海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ルカク

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/14(火) 07:24:46.26 ID:CAP_USER9.net
    「国際親善試合、ベルギー-日本」(14日、ブリュージュ)

    親善試合・ベルギー戦(14日・ブリュージュ)に臨むサッカー日本代表は12日(日本時間13日未明)、ベルギー入り後の初練習を行った。荒天の影響で約1時間弱で練習は切り上げられたが、紅白戦を行い戦術を確認した。DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=は、相手エースFWロメル・ルカク(24)=マンチェスターU=を封じ込めるために“ルカク包囲網”を形成する考えを示した。

    規格外のストライカーを封じて、勝利をつかみ取る。ベルギー戦に向け、横殴りの風雨の中での練習を終えた吉田が、相手エース対策を口にした。ベルギーについて「タレントで言ったらブラジルとひけをとらない。世界トップクラス」。その上でプレミアでも対戦するルカクについて問われると「何度もやっていますけど、強くて速くてうまい」と警戒心を強めた。その上で「1人だけじゃなくて、2人、3人で守らないと」と包囲網形成を誓った。

    マンチェスターUのルカクは身長193センチ、体重94キロという圧倒的なフィジカルと、高い決定力を持つ点取り屋。まだ24歳だが、10日のメキシコ戦でも2得点を挙げ、ベルギー代表史上の歴代最多得点記録(30得点)に並んだ。「1個、2個チャンスがあれば必ずものにしてくると思うので、90分を通してそこをどれだけ抑えられるか」。DF長友も「皆の感覚がどれだけ一つになっているかが大事」と話した。

    格上相手との一戦。守備陣が担う役割は多いが「僕らが彼ら以上にハードワークしないと。南ア(W杯)の前も闘莉王さんとか言ってましたけど(日本は)うまくないんで。もっとがむしゃらに、死にものぐるいでやっていかないといけない」と吉田。魂の守備で勝利につなげる。
    2017-11-14_10h21_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000015-dal-socc
    11/14(火) 6:04配信
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 03:30:02.83 ID:CAP_USER9.net
    【マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェスト・ハム プレミアリーグ第1節】

    現地時間13日に行われたプレミアリーグ第1節でマンチェスター・ユナイテッドはホームにウェスト・ハムを迎え、4-0の勝利を収めた。

    モウリーニョ体制2年目となるユナイテッドは、この夏に元ユナイテッドのハビエル・エルナンデスが加入したウェスト・ハムと対戦した。

    試合の主導権を握ったホームチームは、32分に新戦力の活躍でゴールを奪う。
    マティッチのボール奪取からラッシュフォードがボールを運んでスルーパスを送ると、ルカクが左足で決めて先制した。

    後半に入っても勢いは止まらず、52分に追加点。左サイドからのFKにルカクが頭で合わせて2-0とする。

    ユナイテッドは終盤にもうひと頑張り。87分、途中出場のマルシアルがムヒタリアンのスルーパスを受けて3点差になると、さらに2分後にはポグバが続いて4-0とした。

    新戦力が見事に活躍したユナイテッド。期待の持てる初戦となった。

    【得点者】
    33分 1-0 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
    52分 2-0 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
    87分 3-0 マルシアル(マンチェスター・ユナイテッド)
    90分 4-0 ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170814-00226177-footballc-socc
    8/14(月) 2:01配信



    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/gbr/gbr-11042821.html
    試合スコア
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:39:52.26 ID:CAP_USER9.net
    エヴァートンからマンチェスター・Uに移籍金7500万ポンド(約110億1000万円)で移籍することで合意に達しているベルギー代表FWロメル・ルカクだが、ビッグマッチでの活躍は期待できないかもしれない。イギリス紙『サン』がデータを挙げて検証している。

    マンチェスター・Uは9日、13年間に渡って同チームに所属したイングランド代表FWウェイン・ルーニーがキャリアをスタートさせたエヴァートンへ移籍することを発表した。当然のことながらルカクにはルーニー以上の活躍が期待されている。

    しかし『サン』紙が掲載したデータによれば、2014-15シーズンの開幕から現在までの過去3シーズンにおいて、プレミアリーグの上位6チーム(昨シーズン終了時段階)を相手にルカクは全選手中で最多の35試合に出場しながら、わずか5ゴールしか記録できていない。

    同条件においてルーニーは、ゴール数こそルカクと同じだが、出場試合数は20試合となっており、どちらがビッグゲームで効率良く得点を決めてきたのかは一目瞭然だ。

    なお、過去3シーズンでトップ6を相手に最も多くのゴールを決めているのはマンチェスター・Cのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロで19ゴール(27試合)。以下、レスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーの15ゴール(33試合)、トッテナムの同代表FWハリーケイン14ゴール(26試合)となっている。

    昨シーズンはプレミアリーグ37試合に出場し、ケインに次ぐ25ゴールを記録しているルカクだが、2月のボーンマス戦での4得点など、“格下”相手の固め取りが少なくなかった。しかしマンチェスター・Uで主力を務めるには、アグエロやケインのようにビッグゲームでも結果を残さなければならない。

    才能は疑う余地もない24歳のストライカーは、新天地でもサポーターを納得させる活躍ができるだろうか。

    (記事/Footmedia)
    SOCCER KING
    2017-07-10_20h55_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00610999-soccerk-socc
    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 998b-9umI):2017/07/09(日) 10:25:30.07 ID:CAP_USER9.net
    7/9(日) 10:17配信
    AFP=時事

    イングランド・プレミアリーグのハル・シティ戦でボールに走り込むエバートンのロメルー・ルカク(2017年3月18日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)への移籍が発表されたロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)が8日、滞在先の米ビバリーヒルズ(Beverly Hills)にあるマンションでホームパーティーを開いて騒音トラブルを起こし、ユナイテッドで受け取る巨額の給与の中から罰金を支払うことが明らかになった。

    ビバリーヒルズ警察は、2日に騒音で繰り返し苦情を受けたルカクが滞在先で逮捕されたと発表している。

    警察は声明で、ルカクはその場で身柄を釈放されたが、度を超えた騒音により出頭命令が出されたと発表している。警察には同じマンションの住人から5件の苦情が出されていたという。

    ベルギー代表FWのルカクは、10月2日に米ロサンゼルス(Los Angeles)の裁判所に出頭すると発表されたが、本人が出頭する義務はないという。

    24歳のルカクは、ユナイテッドでチームメートになるポール・ポグバ(Paul Pogba)とロサンゼルスで休暇を過ごしている。【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-07-09_11h34_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000009-jij_afp-socc
    続きを読む

    2017-07-07-lukaku_v8f39ju3jwi61a1vzpx43pk65

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 998b-9umI):2017/07/08(土) 17:26:56.83 ID:CAP_USER9.net
    7/8(土) 17:05配信
    スポニチアネックス

    イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドが、新エース候補を獲得した。

    クラブは8日、エバートンからベルギー代表FWロメル・ルカク(24)を獲得することでクラブ間合意に達したと発表。ルカク本人との契約条件に合意し、メディカルチェックをパスすれば正式契約となる。

    クラブ間合意した移籍金については公表していないが、英メディアによると7500万ポンド(約110億円)でクラブ史上2位。同1位は昨年にユベントスから加入したフランス代表MFポール・ポグバ(24)で、サッカー史上最高額1億500万ユーロ(当時約119億円)だった。

    ルカクは、身長1メートル90、体重94キロの屈強なフィジカルを誇るセンターフォワード。昨季リーグ2位の25ゴールを挙げるなど、4季連続で2桁得点をマークしている。英BBC放送(電子版)など現地メディアでは、ルカクと入れ替わるような形で、マンチェスターUで主将を務める元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が古巣のエバートンに移籍金なしで復帰する見通しと伝えられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000127-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/06(木) 20:02:22.31 ID:CAP_USER9.net
    古巣チェルシーへの復帰が濃厚と言われていたなか、赤い悪魔が横やりを入れて急転直下

    マンチェスター・ユナイテッドがエバートンのベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得で合意に達したと英公共放送「BBC」が報じた。移籍金はおよそ7500万ポンド(約110億円)と伝えられている。

    ルカクはチェルシーのアントニオ・コンテ監督にとって悲願のターゲットとされ、古巣チェルシーへの復帰が濃厚とも言われていた。しかし、そこへ横やりを入れた“赤い悪魔”はチェルシーをかわし、急転直下の電撃合意に達したという。

    今夏の移籍は確実と言われていたなか、フットボール史上最高額の1億ユーロ(約146億円)というエバートンの要求額に注目が集まっていた。しかし、実際に合意した金額は7500万ポンドとされている。

    スペインメディアではレアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタの獲得も秒読みとされているが、どうやらルカクの一本釣りということになりそうだ。ユナイテッドはMFポール・ポグバ、FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得した昨夏に続き、今季も超大型補強を成立させようとしている。

    フットボールゾーン7/6(木) 19:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170706-00010016-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/05(火) 17:08:30.75 ID:CAP_USER9.net
    FWの補強を目指すアーセナルが、エヴァートン(以上イングランド)のロメル・ルカク(23)、リヨン(フランス)のアレクサンドル・ラカゼット(25)獲得に向けて動いているようだ。英タブロイド『ザ・サン』(電子版)が現地時間4日に伝えている。

    アーセナルは今夏、前線を強化すべくジェイミー・ヴァーディを追っていたが、同選手はレスター(イングランド)との契約延長で合意した。アルセーヌ・ヴェンゲル監督はプレシーズンツアーでアメリカへと出発する前に、1人のストライカーを加えたいと考えており、ルカクとラカゼットの代理人および所属クラブへコンタクトをとったという。

    『ザ・サン』によれば、ヴェンゲル監督の第一希望はルカク。エヴァートンは6500万ポンド(約88億円)を要求しているが、4000万ポンド(約54億1000万円)程度のオファーが届けば、移籍を容認すると考えられている。ヴェンゲル監督はかねてよりラカゼットを高く評価しているが、こちらはあくまで第二希望。同選手の獲得には3800万ポンド(約51億4000万円)程度が必要となる。

    クラブの情報筋は「アーセナルは可能な限り早く新たなストライカーを獲得したいと熱望しているが、焦って浪費することはないだろう。オリヴィエ・ジルーはプランに適した選手だが、新たな戦力を手にしたいと望んでいる。ジェイミー・ヴァーディの獲得失敗に困惑もしているようだ」と語った。

    リヨンユース出身のラカゼットは、2010年に同クラブのトップチームへ昇格し、173試合72ゴールを挙げている。

    ルカクはチェルシー(イングランド)からエヴァートンにクラブ史上最高額の2800万ポンドで移籍し、73試合で28得点をマークした。同選手は古巣チェルシーへの復帰が噂されるほか、ユヴェントス(イタリア)、マンチェスターU(イングランド)も獲得をねらっていると報じられている。

    なお、アーセナルは先ごろ、日本代表FW浅野拓磨(21)を獲得することで合意に至っている。
    2016-07-05_18h58_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00000017-ism-socc
    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 19:52:37.99 ID:CAP_USER*.net
    2016-04-22_23h43_56
    来シーズン、アントニオ・コンテ氏が新監督に就任するチェルシーが、エヴァートンの2選手を狙っているようだ。22日付のイギリス紙『デイリースター』が報じている。

    同紙によると、チェルシーはエヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクと、イングランド代表DFジョン・ストーンズに興味を示しているという。

    チェルシーは2014年にルカクを移籍金2800万ポンド(現レートで約44億円)でエヴァートンに売却したが、5000万ポンド(約79億円)での買い戻しを検討しているとのことだ。

    一方のストーンズには昨夏に3度のオファーを提出したが、いずれも断られており、今夏に4度目のオファーを出す模様。なお、最終的には移籍金3700万ポンド(現レートで約58億円)を提示していたと言われている。

    今シーズン、チェルシーはプレミアリーグ第34節終了時点で暫定10位に低迷しており、ロマン・アブラモヴィッチ会長は今夏の戦力刷新に前向きな姿勢を示している様子だ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00433730-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461322357/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 15:04:28.72 ID:CAP_USER*.net
    レアル・マドリーがエバートンに所属するFWロメル・ルカクの獲得に動いていることが判明したと英『サン』が伝えている。獲得資金は6000万ポンド(約96億8000万円)だという。

    今シーズン好調ぶりをみせているルカクは、公式戦37戦25得点を記録。プレミアリーグでは29試合に先発し、18得点を挙げている。

    『サン』によると、ルカクの代理人であるミノ・ライオラ氏と、R・マドリー側の代理人との交渉はすでに成立している模様。レアルのスカウトは最低でも5度はルカクの視察に訪れていたことが確認されている。

    ルカクの友人たちは、彼のエバートン愛を主張しているが、欧州CLに定期的に出ることができるチームへの移籍はあり得るようだ。

    ルカクは2014年夏にチェルシーからエバートンへ加入。当時の2800万ポンドという移籍金はエバートンのクラブ史上最高額だった。

    今回のレアルからのオファーについて、エバートンは跳ね除ける構えだというが、過去の獲得資金を大幅に上回るオファーに、ルカクの心は揺れているという。

    エバートンのロベルト・マルティネス監督は、現金と選手のトレードを含んだ交渉を考え始めており、それが成立した場合は放出する可能性もある。

    R・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、今夏でFWカリム・ベンゼマを放出する意向を示している。その後釜にルカクが収まるのか注目される。
    2016-03-22_18h46_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-01625684-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458626668/

     
    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 02:32:03.54 ID:???*.net
    昨夏のワールドカップでベスト8に進出したベルギー代表は、先日発表された最新のFIFAランキングで世界王者ドイツに次ぐ2位に浮上。同国史上最高位となった。
     
    現在、代表チームの主力選手は、今季のプレミアリーグMVPを獲得したエデン・アザール(チェルシー)をはじめ、主将のヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)、ティボー・クルトワ(チェルシー)、マルアヌ・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド)ら世界のトップレベルでプレーする選手たちだ。近年、急速に実力を伸ばしている彼らは、プレミアリーグを中心に次々とステップアップを果たしている。

    そのベルギー代表のタレントは、今夏の移籍マーケットでも注目の的になりそうだ。その筆頭候補とも言えるのがヴォルフスブルクのMFケビン・デ・ブライネ。今季のブンデスリーガで10得点20アシストという驚異的な成績を残した攻撃的MFは、マンチェスター・シティが獲得に本腰を入れている。 ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーでは出番のなかったデ・ブライネだが、ドイツで経験を積み、満を持してプレミアの舞台に帰ってくる可能性がある。その移籍金は最低でも3000万ポンド(約57億円)と伝えられている。

    現在、英国内でその動向が騒がれているのはアストン・ビラのFWクリスティアン・ベンテケだ。抜群の身体能力を誇り、身長190センチと長身のストライカーは、今季17位でなんとか残留を果たしたチームで15得点と気を吐いた。すでにリバプールが強い関心を寄せている。ベンテケについては同胞からの信頼が厚く、アザールはチェルシーへのベンテケ加入を熱望しているとベルギー地元メディアに語った。

    さらに、同じくベンテケ獲得獲得を目指しているトットナムのMFナセル・シャドリも衛星放送「スカイ・スポーツ」に対し、「出来ることなら、彼には僕らのもとへ来ること選んで欲しい」と語っている。負傷で昨夏のW杯を棒に振るっているだけに、本人もより大きな舞台でのプレーに飢えているはずだ。

    プレミアとセリエAのトップクラブが獲得を争いそうなのは、今季ローマでプレーしていたMFラジャ・ナインゴラン。豊富な運動量と攻撃力を備えるセントラルMFで、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスなどへ移籍のウワサが報じられた。しかし、インドネシア人の父を持つ27歳は、衛星放送「スカイ・スポーツ」に対し「ローマで幸せ。プレミアリーグは好きだが、今はローマでのプレーに集中している」と残留を示唆している。今夏の移籍の可能性は低そうだ。

    その他にも、チャンピオンズリーグでのプレー希望を公言しているエバートンFWロメル・ルカクは、英地元紙「デイリー・メール」でローマ移籍が伝えられた。3500万ポンドという(約67億円)という高額の移籍金がネックとなり進展はないようだが、22歳の怪物FWの重要性を物語っている。
     
    サウサンプトンのDFトビー・アルデルヴァイレルトも、王者チェルシーが注目するほどの選手に成長。今季リーグ2位の33失点と堅守を誇ったチームで26試合に出場し、活躍を印象的付けた。アトレチコ・マドリードからやってきた26歳はセンターバック、右サイドバック、時には中盤もこなす万能性を備えている。

    2004年から2012年までの間はW杯とEUROのメジャートーナメントで5大会連続で予選敗退と低迷期が続いたベルギー代表だが、現在は多くのタレントを輩出し続けている。”赤い悪魔(ベルギー代表の愛称)”を支える才能達は来年の欧州選手権という大舞台で輝きを放つことができるだろうか。
    2015-06-13_10h01_08
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150611-00010013-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434130323/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ