海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:リバプール

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/11/12(木) 07:36:36.90 _USER9
    10月オランダ遠征で10番を背負った南野拓実が取材に応じた

    森保一監督率いる日本代表は11日、オーストリア・グラーツで国際親善試合パナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日/日本時間18日)に向けて合宿3日目を迎えた。10月のオランダ遠征に続いてメンバーは海外組だけで構成。前回背番号10をつけたMF南野拓実(リバプール)は所属クラブで直近のプレミアリーグ第8節マンチェスター・シティ戦で今季初めてのベンチ外を経験した。世界屈指の強豪クラブでもがき続ける日本のエース候補は「悲観的になっていない」と、挑戦を続ける覚悟を示した。

    2カ月連続の代表合宿。10月のオランダ遠征で初めて10番を付けた南野は、今回合流するまで所属クラブで厳しい時間を過ごした。10月27日、先発出場したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ミッティラン(デンマーク)戦は、ホームで2-0と勝利を収めたものの、低調なパフォーマンスで途中交代。同31日のプレミアリーグ第7節ウェストハム戦(2-1)、11月3日のCLグループステージ第3節アタランタ戦(5-0)はベンチにとどまり、直近のシティ戦ではベンチ外となった。南野は公式戦3試合連続で出番に恵まれていない悔しさをにじませた。

    「前回(代表に)合流した時より(リバプールでの)試合の出場は少ないけど、個人的にコンディションは問題ないし、トレーニングを積んでいる。出場時間が短い分、個人で何かを見せたいというところもある。(シティ戦のメンバー外は)サッカー選手として起こり得ることだし、悲観的には捉えていない。悔しい気持ちはあるので、次にチームに帰った時に試合に出られるように頑張っていかないと」

    これまでのサッカー人生も決して順風満帆だったわけではない。セレッソ大阪の下部組織で育ち、17歳でトップデビュー。トップ昇格後にはクラブ史上初めて高卒ルーキーで開幕先発を飾った。だが、プロ2年目ではエースのFW柿谷曜一朗が海外移籍し、19歳ながらチームの中心としての活躍を期待された。それでも、リーグ2得点にとどまり、チームはJ2へ降格。自身は成長のために2015年冬、ザルツブルクへ渡った。ザルツブルクでもレギュラーを掴み切れない時期もあった。そのなか、一段ずつ階段を上っていった。リバプールで感じる“壁”も南野にとっては成長するためのきっかけだ。

    「今までの試合に出られなかった時とは状況が違う。トップクラスの選手がいる中で、今の自分の立場はこれまでと違う。個人的にはそれを、悲観的になっていない。サッカー選手なのでそういう時もあるし、今までも乗り越えてきた。今回も地道に自分なりに解決していければ。それに対して挑んでいく気持ちは常に今までも持っていたし、絶対に失ってはいけない。でも、そのために何をすればいいのかという試行錯誤は今までよりもしているかもしれない」

    苦悩が続く森保ジャパンのエース候補。まずは今回の代表合宿でゴールを奪い、上昇気流に乗るため弾みをつけたいところだ。
    2020-11-12_10h03_25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/39ced619eee0bf725aa0e58b61d19674e6b285e7
    11/12(木) 7:10配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/11/02(月) 14:56:54.24 _USER9
    リバプールFWジョッタが公式戦3試合連続ゴール ウェストハムに2-1で逆転勝利
     リバプールは現地時間10月31日、プレミアリーグ第7節でウェストハムと対戦し、1-2で逆転勝利を収めた。途中出場のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが値千金の決勝弾を奪ったなか、英メディアは「ジョッタはリバプールのスタメンに値するのか?」と見出しを打ち、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノとの“世代交代”に注目している。

    【動画】「フィルミーノは道を譲るべき」 リバプールFWジョッタが絶妙スルーパスから値千金の決勝弾

    昨季30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだったが、17日に行われた第5節エバートン戦(2-2)では、守備の要として不動の地位を築くオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが右膝前十字靱帯損傷の重傷を負うアクシデントもあり、シーズン序盤にして暗雲が立ち込めている。

    そんななか、チームを救う際立った活躍を披露しているのが、今季ウルヴァーハンプトンから加入した23歳のジョッタだ。リーグ第3節アーセナル戦(3-1)では後半35分に途中出場してデビューを飾ると、同43分に移籍後初ゴールを記録。さらに、今月24日の第6節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-1)、27日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節ミッティラン戦(2-0)でも2戦連続ゴールを決めていた。

    ウェストハム戦ではベンチスタートとなったが、1-1で迎えた後半25分にフィルミーノに代わって途中出場。同32分にこぼれ球を押し込んでネットを揺らすも、直前のセネガル代表FWサディオ・マネのプレーがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認の結果、ファウルと見なされゴールは取り消しとなる。

    それでも後半40分、スイス代表MFジェルダン・シャキリのスルーパスに抜け出したジョッタが相手GKとの1対1を制し、正真正銘のゴールを決める。これが決勝弾となり、ジョッタにとっては公式戦3試合連続ゴールとなった。移籍加入直後からチームを救う重要なゴールを奪っているジョッタの評価は日に日に高まっている。

    強力3トップの解体、あるいは4-2-3-1システムへの移行も視野か
    そんななか、英衛星放送「スカイ・スポーツ」は「ジョッタはリバプールのスタメンに値するのか?」と見出しを打ち、「フィルミーノは道を譲るべき」と、長年にわたりエジプト代表FWモハメド・サラー、フィルミーノ、マネで構成されてきた強力3トップ、通称“ファブ3”を今こそ解体するべきと主張している。

    記事では、「シーズン当初には考えもしなかったが、フィルミーノはスランプに陥っており、サラーが中央エリアでプレーさせるオプションもあることから、ブラジル人FWをローテーション要員に組み込む選択肢も除外するわけにはいかない」と指摘。最前線にサラー、右にマネを回し、左にジョッタを起用する3トップの可能性に言及した。

    また、「“ファブ4”を形成し、中盤の役割をフィルミーノかジョッタに任せる方法もある」とし、4-2-3-1システムに切り替え、トップ下にフィルミーノ、もしくはジョッタを配置する攻撃的なフォーメーションも考慮できると説明している。記事内では、日本代表MF南野拓実の名は一度も出てこず。これまで29歳のフィルミーノの後任に南野の名が挙げられてきたが、論点は「フィルミーノか、ジョッタか?」へと推移しているようだ。
    2020-11-02_19h51_34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/84a1b3f35f41bc81663ebe963038c83506855255
    11/2(月) 6:50配信

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/05(月) 05:21:21.75 _USER9
    現地時間4日、イングランド・プレミアリーグは第4節が行われ、リヴァプールは敵地ヴィラ・パークでアストン・ヴィラと対戦した。

    チアゴに続いてマネもコロナの陽性反応が出てしまったリヴァプールは、代役に新戦力のジョタを起用。一方、リーグ戦2試合消化で2連勝中のアストン・ヴィラは新戦力のバークリーが先発した。

    開始わずか4分、ロバートソンのバックパスをGKアドリアンが受けて右に展開するが、このパスがずれてグレアリッシュが奪い、折り返したボールをワトキンスが決めてアストン・ヴィラが先制する。

    さらに8分には、ペナルティーエリア左で仕掛けたグレアリッシュが対峙したファン・ダイクの股を抜くパスを通すと、ゴール前に走り込んだバークリーがフリーでシュート。しかし、この絶好機はゴール右へと外してしまう。

    嫌な立ち上がりとなったリヴァプールは15分、ケイタが入れたクサビをサラーが流してフィルミーノがエリア内右を抜け出す。決定機だったが、ここはGKエミリアーノ・マルティネスがファインセーブで切り抜ける。

    ピンチをしのいだアストン・ヴィラは22分、グレアリッシュのパスに左サイドを抜けたワトキンスがカットインして対峙したゴメスを振り切ると、倒れ込みながらも右足でシュート。これがゴール右へと決まり、アストン・ヴィラが追加点を挙げる。

    2点を追う格好となったリヴァプールは33分、左サイドからカットインしたジョタがゴール前にパスを入れると、ケイタのシュートはブロックされたものの、こぼれ球をサラーが押し込んでリヴァプールが1点を返す。

    これで追い上げムードになるかと思われた35分、バークリーの右CKのこぼれ球をマッギンがボレーで叩くと、これがファン・ダイクに当たってコースが変わり、ゴール左へと決まってアストン・ヴィラが再び2点差にリードを広げる。

    さらに39分、右サイドからのFKをバークリーが蹴ると、ファーサイドのトレゼゲが滑り込みながら折り返し、これをワトキンスが押し込んでハットトリック。アストン・ヴィラが4-1と突き放す。

    やや不運も重なって4失点を喫したリヴァプールは後半、ケイタに代えて南野拓実を投入。まずは2点差に詰め寄りたいところだったが、次の1点を決めたのはまたしてもアストン・ヴィラ。55分、グレアリッシュとのパス交換から、バークリーがペナルティーエリア手前左から左足を一閃。ブロックに入ったDFの足に当たって若干コースの変わったシュートがゴールに吸い込まれ、アストンヴィラが5点目を挙げる。



    ■試合結果
    アストン・ヴィラ 7-2 リヴァプール

    ■得点者
    アストン・ヴィラ:ワトキンス(4分、22分、39分)、マッギン(35分)、バークリー(55分)、グレアリッシュ(66分、75分)
    リヴァプール:サラー(33分、60分)

    全文はソース元で
    2020-10-05_10h15_53
    https://news.yahoo.co.jp/articles/34c51374e19d6a11e9edd6042b117cbabc46a1ed

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/29(火) 06:41:57.47 _USER9
    【リバプール 3-1 アーセナル プレミアリーグ第3節】

    プレミアリーグ第3節、リバプール対アーセナルの試合が現地時間28日に行われた。リバプールが3-1の勝利をおさめている。

    先日行われたリーグカップ3回戦のリンカーン・シティ戦で2得点1アシストの活躍を見せたリバプールの南野拓実はベンチ入りを果たした。25分、アンドリュー・ロバートソンのクリアミスをアレクサンドル・ラカゼットに拾われ、先制点を決められてしまう。


    それでも28分、モハメド・サラーが放ったシュートはGKベルント・レノに弾かれるが、そのこぼれ球をサディオ・マネが押し込んでリバプールが同点に追いつく。さらに34分、トレント・アレクサンダー・アーノルドのクロスからロバートソンが得点し逆転に成功。

    そして88分、新加入のディオゴ・ジョッタもチーム3点目を決めた。後半アディショナルタイムに南野はロベルト・フィルミーノとの交代で途中出場を果たす。リードを守り切ったリバプールが3-1の勝利をおさめた。

    【得点者】
    25分 0-1 ラカゼット(アーセナル)
    28分 1-1 マネ(リバプール)
    34分 2-1 ロバートソン(リバプール)
    88分 3-1 ジョッタ(リバプール)

    9/29(火) 6:34配信
    2020-09-29_09h40_03
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e78e6280d2919e1cb80e81740849a6640b48197

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2020/09/25(金) 10:32:37.90 _USER9
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、カラバオ・カップ3回戦のリンカーン戦で2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実を称賛した。リヴァプールの公式サイト上で伝えられている。

    ユルゲン・クロップ監督は「今夜のタキ(南野)のプレーが大好きだ。非常に優れていたし、本当に多くの場面に関与していた。

    彼の資質がどこにあるのか、私たち誰もが理解していると思うね。彼は最終的ににプレーするところはどこであっても、中央へ行く。

    左ウイングや右ウイングでプレーする場合でも、本当の強さを持っているから彼はハーフスペースやセンターでプレーする。本当によいパフォーマンスだった。

    相手は7回キックオフする必要があったけれど、毎回最初に相手へプレッシャーをかけたのはタキだった。彼はそういったプレッシャーやゲーゲンプレス場面でリズムを生み出してくれたから、私は本当によくやってくれたと思っている」と称賛している。

    与えられたチャンスでしっかり結果を残した南野。2年目のシーズンを飛躍の1年にすることができるのだろうか。
    2020-09-25_14h50_23
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20200925/1123021.html?cx_top=topix

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/25(金) 06:33:52.00 _USER9
    随所で存在感を示したサムライ戦士

    現地時間9月24日に開催されたカラバオカップ3回戦で、南野拓実の所属するリバプールは、敵地に乗り込んでリンカーン(イングランド3部)と対戦した。

    【動画】南野拓実の豪快ミドル炸裂! 今季2ゴール目のハイライトはこちら
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=79657

    3日前にチェルシー戦(プレミアリーグ第2節)を戦っていたリバプールは大幅にスタメンを変更。ジョーンズやN・ウィリアムス、R・ウィリアムスら下部組織上がりの若手に加え、オリギやシャキリ、さらにグルイッチなど控え組を多用した。なお、注目の南野は、4-3-3の3トップの中央でスタメン出場した。

    試合はプレミア王者がキックオフ直後から一方的に推し進めるなかで、あっさりと均衡を破る。8分、敵エリア手前で得たFKのチャンスで、シャキリが縦に落ちる鋭いシュートをゴール右上隅へ決めたのだ。

    その後もリバプールがワンサイドゲームを展開するなかで、あの男にも見せ場がやってくる。18分、相手DFがはじいてこぼれたルーズボールを敵エリア手前で受けた南野が右足一閃。ゴール右上へと豪快なミドルシュートをねじ込んだのである。

    クラブの公式ツイッターに「なんてシュートだ」「今シーズンのタキは違う」といったファンのコメントが殺到した南野の8月30日のアーセナル戦(コミュニティーシールド)以来となる今シーズンの公式戦2ゴール目で勢いに乗ったリバプールは、
    32分と36分に若手有望株のジョーンズが連続ゴールを決めてリンカーンを圧倒。危なげない試合運びで4-0としてハーフタイムを迎えた。

     迎えた後半、リバプールは早々に試合の趨勢を定める一発を決める。46分、相手GKが弾いたこぼれ球をエリア内でフリーとなっていた南野が押し込んだのだ。

    移籍後初となる2得点を決め、チームにさらなる勢いを呼び込んだサムライ戦士は、得点シーン以外にも的確なポストプレーで攻撃の起点となるなど、存在感を示し続けた。その後、60分に速攻から失点を喫したものの、65分にグルイッチのゴールで再び突き放したレッズは、66分にCKから2点目をもぎ取られたが、89分に南野のラストパスに反応したオリギがダメ押して7-2で大勝。大味な展開となった試合をモノにした。

    格下が相手だったとはいえ、久々の公式戦でフル出場を果たし、多彩なフィニッシュワークを見せつけ、目に見える結果も残した南野。それだけに現地時間9月28日に開催されるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦での起用法に注目だ。

    9/25(金) 5:34配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2f9b22720d6a21de15887ae28068c5ef551b2b
    no title

    続きを読む

    2020-09-06_11h45_52
    1: 風吹けば名無し 2020/09/06(日) 08:53:54.98
    ソースは現地紙

    2: 風吹けば名無し 2020/09/06(日) 08:54:08.92
    ヤバすぎる

    6: 風吹けば名無し 2020/09/06(日) 08:54:29.77
    ミーノミーノの関係良かったやん

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/31(月) 21:41:41.73 _USER9
    no title


    クロップ監督がアーセナル戦でゴールした南野を絶賛

    リバプールのユルゲン・クロップ監督が、現地時間8月29日に行われたコミュニティー・シールドのアーセナル戦で待望の移籍後初ゴールを記録した日本代表MF南野拓実について、
    「本物の選手になれる」などと称賛の言葉を贈っている。英紙「デイリー・ミラー」が伝えた。

    0-1のビハインドで迎えた後半14分にピッチに上がった南野は同28分、ゴール前の混戦から右足で流し込んで同点ゴール。試合は1-1で90分間を終え、リバプールはPK戦で4-5と敗れたものの、今年1月に加入してから昨季をノーゴールノーアシストで終えていた南野にとっては待ちに待った歓喜の瞬間だった。

    クロップ監督は試合後、「我々は良いチームで、加入することさえ難しい。しかし、彼は我々にとって非常に有益な選手。ゴールだけではなく、彼はライン間にポジションを取って、狭いスペースでとても良いプレーをした。ファーストタッチは素晴らしかったし、ライン間での状況判断は非常に良かった」と南野のパフォーマンスを振り返り、「リバプールで本物の選手になれるということは、常に明白だった」と称賛。

    さらに「私に言わせれば、彼は最も難しい時期での加入だった。ロックダウンされたイングランドにおいて、独りで様々なことに順応しなければならなかった。しかし、スーパープロフェッショナルとして非常に良くやったし、彼がゴールを決められたことを心からうれしく思う。また大きな一歩を大きな一歩を踏み出した」と続けた。

    南野の今後についても、本人の”精神面”まで考慮している指揮官。「彼はインパクトを残せる選手。だから、我々は彼と契約したんだ。だが、プレシーズンで1つ、2つ良いパフォーマンスをしたからといって、彼の肩に大きなプレッシャーを与えたくはない。そのようなことは全く不要」。

    リバプール2季目を迎える新シーズン、南野のどのようなプレーが見られるのか期待が懸かる。

    8/31(月) 21:10配信 Football ZONE
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7df08db526f8915e30abba91a6b2fc5e2f69b480

    【動画】リバプールMF南野がアーセナル戦で待望の移籍後初ゴール(動画期限:20年9月30日)
    https://www.football-zone.net/archives/280855/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=280855_6

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/30(日) 20:47:04.28 _USER9
    no title

    聖地”で躍動したサムライ戦士への評価は、うなぎ上りだ。

    現地時間8月29日にウェンブリー・スタジアムで開催されたコミュニティー・シールドでリバプールは、アーセナルに1-1からのPK戦の末に敗れた。2006年以来となる戴冠を逃したリバプールにあって、違いを作り出したのが、59分からピッチに送り出された南野拓実だ。

    投入直後から積極的にボールに絡んでチームの攻撃を活性化させた日本代表FWは、73分に敵エリア内での混戦からルーズボールをゴール右隅にねじ込んで、公式戦では自身移籍後初ゴールを決めた。惜しくも勝利には導けなかったが、ユルゲン・クロップ監督の起用に結果で応えた南野には、地元メディアも高評価を与えている。英紙『The Sun』は、「元マンチェスター・ユナイテッドの“エース”の助言で加わったミナミノはリバプールの鍵になる」と綴っている。

    「リバプールは元マンチェスター・ユナイテッドのシンジ・カガワに感謝することになる。かつてドルトムントでクロップに従事したカガワの言葉に耳を傾け、ザルツブルクから移籍したミナミノが早々に良い仕事した」さらに同紙は、「ミナミノが今シーズンに大きな役割を果たす可能性がある」と、ようやく目に見える結果を残した25歳に期待を寄せた。

    「自慢のフロント3が警戒され、苦戦が予想される今シーズンは、ミナミノがリバプールにおいてキーマンとなる可能性は高い。アーセナル戦では4-2-3-1の左サイドで起用されると、1トップのフィルミーノとの巧みな連係からアーセナルの守備陣に問題を引き起こし、得点シーンでは相手GKに一切のチャンスを与えなかった」

    来る9月12日に行なわれるリーズ・ユナイテッドとのプレミアリーグ開幕戦に向けては、「アルゼンチン人指揮官であるマルセロ・ビエルサがメルウッド(リバプールの練習場)にスパイを送るなら、日本人FWを見張る必要がある」とレポートされた南野。現地でも新シーズンでのブレイクへの期待は高まっている

    8/30(日) 15:31配信 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4a13148b9927347d0228f0f7ccae24d578c536ec

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/08/30(日) 02:29:18.08 _USER9
    20/8/30 02:13
    FW南野拓実が待望の加入後初ゴール

    [8.29 コミュニティーシールド アーセナル-リバプール]

    リバプールに所属するFW南野拓実が待望の加入後初ゴールを挙げた。

    29日、プレミアリーグの開幕を告げるFAコミュニティーシールドが行われ、リバプールはアーセナルと対戦。ベンチスタートの南野は後半14分から出場すると、4-2-3-1の2列目左に配置された。

    すると0-1で迎えた後半28分に待望の得点が生まれる。FWモハメド・サラーがPA内にパスを送り、混戦に。PA中央の南野は冷静にボールを拾い、ゴール右隅に決め切った。南野にとってリバプールでの公式戦初ゴール。クラブにとって2020-21シーズン最初の得点となった。

    南野は2019年冬にザルツブルクからリバプールに加入。昨季は日本人4人目となるプレミアリーグ優勝を経験も、無得点に終わっていた。

    試合は1-1の同点のまま、PK戦に突入している。
    news_309513_1
    https://web.gekisaka.jp/news/amp/?309513-309513-fl&309513-309513-

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ