海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ユベントス

    1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 13:21:30.99
    ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今シーズン終了後に退任することがクラブの決断であると認めた。

    2014年から5シーズンにわたってユヴェントスを指揮したアッレグリ監督。セリエA3連覇を成し遂げたアントニオ・コンテ前監督の後を継いだ同指揮官は、在任中に5度のスクデット獲得、4度のコッパ・イタリア制覇など11個ものタイトルを獲得する。しかし、同クラブの悲願であるチャンピオンズリーグでは、2014-15、2016-17シーズンと2度の決勝進出を果たすも、ビッグイヤー獲得には至らず、今シーズンに関してはベスト8で敗退した。

    イタリア国内では突出した力を持つユヴェントスだが、CL制覇にまたしても手が届かなかったことを受け、17日にアッレグリ監督の退任を発表。そして、翌18日に行われた会見で、同指揮官は残り2試合でクラブから離れる経緯などについて語った。

    「イタリアでこれからも成功を収め続け、チャンピオンズリーグでも最高の結果を残せるポテンシャルを持ったチームから私は離れる。残念ながら、今シーズン我々はいくつかの場面で良い結果を残せなかった。そして、ユヴェントスの将来にとって何がベストであるかを議論した」

    「その結果、クラブは私が新シーズンの指揮を執らないことがベストであると決めた。ただし、私と会長の(アンドレア)アニェッリ、ディレクターの(パヴェル)ネドヴェド、(ファビオ)パラティッチとの関係は最高のままだ。今はチームを去るのにベストなタイミングだ」

    また、将来については「これからどうなるかはわからない。少しばかり休憩も必要だ。7月15日が過ぎれば仕事に戻りたくなると感じるかもしれないし、これからの状況を見極めることになるだろう。もしくは、1年間自分自身や家族のために時間を費やすかもしれない。いずれにせよそのうちわかるだろう」と言及するに留めた。

    アッレグリ監督は、20日のアタランタ戦で本拠地アリアンツ・スタジアムでのラストゲームを迎え、26日のセリエA最終節サンプドリア戦が5年間の集大成となる。
    2019-05-19_18h17_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010008-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/13(月) 07:42:15.78
    2019-05-13_09h44_29
    初参戦のセリエAでも違いを見せつけたC・ロナウド。(C)Getty Images
    ユベントスでもゴールとアシストを量産する。

    昨夏にレアル・マドリーからユベントスに移籍したクリスチアーノ・ロナウドは、初参戦のセリエAでも期待に違わぬクオリティーを見せつけている。
     
    開幕3試合こそ不発に終わったが、4節のサッスオーロ戦で初ゴールを決め、以降は順調に結果を積み上げる。35節終了時点での21ゴールはファビオ・クアリアレッラ(サンプドリア/25点)とドゥバン・サパタ(アタランタ/22点)に次ぐ得点ランク3位、11アシストはアレハンドロ・ゴメス(アタランタ)と並ぶリーグトップだ。
     
    ラ・リーガよりも守備戦術が緻密で、しかも段違いにハードなセリエAで、34歳ながらこれだけの成績を残しているのは流石だろう。ユベントスのセリエA8連覇に決定的な貢献を果たしている。
     
    今シーズンも残り3試合となりセリエA公式YouTubeは、そんなC・ロナウドのセリエA1年目をまとめたハイライト動画を配信。物語はマドリー時代の昨シーズンのCL準々決勝ファーストレグで、ユベントス相手に決めたバイシクルシュートにユベントス・ファンが落胆する様子からスタート。その3か月後にトリノに降り立って世界中に衝撃を与え、セリエAでゴールやアシストを重ねていくという内容だ。
     
    エモーショナルな音楽も特長的なこのハイライト動画には、多くのサッカーファンが反応。コメントの書き込みが殺到した。
     
    「真の史上最強」
    「マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、そしてユベントスで魔法を見せた。なんて選手だ」
    「現代のフェノーメノ(怪物)」
    「王であり神」
    「いきなりユベントスで伝説を作った」
    「まさにゴールマシーン」
    「メッシはバルサ専用だが、ロナウドは違う」
    「GKの存在を無力化するプレーヤー」
    「守備が半端ないセリエAでもこれだけ凄いとは。メッシにできるか?」
    「来年こそはビッグイヤーを」
    「これは3000回観たい動画だな」
    「メッシよりも上」
     
     C・ロナウドがセリエAにもたらしたインパクトの大きさを物語る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00058341-sdigestw-socc
    5/10(金) 17:04配信

    https://www.youtube.com/watch?v=AEv02iQa-lI


    Cristiano Ronaldo: his first year as a Bianconero | Serie A Extra | Serie A

    https://www.youtube.com/watch?v=dc_Gn1oCyQM


    Roma 2-0 Juventus | Roma Break Through Defending Champion Juve's Resistance | Serie A

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/09(木) 16:09:49.22
    獲得の必須条件は…ルカク、ポグバ、デ・ヘアの3人がチームを去ることか

    マンチェスター・ユナイテッドは今夏の移籍市場で大型補強に動くと見られている。そんななか、ターゲットの1人だったユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・デイバラと、「原則的に合意した」と英紙「デイリー・スター」が報じた。移籍金は8600万ポンド(約123億円)になるという。

    25歳のディバラは、2015年にパレルモからユベントスへ移籍。加入初年度から19ゴールを挙げるなど、3年連続で二桁得点を挙げ、リーグ優勝に貢献した。だが今季、レアル・マドリードからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入すると出場機会が減少。公式戦10ゴールこそ記録したが、リーグ戦は27試合5得点にとどまり、満足のいくシーズンを過ごせていない。

    今夏の移籍市場ではレアルやバルセロナがディバラ獲得に関心を寄せていたが、先日フットボールコンサルタントのイアン・マクガリー氏が大胆な主張をしたことでユナイテッド入りが大きく噂されている。

    「ユナイテッドがディバラへの関心を表明したというイタリアの報告があったが、我々の情報源が伝えているところで言うと、実際にはユナイテッドがユベントスからディバラを引き抜くためにかかるであろう8600万ポンド(約123億円)の買収条項を支払うことで原則的に同意したようだ」

    もっとも、この話には続きがあり、記事では来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を失ったユナイテッドは、ディバラを獲得するには3選手がチームを去る必要があるしている。それがベルギー代表FWロメロ・ルカク、フランス代表MFポール・ポグバ、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの3人だ。

    チームの中核を担う彼らがチームを離れた場合、中盤や前線の補強が急務になることは間違いない。そのなかでディバラという選択肢は、チームの強化へとつながるだろう。

    2019.05.09フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/187803

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/06(月) 02:16:55.30
    5/5(日) 21:01配信
    footballista
    ユベントスが縦縞でなくなる? 不信感か、新しいものへの興味か
    文 神尾光臣

    伝統の白黒縦縞から大胆なイメチェン?

    「ニュースを見た。あれは3rdか4thユニフォームであってほしいと思う。シエナのパリオ(古式競馬)の騎手が着る服みたいだ。私なら変えないし、多くのファンも賛成していないだろう。重要なのはユベントスが勝つことなので、それに比べれば些細なことだろう。でもユーベの伝統といえば白と黒の縦縞で、ファンだって思い入れがある。世界にもあの縦縞で認識されているんじゃないのかね」

    80年代にユベントスの正GKとして活躍したステファノ・タッコーニが先月、こんなコメントをした。ユベントスの来シーズン用の1stユニフォームが大きく変わるというニュースが流れたのだ。

    伝統の縦縞ではなく、白と黒の大胆な切り替えに、1897年に発足した際のチームカラーであったピンク色の縦線が一本入る。フルアムのそれとあまりに似ているため、同クラブの公式ツイッターが「常に我われの影にいる」などとジョークを飛ばしたほどだった(現在は削除されている)。

    そして4月24日、イタリアの各紙は「正式に変わることになった」と一斉に報道した。変更の理由はマーケティング、それも海外を睨んだものだという。『イル・ジョルナーレ』紙は「白と黒の縦縞はアメリカだと審判のユニフォームとして認識されるもので、それを嫌って変更された」と報じている。

    賛否両論、でも時代は変わってきている

    このようなユニフォームの大胆な塗色変更は、これまでにも様々なクラブで行われている。そして、そのたびに物議を醸した。

    白地に十字のユニフォームを伝統としていたパルマは90年代後半、黄色と青の横縞のユニフォームへと変更し、ファンからはいまだに恨みを持たれている。13-14シーズンにはインテルが赤色の2ndユニフォームを発表したが、ミランのチームカラーでもあることからファンの怒りを買った。ウルトラスからは他のファンに向けて「アレを買ってスタジアムに行くことを禁ずる」といった発表までされたのだ。

    さて、来季のユーベの1stユニフォームについて、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が実施したアンケートでは実に75%のファンが反対を表明している。ただ、ユーベファンの声を生で拾ってみると、賛成意見も意外に多かった。「見た目が単純にカッコイイ」とは30代の男性ファン。「個人的にはシマウマ模様が好きだけど、ロゴが大胆に変更されても結局受け入れられたのだから、今回もそうなるだろう」と筋金入りのユベンティーノを自認するジャンパオロさんは語った。

    どこのクラブも、とりわけユベントスは海外市場への訴求を強めている。「(マーケティングに強い)NBAではユニフォームの塗色変更が頻繁に行われているが、それで議論は起こっていない。最終的には不信感よりも新しいものに対する興味が勝る」。スポーツマーケティングに携わる者の間ではそんな話がされているというが、そういう価値観のもとで各クラブがマーケティング戦略を図る流れは今後も強まりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190505-00010001-fballista-socc
    ユベントスと言えば白黒縦縞。だが来季からは……?(Photo: Getty Images)
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/24(水) 18:14:52.91
    イタリア・セリエAのユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが同クラブに、獲得してほしい選手の候補6名をリストアップして提出したようだ。スペイン『アス』などが現地時間の23日に報じた。

    現地時間の20日にセリエA第33節の試合が行われ、ユベントスはフィオレンティーナと対戦し2-1の勝利をおさめた。これにより、ユベントスはセリエAで8連覇を達成。そして、ロナウドはイングランドとスペイン、イタリアの異なる三ヶ国のリーグで優勝を果たした史上初の選手となった。

    同メディアによると、ロナウドは契約満了となる2022年までユベントスに残留することを示唆し、さらに同選手がユベントスに対して、6選手の獲得を進言していると報じられている。

    古巣レアル・マドリーからはフランス代表DFラファエル・ヴァランとスペイン代表MFイスコの二人。その他にはローマDFコスタス・マノラス、リヨンMFタンギ・エンドンベレ、フィオレンティーナFWフェデリコ・キエーザである。そして、ベンフィカに所属する18歳のU-21ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの名前も挙げたようだ。フェリックスは”ネクストロナウド”呼ばれる逸材である。

    果たして、ユベントスはこの6選手の中から選手を獲得することになるのだろうか。
    20190421_cr_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00318903-footballc-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/21(日) 03:00:16.75
    4/21(日) 2:51配信
    ユーヴェ、セリエA記録更新の史上初8連覇! 5試合残して最速タイで優勝

    セリエA第33節が21日に行われ、ユヴェントスとフィオレンティーナが対戦。2-1でユヴェントスはホームで勝利を収めて、セリエA記録更新となる8連覇を達成した。

    ユヴェントスは勝ち点「84」で首位に位置し、この試合で引き分け以上を果たせば優勝が決まる。しかし、チャンピオンズリーグのアヤックス戦2試合とセリエA第32節のSPAL戦の直近3試合で勝利を挙げることができていない。一方のフィオレンティーナは前節、ボローニャ戦でスコアレスドロー。勝ち点「40」で10位につけている。

    試合は6分にフィオレンティーナが先制する。ニコラ・ミレンコヴィッチがペナルティエリア右でフリーになっていたフェデリコ・キエーザにスルーパスを送ると、キエーザはワンタッチでゴール前に折り返す。GKヴォイチェフ・シュチェスニーがボールを弾くが、こぼれ球をミレンコヴィッチが押し込み、フィオレンティーナが先制に成功した。

    果敢に攻めるフィオレンティーナは11分にはカウンターを起点にキエーザが縦にドリブルで持ち上がると右サイドのケヴィン・ミララスにパス。ミララスはミドルシュートを放つが枠をとらえられない。

    20分、再びカウンターからジョバンニ・シメオネとキエーザが前線に走ると、シメオネがゴール前のキエーザにクロス。しかし、レオナルド・ボヌッチが止める。

    追いつきたいユヴェントスは21分、カンセロからベルナルデスキに渡り、ベルナルデスキが仕掛けてシュートを放つと相手選手に当たりわずかに枠の右に逸れる。

    25分、ミララスのグラウンダー性のクロスにシメオネが左足で押し込む。2点目かと思われたが、オフサイド判定となり追加点とはならない。

    ユヴェントスは37分に右CKを獲得。キッカーのミラレム・ピアニッチがクロスを供給するとアレックス・サンドロが飛び込んでヘディングで合わせる。このシュートはゴール右に流れ込み、ユヴェントスは同点に追いついた。

    43分、キエーザがペナルティエリア外からミドルシュートを放つとクロスバーに直撃。跳ね返ったボールは枠内にわずかに入らず追加点とはならない。

    後半に入り、53分に試合が動く。クリスティアーノ・ロナウドが右サイドを突破すると、ベルナルデスキを狙ってゴール前に折り返す。ボールはフィオレンティーナDFヘルマン・ペッセージャに当たってゴールに吸い込まれ、ユヴェントスは逆転に成功した。

    64分、エムレ・ジャンが高い位置でボールを奪取するとゴール前にクロスを入れ、ボヌッチからC・ロナウドに渡ると、C・ロナウドがそのままシュート。相手DFに当たり、こぼれ球をピアニッチがミドルシュートで狙うがGKに弾かれる。

    65分にユヴェントスはピアニッチに代えてロドリゴ・ベンタンクールを投入。フィオレンティーナはこの日1ゴールを挙げているキエーザを下げた。

    追いつきたいユヴェントスは89分、ブライアン・ダボが右サイドからシュートを放つがシュチェスニーがキャッチ。ユヴェントスは試合終了間際の猛攻を守り切る。

    このまま試合は終了してユヴェントスは2-1でフィオレンティーナに逆転勝利を果たした。

    この結果、ユヴェントスのセリエA優勝が決定して、前人未到の8連覇を達成。5試合を残して最速タイでの優勝となった。

    【スコア】
    ユヴェントス 2-1 フィオレンティーナ

    【得点者】
    6分 0-1 ニコラ・ミレンコヴィッチ(フィオレンティーナ)
    37分 1-1 アレックス・サンドロ(ユヴェントス)
    53分 2-1 オウンゴール(ユヴェントス)

    【スターティングメンバー】
    ユヴェントス(4-3-3)
    シュチェスニー;A・サンドロ、ボヌッチ、ルガーニ、カンセロ;マテュイディ、ピアニッチ(65分 ベンタンクール)、ジャン;ベルナルデスキ(74分 キーン)、C・ロナウド、クアドラード

    フィオレンティーナ(4-3-3)
    ラフォン;ハンツコ、チェッケリーニ、ペッセージェ、ミレンコヴィッチ;B・ダボ、ヴェルトゥ、ベナッシ(73分 ジェルソン);キエーザ(65分 ムリエル)、シメオネ、ミララス
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00930087-soccerk-socc 
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/21(日) 03:08:39.04
    4/21(日) 2:52配信
    C・ロナウドが大記録! ユーベ優勝で史上初…英・西・伊の“三ヶ国制覇”を達成

    【ユベントス 2-1 フィオレンティーナ セリエA第33節】

    現地時間20日にセリエA第33節の試合が行われ、ユベントスはフィオレンティーナと対戦し2-1の勝利をおさめた。この結果、ユベントスのセリエA優勝が決定。それに伴い、ユベントスに所属する34歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが大記録を作り出している。


    試合開始して6分、左サイドから守備を崩され、最後にこぼれ球をフィオレンティーナのニコラ・ミレンコビッチに押し込まれて失点。26分にも相手にゴールを許したが、オフサイドの判定によりノーゴールに。

    すると37分、コーナーキックからユベントスのアレックス・サンドロが頭で合わせて同点ゴールを決める。続く53分には、C・ロナウドの折り返しから相手のオウンゴールが生まれてユベントスに追加点。結局、リードを守り切ったユベントスが2-1の勝利をおさめている。

    C・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド在籍時に、2006/07シーズン、2007/08シーズン、2008/09シーズンのプレミアリーグで3回優勝を経験している。レアル・マドリー在籍時には2011/12シーズンと2016/17シーズンの2回に渡ってリーガエスパニョーラで優勝を果たした。そして今回、ユベントスでもリーグ優勝を果たし、イングランドとスペイン、イタリアの異なる三ヶ国のリーグで優勝を果たした史上初の選手となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00318388-footballc-socc
    no title

    続きを読む


    2019-04-17_06h45_48

    1: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 06:33:48.80
    点とったのにまけるなんて…

    2: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 06:34:09.01
    ユーベのDFくそすぎんか?

    3: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 06:34:26.43
    終盤全く足動いてないやん

    続きを読む

    Watch-Champions-League-Online.png-1024x480-1024x480

    1: 久太郎 ★ 2019/04/17(水) 05:56:05.57
    ユベントス1-2 アヤックス
    第1戦  1-1
    合計   2-3

    [得点者]
    クリスティアーノ・ロナウド(前半28分)(ユベントス)
    ドニー・ファン・デ・ベーク(前半34分)(アヤックス)
    マタイス・デ・リフト   (後半22分)(アヤックス)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11439071

    バルセロナ3-0 マンU
    第1戦  1-0
    合計   4-0

    [得点者]
    リオネル・メッシ   (前半16分)(バルセロナ)
    リオネル・メッシ   (前半20分)(バルセロナ)
    フィリペ・コウチーニョ(後半16分)(バルセロナ)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11439074

    UEFAチャンピオンズリーグ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/13(土) 17:52:10.71
    整列時に隣の少年から見つめられ、“粋な計らい”で笑顔にさせる一幕が話題に

    海外サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝は11日、第1戦でユベントス(イタリア)がアヤックス(オランダ)と1-1で引き分けたが、この試合で注目を浴びたのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの粋な計らいだ。試合前の整列時、エスコートキッズと目が合うと、さりげないボディタッチで笑顔にさせた様子を海外メディアが動画付きで公開し、「この男に言葉はいらない」「素敵なビデオ」「なんて美しいんだ!」と反響を呼んでいる。

    一流のストライカーは、振る舞いも一流だった。試合前、両チームがピッチに入場し、選手が横一列に並んだ。すると、隣のボヌッチの前に立っていたエスコートキッズはロナウドが気になるのか、左後ろを振り返り、すぐそばにいるロナウドを見つめる。すると、ロナウドも気づき、視線が合い、見つめ合うような形になった。

    アンセムが流れる中、試合に集中し、険しい表情を見せていたロナウド。しかし、口元を緩め、笑みを見せると右手を伸ばし、少年の左耳のあたりを触れたのだ。これには緊張した面持ちだった少年も嬉しさを堪えきれなかったのか、満面の笑みになった。真剣勝負を控えたピッチ上で繰り広げられた心温まるシーンだった。

    海外ファン感動「この男に言葉はいらない。すべてにおいてアイドルだ」ブラジル放送局「Esporte Interativa」公式ツイッターは「アイドルを憧れの眼差しで見つめる子供。クリスティアーノ・ロナウドは彼と戯れ、友達は微笑む。なんてビデオだ!」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。すると、目の当たりにした海外ファンも感激した様子でコメントを続々と書き込んでいる。

    「この男に言葉はいらない。すべてにおいてアイドルだ」
    「このポルトガル人が大好きだ」
    「素晴らしい」
    「彼は信じられない」
    「素敵なビデオ」
    「なんて美しいんだ!」

    試合では前半終了間際に見事にゴールを決めたロナウド。1-1の引き分けにこそ終わったが、試合前から試合中までさすがの存在感を発揮していた。
    2019-04-13_19h14_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00058110-theanswer-socc

    動画

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ