海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/15(金) 13:34:18.93 ID:CAP_USER9.net
    ロペテギ氏が涙の会見「人生で最も悲しい日」 電撃解任のスペイン前監督
    2018年6月15日 11:01 発信地:マドリード/スペイン AFP BB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3178607

    スペイン1部リーグ、レアル・マドリードの監督就任会見に臨むフレン・ロペテギ氏(2018年6月15日撮影)











    【6月15日 AFP】サッカースペイン代表監督を解任されたフレン・ロペテギ(Julen Lopetegui)氏が14日、決定を受けて「母の死以降では人生で最も悲しい日になった」と語った。その一方で、同国1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)の監督就任は「間違いなく誠実なやり方」でなされたと述べ、今回の動きを擁護する発言を残した。

    ロペテギ氏が来季から3シーズンにわたりチームの指揮を執るとレアルが発表したことを受け、スペインサッカー連盟(RFEF)は13日に同氏を解任。W杯ロシア大会(2018 World Cup)に臨むスペイン代表に激震が走った。15日にポルトガルとのグループ初戦を控えていた選手たちは、今回の解任の決断に反発したと伝えられている。

    この日、新天地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)でレアルの新監督として正式にお披露目されたロペテギ氏は、RFEFのルイス・ルビアレス(Luis Rubiales)会長には「違ったやり方で対処」してほしかったとした上で、「昨日は、母の死以降では人生で最も悲しい日になった。でも、きょうは人生で最も幸せな一日だ」「われわれは間違いなく誠実かつ明快なやり方でふるまったと確信している」と、涙をこらえながら話した。

    RFEFのルビアレス会長は、レアル側から正式発表の「5分」前まで連盟に通達はなかったと述べているが、レアルのフロレンティノ・ペレス(Florentino Perez)会長は、ロペテギ氏が同クラブと契約を結んだことに対する連盟の反応は「不適切で不当なもので、同様のケースはサッカー界でも前例がない」などと批判している。

    すでにRFEFは、緊急の後任としてフェルナンド・イエロ(Fernando Hierro)氏をW杯スペイン代表の指揮官に任命している。現在50歳のイエロ氏は、同国2部リーグのレアル・オビエド(Real Oviedo)を1シーズン率いた以外、監督としての経験はないが、連盟でスポーティング・ディレクター(SD)を務めていた実績もあり、選手からの信頼は厚い。

    それでも、レアルがロペテギ氏を新監督に任命したことで、ライバル同士のレアルとFCバルセロナ(FC Barcelona)の選手が存在するW杯のスペイン代表内で、分裂が生じてしまうのではないかと不安視する声も上がっている。(c)AFP/Adrien VICENTE
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/07(木) 22:11:55.85 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ最終戦で日本と激突するポーランド代表のエース、FWロベルト・レバンドフスキが所属するバイエルンのウリ・へーネス会長に移籍を志願。

    クラブ側は移籍金2億ユーロ(約260億円)以下では退団を認めない方針を伝えたという。ドイツ紙「シュポルト・ビルト」が報じている。

    レアル・マドリード行きを切望するレバンドフスキは、バイエルンのへーネス会長と会談を持ち、移籍を志願。バイエルン首脳は放出拒否の姿勢を示していたが、移籍金260億円ならば退団を認める方針だという。

    レバンドフスキと契約する代理人のピニ・ザハビ氏はマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、パリ・サンジェルマンに売り込みをかけたが、レバンドフスキ自身はレアルを望んでいるとされる。

    日本代表の前にも立ちはだかる“2億ユーロの男”は、W杯でその価値を高めることができるだろうか。

    6/7(木) 22:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00109182-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/06/04(月) 19:15:05.89 ID:CAP_USER9.net
    モドリッチ ネイマールを歓迎

    ルカ・モドリッチとネイマールは、3日(日)にリヴァプールの本拠地アンフィールドで行われたブラジル対クロアチアで対戦、ブラジル代表が2-0で勝利を収めている。そして、試合後にはレアル・マドリードのモドリッチが「俺らは待っているよ!」とネイマールに語りかけ、ユニホームを交換している。

    ブラジルフットボール連盟(CBF)が公開している動画に、モドリッチとネイマールがロッカールーム付近でサイン入りのそれぞれのユニホームを交換している様子が映っている。

    そして、ネイマールがブラジル代表のユニホームにサインを書いている際に、モドリッチが、「俺たちは待っているよ!」と声をかけ、ネイマールが笑顔で返している様子が見て取れる。

    2月に行われたチャンピオンズリーグ、ベスト16のマドリー戦1stレグを前にPSGでの試合で負傷して戦線離脱していたネイマールだが、アンフィールドで行われたクロアチア戦で復帰を果たし、69分には先制ゴールを決めている。

    なお、ここ数週間、マドリーがネイマール獲得に興味を持っていると多くのメディアが報道しているものの両者ともにこの報道内容を認めていない。
    2018-06-04_20h08_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010011-sportes-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/04(月) 01:05:08.35 ID:CAP_USER9.net
    選手時代と同じく金に執着しないジダン、約23億円を受け取らずにレアル・マドリーを退団
    6/3(日) 22:24配信 GOAL

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000021-goal-socc

    レアル・マドリーを去ったジダン氏



    先にレアル・マドリー監督を辞したジネディーヌ・ジダン監督は、やはり金に執着する人物ではないようだ。

    チャンピオンズリーグ三連覇を達成した直後にレアル・マドリー退団を決意したジダン氏。レアル・マドリーと結んでいた契約は2020年までで、2年分の年俸をあきらめる格好となった。スペイン『マルカ』曰く、ジダン氏のレアル・マドリーでの年俸は900万ユーロ(約11億円)で、合計1800万ユーロ(約23億円)を受け取ることなくクラブを去ったようだ。

    ジダン氏は選手時代にも、高額の年俸を惜しむことなくスパイクを脱いでいる。レアル・マドリーとの契約を1年残した段階で現役引退を決断した同氏は、その際にクラブから残りの年俸を支払う提案を受けたものの、それに断りを入れていたのだ。

    現在、カタール代表から年俸5000万ユーロ(約63億円)の4年契約をオファーされているとも報じられるジダン氏。これまでの事例に鑑みれば、心が動かされることはないように思えるが、果たして……。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/04(月) 05:59:46.11 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードとの契約が3年残っているクリスティアーノ・ロナウドだが、バロンドール最大のライバルとなる2選手であるFCバルセロナのレオ・メッシとパリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールと同等の年俸になるようにマドリーの会長フロレンティーノ・ペレスに数カ月にわたり要求している。

    『El Confidencial』によれば、ロナウドは、フットボール界において最高額となるように額面8,000万ユーロ(約100億円)という年俸を要求している。ロナウドは、現状の手取り2,100万ユーロ(約27億円)という年俸に満足しておらず、最低でも現在の給料の2倍の年俸を要求しており、今後3シーズンで2億4,000万ユーロ(約300億円)の投資をマドリーに求めている。

    この金額はマドリーにとっては受け入れることが不可能な金額であり、会長ペレスもこのような大幅な年俸の増加を快く受け入れるつもりはないようである。つまりロナウドは、自身の立場を非常に難しくしていると言って間違いない。

    2018年6月3日 10時50分 スポルト
    http://news.livedoor.com/article/detail/14808827/

    写真
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/31(木) 20:30:38.93 ID:CAP_USER9
    欧州チャンピオンズリーグで3連覇を達成したスペイン1部レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(45)が電撃辞任した。31日に本拠地のサンティアゴ・ベルナベウで緊急会見を開き「来季はレアル・マドリードで監督を続けないという決断を下した」と退任することを表明。「チームは勝ち続けるために変化が必要だと感じた」と退任理由を説明した。

    クラブOBで、元フランス代表MFのジダン監督は、2016年1月に就任。解任されたベニテス監督の後任としてBチーム(2軍)監督から昇格した。自身初のトップチームでの監督をビッグクラブで務めるということで当初は経験不足が不安視されたが、C・ロナウド、ベイル、セルヒオ・ラモスらスター選手と信頼関係を築いて就任1季目で欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制覇。

    昨季(2016~17年)は国内リーグとの2冠を達成し、今季は26日の欧州CL決勝でリバプールを3―1で破り、監督として史上初の3連覇を達成したばかりだった。

    スポニチ 5/31(木) 20:26配信
    2018-05-31_20h37_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000170-spnannex-socc
    続きを読む

    2018-05-28_17h43_47

    1:風吹けば名無し:2018/05/28(月) 12:51:21.58 ID:4uh4Os5U0.net
    言うほどレジェンドか?
    4:風吹けば名無し:2018/05/28(月) 12:52:36.68 ID:hD9YAl+md.net
    なおレアルと契約延長はしない模様
    10:風吹けば名無し:2018/05/28(月) 12:54:47.68 ID:Zos4dqOKr.net
    こんな大エースがいれば3連覇しますわ
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/05/28(月) 16:28:30.79 ID:CAP_USER9.net
    CL決勝で物議を醸したワンシーンに、他競技の団体が公式ツイッターで皮肉の投稿

    レアル・マドリードとリバプールが激突した26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、レアルが3-1と勝利して史上初の大会3連覇を果たした。この試合の前半には、レアル主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと交錯。転倒したサラーが左肩を痛めて涙の負傷交代となったが、ラモスの行為に対してヨーロッパ柔道連盟から「禁じ手だ」と、異例の物言いがついている。

    頂上決戦で最大の見どころが消えた瞬間だった。前半25分、リバプールのエースがドリブル突破を仕掛けると、ラモスは食い止めようと腕を絡めながら倒れこむ。左肩を痛めたサラーは悶絶。その後一度はプレーに復帰したものの、再びピッチに座り込み、涙の途中交代を余儀なくされた。

    世界屈指の実力者ながら、これまで公式戦で通算24度も退場しているラモス。リーガ史上最多19度の退場という不名誉な記録も打ち立てている。この接触プレーでは相手のエースを潰した格好となったが、このプレーを「禁じ手」と判定したのは、意外にもヨーロッパ柔道連盟だった。

    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が名誉会長を務め、51カ国加盟する同連盟は公式ツイッターに異例の投稿を行った。

    「脇固めは危険なテクニックだ。だからこそ寝技に移行する際に柔道の世界では使用を禁止されている。昨日のCL決勝の夜に起こったこのファウルについて、あなたはどう思うのか?」

    投稿の返信欄では両サポーターが衝突し炎上中

    ラモスの行為は、柔道の世界では相手を負傷させるリスクの高い反則技と断定している。ツイートには、ラモスが左腕をドリブル中のサラーの右腕に巻き込む決定的瞬間を捉えた写真を添付。キャプションでは「アームロックの技術は柔道で禁止されている。しかし、フットボールの世界ではチャンピオンズリーグで優勝するために有効だ」と皮肉っている。

    柔道サイドからの指摘に、ラモスを擁護するレアルサポーターとエース負傷に怒るリバプールサポーターが衝突。投稿の返信欄は炎上しているが、脇固めによって今季欧州屈指の輝きを放ったサラーのロシア・ワールドカップ出場が危ぶまれる事態になったことは間違いない。

    Football ZONE web編集部
    2018-05-28_17h18_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00106812-soccermzw-socc
    続きを読む

    2018-05-28_11h47_36

    1:風吹けば名無し:2018/05/27(日) 16:55:39.46 ID:io99qhlq0.net
    今日も完璧なカバーリング
    守備範囲広すぎるし対人強いし最強のセンターバックやろ!
    3:風吹けば名無し:2018/05/27(日) 16:56:23.31 ID:io99qhlq0.net
    異論無いな?
    7:風吹けば名無し:2018/05/27(日) 16:58:34.69 ID:qN6S8z660.net
    無い
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/05/27(日) 11:13:28.52 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ決勝が26日に行われ、リヴァプールは1-3でレアル・マドリードに敗れた。リヴァプールの公式サイトが26日付でユルゲン・クロップ監督のコメントを伝えている。

    「レアル・マドリードにおめでとうと言いたい。もちろん今はとても残念な気分だ。けれども、私は人生の中で多くの試合に勝ち、また多くの試合に敗れてきた。だからこの感情の対処法は分かっている。これがフットボールというものだよ。勝つために全てを出して戦ったが、準備段階での努力が不足していた。この結果をしっかりと受け止める必要がある」

    続けて、クロップ監督はミスから2失点に関与してしまったドイツ人GKロリス・カリウスに言及した。

    「彼のことを非常に気の毒に思っている。望んでミスをする人間なんていない。確かにミスは明らかなものだったが、私たちがそのことに口出しする必要はないよ。なぜなら、彼自身自分がミスしたことを分かっているからだ。彼はこの問題に対処し、再び立ち上がらなければならない。もちろん、私たちは彼をサポートし続ける。そのことに疑いの余地はない」

    また、クロップ監督はレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの接触プレーで負傷し、31分にピッチを後にしたエジプト代表FWモハメド・サラーについてもコメントした。

    「負傷したシーンは少しばかりレスリングのように見えたが、彼は不運だった。他の選手たちも明らかにショックを受けていたよ。しかし、このようなことが起こり得るのがスポーツなんだ。前半の内容が素晴らしかっただけに、彼がプレーを続けられたなら結果がどうなっていたかは分からない。けれども試合はもう終わったんだ。私たちは1-3で試合に敗れた。それが全てだよ」

    SOCCER KING
    2018-05-27_12h20_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00764963-soccerk-socc


    サラーは「肩の靭帯捻挫」 エジプト協会が検査結果発表、W杯出場は「楽観的」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00106536-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ