海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード

    1: 久太郎 ★ 2020/10/25(日) 00:57:44.77 _USER9
    カンプ・ノウで行われた伝統の一戦はレアルに軍配

    伝統の“エル・クラシコ”が新たな歴史を作った。バルセロナは現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第7節でレアル・マドリードを本拠地カンプ・ノウに迎え、1-3で敗れた。新型コロナウイルスの影響を受けて今回は無観客試合で実施。公式戦245回目の対戦で、互いに96勝52分けという互角で迎えた一戦は、レアルに軍配が上がった。

    いきなり試合は動いた。先制したのはレアル。前半5分、右サイドの元フランス代表FWカリム・ベンゼマから中央走り込んだウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが豪快に蹴り込んで決めた。

    だが、ホームのバルサもすぐさま反撃に出る。同8分、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの浮き球パスに左サイドで駆け抜けたスペイン代表DFジョルディ・アルバが反応し、中央へラストパス。これをスペイン代表FWアンス・ファティが決めて追いついた。

    17歳359日でクラシコ初ゴールをマークしたファティは、レアルFWヴィニシウスの19歳233日を大幅に更新し、21世紀のクラシコ最年少ゴール記録となった。

    だが、後半試合が動く。同14分、左サイドでFKを獲得したレアルは、ゴール前へボールを入れると、ペナルティーエリア内でバルサのフランス代表DFクレマン・ラングレがレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのユニフォームを引っ張って倒れためPKを獲得。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認後、このPKをS・ラモスがきっちりと決めて勝ち越しに成功した。さらに終了間際にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチが”ダメ押し点”を挙げた。

    バルサのロナルド・クーマン監督にとって初采配となったクラシコだったが、「カンプ・ノウ」では5試合連続で負けなし(2勝3分け)だったレアルのジネディーヌ・ジダン監督に軍配が上がることとなった。
    2020-10-25_11h27_18
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dfce5587a6a005fbdcd8f9f575521bd74d2b546f

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/16(金) 16:46:15.23 _USER9
    同年代の中でも一目置かれる存在

    “ピピ”の名はスペインで一気に全国区となった

    今週の頭に、インターナショナルウィークで各国代表選手が抜けことを受け、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、カンテラ(下部組織)から数人の練習メンバーをトップチームに“招集”。そのなかに含まれていたのが、日本の16歳・中井卓大だった。

    “ピピ”の愛称を持つMFは現在、マドリーのフベニールB(U-18相当)に所属。今夏には、フベニールA(U-19相当)の選手主体で出場するUEFAユースリーグ(若手版チャンピオンズ・リーグ)のメンバーに登録されるなど、同年代の中でも一目置かれる存在だ。

    ジダンからお呼びが掛かったことで、スペインのメディアはこぞってこの若きサムライに注目。紹介記事を掲載したり、スキル動画を公開したりとちょっとしたフィーバーとなっている。

    そんななか、スペインのデジタル紙『El Confidencial』も、ピピのこれまでのキャリアを振り返る特集記事を掲載。そのなかで、マドリーの著名なスカウトのこんな話を紹介している。

    「彼は自信に満ちた選手だが、非常に献身的で、決して他人任せにしない。印象的な倫理観があり、中盤のほぼすべてのポジションでプレーする、多才なプレーヤーだ」

    記事によれば、そうした“厚かましさ”と献身性が、マドリーのカスティージャ(Bチーム)の監督を務めるクラブのレジェンド、ラウール・ゴンサレスの興味を引き、何度か練習に参加させているという。

    フベニールA、カスティージャ、そしてトップチーム。まだまだ道のりは長く、そして険しいが、ジダンとラウールが才能を認めたこの若武者ならば……。そう期待せずにはいられないポテンシャルをピピは備えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6228966638bc2d72b885cf9785b150a5e1c28e60
    no title

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2020/10/03(土) 20:46:44.29 _USER9
    昨夏、100億円もの移籍金でレアル・マドリーに加入したエデン・アザール。だが、怪我などもあり、本領を発揮できていない。

    今季のプレータイムはいまだ0分。開幕3戦目で初めてメンバー入りするはずだったが、筋肉を痛めて招集外となってしまった。

    『AS』によれば、アザールのレアルでの欠場数はチェルシー時代の7年分をすでに超えたという。

    アザールがチェルシーでの7年で欠場したのは20試合。一方、2019年に加入したばかりのレアルではすでに23試合を欠場しているとのこと。


    レアルは今月末には宿敵バルセロナとのエル・クラシコが控えている。アザールはそれまでにフィットすることができるだろうか。
    fe877252-7b24-43fb-9916-392ba954b206
    https://qoly.jp/2020/10/03/eden-hazard-injuries-iks-1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/26(土) 09:59:24.55 _USER9
    9月27日(日本時間)のアウェイで行われるラ・リーガ第3節ベティス戦を前に、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が会見を行った。ベティスはここまで開幕2連勝を飾り、失点数は「0」。

    ■【動画】「ハングリーだ」トットナムに移籍したベイルのインタビュー■
    https://futabanet.jp/soccerhihyo/articles/-/82367?page=3

    手強い相手に対し、「ベティスはラ・リーガでとてもいいチーム。そういう相手と戦うことを分かっている」「ペジェグリーニ監督は、経験があり、ベティスをいい方向に向かせている」と賛辞を惜しまなかった。報道陣の質問は、エデン・アザールやマルコ・アセンシオ、イスコといった、前節のソシエダ戦にメンバー入りしなかった選手の帯同はあるのか、カリム・ベンゼマの移籍の可能性はあるのか、クラブに補強は望むかといった、チーム状況に関する質問が相次いだ。その中で、当然出てきたのがFWギャレス・ベイルへの質問だ。

    ベイルは今季、古巣トッテナムに期限付きで移籍。しかも、給料をレアルが半分払うという、ベイルにとっては屈辱的な“放出”である。2013年の夏に、当時の史上最高額1億ユーロ(約132億円)という巨額の移籍金でレアルに加入したことを考えれば、あまりに寂しい移籍だった。

    そのため、報道陣からベイルに関する質問が飛ぶのは自然の流れだった。しかしジダンは、「彼については答えるつもりはない」とキッパリ。さらに、続けた言葉は「ベイルの健闘を祈る。以上です」とそっけないものだった。それまでの受け答えとはまったく異なる、冷たい一面を見せたのだ。

    一方のベイルは、彼の代理人がイギリスで「レアルでベイルは正しい扱いを受けなかった」「レアルは助けてくれなかった」と恨み節を語るなど、レンタル移籍とは思えない決別の態度を見せている。かねてから噂されているジダンとの確執を表すものだった。

    混迷するライバル・バルセロナについて聞かれても「私は何が起きているのかよく知らない」と返したように、ジダンはチーム内の確執について、最後まで慎重な様子を貫いた。昨季、ラ・リーガを制したレアル・マドリードは王者としての戦いを見せられるのか。指揮官の手腕が問われる。

    9/26(土) 8:01配信 サッカー批評
    2020-09-26_17h37_18
    https://news.yahoo.co.jp/articles/06f19b9162a2f6bee66a37923b0b2761a597c698

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/09/17(木) 00:02:07.27 _USER9
    Posted on 2020.09.16

    レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルは、古巣であるトッテナムへの移籍に向けた交渉が進められているようだ。イギリス、スペイン両国メディアで様々な動きが報じられている。

    マドリーとの契約はあと2年間残しているが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外とされているベイル。マンチェスター・ユナイテッドなどからの関心も噂されていたが、古巣のトッテナムが移籍先候補として大きく浮上してきた。

    ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は古巣復帰に向けた交渉中であることを認めている。「ガレスが過去7年間で最もマドリー退団に近づいているのは間違いない。簡単な取引ではないが、近づいていると信じる理由はある。順調に進めばすぐに動くかもしれない」と『スカイ・スポーツ』は同氏のコメントを伝えた。

    英紙『インディペンデント』は、ベイルがトッテナムへの「レンタル決定に近づいている」と伝えた。ベイルの高額年俸の負担から逃れたいマドリーは完全移籍での放出を望んでいるが、トッテナムはレンタルを希望している模様。また、トッテナムはベイルの報酬額の50%までしか負担しない考えだとされている。

    マドリーから年俸3000万ユーロ(約37億2000万円)を受け取っているというベイルの報酬は、50%でも相当な高額。英紙『デイリー・メール』は、半額のみで計算してもFWハリー・ケインを上回るチーム最高の報酬額になると伝えている。

    英紙『テレグラフ』は独占情報として、ベイルと入れ替わる形でイングランド代表MFデル・アリがマドリーにレンタルされる可能性もあると報じた。トッテナムはベイルの年俸の50%を、マドリーはアリの年俸の100%を負担する形だとされている。

    様々な情報が飛び交う中、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督もメディアからベイル獲得の可能性について質問を受けた。「(過去に)獲得しようとしたが不可能だった。それは全く秘密ではない」と認めつつ、現状については「ガレス・ベイルはレアル・マドリードの選手だ。他クラブの選手についてはコメントしない」と述べている。

    同じくマドリーが保有するDFセルヒオ・レギロンもトッテナムへの移籍に近づいていると報じられている。英メディアではそのレギロンやベイルを加えたトッテナムの予想フォーメーションも作成し、ベイル、ケイン、ソン・フンミンの前線は非常に強力なものになるとも予想されている。

    【了】
    https://www.footballchannel.jp/2020/09/16/post389176/
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/16(水) 22:51:37.34 _USER9
    レアル・マドリーのFWガレス・ベイルと同MFエデン・アザールがチームに対するリスペクトを欠く行為をした。

    マドリーは15日の12時からエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノでヘタフェと非公開の練習試合を行った。ベイルやアザールを含めた試合に招集されなかったメンバーはバルデベバスでトレーニングを行っている。

    招集外の選手はスタンドから試合を見届けるのが通例ではあるが、トレーニングを終えたウェールズ人とベルギー人は試合終了を待たずに帰路に着いている。

    アザールはハーフタイムまでいたものの、ベイルは前半始まって27分後にバルデベバスを車で走り去る姿が『El Golazo de Gol』のカメラに捉えられている。

    ウェールズ人は昨シーズン、同様の状況でベルナベウから帰宅する姿が複数回目撃されており物議を醸した。アザールにとっては、乏しいパフォーマンスだけでなく、多くの怪我やフィジカル面でのプロフェッショナリズムの欠如など深い失望を引き起こしている。

    レアル・マドリーは、ヘタフェとの試合を6-0で完勝。ベンゼマが4ゴール、セルヒオ・ラモスとカンテラーノのアリバスが1ゴールを決めた。

    ジネディーヌ・ジダンのチームは20日(日本時間21日4時)に初戦となるリーガエスパニョーラ第2節でレアル・ソシエダとアウェイで対戦する。

    9/16(水) 16:04配信
    2020-09-17_10h15_48
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c267c028bba1f7c1cd4b6a9d5912fbb4ce5ffe78

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/12(土) 10:53:31.63 _USER9
    レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールが今年も同じ問題でクラブを悩ませている。スペイン『ABC』が「レアル・マドリー、アザールに怒り」と題し、コンディション面の準備不足を指摘した。

    昨年夏にチェルシーから鳴り物入りでレアルに移籍したアザール。しかし、スペイン1年目は公式戦22試合で1ゴール7アシストと、高額な移籍金に見合う活躍は見せられなかった。

    今季は巻き返しを図るシーズンとなるが、ラ・リーガ初戦を間近に控えても、体を絞り切れていない状況だという。アザールは昨季のプレシーズンでも80kg近い体重でトレーニングに加わり、その体型が大きな話題となっていた。

    同紙は「歴史は繰り返す」と言及し、クラブやジネディーヌ・ジダン監督が不快感を示していることを伝えている。

    アザールは先日までUEFAネーションズリーグに臨むベルギー代表に招集されていが、2試合とも出番はなかった。ロベルト・マルティネス監督は「彼は怪我もなく元気だが、90分間プレーする準備ができていない」と、やはりコンディションを理由に挙げている。

    今季リーガは12日に開幕。レアルはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場を考慮されて第1節は延期となり、初陣は20日の第2節ソシエダ戦となっている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fe19a6f2c85d703df2c693ab9e6d3fbabf8d14c
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/08(火) 13:27:17.42 _USER9
    2019-20シーズンに34回目となるリーガ・エスパニョーラ優勝を果たしたレアル・マドリードが「銀河系軍団」の復活を目指し、来夏に若手スター選手3人の獲得を目指しているという。英誌「フォー・フォー・トゥー」が報じた。

    これまでにも世界中からスター選手をかき集めた「銀河系軍団」と呼ばれるチームを作り上げてきたレアル。

    2000年代前半には元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴらを中心とした「第1次銀河系軍団」、その後にはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、元ブラジル代表MFカカらによる「第2次銀河系軍団」を形成。

    18年夏にC・ロナウドが移籍したことで一つの時代が終焉し、フレン・ロペテギ、サンティアゴ・ソラーリ政権の低迷を経て、CL3連覇達成後に退任していたジダン監督が復帰した。

    そして今、レアルは再び「銀河系軍団」の結成を計画しているようだ。そのために若手のスター選手3人をターゲットに定めているとされ、「フォー・フォー・トゥー」によると、まずは2021年夏でのフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得から始める意向だという。

    17年夏にモナコからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍を果たしたムバッペは、ブラジル代表FWネイマールらとともに中心選手として活躍。21歳にしてすでにワールドカップ制覇を経験しており、すでに世界的スターの1人と言っていいだろう。

    2人目のターゲットは、今年1月にザルツブルクからドルトムントに加わったノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド。移籍後はリーグ戦15試合13得点2アシストの活躍を見せ、チームの2位フィニッシュに貢献している。

    そして3人目として名前が挙がったのは、レンヌに所属するフランスU-21代表のMFエドゥアルド・カマヴィンガだ。同記事によると、約9000万ユーロ(約113億円)の値札を付けられている17歳の期待の新星を、ジダン監督も「高く評価している」そうだ。

    ターゲットとなる3人の選手に共通しているのは、現時点で全員がまだ22歳以下ということ。レアルではウェールズ代表FWギャレス・ベイル、クロアチア代表MFルカ・モドリッチらを始めとする複数の30歳以上の選手があと1、2年で退団するとみられており、「銀河系軍団」再形成に向けて、レアルの将来を担うことのできる“若い”スター選手を集めるつもりのようだ

    9/8(火) 13:01 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/620968fe8470f09dcff60de03c3ebd271d536447
    no title

    続きを読む

    sergio_ramos-thumb-500xauto-234642
    1: 風吹けば名無し 2020/08/08(土) 22:54:34.29
    アカン

    2: 風吹けば名無し 2020/08/08(土) 22:54:45.04
    もうラモス(34)やぞ

    5: 風吹けば名無し 2020/08/08(土) 22:55:11.23
    ヴァランくん頼むよそろそろ

    続きを読む

    Ancelotti
    1: 風吹けば名無し 2020/08/08(土) 08:29:34.30
    13-14シーズン

    クリロナ-ベンゼマ-ベイル

    ディマリア-アロンソ-モドリッチ

    マルセロ-ラモス-ぺぺ-カルバハル

    カシージャス

    14-15シーズン

    クリロナ-ベンゼマ-ベイル

    ハメス-クロース-モドリッチ

    マルセロ-ラモス-ぺぺ-カルバハル

    カシージャス

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ