海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ユース

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1:Egg ★:2018/11/09(金) 08:06:23.33 ID:CAP_USER9.net
    ユース年代でいかに華々しい活躍を見せようとも、プロで通用する選手というのは限られている。その点は、日本であろうが、欧州、南米であろうが、何ら変わらない。

    プロというのは、限られた才能をさらに絞り上げて作った世界なのである。

    2013-14シーズンのUEFAユースリーグ(チャンピオンズ・リーグと平行して行なわれるユースの欧州王者を決める大会)、バルセロナのユースは圧倒的な強さで大会を制している。

    グループリーグでは、ミラン、セルティック、アヤックスのユースと対戦したが、5勝1分け・20得点5失点と、全く寄せ付けていない。決勝では、レアル・マドリーを準決勝で4-0と下したベンフィカを、3-0と完膚無きまでに叩いている。

    では、当時の優勝メンバーで何人の選手がバルサのトップチームで活躍しているのか?

    大会MVPとも言える活躍で得点王の11ゴールを挙げたFWムニル・エル・ハッダディ、ただひとりである。ムニルにしても、バレンシア、アラベスでの2年間の武者修行で実戦経験を積み、今シーズンにようやく帰ってきた。しかし、まだレギュラーを獲得したとは言えない。

    大会最優秀GKになったファブリス・オンドア、16歳でバルサBデビューを果たしたMFウィルフリード・カプトゥム、「エトーの再来」といわれたアダマ・トラオレなど、期待された逸材は多かった。だが、彼らはいずれも2軍チーム(バルサB)止まり。壁を越えられず、新天地を求めた。

    こうした現象は、何もバルサだけに起こっているのではない。

    例えば、大会上位得点者12人のアタッカーたちは、ムニル以外、当時所属していたクラブのトップチームにひとりも定着できていない。

    ジェームス・ウィルソン(当時、マンチェスター・ユナイテッド)、デバンテ・コール(当時、マンチェスター・シティ)、ジェンナーロ・トゥティーノ(当時、ナポリ)等……、その多くが、レンタル移籍を繰り返しながら、他のチームでも居場所を作れずに苦しんでいる。ユースで頂点を争ったような選手も、その多くは「ホープ」のまま、悶々としているのだ。

    ユース年代というのは危うくも、その才能の覚醒に胸が高鳴ってしまう、蠱惑(こわく)的なものがあるのだろう。

    しかし、スペインなどサッカー先進国では、ユース年代の成績だけで、その選手を過剰にフォーカスしない。「ユースはユース」という線引きがあるからだろう。プロはスピードも、パワーも違い、それまで通用してきたプレーが途端に出せなくなってしまう。

    その一方で、プロの世界にしがみついて、強さや速さに慣れ、じわじわと力を発揮する選手もいる。バルサのトップで飛躍したマルク・バルトラ、セルジ・ロベルトは、まさにそのケースだろう。時間はかかったが、戦える選手として技術の高さを活かせるようになっていった。

    プロの世界に辿り着いたということは、相応の実力や可能性を意味している。それをどのように活用するのか。結局は、それぞれの選手の手に委ねられている。

    2018年11月8日 19時16分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15567178/
    続きを読む


    5580
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 14:40:30.36 ID:???*.net
    ■下部組織出身選手は多いのか?

    プロ野球のドラフト会議でプロチームに指名されるのは、高校と大学の卒業を控えた学生、社会人野球でプレーするノンプロの選手がほぼすべてを占めている。Jリーグは違う。アカデミーと呼ばれる下部組織の保有がチームに義務づけられていることもあり、新入団選手にはユース(高校生)からの昇格が含まれている。

    それでは、現在の日本代表選手は、どのような道を辿ってプロサッカー選手になり、日本を代表する存在となっていったのか。11月12日にシンガポールと、同17日にカンボジアとロシアW杯アジア2次予選を戦う日本代表23人の経歴を整理してみる。

    ユースチームからトップチームに昇格した選手:12人
    高校卒業後にプロとなった選手:6人
    大学卒業後にプロとなった選手:5人

    もっとも多いのは、ユースチームからトップチームへの昇格だった。香川真司(26歳・ドルトムント/ドイツ)や宇佐美貴史(23歳・ガンバ大阪)のように、高校卒業を待たずにJリーグの公式戦に出場した選手もいる。実力を認められれば年齢に関わらず上のカテゴリーで練習や試合をできるのは、アカデミーが持つ最大の強みだろう。

    とはいえ、高校と大学を経てプロになり、日本代表になった選手も合計で11人を数える。合計すればユース出身とほぼ同じだ。高卒には長谷部誠(31歳・フランクフルト/ドイツ)、本田圭佑(29歳・ACミラン/イタリア)、岡崎慎司(29歳・レスター/イングランド)の海外組が名を連ね、大卒にも長友佑都(29歳・インテル/イタリア)、武藤嘉紀(23歳・マインツ/ドイツ)の海外組がいる(長友と武藤は大学卒業を待たずに、いずれもFC東京でプロとなったが)。

    今回は日本代表に選ばれていないものの、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の構想に含まれる選手にも、高卒や大卒の選手は少なくない。ドイツ・ブンデスリーガのシャルケに在籍する内田篤人(27歳)、Jリーグの名門・鹿島アントラーズで主軸を担う柴崎岳(23歳)らは、高校からプロ入りした選手だ。

    2010年と14年のW杯で正GKを務めた川島永嗣(32歳)、Jリーグ屈指の左サイドバックと言われる太田宏介(28歳・FC東京)、ドイツの1.FCケルンでプレーする大迫勇也(25歳)らも、高校卒業後にプロの世界へ飛び込んだ。また、Jリーグで2年連続2ケタ得点をマークしている永井謙佑(26歳)、移籍1年目の浦和レッズでブレイクした武藤雄樹(27歳)は、大学からプロへ進んだ選手たちである。彼らもまた、ハリルホジッチ監督の構想に入っている。
    http://allabout.co.jp/gm/gc/460072/
    >>2以降につづく
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447306830/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ