海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:リオネル・メッシ

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/08(金) 15:18:50.88 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選で2014年ブラジル大会準優勝のアルゼンチンの不振が大きな話題となっている。バルセロナFWリオネル・メッシを擁する強豪は5日の本拠地ベネズエラ戦でよもやの1-1ドロー。残り2試合の段階で大陸間プレーオフに回る5位と低迷しているが、メッシは母国メディアから大バッシングを受けている。

    「最高の選手は普通のプレーもできないのか」と展開したのは地元紙「オレ」だった。前半のメッシは輝きを放った。前半37分、相手マーカー4人に囲まれながらもフィニッシュまで持ち込んだが、MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)が負傷交代でピッチを去るアクシデントに見舞われ、後半にはベネズエラに先制点を決められた。インテルFWマウロ・イカルディが同点弾を決めたが、メッシは期待されたゴールラッシュを見せることはできず、1-1で試合は終了した。

    記事では「レオは前半まずまずなプレーを見せた。期待を持てるような船出だった。数々のタッチで、誰もが拍手を送ると考えていた。今日は彼の日になるはずだった。彼への称賛で終わる夜になるはずだったが、そうはならなかった。フットボールの文脈で、主役はクビになった。アルゼンチンは後半ここ数年の歴史で最悪の状況にまで転落した。最高の名手は普通の選手のようなプレーも見せられなかった」とバッシングしている。

    アルゼンチンメディアは以前にもメッシを酷評し、コパアメリカ・センテナリオ決勝でチリ代表にPK負けを喫した後、メッシが嫌気を差して代表引退を宣言した過去もあったほどだ。

    スペイン紙「AS」も「アルゼンチンプレスがまたしてもメッシを攻撃」と特集している。危機的状況のアルゼンチンで、メッシは祖国メディアからの攻撃に耐えることができるだろうか。

    9/8(金) 7:30配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170908-00010000-soccermzw-socc

    写真



    ▼W杯出場国
    ※出場枠4.5
    (南米5位はオセアニア1位と大陸間プレーオフ)
    【順位表】
    ※上位4チームが本大会出場権獲得
    5位チームは大陸間プレーオフ進出。プレーオフは南米5位とオセアニア代表によるホーム&アウェー戦。勝者が本大会出場権を獲得

    1. ブラジル(37)+27
    2. ウルグアイ(27)+10
    3. コロンビア(26)+3
    4. ペルー(24)+1
    5. アルゼンチン(24)+1
    6. チリ(23)+1
    7. パラグアイ(21)-6
    8. エクアドル(20)0
    9. ボリビア(13)-20
    10.ベネズエラ(8)-17

    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?172154-172154-fl
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/17(木) 11:31:19.83 ID:???*.net
    やはり評価は人それぞれ

    バルセロナFWリオネル・メッシとレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのどちらが優れているかといった話題は、常に世界のどこかで起こっている。人それぞれによって意見は様々であり、なかなか答えは出ないだろう。では、実際に彼らと対戦した選手やチームメイトはどちらが優れていると感じたのか。『デイリー・ミラー』が3人の選手の評価をまとめている。

    1人目はマンチェスター・ユナイテッドで共にチャンピオンズリーグも獲得したリオ・ファーディナンドだ。ロナウドが在籍していた時代にはワールドクラスのクラブであり、あらゆるタイトルを獲得している。彼はもちろんロナウドと答えた。「私はいつでもロナウドの方が好きだね。私が思うメッシとの違いは、どんな形でも得点を取ることができるところだ」

    ロナウドにはフリーキック、ヘディング、ミドルシュート、クロスにワンタッチで合わせるシュート、ドリブルでカットインしてのシュートと様々なバリエーションがある。特にサイドを主戦場としながらヘディングを苦にしていないこともロナウドが一流とされる証だろう。

    次はライバルクラブであるマンチェスター・シティGKジョー・ハートだ。ハートはファーディナンドの意見には同意しない。ハートは難しい決断だと前置きしたうえで、メッシの方が上だと答えた。マンCはチャンピオンズリーグでも何度かメッシにやられており、ゴールを射抜かれるハートとしてはメッシの方が強く印象に残っているのかもしれない。

    2人終了した時点で1対1。最終投票権は今夏リヴァプールを退団したスティーブン・ジェラードに委ねられた。ジェラードはリヴァプール時代に何度もロナウドと対戦しており、2006ワールドカップではロナウドの策略通りともいえるウェイン・ルーニーの退場もあったりと、何かと印象に残っているだろう。しかしジェラードの答えは簡単だった。

    「現時点で世界最高のプレイヤーはメッシだね。昨年ならばロナウドと答えたかもしれないけど、今年1月から現在までのメッシは驚異的だ。信じられない才能を持っているし、別の惑星から来た選手だよ」

    結果は2対1でメッシの勝利となった。ジェラードも指摘したように、昨年ならばロナウドと答えたかもしれない。ロナウドはほとんど成績にブレがなく、絶不調だったと言える時期は存在しない。一方のメッシはグアルディオラがバルサを率いていた頃に比べてパフォーマンスが落ちた時期もあり、2014ワールドカップ前には運動量も著しく落ちた。ロナウドに比べて調子に波がある中でも各選手がメッシの方が優秀と考えるのは、それだけ1つ1つのプレイに酔いしれるところがあるからだろう。

    ロナウドが少し機械的な部分があるとすれば、メッシには美しさがあるといったところか。結果だけでなく、見る者を楽しませるのがNo.1プレイヤーになる秘訣だ。
    2015-09-17_15h18_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00010024-theworld-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442457079/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 09:59:32.74 ID:???*.net
    バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに第二子となる男の子が誕生することが明らかになった。11日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

    メッシは11日の練習を欠席している。バルセロナ側は「家族の事情」と発表しており、同紙はこれを出産に立ち会うためであると伝えた。

    なお、同紙によると子どもの名前はマテオ・メッシ君に決定した模様となっている。

    12日に行われるリーガ・エスパニョーラ第3節で、バルセロナはアトレティコ・マドリードと対戦する。
    GettyImages-486099866-500x376
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150912-00349087-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442019572/

     
    続きを読む

    world-cup-kits2_2917869k
    [ロンドン 27日 ロイター] - ロンドンに本部を置く統計会社オプタは、独自の方法により、サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で最も活躍するとみられる11人の選手を選出。この「ドリームチーム」にはドイツとウルグアイの選手が2人ずつ入った。

    オプタは欧州主要5リーグ、イングランド、スペイン、フランス、イタリア、ドイツでの2013─14年シーズンのデータを基に、方程式を考案。「ポジション別に各選手のデータを細かく分析し、ベストイレブンを選んだ」という

    続きは↓のリンク先で

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140528-00000077-reut-spo
    続きを読む



    1 :ぴぃとφ ★ 2013/11/13(水) 20:39:01.84 ID:???0
     バルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(26)が、左太ももの筋断裂により
    6~8週間離脱すると発表した。メッシは10日のベティス戦に先発出場したが、前半21分に
    左太ももに違和感を覚え途中交代した。チームは公式HPで、検査の結果左ハムストリングの
    筋肉を断裂していることを明かした。メッシは、バルセロナで調整した後、アルゼンチンの
    ブエノスアイレスで治療を受けることになっている。このため、メッシの年内復帰は絶望的だ。
    また、10日の試合で右ひざを痛めたスペイン代表MFセスクも全治1週間と診断されたと発表した。

    [2013年11月13日8時44分 紙面から]
    Getty%20Images

    引用元:http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20131113-1217507.html
    nikkansports.com:http://www.nikkansports.com/



    続きを読む

    4732870349_43429e158d


    1 :THE FURYφ ★ 2013/10/15(火) 16:09:21.88 ID:???0
    2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で、パラグアイ代表を応援するラリッサ・リケルメさんに
    注目が集まったことを覚えているだろうか? そのラリッサさんが、バルセロナFWリオネル・メッシからも
    アプローチがあったと明かしている。

    南アフリカW杯のスタジアムで、携帯電話を胸の谷間に挟みながらパラグアイを応援するセクシーな姿が
    話題を呼んだラリッサさん。ブラジル『テッラ』によると、ラリッサさんはチリのリアリティーショーに出演中、
    メッシからのコンタクトについて明かしたそうだ。

    これによると、ラリッサさんは別の出演者に「(お金で一夜を過ごすことを)申し出てきたのが誰か
    知っているかしら。世界最高の選手よ」と告白。相手の女性が「メッシ」と答えると、ラリッサさんは
    それを認めたそうだ。また、ラリッサさんはブラジル代表の複数の選手からも、同じような申し出が
    あったと明かしている。

    また、ラリッサさんは具体名を明かさなかったものの、パラグアイの大統領からもアプローチが
    あったと告白。その上で、「私は簡単な女じゃないの。決してセクロスを売ることはしないわ」と
    話したそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131015-00000015-goal-socc


    続きを読む

    1 :大梃子φ ★ 2013/10/15(火) 10:49:14.82 ID:???0
    バルサ、メッシが全体練習に復帰

    2013/10/15 7:55:00
    オサスナ戦で復帰の可能性も

    負傷によって戦線を離脱していたバルセロナFWリオネル・メッシが、14日に全体練習に復帰した。
    スペイン『スポルト』が伝えている。

    9月28日のアルメリア戦で右足大腿二頭筋を負傷し、戦線を離れていたメッシ。
    10日の練習では、同様に負傷から復帰したDFカルレス・プジョール、
    MFハビエル・マスチェラーノらとともに、全体練習で汗を流している。

    バルセロナは19日にオサスナと対戦するが、メッシがこの試合で復帰する可能性もあるという。
    チームの当初の意向は、26日に開催されるレアル・マドリー戦の4日前、ミラン戦で復帰させることだった。

    http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2013/10/15/4333661/バルサメッシが全体練習に復帰
    328484_heroa

    続きを読む

    1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2013/09/27(金) 07:31:47.92 ID:???0
    サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FW、
    リオネル・メッシ選手(26)は、脱税の疑いをめぐって27日にバルセロナの
    裁判所に出廷する。
    メッシ選手はこの問題で、同選手と父親が脱税したと当局が主張する額に
    利息を加えた500万ユーロ(約6億6600万円)を8月15日に支払ったが、
    当局は刑事訴追をちらつかせている。
    27日の出廷は訴追するかどうかを決定するためのもので、訴追され有罪となれば
    最大2100万ユーロの罰金と執行猶予付き禁錮刑の判決を受けることもあり得る。

    財政赤字に悩む欧州諸国は脱税の取り締まりを強化している。
    人気が高く政治的影響力もあるサッカー業界に対しては長年、甘い対応をしてきたが、
    選手とチームを合わせて数十億ユーロに上るとみられる未納の税金を取り戻したい
    考えだ。

    メッシ選手が出廷を求められたことについて会計士のアリステア・スペンス・
    クラーク氏は「スペインの宣戦布告」と話した。
    サッカー選手を依頼人に持つ弁護士のロドリゴ・ガルシア氏は、当局がいきなり
    刑事訴追を持ち出したことに驚いたとして、「国税当局はまず民事で調査し、相手に
    和解の機会を与えるのが通常だ」と指摘した。
    (ブルームバーグ Oliver Staley、Alex Duff)

    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/130927/cpd1309270501007-n1.htm


    809418_biglandscape


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ