海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード

    2020-01-20_15h05_26
    1: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 20:49:59.34 ID:Q04rg0BX0
    このタイミングでバルサはバルベルデ解任してカンテラ重視に舵を切り出したし

    2: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 20:50:11.07 ID:Q04rg0BX0
    こんなことあるか?

    4: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 20:50:48.79 ID:Q04rg0BX0
    運が悪いっていうレベルじゃない

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/01/16(木) 18:41:14.54
    レアル・マドリーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(29)が太りやすい体質であることを認めた。スペイン『マルカ』が報じている。

    昨夏、チェルシーから念願のレアル移籍を果たしたアザール。ホームユニフォームが膨張色の白を基調としている影響もあるかもしれないが、加入当初はぽっこりしたお腹が目立っていた。

    『マルカ』によると、アザールは夏に太ったと指摘をされたことについて「それは事実だ。嘘をつくことはできない」と認めつつも、「僕はバケーションをしていたんだ。バケーションだよ。夏に5kg太った。僕はすぐに太ってしまう体質だけど、同じぐらいのスピードで体重も落ちるんだ」と反論した。

    「僕がリールで18歳のとき、72kgか73kgあった。少し筋肉をつけたら75kgになって、悪い日には77kgになった。夏には80kgだったけど、そこから10日間で痩せたんだ」
    2020-01-16_20h20_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-43477299-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/01/13(月) 05:53:05.53
    フットボールチャンネル
    1/13(月) 5:48配信
    レアル、2年ぶり11回目の優勝。PK戦の末にアトレティコを下す【スペイン・スーパー杯】

    【レアル・マドリー 0-0 (PK4-1) アトレティコ・マドリー スーペルコパ・デ・エスパーニャ決勝】 

    スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)決勝戦、レアル・マドリー対アトレティコ・マドリーの試合が現地時間12日に行われた。試合は0-0で延長戦が終了、PK戦の末にマドリーが4-1で勝利した。

    試合序盤からマドリーがボールを支配する時間が多くなるが、アトレティコの組織だった守備の前に得点を上げることは出来ない。43分にはコーナーキックからカゼミロがゴールを狙うもボールは枠を捉えきれず、無得点でハーフタイムへ。

    後半最初のチャンスはマドリーに訪れる。モドリッチのパスを受けたヨビッチがDFに囲まれながらもペナルティーエリア内でシュートするがボールはゴール右に外れる。中盤以降は両チームとも選手交代で膠着状態の打開を図ろうと試みると67分にマドリーが右サイドを崩し決定的なチャンスを迎えるも、バルベルデのヘディングシュートはゴール右に外れる。

    アトレティコも80分にはモラタがペナルティーエリアでトリッピアーのパスをダイレクトでシュートするもGKにセーブされ0-0は続く。アディショナルタイムにはマドリーが再びチャンスを迎えるも途中出場のロドリゴシュートはGKがキャッチする。結局90分では決着がつかず延長戦へ。

    延長戦最初のチャンスはアトレティコ、中盤でボールを繋ぎ最後はビトーロがシュートするもGKに弾かれる。その後はマドリーがアトレティコゴールに迫るもシュートは枠に入らない。

    延長後半もレアルがシュートまで持ち込むもボールはことごとくGKの正面をつきゴールならず、逆に115分にはバルベルデがモラタの決定的な場面をファールで止めレッドカードを受けるも直後のFKは外れ、勝負の行方はPK戦で決まることになる。

    PK戦は後攻のアトレティコは1人目と2人目が失敗したのに対し先攻のマドリーは4人全員成功させ死闘を制し11回目の優勝を成し遂げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200113-00357590-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/08(水) 21:47:23.55
    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(18)が同1部レアル・マドリードに復帰できない理由とは――。

    スペイン紙「マルカ」(電子版)は「レアル・マドリードのユース革命」とした記事を掲載。ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21=レアル・ソシエダード)ら他クラブに“武者修行”としてレンタル移籍させている若手選手の現状を分析したが、マジョルカでプレーする久保についても言及した。

    記事では「才能を見せている」と高く評価し「本来は右MFだが、左サイドやトップ下でもプレーできる。1対1やラストパスの局面で素晴らしい能力を発揮する」と指摘した一方、今季16試合(先発10)出場もわずか1ゴールにとどまっていることに「課題は得点力。もう1年はレンタルに出されることになる」と、来季のRマドリード復帰は難しいという。

    同1部バルセロナ下部組織時代は得点を量産するゴールゲッターとして大活躍。2012―13年シーズンには30試合で74得点をマークし、その名をとどろかせたが、Jリーグ時代も含め、現在では周囲を納得させるような目に見える結果を残せていない。

    かねてRマドリードへの復帰ノルマは「10ゴール10アシスト」が最低条件とされており、すでに来季のRソシエダード入りも報じられている。久保が世界屈指の名門クラブでプレーするにはゴールを量産するしかないようだ。

    1/8(水) 16:43配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000023-tospoweb-socc  
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/07(火) 22:40:57.08
    no title

    マジョルカの日本代表MF久保建英は、レアル・マドリーから今季他クラブへレンタルされている選手たちの中で、順調な成長をみせている選手の一人だと評価されている。スペイン紙『アス』が7日付で伝えた。

    マドリーからは多くの若手選手が国内外の他クラブへレンタルされており、久保もその中の一人。シーズンの折り返しを迎えた時点で『アス』紙は、「マドリーレンタル組の前半戦の光と影」と題し、各選手に評価を下している。

    特に高い評価を受けているのはレアル・ソシエダのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーとボルシア・ドルトムントのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの2人。さらにセビージャのDFセルヒオ・レギロンと久保を加えた4人は、「マドリーに貢献できる」としてポジティブな評価となっている。

    久保については「マジョルカでのスタートから着実に前進し、ビセンテ・モレノ(監督)のイレブンに定着した。チームの右サイドは彼のものになった」と記述。「高い技術を少しずつ実際の試合の中でのプレーに繋げるようになってきた」「年齢に似つかわしくない成熟ぶり」と称賛している。

    ここ数試合は久保が積極的なプレーを見せながらもチームの結果に繋がらないことも多く、マジョルカは降格圏に転落している。だが「(久保が)継続性を身に付けられれば、マジョルカにとっては残留争いに向けた大きな戦力になるだろう」という期待とともに、その後はマドリー復帰への道も開けてくるという見通しが示されている。

    1/7(火) 21:30配信フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00356738-footballc-socc

    続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2020/01/04(土) 14:05:50.69
    レアルがフラメンゴFWと“18歳同時契約”へ 移籍金36億円+ボーナスで決着か

    レアル・マドリードは、かねてより噂になっていたフラメンゴの17歳FWレイニエル・ジェズスと契約を締結させるようだ。スペイン紙「AS」によれば、1月19日の18歳になる誕生日と同時に契約し、Bチームであるレアル・マドリード・カスティージャへ移籍させるという。

    フラメンゴに所属するレイニエル・ジェズスには、レアルの他に多くのクラブが注目していた。パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッドも狙っていると言われたなか、本人はスペインでのプレーを希望。獲得に向けてレアル最大のライバルは、ホームタウンを同じくするアトレチコ・マドリードと言われていた。

    そういったなか、レイニエルはフラメンゴと契約を更新。しかし、移籍金の設定額が3500万ユーロ(約42億円)にまで引き下げられたことで、今冬での移籍成立が加速すると予想されていた。レアルは、移籍金を3000万ユーロ(約36億円)+出来高ボーナスで交渉。フラメンゴもその条件を受け入れるようで、レイニエルが18歳になる誕生日の1月19日に契約する運びとなったようだ。

    契約後はフラメンゴにレンタルし、そのまま来季の開始までブラジルに残すという話もあったようだが、リーグ戦で12位に低迷するレアル・マドリード・カスティージャの起爆剤としてスペインへ呼び寄せることになったという。

    ただ、レイニエルは1月18日から開催される東京五輪出場権を懸けた南米予選のU-23ブラジル代表に選出される予定で、最大で2月9日まではチームに合流することができない。レイニエルは見事に東京五輪の出場を決めて、マドリード入りすることができるのだろうか。レイニエルにとって、大きな人生の岐路となる1カ月間が始まろうとしている。
    2020-01-04_23h57_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238734-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/27(金) 21:30:39.62
    地元メディアが報道 カスティージャの低迷受けペレス会長に「今冬取り戻すように進言」

    no title

    日本代表MF久保建英は、今夏FC東京からスペイン1部の強豪レアル・マドリードへ完全移籍し、トップチームでプレシーズンを過ごした後、マジョルカへ期限付き移籍をした。

    マジョルカでは現在、7試合連続で先発出場しており、15試合1得点。着実に成長を遂げる18歳に対して、レアルのBチームにあたるカスティージャ(3部相当)を率いるラウール・ゴンザレス監督が久保の“再獲得”を熱望したという。レアルの専門メディア「ディフェンサ・セントラル」が

    今夏、スペインの地へ渡った久保は、当初カスティージャでプレーするとされていたが、プレシーズンを過ごすトップチームの北米遠征とアウディカップに同行。5試合中4試合に途中出場し、存在感を発揮した。その後、トップチームのオーストリア遠征からは外れてカスティージャに合流し、ラウール監督の下でデビューを飾ったが、マジョルカへの1年間の期限付き移籍が発表された。

    そんななか、久保やトップチームで活躍する18歳のブラジル代表FWロドリゴが不在のカスティージャが低迷している。スペイン3部グループ1で17試合を終えた時点での勝ち点は22で12位。降格プレーオフ圏内までわずか3ポイント差となっており、昇格という目標からはかなり遠ざかっている。

    同メディアが伝えるには、シーズン当初は戦力となるはずだった2人の“才能”を失ったラウール監督は、フロレンティーノ・ペレス会長に「今冬での下部組織チームの豪華な“補強”として取り戻すように進言した」という。しかし、現時点でマジョルカからの“再獲得”は難しく、その理由は2点あるようだ。

    「久保は1部リーグでより良くなっている(7試合連続先発出場)。さらに、1月に取り戻すのはペナルティー(罰金)を払うことになるため現状でマドリードの計算には入っていない」

    ラウール監督の熱望も虚しく、半年でのレアル復帰は厳しい模様。マジョルカでは欠かせない存在として存在感を高めているだけに、今後も久保の動向からは目が離せない。

    12/27(金) 19:50 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00237113-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/26(木) 23:02:42.55
    リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーがヘントに所属する19歳のカナダ代表FWジョナサン・デイビッドに興味を示したようだ。スペイン『ディフェンサ・セントラル』が現地時間の25日に報じた。

    米国出身でハイチにルーツを持ち、カナダとハイチ国籍のデイビッド。現在はベルギー1部のヘントでプレーしている。今季はリーグ戦18試合に出場し、9得点7アシストを記録している。

    また同選手はカナダ代表を選択し、今年6月に開催された2019CONCACAFゴールドカップに出場。カナダ代表は準々決勝で敗退となったものの、デイビッドは6得点を挙げ同大会得点王に輝いた。

    同メディアによると、レアルが興味を示していてヘント側にデイビッドの移籍金について聞いたという。デイビッドの市場価値は2000万ユーロ(約24億円)と言われているが、同メディアは今後も移籍金が高騰することを予想している。

    果たして、レアルはこの19歳の新星FWを獲得することができるのだろうか。

    12/26(木) 21:00 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191226-00355324-footballc-socc

    no title

    続きを読む

    2019-12-21_23h12_01

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/24(火) 04:44:27.651
    川崎フロンターレJrユース所属
    10歳 バルサ入団
    14歳 クラブへの制裁によりやむなく帰国
    15歳 Jリーグプロデビュー
    17歳 FC東京を首位にする活躍。A代表選出コパ・アメリカ出場
    18歳 レアルマドリード入団
    現在 マジョルカへレンタルされ世界最高のリーグでバリバリ試合出て経験値積んでる最中

    経験値がエグすぎる。成功しないわけないだろ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ