海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ルーニー

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/22(土) 22:23:47.76 ID:CAP_USER9.net
    2012シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去ったファーガソン氏
     
    ドルトムントの日本代表MF香川真司は、今季前半戦で有望な若手の加入による定位置争いの激化と古傷の右足首痛でポジションを失ったが、3月に入ってから公式戦9試合で8試合に先発し、2ゴールを決めるなど完全復活を遂げている。

    そうしたなかイングランド紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、2012年シーズンに香川獲得を実現させたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン元監督の“遺産”を特集。稀代の名将がイングランド代表FWウェイン・ルーニーよりも香川をトップ下として高く評価していたと分析している。

    2012年シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去った偉大なるサーは、後任に現在サンダーランドを率いるデイビッド・モイーズ監督を指名した。

    記事では「サー・アレックス・ファーガソンは、マンチェスター・ユナイテッドの時限爆弾付きのチームとともに後任にデイビッド・モイーズを提案したことから、当惑され、批判もされてきた。歴史はファーガソンの引退から塗り替えられてしまった」と、27年間赤い悪魔を指揮した名将の去り際をこう評している。

    だが、ファーガソン氏は盤石なコーチングスタッフに加えて、人材豊富なアカデミーという揺るぎない基盤を残したと自負。マンチェスター・シティと勝ち点差11で優勝したチームも連覇可能と評価していたという。

    ■ファーガソン氏の去り際を再評価する声
     
    退任後のチームの凋落ぶりから批判を集めることもあったファーガソン氏だが、その去り際に対する再評価の声が高まっている。

    「時間が経つにつれて、ファーガソン時代の出来事が重みを持ち始める。25歳以下の選手がスカッドに9人いたという数字だけでも、下降線を辿っていたチームではないという議論を支持する。そして、ユナイテッドが夏にマイケル・キーンを買い戻そうとし、ウィルフレッド・ザハがトットナムかマンチェスター・シティに移籍の可能性が浮上しており、ファーガソンの遺産は見直されるべきとなった」

    記事ではこう報じられている。ルイス・ファン・ハール前監督に放出された2人は、現在その評価を高めている。コートジボワール代表FWザハはクリスタル・パレスで活躍し、ライバルクラブが獲得に動いている。バーンリーに放出されたイングランド代表DFキーンに至ってはユナイテッドが買い戻しに動いており、いずれもファーガソン時代の選手だ。

    そして、イングランド代表FWコンビ、マーカス・ラッシュフォードとジェシ・リンガードはファーガソン氏が引き上げたアカデミー出身者。

    そして、ファーガソン氏が獲得に動いたスペイン代表GKダビド・デ・ヘアはプレミア屈指の名手という評価を築いているが、ファン・ハール監督に放出されたレバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリート、こと、ハビエル・エルナンデスは、ジョゼ・モウリーニョ監督が不在を嘆いたほどだった。

    つづく
    no title
    Football ZONE web 4/22(土) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010025-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    ダウンロード

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 10:31:52.61 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 3/28(火) 10:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000080-spnannex-socc
    ◇W杯欧州予選F組 イングランド2―0リトアニア(2017年3月26日)

    F組首位のイングランドは26日、ホームでリトアニアに2―0と快勝。無敗(4勝1分け)をキープし、勝ち点を13に伸ばした。3年4カ月ぶりに復帰したFWジャーメイン・デフォー(34=サンダーランド)が前半22分に先制点を挙げ、13年3月のサンマリノ戦以来4年ぶりの得点をマーク。今回選出外となった主将のFWウェイン・ルーニー(31=マンチェスターU)は自身の“代役”が活躍したことで、立場がより厳しくなった。

    “ルーニー不要論”を加速させる活躍だった。今回のメンバーで最年長の34歳FWデフォーが復活弾。前半22分、左サイドを突破したMFスターリングからの折り返しを右足で押し込んだ。「代表に復帰できたのは特別」と感激の表情。試合前に一緒に入場した、小児がんと闘う5歳のブラッドくんに4年ぶりの代表ゴールをささげた。

    1トップで先発したデフォーに代わり後半15分から出場したバーディーが同21分に追加点。MFララナの好パスを中央で受けて今予選初得点を決めた。エース不在の攻撃陣が機能し快勝。ルーニーに代わってゲーム主将はGKハートが務め、背番号10は20歳のMFアリがつけてトップ下で躍動した。デーリー・テレグラフ紙は「イングランドはルーニーがいなくても前進できることを示した。クラブでの状態が上がらなければ復帰させる理由はない」と切り捨てた。

    イングランド代表でルーニーの実績は圧倒的だ。03年に当時史上最年少の17歳111日で初出場。同年の史上最年少の17歳317日での初ゴールを皮切りに14年連続で53得点を積み重ねた。15年には伝説のボビー・チャールトン氏(49得点)を抜いて最多記録を樹立。一方で近年、クラブでの成績は急降下。昨季はケガや中盤でプレーした影響もあってリーグ8得点に終わり、2桁得点が11季で途切れた。今季は大型補強や自身の不調で出番が減り、リーグ18試合2得点にとどまっていた。

    昨年12月に暫定監督から正式に昇格したサウスゲート監督は実績よりもクラブでの調子を重視し、今回ルーニーを選ばなかった。英紙サンによると負傷以外でのメンバー落ちはデビュー以来初めてで、指揮官は「他の選手はクラブで結果を残している。代表入りは競争だ」と特別扱いしない考えを明確にした。

    FWの中心は昨季プレミアリーグ得点王の23歳ケインで不在のチャンスにデフォー、バーディーが猛アピール。2列目もアリ、ララナがともに活躍した。サウスゲート監督は25日の会見で「もちろん構想に入っている。代表を引退する理由はない」と浮上してきたルーニー引退論を否定したがクラブで復調し結果を残さなければ、本当に代表引退に追い込まれかねない情勢だ。
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/18(土) 18:41:15.52 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニー(31)が初めてイングランド代表から落選した。17日付の英紙タイムズが報じた。

    イングランド代表のサウスゲート監督は16日、代表メンバーを発表し、ルーニーはクラブでの過去3試合を膝の怪我により、出場していなかったが、代表に選出されることは可能だったと明かさした。2003年、当時17歳でイングランド代表に初めて招集されて以来、招集可能でありながら落選したのは今回が初めてとなった。

    サウスゲート監督は、来年のロシアで開催されるW杯に向けて、定位置を取り戻すことに直面すると話した。「背番号10番は、卓越した役割がある。過去2戦(11月のスコットランド戦とスペイン戦)では、アリ(トットナム)とララーナ(リバプール)がその役割を果たしていた。

    両選手とも、所属先クラブで得点を挙げ、アシストも記録している。バークリーもエバートンで良いプレーを見せている。競争だよ。ウェインは、理解している。特別扱いをしてもらうという期待は、していないよ。もしクラブで毎週プレーしていないようであれば、招集されるためにそれなりの状況が必要だ」と説明。

    イングランドの精神的支柱で、実績十分であるルーニーでも、クラブで結果を残さなければ、
    代表に招集されないことを明確にした。
    2017-03-18_19h33_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794162-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/03(金) 19:47:22.65 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドが今夏にFWウェイン・ルーニー(31)の退団を促す計画だと、3日に英紙サンが報じた。

    ルーニーとの契約は19年夏まで残っているが、移籍金なしでイングランドのクラブへの移籍も容認するという。また契約を解除しても、現状の週給25万ポンド(約3600万円)を契約が終了するまで支払う準備もあるという。

    エバートンのクーマン監督はルーニー獲得に興味を持っていることを公言しており、同選手は古巣に戻ることも可能だ。モウリーニョ監督は、ルーニーがクラブに留まることを認めているが、ポジション獲得に保証がないと話していた。
    2017-03-03_21h38_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-01787033-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 19:57:19.61 ID:CAP_USER9.net
    偉大な先人たちの声は迷えるルーニーに届くのか?

    マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで、現在はアイルランド代表でアシスタントコーチを務めているロイ・キーンは、去就が注目されているイングランド代表FWのウェイン・ルーニーがまだヨーロッパのトップレベルで活躍できるとし、アジアに向かうべきではないと訴えた。
     
    ルーニーは現地1月21日のストーク戦で通算250得点のクラブレコードを更新したものの、プレミアリーグでは昨年12月17日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦を最後に先発出場がなく、指揮官のジョゼ・モウリーニョからの信頼を勝ち得ていない。
     
    2004年夏から12年半に渡ってマンチェスター・Uの主力に君臨したものの、ここにきてキャリアの岐路に立たされている背番号10には、中国の移籍の噂が絶えない。
     
    『BBC』や『デイリー・メール』など複数のイギリスメディアは、ルーニーの代理人であるポール・ストレトフォードはすでに中国入りしていると伝え、現地時間2月28日でクローズする中国の移籍期限までに、広州恒大や北京国安、天津権健といったクラブへの加入が実現するかが注目されているところだ。
     
    だが、英紙『デイリー・メール』は、このルーニーの移籍騒動に異論を唱えるキーンのコメントを紹介している。
     
    マンチェスター・Uでルーニーと1年半に渡ってともに戦った往年の闘将は、イギリスメディア『ITV』の番組で、「中国に行くべきなんかじゃない。彼はまだイングランド、ドイツ、スペイン、イタリアのトップレベルでプレーできる」と、後輩に中国行きを再考すべきと呼びかけたのだ。
     
    さらにキーンは、「中国に行くのは狂気の沙汰だ。彼はまだ31歳だ。欧州のトップレベルで十分にやれる。それに金には困っていないだろう?」と目先の富を優先し、キャリアを無駄にすべきではないと指摘した。
     
    また、元アーセナルのDFで、現在は『ITV』や『BBC』などで解説を務めているリー・ディクソンも、「彼の気持ちは死んでいないし、問題は肉体的に下り坂かどうかということだ。(プレミアリーグとは)違うリーグが良いのかもしれないが、中国リーグではないよ」と、ルーニーの中国行きに反対した。
     
    偉大な先人たちの意見は、ルーニーの耳に届いているだろうか。期限まで残り1週間を切っていることもあり、『BBC』は今月中の中国移籍の可能性は低いとも報じているが……。
    22750_ext_04_0
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00022750-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 11:55:44.74 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーの代理人が、移籍交渉のために中国に渡ったようだ。22日、イギリスメディア『BBC』やイギリス紙『デイリーミラー』など複数のメディアが報じている。

    今月18日、ルーニーの中国移籍報道が浮上。昨年にも同様の噂がされており、今回は広州恒大や北京国安が移籍候補先に挙げられている。直近の公式戦3試合ではメンバー外となっており、退団の噂が加速してきている。

    今回の報道によると、ルーニーの代理人を務めるポール・ストレットフォード氏が中国入りした模様。同氏は同選手に興味を持つ複数のクラブと交渉していると見られ、今冬の中国市場閉幕を迎える28日までに移籍を実現させようと試みているようだ。また、中国の多くのクラブが週給60万ポンド(約8500万円)を準備しているという。

    今冬もチェルシーからブラジル代表MFオスカル、ボカ・ジュニオルスからアルゼンチン人FWカルロス・テベスらを“爆買い”し、市場を賑わせてきた中国クラブ。ルーニー獲得が実現すれば、間違いなく今冬最大の注目を浴びることとなるだろう。
    2017-02-23_14h24_50
    SOCCER KING 2/23(木) 11:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00554793-soccerk-socc
    続きを読む

    20170219-00553768-soccerk-000-1-view

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 13:30:32.06 ID:CAP_USER9.net
    2017年2月19日、参考消息網によると、マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが、中国の移籍市場が閉まる2月28日までに、中国スーパーリーグのクラブに移籍する可能性があると報じられている。

    英紙デイリー・テレグラフ(電子版)は18日、「ルーニーを追いかけるいくつかの中国クラブは、移籍市場が閉まる前に、ユナイテッドと契約を結ぶチャンスがあると考えている」と伝えている。

    同紙によると、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ルーニーがオールド・トラッフォードに留まることを示唆している。だが昨年12月中旬からリーグ戦で一度もスタメン出場していないルーニーは、10日以内に中国クラブからの最低でも3200万ポンド(約45億円)のオファーに応じる可能性もあるという。

    移籍先の候補として名前が挙がっているのは、昨夏に獲得を試みて失敗している北京国安と、リーグ6連覇中の広州恒大だ。(翻訳・編集/柳川)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12697185/
    続きを読む


    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/30(月) 18:22:48.79 ID:CAP_USER9.net
    be5cdd67-7521-4265-9d57-9f8b1176e49a
    『Mirror』は29日、「マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、中国への移籍が近づいている」と報じた。

    今季ボビー・チャールトンのクラブ得点記録を塗り替えたルーニー。しかし、現在ジョゼ・モウリーニョ監督の下では絶対的な存在とは言えない状況となっており、退団の噂も流れている。

    先日から噂になっていたのは、中国への移籍だ。週1億円というとんでもない額のオファーを受け取っているとも伝えられ、それを検討していると言われていた。

    そしてこの数日、ルーニーは中国の打診に応える意志を示していると報じられてきた。

    その給与はなんと週90万ポンド(およそ1.3億円)に達しているという。年俸に直せば66億7000万円という額で、もちろん世界最高給である。

    現在ルーニーがマンチェスター・ユナイテッドで受け取っているのは週30万ポンド(およそ4260万円)であるため、およそ3倍という額だ。

    記事によれば、マンチェスター・ユナイテッドはこの後4週間以内にルーニーの移籍を認める方針であるとのこと。

    http://qoly.jp/2017/01/30/wayne-rooney-close-to-join-chinese-club-kgn-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 11:15:46.03 ID:CAP_USER9.net
    上海上港、上海申花などが獲得を熱望か
     
    先日、マンチェスター・ユナイテッドのクラブ歴代最多得点記録を更新したイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、年俸75億円という破格の待遇で中国移籍に向かう準備があると、英紙「ザ・サン」が報じている。

    以前から、再三に渡って中国クラブからの関心が伝えられているルーニー。

    元イングランド代表監督のスヴェン=ゴラン・エリクソン氏が率いていた当時の上海上港(現在はアンドレ・ビラス=ボアス監督が指揮)を筆頭に、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスを獲得した上海申花などが獲得を熱望していると言われていた。

    ルーニーは先日、クラブでの通算得点を「250」に伸ばし、サー・ボビー・チャールトン氏を抜いてクラブでの歴代最多スコアラーとなった。イングランド代表でも同じく歴代最多得点記録を保持する文句なしのレジェンドは、かねてからユナイテッドでの現役引退を希望していると伝えられている。

    英紙は「去る準備がある」と報道
     
    これに対して、同紙は「彼はファーストチームでのフットボールを求め、(ユナイテッドを)去る準備がある」と報道。

    ルーニーはクラブのキャプテンでありながら、今季はFWズラタン・イブラヒモビッチやMFポール・ポグバらの加入によりサブに降格しており、レギュラーでプレーできる環境を求めているという。

    これに中国の金銭的に魅力的なオファーも合わさり、キャリアの終盤にアジアへ渡る可能性が高まっているとレポートされている。

    具体的なクラブ名こそ明らかになっていないが、中国ではルーニーにフットボール界最高額となる週給およそ1億4400万円、年俸にして5200万ポンド(約75億円)という桁違いの待遇が用意されるという。

    イングランド史上最高の選手との呼び声高いストライカーの中国移籍は、本当に実現するのだろうか。
    2017-01-29_14h50_16
    Football ZONE web 1/29(日) 7:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170129-00010000-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/15(日) 19:47:56.12 ID:CAP_USER9.net
    9日にスイス・チューリッヒで行われたFIFA年間表彰式で、2016年の年間最優秀監督賞にレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が選出された。

    リヴァプールのユルゲン・クロップは監督賞に輝くことはなかったものの、イングランド代表キャプテンのウェイン・ルーニーが、同賞の投票でクロップ監督に票を入れていた。そのことについて、15日のマンチェスター・U戦の前に行われた会見でクロップ監督が照れながら言及している。

    「ルーニーが私に票を入れたって? ハハハハ! でも賞に選ばれず、期待にこたえることができなくて残念だよ。彼はユナイテッドの選手だし、そこまで自分を高く評価してくれたとは驚きだね」

    エヴァートン育ちであるルーニーが、直接指導を受けたことのないリヴァプールのクロップ監督になぜ投票したのか、現地メディアでは大きな疑問として報じられた。現地報道の中には、「昨年11月中旬にルーニーが泥酔騒動で批判の的となった際、クロップはルーニーを擁護していた。その恩返しなのでは?」と分析しているメディアもある。
    2017-01-15_22h26_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000014-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ