海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ラッシュフォード

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/07(日) 12:32:20.94
    GettyImages-663961252-compressor-5
    現在のサッカー界で最も注目を集めている10代の選手といえば、やはりモナコFWキリアム・ムバッペだろう。リーグ戦、チャンピオンズリーグで得点を継続的に決めており、すでに複数のクラブが獲得に動いている。今後のサッカー界を引っ張る主役になってもおかしくはないだろう。

    そのムバッペと張り合える存在と期待されているのが、19歳のマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードだ。ラッシュフォードも昨季のブレイクから注目されている選手で、マンUの将来を背負う存在になると考えられている。

    英『Daily Mail』は今回サッカー界を騒がせる10代選手としてムバッペとラッシュフォードを比較しているが、どちらが優れたFWなのだろうか。得点率を見てみると、今季のムバッペは95分に1得点のペースでネットを揺らしている。これは欧州五大リーグでプレイする10代の選手ではNo.1の数字で、その決定力は圧倒的だ。一方のラッシュフォードは258分に1得点となっている。ムバッペとはかなりの差があるが、これでも欧州五大リーグでプレイする10代選手の中ではNo.2の数字なのだ。つまり2人は現在最も得点を期待できる10代のFWということになる。

    また、同メディアはラッシュフォードが今季自身の望む場所で起用されてこなかったことにも触れている。今季はズラタン・イブラヒモビッチが加入したこともあり、ラッシュフォードがセンターフォワードでプレイする機会は少なかった。それも得点率が伸びない理由となったはずで、センターフォワードで起用された際にはチェルシーやセルタ相手に得点を記録している。センターフォワードとして1シーズンを戦えばもっと得点を期待できるだろう。

    現時点で圧倒的なパフォーマンスを見せているのはムバッペの方で、欧州中のビッグクラブが興味を示すのも当然だ。ラッシュフォードもそのムバッペに食らいつくだけの能力を有しているはずだが、2人の若きストライカーは今後サッカー界を引っ張るライバルとなっていくかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 5/7(日) 10:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 19:17:32.19 ID:CAP_USER9.net
    2位と3位には驚きの選手がランクイン

    かつてイングランド代表で人気を集めていたのはFWウェイン・ルーニーだったが、今では完全なる脇役だ。それを示す1つのデータがユニフォームの売り上げ率で、英『Daily Mirror』はイングランド代表候補26名が発表された時点からの売り上げデータを紹介した。

    それによると、最も売れているのはハリー・ケインで22%の売り上げを記録。ケインは現代表のエースであり、サポーターから人気を集めるのは当然だ。驚きなのは2位と3位だ。2位には今季のほとんどを負傷で棒に振ったにも関わらず、代表メンバーに選出されたジャック・ウィルシャーで20%、3位には今季途中から大ブレイクしてメンバー入りを果たしたマーカス・ラッシュフォードで15%となっている。

    さらに4位ジェイミー・バーディ(12%)、アダム・ララーナ(10%)と続き、6番目にようやくルーニーの名前が上がってきた。ルーニーの売り上げは9%となっており、数年前まで代表のスターだった男も若手選手たちにその座を奪われつつある。

    この数字は単純にサポーターの期待度を示すものにもなり、当然ながらケインには大きな期待がかかっている。ウィルシャーとラッシュフォードの2人も想像以上に人気だが、サポーターの望む選手は輝きを放つことができるか。
    GettyImages-497557856-compressor
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00010015-theworld-socc
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 01:00:42.93 ID:CAP_USER*.net
    フットボールチャンネル 2月29日(月)0時58分配信

    マンUにニューヒーロー誕生! 18歳ラッシュフォードの2G1Aでアーセナル撃破
    20160229_rashford_getty-560x373
    ゴールに喜びを爆発させるマーカス・ラッシュフォード【写真:Getty Images】

    【マンチェスター・ユナイテッド 3-2 アーセナル プレミアリーグ第27節】

     プレミアリーグ第27節が現地時間28日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが対戦した。

    穏やかなマンU監督、ファン・ハールの知られざる本音

     最終ラインに負傷者続出のユナイテッドはキャリックとブリントがCBでコンビを組み、右サイドにバレラ、左サイドにロホが起用された。前線には25日のELミッティラン戦で2得点を挙げたラッシュフォードも先発出場している。

     そしてプレミアリーグ初先発を飾った18歳のラッシュフォードが試合を大きく動かす。29分、バレラが上げたクロスのこぼれ球に詰めて先制点を挙げると、直後の32分にはリンガードのクロスに頭で合わせて2点目をゲット。デビューから2試合連続の2得点で「ニューヒーロー誕生」を印象付けた。

     その後40分に古巣対戦のウェルベックにゴールを許して1点差に迫られたユナイテッドだが、後半に入って再びラッシュフォードが輝く。65分、右サイドからドリブルで仕掛けたラッシュフォードのラストパスを受けたエレーラがペナルティエリア手前からミドルシュートを放ち3-1に。リードを2点に戻した。

     首位レスターとの差を少しでも埋めたいアーセナルも食い下がる。69分にエジルがこぼれ球を冷静に押し込んで再び1点差に詰め寄った。だが反撃もここまで。ジルーやイウォビの投入も実らず、ユナイテッドが熱戦を3-2で制した。

     アーセナルは先に第27節を終えていた首位レスターとの5ポイント差を詰められず、11試合を残して優勝戦線から大きく後退してしまった。一方のユナイテッドは大きな勝ち点3を手にし、CL出場圏内確保に希望を残している。

    【得点者】
    29分 1-0 ラッシュフォード(マンチェスター・U)
    32分 2-0 ラッシュフォード(マンチェスター・U)
    40分 2-1 ウェルベック(アーセナル)
    65分 3-1 エレーラ(マンチェスター・U)
    69分 3-2 エジル(アーセナル)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160229-00010000-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456675242/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ