海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ユベントス

    1: 風吹けば名無し 2020/06/29(月) 11:58:35.29
    バルサ&ユーヴェの大型トレードは29日にも正式発表へ…総額156億円のビッグディールに
    2020-06-29_20h48_37

    https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200629-00010015-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/23(火) 13:45:36.99
    no title


    22日のユヴェントス戦にフル出場したボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋について、イタリア紙『レプブリカ』のボローニャ版などが評価を下した。

    ボローニャは22日、セリエA第27節で王者ユヴェントスとホームで対戦。22分にステファノ・デンスヴィルがPKを献上してクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許すと、36分にパウロ・ディバラに強烈なミドルシュートで追加点を決められた。ボローニャはこのまま0-2で敗れている。

    21歳の冨安は右サイドバックとしてフル出場。35歳のポルトガル人スーパースター、C・ロナウドとマッチアップして奮闘した。イタリア紙のボローニャ版は冨安のパフォーマンスについて及第点の「6」と採点。

    「(リッカルド)オルソリーニのサポートも受け、C・ロナウドとのデュエルでは規律のとれたプレーを見せた。相手にチャンスを与えすぎることもなかった」と綴り、ポルトガル代表FWをある程度抑え込んだことを評価した。

    また、『ボローニャ・トゥデイ』や『ユーロスポーツ』はチーム内最高評価となる「6.5」を与えて称えた。

    前者は「おそらくボローニャのMVPは彼。パフォーマンスは最高とは言えないが、間違いなく良かった」とコメント。後者は「全体的にC・ロナウドをよく抑えていた。開始直後のシーンは別として、それほど簡単にすり抜けさせなかった」との見解を示した。

    『トゥット・メルカートウェブ』も同様にチーム内最高点の「6.5」を与え、「C・ロナウド相手には上手く立ち回り応対するしかない。相手のレベルを考慮すれば本当によくやっていた」と賛辞を贈った。

    伊メディアの辛口評価も

    一方、『メディアセット』や『コリエレ・デッラ・セーラ』は及第点に満たない「5.5」と採点。

    辛口の評価となった。前者は「彼のサイドにはC・ロナウドがおり、前半は苦労していた。後半に入り良くなったが、(シニシャ)ミハイロヴィッチは彼に対し、攻撃参加やパーソナリティをより求めている」と課題を提示。後者は、「C・ロナウドのフェイントに何度も引っかかってしまった」と寸評した。

    6/23(火) 11:40 GOAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/81770298d6759d20c9d126b5b025a2f3c65fc27a

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/06/23(火) 06:52:00.28
    セリエA第27節、ボローニャvsユベントスが22日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

    中断前、1分け2敗と3戦勝利のなかった10位ボローニャ(勝ち点34)は、今季のユベントスとの1stマッチを負傷欠場していた冨安が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。

    一方、再開後のコッパ・イタリア2試合で低調な試合を演じ、ナポリ相手に優勝を逃した首位ユベントス(勝ち点63)は、2位ラツィオに1ポイント差とされている中、ナポリ戦で負傷したアレックス・サンドロが欠場。3トップは右からベルナルデスキ、ディバラ、C・ロナウドで形成した。

    冨安がC・ロナウドとマッチアップした中、まずはユベントスに決定機。7分、ボックス左から中に切れ込んだC・ロナウドがオンターゲットのシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。

    オープンな立ち上がりとなった中、ユベントスは21分にPKを獲得する。左CKの流れでデ・リフトがデンスウィルに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをC・ロナウドが決めてユベントスが先制した。

    先制後はユベントスが敵陣でのプレーを増やした中、36分に加点する。ベルナルデスキのパスを受けたペナルティアーク中央のディバラが左足を一閃。パーフェクトなシュートがゴール左上に突き刺さった。

    ユベントスが2点をリードして迎えた後半、開始7分に決定機。冨安の背後でスルーパスを受けたボックス左のC・ロナウドがシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。

    1分後にもベルナルデスキのミドルシュートが左ポストに直撃したユベントスは、65分に負傷したデ・シリオに代えてダニーロを投入。

    前がかるボローニャに対し、終盤にかけては守備に徹したユベントスがダニーロの退場があったものの、シャットアウト。リーグ再開初戦を制し首位をキープしている。
    2020-06-23_09h38_41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/074fab93d66108be3743823d350ef98b786df8ab

    続きを読む

    img_4c7fce3eea410e306044ad1274b9e82e143352
    1: 風吹けば名無し 2020/06/10(水) 10:26:29.90
    破談と思われていたピアニッチとアルトゥールのトレード移籍がほぼ確定
    近々発表とのこと
    リヨンの司令塔で人気銘柄アワールもユベントス入りがほぼ確定とのこと

    【来季の予想フォーメーション】
    クリスティアーノ・ロナウド
    ディバラ
    アワール
    ラビオ
    アルトゥール
    ベンタンクール
    ボヌッチ
    デリフト
    サンドロ
    クアドラード
    シュチェスニー

    【控え】
    イグアイン
    ドウグラスコスタ
    ベルナルデスキ
    クルゼフスキ
    ラムジー
    マトゥイディ
    ケディラ
    キエッリーニ
    デミラル
    ルガーニ
    ダニーロ
    デシリオ
    ブッフォン

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/06(月) 11:48:34.66
    コロナウイルスの影響でヨーロッパの大部分のリーグは休止状態となっているが、ユヴェントスのスター選手であるクリスティアーノ・ロナウドは今も注目を集めている。

    2019/2020シーズン、ロナウドはユヴェントスで2シーズン目を過ごしていた。

    しかし、クリスティアーノ・ロナウドのトリノでの将来には疑問符がついている。

    『Calciomercato』によると、ユーヴェのスーパースターであるロナウドはレアル・マドリー退団を惜しんでおり、前クラブとの再会を望んでいるという。

    ロナウドはユーヴェで満足していないと伝えられており、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドからの関心があることを伝えられている。

    しかしながら、同紙によると、ロナウドはマドリーに目を向けているが、35歳のスーパースターの移籍金が高くなってしまうことがネックとなっている。
    2020-04-06_13h56_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010000-sportes-socc
    4/6(月) 6:50配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/02(木) 20:26:38.41
    イタリア・セリエAで8連覇中のユベントスが、新型コロナウイルスの影響による収入減のためポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)を放出する可能性が浮上した。1日付のスペイン紙マルカが報じたもので、移籍先候補にはマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)かパリ・サンジェルマン(フランス)が挙がっているという。

    新型コロナウイルスの影響で、イタリア随一のビッグクラブであるユベントスでさえも選手の給与をカットするなど経営的に厳しい状況に陥っている。手取りで3100万ユーロ(約37億2000万円)とされるC・ロナウドの高給を支払い続けるのが難しくなってきており、クラブと本人が合意の上で退団する可能性が高まっているという。

    移籍先の最有力候補は、C・ロナウドが2003~09年プレーした古巣のマンチェスターU。本人が過去に復帰を望む発言を繰り返しており、クラブにも高給を支払える経営的基盤がある。またパリSGはブラジル代表FWネイマールか、フランス代表FWエムバペが移籍する場合は、その穴埋めとして獲得に動く可能性はあるという。

    イタリアでは新型コロナウイルスの死者が世界最多の1万3000人を超えるなど深刻な感染拡大が続いており、3月9日から中断しているセリエAなど国内公式戦は再会の見通しが立っていない。ユベントスは3月28日に選手、監督と3~6月の給与カットに合意。公式戦が再開すればカット額について再交渉するとしているが、合計で約9000万ユーロ(約108億円)の削減になるという。

    4/2(木) 17:49配信
    2020-04-02_21h35_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000202-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/29(日) 12:27:59.59
    ユベントスは現地時間28日、トップチームの全選手とマウリツィオ・サッリ監督の給与を一部カットすることで合意に達したと発表した。

    新型コロナウイルスの影響で全てのクラブが危機に瀕している状況で、ユベントスは選手や監督と交渉。主将を務めるDFジョルジョ・キエッリーニの呼びかけもあったようで、給与の一部カットが合意に達した。

    対象となるのは3月から6月までの給与で、クラブにとって約9000万ユーロ(約108億円)の節約につながるとのことだ。

    事前の報道によると、3100万ユーロ(約37億円)の年俸を受け取っているFWクリスティアーノ・ロナウドは、380万ユーロ(約4億6000万円)ほどの減給になる。

    ユベントスでは、DFダニエレ・ルガーニがセリエAで初の新型コロナウイルス感染者となり、FWパウロ・ディバラらに陽性反応が出た。ユベントスは他クラブに模範を示したいという意欲もあり、イタリアでいち早く給与カットに動いたとされている。
    2020-3-10_CRonald_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200329-00368749-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/26(木) 00:38:31.84
    ポルトガルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドはユヴェントスでの冒険を終わらせたいと考えているようだ。

    ロナウドは2018年にラ・リーガのレアル・・マドリーからセリエAのチャンピオンであるユヴェントスに移籍し、2シーズンが経っている。『Diario GOL』によると、クリスティアーノ・ロナウドはユヴェントスを退団する場合、パリ・サンジェルマン(PSG)またはマンチェスター・ユナイテッドに加入したいと考えているようだ。

    PSGは5回バロンドールを受賞しているロナウドをキリアン・エムバペと組ませたいと考えており、既にオファーを準備しているとも伝えられている。また、ロナウドにとってかつてプレーしたユナイテッドからもオファーを受けているという。チャンピオンズリーグ出場権の有無にもよるが、35歳の同選手は古巣でかつての栄光の日々を取り戻したいと考えている。

    3/25(水) 19:32配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00010014-sportes-socc
    no title

    続きを読む


    ユベントスが17日、チームに所属する32歳のフランス代表MFブレーズ・マテュイディが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表。現在は自宅隔離を行なっており、無症状で元気だという。  

    先日、イタリア代表DFダニエレ・ルガーニの感染が確認されており、ユベントスにおいては2人目の新型コロナウイルス感染者だ。共通しているのは、いずれも症状は軽く重症化していないということ。  


    イタリアにおける全ての国内スポーツは中断されており、セリエAは4月3日まで試合が開催されない。そのような状況の中、サンプドリアやユベントスで新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したという発表が相次いで出されている。
    2020-3-18_Matuidi_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200318-00367330-footballc-socc続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/12(木) 07:40:05.16
    ユヴェントスは11日、DFダニエレ・ルガーニに、新型コロナウイルス陽性反応が出たことを明らかにしている。

    欧州でも多くの感染者が発生しているコロナウイルス。特にイタリアは欧州で最も流行している地域で、12462人の感染者が確認された。すでにセリエAは中断されることが決定している。

    そんな中で、ユヴェントスはルガーニの新型コロナ感染を発表。声明では「現在は無症状」としつつ、「彼と彼と接触した人の調査をし、隔離の手続きを行う」とした。なお、セリエAの選手では初の感染者となっている。

    ルガーニは今シーズン、公式戦ではわずか7試合の出場のみ。直近、8日に行われたインテル戦は無観客試合だったが、ルガーニはベンチで90分間を終えている。
    2020-03-12_08h04_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00010005-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ