海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:リバプール

    1:Egg ★:2018/09/22(土) 19:31:50.35 ID:CAP_USER9.net
    CL初戦のPSG戦ではボールロスト連発、同点被弾のミスも犯す失態

    リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、昨季リーグ戦32ゴールを量産してプレミア得点王に輝き、絶対的エースの座を築いた。今季は公式戦6試合2得点と本来の実力を発揮できていないが、英紙「デイリー・メール」はある“トラウマ”を要因に挙げている。

    リバプールは現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でパリ・サンジェルマンと対戦。前半36分までに2点のリードを奪いながら、前半40分と後半38分に失点して同点に追いつかれてしまう。2失点目は自陣でのサラーの安易なパスミスからの被弾で、その2分後にサラーはスイス代表MFジェルダン・シャキリとの交代を命じられている。

    途中出場のブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが後半アディショナルタイムに値千金の決勝ゴールを挙げ、3-2で接戦に勝利。ゴールの瞬間、歓喜に湧くベンチサイドのなかで、サラーだけボトルを地面に叩きつけ悔しさを爆発させる姿を見せたことも大きな話題となっている。

    数字上は公式戦6試合2得点ではあるが、英紙「ザ・サン」はサラーの不調ぶりが反映されているデータを紹介。昨季リーグ戦32ゴールを決めたサラーは、90分間で平均0.99点を記録していたのに対し、今季は平均0.42点まで落ち込んでいるという。

    「新たな負傷が起こることを恐れているんじゃないか?」



    また記事では、サラー不振について触れる元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏のコメントを紹介。昨季CL決勝のレアル・マドリード戦で負傷交代するきっかけとなったスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの交錯が問題だという。

    「今のサラーは、ラモスに肩を壊される前と同じサラーなのか? あれ以来、彼は自分自身のためにプレーしているように見える。彼はPSG戦で21回ものボールロストを喫した。そして、同点弾を許すミスも犯している。特に、彼はボールを保持するためにフィジカルを駆使することに抵抗を感じているようだ。サラーは新たな負傷が起こることを恐れているんじゃないか?」

    サラーはCL決勝の前半25分、ラモスとの交錯の際に柔道の“脇固め” をかけられる形でピッチに転倒し、左肩を痛めて涙を流しながら途中交代した。その後、実際サラーはフィジカルの強さを活かした積極的な突破は影を潜めており、早いタイミングのシュートを相手DFにブロックされる場面が多発している。一日も早くエースの完全復調といきたいところだ。

    9/22(土) 17:50フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00136827-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/25(土) 13:39:43.11 ID:CAP_USER9.net
    ベシクタシュは24日、ドイツ人GKロリス・カリウスをリヴァプールからレンタルで獲得することをフライングで発表してしまった。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同日に伝えている。

    トルコ・スーパーリーグのベシクタシュはドイツ語のTwitterページに、ベシクタシュのユニフォームに“Loris Karius #CometoBesiktas”と書かれたグラフィックをフライングで掲載。その後、そのグラフィックは削除されたが、イギリスの複数メディアは、同選手の2年間のレンタル移籍の見通しを報じた。

    ベシクタシュは今夏、スペイン人GKファブリをフルアムに売却したため新GKを必要としている。同メディアによると、ベシクタシュはカリウスの獲得に125万ポンド(約2億円)を支払う予定。なお、買い取りオプション付きで、完全移籍契約を締結する際には追加で179万ポンド(約2億5000万円)を要することが見込まれている。

    カリウスは昨季リヴァプールで33試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)決勝では痛恨ミスを犯してしまっていた。ただ、試合後のメディカルチェックの結果、試合中に脳しんとうが起きていたことが判明している。
    2018-08-25_14h30_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00819155-soccerk-socc
    続きを読む

    1:親日@シコリアン ★:2018/08/17(金) 13:30:39.02 ID:CAP_USER9.net
    J-CASTニュース 2018/8/17 12:14
    https://www.j-cast.com/2018/08/17336398.html

    画像:リバプール韓国版ツイッターが投稿したイラスト




    サッカーの英プレミアリーグ・リバプールFCが、韓国語版のツイッターに日本国旗を踏みつけるイラストを投稿した問題で、クラブ側が2018年8月17日(日本時間)に謝罪した。

    日本語版の公式フェイスブックに掲載された謝罪文では、問題のイラストはクラブの許可を得ずに投稿されたものだったと説明。その上で、今回の一件については「クラブ内で調査を行っていく予定です」とも伝えている。

    世界的に人気があるリバプールは、様々な言語に対応した複数のSNSを運用している。そのうちの1つ、韓国語版ツイッターで15日、韓国の国旗を手に掲げた男女が、日の丸国旗を踏みつけながら歩くイラストが投稿された。

    日本における「終戦記念日」の15日は、韓国にとっては「解放記念日」として位置づけられる「光復節」にあたる。そのため、上記の画像を添えたツイートでは、

    「光復節の73周年です! 韓国の国民解放記念日 祖国解放のために戦い殉国した先烈の精神を忘れません」(原文は韓国語、編集部訳)

    とコメント。あわせて、イラストの出典も明記していた。

    投稿は日本国内のネットユーザーを中心に物議を醸し、ツイッターには「公式アカウントでこれかよ」「ちょっとありえない」といった批判が相次ぐ騒ぎとなっていた。

    こうした騒動について、クラブの公式フェイスブック(日本語版)に17日未明、英語と日本語で書かれた以下のような謝罪文が掲載された。

    「リバプールFCは、クラブの公式ソーシャルメディア韓国語版において、韓国の光復節を祝う投稿がクラブの許可なくされたことについてお詫びいたします。不快な画像を含む投稿はすでに削除しましたが、この問題について、クラブ内で調査を行っていく予定です」

    ただ17日正午現在、騒動の発端となった韓国語版ツイッターでは、謝罪や釈明などの投稿は行われていない。
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/07/20(金) 06:34:55.50 ID:CAP_USER9.net
    ついにリヴァプールが新守護神を獲得した。以前からうわさされていたローマのブラジル代表GKアリソンの加入が公式発表されている。

    リヴァプールは現地時間19日、メディカルチェックをパスしたアリソンと正式契約を締結。契約解除金、契約年数は公式で明らかになっていないが、長期契約を結んだことは確実のようだ。

    これまでリヴァプールはロリス・カリウス、シモン・ミニョレがゴールを守っていたが、ともに絶対的な信頼を集めるまでには至らず。カリウスについては17-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝で不用意なミスをしたことから、リヴァプールは即戦力GKの補強が急務とされていた。

    1992年生まれ、現在25歳のアリソンはブラジルのインテルナシオナウ育ちで、2013年にトップデビューした後、2016年にローマへ加入。ロシア・ワールドカップではブラジル代表の正GKを務めた。

    また、アリソンはリヴァプール加入についてクラブの公式メディアを通し「4月下旬、アンフィールドでプレーしたことがとても印象的だった。雰囲気は素晴らしいし、それにユルゲン・クロップ監督の采配も見事だった。あの夜が僕に影響を与えたことは間違いない。歴史の深いこのクラブに来ることができて、本当に嬉しく思っているよ。これは僕にとって大きな一歩だ」と発言。

    17-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ、準決勝の第1戦でリヴァプールはローマを5-2で撃破している。ローマのゴールを守っていたアリソンにとって、その試合がリヴァプールへの移籍を決断する一因になったようだ。

    GOAL
    2018-07-20_08h17_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000024-goal-socc
    続きを読む

    1:スレ立て代行@ベクトル空間 ★:2018/06/05(火) 12:32:33.88 ID:CAP_USER9.net
    2018-06-05_13h52_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000014-jij_afp-socc


    AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に所属するGKロリス・カリウス(Loris Karius)が、レアル・マドリード(Real Madrid)との欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)決勝で失点に繋がるミスを犯した直前に、脳振とうを起こしていたことが4日、明らかになった。

    この診断結果を発表したのは、米ボストンで働く2人の医師で、チャンピオンズリーグ決勝が行われた5日後の先月31日に、マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)でカリウスに対して総合的な検査を行ったという。

    両医師は、「試合の映像を注意深く再確認し、詳細な病歴や身体検査、他覚的な基準を統合した結果、われわれはカリウス選手が5月26日の試合中に脳振とうを起こしていたという結論に至った」との声明を出した。

    カリウスはこの試合の後半4分、レアルのDFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)と衝突した際に肘打ちを受けたと審判に対して主張していたが、このプレーに罰則が下ることはなかった。

    その2分後、カリウスは味方選手にボールを送ろうとしたものの、相手FWのカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)にボールを渡し、レアルの先制を許すというミスを犯した。さらにカリウスはその後、ギャレス・ベイル(Gareth Bale)のシュートをつかみ損ねるという決定的なミスをしており、リバプールの3失点目により勝敗は決した。

    両医師は脳振とうがカリウスのパフォーマンスに影響を与えた可能性はあるとし、以下のように続けた。

    「検査時にカリウスが訴えた後遺症や他覚的徴候を考えると、セルヒオ・ラモスと交錯した直後に視覚的な機能障害が生じていたのかもしれない」

    また両医師は、脳振とうを引き起こした出来事からカリウスが確実かつ安定的に改善していると話している。

    「診断の結果に基づき、彼が完全に回復することを期待している」「われわれはカリウス選手に対して用心するよう助言し、完全にプレーできるよう復帰するためには安全であることを重要視すべきだと伝えた」
    続きを読む

    1:みつを ★:2018/05/28(月) 15:56:21.54 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3176215?cx_position=22

    2018年5月28日 10:59 発信地:ロンドン/英国
    【5月28日 AFP】英マージーサイド警察(Merseyside Police)は27日、イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に所属するGKロリス・カリウス(Loris Karius)に対するSNS上での殺害予告や脅迫について捜査中であると発表した。カリウスはレアル・マドリード(Real Madrid)とのサッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)決勝で致命的なミスを繰り返し、ファンの怒りを買っていた。

    ウクライナ・キエフで行われた決勝でリバプールは、カリウスの2度のミスが失点に直結して1-3でレアルに敗れた。

    前半、味方に投げたボールが相手FWカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)の足に当たってそのままゴールに吸い込まれ先制点を許したカリウスは、後半にはギャレス・ベイル(Gareth Bale)のロングシュートの処置を誤ってボールを後ろにはじいて3点目を与えた。

    試合終了のホイッスル後カリウスは泣き崩れたが、守護神の元に慰めに駆け寄るリバプールの選手は皆無だった。

    リバプールを率いるユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督は、2016年にドイツ・ブンデスリーガ1部のマインツ05(Mainz 05)から獲得した24歳が気の毒だとコメント。27日にリバプールのジョン・レノン空港(John Lennon Airport)にチーム機から降りてきた際、カリウスは手で顔を覆っていた。

    試合後にカリウスはミスを謝罪したが、怒りの収まらないリバプールのファンはカリウスとその家族を脅迫をした。

    SNS上にはカリウスにがんで死んでほしいというコメントや、「家族全員死んでほしい」「お前の娘を殺してやる」と言った文言があふれた。

    マージーサイド警察の広報は英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に対し、カリウスへの脅迫を捜査していると明かした。

    「警察はソーシャルメディア上のこういった性質の投稿を極めて深刻に捉えている。特定された違反投稿者は捜査されることになる」

    「マージーサイド警察としては、悪意あるメッセージや脅迫といった違法投稿は捜査対象であることをソーシャルメディアのユーザーに自覚してほしい」

    27日に自宅に戻るまで、カリウスは人生最大の舞台で起きた悲惨なミスを受け入れるために苦しんでいた。カリウスはツイッター(Twitter)で脅迫には触れずに、ファンに悪夢のようなパフォーマンスを再度謝罪した。

    「今までよく眠れていない。あの場面が頭の中を何度もよぎる。チームメート、ファン、すべてのスタッフに謝っても謝りきれない」

    「自分の二つのミスが試合を台無しにし、みんなを落胆させてしまった。前にも言ったように時間を戻したいがそれは不可能だ。僕らはレアル・マドリードに勝てると感じていたし、ずっと自分たちのプレーができていたので余計に最悪だ」

    「キエフに来て、試合後でさえも僕の背中を押してくれた最高のファンに感謝したい。それを当たり前のことだとは思っていない。自分たちは大きな家族だということを再び僕に教えてくれた。ありがとう、そして僕らはもっと強くなって戻ってくる」 (c)AFP

    サッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリード戦で失点を喫し、ピッチに横たわるリバプールのGKロリス・カリウス(2018年5月26日撮影)。(c)AFP PHOTO / FRANCK FIFE

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/05/28(月) 16:28:30.79 ID:CAP_USER9.net
    CL決勝で物議を醸したワンシーンに、他競技の団体が公式ツイッターで皮肉の投稿

    レアル・マドリードとリバプールが激突した26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、レアルが3-1と勝利して史上初の大会3連覇を果たした。この試合の前半には、レアル主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと交錯。転倒したサラーが左肩を痛めて涙の負傷交代となったが、ラモスの行為に対してヨーロッパ柔道連盟から「禁じ手だ」と、異例の物言いがついている。

    頂上決戦で最大の見どころが消えた瞬間だった。前半25分、リバプールのエースがドリブル突破を仕掛けると、ラモスは食い止めようと腕を絡めながら倒れこむ。左肩を痛めたサラーは悶絶。その後一度はプレーに復帰したものの、再びピッチに座り込み、涙の途中交代を余儀なくされた。

    世界屈指の実力者ながら、これまで公式戦で通算24度も退場しているラモス。リーガ史上最多19度の退場という不名誉な記録も打ち立てている。この接触プレーでは相手のエースを潰した格好となったが、このプレーを「禁じ手」と判定したのは、意外にもヨーロッパ柔道連盟だった。

    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が名誉会長を務め、51カ国加盟する同連盟は公式ツイッターに異例の投稿を行った。

    「脇固めは危険なテクニックだ。だからこそ寝技に移行する際に柔道の世界では使用を禁止されている。昨日のCL決勝の夜に起こったこのファウルについて、あなたはどう思うのか?」

    投稿の返信欄では両サポーターが衝突し炎上中

    ラモスの行為は、柔道の世界では相手を負傷させるリスクの高い反則技と断定している。ツイートには、ラモスが左腕をドリブル中のサラーの右腕に巻き込む決定的瞬間を捉えた写真を添付。キャプションでは「アームロックの技術は柔道で禁止されている。しかし、フットボールの世界ではチャンピオンズリーグで優勝するために有効だ」と皮肉っている。

    柔道サイドからの指摘に、ラモスを擁護するレアルサポーターとエース負傷に怒るリバプールサポーターが衝突。投稿の返信欄は炎上しているが、脇固めによって今季欧州屈指の輝きを放ったサラーのロシア・ワールドカップ出場が危ぶまれる事態になったことは間違いない。

    Football ZONE web編集部
    2018-05-28_17h18_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00106812-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/28(月) 06:30:22.84 ID:CAP_USER9.net
    リヴァプールのドイツ人GKロリス・カリウスが27日、自身のInstagramを更新し、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での敗戦につながったミスを改めて謝罪した。

    カリウスは26日に行われたCL決勝のレアル・マドリード戦で先発出場し、前半を無失点で終えたが、51分に味方に投げたボールをフランス人FWカリム・ベンゼマにカットされて先制点を献上。さらに1点を失って迎えた83分には、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの無回転ミドルを後逸してしまい、レアルに試合を決める3点目を与えていた。90分を通じて、いくつか好セーブを披露するなど健闘もしたが、2度のミスが1-3の敗戦につながってしまった。

    試合後には涙ながらにサポーターに謝罪し、インタビューでは「僕のミスで大きな代償を払ってしまった。あの時に戻れるなら戻りたい」とコメント。現地のサポーターは謝罪する同選手に温かい拍手を送っていたが、SNS上では殺害の脅迫文が送られ、警察が調査する事態になっていた。そして、決勝から一夜明けた27日に改めて心境を明かした。

    「今まであまり眠れていないんだ…。あのシーンが何度も何度も頭をよぎるよ…。チームメイトやファン、全スタッフに、果てしなく申し訳ないと思っている。2つのミスで試合を壊し、みんなを失望させてしまった。前も言ったように、時間を戻したいが、不可能なのはわかっている。チームがレアル・マドリードを倒せると信じて戦っていたから、もっとひどい。キエフまで来て、試合後でも僕の背中を押してくれた素晴らしいファンたちに感謝したい。許されたとは思っていない。改めて僕らが一つのビッグファミリーだと感じたよ。ありがとう、そしてまた強くなって戻ってくる」

    この投稿にはリヴァプールのチームメイトも反応。クロアチア代表DFデヤン・ロヴレンは「僕らはチームで勝ち、そしてチームで負けるんだよ、ロリス! 君は最高のブラザーだ」と返信し、セネガル代表FWサディオ・マネも「僕らは君を愛しているよ」と優しい言葉を返した。

    さらに、今シーズンはヴォルフスブルクにレンタル移籍をしていたベルギー代表FWディヴォック・オリジも「顔を上げるんだ。多くの愛を送るよ」とコメント。昨夏リヴァプールからラツィオに移籍したブラジル人MFルーカス・レイヴァも「強くあれ! 君がまた強くなると確信しているよ」とエールを送った。

    ゲキサカ 5/28(月) 5:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00765240-soccerk-socc

    写真



    動画 試合ハイライト スカパー

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/27(日) 12:52:25.84 ID:CAP_USER9.net
    クロップ監督は「深刻な負傷」と話すもX線の検査結果は最悪の事態を免れる
     
    リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦(1-3)で前半25分にDFセルヒオ・ラモスと交錯した後に転倒し、肩を負傷して無念の負傷交代となった。

    ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた不安材料となったが、エジプトサッカー協会はエースの状態について「楽観視」しているという。

    英公共放送「BBC」によれば、ユルゲン・クロップ監督はサラーについて「本当に深刻な負傷」とし、鎖骨あるいは肩の負傷だと語っていた。

    しかし、エジプトサッカー協会は公式ツイッターでX線検査の結果、「肩の靭帯の捻挫」と発表。6月14日に開幕するロシアW杯への出場も「楽観的」とした。リバプールサポーター、そしてW杯での躍進を期待するエジプト国民を安堵させた。

    今季公式戦44得点を決めた韋駄天FWサラー。CLのタイトル獲得こそ叶わなかったが、この悔しさをW杯で晴らしたいところだ。

    フットボールZONE 2018年5月27日 10時20分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14775045/

    写真


    続きを読む


    2018-05-14_00h35_39

    1:pathos ★ :2018/05/13(日) 23:38:51.74 ID:CAP_USER9.net
    モハメド・サラー(前半26分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11043189


    リバプールFW、年間MVPの“3冠”達成。今季の個人賞受賞は驚異の34個目に
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269224-footballc-socc

    昨夏ローマからリバプールに加入して以来サラーはゴールを量産しており、38試合制のプレミアリーグでは歴代最多記録に並ぶ31ゴールを記録。13日に行われる最終節ブライトン戦でゴールを決めれば新記録達成となる。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ