブッフォンの壁は破れない。

    効率の良い攻撃を見せるモナコに対し、ユヴェントスは若き個のクオリティーを警戒して引き気味になり、苦しい時間帯が続く。

    それでも、ユーヴェは27分に一瞬の隙を突いて絶好機をつくる。マルキージオのクロスが、ファーでフリーとなったテベスに渡った。だが、慎重になりすぎたか、右足で合わせたテベスのシュートは力を欠き、スバシッチに楽々とキャッチされてしまう。

    安定した守備を見せるモナコに対し、それでもポゼッションから打開を図るユヴェントスは、45分にも決定機。テベスの見事なパスで、ビダルがペナルティーエリア内に抜け出す。完璧なトラップでチャンスを迎えたフリーのビダルだったが、シュートは大きく枠を外れてしまった。

    スコアレスで迎えた後半、モナコは立ち上がりからアクシデント。ディラルが負傷し、ベルナルド・ シウバとの交代を余儀なくされる。だが54分、そのB・シウバが決定機を手にした。ロングボールを中盤でうまく収めたカラスコのカウンターから、B・シウバがフリーでシュートするが、またしてもユーヴェ守護神に阻まれる。

    するとその直後、ついに試合が動く。ピルロのフィードに反応したモラタが、後方からチェックしたカルバーリョと交錯して倒れる。主審のジャッジはPK。モナコは抗議するが認められず、このPKをビダルが豪快に決めたユーヴェが先制した。

    ビハインドを背負ったモナコは、63分にコンドグビアが高い位置でマルキージオからボールを奪い、そのままシュートに持ち込むが、集中を切らさないブッフォンを破るには至らない。

    ジャルディム監督は71分、ラッジに代えてベルバトフを投入。4-2-3-1にシステムを変え、攻撃力を高めて得点を狙う。ベルバトフは直後のCKでクロスバーをわずかに越えるヘディングシュートを放ち、いきなり脅威を感じさせた。 だが、アッレグリ監督は74分、ピルロを下げてバルザーリを入れ、3-5-2に移行。守備力を高めると、 ユーヴェは最後まで集中を切らさず、指揮官の狙いどおりに逃げ切った。 セカンドレグは22日、モナコのホームで行われる。
    2015-04-15_09h39_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000031-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429047743/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 06:40:51.30 ID:???*.net
    【モナコ 0-2(2戦合計3-3) アーセナル CL決勝T1回戦2ndレグ】

    UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の2ndレグ、モナコ対アーセナルが17日に行われた。

    ホームでの1stレグを1-3で落とし、絶体絶命のピンチに立たされたアーセナル。過去にアウェイで2点差をひっくり返してラウンド16を突破したチームはなく、非常に困難なミッションに挑む。

    リーグ戦では4位と振るわないモナコだが、1stレグは戦前の予想を覆す会心の勝利。2ndレグは中盤の要トゥラランが出場停止から復帰し、ホームで準々決勝進出に向けた“守り”の戦いに臨んだ。

    勝ち抜けには3点以上が必要で、早い時間帯に先制点が欲しいアーセナルだが、序盤は思うような形でボールを持たせてもらえず、モナコの強固な守備ブロックに苦戦を強いられる。

    23分、アーセナルのFKにモナコのCBアブデヌールが頭で触り、最後はコシエルニーが詰めたが惜しくもクロスバー直撃。コシエルニーはオフサイドの判定を受けたが、その前に触っていたのは味方ではなく相手CBだったため、明らかな誤審だった。

    そして36分、アーセナルがついに待望の1点を手にする。ウェルベックのスルーパスに抜け出したジルーのシュートは一度GKスパシッチに止められたが、再びジルーが押し込み、2戦合計スコアを2-3とした。

    直後の38分、アブデヌールの中途半端なクリアを拾ったウェルベックが地を這う強烈なボレーシュートでゴールを狙うが、これは地面に倒れたアブデヌールにブロックされてしまい、追加点とはならない。

    先制で活気づき、ゴールを許して浮足立つモナコ守備陣を攻め立てるアーセナルは前半アディショナルタイムにウェルベックからジルーのラインで2度チャンスを作るが、いずれもGKスパヒッチの正面を突いてしまいゴールにつながらず。

    徐々に流れを引き戻しつつあるアーセナルは1点を先制して前半を終えた。

    後半に入ってとどめの1点を欲するモナコだが、持ち味のパスワークを取り戻したアーセナルに押し込まれてなかなか前に出ていくことができない。

    79分、左サイドを駆け上がったモンレアルのクロスに中央で合わせたシュートはモナコ守備陣に阻まれたが、クルザワがエリア内でまさかのパスミスを犯し、ボールは途中出場ラムジーの足もとに。

    最後はラムジーが落ち着いて決め、2-0。このゴールでアーセナルは2戦合計スコア3-3に追いついたが、モナコはアウェイゴールを3つ奪っているため、さらに1点が必要だ。

    続く83分、カソルラの絶妙なFKにジルーが飛び込むが、シュートはゴールライン上でGKスパヒッチにはじき出されてしまった。

    ラスト10分も攻め続けたアーセナルだが、勝利に必要な最後の1点が奪えず。この試合には勝利したものの、アウェイゴール1つの差に泣き、CLベスト16敗退となった。

    戦前は圧倒的不利と見られていたモナコだが、2試合合計でアーセナルを上回り、準々決勝進出を決めている。

    フットボールチャンネル編集部
    2015-03-18_07h08_47
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150318-00010005-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3月18日(水)6時37分配信

    スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/chmp/chmp-10767877.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1426628451/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 06:46:42.68 ID:???*.net
    モナコ、見事なカウンターでアーセナルに先勝。下馬評を覆す
    フットボールチャンネル 2月26日(木)6時39分配信

     チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグが現地時間25日に行われ、アーセナルとモナコが対戦した。

     大方の予想通り、アーセナルがボールを保持しながら攻撃の形を作る展開となる。立ち上がりから相手ゴール前へ攻め込む場面を作るも、堅い守備でグループステージを突破してきたモナコもしっかり対応している。

     次第にモナコも慣れ始め、アーセナルが攻めあぐねる時間も出てきた。それでも33分、早い攻めからエジルとサンチェスのコンビネーションで、アーセナルがシュートまで持ち込んだ。

     そんな中で迎えた38分、先制したのはアウェイのモナコだった。モウチーニョのパスを受けたコンドグビアがシュート。相手に当たりコースが変化してゴールに突き刺さった。

     ボールは握っていたアーセナルだったが、ビハインドを背負って前半を折り返した。

     52分、アーセナルはFKにジルーが飛び込むも、枠を捉えられず。

     直後の53分、得点を奪えないアーセナルを尻目にモナコが追加点を奪う。カウンターから一気に持ち込むと、最後はベルバトフが蹴り込み2-0とした。

     60分、アーセナルはジルーに代えてウォルコットを投入する。64分にはウォルコットが抜け出してシュート。GKが弾いたところにウェルベックが詰めるも決められない。


     それでもアディショナルタイム、アーセナルはクロスのこぼれをPA手前で拾ったチェンバレンがミドルシュートを決めて、ようやく1点を返した。

     しかし、試合はまだ終わらない。モナコが中盤でボールを奪うと、カウンターからカラスコが決めて3点目。不利と見られていたモナコが敵地でアーセナルを3-1で下した。

    フットボールチャンネル編集部
    2015-02-26_07h17_30
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010002-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424900802/

     
    続きを読む

    am1
    モナコに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、マドリッドに到着したようだ。スペインのジャーナリストが、ツイッターでJ・ロドリゲスがマドリッドに到着した様子を投稿している。レアル・マドリード移籍が迫っているようだ

     スペインのジャーナリストであるフアン・ガト氏は自身のツイッターで「ハメス・ロドリゲスがマドリッドに20分前に到着した。この写真は、バラハス空港でのものだ」とツイート。キャリーバックを持った同選手がマドリッドに到着した写真と共に掲載している。

     フランス紙『レキップ』は19日、レアルが提示する9000万ユーロ(約123億円)オファーをモナコが受け入れたと報道。さらにスペイン紙『アス』に よると、ハメス・ロドリゲスの移籍に関してレアルは、モナコですでに合意し、21日に契約を完了させるようだと伝えている。

     また、伝えられるところによると、マドリッド市内に「JAMES(ハメス)」と書かれた10番のレアルのユニフォームがすでに発売されているようだ。

     昨夏に4500万ユーロでポルトからモナコに移籍したJ・ロドリゲスは、10ゴール12アシストを記録し、チームの2位に導く活躍を披露。さらに、6月 に開催されたブラジル・ワールドカップではコロンビアのベスト8進出に大きく貢献し、6ゴールを挙げて大会の得点王に輝いていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140721-00213548-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-07-19_10h38_03
    W杯得点王に輝いたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(23=モナコ)のレアル・マド リード移籍が合意間近になったと17日付の英紙デーリー・メールが報じた。移籍金は6300万ポンド(約109億円)とされており、スペインの報道による とレアルと本人の間では基本合意しているという。

     レアルは同日にドイツ代表MFトニ・クロース(24)の入団会見を実施。さらにケガでコロンビアW杯代表入りを逃したFWラダメル・ファルカオ(28=モナコ)の獲得も目指しており、デーリー・メール紙は「究極のドリームチーム誕生か」と報じている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9059276/
    続きを読む

    am
     W杯ブラジル大会の得点王に輝いたコロンビア代表のMFハメス・ロドリゲス(23=モナコ)のRマドリードへの移籍決定が秒読み段階だと、17日付の英デーリーメール紙(電子版)が報じた。移籍金は6300万ポンド(約112億円)。

     スペイン・マドリードの地元紙の報道では、既にクラブと本人の間では口頭で合意しており、モナコとのクラブ間合意が残るだけだという。Rマドリードはア ルゼンチン代表MFディマリアをパリサンジェルマンに売却することで移籍金を手にする見込みで、ロドリゲスの高額な移籍金も問題にはならないと報じられて いる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140717-00000119-nksports-socc
    続きを読む

    bad3a669
     ブラジルW杯で得点王に輝いたコロンビア代表FWハメス・ロドリゲス(モナコ)のレアル・マドリー移籍話がまた一歩前進したようだ。スペイン『アス』は 15日、レアルとハメス・ロドリゲスの間で交渉が個人合意に至ったと報道。年俸は750万ユーロ(約10億円)となる見込みだ。

     しかし、クラブ間ではやや大きな壁がある模様。8000万ユーロ(約110億円)とされる違約金をどこまで減額できるか、移籍が噂されるドイツ代表MFサミ・ケディラ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの動向次第ともなりそうだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00137325-gekisaka-socc
    続きを読む

    topPhoto
    13日付のスペイン『マルカ』は、レアル・マドリーがモナコに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス獲得に近づいていることを一面で報じた。

    『マ ルカ』によれば、マドリーとモナコのドミトリー・ライボロフレフ会長は今週、マドリッドで2回にわたる交渉を行った模様。マドリー移籍願望を表明するJ・ ロドリゲスの慰留が困難と考えるライボロフレフ会長は、初めに移籍金1億1500万ユーロを要求したものの、マドリーは同額を8500万ユーロまで引き下 げたと見られる。フロレンティーノ・ペレス会長は最終的に、7000~7500万ユーロで獲得を実現させる意向という。

    同紙は両クラブの 今後の交渉において、マドリー側からの選手の譲渡などが、同オペレーションに含まれる可能性を示唆している。モナコはGKディエゴ・ロペス、DFファビ オ・コエントラン、MFカセミロ、DFペペの獲得に興味を持っており、ライボロフレフ会長はとりわけペペに魅力を感じているようだ。

    なお マドリーは、MFアンヘル・ディ・マリアの去就に関係なく、J・ロドリゲス獲得を決める方針とされる。しかしながら、マドリーから適切な評価を受けていな いとの理由で退団を決断したとされるアルゼンチン代表MFは、すでにパリ・サンジェルマン(PSG)と個人合意に至っている様子だ。ペレス会長とPSGの ナセル・アル・ケライフィ会長による同選手の移籍交渉は、移籍金6000万ユーロ前後で決着がつく見込みとなっている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9038594/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ