海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レアル・マドリード


    2015-05-22_06h29_40

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 00:37:45.58 ID:???*.net
    レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマが、無免許運転をしたとの報道に反論している。20日付のフランス・メディア『ユーロスポーツ』など各メディアが報じている。

    スペイン紙『マルカ』によると、ベンゼマは自慢のロールス・ロイスに乗り込みマドリード市内のバラハス空港付近を運転していたところ、警察に呼び止められ免許の提示を求められた。しかし、同選手は免許を携帯しておらず、罰金を科せられることとなったようだ。

    ベンゼマが交通ルールを守らなかったのはこれが初めてではない。2013年3月にはスピード違反により1万8000ユーロ(約242万円)の罰金と、18カ月の免許停止処分を受けていた。

    ただし、ベンゼマの免許はすでに効力を回復している模様だ。同選手は、一部のメディアが同選手が現在も免許停止処分を受けていて、無免許運転をしていたと報じたことに対しては反論し、自身の公式インスタグラム上に運転免許証を手に持った写真をアップ。フランスの作家アナトール・フランスの言葉を引用し「嘘がなければ、人は絶望と退屈で死んでしまうだろう」とコメントし、報道がデタラメだと主張している。

    5月21日(木)15時56分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150521-00314534-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432222665/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/21(木) 18:36:02.38 ID:???*.net
    今季無冠

    レアル・マドリードが、カルロ・アンチェロッティ監督との来季契約を解除することが明らかになった。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

    イタリアの名将は2年間の在任期間でUEFAチャンピオンズリーグ、国王杯、欧州スーパーカップに加え、クラブワールドカップで数々のタイトルをクラブへともたらした。

    だが、今季は終盤戦に失速。リーグ、国王杯、CLで優勝を逃し、メディアからも批判が集まっていた。

    サポーターと、主力選手は残留を求めていたが、アンチェロッティ監督は5月23日の今季最終戦のへタフェ戦翌日、フィオレンティーノ・ペレス会長 と会談。

    16年6月30日まで残されていた契約を解除するもようだという。

    アンチェロッティ監督は来季1年間休養する方針と伝えられている一方、

    レアルの後任候補にはナポリのラファエル・ベニテス監督とドルトムントのユルゲン・クロップ監督が浮上している。
    2015-05-21_19h33_15
    Soccer Magazine ZONE web 5月21日(木)17時47分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150521-00010009-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432200962/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/21(木) 15:47:53.30 ID:???*.net
    スペイン紙『アス』が行ったアンケート調査の結果、レアル・マドリーサポーターの64%はGKイケル・カシージャスより、加入が濃厚と言われるマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアを優先する様だ。

    長年マドリーとスペイン代表の守護神を務めてきたカシージャスは今季、何度もベルナベウの観客からブーイングを浴び、以前のような絶対的な支持を失いつつある。

    同紙のアンケート結果でも見られるように、ファンはカシージャスより次世代を担うと見られているデ・ヘアに期待を膨らませているようだ。
    2015-05-21_18h03_00
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150521-00010023-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432190873/

     
    続きを読む

    レアル・マドリーFWカリム・ベンゼマは無免許運転で検挙され、重い罰金処分を科されることになるようだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えている。

    同メディアによれば、ベンゼマは19日朝にマドリッドの空港付近でロールスロイスを運転していた際に免許提示を求められたが、保持していなかった。ベンゼマは自宅に忘れてきたと主張したが、警察が確認したところ、2年前に免許停止となってから免停解除のための講習を受講していなかったとのことだ。

    ベンゼマは2013年3月に制限時速100kmの道路を時速194.4kmで走行したとして、罰金1万8千ユーロおよび8カ月間の免許停止処分を受けていた。その後に一度無免許運転があったため、今回が3度目の違反とのことだ。

    『カデナ・セール』は専門家による話として、ベンゼマには多額の罰金が科される見通しだとしている。もし今後もう一度一度無免許運転をして3度目となった場合には、禁錮刑はほぼ避けられないようだ。
    2015-05-20_18h07_07
     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 22:13:02.51 ID:???*.net
    現地17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第37節、アウェーでエスパニョールに4-1で勝利したものの、首位バルセロナから4ポイント差の2位で変わらず、最終節を残して優勝の可能性が無くなったレアル・マドリード。

    この結果、今シーズンの主要タイトル(リーガ、コパ・デル・レイ、CL)で無冠に終わることが決定したチームの戦いを、カルロ・アンチェロッティ監督が総括した。

    前節バレンシア戦での審判への侮辱行為により2試合のベンチ入り禁止処分を科され、この日はスタンドからの観戦にとどまったアンチェロッティ監督。

    試合後の会見では、「まずはタイトルを獲得したバルセロナとルイス・エンリケ監督を祝福したい」と切り出しながら、優勝を逃した今シーズンが失敗だったことを素直に認めた。

    「我々の今シーズンの評価はポジティブではない。レアル・マドリードは常にタイトル獲得が義務付けられており、それに届かなかったのだからね。前半戦は上手く戦えたが、後半戦は苦しめられた」

    アンチェロッティ監督はまた、シーズン中盤から失速した原因として故障者の続出を挙げると同時に、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの2度に渡る長期離脱を嘆いた。

    「負傷者の数々、とりわけモドリッチの離脱が痛かった。我々はイスコ、ハメス・ロドリゲス、トニ・クロースを起用したシステムでも良いプレーをして勝ち星を積み重ねた。しかし、モドリッチをほぼ1年間欠いたのは大きなダメージだった」
    2015-05-18_23h28_20
    5月18日(月)21時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150518-00313756-soccerk-socci
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431954782/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 13:39:52.92 ID:???*.net
    レアル・マドリーの副主将DFセルヒオ・ラモスとFWクリスティアーノ・ロナウドの関係がここ1週間で悪化したという。スペインTV『ラ・セクスタ』が15日に伝えている。

    事の発端は5日、マドリーがアウェイでユベントスと対戦したチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグだった。

    同局によればラモスは試合後、ロッカールームでC・ロナウドに「自分のゴールだけ決めて他はほったらかしにしてはいけない。チームの為にもっと犠牲になるべき」と、同選手の守備での貢献度の少なさを非難したという。

    しかし両プレーヤーは4日後、リーガ第36節バレンシア戦が終わった後も再びロッカールームで衝突した模様だ。チームの大黒柱2人の間に緊張感が漂う中、CL準決勝2ndレグでもまたもや事件は起こった。

    ラモスはクリスティアーノがPKを決めた後、スタンドに向けたジェスチャーを注意し、試合終了後に観客に挨拶もせずにロッカールームに行ってしまったことにも不満を抱いたという。

    スペイン代表DFとポルトガル代表FWは互いに尊敬し合う間柄だったが、溝は深まっていくのか。今後の両者の動向が注目される。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150517-00010025-footballc-socc

    写真 DFセルヒオ・ラモス
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431923992/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 09:34:00.53 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアがレアル・マドリー移籍に個人合意したと15日スペイン紙『マルカ』が報じた。これにより欧州のGKに大きな動きがありそうだ。

    今夏はレアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督を筆頭に指揮官の大移動が見込まれているが、GKもまたビッグディールが連発するかもしれない。

    デ・ヘアがマドリーに移籍した場合、気になるのは現正GKのイケル・カシージャスの去就だ。既にサポーターとの関係は破綻しているとみられており、アーセナルが獲得に動いていると報じられている。

    それでも、カシージャスは生まれ育ったマドリーに留まることを決意しているともされ、その場合はアーセナルはレジェンドGKピーター・シュマイケルの息子であるレスターのキャスパー・シュマイケル獲得を狙っている。

    一方、デ・ヘアの代役にユナイテッドが狙っているのはトッテナムのユーゴ・ロリスだ。同選手の契約には、来季トッテナムがCL出場権を獲得できなければCL出場権を持つクラブに移籍しやすくなる条項が含まれているとされている。スパーズは今季限りでのブラッド・フリーデル引退が決定したばかり。代役にはアルメリアのフリアン・クエスタ獲得を狙っているとされている。

    また、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは守護神サミール・ハンダノビッチの移籍が噂されている。ロリスと同じくCL出場を望む同選手はローマが獲得を狙っているとの噂だ。インテルは後釜としてチェルシーで出場機会を失っているペトル・チェフに標準を合わせているという。

    最後に“出戻り”となりそうなのが、バイエルン・ミュンヘンのホセ・マヌエル・レイナだ。絶対的守護神マヌエル・ノイアーの壁は厚く、来季ナポリへの復帰が噂されている。こちらはラファエル・ベニテス監督の去就も大きく影響しそうだ。

    指揮官とともに大移動が見込まれる欧州サッカーGK市場。今後の動きに注目が集まる。
    2015-05-17_17h35_09
    5月17日(日)9時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150517-00010008-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431822840/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/16(土) 10:35:17.90 ID:???*.net
    レアル・マドリーのFWベイルのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍報道が勢いを増している。

    『ミラー』はユナイテッドが今夏の補強候補の筆頭にリストアップしているとし、8000万ポンド(約150億円)とも言われる移籍金の捻出のために、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーとアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの放出を本格的に準備し始めたと伝えた。

    ディ・マリアの交渉先は、昨年も獲得に乗り出していたパリSGが有力。V・ペルシーに関しては具体名は挙がっていないが、ユベントスやインテルといったイタリアのクラブが関心を示していると報じられている。

    ベイルは13年夏にの移籍でトッテナムからレアル・マドリーへ史上2位の移籍金である9100万ユーロ(約120億円)で加入。移籍1年目となった2013-14シーズンは欧州CLの決勝でゴールを記録するなどしたが、今季は思うような結果を残すことはできず。リーガでは30試合に出場し、13得点を挙げているものの、周囲の評価はなかなか上がらない状況にある。

    また、一部メディアはチーム内でも言葉の問題から居場所がないと報道。さらにベイルの家族が、すでにイングランドへ戻る準備を始めたとも伝えられている。

    13日の欧州CL準決勝後に、「来年、また挑戦するよ」と意気込みを語っていたベイルだが、来季は赤い悪魔の一員として覇権を争うことになるのだろうか。
    2015-05-16_11h35_41
    5月15日(金)19時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00550093-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431740117/

     
    続きを読む


    2015-05-15_22h08_27
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 21:25:50.28 ID:???*.net
    合計スコア2-3でユヴェントスに敗れ、チャンピオンズリーグから敗退したレアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督は、自身の将来は不透明であることを認めた。

    今シーズン、レアル・マドリードは無冠に終わる可能性が高く、ミラン、チェルシー、 パリSGでも指揮を執ってきたアンチェロッティ監督の立場は微妙なものになっている。

    レアル・マドリードは、土曜日のバレンシア戦、2-2のドローに終わり、ラ・リーガ2試合残した時点で、首位のバルセロナとは4ポイント差がついている。

    また、コパ・デル・レイでは、アトレティコ・マドリードに敗れている。

    「来シーズンも、ここにいるかどうかはわからない」と、将来についての質問にアンチェロッティ監督は答えた。

    「今は、将来について考える時期ではない。CLの敗退が決まって、みんな失望している状況だ」

    「リーグ戦は、まだ2試合残っていて、できるだけ良い成績で終わりたい。将来について考えるのはそれからだ」とアンチェロッティ監督は述べた。

    アンチェロッティ監督とレアルの契約は、2016年6月で切れるが「クラブが私の仕事に満足しているなら、そのままだ。もしそうでないなら、クラブが考えるだろう」とアンチェロッティ監督。

    「私としては残りたい。ただ、私はフットボールの世界についてはわかっているし、もしクラブが満足していないなら、監督を代えるのは当然だろう」

    レアル・マドリードやユヴェントスでプレーしたジネディーヌ・ジダン氏は、先週、UEFAのプロライセンスを取得、アンチェロッティ監督の後任と目されている。

    一方、アンチェロッティ監督も、マヌエル・ペジェグリーニ監督が解任された場合、その後を継いでマンチェスター・Cの指揮を執るのでは、と噂されている。

    BallBall 5月15日(金)18時34分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00010003-ballball-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431692750/

     
    続きを読む

    no title
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 23:01:18.36 ID:???*.net
    5.13 欧州CL準決勝 R・マドリー1-1ユベントス]

    レアル・マドリーは13日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の準決勝第2戦でホームにユベントスを迎え、1-1で引き分けた。第1戦で1-2と敗れていたレアルは2戦合計で2-3と逆転することができず、2年連続の決勝進出はならなかった。

    この試合で遠い位置から果敢にシュートを放つなど積極性を見せていたMFガレス・ベイル。決勝進出へ最後まで諦めない姿勢を見せたにも関わらず、英紙『インデペンデント』によると、ベイルが自家用車で本拠地サンチャゴ・ベルナベウを離れる際にファンからブーイングを浴び、野次を飛ばされたという。

    この様子は動画サイト『YouTube』にもアップされており、ベイルが車を運転しながら、苛立った表情で罵倒するファンを見つめている様子が見られる。また、ベイルは間違った方向に進もうとしてしまい、警官から指示され、慌ててハンドルを切り、今度はミニバスに接近するなど踏んだり蹴ったりな様子だった。

    ベイルは英紙『デイリー・メール』によると、英語しか話すことができず、スペイン語でコミュニケーションを取るチームで孤立しているとも報じられている。マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が目前に迫っていると噂されているが、ベイルにはレアルでの居場所はもうないのだろうか。

    ゲキサカ 5月14日(木)22時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150514-00546310-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431612078/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ