海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:リバプール

    1: 風吹けば名無し 2020/06/27(土) 00:21:28.56 ID:rn83BkCg0
    楽しくなさそう

    no title

    no title

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2020/06/26(金) 07:17:12.88
    リバプールは25日、クラブ史上初のプレミアリーグ優勝を飾った。トップリーグとしては30年ぶりのリーグ制覇となる。また、同クラブに所属する日本代表MF南野拓実は、日本人4人目のプレミア制覇となっている。

    25日に行われたプレミアリーグ第31節で2位のマンチェスター・シティがチェルシーに1-2で敗戦したことで、7試合を残してリバプールとシティのポイント差は“23”となり、リバプールの優勝が決まった。

    昨季2位でリーグ戦を終えるも14年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)を制したリバプールは今季、開幕から8連勝飾るなど序盤で首位に立つと、今年2月に行われた第28節ワトフォード戦まで27勝1分け無敗と圧倒的な成績で首位を独走。1度も2位に転落することなく7試合を残してのプレミア初制覇となった。

    今冬にザルツブルグからリバプールに加入した南野にとっては、6年連続となるクラブチームでのタイトル獲得。2001-02シーズンにアーセナルに所属していたMF稲本潤一、2012-13シーズンにユナイテッドに所属していたMF香川真司、2015-16シーズンにレスター・シティに所属していたFW岡崎慎司に続いて、日本人選手4人目のプレミア制覇となった。

    また、リバプールは1992年に創立されたプレミアリーグで、ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、シティ、ブラックバーン、レスターに続いて7チーム目の優勝クラブとなった。
    2020-06-26_09h58_51
    https://news.yahoo.co.jp/articles/11b68eb8696d04c4ef3e7880ab4394fbffa45b38

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/25(木) 06:21:29.62
    プレミアリーグ第31節が24日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールとクリスタル・パレスが対戦した。

    プレミアリーグ優勝が目前のリヴァプールは前節のエヴァートン戦から先発を4人変更。南野はベンチスタートとなり、前節は出番のなかったFWモハメド・サラーや軽傷を抱えていたDFアンドリュー・ロバートソンらが先発に復帰した。

    中断前含め4試合無失点勝利を続ける難敵をアンフィールドに迎えたリヴァプールだったが、23分にゴール正面やや右の好位置でFKを獲得するとトレント・アレクサンダー・アーノルドが右足で鮮やかにゴール右へ沈めて先制に成功。44分にはファビーニョのDFライン裏へのミドルパスに反応していたサラーが冷静にGKとの1対1を制して追加点を獲得した。

    後半に入っても55分、ファビーニョが今度は自身でロングシュートを突き刺して早々に試合を決める3点目。69分には強力3トップでつなぐ得意のカウンターでロベルト・フィルミーノ、サラーとボールが渡って、最後はサディオ・マネが沈めた。その後も試合を支配したリヴァプールが快勝をおさめている。南野は74分からフィルミーノに代わってピッチに立ち、センターフォワードの位置でプレーした。

    優勝が目前となったリヴァプール。25日の試合で2位マンチェスター・Cがチェルシー相手に引き分け以下で終わると優勝が決定。決まらない場合は7月2日のマンチェスター・Cとリヴァプールの直接対決に行方が持ち越される。クリスタル・パレスは29日にホームでバーンリーと対戦する。

    【スコア】
    リヴァプール 4-0 クリスタル・パレス

    【得点者】
    1-0 23分 トレント・アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)
    2-0 44分 モハメド・サラー(リヴァプール)
    3-0 55分 ファビーニョ(リヴァプール)
    4-0 69分 サディオ・マネ(リヴァプール)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075504
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
    順位表
    2020-06-25_08h48_18
    https://news.yahoo.co.jp/articles/59b8ebff0516aa70439dc9dbe6de9b706a76879d
    6/25(木) 6:06配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/22(月) 08:01:55.57
    no title

    リヴァプールFW南野拓実は、エヴァートン戦でのパフォーマンスが一定の評価を得ているようだ。

    1月の移籍市場でリヴァプールに加入した南野。プレミアリーグではなかなか出番を得られていなかったが、再開初戦となった21日の第30節のエヴァートン戦ではコンディション不良のモハメド・サラーに代わって先発出場を飾った。攻守に奮闘したものの、前半のみのプレーでベンチに下がっている。試合はスコアレスドローに終わった。

    この試合を採点した米メディア『ESPN』は、南野に「6」と及第点を与えた。寸評では、「1月に加入したこの選手は、リンクプレーや動きでその高いクオリティの片鱗を見せた。だが、ファイナルサードでは決断力をやや欠いている」としている。

    なお、南野に代わって後半から出場したアレックス・オックスレイド=チェンバレンも同様に「6」と評価されている。最高評価はサディオ・マネの「8」となった。

    また『スカイスポーツ』も「6」と及第点。「サラーの役割でスタートしたが、(ロベルト)フィルミーノに近づきすぎたこともあった。エネルギッシュで、何度か高い位置でボールを奪い返した。だがリヴァプールは形を探し、チェンバレンとハーフタイムから使った」と評している。

    6/22(月) 7:51フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6e45dd23e512f439080e4a1f11ca2b45047c7c96

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/22(月) 05:57:30.84
    リバプールは宿敵の堅守に苦戦して――

    移籍後リーグ戦初先発を飾った日本代表FW

    現地時間6月17日、プレミアリーグは第30節が開催され、リバプールが敵地でエバートンと対戦した。

    両軍にとってのプレミアリーグの再開戦で、いきなり実現した「マージーサイド・ダービー」。勝てば、30年ぶりのトップリーグ制覇に王手をかけられるリバプールは、注目の日本代表FWの南野拓実を、打撲のために温存したサラーに代わって右ウイングで先発起用した。

    試合は序盤戦こそ相手の出方を伺う時間が続いたものの、試合に2010年8月の対戦を最後に、ダービーでは18戦負けなしのアウェーチームがボールを支配する。

    持ち味の激しく、鋭いフォアチェックを展開したリバプールは、ショートカウンターからチャンスを創出。9分にはプレミア初先発を飾った南野がミドルシュートで相手ゴールを脅かした。一方のエバートンは、指揮官のアンチェロッティらしい守備的な戦いを選択。危なげなく時間を浪費していった。
     

    その後、スコアレスで迎えた後半にリバプールが動く。攻守で奮闘していた南野を下げてチェンバレンを投入したのだ。この交代策が功を奏して、51分にはケイタ、57分にはファン・ダイクと相手ゴールに迫ったが、いずれもゴールネットを揺らすには至らない。

    なおも、リバプールはワンサイドゲーム気味に試合を推し進めたが、自陣中央にしっかりとブロックを構築したエバートンの堅牢は打ち破れず……。その後も何度か相手ゴールに迫ったものの、結局、レッズは最後まで得点を挙げられずにスコアレスドローで決着となった。

    相手の戦術的な堅守を破れなかったものの、敵地で貴重な勝点1を積み上げたリバプール。注目の優勝の行方は次節以降に持ち越しとなった。
    2020-06-22_09h08_08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f21c0ef50fb819a4c2ac8a0a5641efadf2229eeb
    6/22(月) 4:51配信


    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075494
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
    得点ランキング 

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/06/21(日) 18:18:08.81
    リバプールのユルゲン・クロップ監督は、母国ドイツなどと比較するとマスクの着用が徹底されていないとして、英国政府や国民の新型コロナウイルスに対する対応を批判している。英紙『ガーディアン』など複数メディアが20日の会見でのコメントを伝えた。

    プレミアリーグであと2勝を収めれば30年ぶりのリーグ優勝が決定する状況にあるリバプールは、現地時間21日に行われるエバートンとのダービーマッチでシーズン再開の予定。リーグ打ち切りが懸念されたこともあったが、「政府のせいでタイトルが獲得できなくなると心配したことは全く無かった。それよりも死亡者数について心配している」とクロップ監督は語る。

    英国では公共交通機関などでのマスク着用が今月15日から義務化された。だがクロップ監督は「個人的には、他国が5週間や6週間も前からやっていたことなのに、6月15日からマスクを着け始めたことが理解できない」と対応の遅さを指摘している。

    「マスク着用に意味があるかどうかに議論の余地もあるだろう。だがもっと早くマスクを着け始めた国では英国より死亡者数が少ない。それが事実だ」とクロップ監督。英国ではアメリカとブラジルに次いで世界3番目に多い4万人以上の死亡者が出ており、人口あたりの死亡者数は非常に高い比率となっている。

    「ドイツではマスクを着けなければ店に入れさせてもらえないが、マスクを着ければどこにでも行ける。英国でガソリンスタンドに行くと、マスクと手袋を着けているのは私しかいない。自分が異星人のようだ」とマスク着用率の低さを批判。「だが私は(パンデミックが)もう終わったと誰かに言われるまでは(マスク着用を)やめないつもりだ」と語っている。
    2020-2-19-Kloop_Getty
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1dc029fc591a430721fd01f28ccb096080a264ab

    続きを読む

    Emblema_FK_Liverpool

    1: 風吹けば名無し 2020/05/21(木) 13:18:40.07
    スタリッジ

    2: 風吹けば名無し 2020/05/21(木) 13:19:26.11
    オーウェン

    3: 風吹けば名無し 2020/05/21(木) 13:19:55.21
    オーウェン

    続きを読む

    depression-4782718_640
    1: 風吹けば名無し 2020/05/02(土) 12:02:10.79
    エールディビジは優勝チーム無しでシーズン中断

    2: 風吹けば名無し 2020/05/02(土) 12:02:45.56
    アンフィールドにようこそ()

    3: 風吹けば名無し 2020/05/02(土) 12:03:28.54
    全てのジンクス継続してて草

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/05(日) 14:14:24.47
    リバプールは4日、新型コロナウイルス感染拡大による財政不安に対処するため、一部従業員に一時休暇を与えることを発表した。イギリス『ガーディアン』によると、これは従業員が政府から月給80%を補償されるようにするための措置。ところがビッグクラブによる一大決定はイギリス国内で批判を呼び、「炎上」状態にあるようだ。

    欧州主要リーグでは現在、新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦の開催がストップしている。各クラブは大半の収入源が断たれ、給与支払いへの影響も避けられない情勢。スペイン、ドイツなどでは選手が一部給与の受け取りを拒否し、従業員の給与に充てるよう申し出ている中、イングランドでは従業員に無給の一時休暇を与える措置を取っている。

    この違いはイギリスの政策に端を発する。ボリス・ジョンソン首相が3月下旬、レストランやパブ、映画館や劇場などで業務ができなくなった人々の賃金80%を月2500ポンド(約32万円)を上限に政府が肩代わりし、この窮地を乗り越えてもらうという支援制度を打ち出したためだ。

    ところが、昨今市場価値が高騰し続けているサッカークラブがこの制度を活用することには大きな批判が向けられている。とりわけ労働者の支援を受けてビッグクラブとなり、国を代表する地位を築いたリバプールとなればなおさらだった。記事によると、今年2月に発表された2018-19会計年度のクラブ利益は4200万ポンド(約56億円)だった。

    リバプールの決定に対し、OBのジェイミー・キャラガー氏も自身のTwitter(@Carra23)で痛烈批判。「ユルゲン・クロップはこの流行の初期にすべての人々への思いやりを果たし、賃金カットに深く関わっているプレーヤーもいる。すべての尊厳も善意も失われた。貧しいLFC」と綴っている。

    一方、クラブが選手の賃金カットを行うためにはプロサッカー選手協会(PFA)との合意が必要だが、PFAはこれに猛烈な反対姿勢を取っていることも問題をより難しくしている。現状では30%の賃金カット案が浮上しているが、「彼らは財政的な貢献をすることで役割を果たすはずだ」と拒否。その根拠には、賃金をカットすることに伴う政府税収の減少などが挙げられている。
    2020-04-05_16h41_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-43479420-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2020/03/29(日) 22:27:02.60
    リバプールがバレンシアに所属するU-21スペイン代表FWフェラン・トーレス(20)の獲得に熱心だという。英『デイリー・エクスプレス』が伝えている。

    バレンシア下部組織育ちのトーレスは、2017年11月にトップデビュー。キック精度の高さ、スピードをいかしたドリブル突破を武器に、今季はここまで公式戦35試合で6ゴール7アシストを記録している。

    トーレスを巡ってはレアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・シティ、ユベントスなど多くのクラブが注目しているが、リバプールも数年前から動向を追っており、激しい争奪戦が予想されている。

    バレンシアとトーレスとの契約は2021年まで。契約解除条項は9000万ユーロ(約108億1700万円)に設定されているようだ。
    2020-03-29_22h56_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-43479253-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ