海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:リヴァプール

    1: Egg ★ 2019/05/09(木) 08:54:29.17
    2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、トッテナムとリヴァプールの対戦に決まった。欧州王者を決める一戦は、6月1日にスペインの首都マドリードにあるエスタディオ・メトロポリターノで開催される。

    トッテナムはクラブ史上初の欧州制覇に王手をかけた。グループステージは2勝2分2敗と苦しみながらも2位で通過。決勝トーナメントはドルトムントに2戦合計4-0で好スタートを切ったが、準々決勝はマンチェスター・Cとのプレミア勢対決となり、アウェイで壮絶な打ち合いを演じて2戦合計4-4のアウェイゴール差で制した。準決勝は、快進撃を続けるアヤックスを相手にホームで第1戦を落としたが、敵地で3-2の劇的勝利を収めて、逆転突破でクラブ史上初の決勝進出を果たした。

    リヴァプールは14年ぶり6度目の欧州王者の座を狙う。グループステージではアウェイで全敗したものの、ホームで全勝して3勝3敗の2位で通過した。決勝トーナメント1回戦ではドイツ王者のバイエルンを相手にホームでスコアレスドローの苦戦を強いられたが、敵地で3-1の勝利を収めて突破。ポルトとの準々決勝は2戦合計6-1で制した。準決勝はスペイン王者のバルセロナと対決し、敵地で0-3の完敗を喫して窮地に陥ったが、ホームで4-0の完勝を収め、奇跡の逆転劇で2年連続の決勝に駒を進めた。

    両チームが欧州の大会で顔を合わせるのは、1972-73シーズンのUEFAカップ準決勝以来、46年ぶり。当時は2戦合計2-2で、リヴァプールがアウェイゴール差で制していた。今シーズンはプレミアリーグの2試合で対戦し、リヴァプールが両試合とも2-1で勝利を収めた。通算対戦成績は、リヴァプールが79勝43分48敗で勝ち越している。

    また、決勝は11年ぶりにプレミアリーグ勢対決が実現した。前回は2007-08シーズンにマンチェスター・UがPK戦の末にチェルシーを破って3回目の欧州制覇を果たしていた。

    両チームの今シーズンCLの成績は以下のとおり。

    ■トッテナム

    ▼グループステージ
    第1節 vsインテル(A) 1-2●
    第2節 vsバルセロナ(H) 2-4●
    第3節 vsPSV(A) 2-2△
    第4節 vsPSV(H) 2-1◯
    第5節 vsインテル(H) 1-0◯
    第6節 vsバルセロナ(A) 1-1△

    ▼決勝トーナメント
    1回戦 vsドルトムント
     第1戦(H) 3-0◯
     第2戦(A) 1-0◯
    2戦合計:4-0

    準々決勝 vsマンチェスター・C
     第1戦(H) 1-0◯
     第2戦(A) 3-4●
    2戦合計:4-4 ※アウェイゴール差で突破

    準決勝 vsトッテナム
     第1戦(H) 0-1●
     第2戦(A) 3-2◯
    2戦合計:3-3 ※アウェイゴール差で突破

    【12試合:6勝2分4敗/20得点17失点】

    ■リヴァプール
    ▼グループステージ
    第1節 vsパリ・サンジェルマン(H) 3-2◯
    第2節 vsナポリ(A) 0-1●
    第3節 vsツルヴェナ・ズヴェズダ(H) 4-0◯
    第4節 vsツルヴェナ・ズヴェズダ(A) 0-2●
    第5節 vsパリ・サンジェルマン(A) 1-2●
    第6節 vsナポリ(H) 1-0◯

    ▼決勝トーナメント
    1回戦 vsバイエルン
     第1戦(H) 0-0△
     第2戦(A) 3-1◯
    2戦合計:3-1

    準々決勝 vsポルト
     第1戦(H) 2-0◯
     第2戦(A) 4-1◯
    2戦合計:6-1

    準決勝 vsバルセロナ
     第1戦(A) 0-3●
     第2戦(H) 4-0◯
    2戦合計:4-3

    【12試合:7勝1分4敗/22得点12失点】

    (H)=ホーム戦、(A)=アウェイ戦/◯=勝利、△=引き分け、●=負け

    5/9(木) 8:16サッカーキング
    2019-05-09_11h57_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00935269-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/02(木) 09:16:34.10
    現地時間5月1日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝・第1レグは、ホームのバルセロナがリバプールに3-0で快勝した。

    この大一番で重要な先制ゴールを奪ったのが、ルイス・スアレスだ。26分、鋭い動き出しでジョルディ・アルバのスルーパスに反応し、ワンタッチシュートで巧みにネットを揺らした。

    2011年冬から3年半に渡ってプレーした古巣に強烈な恩返しをした格好のウルグアイ代表FWは、両手を広げて喜びを爆発させた。

    ただ、このゴールセレブーションは、レッズ・ファンの反感を買ったようだ。リバプールの公式ツイッターには、次のようなコメントが寄せられている。

    「あんなに喜ぶなんて!」
    「古巣へのリスペクトに欠けている!」
    「もうレジェンドじゃない」
    「リパプールがお前を一人前にしてやったのに」
    「こういう選手だから売却したんだ」
     
    13-14シーズンには31ゴールを挙げてプレミアリーグの得点王に輝くなど、絶対的エースとして活躍し、リバプール・サポーターからも愛されていたスアレス。だが、このゴールパフォーマンスにより、“幸せな関係”は崩れてしまったのかもしれない。

    7日(現地時間)に行なわれる第2レグで、かつての本拠地アンフィールドに乗り込むスアレスに、コップ(熱狂的なリパブール・ファン)たちは、どんな出迎え方をするのだろうか――。

    5/2(木) 7:00 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00057978-sdigestw-socc

    写真
    2019-05-02_09h56_57
    続きを読む

    2019-05-02_06h34_29

    1: 久太郎 ★ 2019/05/02(木) 05:59:09.78
    バルセロナ 3-0 リバプール
    [得点者]
    ルイス・スアレス(前半26分)(バルセロナ)
    リオネル・メッシ(後半30分)(バルセロナ)
    リオネル・メッシ(後半37分)(バルセロナ)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11439085


    UEFA-CL準決勝
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 19:40:46.03
    優勝はシティ

    13: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 19:45:27.96
    別に過去にもクリスマス首位でむかえたのに優勝できなかったチームあるんやろ?

    17: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 19:47:05.65
    >>13
    あるで

    19: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 19:47:41.92
    >>17
    ならそんな恥ずかしいことやないやん

    23: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 19:48:27.53
    >>19
    おっそうだな

    27: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 19:49:39.65
    >>19
    二回も事例がある
    no title

    続きを読む

    9f3b0ac7a6a9a01e21f7973728ba073c-1


    1: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 12:22:48.46
    頼みのユナイテッドがシティにボコられた模様

    2: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 12:23:01.91
    もうオシマイやね

    3: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 12:23:14.15
    また優勝できないんか…

    4: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 12:23:54.94
    シティは連覇や

    続きを読む

    2019-04-15_09h01_26

    1: 風吹けば名無し 2019/04/15(月) 01:42:05.83
    いけるでこれ!いける

    3: 風吹けば名無し 2019/04/15(月) 01:42:21.82
    サラー最高や!

    6: 風吹けば名無し 2019/04/15(月) 01:42:39.46
    ゴラッソすぎて引くわ

    8: 風吹けば名無し 2019/04/15(月) 01:42:55.46
    サラーなんだかんだですげーわ

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/02/12(火) 20:49:21.58
    トレードマークのひげを剃った写真に、弁護士のイサ氏もユニークなツッコミを披露
     
    リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、トレードマークだった顔のひげを綺麗さっぱり剃り落とし、話題を呼んでいる。その反響は拡大し、サラーの関係者も反応。ツイッターで「誰かひげが早く伸びるようになる薬知らない?」とイジり倒している。

    リバプールは現地時間9日のプレミアリーグ第26節ボーンマス戦で3-0と快勝した。ダメ押しの3点目を挙げたサラーは一夜明けた10日朝、自身のインスタグラムに顔写真をアップ。自撮りと思われるその画像には、口ひげもあごひげもなくなり、つるりとした顔のサラーが写っていた。

    “トレードマーク”がなくなったサラーを見て、チームメートのイングランド代表MFアレックス・チェンバレンは「なぜ?」と反応。ハートマークの絵文字を投稿したファンも複数いた一方で、多くは“新しいサラー”にショックを受けた様子で、「ひげのないサラーは甲羅のない亀と同じだ」「ノービアード、ノーサラー」「失われた10年」などとジョークを交えてメッセージが多数寄せられていた。

    英地元紙「リバプール・エコー」も、「モハメド・サラーのエージェントが、リバプールのストライカーのニュールックに陽気な反応」との見出しで特集。サラーの弁護士を務めるエジプト人のラミー・アッバース・イサ氏が自身のツイッターで、「誰かひげが早く伸びるようになる薬を知らない? 本当に早く効くやつで頼むよ。できれば即効で」とイジるようなメッセージを綴っていることを紹介している。

    サラーが投稿した“ひげなし写真”は公開から約2日で280万超の「いいね!」がつくほど大反響。今後、トレードマークは復活するのか、その行方にも注目が集まる。
    2019-02-12_21h05_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00169973-soccermzw-socc

    参考画像

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/11/07(水) 17:32:39.38 ID:CAP_USER9.net
    FCバルセロナでのウスマン・デンベレの出場機会の少なさは、ヨーロッパの複数のクラブからの関心を集めている。数日前、『RAC1』は冬の移籍市場での移籍の可能性を報じていた。そして噂はさらに広まっている。

    バルサはデンベレ売却を考えず

    『Express』によると、フランス人フォワードの出場機会の少なさが、リヴァプールの興味を沸かせているようだ。

    既に昨年、ユルゲン・クロップは「彼は売りに出ているのか?僕は気になっているよ」というコメントを残していた。このことからリヴァプールは、次の移籍市場でのデンベレの獲得に、非常に前向きなようである。

    今のところデンベレは、2017年の夏にバルサが彼の獲得のために支払った、1億500万ユーロ(約136億円)と40%のボーナスという金額に見合ったパフォーマンスを見せられていない。ネイマールの代役として加入してから、この2シーズンにおいてカンプ・ノウで不安定なシーズンを送っている。

    最初のシーズンは、怪我によって不運なシーズンを過ごし、先発として出場するという要求は今シーズンほど強くはなかった。しかしながら、21歳のフランス人は今シーズン、フル出場を果たしたのは1試合にとどまり、不安定なパフォーマンスや、先発の座を勝ち取っているアルトゥールの台頭もあり、エルネスト・バルベルデの信頼を失いつつある。
    2018-11-07_18h20_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00010016-sportes-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/07/19(木) 20:51:49.66 ID:CAP_USER9.net
    ▽リバプールがローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)を獲得することが決定的となっている。この状況を受けて、ユルゲン・クロップ監督の過去の発言が再び注目を浴びている。イギリス『101 Great Goals』が伝えている。

    ▽『スカイ・イタリア』やイギリス『ガーディアン』は18日、リバプールはローマが要求していた移籍金6700万ポンド(約98億5000万円)をボーナス込みで提示し、クラブ間での合意を取り付けたと報道。さらに、選手個人とも5年契約を結ぶことで合意しており、今週末にも移籍が成立する構えだ。

    ▽なお、リバプールがローマに支払う6700万ポンドは、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがパルマからユベントスに移籍した際の5300万ユーロを大きく上回る、GKの歴代最高移籍金となる。

    ▽リバプールに関しては今年1月にサウサンプトンからオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得する際に、DFの歴代最高移籍金を大きく更新する7500万ポンドを支払っており、今回のアリソン獲得で移籍市場における2つのレコードを更新することになる。

    ▽このリバプールの金満ぶりを受けて、クロップ監督の過去の発言が再び注目を浴びている。同監督は2016年頃のインタビューでプレミアリーグのライバルの大型補強に関して苦言を呈していた。

    「他のクラブはトッププレーヤーの獲得のために大金を費やすことができる。ただ、私は別のやり方をしたい」

    「仮に、多くのお金を使えるようになったとしても、私は別のやり方をしたい」

    ▽財政面でマンチェスター勢などと大きく差があった当時だけにクロップ監督の発言は本意ではなく、実はお金があればすぐにでも積極補強に打って出た可能性もある。ただ、育成の充実や戦術面で金満クラブとの差を埋めるアプローチを諦め、他クラブと同様にマネーパワーを使ってタイトルを獲得に行くという方針転換が同監督の中にあるのであれば少し残念なことだ。
    pcimage
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=321262
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ