海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード

    1:久太郎 ★:2018/03/21(水) 18:23:05.00 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードがユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに接近したようだ。スペインメディア『アス』が19日に報じている。

    アルゼンチン代表に招集されなかったディバラは、インターナショナルウィークの休みを利用して、現在レアル・マドリードの本拠地マドリードに滞在している。同メディアによると、ディバラは代理人と共にレアル・マドリードの幹部と会ったようだ。

    同メディアは、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマール獲得が難しいと考えたレアル・マドリードが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルの退団した場合の補強ポイントとしてディバラをリストアップしたと伝えている。

    2022年までユヴェントスとの契約がある24歳のディバラは、今季リーグ戦で24試合に出場し17ゴールを記録。チームトップの得点を挙げ、首位を走るユヴェントスの主力選手として活躍している。
    2018-03-21_21h34_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00731699-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/21(水) 12:50:28.07 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードのポルトガル人スター、クリスティアーノ・ロナウドは自身が地球上最高の選手である事を公言し続けている。ポルトガル年間最優秀選手賞に当たる“キウナ・デ・オーラ”賞を2シーズン連続で受賞した後、クリスティアーノ・ロナウドは感謝のスピーチを行った際、自身の考えが変わっていない事を明らかにした。

    クリスティアーノはリスボンの「Pavilhao Carlos Lopes」で開催された授賞式でポルトガルサッカー連盟(FPF)、ポルトガルナショナルコーチ協会(ANTP)、プロサッカー選手会(SJPF)が授与する同賞のトロフィーを受け取った。

    UEFAの会長アレクサンデル・チェフェリンがクリスティアーノ・ロナウドに同賞を授与する役目を担った。クリスティアーノは最終投票でベルナルド・シルバ(マンチェスター・シティ)とルイ・パトリシオ(スポルティングCP)に競り勝った。

    「ご存知の通り、2017年は素晴らしい1年だった。再び個人、チームレベルの両方でね。そして私はそれを毎年感謝している。同じスピーチになるが、それは事実だ。

    代表とレアル・マドリードで個人、チームレベルの両方で信じられない1年となった。1年で5つのタイトルを勝ち取る事ができ、喜びに満ちた1年だった。

    5度目のバロンドール、2度目の”The Best”受賞、他に何を言う事ができる?」クリスティアーノ・ロナウドは壇上からそのように語った。

    「私の家族、4人の子供達に感謝している。3ヶ月間で4人に…これも1つのレコードだ。ピッチ内外でレコード記録が出るのが習慣的になり始めているよ」ロナウドはそのように冗談を言った。

    そして最後にこのように締めくくった。

    「毎年、ハードワークを行い、戦い、最高であり続ける必要がある。私より優れた選手は存在しない。人々は好きなように話す事ができるが、私はそれをピッチ内で証明している。」

    3/21(水) 11:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010004-sportes-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/20(火) 19:00:03.45 ID:CAP_USER9.net
    リバプールはFWモハメド・サラーに対する欧州各国強豪クラブからの2億ポンド(約300億円)に及ぶ入札と戦っていくことになると、20日の英紙サンが報じた。

    レアル・マドリード、バルセロナとパリサンジェルマンは、いずれもサラー獲得を狙っているという。

    同選手は今季43試合でこれまでに37ゴールを挙げてきた。サラーを残留させるためには移籍金世界記録を却下する必要がある。

    同選手を狙うクラブは、コウチーニョがバルセロナに1億4500万ポンドで移籍した事例を実際に見てきたことから、サラーにも当てはまると感じている。

    Rマドリードはサラーを獲得できるのであれば、チェルシーのエデン・アザール獲得からは手を引く予定だという。またバルセロナも同選手の獲得を画策している。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00155115-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    2018-03-19_12h00_11

    1:風吹けば名無し:2018/03/19(月) 09:37:55.27 ID:AkUSJh0xM.net
    リーガゴールランキングも2位まで上げてきた模様
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00010001-sportes-socc
    2:風吹けば名無し:2018/03/19(月) 09:38:16.58 ID:5SqqC0Kc0.net
    終わってないじゃん
    3:風吹けば名無し:2018/03/19(月) 09:38:38.97 ID:AkUSJh0xM.net
    得点王ありえる
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/03/19(月) 07:23:49.91 ID:CAP_USER9.net
    【レアル・マドリー 6-3 ジローナ リーガエスパニョーラ第29節】

    現地時間18日に行われたリーガエスパニョーラ第29節でレアル・マドリーはホームにジローナを迎え6-3で勝利を収めた。

    立ち上がりからホームのマドリーが優位に進めると11分にショートコーナーから最後はクリスティアーノ・ロナウドが決め先制する。その後もマドリーはチャンスを作るが得点を挙げられず、一方ジローナは左CKからストゥアニがヘディングでゴールを決め同点で前半を折り返す。

    後半はC・ロナウドのゴールショーとなる。47分にC・ロナウドがカリム・ベンゼマのスルーパスをダイレクトで合わせ勝ち越しゴールを決める。さらに59分、左サイドでボールを持ったベンゼマが中央に折り返しC・ロナウドの落としたボールをルーカス・バスケスがダイレクトでゴール左隅に決めリードを広げる。64分にはベンゼマのシュートをGKが弾きこぼれ球を詰めたC・ロナウドがこの日3得点目となるゴールを決め勝負を決める。

    その後68分にセットプレーからジローナがゴールを決めるも86分には途中出場のFWガレス・ベイルがダメ押し点を挙げる。試合終了間際に1点を奪われるも91分にC・ロナウドが4点目を決めジローナに大勝した。

    【得点者】
    12分 1-0 C・ロナウド(レアル・マドリー)
    29分 1-1 クリスティアン・ストゥアニ(ジローナ)
    47分 2-1 C・ロナウド(レアル・マドリー)
    59分 3-1 ルーカス・バスケス(レアル・マドリー)
    64分 4-1C・ロナウド(レアル・マドリー)
    67分 4-2 クリスティアン・ストゥアニ(ジローナ)
    86分 5-2 ガレス・ベイル(レアル・マドリー)
    88分 5-3 フアンペ(ジローナ)
    90+1分 6-3 C・ロナウド(レアル・マドリー)
    20180319_real_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/03/19/post261368/
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/17(土) 21:13:47.82 ID:CAP_USER9.net
    レバンドフスキのRマドリー移籍、個人間では合意か

    バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レバンドフスキとレアル・マドリードの間ではすでに移籍で合意に達していると、17日のスペイン紙ムンド・デポルティボが伝えたと、独紙ビルトが報じた。残るはBミュンヘンとのクラブ間交渉だという。

    ただ問題はレバンドフスキはBミュンヘンとの21年まで契約しており、クラブは手放すつもりはない。レバンドフスキは代表取締役カールハインツ・ルンメニゲと会長のウリ・ヘーネスに移籍の許可を取り付け、Rマドリードは最低でも1憶ユーロの移籍金を準備しなければならない。

    一方でドルトムントでオバメヤンやデンベレが起こしたストライキを、Bミュンヘンとしては何としても防ごうとしている。

    スペイン紙によると、レバンドフスキの新しい代理人ピニ・ツァハビとRマドリード会長の右腕ホセアンゲル・サンチェスとの間で何度も話し合いがあったという。2年契約+1年のオプション。年俸1600万ユーロでオファーされているようだ。また、Rマドリードののほかにパリサンジェルマン、アーセナル、チェルシーとも話し合いがあったようだ。

    レバンドフスキはRマドリード移籍を熱望しているが、レアルの第一候補はトットナムのハリー・ケーンだという。トットナム会長のダニエル・レビーはケーンを手放すつもりはなく、ケーン自身もイングランドを(まだ)去るつもりはないという。レアルはネイマールの獲得も画策中。こちらは19年までは可能性はないようだ。そうした流れからレアルはレバンドフスキに狙いを定めてきている。
    2018-03-17_21h25_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00152678-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/13(火) 08:28:25.36 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドはバイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表のFWロベルト・レバンドフスキに興味を持っているよう。

    先月、独メディア『スカイ』がレバンドフスキはバイエルンから提示された契約延長のオファーを断り、レアル・マドリーへの移籍に向けた交渉を行っていると報道していた。しかしここに来てユナイテッドが興味を示していると12日付けの独誌『キッカー』が報じている。

    現地時間10日に行われたブンデスリーガ第26節の対ハンブルガーSV(HSV)戦でハットトリックを決め今季のゴール数を「23」としたレバンドフスキは2位以下に10得点差をつけ独走態勢だ。またチームも次節には優勝が決まる可能性があるなどもはやドイツ国内にはライバルがいない状態だ。

    そんな29歳のストライカーが来季新たな挑戦をする可能性も十分考えられるかもしれない。

    ユップ・ハインケス監督は「バイエルンはヨーロッパの他のクラブと比べても特別なクラブだ。

    このチームでプレーする事は頂点を極めた事を意味する」と語っているが果たして来季のレバンドフスキはどのユニフォームでプレーをしているのだろうか。

    3/13(火) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180313-00260478-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/13(火) 01:58:00.26 ID:CAP_USER9.net
    過去にはウィングとして、テクニカルなドリブルを特徴としていたレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドだが、最近はストライカーのような役割に特化している。スペイン『マルカ』はその証拠として、今季の同選手のゴールの半分以上がワンタッチで決められていることを伝えた。

    今年2月で33歳となったC・ロナウドだが、年齢を重ねたことでプレーの質を変化させているようだ。

    C・ロナウドは今季ここまでに33得点を記録しているが、その内22点をワンタッチで決めている。ワンタッチでの得点率は、66.6%。特筆すべきは、2018年以降のワンタッチでの得点数である。今年1月以降に決めた17得点の内、ワンタッチでのゴールはじつに14点と、その得点率は82.3%まで跳ね上がる。

    レアル・マドリーにおいては、稀代のワンタッチゴーラーとして元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏の名が挙げられる。アトレティコ・マドリーで1回、その後に加わったレアル・マドリーで4回リーガエスパニョーラの得点王に輝いた同氏だが、最後に得点王となった1988?89シーズンには、38得点をすべてワンタッチで決めた。

    『マルカ』は、よりストライカー色を強くするC・ロナウドを、H・サンチェス氏の姿と重ね合わせている。なおポルトガル代表FWはレアル・マドリーで、8シーズン中7シーズンで40得点以上を記録。今季は、あと7点を決めればその数字に到達することになる。

    3/12(月) 21:22配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000024-goal-socc

    写真
    続きを読む

    2018-03-10_23h49_04

    1:みつを ★:2018/03/12(月) 01:50:51.65 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3166908?cx_position=34

    2018年3月11日 13:21 発信地:マドリード/スペイン
    【3月11日 AFP】17-18スペイン1部リーグは10日、第28節の試合が行われ、レアル・マドリード(Real Madrid)はクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が2得点の活躍をみせ、SDエイバル(SD Eibar)に2-1で勝利。ジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督は、2得点のエースを「別の銀河から来た」と称賛した。

    ロナウドのニアサイドへのシュートで先制したレアルは、エイバルのイバン・ラミス(Ivan Ramis)に同点ゴールを許したものの、迎えた後半39分、ロナウドが頭で決勝点を挙げた。

    ロナウドはこれで出場した直近の公式戦では7戦連発。その間の得点数は驚異の13得点にまで伸びた。33歳のロナウドは今季、クラブと代表をあわせて出場計37試合で35得点の成績を残している。

    ジダン監督は「私からすれば、彼は別の銀河から来た人間だ。点の取り方をわかっている。ほかとは違う、特別な選手だ。数字がすべてを物語っている」とコメントした。

    この勝利で、レアルは2位アトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)との勝ち点差を暫定で4ポイントに縮めた。アトレティコは11日にセルタ(Celta de Vigo)をホームに迎える。敗れたエイバルの順位は8位で変わっていない。(c)AFP
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/11(日) 13:31:13.53 ID:CAP_USER9.net
    スペイン新聞『ABC』によれば、ネイマールはパリ・サンジェルマン(PSG)の欧州チャンピオンズリーグ敗退が確定した3月6日から、代理人の父親にPSGとの契約の終了を願い、レアル・マドリードとの交渉を進めるように促しているという。そして、PSGのユニフォームを着用しないことを告げたという。

    同メディアによれば、ネイマールは既に再びPSGでプレーしないことを心に決めているという。

    右足首の骨の裂傷により、ネイマールは今後1か月半の間療養を必要とするが、その期間を利用しPSGのアル・ケライフィ会長やマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長と交渉するという。いずれにせよ移籍の交渉は簡単には進まないだろう。

    この交渉をより容易にするために、年俸の受け取りを自ら辞退する可能性もある。

    PSGのサポーターたちから心理的なダメージを受けているネイマールは、身内に次のように語っているという。「この伝統の無いリーグでヤジの口笛を飛ばされるくらいなら、もうここに居たくない。」

    マドリーはこのネイマールのシチュエーションを心得ており、違約金2億5,000万ユーロ(約328億円)を支払う準備がある。しかし違約金は最大3億ユーロ(約394億円)まで上昇する可能性があるために、ガレス・ベイルやベンゼマを差し出すことで、値下げ交渉を行うだろう。

    3/11(日) 13:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00010003-sportes-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ