海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ユベントス

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/11(金) 10:18:54.99
    この数回はスペインサッカー界を長年にわたって支えてきたと言っても過言ではないレアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリードといったクラブの財政状況を見てまいりました。その中でもレアルは欧州チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の立役者でもあるポルトガルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドの売却を機になかなか立て直すことができておらず、そしてバルセロナもメッシを欠いた試合は落とすなど、好不調の波が大きくなりつつあり、アトレティコは150億円とも言われている大きな投資を行い、いよいよ2強時代から3強時代への変遷を感じさせる今シーズンとなっております。

    その中でC・ロナウドが活躍の場を移したイタリア・セリエA、ユベントス。その昔プラティニを擁してヨーロッパを制覇し、来日したことも記憶にある方々もいらっしゃるかもしれません。今回はそのユベントスの収支状況をのぞきつつ、C・ロナウドに始まり大きなお金を生みだすことができている裏側に迫りたいと思います。

    ユベントス自体は4億3000万ユーロ(約516億円)ほどの売り上げを計上しており、レアルやバルセロナとピッチ上では互角の戦いをすることができる戦力を誇っていますが、ファイナンス面をみると約半分ほどの規模になります。支出(コスト面)を見てみると、5億9000万ユーロ(約7億円)で、マイナス計上されています。しかもこれは昨シーズンだけでなく、この2シーズンにわたってマイナス計上されておりますから、新スタジアムに変わり、C・ロナウドを獲得し、という華やかで一見成功への道をたどっているかに見える裏側では実はお金がないということになります。この要因がどこにあるかを見てみると、インタンジブル・アモチゼイション(無形の減価償却費)がこの2シーズンにわたって1億ユーロ(約120億円)を超えており、この数字が圧迫しているように感じます。フットボール界の財務諸表を見るにあたり、この“無形の減価償却費"が示すものを考えなければなりませんが、これは選手の契約金である場合がほとんどです。過去、レアルが苦しんだのもこの無形の減価償却費、つまり分割払いによる選手の獲得金になります。スペインでは下部組織から上がった選手の契約金はここに含まれないことが多く、このカラクリを見抜くことがポイントになります。

    話をユベントスに戻しましょう。ここでポイントになるのが、どのようにしてこのマイナス計上を解消するのかということになりますが、基本的には選手売却によるキャピタル・ゲインをベースに考えます。つまり、5~10億円で取ってきた選手を30~50億円で売った場合の売却益を得るということ。おそらくですが、本来であれば本年度はその清算時期であったことは間違いありません。アレグリ体制でどうしても達成したかったCL制覇。なぜならば、過去数回にわかってリポートしてきましたが、それによって得られる収入は数十億円単位になり、これがあれば一気に解消され、選手を無理に売却する必要はなくなるからです。

    しかしながらチームのとった路線は監督交代、という荒療治。現戦力をベースに補強が必要になるというチームの向かいたい方向性とは真逆のベクトルです。この状況を打破するのはまさに過剰戦力の売却、もしくはビッグタイトルの獲得のどちらか。むしろ両方をバランスよく行う必要があります。

    とはいえピッチ上は絶対が存在しない世界。どんどん年を取っていく選手たち。そのような中でC・ロナウドの引退説(今夏母国メディアに「引退するのは来年かもしれないし、40歳、41歳まで続けるかもしれないし」と語った)。150億円近く費やし、さらにその選手が引退されてしまうという痛手をどのように解消していくのか、私はピッチ外のユベントスの経営手腕・かじきりがどのようなものになるのか、注目しています。年末から1月の選手移籍市場においてどのような動きを見せるのか、そしてFIFAファイナンシャルフェアプレーを回避するための策をどのように考えるのか、見てみましょう。
    2019-10-11_14h36_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10101024-nksports-socc
    10/11(金) 10:01配信

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/10/03(木) 21:04:43.25
    元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが現役引退を決断したようだ。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が2日に伝えている。

    現在33歳のマルキージオはユヴェントスの下部組織出身で、エンポリへレンタル移籍で加入した2007-08シーズンを除き、ユヴェントスに計25年間に渡って所属した。同クラブではイタリア・スーパーカップやコッパ・イタリア、7シーズン連続のセリエA制覇など多くのタイトル獲得に貢献した。

    マルキージオは昨夏にユヴェントスを離れてゼニトへ移籍。しかし、同クラブではひざの負傷に苦しみ、7月1日に双方同意の上で退団を発表していた。

    フリーとなっていたマルキージオに対しては、スティーヴン・ジェラード監督が率いるレンジャーズや中国のクラブが獲得に関心を示していた模様。しかし今回の報道によると、マルキージオは選手キャリアに終止符を打つことを決断したという。

    マルキージオの引退会見は3日にユヴェントスのホームスタジアムで行われる予定だ。また、同選手とユヴェントスは良好な関係を築いており、引退後はクラブのスタッフとして復帰する可能性もあるようだ。
    2019-10-03_21h47_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00985477-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 12:18:01.01
    ユヴェントス内部でフリーキックのキッカーの座をめぐって論争が起きている。セリエAにおけるクリスティアーノ・ロナウドのFK成功率が非常に低いことから、その道の名手であるミラレム・ピャニッチがキッカーを担うべきだという声が上がっている。

    これまで慣例的にロナウドがキッカーを務めていものの成功率は非常に低くユヴェントスでは合計24本のフリーキックを失敗している。その内訳は、壁に当てた回数が15本、枠外2本、枠内に飛んだ回数はわずか7本である。

    一方でピャニッチはわずか6回の機会で1本成功させている。

    現在ロナウドはFKを18本連続で失敗している。『AS』によればこれはセリエA史上カミッロ・チャーノ(連続21本失敗)に続くワースト第2位である。

    このデータを前に、監督サッリは今後ピャニッチにより多くの機会を与えるかもしれない。
    2019-09-27_12h57_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010005-sportes-socc
    9/27(金) 8:55配信

    続きを読む

    the-ball-488700_640

    1: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 14:44:12.89
    日本人じゃ絶対入れない気がする

    2: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 14:44:40.80
    psgは草
    昔パウレタとかがエースやったやろ

    4: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 14:45:13.99
    >>2
    ああ昔のことを今と錯覚してるおじいちゃんね

    3: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 14:45:11.58
    何のは話や

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 16:25:02.95
    ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの年俸額はセリエAの全選手中で1位であり、2位の選手の約4倍という突出ぶりだという。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が今季の選手年俸についての統計データを10日付で伝えた。

    同紙によれば、C・ロナウドがユーベで受け取る報酬は年間3100万ユーロ(約36億7000万円)。今季アヤックスからユーベに加入してC・ロナウドのチームメートとなったオランダ代表DFマタイス・デリフトがリーグ2位の年俸800万ユーロ(約9億4800万円)とされているが、その差は約4倍となっている。ただし、デリフトの年俸には別途400万ユーロ(約4億9400万円)のボーナスも設定されている。

    両者に次ぐのはインテルのFWロメル・ルカクとユーベのFWゴンサロ・イグアインの年俸750万ユーロ(約8億8900万円)。5位以下にはFWマウロ・ディバラ、MFアーロン・ラムジー、MFアドリアン・ラビオ、MFミラレム・ピアニッチとユーベの所属選手が続き、上位8人中6人がユーベの選手で占められている。

    C・ロナウドが受け取っている3100万ユーロは、パルマの所属選手全員の年俸合計額と同等。SPAL、ウディネーゼ、ブレシア、ヴェローナの各クラブは選手全員を合わせてもC・ロナウドの年俸額を下回っている。

    クラブごとの年俸総額が最も高いのは当然ながらユーベで、合計2億9400万ユーロ(約348億円)。2位インテルの2倍以上となっている。全20クラブの年俸総額は13億6000万ユーロ(約1612億円)となり、昨季の総額に対して約20%増。年々右肩上がりが続いている。

    なお、ボローニャの日本代表DF冨安健洋の年俸額は60万ユーロ(約7110万円)だとされている。チーム内では平均より低い金額となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00337941-footballc-socc
    9/11(水) 13:01配信

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/09/04(水) 10:43:31.68
    ユベントスが3日、35歳のイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが手術に成功したと発表。

    キエッリーニは現地時間8月30日に行われたトレーニングで右膝前十字靭帯損傷の大怪我を負った。クラブの発表によると、膝の手術は成功したという。ただし、離脱期間は約6ヶ月と予想されており、長期にわたって起用できない見通しとなった。

    ユベントスはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージに臨む選手リストを発表したが、キエッリーニはメンバー外となっている。シーズンの大半で主将のキエッリーニを失うことになるため、ユベントスにとっては大きな痛手と言えそうだ。
    kie-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00336918-footballc-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/03(火) 07:28:04.74
    ユベントスが2日、カリアリに所属する20歳の北朝鮮代表FWハン・グァンソンを獲得したと発表。

    クラブの発表によると、2023年6月までの完全移籍でチームに加入したという。ベントスにとって、クラブ史上初のアジア選手だ。まずはトップチームではなく、ユベントスのリザーブチーム(U-23)でプレーする見通しとなっている。

    ユベントスは2018年1月からグァンソンに注目していた。同年夏にも獲得に動いていたが契約は成立せず。それでも交渉は続けられていたようで、ようやく今回、ユベントスがグァンソンの獲得に成功している。
    juve-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00336783-footballc-socc
    9/3(火) 7:22配信

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/09/01(日) 11:04:07.82
    ユヴェントスがナポリに辛勝…ナポリDFクリバリの土壇場OGが決勝点に

    現地時間8月31日、セリエA第2節ユヴェントスvsナポリの一戦がアリアンツ・スタジアムで行われた。

    前半15分でマッティア・デ・シリオが負傷交代を余儀なくされ、ユヴェントスはダニーロを投入。するとその直後の16分、ドウグラス・コスタのお膳立てを受けたダニーロが右足でシュートを決め、ユヴェントスが先制。19分にはゴンサロ・イグアインが追加点を決め、ユヴェントスが2-0とリードを広げ、2点差で試合は折り返した。

    後半に入り、62分にクリスティアーノ・ロナウドがボックス内で決定機を迎え、ゴール左隅へと決めてユヴェントスは3-0とリードを3点に広げる。

    だがここからナポリの逆襲が始まり、66分、69分と立て続けにネットを揺らし、試合は3-2に。81分にはジョバンニ・ディ・ロレンツォが同点弾を叩き込み、わずか15分ほどで3点のビハインドから追いついた。

    このまま引き分けかと思われた後半アディショナルタイム、ユヴェントスはセットプレーのチャンスにボールをゴール前へと放り込むと、ナポリDFカリドゥ・クリバリがクリアミス。クリアしようとしたボールがそのままゴールへと吸い込まれ、これがユヴェントスの決勝点となった。公式記録でオウンゴールとなっている。

    4-3で勝利したユヴェントスはこれで開幕2連勝。1勝1敗となったナポリは敵地で王者ユヴェントスを追い詰めながらも、土壇場で勝ち点を取りこぼす結果となった。

    ■セリエA第2節
    ユヴェントス 4-3 ナポリ

    得点者
    ユヴェントス:ダニーロ(16分)、イグアイン(19分)、C・ロナウド(62分)、OG(90分)
    ナポリ:マノラス(66分)、ロサノ(69分)、ディ・ロレンツォ(81分)
    2019-09-01_11h31_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00010012-goal-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/25(日) 03:11:24.43
    8/25(日) 2:58配信
    セリエA開幕! C・ロナウド弾がVARで取り消しも…王者ユヴェントス、主将の決勝弾で9連覇へ白星発進

    イタリア・セリエAが24日に開幕し、王者ユヴェントスはアウェーでパルマと対戦した。

    9連覇を目指すユヴェントスは、新指揮官のサッリ監督が肺炎のため不在となった。アシスタントコーチのマルトゥシエッロ氏が指揮を執るチームは、GKシュチェスニー以下、最終ラインにデ・シリオ、キエッリーニ、ボヌッチ、アレックス・サンドロを起用。中盤にピャニッチ、ケディラ、マテュイディで前線はドグラス・コスタ、イグアイン、クリスティアーノ・ロナウドとなった。新戦力のデ・リフト、そしてディバラがベンチスタートとなっている。

    序盤の主導権争いから、先にスコアを動かしたのは前線のC・ロナウドが自由に動いてアクセントを付けるユヴェントス。21分、右CKはGKにパンチングされるも、跳ね返りに反応したA・サンドロがボックス手前からシュートを放つ。グラウンダーのボールをゴール前のボヌッチがコースを変えてゴールに流し込み、ユヴェントスが先手を取った。

    さらに攻めるユヴェントスは29分、イグアインのパスに反応したC・ロナウドに決定機。しかし、C・ロナウドがゴールエリア右から放ったシュートはわずかに枠の左にはずれる。それでも、C・ロナウドは34分、直前にシュートをはずした位置で今度は相手DFの動きを見つつ冷静にファーサイドにシュートを流し込む。しかし、VAR判定の結果、C・ロナウドがパスを受けた際にわずかにオフサイドとなっており、ゴールが取り消された。

    迎えた後半もユヴェントスが主導権を握る。しかし、やや攻撃が停滞すると、63分にはケディラを下げて新加入のラビオを投入し、活性化を図る。その後も、ドグラス・コスタ、イグアインに代えてクアドラード、ベルナルデスキを入れたユヴェントスはC・ロナウドを中心に追加点を狙う。

    結局、ユヴェントスは点差を広げることができなかったものの、リードを維持したままシャットアウト。敵地での開幕戦をモノにし、9連覇に向けて白星スタートを切った。

    ■試合結果
    パルマ 0-1 ユヴェントス

    ■得点者
    パルマ:なし
    ユヴェントス: キエッリーニ(21分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00010002-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/08/20(火) 21:46:41.16
    パリ・サンジェルマン(PSG)からの移籍の可能性が高まり、古巣バルセロナやレアル・マドリーからの関心が盛んに噂されるブラジル代表FWネイマールだが、ユベントスも移籍先候補に浮上しているという。ブラジル『グローボエスポルチ』が19日に伝えた。

    負傷の影響もあって今季のPSGでまだ試合に出場しておらず、クラブやファンとの関係悪化も伝えられるネイマール。スペイン復帰に向けた動きが報じられ続けているが実現には至らず、移籍市場の残り期間は2週間を切っている。

    PSGは代役となるFWを確保しない限りはネイマールの放出に応じない構えだとされており、その新戦力候補としてユーベのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラにも関心を示しているとみられる。PSGとユーベはすでにディバラの移籍に関して話し合いを行っていたが、その取引にネイマールも含める形が持ち上がってきたとブラジルメディアは伝えている。

    バルサやマドリーとの交渉が停滞していることもあり、ユーベは強力な対抗馬になる可能性があるとの見方も伝えられている。もしユーベへ移籍したとすれば、ネイマールはキャリアで初めてFWクリスティアーノ・ロナウドと共演することになる。

    しかし、実現はそう簡単ではないかもしれない。昨夏にC・ロナウド、今夏にDFマタイス・デリフトを獲得するなどすでに大きな投資を行っているユーベがネイマールを獲得するのは金銭面で非常に困難だという見方を伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』は伝え、「ポールポジションは依然としてレアル・マドリー」だと述べている。
    20190401_neymar_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00335081-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ