海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:08:52.69
    昨夏以降のシュート決定率「2.3本」はメッシ、C・ロナウド、スアレスを上回る

    レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの決定力は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている――。スペイン大手紙「マルカ」が、レアル“現エース”の際立った正確性を報じている。

    ロナウドとともにプレーしている際は、アシスト役に回ることも多かったベンゼマだが、ロナウド移籍後のレアルでは最大の得点源となっている。それを象徴するスタッツが、得点数に対するシュートの割合だ。

    ロナウドがユベントスへ移籍した2018年夏からのデータで、ベンゼマはここまで41得点をマーク。これを上回っている選手は欧州内でもバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(63得点)、メッシ(60得点)、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(47得点)の3人のみだ。

    そして、ベンゼマはその41得点を97本のシュートで決めているという。1ゴールに要するシュート数はわずか2.3本。メッシ(2.5本)、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(2.8本)、ロナウド(3.2)と並み居るストライカーたちを上回っているという。ベンゼマ以上の決定力を叩き出しているのは、レバンドフスキ(1.95本)のみ。その活躍が、欧州でも際立っていることがよく分かる。「マルカ」紙は「ベンゼマはメッシ、ロナウド、スアレスよりも正確」と絶賛している。

    記事では、過去に名将ジョゼ・モウリーニョ氏をもってして、「レアル・マドリードはベンゼマに大きく依存している」と言わしめたことを伝えている。スター選手の補強ばかりが話題に上るレアルだが、すでに頼れるストライカーが存在していることを忘れてはならないだろう。
    2019-11-14_09h50_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228660-soccermzw-socc
    11/14(木) 7:40配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/11(月) 22:54:34.17
    no title


    “日本の至宝”がついに覚醒した。スペイン1部マジョルカのMF久保建英(18)が移籍後初ゴールを決め、欧州4大リーグの日本人最年少ゴール記録を18歳5か月6日に更新。今後のスタメン定着を確実にし、世界屈指の名門レアル・マドリードへの復帰条件とされている年間10ゴール10アシストも“射程圏”に入ったが、ピッチ外でも大きな課題が突き付けられている。

    ようやく真価を見せた。3―1で勝利したビリャレアル戦(10日)で先発した久保が、初ゴールを含め全得点に絡む活躍で勝ち点3獲得に貢献。FW森本貴幸がイタリア1部カターニャ時代の2007年にマークした欧州4大リーグ(スペイン、イタリア、イングランド、ドイツ)の日本人最年少得点記録(18歳8か月21日)を更新した。

    久保は「一つの大きな夢がかなったが、これを続けないといけない。ボールを受けたときはシュートを打つと決めていた。この入った感覚を維持していければいい」と喜びを交えてコメントし、自身のプレーについては「10点満点と言いたいですが、いくつかミスもあったので9点」と笑顔だった。

    バルセロナの下部組織出身でJ1FC東京を経て18歳でRマドリード入団という異例の経歴。今夏にレンタルでマジョルカに加入後は、先発で出られずにモヤモヤした日々を過ごしてきた。それでも今回の活躍でレギュラーへの“昇格”は確実。出場時間増でさらなる躍進は間違いない。特に来季のRマドリード復帰に向けて「10ゴール10アシスト」が絶対条件とされる(本紙既報)中で、チーム内での地位を確立し目標を達成するための準備を整えたと言える。

    その一方で、公認資格を持つ選手代理人で元日本代表のカズことFW三浦知良(52=J2横浜FC)をサポートした田路雅朗氏(64)は、世界的ビッグクラブへの再加入は簡単ではないという。

    「仮に久保が10ゴール取ったとしても、スターにならないと復帰は難しいだろう。あのクラブはマーケティング面もしっかりやっているから、プレーが良くても人気がないとダメじゃないか。もともと日本人は評価が低いし、外国人枠もあるんだから、ピッチ外でもチームに貢献できると判断されないと…」

    久保は7月の南米選手権で注目されたものの、まだ世界的に高い知名度があるとは言えない状況。国際舞台を戦う日本代表でも活躍できずにいる。それだけにRマドリードでプレーするには、実力とともにレプリカユニホームの販売力やスポンサー獲得につながる世界規模の人気が欠かせないのだ。

    もちろん、久保がシーズンを通してマジョルカで結果を出した上で来夏の東京五輪に出場、好パフォーマンスを披露して日本の金メダル獲得に貢献すれば、世界中から熱視線が注がれるのは間違いない。知名度が上がれば、来季から“白い巨人”に復帰することも十分に可能だろう。

    久保は帰国して東京五輪に向けたU―22日本代表に合流し、17日のU―22コロンビア戦(広島)に臨む。再びゴールを決めて日本を勝利に導けるか。

    2019年11月11日 16時30分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17364228/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/10(日) 07:37:46.39
    【エイバル 0-4 レアル・マドリー リーガエスパニョーラ第13節】

    リーガエスパニョーラ第13節のエイバル対レアル・マドリーが現地時間9日に行われた。試合は4-0でアウェイのレアル・マドリーが勝利を収めている。エイバルのMF乾貴士はフル出場した。

    2連勝中のエイバルと、暫定で首位と勝ち点1差のレアル・マドリーの対戦は、序盤からアウェイチームが力の差を見せつけた。

    17分、ゴール前の混戦からベンゼマが押し込んでレアル・マドリーが先制すると、20分にセルヒオ・ラモスのPKで加点。29分にはベンゼマがPKを決めて、3-0で折り返す。

    なんとか反撃の狼煙をあげたいエイバルだったが、次の得点もレアル・マドリー。61分、モドリッチが右サイドからマイナスに出したボールをバルベルデがペナルティアークからシュート。狙いすましたシュートがゴール右隅に決まり、4点差となる。

    その後スコアは動かず、4-0で試合終了。危なげなく勝利を収めたレアル・マドリーが、暫定で首位となっている。

    【得点者】
    17分 0-1 ベンゼマ(レアル・マドリー)
    20分 0-2 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
    29分 0-3 ベンゼマ(レアル・マドリー)
    61分 0-4 バルベルデ(レアル・マドリー)
    20191110_rm_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00346937-footballc-socc
    11/10(日) 4:25配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/esp/esp-20077768.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/09(土) 14:41:01.33
    レアル・マドリーからマジョルカへレンタルされている日本代表MF久保建英だが、現状では来季マドリーに復帰するのは厳しいかもしれない。スペインメディア『ドン・バロン』などが見通しを伝えている。

    今夏にマドリーに加入した久保は、リーガエスパニョーラ1部で出場機会を得て経験を積むためマジョルカへのレンタルを選択。だが先発メンバーに定着することはできておらず、出場してもゴールや勝利に繋がる結果を出すことはできない状況が続いている。

    『ドン・バロン』はマドリーの来季に向けたチーム作りのプランとして、レンタルからの復帰により“ノーコスト”で即戦力となり得る存在としてMFマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ)、MFダニ・セバージョス(アーセナル)、DFアクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント)の3人を挙げた。いずれもレンタル先のクラブで活躍をみせ、マドリーでもプレーできる力を証明しているとの見方だ。

    だが「久保建英はこのリストに含まれない」と同メディアは述べる。「まだマジョルカで不動のレギュラーに定着していない」として、「再びレンタルされる可能性がある」と来季の見通しを示している。

    スペイン『フィチャへス.net』も同様に、久保の苦しい現状について8日付で伝えた。「期待されたような違いを生む存在にはなれていない」「今後数ヶ月で目的を果たせなければ、来季マドリーに居場所を見つけるのは非常に難しくなる。リーガであれ他国であれ、本当にレギュラーとして継続的な出場機会を得てアピールできるようなクラブへのレンタルを模索する必要があるかもしれない」と述べている。

    オサスナ戦で移籍後初の不出場に終わったあと、前節バジャドリー戦では先発復帰を果たしたが不完全燃焼に終わった久保。10日に行われるビジャレアル戦では結果を出すことができるだろうか。

    11/9(土) 13:24 Yahoo!ニュース
    20191101_kubo_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00346873-footballc-socc

    続きを読む

    EAEgxD0WsAAHtkx

    1: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 14:38:29.14
    よくもだましたな😡

    2: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 14:38:44.46
    たーれいw

    3: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 14:38:55.59
    ここまで通用しないとは

    4: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 14:38:55.86
    信じてたのか…

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/07(木) 16:14:48.22
    今夏にFC東京からレアル・マドリードに移籍し、1部リーグでの経験を積むためマジョルカに期限付き移籍した久保建英。マジョルカとの契約は2019-20シーズン終了までの1年間だが、これを途中で解除し、冬の移籍マーケットで別のクラブに期限付き移籍する可能性があるようだ。ビルバオのWEBメディア『GOL digital』が伝えている。

    契約解除をちらつかせる?

    同サイトは11月6日付けで「久保がエスパニョールの救世主になる可能性あり」という見出しの記事を配信。経験を積むために移籍したはずのマジョルカで「ビセンテ・モレノ監督の直近のプランに入っていない」ため、「(レアル・マドリードの)ジネディーヌ・ジダン監督が激怒しており、期限付き移籍を途中で破棄することを考えている」と報じている。

    さらに、「レアル・マドリードがマジョルカに対し、久保の期限付き移籍解除をちらつかせながら出場時間の増加を要求しており、受け入れられない場合は冬の移籍マーケットで別のクラブを探すことになる」と論じている。

    「久保の実力発揮のために完璧な布陣」

    記事の中では新たな移籍先候補としてエスパニョールとアラベスの名前が挙がっており、レアル側はパブロ・マチン監督が率いるエスパニョールを有力な移籍先に考えているという。その理由について記事では 「(マチン監督が採用している)3-4-2-1のシステムは、久保が実力を発揮するためには完璧な布陣である」と伝えている。

    11/7(木) 16:08配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00995938-soccerk-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/31(木) 09:41:10.99
    [10.30 リーガ・エスパニョーラ第11節 R・マドリー5-0レガネス]

    トップチーム3試合目の出場で早くも2ゴール目。レアル・マドリーFWロドリゴ・ゴエスがリーガ・エスパニョーラ第11節レガネス戦の試合後、自身の現状への喜びを語っている。

    今夏サントスから加わったロドリゴは、レガネス戦でトップチーム初先発。前半7分、左からのクロスをFWカリム・ベンゼマが折り返したボールに反応すると、左足を必死で伸ばし、ダイレクトシュートを押し込んだ。

    第6節のデビュー戦で決めた初ゴール以来、これが今季2得点目。加入当初はレアル・マドリー・カスティージャでプレーする予定となっており、MF久保建英(現マジョルカ)と立場を争う時期もあったが、一足先にトップチームの一員として立派な実績を残している。

    「起こっていること全てに非常に満足しているし、全てが非常に速いスピードで進んでいる。思っていたとおりというわけじゃないけど、すごく幸せ」。ここまでの活躍は想定していなかったようだが、着実な手応えを感じているという。

    またFWエデン・アザールとサイドを入れ替えながらのプレーにも「サイドに好みはない。左でも右でも楽しめるはず」と前向き。ベンゼマとの関係も「彼はとても卓越した選手で、チームにたくさんの自信と落ち着きをもたらしてくれる。彼の近くでプレーすると全てが簡単になる」と述べ、スター選手たちとのプレーを楽しんでいるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-43473369-gekisaka-socc
    10/31(木) 9:33配信

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=z0L_cO_DtlE


    ベンゼマが1ゴール2アシスト! レアル、18歳FWらの得点により5-0でレガネス下す

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077750
    試合スコア

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/10/30(水) 05:20:50.74
    10/29(火) 23:04配信
    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は29日、リーガ・エスパニョーラ第11節のレガネス戦の前日会見に出席し、ロンドン入りしたことが報じられているFWガレス・ベイルに言及した。スペインメディア『アス』などが伝えている。

    今月の国際Aマッチで負傷したベイルは28日、ロンドンに渡航。クラブは「個人的な問題」と発表したが、ベイルが負傷状態をクラブに公表しないよう求めていることから、各メディアは「中国に移籍することを考え、代理人と面会するため」「負傷の治療のため」などと様々な推測を行っている。

    試合前の会見場でも、報道陣からはベイルに関する質問が指揮官へ集中。「クラブから許可されている」と述べたジダン監督は「出場することができないから向かった。もし彼がトレーニングできるならトレーニングをするし、プレーできるならプレーする。それだけだ」と語り、もしスペインに残っていたとしても出場できないことを明かした。

    続いて負傷や移籍に関わる質問も次々に向けられたが、「知らない。彼に聞けばいい」と理由は明かさなかったジダン監督。他クラブからの獲得依頼に関する質問には「オファーは来ていない。それについて考えていない。彼はR・マドリーの選手だ。私は彼を頼りにしているし、彼がプレーする時は誰もが彼に満足している」と信頼を示している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-43473318-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/26(土) 20:37:21.33
    エンバペ獲得のため、レンタル組の復帰に期待?
    no title


    26日付のスペイン『アス』は、レアル・マドリーが来夏にマジョルカMF久保建英ら、レンタル組5選手を復帰させることを1面で報じた。

    同紙曰く、レアル・マドリーは来夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンFWキリアン・エンバペの獲得を目指しており、同選手に多額の金銭を投じるたさめに残りの補強はレンタルに出ている若手5選手で済ます考えであるという。

    その5選手とは久保、セビージャDFセルヒオ・レギロン、レアル・ソシエダMFマルティン・ウーデゴー、アーセナルMFダニ・セバージョス、ボルシア・ドルトムントDFアクラフ・ハキミ。『アス』は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が「彼らが現在の成果を維持し続けるならば、(来夏に)復帰させる考えだ」と記している。

    また同紙は、以上の5選手の現状についても記載。久保については「18歳の彼は少しずつ進んでいる」と、ほか4選手と比べてマジョルカで足取りがゆっくりしているとの見解を示しながらも、「今季すでに3試合で先発を務め、1アシストを記録している」と少しずつ成果を手にしていることも強調した。

    10/26(土) 20:30配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00010028-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/10/25(金) 20:23:45.25
    ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド(34)の退団が今でも尾を引いているともいわれるレアル・マドリードだが、実際に近年の得点面の成績を見てみると、それが明らかになっている。25日付のスペイン紙アスが伝えている。

    Rマドリードは今シーズンここまで、公式戦12試合を戦い19得点(1試合平均1・58得点)を決めている。そして、ロナウド退団直後の昨季の同試合数でのゴール数は18(同平均1・5得点)だった。

    今季と昨季は直近15シーズンで、開幕からの公式戦12試合の中でワースト上位2つを占めている。また、20得点を下回ったのも今季と昨季のみ。ロナウドの退団が直接影響した結果とも言えるだろう。

    一方で直近15シーズンの開幕から12試合で最高記録は2011-12年シーズンの36得点(同平均3得点)で、ロナウド退団以降のシーズンの約2倍の得点力だった。さらに2014-15年シーズンは35得点(同平均2・92得点)、2016-17年シーズンの34得点(同平均2・83得点)が続いている。

    また、最後に昨シーズンの得点数(18得点)を下回ったのは16シーズン前の2004-05年シーズンで15得点(同平均1・25得点)だった。最終成績は25勝5分け8敗の勝ち点80。優勝したバルセロナに勝ち点差4をつけられて2位で終えている。(高橋智行通信員)
    2019-10-25_22h52_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-10250679-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ