海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レスター・シティ

    1: 久太郎 ★ 2020/07/27(月) 14:46:11.83 _USER9
    2019-20シーズンのプレミアリーグの全日程が26日に終了した。得点王には23得点を挙げたレスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが輝いた。


    昨年2月に就任したブレンダン・ロジャーズ監督の下、開幕から好調を続けた今季のレスター。序盤戦はマンチェスター・ユナイテッドやリバプールに敗れることはあったものの、中堅以下の相手には確実に勝利を重ね、第9節からは8連勝を収めた。

    その中でアウェイで9-0という歴史的大勝利を挙げた第10節のサウサンプトン戦で、ヴァーディは今季唯一のハットトリックを達成。また、この8連勝中に8試合連続ゴールを決めており、計11得点を記録した。

    ヴァーディはレスターがプレミアリーグを制覇した2014-15シーズンにも24得点を挙げていたが、そのシーズンは25得点を記録したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの後塵を拝していた。

    なお、2位は共に22得点のアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと、サウサンプトンのイングランド人FWダニー・イングスとなった。

    また、アシスト王はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに。

    開幕から4試合連続アシストを記録するなど、今季もその実力を遺憾なく発揮したデ・ブライネ。最終節のワトフォード戦でも1アシストを記録し、02-03シーズンにアーセナルの元フランス代表FWティエリ・アンリが作ったリーグ記録の20アシストに到達。

    また、ゴール数も13得点と、共に自己最多記録を更新する見事な成績となった。
    2020-07-27_16h56_07
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fa6302f50e05baa08b49fb70233c0624d95838e

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/25(土) 22:20:23.71 _USER9
    ウエスカは25日、日本人FW岡崎慎司(34)との契約を2021年まで延長したことを発表した。

    先にラ・リーガ1部昇格を決めたウエスカ。同クラブと岡崎の契約条項には、1部昇格の場合には今季限りの契約が自動で1年延長されるという内容が盛り込まれており、それが履行された形だ。ウエスカは、次のような声明を発表している。

    「岡崎慎司は、2021年6月までウエスカに所属し続けることになりました。34才の日本人は、自らの力でこのチームにおける重要な存在となりました。彼はチーム内得点王となる12ゴールを記録して、スペイン・プロリーグの1シーズンで、最も多くの得点を決めた日本人選手となりました。2015-16シーズンに衝撃のレスターとともにプレミアリーグ優勝を果たし、ワールドカップに三度にわたって出場し、北京五輪にも参加した岡崎は、フットボールのエリート界で素晴らしい軌跡を描き続けています」

    「岡崎は2019年9月、大興奮を巻き起こす選手としてウエスカに到着し、10ゴールを決めるという約束をしっかりと果たしました。北アラゴンの人々はラ・リーガ1部という舞台で、彼の才能を享受し続けることになります」
    2020-07-25_23h21_56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd69f4cdbe49111968b6bc4c50e7ffecce8f8e45

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/05(日) 18:33:50.58
    レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは、現地時間4日に行われたクリスタル・パレス戦でプレミアリーグ通算100ゴールを達成した。

    レスターがホームにクリスタル・パレスを迎えた試合で、ヴァーディは77分に通算100点目となるゴールを記録。さらに後半アディショナルタイムにも通算101点目のゴールを加え、レスターは3-0で快勝した。

    ヴァーディはプレミアリーグ出場206試合目で通算101得点。1992年のリーグ開始以来29人目の100得点達成者となった。

    下部リーグのクラブで下積み期間を過ごし、チャンピオンシップ(2部)で戦っていたレスターに加入したヴァーディは、チームが昇格した2014/15シーズンにプレミアリーグデビューを飾った。英『スカイ・スポーツ』などによれば、リーグ史上2番目に遅いデビューからの通算100得点達成選手だという。

    プレミアリーグ100得点を達成した29人の中でデビューが最も遅かったのは、リーグ創設時に28歳だった元アーセナルのイアン・ライト氏。現在33歳のヴァーディは27歳でのリーグデビューから6シーズンで大台を達成している。

    ヴァーディは今季の得点数を21点とし、得点ランキングでも単独首位に立っている。このまま得点王に輝いたとすれば、当時32歳だった2009/10シーズンのディディエ・ドログバ氏を上回り、プレミアリーグ史上最年長の得点王となる。
    20200705_vardy_getty
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eabf2edeb95eff2dbcbb81ba18f69b9fa44d5c99

    続きを読む

    LRzpeApWBxQsM-vFx-LkmxxckF7UyrM0OEsGP9lrboI

    1: 風吹けば名無し 2020/05/14(木) 04:34:00.42
    ゴラッソ

    トッテナム 鬼ドリブル
    ニューカッスル バイシクル
    シティ スーパーボレー
    ブルージュ ニアボレー

    泥臭

    チェルシー ドッペル
    リバプール 足チョン
    ニューカッスル 時間差ジャンプ
    ニューカッスル 神風オウンゴール

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/12(木) 23:46:38.01
    イングランド・プレミアリーグのレスター・シティに所属する複数の選手に、新型コロナウイルス感染が疑われる症状が出ていることが明らかになった。クラブ公式SNSが伝えている。

    ブレンダン・ロジャーズ監督は現地時間12日に行われた会見でその事実を公表。「数人の選手が(コロナウイルスの)症状と兆候を見せた。我々は所定の手続きに従った。彼らはチームから離れている」と同監督は話している。

    ロジャーズ監督の発言に先立ち、英紙『テレグラフ』はプレミアリーグのあるクラブで3人の選手にウイルス感染の疑われる症状が出たと報じていた。クラブ名は明言されていなかったが、おそらくレスターのことを伝えていたものと思われる。『BBC』はレスターで症状の出た選手は3人だと伝えている。

    いずれかの選手の検査結果が陽性だったとすれば、今週末に予定されるプレミアリーグのワトフォード戦は延期となる可能性が高い。ロジャーズ監督は、もし延期になれば「サッカーの観点では残念なことだが、一般市民の健康こそが何よりも重要だ」とコメントしている。

    しかし、選手に感染者が出たとなれば影響はリーグ全体に及ぶことになるかもしれない。現時点ではプレミアリーグの試合は延期されず、無観客で開催を続行する方針が取られているが、「全試合の中止に向けてリーグに大きなプレッシャーがかかる」との見通しを『テレグラフ』は伝えている。
    20200312_rodgers_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200312-00366676-footballc-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/12/15(日) 11:59:45.24
    優勝おめでとう
    no title

    続きを読む

    pcimage

    1: 風吹けば名無し 2019/12/09(月) 02:11:27.16
    このおっさんやるやん

    2: 風吹けば名無し 2019/12/09(月) 02:14:15.32
    メッシは10試合で12得点な模様

    3: 風吹けば名無し 2019/12/09(月) 02:15:33.64
    >>2
    マジョルカとかいうクソ雑魚相手に稼いだ得点など無意味

    5: 風吹けば名無し 2019/12/09(月) 02:16:39.38
    >>3 レスターも9-0あったしノーカンやろ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/26(土) 16:45:48.58
    「こっちは朝5時半だ」

    レスター・シティのホームタウンであるレスターは、名門タイガースが拠点を置くラグビーの盛んな地域でもある。

    【動画】衝撃の9ゴール! サウサンプトンvsレスターのハイライトはこちら!
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65799

    日本で開催中のワールドカップでベスト4に進んだラグビーのイングランド代表を応援しに来ているレスター・シティのファンは、複雑な思いをしているかもしれない。

    例えば、レスターのレジェンド、ガリー・リネカー氏の次男ハリーさんもそのひとりだ。

    現地時間10月25日に行なわれたプレミアリーグ第10節で、サウサンプトンのホームに乗り込んだレスター・シティは、9‐0という歴史的大勝を飾った。

    英国メディアによると、アウェーでの9得点はイングランドのトップリーグ史上初の快挙であるという。
     
    解説者を務めている現在でも古巣レスターへの思い入れが強いリネカーも喜びを隠せず、興奮気味にこのゴールラッシュを伝えるつぶやきをいくつかしていたのだが、その中のこんなツイートが話題となっている。

    「息子が日本にいたら、贔屓のチームが9‐0で勝つのを見ることはできない」

    リネカーがこのコメントとともに投稿したのは、メッセージアプリ「WhatsApp」で交わされた息子たちのやり取りをキャプチャーした画像だ。ラグビー観戦で日本にいるハリーさんと、イングランドに残っている四男のアンガスさんが、サウサンプトン対レスターの試合中にこんなやり取りをしている。

    アンガス「これは狂気だよ」

    ハリー「こっちは朝5時半だ」

    アンガス「得失点差がリバプールを上回るよ」

    ハリー「酔っ払ってるから、配信しているところを探せない」

    愛するレスターの歴史的勝利を見逃してしまったハリーさん。留飲を下げるには、26日に行なわれるラグビーW杯の準決勝で、母国イングランドが優勝候補のオールブラックス(ニュージーランド)を破ってくれること以外にないだろう。

    10/26(土) 16:08配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00065822-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/13(月) 01:07:36.43
    岡崎にとってレスターでの最後の試合に出場

    5月12日、プレミアリーグの最終節が行なわれた。ホームにチェルシーを迎えたレスターは、0-0のスコアレスドローに終わっている。

    今季を最後にレスターを退団する意向を明らかにしている岡崎慎司はベンチ入り。勝てば3位が確定するチェルシーは、つい先日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝第2レグでPK戦の末にフランクフルトを下したメンバーを中心としたメンバーで臨んだ。エデン・アザール、オリビエ・ジルーらはベンチスタートとなっている。

    攻めるチェルシーと守るレスターの一進一退の攻防が続き、前半はスコアレス。後半もスコアレスが続いたがレスターは66分、ウィルフレッド・ディディに代えて岡崎慎司投入。21試合目となるプレミアリーグ出場を果たした。

    サポーターの拍手に迎えられた岡崎は、さっそくジェイミー・ヴァーディ―とのコンビでゴールに迫る。しかし、追うように、チェルシーは69分にアザールを投入。エースに託す。

    レスターは76分に、岡崎同様”奇跡のプレミア優勝”を成し遂げたメンバーであるダニー・シンプソンも投入。80分には右サイドを駆け上がったベン・チルウェルからのマイナスのパスに岡崎が飛び込むチャンスを迎えたが、最後の息が合わなかった。
     
    一方のチェルシーは、ELの疲れもあるのか、アザールがボールに触る機会が少なく、チャンスらしいチャンスを作ることができない。83分、アザールとルベン=ロフタス・チークのワンツーから決定機を作るが、シュートに結びつけることができなかった。

    岡崎はその後もハードワークを続けたが、シュートを放つことは叶わなかった。だが、その確かな存在感は「ミラクルレスター」の記録とともに、サポーターの記憶に深く刻まれているに違いない。
    2019-05-13_01h39_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00058503-sdigestw-socc
    5/13(月) 0:58配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/gbr/gbr-11154954.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/715701
    成績

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/10(金) 06:49:28.95
    5/10(金) 6:25配信
    レスター退団の岡崎慎司が来季スペイン挑戦か

    サッカーのFW岡崎慎司(33=レスター)が、来季のスペイン挑戦を目指していることが9日、分かった。

    12日の最終節を前にした8日、レスターが岡崎の今季限りでの退団を発表。日本代表歴代3位の通算50得点を記録しているストライカーは、今夏でのスペイン移籍の道を模索している。

    岡崎は15年にブンデスリーガのマインツからレスターに加入。誰も予想しなかった15-16年シーズンのプレミアリーグ制覇に主力として貢献した。公式戦通算135試合19得点。昨冬には同じプレミアリーグのハダースフィールドからオファーがあったが、奇跡の優勝を成し遂げた1人としてクラブに慰留され、残留を決めていた。

    ドイツ、イングランドと渡り歩き成果を出した岡崎。さらなる挑戦としてスペインリーグを第1候補に、移籍先を模索中だ。J1神戸など国内の複数クラブも獲得の可能性を探って動向を注視しているが、関係者によれば国内復帰の意思はないという。36歳で迎える22年W杯カタール大会を目指す岡崎のスペイン行きが実現するか、注目が集まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-05090648-nksports-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ