海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:リオネル・メッシ

    21932_ext_04_0

    1: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:45:48.02
    奇跡だよ

    2: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:46:08.90
    なぜ笑うんだぃ?

    4: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:46:53.82
    CL決勝クラシコがあればなあ

    8: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:47:51.57
    アトレティコvsレアルのマドリーCL決勝は実現したのにバルサときたら

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/30(水) 18:49:14.83
    マンUの名将ファーガソン氏は、史上最多5度のバロンドールに輝いたメッシに1票
     
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並び、現代のサッカー界で最高の選手の一人と称される。母国アルゼンチンでも英雄ディエゴ・マラドーナとたびたび比較されるが、マンチェスター・ユナイテッドを27年間にわたって指揮を執った伝説の名将、アレックス・ファーガソン氏は「メッシのほうがマラドーナよりも上」と述べている。

    英メディア「GIVE ME SPORT」が伝えた。

    今週、ファーガソン氏も親しい仲だった著名なサッカーライター、ヒュー・マキルバニー氏が亡くなった。マキルバニー氏は生前、“メッシvsマラドーナ”論争において、マラドーナを支持していたという。英紙「ザ・タイムズ」のジョナサン・ノースクロフト氏は、マキルバニー氏が、かつてリバプールなどでプレーした“メッシ支持派”のグレアム・スーネス氏と熱い議論を交わしていたことを、ファーガソン氏に明かした。

    「『サンデー・タイムズ』のランチ会で、ヒューとグレアム・スーネスが、リオネル・メッシとディエゴ・マラドーナのどちらがすごいかについて、激しい議論をしたんだ。スーネスは腹を立てながら『いいか、私はマラドーナと5回対戦したことがあるんだ。絶対にメッシだ』と言うと、ヒューは『君が誰と戦ったなんてどうでもいい。絶対にディエゴだ』と怒鳴り返したんだよ」

    それを聞いたファーガソン氏は、「マラドーナがキャリアのなかで、本当のトップにいたのは数年間だけだ」と述べ、約10年間にわたりC・ロナウドとともにトップに君臨してきたメッシのほうが偉大との見解を示し、「これに関しては、スーネスに賛成だな」と、メッシに一票を投じたという。

    しかし、もしマキルバニー氏が生きていたら「なんと言われるか、想像できる」とし、「顔が隠れるほどの煙をふかしながら、新しい葉巻に火をつけて、あの素敵なしゃがれた声で『お前は自分の言っていることを、全くもって分かっていない!』と、言うだろうね」と故人を偲んだ。

    ■“マラドーナ派”が主張する1986年W杯で見せた輝き
     
    確かに、トップレベルでプレーし続けた“期間”で見れば、ファーガソン氏の言うとおりメッシの方がすごいのかもしれない。だが、マラドーナ支持派も、黙っていないだろう。1986年にアルゼンチン代表の10番として、メキシコでワールドカップ(W杯)を掲げたことを、彼らのヒーローが史上最高である理由に挙げられるからだ。

    長きにわたって活躍し続けたメッシにとっても、おそらく2022年のカタール大会がW杯を手にする最後のチャンスになるだろう。メッシが偉大なる先人に並び、ファーガソン氏をはじめとするメッシ派を勢いづかせることができるか。天国のマキルバニー氏も、その結末を見守っているに違いない。

    1/30(水) 14:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190130-00166694-soccermzw-socc

    写真
    2019-01-30_19h18_42

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/04(金) 19:41:02.67 _USER9
    元日本代表監督ジーコ氏が海外メディアに持論「未だにマラドーナがメッシより上」


    現在のサッカー界において、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)と並び、世界NO1選手の呼び声高いリオネル・メッシ(バルセロナ)。

    その評価は現代を飛び越え、歴史上のレジェンドと比較される域に突入しているが、元日本代表監督のジーコ氏はマラドーナ、ペレにはまだ及ばないと語ったという。英スポーツメディア「オムニスポーツ」に明かしている。

    写真
    no title


    往年のブラジルの神様が、現代のアルゼンチンの至宝について口を開いた。「オムニスポーツ」に語ったインタビューでは、メッシをアルゼンチンとブラジルのレジェンドを比較し、持論を展開している。

    「メッシはマラドーナに近い。つまり、私の意見だが、彼はペレと比較できない。未だに私はマラドーナがメッシより上だと感じている。ペレとではなく。ペレはサッカー選手に必要な全ての質と特徴を兼ね備えていた」

    このように語り、メッシはまだマラドーナに及ばず、ペレとは比較もできないと言及。その上でリアルタイムで感じてきたペレの凄さについて語っている。

    「神は彼(ペレ)を作った時、フットボーラーに必要なもの全てを与えた。スピード、強さ、勢い、テクニック、キック能力、ヘディング、ドリブル――その全て、選手が持ちうるもの全てだ」

    「彼のようにヘディングできるものは少数だ。彼は170センチだ。基礎は完璧。ボールさばきとヘディングに精通していた。あらゆる方法で向上していた。ある選手から想像できること全てをペレはやっていた」

    ジーコ氏が挙げた“メッシにまだ足りないもの”とは

    上背は決してなかったが、サッカー選手として欠点がなかったことを強調。その上でメッシについて「ほぼ全てを持っているが、ペレが持っているワールドカップタイトルを持っていない。これは大きい」と指摘している。

    「なぜなら、我々の時代のようにマラドーナも常に選手を背負ってプレーしていた。マラドーナはメッシと同様にクラブに多くをもたらし、アルゼンチン代表にも寄与した。マラドーナは世界王者だ」

    「マラドーナは大きな大会で常に活躍していた。アルゼンチン代表が今のようなヨーロッパのビッグクラブの多くのスターがいる本命チームではない頃にね」

    このように語り、ペレ、マラドーナの代表チームに対する貢献度の差を強調。さらに「(マラドーナは)メッシが現在バルセロナでプレーしているようなチームではプレーしてないと思う。彼にはピケもイニエスタもスアレスもシャビもネイマールもいなかった」と孤軍奮闘したかつてのアルゼンチンの10番を持ち上げていた。

    現代では世界NO1選手の呼び声の高いメッシだが、ブラジルの英雄であるジーコ氏の目にはまだ足りないものあると映っているようだ。

    2019.01.04 THE ANSWER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00048087-theanswer-socc

    続きを読む

    thumb_10784_news_main

    1: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:20:45.29
    次は誰の時代になるんやろか

    2: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:21:03.14
    エムバペ?

    3: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:21:36.10
    ネイマールとムバッペやな

    8: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 13:25:38.95
    >>3
    メッシロナウドが完全に衰える頃にはネイマールたぶん30やで
    そんな選手の時代にはならんのとちゃうかな

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/17(月) 11:09:03.86 _USER9
    リーガ・エスパニョーラ第16節が16日に行われ、バルセロナはアウェイでレバンテに5-0で勝利した。

    試合はレバンテが先に相手ゴールを脅かす。33分、エマニュエル・ボアテングがペナルティエリア中央で左足を振り抜くが、シュートはクロスバーに弾き返された。すると、難を逃れたバルセロナは35分、リオネル・メッシがドリブルで相手選手3人をひきつけてクロスを送ると、中央でフリーのルイス・スアレスがジャンピングボレーで先制のゴールネットを揺らした。さらに43分には、メッシがセルヒオ・ブスケツのスルーパスで抜け出して冷静にシュートを沈め、2点リードで前半を折り返す。

    後半に入ると、バルセロナは47分にジョルディ・アルバの折り返しをメッシが左足ダイレクトでゴール右隅に流し込み追加点。60分にL・スアレスのクロスをエリア右のアルトゥーロ・ビダルが折り返すと、メッシが左足で合わせてハットトリックを達成した。レバンテは76分、ウスマン・デンベレへのタックルでエリック・カバコが一発退場。数的有利となったバルセロナは88分にカウンターからメッシのパスをジェラール・ピケが押し込み、ダメ押しゴール。このまま相手の反撃も許さず、3試合連続の完封勝利を収め、首位をキープした。敗れたレバンテは4試合ぶりの黒星で8位に転落した。

    次節、バルセロナは22日にホームでセルタと、レバンテは23日にラージョ・バジェカーノと対戦する。

    【スコア】
    レバンテ 0-5 バルセロナ

    【得点者】
    0-1 35分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    0-2 43分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    0-3 47分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    0-4 60分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    0-5 88分 ジェラール・ピケ(バルセロナ)

    【スターティングメンバー】
    レバンテ(3-4-2-1)
    オイエル;カバコ(76分 退場)、ポスティゴ(70分 プルチッチ)、ロベル;ハソン、カンパーニャ、バルディ、トーニョ;ロチーナ(69分 コケ)、モラレス;ボアテング(62分 マジョラル)

    バルセロナ(3-5-2)
    テア・シュテーゲン;ピケ、ラングレ、ヴェルマーレン(52分 アルトゥール);デンベレ(81分 D・スアレス)、ラキティッチ、ブスケツ、ビダル(78分 コウチーニョ)、J・アルバ; L・スアレス、メッシ
    2018-12-17_11h30_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00877888-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 22:26:56.30 _USER9
    ブラジル紙のインタビューで発言 「ペレと比較すると言うなら…」
     
    サッカー界の王様、元ブラジル代表FWペレ氏は世界最高の選手と言われるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)よりも、ディエゴ・マラドーナ氏が優れた選手だと考えている。ブラジル紙「Folha de S.Paulo」のインタビューで語った。

    メッシと言えば、バロンドール史上最多タイの5度受賞を誇る正真正銘のスーパースターで、現代サッカー界におけるベストプレーヤーの一人として知られている。その実力を疑う者はいないが、歴史上最も優れた選手かどうかについては人によって意見が分かれるところでもある。

    ペレ氏は自身も歴代最高の選手と評価を受けるレジェンドだが、メッシの評価に関してはかなり厳しい意見を述べている。

    「ある選手はヘディングも上手く、左足でも右足でもシュートを打てる。もう一方は片足しか使えず、スキルもたった一つだけ。ヘディングも上手くない。どうやって比較すればいいんだ? ペレと比較すると言うなら、左足でも右足でもシュートを打てて、ヘディングでも点を取れる選手じゃないとね」

    ペレ氏は自身が左右両足を自在に使え、ヘディングでも点を取れる選手だとしたうえで、メッシは利き足である左足に頼りきりで、得点パターンも限られていると指摘している。

    “王様”ペレ、メッシに辛口評価連発 「片足しか使えない」「マラドーナのほうが上」元アルゼンチン代表MFマラドーナ【写真:Getty Images】

    「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人」

    さらにペレ氏は、メッシよりも5人抜きや神の手ゴールといった数々の伝説を残してきたマラドーナ氏のほうが優れた選手だったと語っている。

    「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人。もし『彼(マラドーナ)がメッシよりも優れているか?』と聞かれれば、私はイエスと答えるよ」さらにペレ氏はマラドーナ氏だけでなく、「(フランツ・)ベッケンバウアーや(ヨハン・)クライフも(メッシより)良い選手だ」とし、メッシ以上に「ベスト」の称号が似合う選手は多いとの見解を示していた。

    12/6(木) 19:10配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181206-00152489-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    a3929005d3b2a3b7a3

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/12(月)09:37:45 ID:Rz0
    ワイより低いやんけ

    2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/12(月)09:38:06 ID:OYf
    なお脚力

    3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/12(月)09:38:35 ID:9eX
    なお収入

    5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/12(月)09:43:29 ID:vM3
    >>3
    やW

    続きを読む

    1:あずささん ★:2018/10/21(日) 08:37:02.17 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは20日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが3週間の負傷離脱を強いられることを発表した。

    メッシは同日に行わたリーガ・エスパニョーラ第9節のセビージャ戦に先発出場し、12分にはゴールを決めていたが、26分に右腕のケガで途中交代を余儀なくされていた。

    クラブ公式Twitterによると、検査の結果、メッシはとう骨(前腕)を骨折しており、約3週間の離脱を強いられるという。これにより、24日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のインテル戦や、28日に行われるリーグ戦第10節のレアル・マドリードとの“クラシコ”などを欠場することが決まった。

    負傷した右腕を抑えて倒れ込むメッシ



    ソース/SOCCER KING
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20181021/850796.html?cx_top=topix
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/20(土) 11:03:09.14 ID:CAP_USER9.net
    現地時間18日、バルセロナに所属するFWリオネル・メッシはクラブと自らの財団で合わせて270万ユーロ(約3億6000万円)を寄付する事を発表した。

    今回の寄付金はバルセロナ市内に建設予定の小児がん病院に使われる模様だ。総建設費が3000万ユーロ(約40億円)のプロジェクトでこれまでに不足していた270万ユーロをバルセロナとメッシ財団が寄付する事になった。

    寄付する事にあたりメッシは「計画の一部に貢献出来る事は自分自身にとって栄誉なことである。我々は今後も癌と戦う子供たちを助ける活動をしていきたい」とコメントしている。

    2020年に完成予定のこの小児がん病院は年間400人の患者の治療をする事が可能になり、ヨーロッパ最大規模になる模様だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15466182/
    2018年10月19日 8時20分 フットボールチャンネル

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/13(土) 17:48:28.47 ID:CAP_USER9.net
    10/13(土) 17:36配信 デイリースポーツ

    スペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシが早ければ2020年にチームを去る取り決めがなされているという。バルセロナを中心に展開するスペインのスポーツ紙エル・ムンド・デポルティボが伝えている。

    同紙によるとメッシとバルセロナとの契約は2021年までだが、欧州の強豪クラブ以外であれば2020年に移籍金なしでチームを移ることができる特記事項を設けているという。この点ではカタールのアル・サッドへ移ったMFシャビ、神戸を新天地に選んだMFイニエスタといったかつてチームの象徴として活躍した先輩の例が想定されていると考えられる。

    同紙によると現契約を満了すれば34歳を迎えるメッシにもう1、2年の契約更新を打診する意向があるという。
    2018-10-13_20h05_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000103-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ