海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レコバ

    1:Egg ★ :2017/10/04(水) 13:50:12.17 ID:CAP_USER9.net
    バルサの10番はやはり別格か

    かつてインテルなどで活躍した元ウルグアイ代表の魔法使い、アルバロ・レコバ氏が“史上最高のフットボーラー”について自身の見解を述べている。

    カルチョ全盛期を謳歌し、名門インテルで240試合以上に出場したレジェンドがTV番組『Jaque y Mate』に出演。そのファンタスティックな左足でセリエAを熱狂させた男は、同インタビューにおいて、バルセロナで活躍するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシこそがフットボール史上最高のプレイヤーだと断言した。

    「ものすごくハイレベルな争いだが、歴代でNo.1の選手はメッシだ。ディエゴ・マラドーナには申し訳ないが、実際のところ彼のプレイは少ししか見ていない。もちろんマラドーナもペレやその他の選手と同様に間違いなくベストの1人だと思うよ」

    長い年月を経ることでレコバ氏の指摘は正当化されるかもしれない。

    「15~20年の月日が経てば、おそらく人々はメッシを史上最強の選手として見なすことになるはずだ」

    多くの称賛と敬意、そしてあらゆる個人賞を総なめにするメッシ。やはりこの小柄な10番こそ、全てを見下ろすことのできるNo.1プレイヤーと言えるかもしれない。

    10/3(火) 17:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010008-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 22:55:51.87 ID:CAP_USER*.net
    彼らには運が欠けていたのか

    サッカー界のトップに登り詰めるには、努力はもちろん、才能も必要だ。しかし圧倒的な才能がありながら期待されたほどの活躍を残せず表舞台から去っていく選手も数多く存在する。31日に母国ウルグアイで引退試合を行うアルバロ・レコバもその1人だ。レコバもずば抜けた才能の持ち主だったが、インテルとウルグアイ代表でそれに見合うだけの結果を残せたとは言い難い。彼ほどの才能であればもっと上にいけたはずだ。

    伊『Gazzetta dello Sport』はレコバのように才能に恵まれながら苦しいキャリアを送る選手を5名紹介。才能がありすぎるがゆえに周囲から理解されにくいのかもしれないが、彼らは他の者が持っていない才能を有していた。

    1.ロビーニョ

    若い頃より才能を高く評価されていたロビーニョは、ブラジル国内でも絶大な人気を誇っていた。2005年にはレアル・マドリードへ移籍してスター選手への扉を開いたが、彼にはプレッシャーがかかりすぎていたのかもしれない。

    周囲が思うほどの結果は残せず、その後所属したマンチェスター・シティとミランでもどこか消化不良だった。ロビーニョに多くを求めすぎていたのかもしれないが、彼ならもっとやれると感じていたサッカーファンは多いはずだ。

    2.リカルド・クアレスマ

    スポルティング・リスボンとポルトであらゆるタイトルを獲得したクアレスマは、クリスティアーノ・ロナウドに続いてポルトガル産のビッグタレントになるかと思われた。才能は確かだったが、クアレスマは国外挑戦に失敗。

    インテル、チェルシーで結果を残すことができず、表舞台から消えてしまった。ポルトガルではリーグ戦アシスト王や年間最優秀選手賞も受賞していただけに、その後の躓きは意外だった。

    3.アドリアーノ

    化け物級のパワーを持っていたアドリアーノは、間違いなく世界屈指の才能を持ったストライカーだった。彼の場合は運が無かったというより、私生活を乱しすぎた自業自得的な側面もある 。ピーク時にはその才能を遺憾なく発揮していただけに、良い時期に遊びすぎたのはもったいなかった。

    4.クラース・ヤン・フンテラール

    現在シャルケでプレイするフンテラールは、何かを間違えたわけではない。しかし2009年夏にミランへ加入した際には、同じオランダ人選手であることからファン・バステン2世とまで言われた逸材だ。

    それほどフンテラールの才能は評価されていたが、結局レアル・マドリード、ミランとビッグクラブで結果を残すことはできなかった。シャルケでも活躍しているが、そのポテンシャルならもっと上のレベルでプレイできたと感じている人も少なくないはずだ。

    5.アントニオ・カッサーノ

    当時フランチェ スコ・トッティとともにイタリアサッカー界をリードする存在になるとまで言われたカッサーノは、2001年にローマへ移籍。時折溢れんばかりの才能を見せつけたものの、アドリアーノ同様にカッサーノも私生活は乱れていた。

    2006年に移籍したレアル・マドリードでも体重を管理することができず、才能はあれど体が動かない状態に陥ってしまった。サンプドリアやミランではそれなりに良いパフォーマンスを見せていたものの、実にもったいないキャリアだった。


    彼らのテクニックとアイディアは多くのサッカーファンを楽しませてくれたが、それをトップレベルで長く見せることができなかったのは残念だった。同メディアは運も欠けていたと伝えており、サッカー界で成功を収める には才能だけでなく多少の運にも左右されるようだ。
    2016-04-01_08h52_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00010018-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459432551/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 19:58:13.96 ID:CAP_USER*.net
    セリエAを代表するファンタジスタ

    インテルで数々のスター選手を獲得してきた元会長のマッシモ・モラッティ氏には、どうしても忘れられない選手が存在する。

    伊『Internews.it』によると、モラッティ氏最大のお気に入りは元ウルグアイ代表FWアルバロ・レコバだ。同氏はレコバのファンタジー溢れるプレイに魅了されていたようで、あの怪物ロナウドよりも上と語った。

    「チーノ(レコバの愛称)は普通のサッカー選手じゃなかった。彼のプレイは普通ではなかったんだ。私はロナウドよりもチーノを愛しているよ。なぜなら彼は私を何度も驚かせてくれたからね」

    レコバは典型的なファンタジスタタイプで、アイディア溢れるプレイが最大の魅力だった。ロナウドも怪物らしいプレイをインテルで見せていたが、同氏にとってレコバはロナウドをも超える逸材に見えたのだろう。
    GettyImages-52718667-compressor-2
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00010016-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458385093/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 18:46:07.57 ID:CAP_USER*.net
    母国の名門ラシン・クラブとビーチサッカー選手として契約 22日にデビューへ

    1990年代後半からインテルで活躍した「レフティ・モンスター」で、元ウルグアイ代表FWのアルバロ・レコバが、新たな挑戦を始めることが明らかになった。ウルグアイの強豪ラシン・クラブが、レコバとビーチサッカー選手として契約したと発表している。

     2014-15シーズンを母国のナシオナル・モンテビデオで過ごした後、正式な引退宣言はせずに無所属の状態だったレコバ。その契約先は意外なところにあった。南半球で日本と季節が正反対のウルグアイは、今が夏の真っ盛り。ラシン・クラブとビーチサッカー選手として契約したレコバは、22日にデビュー戦を迎えることが予定されているという。

     かつてインテルでは、当時のマッシモ・モラッティ会長の大のお気に入りで、秘蔵っ子とも呼ばれた。多士済々だった前線の中でも、強烈かつ正確な左足のキックは異彩を放ち、FKの名手としても確固たる地位を確立していた。そして、「今日の試合が雨上がりのピッチならば、僕の左足で虹を描いてみせるよ」という名言も残している。

     芝生の上から砂浜に、その主戦場を移すことになったレコバ。今度は、灼熱の太陽の下でビッグウェーブを起こすことができるだろうか。
    GettyImages-633040-685x490
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/24467
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453110367/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ