海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:リーガエスパニョーラ

    1:Egg ★ :2017/11/01(水) 06:09:21.58 ID:CAP_USER9.net
    一昔前まで、スペインは日本人選手にとって「鬼門」と呼べるリーグだった。

    数々の日本代表プレーヤーが挑戦してきたものの、高い壁に跳ね返され続けてきた。イタリアにおける中田英寿や長友佑都、ドイツにおける香川真司や長谷部誠のように「このリーグといえばあの人」といった象徴的な選手が出てこなかったのだ。

    乾貴士(エイバル)の登場によってようやく扉は開かれたが、他国に比べると活躍へのハードルは高いように感じられる。

    なぜ、リーガ・エスパニョーラで活躍することがとりわけ難しいのだろうか?

    この疑問をテーマとした識者の見解を見ていくと「技術面やフィジカル面、あるいは文化的な要因により活躍が阻まれていた」とするものが数多く見受けられる。確かに、多くの日本人が活躍するドイツは、スペインに比べるとリーグ全体の技術レベルで劣る面がある。多くの日本人選手が技術を持ち味に活躍してきた点を踏まえると、一理ある見解と言っていいだろう。

    一方、ヘタフェのスポーツ・ディレクターを務めるラモン・プラネスは異なる見解を示す。彼は柴崎岳をチームに招き入れた張本人であり、「ガクはリーガで通用する力がある」と考える人物だ。

    なぜ、彼はそう確信を持って言えるのか? リーガが日本人選手の鬼門だった理由とは? 『Goal』の独占インタビューで、その考えを明かしてくれた。

    ■日本人選手がリーガで輝けなかったワケ

    プラネスは日本人選手がスペインで成功をつかめなかった理由の一つに「ドイツ」を挙げている。極東の選手たちが欧州に渡る際、ソーセージとビールの国が“停留所”になっているというのだ。

    「リーガ・エスニョーラでも、日本人選手たちは意識されている存在です。しかし、これまで時代を代表する選手たちがやって来たわけではありませんでした。日本代表の主力など、トップレベルと形容できる重要な選手はほとんどやって来なかったというのが現実です。“そういった”日本人はまずドイツに移籍し、あの国の重要なクラブで成功をつかんできました」

    今までスペインに挑戦してきた日本人選手に敬意を払うと、プラネスの発言が必ずしも正しいわけではない。中には日本代表の主力として活躍していた選手もいた。

    もっとも、挑戦の絶対数が少なかったというプラネスの主張も否定できないことだ。日本人選手が欧州に挑戦する道を切り開いた三浦知良や、日本代表の絶対的支柱だった中田が選んだのはイタリアだった。本田圭佑にしてもそうだ。そして、ドイツで成功をつかんだ香川や岡崎慎司が挑戦の場に選んだのはイングランドだった。他の欧州リーグで成功を手にした際にも、スペインがステップアップの場として選ばれるケースは多くなかったのだ。(もちろん、乾や中村俊輔、清武弘嗣などの例もあったが)

    もし単に挑戦の絶対数が少なかったとするなら、プラネスが柴崎を獲得した理由も説明がつく。彼にしてみれば、柴崎は“そういった”日本人選手なのだ。

    「ガクはまだ若いですが、重要な選手です。(決勝のレアル・マドリー相手に2得点を決めた)クラブ・ワールドカップでブロンズボールを獲得したことにより、その価値をさらに引き上げましたね」

    さらに彼は、日本を知る大物選手の証言を用いて日本人選手が持つ可能性の大きさを説く。

    「日本のフットボールは選手たちのテクニックを養ってきました。あそこでは選手、監督と多くのブラジル人が活躍してきましたし、そのためにテクニックを重視してきたのでは?」

    「ディエゴ・フォルランと私は親しい関係にあります。彼がセレッソ大阪に入団した際に驚いたことも、やはり選手たちのテクニックの高さでした。それと仕事の量と質にも感嘆していましたね」

    つづく
    2017-11-01_08h26_13
    10/31(火) 11:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00010000-goal-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/22(金) 17:28:27.72 ID:CAP_USER9.net
    観客が少なすぎることを理由に罰金処分を受けたクラブがスペインにあるようだ。スペイン紙『マルカ』が19日に伝えている。

    同紙によると、処分を受けたのはセルタ。今シーズンから、リーガ・エスパニョーラではスタジアムの最大収容人数の70パーセントを埋め、テレビ放送で映るスタンドに空席が出ないようにする規定が導入されており、セルタはそれを満たすことができなかった。

    同紙によると、問題となったのはセルタのホームで行われた第1節レアル・ソシエダ戦、第3節アラベス戦の2試合。収容人数29000人の本拠地バライードスに、レアル・ソシエダ戦では16961人、アラベス戦では17384人が観戦に訪れていた。テレビの放送でも空席が目立っていたと同紙は伝えている。

    更なる処分を嫌ったセルタは、ホーム3試合目となる第5節ヘタフェ戦でチケットの値下げを発表。価格を10ユーロ(約1300円)から最大で40ユーロ(約5300円)に設定したが効果は薄く、観戦者数15068人にとどまっている。

    客足だけでなく勝ち星も遠いセルタは現在1勝3敗1分けの勝ち点「4」。5試合を終えて17位に甘んじている。
    2017-09-22_18h12_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00645790-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 05:58:13.33 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部リーグが来季、日本で初めて公式戦を開催する可能性が19日、浮上した。リーグの国際化戦略の一環で、日本での開催が実現した場合、インターネット通販大手の楽天とスポンサー契約を結ぶバルセロナの試合が有力。対戦相手には、日本代表MF柴崎岳(25)が所属するヘタフェ、同FW乾貴士(29)が所属するエイバルなどが候補に挙がる。

    スペイン1部リーグは国際化戦略の一環として、米大リーグやNFLをモデルにスペイン国外での初の公式戦開催を検討。開催地は米国、中国が最有力だが、日本も候補に挙がっている。

    同リーグのハビエル・テバス会長(55)肝煎りのプランで、世界的に人気のあるバルセロナとレアル・マドリードの2大クラブがそれぞれ1試合ずつ計2試合を行う計画。直後にウインターブレークを挟み、選手の負担を最小限に抑えられるとの理由で、実施時期は12月が有力だ。

    同時期に行われるクラブW杯にバルセロナ、レアル・マドリードのいずれかが出場する場合は1試合のみとなる予定。

    バルセロナが今季から日本のインターネット通販大手、楽天と4年2億2000万ユーロ(約294億円)の大型スポンサー契約を結んだこともあり、日本開催はバルセロナ戦が有力。対戦相手に、柴崎の所属するヘタフェ、乾の在籍するエイバルが候補に挙がる。

    年間チケット保有者への払い戻しなど、国外での公式戦開催に伴う支出を抑えるため、収容人数が少ないスタジアムを本拠にするクラブのホーム開催分を振り替える方針。ヘタフェ(約1万7000人)、エイバル(約7000人)はいずれも該当する。スポンサーや興行面でメリットがあるとの理由から、日本で初開催される可能性が出てきた。


    スペイン1部リーグ

    1928~29年シーズンから続く、スペイン国内のトップリーグ。2012~13年シーズン以来、欧州リーグランキングの1位を守り続けている。近年は20チームが所属し、ホームアンドアウェー方式の2回戦総当たりで争われている。昨季はRマドリードが、自身の最多優勝記録を更新する33度目の優勝。

    今季は8月18日に開幕し、来年の5月20日に閉幕予定。第4節終了現在で唯一全勝のバルセロナが首位に立っている。現在トップチームに所属する日本選手はエイバルの日本代表FW乾貴士とヘタフェの同MF柴崎岳。
    2017-09-20_07h59_53
    2017.9.20 05:01 サンスポ
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170920/spa17092005010001-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/23(金) 06:08:17.97 ID:CAP_USER9.net
    「数人はリーガ・エスパニョーラで通用する」

    レアル・マドリー(スペイン)のジネディーヌ・ジダン監督は、クラブW杯決勝後、鹿島アントラーズの選手たちを賞賛した。それは本心で、別の意図はなかっただろう。ただし、敵将が相手に塩を送るのは珍しいことではない。勝者である自らの価値を高めることを、経験的に知っているのだ。

    では、本当に世界最高峰のスペインリーグで通用するJリーガーはいるのか?過去にJリーグからリーガに挑戦した選手は、城彰二、西澤明訓、大久保嘉人(現川崎)、家長昭博(現大宮)、ハーフナー・マイク(現ADO/オランダ)などがいる。しかし、いずれも成功と言える結果を残すことができなかった。大久保でさえ、一度はマジョルカを1部に残留させ、「救世主」と崇められたものの、2年目は不振で帰国を余儀なくされた。

    「無名なのに信じられないくらいうまい選手がいる」鳴り物入りでリーガに挑んだJリーガーたちは、そう言って修羅場に苦しむ。リーガはJリーグと比べ、「高いインテンシティやスピードでも技術が出せるか」が問われ、技術を持っているだけでは足りない。しかも練習、試合とタフな実戦が続く。ほとんど異次元の世界に入り込んだ感覚だろう。スコットランドで英雄視されていた中村俊輔(現横浜FM)が、全く通用しなかったほどだ。

    日本人Jリーガーのリーガ挑戦は、険しい道になる。鹿島だけでなく、Jリーグ全体でも、通用する選手は二桁に届かない。シーズンを通して活躍を、とハードルを上げると、0、もしくは1人というのが現実か。

    マドリー戦、鹿島は全員が健闘を示した。GK曽ヶ端準は的確なセーブを見せ、右SB西大伍はクリスティアーノ・ロナウドと真っ向から張り合い、CB植田直通は高さ強さで負けず、MF小笠原満男は気迫を見せ、永木亮太はしつこくボールにアプローチし、遠藤康はスペースの感覚にセンスを横溢させ、土居聖真は活動量豊富でサイドに流れて好機を作った。交代で入った赤崎秀平、伊東幸敏らもチームに貢献した。大会ブロンズボールを受賞したMF柴崎岳は、マドリーを最も苦しめた選手だろう。

    しかし例えば柴崎がリーガ挑戦するとして、ポジション適性がはっきりしない。ボランチとしては肉体的に弱く、技量が高いだけにパスを狙いすぎる。トップ下、もしくは攻撃的MFとしてはマドリー戦のようにパーソナリティを出せたらベストだが・・・。現状では、リーガ1部で定位置をつかむのは難しい。

    リーガで通用する可能性が高いのは、DF昌子源、FW金崎夢生の2人か。

    昌子は大会の中で確実に成長。マドリー戦は世界のトップFWを相手に、ほぼ一度も間合いで負けなかった。後半、柴崎のパスを跳ね返される形でカウンターを食らった時も落ち着いて対処し、事なきを得ている。

    金崎はキープ力に優れ、セルヒオ・ラモスのファウルを誘発し、あわや退場に追い込んだ。また、カウンターに出たとき(とくに右サイド)の推進力は、他の追随を許さない。マラガのスペイン人FWサンドロ・ラミレスと、ほぼ同等のポテンシャルを持つ。

    しかし、リーガで日本人は助っ人としてプレーする。スペイン人と同じ力量では足りないのだ。

    「通用する」というのは、ジダン監督の言う通りだろう。しかし「通用」では意味がない。外国人選手は、他のチームメイトを凌駕する能力が必要なのだ。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やC・ロナウドのように。柴崎、昌子、金崎は世界の猛者と対戦を重ね、殻を破れることを証明した。彼らがさらなる変身を遂げたとき――。本当の意味で「通用する」選手になるだろう。(文=スポーツライター・小宮良之)
    2016-12-23_08h15_57
    dot. 12/21(水) 16:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161221-00000118-sasahi-socc&p=1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/25(金) 22:00:45.73 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表の清武弘嗣選手は、今シーズン、ドイツからスペイン「リーガ・エスパニョーラ」に戦いの場を移した。11月に行われたW杯のアジア最終予選では存在感を示した清武選手だが、所属のセビージャではここのところ出場機会に恵まれていない。シーズンが開幕して3カ月がたった今、清武選手はリーガ・エスパニョーラ、そしてセビージャについて「想像していた通りといえばそうだが、やっぱりリーガの選手はうまい。技術は予想を超えている。その上で激しさがあり、戦える。これはブンデス・リーガで経験したこととは全く違う」とその印象を語っている。さらに「セビージャはいい選手がたくさんいて、技術も高い。チームも攻撃的ですごくいいサッカーをしいる。このレベルの高い中で練習ができているのは、自分にとってはプラス」と、そうした環境で刺激を受けていることも明かした。

    9月からは日本代表としての試合も続いていたが、そんな中でも「毎月、代表戦もあった中で、いつチームにケガ人が出て出番が回ってくるかもわからないので、そういう意味でモチベーションは保てている」という。これまで日本、ドイツ、そしてスペインでプレーしてきた清武選手は、それぞれのプレースタイルについて「ドイツ人も似ていると思うが、日本人は言われたことをきっちり守ってやる。スペインはけっこうルーズな感じもあるが、戦術的な規律を守りつつ自分のプレーをしている。そういう部分もすごく必要なのかなとも思う」と話す。そして、セビージャで出場機会を獲得するために「出ている選手と一緒のプレーをやっても結果で比べられるだけで意味がない。何かこう、何でもいいが、強くいったり、走る距離だったり、他の選手にはないものをやっていくしかないと思う」と課題を語った。

    清武選手を獲得したモンチSD(スポーツディレクター)は「リーガの開幕戦は素晴らしいパフォーマンスだった。その後、少し調子を落としたが、代表の試合もあったので当然。私たちはキヨを信頼して、我慢する必要がある」と清武選手について話している。また、清武選手の負担となった代表戦は3月までないことから「彼のポジションは競争が激しいが、これからの3、4カ月、彼がずっとチームと一緒にいて、続けて練習できることを願っている」ともコメントしている。

    代表戦は当分なくなるが、これからは国王杯が始まる。次のラウンドに勝ち進めば、1月からは週に2試合を戦う過密日程となる。モンチSDは「私たちは多くの試合を戦うので、キヨにもチャンスが来るだろう」と話す一方で「その時のために、彼は精神的にしっかり準備をして、高いクオリティーで期待に応える必要がある」とも話した。アジア最終予選で高いパフォーマンスを見せ、日本代表で躍動した清武選手。モンチSDが「すべての選手にチャンスがある。キヨにもある」と語ったように、これから訪れるであろうチャンスをしっかり生かし、スペイン・セビージャでの更なる飛躍に期待したい。

    *……WOWOWでは「リーガ・エスパニョーラ」“伝統の一戦”クラシコを生中継。WOWOWライブで12月3日深夜0時から「現地より生中継!リーガ・エスパニョーラ16-17 伝統の一戦クラシコ 第14節 バルセロナvsレアル・マドリード」として放送する。また、12月2日午後9時30分からはWOWOWライブで衝撃のゴールをランキング形式で紹介する「3時間生放送スペシャル!クラシコ衝撃のゴールカウントダウン50」を、12月3日午後4時30分からはWOWOWプライムで「宮本恒靖VS松木安太郎 クラシコ直前対談!」を放送する。
    2016-11-25_23h25_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000025-mantan-ent&p=2
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/09(日) 09:45:47.59 ID:CAP_USER9.net
    ▽リーガエスパニョーラの歴史上、最も優れた選手は元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスであるとスペインサッカー研究・歴史・統計センター(CIHEFE)が発表した。CIHEFEによる調査結果をスペイン紙『マルカ』や『アス』が伝えている。

    ▽『マルカ』によると、CIHEFEの主任研究員であるホセ・アントニオ・オルテガ氏が1928-29シーズンから2015-16シーズンまでのリーガエスパニョーラ(トップリーグ)でプレーした9117選手のパフォーマンスを分析。

    ゴールやアシスト、タックルなどいくつかの項目に基づいてポイントを与え、各選手の累積総合ポイントを算出。その結果、ラウールが528ポイントで首位となっている。

    ▽僅差での2位は、バルセロナやグラナダ、エルチェなどでプレーしたセサル・ロドリゲス氏で、524ポイント。3位はビルバオで6度の得点王に輝いたテルモ・サラ氏で、493ポイントとされている。

    ▽なお、100位までに入っている現役選手では、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが490ポイントで最高位の4位。レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが374ポイントで23位。元バルセロナFWダビド・ビジャ(現・ニューヨーク・シティ)が354ポイントで32位。元バルセロナMFチャビ(現・アルサッド)が329ポイントで49位。元レアル・マドリーGKイケル・カシージャスが317ポイントで62位となっている。

    ▽総合ポイントランキングのトップ10は以下のとおり。

    【1位】ラウール・ゴンザレス(元レアル・マドリー):528ポイント
    【2位】セサル・ロドリゲス(元バルセロナなど):524ポイント
    【3位】テルモ・サラ(元ビルバオなど):493ポイント
    【4位】リオネル・メッシ(バルセロナ):490ポイント
    【5位】エンリケ・カストロ(元ヒホンなど):488ポイント
    【6位】フアン・アルザ(元セビージャなど):481ポイント
    【7位】アルフレッド・ディ・ステファノ(元レアル・マドリーなど):480ポイント
    【8位】フランシスコ・ヘント(元レアル・マドリーなど):467ポイント
    【9位】サンティリャーナ(元レアル・マドリー):464ポイント
    【10位】ギジェルモ・ゴロスティツァ(元ビルバオなど):455ポイント

    超WORLDサッカー!2016.10.09 05:00 Sun
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=254871

    写真
    pcimage
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 11:45:16.89 ID:CAP_USER*.net
    日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節でグラナダと対戦し、5-1の勝利を収めた。

    3試合連続の先発出場を果たした乾は35分、MFケコが右サイドから上げたアーリークロスに角度のない所から左足でボレーシュートを放ち、リーグ戦2試合連続の先制点を挙げた。その後もエイバルは得点を積み重ね、5-1で快勝。乾は72分までプレーした。

    スペイン紙『マルカ』は、同試合の採点を発表。左MFで先発出場を果たし、先制ゴールを挙げた乾を「物凄いスピードでサイドを切り開いた」と称賛し、「7.5」(10点満点)をつけた。

    エイバルの最高点は、2得点をマークしたFWセルジ・エンリク、同じく2ゴールをマークしたFWボルハ・バストン、フル出場を果たしたケコの「8.5」。一方、GKアシエル・リエスゴにチーム最低点となる「5」がつけられた。

    エイバルは次節、24日にアスレティック・ビルバオと敵地で対戦する。

    SOCCER KING 1月19日(火)11時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00392721-soccerk-socc

    写真
    no title
    Marca
    http://www.marca.com/en/football/2015_16/laliga/matchday_20/eib_gda/online.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453171516/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ