海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード

    2014-06-12_16h22_55
    インテルに所属する日本代表DF長友佑都が多くのビッククラブから興味を持たれているようだ。現地時間12日に開幕するブラジルW杯において、日本は14 日に初戦を迎え、コートジボワールと戦う。2010年南アフリカW杯での活躍からチェゼーナへ移籍し、半年後にはインテルへ"電撃移籍"した長友。今大会 後も活躍次第では、更にステップアップする可能性も出てくる。4年前の再現となるか。

     既に長友獲得へ名前が挙がっているクラブが3つある。『europacalcio』によると、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイ テッド、トッテナム、レアル・マドリーの3クラブが既にインテルへ連絡しているという。とはいえ、インテルのエリック・トヒル会長は長友の放出に難色を示 しているようで、各クラブが長友を獲得するためには、2500万ユーロ(約35億円)が必要だとみられる。

     日本代表では長友以外にも、DF内田篤人(シャルケ)はアーセナル移籍がささやかれ、FW柿谷曜一朗(C大阪)やFW斎藤学(横浜FM)は欧州挑戦が噂 される。しかし、いずれもこれから開幕するW杯での活躍があってこそのもの。まずは14日のコートジボワール戦での活躍に期待がかかる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140612-00136296-gekisaka-socc
    続きを読む

    179136_heroa
    レアル・マドリーがリヴァプールFWルイス・スアレスの獲得に動き出した。9000万ユーロ(約126億円)のオファーを提示したのである。これは最初のオファーでしかない。

    印象としては、スアレス獲得に向けて再び動きがあるようだ。MFガレス・ベイルのときと同じようになる可能性もある。ベイルは昨夏、1億100万ユーロ(約141億3000万円)でトッテナムからレアルに移籍した。

    この驚きの金額を報じたのはスペインメディア、特に『Marca』だ。スアレスの名前は数日前から、カルロ・アンチェロッティ監督が来季に向けた補強のファーストチョイスとして報じられていた。チャンピオンズリーグ優勝の“ご褒美”のようなものだ。

    レアルが冗談を言っているわけではない。これだけの金額のオファーとなれば、リヴァプールのブレンダン・ロジャース監督にとっても、抗うのは難しいことだろう。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8908407/
    続きを読む

    tumblr_mkygby8GBh1qjbs1co1_500
    レアル・マドリーはチャンピオンズリーグ優勝でカルロ・アンチェロッティ監督に渡すプレゼントに、マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロを選んだようだ。

     『Daily Star』をはじめとするイギリスのメディアは、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長がマンCに対し、アグエロ獲得オファーを提示したと報じている。

    これによると、レアルはマンCに7300万ユーロ(約101億円)を提示しているという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8884478/
    続きを読む

    2014-05-28_11h14_22
    チャンピオンズリーグ決勝、アディショナルタイムにセルヒオ・ラモスが劇的同点ゴール
    を決めた瞬間のレアル・マドリードファンの反応をまとめた動画です。
    嬉しくて泣き出す子供や部屋の窓を開けて外に「ゴール!」と叫ぶおっさんとか笑えますw



    続きを読む

    2014-05-25_08h08_37
    CL優勝でハイテンションなマルセロ、セルヒオ·ラモス、ペペ、サミ·ケディラ、ルカ·モドリッチが
    アンチェロッティ監督の記者会見に乱入(笑)




    続きを読む

    2014-05-25_06h35_46
    【スコア】
    レアル・マドリード 4-1(延長) アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    0-1 36分 ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)
    1-1 90分+3分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    2-1 110分 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
    3-1 118分 マルセロ(レアル・マドリード)
    4-1 120分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

     2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が24日に、ポルトガルのエスタジオ・ド・SLベンフィカで行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが対戦した。

     史上5回目の同国対決となった決勝は、同都市を本拠地とする“マドリード・ダービーとなった。リーグ戦ではアトレティコが18シーズンぶりの優勝を果た し、レアルは3位で終えている。レアルは2001-02シーズンに優勝して以来、12シーズンぶりのCL決勝となり、クラブの悲願である10度目の欧州制 覇を狙う。アトレティコは1973-74シーズン、チャンピオンズカップ時代にバイエルンに敗れて以来、40年ぶり2度目の決勝で初優勝を目指す。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140525-00192710-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-05-24_15h23_22
    (一部抜粋)

     今季リーガ・エスパニョーラでバルセロナとの戦いを制し、1996年以来のスペイン王者となったアトレティコ。今度はレアルという強敵を相手にCL制覇 を見据える。二冠の懸かる大一番だが、23日に記者会見に臨んだMFチアゴは、横にディエゴ・シメオネ監督がいる状況で本音を語るのは難しいとジョークで 対応。リラックスした様子を見せた。

     その上でチアゴは「僕らにとって、クラブにとって、彼は神のような存在だ。彼はこのクラブにやってきてすべてを変えた。彼が僕らに何か話すと、それが叶 うんだ。僕らは彼にとことんついていく。橋から飛び降りろと命令されても、みんな従ってしまうだろうね。彼はフットボールへの見識が非常に深い。僕らは監 督についていく。彼が監督でいてくれることを僕らはとても誇りに思っている」と賛辞を送った。

    全文は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140524-00000017-ism-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ