海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ユベントス

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/12(月) 09:18:26.44 ID:CAP_USER9.net
    現地時間11日、イタリア・セリエAは第12節が行われ、ミランとユヴェントスが対戦した。

    毎年、大型補強を繰り返しながらもチャンピオンズリーグ復帰が遠いミランと、すでにスクデット獲得は最低ノルマと化し、チャンピオンズリーグ優勝に心血を注いでいるユヴェントス。そのチャンピオンズリーグで公式戦初黒星を喫したが、公式戦連敗だけは避けたいところ。

    ミランとしては0-0の時間帯を少しでも長く続けたいところだったが、立ち上がりに失点を許してしまう。

    8分、左サイドのアレックス・サンドロが入れたアーリークロスを、ファーサイドのマリオ・マンジュキッチが頭で叩きつける。

    リカルド・ロドリゲスとのギャップを狙われた打点の高いヘディングはGKジャンルイジ・ドンナルンマも成す術なく、ユヴェントスがあっさりと先制した。

    11分には、クリスティアーノ・ロナウドの左クロスに再びマンジュキッチが飛び込むも、今度はアレッシオ・ロマニョーリが競り勝ってCKへと逃れる。

    その後も両サイドから厚みのある攻撃を仕掛け、ミランゴールへと迫るユヴェントス。反撃に出たいミランだが、ユヴェントスの素早い攻守の切り替えと高い位置からのプレッシングによってミスが多く、古巣対決に燃えるゴンサロ・イグアインまでほとんどボールを運ぶことができない。

    それでも38分、右サイドをドリブルで持ち上がったスソのパスを、ゴール前で受けたのはイグアイン。ここは対峙したメディ・ベナティアがブロックしたかに見えたが、イグアインが手で防がれたと猛抗議すると、VARの結果、ミランにPKが与えられる。これをイグアインがゴール左へと狙うが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがかろうじて触り、左のポストを叩いて外れる。

    同点に追いつく絶好機を逸したミランが1点ビハインドのまま迎えた後半、立ち上がりから積極的な入り方を見せたミランに対し、ユヴェントスは焦らずどっしりと構えてこれを受け切り、前半同様に自分たちのペースに持ち込んでいく。

    流れを変えたいミランは62分、サムエル・カスティジェホに代えてパトリック・クトローネを投入。66分にはカウンターからイグアインがチャンスを得るも、折り返しはベナティアがブロック。

    72分にも、高い位置でボールを奪ってミランがチャンスを得るも、イグアインのトラップ際をベナティアが狙ってボール奪取し、ピンチの芽を摘み取る。

    追加点を奪いに行くか、このまま逃げ切るか。判断を迫られる時間帯を迎え、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は74分、ミラレム・ピャニッチを下げてサミ・ケディラを投入する。

    同時に、ミランはハカン・チャルハノール、イニャツィオ・アバーテに代えてディエゴ・ラクサールとファビオ・ボリーニを投入し、交代枠を使い切る。

    ユヴェントスは79分にパウロ・ディバラを下げてドウグラス・コスタを投入。追加点を奪いに行く姿勢を見せる。

    すると迎えた81分、ラクサールのクリアを拾ったジョアン・カンセロがドリブルで切り込みペナルティーエリア内右からシュート。

    これはGKドンナルンマがはじいたものの、こぼれ球をC・ロナウドが押し込んで待望の追加点をゲットする。

    これで苦しくなったミランだが、84分にさらに追い打ちをかけるような出来事が起こる。
    ベナティアとの競り合いでファールを取られてイエローカードを提示されたイグアインが、フラストレーションを爆発させて主審に対し猛抗議。

    すかさず2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。C・ロナウドをはじめとしたかつてのチームメイトにも怒りを抑えられず、最後は目を潤ませてピッチを後にした。

    エースを失い、10人となったミランにユヴェントスからゴールを奪う力は残されておらず、時間を使って試合を終わらせたユヴェントスが勝ち点3を手にした。

    ■試合結果

    ミラン 0-2 ユヴェントス

    ■得点者

    ユヴェントス:マンジュキッチ(8分)、C・ロナウド(81分)
    2018-11-12_10h39_08

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000031-goal-socc
    11/12(月) 6:26配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163365.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表





    Ronaldo Scores Juventus 100th Goal At San Siro | Milan 0-2 Juventus | Top Moment | Serie A
    続きを読む

    2018-11-09_21h31_31

    1:風吹けば名無し:2018/11/09(金) 02:14:56.63 ID:kKPVVa5ax.net
    ユベントスぐうおしゃれ
    3:風吹けば名無し:2018/11/09(金) 02:17:10.61 ID:BXI6uyYf0.net
    レアルは?
    4:風吹けば名無し:2018/11/09(金) 02:18:51.35 ID:kKPVVa5ax.net
    >>3
    大抵のサッカーチームのごちゃごちゃの中ではまし
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/28(日) 07:46:29.34 ID:CAP_USER9.net
    【エンポリ 1-2 ユベントス セリエA第10節】

    現地時間27日に行われたセリエA第10節でユベントスは敵地でエンポリと対戦し、2-1の勝利を収めた。

    前節ジェノア戦で開幕から続いていた連勝が止まったユベントスは、ミッドウィークにマンチェスター・ユナイテッドとのチャンピオンズリーグがあり、コンディションに不安がある状況。28分、エンポリのカプートが先制点を決め、その不安はさらに増幅する。

    だが、後半に入ってユベントスが反撃。ペナルティエリアで転倒したディバラに対するファウルが取られてユベントスがPKを獲得すると、クリスティアーノ・ロナウドが決めて1-1とする。

    70分にはクリスティアーノ・ロナウドがチームを救う。ペナルティエリア右手前から右足でシュートを放つと、強烈なボールがゴール左隅に突き刺さった。

    クリスティアーノ・ロナウドはリーグ戦3試合連続得点。1試合複数得点は今季2度目となっている。

    苦しみながらも勝ち点3を手にしたユベントスは、暫定で2位ナポリとの勝ち点差を7とした。

    【得点者】
    28分 1-0 カプート(エンポリ)
    54分 1-1 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    70分 1-2 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    2018-10-28_08h42_45
    http://news.livedoor.com/article/detail/15509394/
    2018年10月28日 6時2分 フットボールチャンネル

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163342.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表



    Empoli 1-2 Juventus | Ronaldo Double In Juve Comeback | Serie A



    Ronaldo's Double Turns It Around At Empoli | Empoli 1-2 Juventus | Serie A
    続きを読む

    doanritsu20181018

    1:Egg ★:2018/10/27(土) 14:04:48.78 ID:CAP_USER9.net
    各国ビッグクラブが熱視線を送るフローニンゲンの日本代表MF堂安律について、『FOXスポーツ』イタリア版が25日、特集記事を組み、関心を示している。

    世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

    オランダ2年目のシーズンを過ごす堂安は今シーズン、ここまで開幕から全試合フル出場。最下位に沈むチームの中でも存在感を示している。今月行われたウルグアイ戦で初ゴールを決めた日本代表でも中心選手となりつつある堂安については、これまでマンチェスター・シティやPSV、さらにはユヴェントスやアトレティコ・マドリーからの関心が伝えられてきた。

    7年間にわたりイタリア王者に君臨するユヴェントスがリストアップしたことで、伊メディアは20歳の新星に注目。史上初となる日本人選手の獲得に向けて、期待を寄せている。

    「この選手の何が特殊なのか?国際舞台において技術レベルを見ても有望株の1人と言えるが、それに加えて若きウィンガーは日本代表選手だ。移籍が実現すれば、これまで日本人選手を獲得したことのないユヴェントスにとって史上初の出来事になる」

    2011年冬から7年間、インテルでプレーしたDF長友佑都や、2014年冬から3年半、ミランに所属したMF本田圭佑の事例を挙げ、イタリアの名門クラブにとって日本人選手の獲得がマーケティング戦略において有効であると指摘した。

    「(イタリア)北部のビッグ3のうちでユヴェントスが唯一、日本人選手と契約したことがないクラブだ。だがインテルのナガトモ、ミランのホンダの経験を踏まえると、ピッチ内での貢献の有無に関わらず、日出ずる国の選手が組織に所属していることで、非常に大きなメディアの注目を浴びることができる」

    今夏には、世界規模でのメディア効果を狙い、レアル・マドリーから世界最高峰のFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したユヴェントス。果たしてユーヴェは各国ビッグクラブとの堂安争奪戦を制することはできるのか、注目されるところだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000001-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/25(木) 12:33:43.02 ID:CAP_USER9.net
    フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律に各国ビッグクラブが注目している。イギリス『ミラー』が報じた。

    オランダ2年目のシーズンを過ごす堂安は今シーズン、開幕から全試合フル出場。最下位に沈むチームの中でも存在感を示している。今月行われたウルグアイ戦で初ゴールを決めた日本代表でも中心選手となりつつある堂安については、これまでマンチェスター・シティやPSVからの関心が伝えられてきた。

    さらに今回伝えられるところによれば、ユヴェントスとアトレティコ・マドリーも堂安の獲得に向けて熱を入れているようだ。マンチェスター・シティは1月に堂安を手中に収めたいと考えているようだが、争奪戦になる様相を呈している。

    一方でフローニンゲンは堂安を高く評価しており、現在500万ポンド(約7億2000万円)と評価される若き才能を最低でも来夏までは手放したくないとのこと。堂安がオランダで活躍を続ければ、さらに価値を高めてビッグクラブにわたる可能性も十分にありそうだ。

    10/25(木) 11:58 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00010000-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/24(水) 18:05:50.34 ID:CAP_USER9.net
    ユベントスFWロナウドは23日に古巣対決となった欧州CL1次リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で、ピッチに侵入してきたファンの1人とセルフィーを撮ったと、24日に英紙サン電子版が報じた。

    マンUを退団してから2度目のオールドトラッフォードでの試合。ロナウドを間近で見ようと、ファンの1人は同選手のもとへ走ったところ、追いかけてきた警備員にタックルをされたが、セルフィーを撮ることには成功したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00371476-nksports-socc

    画像





    続きを読む

    2018-09-30_11h42_11

    1:風吹けば名無し:2018/09/29(土) 10:35:00.96 ID:OIOLIQJ10.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000088-spnannex-socc
    FIFA最優秀選手賞に選出されたモドリッチについては「おめでとうと言いたい。人生には負けることもある。僕自身は15年間同じレベルをキープしてたことの自負がある」とも語った。

    ロナウドが負けた相手
    ナオトインティライミ
    モドリッチ ← new
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 06:08:24.50 ID:CAP_USER9.net
    自身の得点機はことごとく逸したが…

    9月29日、セリエA第7節が行なわれ、ユベントスは3-1でナポリを下した。
     
    勝点3差で迎えた首位攻防戦。試合は、ここまで全勝を維持しているユベントスのホームに乗り込んだ2位ナポリが、最初に主導権を握る。
     
    テンポ良くパスを繋ぐアウェーチームは、開始5分でジエリンスキが右ポストを叩くシュートでユベントスDF陣に冷や汗をかかせると、10分、ボヌッチのパスをカットしたアランからスルーパスを受けたカジェホンが、ゴール前でファーサイドに折り返し、これをフリーのメルテンスが押し込んで先制ゴールを挙げた。
     
    リードされたユベントスだったが、流れをC・ロナウドが変える。9分にピャニッチのパスを受け、エリア外からファーストシュートを放った背番号7は、14分にも浮き球をコントロールしながら2本目の惜しいミドル。ここから、ホームチームが攻勢に立った。
     
    ボールポゼッションを上げ、敵陣深くでボールを回せるようになったユベントスは26分、C・ロナウドが左サイドでヒサイをフェイントでかわしてクロス。これをマンジュキッチが跳躍しながら頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。
     
    勢いに乗ったユベントスはさらに29分、C・ロナウドが倒されて得たエリア左角のFKを彼自身が蹴り、GKオスピナにゴールライン上でセーブされるも、こぼれ球を拾ってキエッリーニらが好機を得る。その直後にも、CKからジャンが惜しいシュートを放った。
     
    高い位置でナポリにプレッシャーをかけ、相手ゴールに近い位置でボールを奪取するユベントスは分厚い攻撃を次々に仕掛け、カンセロ、ディバラがフィニッシュに持ち込んでいく。
     
    一方、劣勢となったナポリは43分、久々にチャンスを作り、左SBのM・ルイがカットインからシュートを放つが、枠をわずかに外れてこれを活かせなかった。
     
    後半、ファーストチャンスをモノにしたのはユベントスだった。49分、エリア左外でディバラからボールを受けたC・ロナウドがすかさずゴール左隅へシュート。オスピナは何とか触れるも、ボールはポストにはね返ってファーサイドに飛び、これを走り込んだマンジュキッチがダイレクトで詰めて逆転に成功した。
     
    ここからナポリは反撃に転じ、幾度も相手ゴール近くまでボールを運び、ピンチに結びつきそうな場面も作ったが、59分にM・ルイがディバラの足を踏みつけて2度目の警告を受けてしまい、追い風ムードに水を差してしまう。
     
    ユベントスがややペースを落としたことで、その後も数的不利のナポリは敵陣で長くプレーを続けるが、要所は抑えられ続ける。72分、カジェホンがスルーパスを受けてようやく決定機を迎えるも、切り返してのシュートはGKシュチェスニーの好守に遭ってゴールネットを揺らせない。
     
    76分、ユベントスは久々の攻撃で、左サイドのC・ロナウドが中央へ。これを受けたピャニッチのシュートは相手DFに当たるも、これで得たCKをC・ロナウドが頭で軌道を変えて後方に流すと、ボヌッチがスライディングで詰めて3点目のゴールを挙げた。
     
    全ゴールに絡んだC・ロナウドは直後、自身に得点機が訪れるもオスピナに防がれ、83分にもマンジュキッチのスルーパスで完全に抜け出してシュートしたが、ボールが突き刺さったのはサイドネットの外側。アディショナルタイムのベルナルデスキのクロスを受けてのヘッドも、枠を捉えられなかった。
     
     ユベントスは先制されるも、終わってみれば王者の貫禄を見せ、スクデット争いの最大のライバルになるであろう相手に快勝を収めて、開幕から続く連勝を7に伸ばした。

    9/30(日) 3:17 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00047964-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ