海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レヴァンドフスキ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 11:51:00.26 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブ退団を検討しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が15日に報じている。

    報道によると、レヴァンドフスキはバイエルン側と契約延長に向けた話し合いを続けている一方で、移籍の可能性を模索している。移籍先候補として挙げられているのはリヴァプール。レヴァンドフスキは、ドルトムントで指導を受けたユルゲン・クロップ監督と再びタッグを組むことに興味を示していると報じられた。

    なお今回の報道では、以前からレヴァンドフスキへの関心を持っていると報じられてきたレアル・マドリードへ移籍する可能性も言及されているが、同選手の加入に際してはスター選手が同クラブを退団する必要があるため、実現は難しいとの見通しが記されている。

    レヴァンドフスキはバイエルンでプレーした2年間でブンデスリーガ62試合出場47ゴールを記録している。同選手は他クラブからのオファーを受けなかった場合は契約延長に合意する意向だが、ドイツでの得点量産を経て、新たな挑戦をしたいという希望を持っているようだ。

    レヴァンドフスキは現在、ポーランド代表の一員としてユーロ2016に出場中。16日にはグループステージ第2節でドイツ代表と対戦する。
    2016-06-16_15h16_22
    SOCCER KING 6月16日 11時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00456461-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/02(木) 17:34:58.75 ID:CAP_USER9.net
    新たな銀河系計画は進む?

    最強の攻撃ユニット構築に向け、彼らの攻勢は止まらない。欧州チャンピオンズリーグを11度制したスペイン屈指の名門レアル・マドリードが、とうとう大型ストライカーを確保することになるかもしれない。

    カリム・ベンゼマにクリスティアーノ・ロナウド、そしてガレス・ベイルという強力な陣容を揃えながら、彼らはまだ満腹ではないというのだろうか。スペイン紙『as』は今季のブンデスリーガで32試合に出場し30得点を記録したバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、レアルとの仮契約にサインしたと報じている。

    バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は先日、同選手が非売品であり、今後もチームに残留すると強く宣言。しかし『as』によるとこの27歳のエースは来季のリーガエスパニョーラで新たな挑戦に臨み、白い巨人の一員としてプレイすることになるという。

    2013年にはトッテナムからベイルを、そして2014年はモナコからハメス・ロドリゲスをそれぞれ破格の移籍金で獲得したレアル。毎年のようにマーケットで散財を繰り返す彼らだが、とうとうその魔の手はドイツ王者にまで及ぶことになりそうだ。
    2016-06-02_18h04_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    2016-05-10_12h40_21
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/10(火) 11:33:26.42 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ出場権は関係なし?

    そのポーランド人が来季どこへ行くのかは、多くの憶測と謎に包まれている。しかし、欧州の舞台でプレイできる人間が、“そうではないクラブ”へ移籍することなど、期待できるだろうか。

    かつてマンチェスター・ユナイテッドで一時代を築き上げ、偉大なCBとして君臨したレジェンド、ガリー・パリスター氏は、今夏の移籍が取り沙汰されるバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキの去就について、次のように言及した。英『Daily Star』が同氏のコメントを伝えている。

    「ハリー・ケインやレヴァンドフスキといった選手は、ユナイテッドが求めている類いのプレイヤーだ。クリスティアーノ・ロナウドについての噂も盛んに話されているね。もちろん彼は驚異的な名手だけど、マーカス・ラッシュフォードの成長を妨げてはほしくないよ。彼はまるでビッグクラブでもう何年もプレイしていたかのように台頭したね。まだ18歳なのに」

    「チャンピオンズリーグの出場権を獲得できなければ、そういった選手たちを獲得するのは困難になる。でもマンチェスター・ユナイテッドでプレイできるチャンスがありながら、それを断る奴はバカげた人間だよ」

    今夏のマーケットではレヴァンドフスキやケインが“バカげている”人間なのか、それとも利口な人間なのか、その答えが出ることになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00010036-theworld-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 03:19:14.43 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-29_05h42_40

    今季絶好調のレバンドフスキ その秘訣は同僚も驚く食事の”順番”にあり

    バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、今季リーグ27ゴールを挙げる活躍で得点ランクトップに立っている。首位バイエルンを牽引する活躍を見せているが、好調の裏には同僚が驚く食事法があるという。フランス誌「フランス・フットボール」が報じている。

    ゴールマシンには、ここ数カ月実践しているルーティーンがある。食事に関してはデザートから始める。そこからメイン料理に移り、スターターでフィニッシュするという。この食事法の導入で、ストライカーの脂肪燃焼のスピードが高まり、今ではよりエネルギーを感じるようになったという。

    「みんな、まだ理解できないんだよ。自分が食事をスープで終えるのを見ると、首を傾げているんだよ」

    食堂で同席するチームメイトは、レバンドフスキのルーティーンを奇異な目で見つめているという。ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが得点王争いで失速するなか、コンスタントにゴールを積み上げるストライカーの食事法は、フットボール界のみならず、ダイエット業界でも流行するかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160427-00010013-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461845426/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 20:44:30.76 ID:CAP_USER*.net
    今夏のビッグイベントであるユーロ2016。
    まだ、欧州のシーズンが途中ということもあり、盛り上がりは徐々にという段階だが、組み合わせはすでに決まっており、心待ちにしているサッカーファンも多いことだろう。

    日本では『WOWOW』が放映権を獲得しており、フランスを舞台に行われる史上最多24カ国による全51試合がすべて生中継されることが決まっている。また、出場国のユニフォームも続々と発表されており、楽しみは増すばかりだ。

    バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキはポーランド代表としてユーロ2016に参加することが濃厚な選手の1人。グループステージではドイツ、ウクライナ、北アイルランドと対戦する予定であり、チームを決勝トーナメントに導く活躍が期待されている。

    そんなレヴァンドフスキが、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイト『UEFA.com』の企画でユーロ史上最強のベストイレブンを選出している。

    ほとんどの選手が1990年代半ばから最近の選手を選出しているため、バイエルンのレジェンドであるFWゲルト・ミュラー氏の名前はひときわ目立つ。ミュラー氏は、現役時代に「デア・ボンバー(爆撃機)」の愛称で親しまれた西ドイツを代表するストライカー。

    ワールドカップでの活躍が有名であり、2014年のブラジル大会でミロスラフ・クローゼに更新されるまでドイツ代表の最多得点記録を持っていた。ユーロの参加は1972年の1回のみだが、4得点で得点王になるとともにチームを優勝に導いている。

    一方で、現役選手で選出されたのはポルトに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャスとバイエルンの同僚である元ドイツ代表DFフィリップ・ラームの2名のみ。ラームは代表を引退しているため、今夏のユーロに参加する可能性があるのはカシージャスただ1人だろう。

    ポーランド代表の初戦は6月12日に行われる北アイルランド戦。レヴァンドフスキはバイエルンの先輩であるミュラー氏のように輝けるだろうか?

    ■レヴァンドフスキが選ぶユーロ史上最強イレブン(カッコ内は代表歴)
    ▼GK
    イケル・カシージャス(スペイン代表)

    ▼DF
    フィリップ・ラーム(元ドイツ代表)
    パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
    カルレス・プジョル(元スペイン代表)
    リリアン・テュラム(元フランス代表)

    ▼MF
    カレル・ポボルスキ(元チェコ代表)
    ルイス・フィーゴ(元ポルトガル代表)
    パヴェル・ネドヴェド(元チェコ代表)
    ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)

    ▼FW
    ゲルト・ミュラー(元西ドイツ代表)
    ティエリ・アンリ(元フランス代表)
    2016-04-07_21h24_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160407-00428625-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460029470/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 19:28:44.54 ID:CAP_USER*.net
    バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキの獲得に向けて、マンチェスター・シティが大金を用意しているという。『サンデー・エクスプレス』は、シティが6000万ポンド(約97億円)でセルヒオ・アグエロのパートナーを狙っていると伝えた。

    シティは来シーズンからジョゼップ・グアルディオラ現バイエルン監督が指揮することが決まっている。
    そこで、新監督の望む戦力を獲得しようとしている模様だ。

    その候補の一人が、バイエルンでプレーするレヴァンドフスキだという。すでにグアルディオラ監督の下で結果を残しているレヴァンドフスキがアグエロとともにプレーしたら、相手チームにとっては大きな脅威になりそうだ。

    グアルディオラ監督はボルシア・ドルトムントDFマッツ・フンメルスの獲得にも関心を持っていると言われている。今後の動きに注目したい。

    GOAL 3月20日(日)18時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160320-00000020-goal-socc

    写真
    no title
    マンチェスターシティ公式日本語HP
    http://xn--dckh2ch4aj3b4n7gqd.jp/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458469724/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 13:27:55.28 ID:CAP_USER*.net
    バイエルン所属のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、関心を持たれているプレミアリーグ3クラブへの移籍を拒否する意向を持っている。同選手の去就は、バイエルン残留とレアル・マドリード移籍の二択に絞られた模様だ。イギリス紙『インデペンデント』が28日に報じている。

     同紙によると、レヴァンドフスキはマンチェスター・Cとマンチェスター・U、チェルシーから関心を持たれているが、今夏の移籍市場でオファーを受けた場合、3クラブへの移籍を拒否する意向を持っている。

     レヴァンドフスキは2014年7月、ドルトムントからバイエルンに加入。2019年6月30日までの5年契約を結んでいる。報道によると、バイエルンはレヴァンドフスキとの契約を2021年まで延長することを望んでいるが、現在27歳の同選手は今後、異国のリーグに挑戦したいと考えている。移籍先に挙げられているのはレアル・マドリードだ。

     同紙は、レヴァンドフスキがプレミアリーグへの移籍を拒否する理由について、レアル・マドリードへ
    移籍するためだと指摘。レアル・マドリードはFIFA(国際サッカー連盟)から規約違反に伴う処分を言い渡されており、今夏と来冬の2度にわたって、移籍市場での選手補強を禁止されている。同クラブは抗議の意向を示しており、処分が覆された場合には、今夏にレヴァンドフスキの獲得へ乗り出すこととなる。処分が正式決定した場合、レヴァンドフスキはバイエルンに残留すると報じられている。

     レヴァンドフスキは2015-16シーズン、ブンデスリーガ17試合に出場して17得点を挙げている。
    2016-01-29_15h37_41
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00396498-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454041675/

     
    続きを読む


    2237562_w1
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 21:16:22.26 ID:CAP_USER*.net
    サッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリードがポーランド代表FWレバンドフスキの獲得へ向けて“根回し”を始めたと、7日のスペイン紙アスが伝えた。代理人をマドリードの本拠地スタジアムの試合に招待していたという。

     レバンドフスキの代理人は5日、ポーランドの在スペイン大使らとともに本拠地サンチャゴ・ベルナベウの来賓席でリーグのヘタフェ戦を観戦。レアルのペレス会長と話もしたという。

     レバンドフスキは現所属のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)と2019年までの契約を交わしているとものの、すでに延長交渉がスタートしており1回目の提示を拒んだとされる。

     引き抜くのためにレアルは年棒1200万ユーロ(約16億円)を保証する必要があるとみられる。これは現在の所属選手ではFWクリスチアノ・ロナウドに続く2番目の数字。しかし、ロナウドが移籍する可能性があり、さらにFWベンゼマが裁判沙汰のトラブルを抱えていることから攻撃陣を一新する考えがあるとみられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151207-00000081-dal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449490582/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 19:55:15.77 ID:CAP_USER*.net
    今季絶好調のゴールハンター

    『ギネス・ワールドレコード』がブンデスリーガ、バイエルン・ミュンヘンに所属するFWロベルト・レヴァンドフスキの4つの新記録をギネス記録として認定した。

    レヴァンドフスキは今年9月に行われたブンデスリーガのヴォルフスブルク戦でMFチアゴ・アルカンタラに代わって後半から出場すると、たった9分間で5ゴールを挙げるという快挙を達成していた。バイエルン指揮官ジョゼップ・グアルディオラも「こんなのは見たことがない」と驚愕するほどだった。

    バイエルン公式サイトによれば、この快挙により一気に4つものギネス記録が誕生したという。以下がその記録だ。

    「ブンデスリーガの1試合での最速ハットトリック」

    「ブンデスリーガの1試合での最速4ゴール」

    「ブンデスリーガの1試合での最速5ゴール」

    「ブンデスリーガの1試合での途中出場の選手が決めた最多ゴール数」とんでもない記録の数々ではあるが、これらにはすべて“ブンデスリーガ”という枕詞が付き、あくまで同リーグ内おける新記録となっている。

    実は、世界にはもっとスゴい記録を持った人間もいる。そのうちの1人はかつてジュビロ磐田でプレイした元日本代表ストライカーの中山雅史だ。中山は2000年2月に行われたアジア杯予選の日本vsブルネイ戦でなんとたったの3分15秒でハットトリックを達成していた。こちらもギネスブックに認定されている。

    なお今回、レヴァンドフスキが認定されたブンデスリーガでの最速ハットトリックは3分22秒となっており、中山雅史の記録にはわずかに7秒及ばなかった。
    2015-12-01_22h18_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00010024-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448967315/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 22:07:05.97 ID:???*.net
    代理人はバイエルンからの移籍を示唆

    リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ドルトムント時代に育てたバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ獲得に動く可能性が急浮上している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    ブレンダン・ロジャース前監督の正式不振による更迭で、アンフィールドの救世主の期待が高まるクロップ監督が、2010-11シーズンからの4年間、手塩にかけて育てた愛弟子と運命の再会を果たす可能性が浮上。

    記事では「レバンドフスキの代理人は、ストライカーの未来がバイエルンにないことを示唆している。そして、クロップは27歳をアンフィールドに勧誘するために一役買う準備を進めている」とレポートしている。

    リバプールは現在、ベルギー代表FWのクリスティアン・ベンテケとディボック・オリギ、イングランド代表FWダニエル・スターリッジ、ダニー・イングスの4人に加え、 ACミランに期限付き移籍中のマリオ・バロテッリと、前線に多くのタレントを擁しているが、「バイエルンが放出の意思を示したら、レバンドフスキ獲得への動きを許可することにためらわない」とも報じられている。

    現在、クラブと代表の試合を合わせて、公式戦5試合連続14得点と圧倒的なペースでゴールを量産するレバンドフスキは、2010年にポーランドリーグのレフ・ポズナンで活躍しているところをクロップ監督に評価された。

    そしてアイスランドの火山噴火により、イングランドの古豪ブラックバーン(現在2部)移籍が頓挫したために、ドルトムント行きが決まったという経緯がある。

    愛弟子の飛躍に目を細めるクロップ
     
    この移籍が、飛躍のきっかけとなった。2014年夏に契約満了に伴い、バイエルン・ミュンヘンへ移籍するまでの4年間で、リーグ戦74得点を決めた。クロップ監督自身もレバンドフスキの獲得には、今でも大きな満足感を感じているという。

    「最大の満足感とはポーランドの小さなクラブから獲得した選手が、今日のような大活躍を見せてくれることだ。契約した際の彼と現在の彼との違いは、信じられないほどだ」と指揮官は語っていた。

    現在、世界最強との呼び声高いストライカーの代理人、チェザリ・クチャルスキー氏は「私にはレバンドフスキの未来への考えはある」と語り、バルセロナとレアル・マドリードへの移籍を示唆。マンチェスター・ユナイテッドについては、「あそこはずっと雨が降っている」と、気候面から否定的な見解を示していた。

    マンチェスターから50キロの位置にあるリバプールの気候もさほど変わらないが、アンフィールドには情熱家の恩師クロップがいる。

    昨季にはバイエルンを率いるペップ・グアルディオラ監督との不仲も噂になったレバンドフスキ。近い将来に、自らを見出してくれた名将とともにリバプール再建の切り札となっているかもしれない。
    2015-10-11_23h12_52
    Soccer Magazine ZONE web 10月11日(日)17時37分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151011-00010010-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444568825/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ