海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:モントリーヴォ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/11(火) 13:00:26.61 ID:CAP_USER9.net
    ミランに所属するイタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォが、心無いサポーターの発言に憤りを示した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が10日に報じている。

    6日に開催された2018年ワールドカップ欧州予選のスペイン代表戦で左ひざ前十字じん帯を断裂したモントリーヴォ。全治は6カ月になると伝えられていた。するとミランのサポーターからは、近年のパフォーマンスの不調もあって、SNSを通じて長期離脱を喜ぶ悪質なメッセージが寄せられていた。

    これに対しモントリーヴォは、まずは早期復帰を願うファンに対して感謝の意を示し、その後に悪意のあるファンに対して反応。

    「自分のけい骨やひ骨の骨折、全てのじん帯の断裂、そして死までを願う人々に愛情を示したい。他人に対する尊敬やマナーの観点で、人生において成長することを願っている」と皮肉を込めて怒りを示した。

    モントリーヴォのメッセージに関してミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は『ミランTV』のインタビューで、「単にファンへ対する怒りではなく、人を傷つけ、どんなことでも書き綴るソーシャル・ネットワーク上の人々全体に向けたメッセージだ」とコメント。同選手の心境を代弁している。

    SOCCER KING 10月11日(火)12時44分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161011-00502652-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/08(土) 14:13:35.43 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】サッカーイタリア代表のMFリカルド・モントリーボ(Riccardo Montolivo)が7日、2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)欧州予選のスペイン戦で膝を負傷し、6か月戦列を離れることが明らかになった。

    伊トリノ(Turin)で6日に行われた試合で、モントリーボはスペインのDFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)のタックルを受けて負傷していた。

    所属するイタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)は、モントリーボは左膝のじん帯を断裂していて手術が必要で、約6か月離脱することになると発表している。

    イタリア代表は9日にマケドニア戦を控えており、モントリーボの代役としてトリノ(Torino FC)から代表未キャップのマルコ・ベナッシ(Marco Benassi)が招集されている。【翻訳編集】 AFPBB News
    2016-10-08_15h33_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000024-jij_afp-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 11:08:09.99 ID:CAP_USER*.net
    今季初ゴールはチームに勝ち点3をもたらす決勝点となった。ミランの背番号10に、クラブの上層部からも大きな賛辞が寄せられている。

    アドリアーノ・ガッリアーニCEOも、先日亡くなったエルネスト・ブロンゼッティ代理人の名前を出しつつ、本田についてこのように述べた。

    「本田は長いことゴールを決めていなかったね。ブロンゼッティは本田獲得のためにすごく頑張ってくれた。この非常に優れた選手をここに連れてくるうえで、ブロンゼッティが決定的な存在だったんだ。本田はとても見事に中盤にバランスを与えてくれる。このフォーメーションで、彼とジャック(ジャコモ・ボナヴェントゥーラ)がいれば、我々はバランスが取れるんだ」

    ミハイロビッチ監督から本田とともに称賛されたキャプテンのMFリッカルド・モントリーヴォも、本田の活躍を喜んでいる。

    「本田は信頼できる選手の一人だ。ボールが外に出ない限り、彼は信じるんだよ。絶対的なタレントはないかもしれない。でも、こういう選手がいれば、チームの目標を達成できるんだ。彼がチームにいることを、僕はうれしく思っている」

    GOAL 2月15日(月)8時57分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000045-goal-socc

    写真
    no title
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455502089/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 11:38:18.91 ID:CAP_USER*.net
    ミランMF本田圭佑は17日、セリエA第20節フィオレンティーナ戦でフル出場した。キャプテンのMFリッカルド・モントリーヴォは、背番号10が「重要な選手」だと述べている。

    公式戦5試合連続で先発出場した本田は、ゴールやアシストこそなかったが、献身的な守備でチームに貢献。後半には自ら惜しいシュートを放った。ミラン専門サイト『milannews.it』は、本田に及第点の「6」をつけている。

    モントリーヴォはイタリア『メディアセット』で、本田について次のように述べている。『milannews.it』が伝えた。

    「ケイスケは、僕らの観客から愛されないかもしれない。でも、プレーへの注意力や戦術面で、彼は素晴らしい選手なんだ。僕らにとって重要な選手だよ。まるでDFのようなカバーリングをしてくれるんだ」

    一方で、これまで批判にさらされてきたモントリーヴォには、スタンドから拍手も送られ『milannews.it』で「6.5」と評価されたキャプテンは、喜びを表している。

    「うれしいよ。いつだって拍手はうれしいものだ。僕はピッチで常に全力を尽くしている。カルピ戦(コッパ・イタリア準々決勝)でも良かったと思うんだ。観客が違う反応をするのも普通のことで、結果次第ということが多い。僕らはしばらく前からうまくやれず、少し難しい状況だったからね」

    今季のリーグ戦で常に得点を挙げていたフィオレンティーナをシャットアウトしたミランは、FWカルロス・バッカとMFケヴィン=プリンス・ボアテングのゴールで2-0と勝利。6位に浮上している。
    2016-01-18_11h53_09
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000000-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453084698/

     
    続きを読む

     日本代表FW本田圭佑が所属するミランは30日、MFリッカルド・モントリーヴォのけい骨骨折が完治し、間もなくチームの練習に復帰することをクラブ公式サイトで明らかにした。

     ミランは、モントリーヴォの手術を行った医師2人の診察により、同選手の負傷箇所が完治したとの検査結果を発表。さらに、モントリーヴォがチームのトレーニングに加わる前段階にあることを併せて伝えている。

     モントリーヴォは今年5月、アイルランド代表との国際親善試合でけい骨を骨折。ブラジル・ワールドカップの欠場を余儀なくされ、これまで復帰に向けたリハビリを続けていた。
    2014-10-31_14h24_41
    http://news.livedoor.com/article/detail/9419209/
    続きを読む

    Montolivo-500x386
    「少し良くなったよ。長い道のりだ。手術から1カ月が経った。7月中旬に検査をする。11月より前に戻ることはないだろう」

    負傷によりワールドカップ(W杯)を逃し、新シーズンも開幕から2カ月は離脱することになるミランMFリッカルド・モントリーヴォが3日、このように語った。同選手はフィリッポ・インザーギ新監督について、次のように話している。

    「一部のチームメートに連絡したけど、みんな気合が入っていた。僕らはみんな同じ方向へ進んでいる。昨季のことは打ち消して、ミランを本来あるべきところに戻したい。インザーギ監督はスタートが待ち遠しいようだ。今日も連絡したけど、あらゆることをチェックしている。今のミランをリスタートさせるのに、正しいエネルギーと考えを持っていると思うよ。彼にとって、初めての本当のシーズンになる。でも、僕らはみんな彼ととともにいるよ」

    そこに、モントリーヴォ不在時にキャプテンマークを巻いていたMFカカーは含まれない。

    「彼にはあいさつと抱擁を送りたい。きっと、ベストの決断をしたんだよ。でも、近いうちにまた会えることを願っている」

    一方、クラレンス・セードルフ前監督については、このように話している。

    「正しい調和がなかった。会長とクラブはミランのための決断を下したんだ。今は、インザーギ監督にできるだけベストのチームを託すように、全力を尽くしている。特に補強すべきポジションがどこか、僕には言えないけど、チャンスがあればそれを逃してはいけないだろうね」

    退団に向かっていたものの、インザーギ監督のアシスタントとして残ることになったマウロ・タソッティ氏については、このように述べている。

    「マウロはミランなんだ。彼にはミランのDNAがある。このクラブがいかに重要なのか、いかに多くを与えてくれるかを理解させてくれる人なんだ。彼が残ったことは本当にうれしいよ」

    一方、イタリア代表がW杯でグループステージ敗退となったことについては、次のように語った。

    「4年前の南アフリカのように、こうやってうまくいかなかったときは、全員の責任だよ。(チェーザレ・)プランデッリ監督のことは残念だ。彼はとてもうまくやったけど、僕らがブラジルで準備してきたことをやれなかったんだ」

    「今後については、連盟がどう決めるかを見てみおう。経験豊富な鍛えられた指揮官を選ぶことは確かだろうね。何人か、チームメートに連絡してみたけど、ブラジルで何があったかは知らない」

    FWマリオ・バロテッリは特に批判の対象となっている。

    「僕らはマリオのことを知っている。彼の貢献が足りなかったということはない。責任は全員にあるんだ。おそらく、彼のクオリティーから考えれば、もっと多くが期待されていたかもしれない。でも、マリオはもう子供じゃないし、今やっているように責任を負わなければいけないと思う」
    http://news.livedoor.com/article/detail/9008968/
    続きを読む


    2014-04-14_06h13_43
    13日に行われたセリエA第33節、ミラン対カターニアの一戦は、1-0でホームのミランが勝利を収めた。MF本田圭佑は足首の負傷でメンバー外だった。

    3連勝でヨーロッパリーグ出場権への望みをつないでいるミランは、本田の代わりにポーリを起用。体調不良で前節ベンチスタートだったバロテッリも先発に復帰した。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00000036-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ