海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レオ・シルバ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/14(土) 18:50:51.65 ID:CAP_USER9.net
    鹿島の新ブラジル人トリオが14日、茨城・鹿嶋市内で行われた若手中心の自主練習に初参加し、いきなり午前、午後の2部練習を実施して意識の高さを示した。

    チームの始動は17日からだが、午前は筋力トレーニングや、ランニングなど約1時間半。午後は薄暗い中で選手は3人だけで、スタッフとランニング。石井監督も見守る前で、ピッチが2面とれるグラウンドの外周12周を快走し、「想定よりも速い。ビックリ」と新任の里内フィジカルコーチを驚かせた。

    初来日のMFレアンドロ(23)は元ブラジル代表だ。13年4月のボリビア戦で代表初出場初得点を決めた。グレミオ、パルメイラス、サントスなどの名門で主力として活躍を続け、昨季はコリチーバで25戦5得点。ドリブル突破などを武器に中盤からの得点力を期待されており「ジーコも関係していてブラジル人なら誰でも知っているクラブ。もちろんセレソン(ブラジル代表)は狙いたいが、鹿島のチームメートと良いシーズンを過ごすことが一番大事。長く日本でプレーしたい」と意欲を見せた。

    昨季は神戸で29戦11得点で完全復活したFWペドロ・ジュニオール(29)は、J1だけで6クラブ目となる。得点力に加えて、周囲を生かす動きも得意。「私は日本で成長してきた。日本人、ブラジル人みんなで、鹿島がまだとれていないACL(アジア・チャンピオンズリーグ)のタイトルをとりたい」と初制覇を目標に掲げた。

    新潟のボランチとして、4季で122試合16得点と、攻守で存在感を示してきたMFレオ・シルバ(31)は、14年には全選手最多得票を集めてベストイレブンに輝いた実力者だ。練習後には大好物と公言している亀田製菓の「ハッピーターン」をサポーターからプレゼントされ「ハッピーだよ。頑張れる」と日本語で感謝した。

    MF柴崎岳は今冬の欧州移籍を目指しているが、J1と天皇杯を制した現有勢力は、ほとんど変わらない。エースFW金崎夢生や、DFリーダーの昌子源を中心し、新加入のブラジル人3人が主力を形成できれば、優勝候補筆頭は間違いない。今月22日にはタイ遠征に出発し、同31日からは宮崎合宿を予定。2月25日のJ1開幕となる東京戦(カシマ)に向け、準備を進める。
    2017-01-14_20h03_35
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-01765275-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 12:20:08.56 ID:CAP_USER9.net
    J1王者の鹿島アントラーズは30日、アルビレックス新潟からMFレオ・シルバ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。レオ・シルバは2013年に新潟へ加入。すぐに中盤の要として定着し、今季はJ1リーグ戦32試合に出場し、5得点を挙げていた。

    レオ・シルバは鹿島のクラブ公式サイトを通じて「アントラーズには素晴らしい歴史があり、数々のタイトルを獲っている偉大なクラブです。僕も全力を尽くして、チームが成長し続けられるように努力し、タイトル争いをして、クラブの歴史に沢山のタイトルを残したいと思います。そして、アントラーズのユニフォームに袖を通してきた偉大なブラジル人達である、ジーコ、レオナルド、ジョルジーニョのように成功できるよう頑張ります」とコメント。

    また、新潟のクラブ公式サイトでも「4年間、良い時も苦しい時も、僕のことを常に後押ししてくださった皆様に本当に感謝しています。このクラブで僕は努力してきました。そしてクラブも僕を常に後押しし、支えてくれました。僕に日本でプレーするという扉を開けてくれたアルビレックス新潟ならびにクラブ関係者の方々に感謝します。 このたび僕はこのクラブを離れることになりましたが、皆さんが僕のために歌ってくれていたレオ シルバの歌は忘れません。 本当にありがとうございました! 」と感謝を伝えている。

    以下、クラブ発表プロフィール

    ●MFレオ・シルバ
    (HUGO LEONARDO SILVA SEREJO)
    ■生年月日
    1985年12月24日(31歳)
    ■身長/体重
    181cm/75kg
    ■出身地
    ブラジル
    ■経歴
    クルゼイロ-イパチンガ-ボタフォゴ-グアラチンゲタ-ポルトゲーザ-新潟
    ■代表歴
    U-20ブラジル代表
    ■個人タイトル
    2014 Jリーグベストイレブン
    2013、2014、2015、2016 Jリーグ優秀選手賞
    ■出場歴
    J1リーグ:122試合16得点
    カップ戦:21試合2得点
    天皇杯:6試合2得点
    2016-12-30_14h34_45
    ゲキサカ 12/30(金) 11:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-01635174-gekisaka-socc
    続きを読む

    2016-12-03_22h53_00

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/04(日) 11:20:10.18 ID:CAP_USER9.net
    鹿島が今オフ、大量補強に乗り出すことが3日までに分かった。強化責任者を務める鈴木満常務は「来年以降は戦力を上積みして、力で勝ち取る形のチームに進化させていきたい」と説明。新潟からMFレオ・シルバ(30)、神戸からFWペドロ・ジュニオール(29)、湘南からDF三竿雄斗(25)を獲得することで、それぞれのクラブ、本人と基本合意。福岡FW金森健志(22)にもオファーを出し、獲得が濃厚だ。さらに即戦力の韓国人GKの獲得を目指している。

    来季は2年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグに出場することが決定。アジア初制覇を目指すとともに、優勝賞金が増額されるリーグ連覇を狙える布陣を整える。

    来季38歳を迎えるMF小笠原、海外移籍を目指すMF柴崎がプレーするボランチには、実績十分のレオ・シルバを補充。決定力不足解消に今季11得点のペドロ・ジュニオール、手薄だった左サイドバックには鹿島MF三竿健斗の兄・雄斗で厚みを加える。

    スポーツ報知 12/4(日) 6:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000047-sph-socc

    さらばアビスパ-。来季J2に降格する福岡の元U-23(23歳以下)日本代表FW金森健志(22)が、年間王者のJ1鹿島に完全移籍することが3日、本紙の取材で分かった。既に両クラブ間で基本合意に達しており、近く発表される。「博多のプリンス」として福岡で絶大な人気を誇るイケメンドリブラー。クラブは慰留に努めたが、最終的には在籍4年間での貢献度と、新たな環境での成長を求める本人の意思を尊重した。今後は、最短1年でのJ1復帰へ新戦力の補強を急ぐ。

    ■あすから3日間 練習で最後勇姿

    悩み抜いた末の決断だった。金森は地元アビスパへの愛着が強く、強豪鹿島からオファーを受けてからは自問自答の日々。本紙の取材に「J1で戦いたいし、自分を必要としているところでプレーしたい。ただ、福岡を降格させた責任も感じる」と口にしていた。しかし、関係者によると、既に移籍の意思を両クラブに伝えたもよう。5日から3日間、福岡市の雁の巣球技場で行われる若手主体の練習が「アビスパ金森」の最後の勇姿になりそうだ。

    移籍の選択は、伸びしろのある金森にとってプレーヤーとしての可能性を広げるチャンスでもある。これまで年代別日本代表に名を連ね続けながら、本大会目前でリオデジャネイロ五輪の代表から落選。いいようのないショックを振り払い、フル代表入りへ、気持ちを切り替えた。

    この日はJ1年間王者を決める明治安田チャンピオンシップ決勝第2戦が行われ、鹿島が浦和を倒してチャンピオンとなった。常にタイトルを争うビッグクラブ。競争は激しいが、「ハリルジャパン」に招集された実績のあるMF金崎夢生(27)らとのレギュラー争いを勝ち抜けば、おのずとフル代表入りは近づく。リオ五輪代表でフル代表入りも果たしている同世代のDF植田直通(22)やMF柴崎岳(24)、MF土居聖真(24)ら、若手が着実に成長している点も決断を後押ししたとみられる。

    金森は福岡・筑陽学園高から入団した2013年に37試合で6得点。昨年までのJ2での3シーズン、99試合で21点をマークした。J1に昇格した今季は33試合で4得点。6月5日のYBCルヴァン・カップ1次リーグ新潟戦で初の1試合2ゴールを決めてクラブ初の8強に導き、同18日のJ1第1ステージ川崎戦でも2ゴールを決めて川崎のステージ初優勝を阻んだ。

    甘いルックスで、アビスパの選手では唯一個人でテレビCMに出演するなど、地元で絶大な人気を誇る。1年でのJ1復帰を目指すアビスパにとって、金森を失うことはピッチ上の戦力面だけでなく、集客面でも打撃となる。

    ただし、福岡との契約を1年残した状況で完全移籍することで、鹿島から福岡へ違約金が支払われることになる。これは新戦力補強の資金となるだけに、金森が“最後”の恩返しをした格好だ。福岡は、既に金森と同じポジションでJ1神戸に期限付きで移籍しているFW石津大介(26)に対して復帰を要請しており、今後も補強を進める。


    ◆金森健志(かなもり・たけし)1994年4月4日生まれの22歳。福岡市出身。福岡・筑陽学園中2年時に全国中学大会で準優勝。筑陽学園高から2013年に当時J2の福岡に入団。甘いルックスでサポーターの人気も高く、城後主将の「キング」にちなみ「プリンス」と呼ばれている。ブラジル代表FWネイマール似で「博多のネイマール」も愛称。171センチ、69キロ。

    http://www.nishinippon.co.jp/nsp/avispa/article/293466
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/04(金) 05:49:57.05 ID:CAP_USER9.net
    J2降格の名古屋は、1年での返り咲きを目指し、水面下では着々と強化が進んでいる。クラブ関係者によると、来季の人件費はJ1在籍時と同じく20億円前後を見込んでおり、今季途中に復帰した闘莉王に延長オファーを出す方針を固めた。

    闘莉王は「今後は何も…考えていないですね。(復帰してからの)7試合に人生を懸けてきた。この7試合にいろんな思いを懸けてやってきただけに、心の中で整理がつかない」と言葉を選んだ。また、攻守の要となるボランチには今夏も獲得に動いた新潟MFレオ・シルバ(30)に、正式オファーを出したことが判明。J2降格により流動的な側面はあるものの、既に仮契約を済ませており、加入ならば大きな戦力になる。
    2016-11-04_14h05_29
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000002-spnannex-socc
    スポニチアネックス 11/4(金) 5:37配信
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 23:35:02.92 ID:???*.net
    亀田製菓の「ハッピーターン」があまりにも大好きなブラジル出身サッカー選手の存在が、Twitterで話題になっている。所属チームの公式サイトで「美味しくて感動した新潟の料理」をハッピーターンと回答。エルゴラッソの選手名鑑では、「ハッピーターンをこよなく愛するワールドクラスのスーパーボランチ」と紹介されているほどだ。
    CStMPPnUsAAuVYk
    その選手とはアルビレックス新潟で活躍するレオ・シルバ選手。ポジションはボランチで、2013年度はJリーグ最高のボール奪取数を記録。14年度はJリーグベストイレブンに選ばれるなど選手としての能力は非常に高く、元日本代表の名波浩氏は「ボールアプローチのセンスが抜群」と評価している。

    その一方でハッピーターン好きがよくネタにされる。アルビレックス新潟の胸スポンサーが亀田製菓ということもあり、「ハッピーターンのためにクラブに残留している」と揶揄されることも。同じチームのラファエル・シルバ選手に、"横流し"していることも突き止められているが、一体どのようにハッピーターンを入手しているのか。

    アルビレックス新潟の広報担当者に聞くと、「おそらく、去年の試合でマンオブザマッチに選ばれた際に1年分のハッピーターンを入手したので、それを食べまくっているはずです。それでも食べきれないので、ラファエル選手にも配っているのだと思われます」
    と答えてくれた。

    レオ・シルバ選手のハッピーターンに対する思い入れは特別なものがあるが「今まで我々のチームに在籍したブラジル人選手は、甘いお菓子が好きな傾向があり、ハッピーターンが好きな選手も多かったです。韓国人の選手に関しては柿の種を好んで食べていました」
    という。…

    どうやら外国人選手にも亀田製菓のお菓子はウケが良いらしい。

    亀田製菓はアルビレックス新潟創設時から19年間スポンサーを続けていて、マンオブザマッチの商品のほか、キャンプ時にはお米やお菓子を差し入れ、クラブハウスにもお菓子を提供している。さらには5月の主催試合で行われる『亀田製菓サンクスデー』では観客にお菓子を配っているそうだ。

    「そんなにブラジル人選手にハッピーターンのウケがいいなら現地でも売れるのではないのか?」と、ブラジルで事業展開の予定はあるか亀田製菓に問い合わせると、「現在アメリカ・中国・タイなどでは事業展開を行っているのですが、今のところは当社がブラジルに進出する予定はございません。レオ・シルバ選手に好評ということもあり、ハッピーターンをブラジルで売ってみたら確かに面白そうですが、市場規模が見えないので今のところ進出は難しそうです」ということだった。

    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1446609514727.html?_p=2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446734102/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ