海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ルーニー

    1:ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/07/09(日) 22:32:05.83 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uは9日、イングランド代表FWウェイン・ルーニーがエヴァートンに移籍することをクラブ公式サイトで発表した。

    マンチェスター・Uのレジェンドが13年間過ごしたクラブに別れを告げ、2004年以来となる古巣エヴァートンに復帰することが決まった。エヴァートンはルーニーと2年契約を締結したことを発表。イギリスメディア『BBC』によると、マンチェスター・Uは移籍金を要求せず、さらに同選手の年俸1300万ポンド(約19億円)の一部を負担するという。

    現在31歳のルーニーは地元クラブのエヴァートンの下部組織出身で、2002年8月17日に16歳の若さでトップデビュー。翌2003年には17歳でイングランド代表デビューも果たした。

    2004年にマンチェスター・Uへ移籍すると、9月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のフェネルバフチェ戦でハットトリックを達成し、鮮烈デビューを飾った。2005-06シーズンにはリーグカップ制覇に貢献し、自身初のタイトルを獲得。翌06-07シーズンには自身初のプレミアリーグ優勝を果たした。

    背番号「10」に変更した07-08シーズンはリーグ戦とCLの2冠達成に貢献し、08-09シーズンはFIFAクラブワールドカップ優勝とリーグ3連覇の立役者となった。翌09-10シーズンはリーグカップ連覇に導き、伝説的なオーバーヘッドキックを見せた10-11シーズンと、日本代表MF香川真司(現ドルトムント)が加入したアレックス・ファーガソン元監督ラストイヤーの12-13シーズンにもリーグ優勝を果たした。2014年からはマンチェスター・Uとイングランド代表でキャプテンに就任した。

    マンチェスター・Uでは13シーズンにわたり活躍を続け、プレミアリーグ5回、リーグカップ3回の優勝を経験。FAカップ、CL、ヨーロッパリーグ、クラブW杯を1回ずつ制覇している。公式戦には通算559試合出場し、253ゴールをマーク。レジェンドであるボビー・チャールトン氏の記録を塗り替えて、クラブ最多得点記録を樹立し、名実ともにレジェンドとしてクラブ史に名を刻んでいる。
    2017-07-09_22h44_08
    Soccer King
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00610222-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/05(水) 10:29:55.36 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドで昨季出番を失った主将のウェイン・ルーニーが、今週中にエバートンに移籍金ゼロで電撃復帰する可能性が浮上している。英紙「ザ・サン」が報じている。

    2004年にエバートンからユナイテッドに移籍したエースが、古巣に戻る瞬間が近づいてきたようだ。ルーニーは8日にアメリカに出発するユナイテッドのプレシーズンツアーのメンバーから外れてしまった。米メジャーリーグサッカーからオファーはなく、生活環境を理由に家族とともに中国に移籍する希望もないとされるルーニーだが、記事では「昨夜移籍はほとんど決まった」と報じている。

    そして31歳のルーニーは、ユナイテッドとの契約を2019年まで残しているが「移籍金ゼロ」になるという。「彼が残りの2年間の年俸を要求していないので、ユナイテッドはルーをタダで放出することになる」と、記事では指摘。エバートンは移籍金を支払わずにかつてのエースを獲得する一方で、現在の週給25万ポンド(約3600万円)という高額条件を支払い続けることになるという。

    積極補強を続けるエバートンは、ルーニーに加えてアーセナルのフランス代表FWオリビエ・ジルーも、移籍金2000万ポンド(約29億円)で獲得すると報じられている。エースストライカーのベルギー代表FWロメル・ルカクの今夏退団が有力視されているが、来季はジルー、ルーニーという豪華コンビが実現するのかもしれない。
    2017-07-05_12h52_34
    7/5(水) 9:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170705-00010003-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 10:48:33.92 ID:CAP_USER9.net
    週給4200万円の英雄FW、マンU側は一部負担などには応じず
     
    マンチェスター・ユナテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは今季限りで退団する可能性が浮上しているが、年俸と移籍金の折り合いがつかず、来季ユナイテッドで「ベンチの置物」となる危機に直面している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    ユナイテッドのキャプテンだったルーニーは今季新加入FWズラタン・イブラヒモビッチら同僚とのポジション争いに敗れ、今季先発出場は15試合、わずか5ゴールに終わった。今夏退団の可能性がイングランドメディアで報じられる一方で、引き取り手が見つからない苦境に立たされている。

    記事では「ウェイン・ルーニーはマンチェスター・ユナイテッドが格安の移籍金での放出に消極的なため、来季オールド・トラッフォードで“ベンチの置物”となる危機に直面している。ルーニーは移籍先を見つけることに苦労しており、彼のユナイテッドでの週給30万ポンド(約4200万円)に近いオファーも受け取っていない」と報じられている。

    ユナイテッドはルーニーの移籍先を探すために、高額な年俸の一部負担にも難色を示しているという。移籍金の割引なし、高額年俸要求に加え、ユナイテッドの年俸補填なしの3点セットが、新天地候補の「クラブ側を躊躇させている」と記事では分析されている。

    中国クラブの“ルーニー熱”も冷めたか

    ルーニーの古巣エバートンは移籍先候補に浮上していたが、前述した3点セットがネックとなり交渉は暗礁に。ルーニーの代わりにアヤックスからオランダ代表MFデイヴィ・クラーセンを獲得し、スウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンをターゲットにしている。

    そして、“爆買い”の噂が囁かれていた中国クラブも、中国政府が外国籍選手の補強に100%の税金をかけることを発表したため、ルーニー熱が冷めているという。イングランド代表でもギャレス・サウスゲイト監督から招集されていない31歳の英雄ストライカーは今、危機的状況に直面している。

    6/24(土) 10:41配信 サッカーマガジンZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170624-00010004-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 23:59:43.25 ID:CAP_USER9
    イングランド代表は25日、6月10日に行われるスコットランド代表とのロシアワールドカップ欧州予選と同13日に行われるフランス代表との国際親善試合に向けた代表メンバーを発表した。

    ガレス・サウスゲート監督は、マンチェスター・ユナイテッドで充実のシーズンを過ごせなかったFWウェイン・ルーニーを今回も外した。一方で、トッテナムに所属する26歳のDFキーラン・トリッピアーが初招集となっている。

    イングランド代表は、W杯欧州予選グループFで現在首位。ここまで5試合を消化して4勝1分となっており、2位スロバキアと勝ち点4の差をつけている。

     今回のイングランド代表メンバーは以下のとおり。

    ▼GK
    バトランド(ストーク・シティ)
    フォースター(サウサンプトン)
    ハート(トリノ)
    ヒートン(バーンリー)

    ▼DF
    バートランド(サウサンプトン)
    ケーヒル(チェルシー)
    クライン(リバプール)
    クレスウェル(ウェスト・ハム)
    ギブソン(ミドルスブラ)
    フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
    スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
    ストーンズ(マンチェスター・シティ)
    トリッピアー(トッテナム)
    ウォーカー(トッテナム)

    ▼MF
    アリ(トッテナム)
    ダイアー(トッテナム)
    ララーナ(リバプール)
    リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
    リバモア(ウェスト・ブロムウィッチ)
    オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)
    スターリング(マンチェスター・シティ)

    ▼FW
    デフォー(サンダーランド)
    ケイン(トッテナム)
    ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
    ヴァーディー(レスター・シティ)
    20170525_rooney_getty-560x373
    フットボールチャンネル 5/25(木) 21:56
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170525-00010035-footballc-socc

    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/18(木) 22:15:29.80 ID:CAP_USER9.net
    サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が18日に自身のツイッター(@MayaYoshida3)を更新し、「自分の意思と異なる記事が出てしまった」ことを明かした。

    吉田は17日に行われたプレミアリーグ第28節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-0)で先発フル出場。勝利には至らなかったが、ユナイテッドの攻撃陣をシャットアウトするなど、本職の守備で好パフォーマンスを見せた。

    試合後には、無得点に抑えたFWウェイン・ルーニーについて発言した内容が記事として取り上げられていたが、吉田自身は「このリーグでやった選手ならルーニーがどれだけ偉大な選手が誰だってわかる」と、批判する意図はなかったと釈明。そして「自分の言葉足らずで自分の意思と異なる記事が出てしまったことを反省」と綴っている。
    2017-05-18_23h09_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-01639857-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:チキン ★@\(^o^)/:2017/05/18(木) 10:33:17.34 ID:CAP_USER9.net
    no title

    吉田麻也、ルーニー辛口批評「なんでストライカー」
    日刊スポーツ 5/18(木) 9:29配信

    <プレミアリーグ:サウサンプトン0-0マンチェスターU>◇17日◇サウサンプトン

    DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと0-0で引き分けた。

    吉田はセンターバックでフル出場した。

    サウサンプトンは勝ち点を46と伸ばし、8位。最終節はホームでストークと対戦する。

    以下は吉田との一問一答。

    -引き分けという結果になったが、PKのチャンスもあったし、勝てたのでは?

    吉田 勝てたでしょ(笑)。勝てたな~。

    -マンUにひと泡吹かせたかった?

    吉田 そうですね。全然チャンスあったと思うんですけどね。(点が)入んないね。後ろは良かったとは思うんですけど、やっぱりアタッキングサードのところでのインパクトがちょっと、あとクリニカルな部分が足りなかったし。マンUもやっぱり良くないけど、やっぱり最後のところは体張ってくるなっていう感じはありましたね。

    -個人的にはどうだった? やられる場面はほぼなかった

    吉田 守ってるぶんには全然。ルーニーだったから、動きもほとんどなかったし。なんでストライカーやってるんだろうって感じです。

    -ルーニーは最近衰えが指摘されているが、それは感じた?

    吉田 裏に抜ける感じもないし、足元でつくる感じも別にないし。逆にラッシュフォードが入ってきてから、斜めに、背後に動かれて結構しんどかったですけどね。

    -ラッシュフォードにはどういう意識で対応した? 裏に抜かれないことに注意しながら?

    吉田 そうですね。とにかく斜めの動きについて行くこと、オフサイドに逃げずについて行って、それでインターセプトできればベストだし、仮に1対1になってもしっかり対応できればいいなと思ってたんですけど。前で奪うことができたんで良かったですね。

    ー前節でイングランドでの公式戦最多出場(35)を記録して、4月のクラブの最優秀選手にも選ばれた。いいシーズンだったといえる?

    吉田 8位で終われたらそう思える。だから最後の試合しっかり勝って、というのが大事になってくる。勝ちたいっすね。ストークも調子が良くないし、チャンスはある。ホームで立て続けに2試合できるんで。そこはやっぱりチャンスだと思う。

    -今シーズンを振り返ると、1月からレギュラーをつかみ、フル出場を続けて終わろうとしている

    吉田 最後までいいパフォーマンスを継続したいし、最後もゼロで終わりたいと思っている。今季は自分にとっていいシーズンだったし、チャンスが来るのを今までずっと待っていたので。(そのチャンスが)来た時にしっかりつかめてよかったとは思いますけど、また夏の補強でどうなるかわからないし、監督も出るかもしれないというニュースが出ている。わからないですけど、状況はまた変わるんで。もちろん今はまだ考えていないですけど、オフシーズンをいい過ごし方をして、またいい状況でプレシーズンを迎えたい。ただ1年出続けたので、しっかりメンテもしなければいけないし。もちろん継続してパワーアップもしなければいけないとも思う。

    -サウサンプトンではレギュラーをつかんだという感触はあるか?

    吉田 いやないっすね。半年半年が勝負なんで。一瞬でも気を抜いたらまた足元救われるという感覚の方が強いです。

    >>2以降に続く
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/05/14(日) 15:23:49.08
    ルーレットの1点賭けでチップを山のように…。

    マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーがカジノで大負けし、たった2時間で約7000万円を失ったと、英紙『サン』が報じている。
     
    ルーニーが痛い目に遭ったのは、マンチェスター市内の行きつけのカジノ店、『マンチェスター235』。3月中旬だったという。深夜近くにひとりで来店し、ルーレットとブラックジャックに興じて負け続け、わずか2時間で50万ポンド(約7000万円)を失ったというのだ。
     
    サン紙が居合わせた客の目撃証言として伝えるところによれば、ルーニーはビール片手に賭けに没頭。どんどん熱くなっていき、負けが込んでくるとルーレットとブラックジャックのテーブルを行ったり来たりしながら、負け分を取り返そうとムキになって賭けていたという。ある客はこう漏らしている。
     
    「顔を真っ赤にして、かなりヒートアップしていたよ。ルーレットでは1点賭けで、チップも山のように積んでいた。平日だったから客は少なかったけど目立つよね。こっちが唖然とするくらいの負けっぷりだった」
     
    サン紙によると、その日はヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦のロストフ戦(ホームでの第2レグ)があった3月16日。ルーニーはその試合のベンチに入れず、スタンド観戦を余儀なくされていた。ピッチに立てなかった鬱憤を、カジノで晴らそうとしたのだろうか……。
     
    ルーニーは自身も認めるギャンブル好きで、以前もカジノで50万ポンドを失い、その時はコリーン夫人と大喧嘩になったというエピソードを自伝で紹介している。
     
    大金とともに、大切な家族まで失うことにならなければいいが……。
     
    ちなみに、ルーニーは今シーズン限りでのマンチェスター・U退団が濃厚で、高額オファーを受けての中国行きが噂されている。
    2017-05-14_15h48_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00025661-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 5/14(日) 14:30配信
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 19:33:27.46 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 4/30(日) 18:59配信
    2017-04-30_20h17_24
    ウェイン・ルーニー(撮影・PIKO=2014年4月10日)

    マンチェスターUのウェイン・ルーニー(31)は、27日のマンチェスターダービーに向けて備えていたことをツイートした数時間後に、チェスターのパブで泥酔している姿が目撃されたと、30日の英紙サンが報じた。

    目撃者によると、ベルギー産ビール「ステラ・アルトワ」を少なくとも5パイント(1パイント=586ml)を明け方3時まで飲んでいたという。「ステラを何杯か飲んで酩酊(めいてい)していた。少なくとも5杯だね。プロサッカー選手としては、相当な量だよ」と目撃者がコメントした。

    マンUのモウリーニョ監督は厳しい管理でも知られており、今回のことで激怒する可能性もある。飲酒が習慣となっているルーニーに対して、同監督は過去にも忠告を送っていた。

    この目撃者は「ルーニーのマンUでのキャリアは、徐々に最後に向かっているだろうね。(23日の)バーンリー戦で素晴らしいプレーを見せて、2ゴールを挙げた。でも回復は睡眠で取るべきだったよ。外出するのではなくてね。彼の酔っぱらったお祝いの仕方はプレミアリーグ選手ではなくて、素人の日曜リーグのやり方だよ」と続けたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-01815937-nksports-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/22(土) 22:23:47.76 ID:CAP_USER9.net
    2012シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去ったファーガソン氏
     
    ドルトムントの日本代表MF香川真司は、今季前半戦で有望な若手の加入による定位置争いの激化と古傷の右足首痛でポジションを失ったが、3月に入ってから公式戦9試合で8試合に先発し、2ゴールを決めるなど完全復活を遂げている。

    そうしたなかイングランド紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、2012年シーズンに香川獲得を実現させたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン元監督の“遺産”を特集。稀代の名将がイングランド代表FWウェイン・ルーニーよりも香川をトップ下として高く評価していたと分析している。

    2012年シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去った偉大なるサーは、後任に現在サンダーランドを率いるデイビッド・モイーズ監督を指名した。

    記事では「サー・アレックス・ファーガソンは、マンチェスター・ユナイテッドの時限爆弾付きのチームとともに後任にデイビッド・モイーズを提案したことから、当惑され、批判もされてきた。歴史はファーガソンの引退から塗り替えられてしまった」と、27年間赤い悪魔を指揮した名将の去り際をこう評している。

    だが、ファーガソン氏は盤石なコーチングスタッフに加えて、人材豊富なアカデミーという揺るぎない基盤を残したと自負。マンチェスター・シティと勝ち点差11で優勝したチームも連覇可能と評価していたという。

    ■ファーガソン氏の去り際を再評価する声
     
    退任後のチームの凋落ぶりから批判を集めることもあったファーガソン氏だが、その去り際に対する再評価の声が高まっている。

    「時間が経つにつれて、ファーガソン時代の出来事が重みを持ち始める。25歳以下の選手がスカッドに9人いたという数字だけでも、下降線を辿っていたチームではないという議論を支持する。そして、ユナイテッドが夏にマイケル・キーンを買い戻そうとし、ウィルフレッド・ザハがトットナムかマンチェスター・シティに移籍の可能性が浮上しており、ファーガソンの遺産は見直されるべきとなった」

    記事ではこう報じられている。ルイス・ファン・ハール前監督に放出された2人は、現在その評価を高めている。コートジボワール代表FWザハはクリスタル・パレスで活躍し、ライバルクラブが獲得に動いている。バーンリーに放出されたイングランド代表DFキーンに至ってはユナイテッドが買い戻しに動いており、いずれもファーガソン時代の選手だ。

    そして、イングランド代表FWコンビ、マーカス・ラッシュフォードとジェシ・リンガードはファーガソン氏が引き上げたアカデミー出身者。

    そして、ファーガソン氏が獲得に動いたスペイン代表GKダビド・デ・ヘアはプレミア屈指の名手という評価を築いているが、ファン・ハール監督に放出されたレバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリート、こと、ハビエル・エルナンデスは、ジョゼ・モウリーニョ監督が不在を嘆いたほどだった。

    つづく
    no title
    Football ZONE web 4/22(土) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010025-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    ダウンロード

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 10:31:52.61 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 3/28(火) 10:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000080-spnannex-socc
    ◇W杯欧州予選F組 イングランド2―0リトアニア(2017年3月26日)

    F組首位のイングランドは26日、ホームでリトアニアに2―0と快勝。無敗(4勝1分け)をキープし、勝ち点を13に伸ばした。3年4カ月ぶりに復帰したFWジャーメイン・デフォー(34=サンダーランド)が前半22分に先制点を挙げ、13年3月のサンマリノ戦以来4年ぶりの得点をマーク。今回選出外となった主将のFWウェイン・ルーニー(31=マンチェスターU)は自身の“代役”が活躍したことで、立場がより厳しくなった。

    “ルーニー不要論”を加速させる活躍だった。今回のメンバーで最年長の34歳FWデフォーが復活弾。前半22分、左サイドを突破したMFスターリングからの折り返しを右足で押し込んだ。「代表に復帰できたのは特別」と感激の表情。試合前に一緒に入場した、小児がんと闘う5歳のブラッドくんに4年ぶりの代表ゴールをささげた。

    1トップで先発したデフォーに代わり後半15分から出場したバーディーが同21分に追加点。MFララナの好パスを中央で受けて今予選初得点を決めた。エース不在の攻撃陣が機能し快勝。ルーニーに代わってゲーム主将はGKハートが務め、背番号10は20歳のMFアリがつけてトップ下で躍動した。デーリー・テレグラフ紙は「イングランドはルーニーがいなくても前進できることを示した。クラブでの状態が上がらなければ復帰させる理由はない」と切り捨てた。

    イングランド代表でルーニーの実績は圧倒的だ。03年に当時史上最年少の17歳111日で初出場。同年の史上最年少の17歳317日での初ゴールを皮切りに14年連続で53得点を積み重ねた。15年には伝説のボビー・チャールトン氏(49得点)を抜いて最多記録を樹立。一方で近年、クラブでの成績は急降下。昨季はケガや中盤でプレーした影響もあってリーグ8得点に終わり、2桁得点が11季で途切れた。今季は大型補強や自身の不調で出番が減り、リーグ18試合2得点にとどまっていた。

    昨年12月に暫定監督から正式に昇格したサウスゲート監督は実績よりもクラブでの調子を重視し、今回ルーニーを選ばなかった。英紙サンによると負傷以外でのメンバー落ちはデビュー以来初めてで、指揮官は「他の選手はクラブで結果を残している。代表入りは競争だ」と特別扱いしない考えを明確にした。

    FWの中心は昨季プレミアリーグ得点王の23歳ケインで不在のチャンスにデフォー、バーディーが猛アピール。2列目もアリ、ララナがともに活躍した。サウスゲート監督は25日の会見で「もちろん構想に入っている。代表を引退する理由はない」と浮上してきたルーニー引退論を否定したがクラブで復調し結果を残さなければ、本当に代表引退に追い込まれかねない情勢だ。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ