海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード

    news_282217_1

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/22(木) 07:08:11.29
    【マドリード21日(日本時間同日夜)】
    スペイン2部B(3部相当)のレアル・マドリードBに所属する日本代表MF久保建英(18)が、2日連続で同1部のトップチームの練習に参加した。

    24日(同25日)にバリャドリード戦を控えるトップチームでは今季加入のFWアザール、久保が主戦場とする右サイドハーフのFWアセンシオらけが人が次々と離脱。チーム公式サイトによると、久保を含むRマドリードB所属の選手2人が20日からトップチームの練習に合流された。

    RマドリードBは25日(同26日)にラス・ロサスとの開幕戦を控えているが、久保の“1軍”への緊急昇格が現実味を帯びてきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000001-sanspo-socc
    8/22(木) 7:00配信

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/08/22(木) 00:10:55.19
    今夏、FC東京からレアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英は、現地時間24日のリーガ第2節バジャドリード戦に向けたトップチームの練習に2日連続で参加した。そんななか、現地スペインメディアで「久保はマジョルカに行く」と報じられている。

    久保はトップチームに帯同してプレシーズンマッチ計4試合に途中出場。その後はトップチームの練習とカスティージャ(レアルB)の試合を兼任してきた。

    トップチームに怪我人が続出中のため、20日、21日と2日連続で練習に参加。24日のバジャドリード戦のメンバー入りに期待も膨らむなか、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「久保はマジョルカに行く」との見出しで、久保の最新レポートを伝えた。

    記事によれば、スペインテレビ局「La Sexta」の番組「Jugones」が「久保は今季、プリメーラに昇格したばかりのマジョルカへローンで行くだろう」と報道。それを受け、「ムンド・デポルティーボ」紙も次のように触れている。

    「日本人はバジャドリードへ行くかに思われたが、彼と家族はカスティージャに留まることにした。しかし、彼の心は変わり、マジョルカに行く選択をする。エル・ブランコ(レアルの愛称)は久保をスペイン1部のクラブに送りたいと考えていた。今、マドリードの意図が実現するようだ」

    今季、スペイン1部に復帰したマジョルカは、過去に元日本代表FW大久保嘉人(ジュビロ磐田)、元日本代表MF家長昭博(川崎フロンターレ)がプレーしたことでも知られ、日本人選手にも馴染みがある。バジャドリードへの期限付き移籍の可能性が報じられた際には、レバンテ、エスパニョール、ビジャレアルとともに移籍先候補にも挙がっていた。果たして、久保はカスティージャの開幕戦を迎える前に、新天地へと渡ることになるのだろうか。

    Football ZONE web編集部
    2019-08-22_00h37_24
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00212017-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/21(水) 14:44:14.72
    レアル・マドリーの日本代表MF久保建英が現地時間20日、トップチームの練習に参加した。スペイン『ムンドデポルティボ』が「クボ、バリャドリー戦に向けたトレーニングに参加」と見出しを打って報じた。

    ジネディーヌ・ジダン監督は現地時間24日のホーム開幕戦バリャドリード戦に向けたトレーニングにカスティージャ(Bチーム)から久保を招集した。今季はカステージャが主戦場となり、一時はバリャドリーに移籍する可能性も噂されたが、残留する流れが強まっていた。

    今夏、クラブの大型補強だったMFエデン・アザールがハムストリングス負傷により数週間の離脱が決定。MFブラヒム・ディアス、DFフェルラン・メンディ、MFマルコ・アセンシオ、FWロドリゴ・ゴエスが戦線を離れ、クラブは野戦病院化の一途をたどっている。記事では「フランス人監督は、カスティージャからアルトゥーベ、クボ、フラン・ガルシアを招集した」と伝えている。

    負傷者が相次ぐ中、久保は開幕戦前にもトップチームの練習に参加したと伝えられたが、17日のリーガ・エスパニョーラ第1節セルタ戦は22人の招集メンバーから外れていた。ただし、ブラヒム・ディアスの負傷により、久保に白羽の矢が立つ可能性が再浮上している。

    8/21(水) 14:15配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-43470744-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/19(月) 09:25:20.23
    2019-08-19_09h46_11
    ブルゴス戦で先発フル出場を果たした久保。プレー以外でも存在感を発揮した。(C)Getty Images
    現地時間8月18日、レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)は、同じ2部Bに所属するブルゴスと開幕前最後のテストマッチを行ない、2-3で敗れた。

    【画像】久保建英の見事な“仲裁”シーンはこちら!


    先発フル出場を果たした久保建英は、19分に惜しいシュートを放つなど見せ場を作ったものの、決定的な仕事はできなかった。

    しかし、スペイン紙『AS』は、あるシーンでの久保の対応を取り上げ、称賛している。

    それは試合終了間際、競り合いでカスティージャのFWが肘打ちをしたとして両軍が揉み合いになった、その時だった。

    やや遅れて小競り合いの輪の中に入った日本代表FWは、ヒートアップする相手をスペイン語でなだめ、見事にその場を収めてみせたのだ。

    動画付きでこの場面を紹介した『AS』紙は、こう綴っている
     
    「クボは、ブルゴスとカスティージャの小競り合いに加わった愚か者かと思われたが、まったく違っていた。ゲーム中にあまり輝きを見せなかった日本人は、最後の口論の場面で、とても穏やかに行動していた。彼は平和な心を示したのだ」

    またこのシーンを見たファンからは、「ノーベル平和賞ものだ!」、「愚か者と純粋な日本人」、「彼に平和のバロンドールを!」といった称賛の声が寄せられている。

    プレー以外でも存在感を発揮した久保。次に求められるのは、やはりスペインでの初ゴールだ。

    8/19(月) 6:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00063010-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/19(月) 09:08:36.03
    18日3部ブルゴス戦でフル出場の久保、同点弾に絡み途中から2トップの一角でプレー
    レアル・マドリードBのカスティージャは、現地時間18日にスペイン3部ブルゴスCFとテストマッチを行い、先発フル出場した日本代表MF久保建英は同点弾に絡む活躍を見せたが、2-3で惜敗した。

    【動画】レアル久保建英、絶妙ダイレクトタッチで同点ゴールの起点となった場面
    https://www.football-zone.net/archives/211377/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=211377_6

    久保は4-3-3システムの右ウイングで先発するも、なかなかボールが回ってこない展開が続き、前半11分に先制点を献上。同19分には中央でフリーとなった久保が右足シュートを放つも、コースが甘くゴールならず。さらに同41分には久保がエリア内で倒されるも笛は鳴らなかった。

    前半アディショナルタイム、右サイドから縦パスが入ると、久保が囲まれながらもダイレクトタッチでスルーパスを通す。右サイドからクロスが上がり、最後は中央で合わせてレアルBが1-1に追いついた。

    後半に入るとレアルBが攻勢を強めて同17分に一度勝ち越すも、同25分にオウンゴールを献上して2-2に追いつかれた。久保は後半27分から2トップの一角としてプレーし、鋭いシュートも放ったがゴールならず。逆にレアルBは後半アディショナルタイムにPKを献上して決勝弾を奪われ、2-3で敗れた。

    25日にラス・ロサスとの3部リーグ開幕戦を控えるなか、チームは勝利を手にできなかったものの、最後のテストマッチでフル出場した久保は上々の存在感を放った。

    8/19(月) 3:56配信 フットボールゾーン
    2019-08-19_09h40_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211377-soccermzw-socc

    続きを読む

    news_282217_1

    1: 風吹けば名無し 2019/08/19(月) 02:39:33.66
    いじめ疑惑浮上

    2: 風吹けば名無し 2019/08/19(月) 02:39:55.27
    言い訳できてよかったやん

    3: 風吹けば名無し 2019/08/19(月) 02:40:30.71
    すげえ存在感だぁ…

    5: 風吹けば名無し 2019/08/19(月) 02:40:52.11
    頑張ってほしいわ

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/18(日) 10:41:36.06
    17日のリーガ・エスパニョーラ第1節、レアル・マドリーは敵地バライドスでのセルタ戦に3-1で勝利した。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、この試合で先発させて躍動感あるプレーを見せたMFガレス・ベイルが残留することを宣言した。

    マドリーで昨季終盤から戦力外扱いとなり、今夏での移籍が確実視されていたベイルだが、移籍先が見つかることなくクラブに留まり続けていた。そしてジダン監督は、このセルタ戦で同選手を先発起用。ウェールズ代表MFは特に前半に存在感を示し、1アシストを記録するなど、セルタ守備陣を自慢のスピードあふれるドリブルで幾度も切り裂いた。

    試合後、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューに応じたジダン監督は、そんなベイルが今季もマドリーでプレーすることを断言している。

    「ほかの全員と同じように彼はここにいる。今日のプレーには満足しているよ。彼はここに残る。ヴィニ(シウス)とベイルは良かったし、良い守備を見せてくれた。彼らは守備にも従事したために消耗が激しく、その後にはイスコとルーカス(・バスケス)が出場したが、彼らも良かったね」

    プレシーズンには疑惑の目を向けられていたマドリーだが、この公式戦では守備でも集中力を発揮して、まるで先の黄金期のようなパフォーマンスを披露。ジダン監督は確かな手応えをつかんでいるようだ。

    「良いプレーを見せて、勝利を収める……こういった形で始めることが大切なんだ。プレシーズンには、結果という面でこそ困難を伴ったが、仕事に励むという点では異なった。私たちは素晴らしい形で仕事に取り組んできたし、今日は良いプレーと勝利を味わうことができたね」

    「選手たちの奮闘には満足している。ボールを保持しているときだけでなく、守備でも素晴らしい仕事を実現できた。それが試合の鍵を握ったんだよ。後半には10人なってしまったが、それでもボールをサイドから逆のサイドまで動かして、良いプレーを見せられたね」

    その後、記者会見に出席したジダン監督は、再びベイル、さらには同選手と同じく戦力外と見られていたMFハメス・ロドリゲスについても触れている。

    「ベイルについて、1カ月前となぜ状況が変わったか? 何も変わってはいない。私はガレスもハメスも、すべての選手たちを信じている。彼らがこのユニフォームを守るために尽力してくれることをね」
    zinedine-zidane-real-madrid-2019-20_1kv7upx6wl3341ih8dps4g3dsw
    https://www.goal.com/jp/


    続きを読む

    2019-08-18_09h32_29

    1: 風吹けば名無し 2019/08/18(日) 07:35:27.17
    結局ベイルとベンゼマとカゼミロとクロースが活躍しただけ

    3: 風吹けば名無し 2019/08/18(日) 07:35:56.62
    これ去年のレアルやん…

    4: 風吹けば名無し 2019/08/18(日) 07:36:50.78
    ブンデス産ヨベッチは?

    6: 風吹けば名無し 2019/08/18(日) 07:37:53.64
    ベイル絶好調で草
    ハメスも活躍しそうやな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/17(土) 21:17:39.97
    スペイン1部のRマドリードは16日、敵地ビゴで17日に行われる今季のリーグ開幕節のセルタ戦の遠征メンバーを発表。日本代表MF久保建英(18)は招集されなかった。

    久保は開幕戦前日16日にトップチームの練習に参加したが、遠征メンバーには入らなかった。久保をめぐっては、Rマドリードは2部B(3部相当)に属するBチームでプレーさせる基本方針を示している。

    スペイン1部の他クラブに期限付き移籍する可能性も浮上しているが、ジネディーヌ・ジダン監督(47)は16日の試合前日会見で「久保はここの選手でRマドリードの未来だ。彼がこのクラブにいることを望む」と改めて評価し、久保のチーム残留を希望している。

    8/17(土) 10:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000035-sph-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/17(土) 09:23:19.43
    今夏にレアル・マドリーに加入したMF久保建英が開幕戦前のトップチームの練習に参加した。クラブの公式ツイッターが16日にトレーニングの動画をアップしている。

    久保は14日、カステージャ(Bチーム)で練習試合にフル出場。トップチームから招集外となっており、トップリーグでのプレー機会を得るために一時はバリャドリーに移籍する可能性も報道されていた。しかしスペイン『ムンドデポルティボ』によると、バリャドリーへの移籍は具体化せず。久保側の意向によりカスティージャに残留する流れが強まっていた。

    そんな中、17日に開催されるリーガ開幕戦の前日会見でジネディーヌ・ジダン監督が久保について発言。「久保はこのレアルで大きな未来が待っている。8月31日までは何が起こるかわからないが、私は久保がここに残ると信じている。ここでトレーニングをして成長することを期待している」と残留を願っていた。

    一方、クラブは野戦病院化の一途をたどる。今夏最大補強であるMFエデン・アザールがハムストリングス負傷により数週間の離脱に。また、FWロドリゴ・ゴエスやMFマルコ・アセンシオも戦線離脱中だ。

    レアルは16日のクラブ公式ツイッター(@realmadrid)で練習中の動画を公開。そこには久保がMFイスコやMFトニ・クロースとともにパス回しをする様子が映されていた。負傷者続出のクラブで久保に白羽の矢が立つ可能性はゼロではない。

    8/16(金) 22:16配信
    2019-08-17_10h22_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-43470575-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ