海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レヴァンドフスキ

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/19(土) 18:43:31.11 _USER9
    シーズン合計ゴールでは過去の受賞者であるメッシやロナウドにも引けを取らず

    フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が主宰し、1年間で最も活躍した選手に贈られるバロンドールは、新型コロナウイルスによるシーズンの延期や中止で公平性を欠くことから、2020年の選考は見送られた。しかし、もし実施されていていれば受賞濃厚と考えているのがバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキだ。英公共放送「BBC」は、本当にバロンドールを受賞できる可能性があったのか、過去の受賞者であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらのスタッツなどと比較している。

    レバンドフスキは2019-20シーズン、例年以上のペースで得点を量産。歴代4位タイとなる34ゴールで3年連続リーグ得点王に輝き、MVPも獲得。バイエルンが全勝優勝という歴史に残る記録を打ち立てたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、そしてDFBポカールでも大会得点王となり、公式戦47試合55ゴールという大活躍を見せた。

    バロンドールは直近12年間でメッシが最多6回、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が5回、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが1回選ばれている。

    そのなかで1シーズンに55ゴール以上を記録したのは、メッシの2回のみ(2011-12シーズンに73ゴール、2014-15シーズンに58ゴール)。レバンドフスキは昨季CLで15ゴールを挙げたが、同大会で1シーズンにこれ以上のゴール数をマークしているのはロナウドが2013-14シーズンと2015-16シーズンに決めた「17」と「16」のみと、得点数では肩を並べている。

    元英代表MFハーグリーブス氏は「今年は新たなレベルに達した」と称賛

    また、過去の受賞者をポジション別に見てみると、そのほとんどがフォワードまたはミッドフィールダーで、ディフェンダーとして最後に受賞したのは2006年ドイツ・ワールドカップで世界一に輝いた元イタリア代表のファビオ・カンナバーロと、レバンドフスキはポジション的にもマッチ。さらに、過去13人の受賞者のうち9人が受賞年にCL制覇を果たしており、これにも該当している。

    かつてバイエルンでプレーした元イングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブス氏は、英「BBCラジオ5ライブ」で、今年にバロンドールが実施されればレバンドフスキが受賞していたのは「ほぼ間違いない」とし、「ここ10年間の大半で素晴らしい活躍を見せてきた。しかし、今年は新たなレベルに達した。今年にバロンドール表彰が行われないのは残酷なように思う」とコメントした。

    バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)も、「バロンドール受賞はすべての選手の夢。あれほど多くゴールを記録したことや獲得したタイトルを考えれば、どんな選手であってもこのバロンドールを受賞できたかもしれない」と話すなど、レバンドフスキの活躍を”バロンドール級”と評価する声が多々あった。

    今年レバンドフスキの受賞姿を見ることはできないが、歴代受賞者と比較してもその可能性は十分にあったのかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e412833fac21a71bdbc67733920363cc5d2ea227
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/17(木) 14:18:29.45 _USER9
    バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、バロンドール中止の変更を求めている。『ESPN』が報じた。

    バイエルンは2019-20シーズン、ブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグを制し、7年ぶりの3冠を獲得。また、レヴァンドフスキは全公式戦47試合に出場し、55ゴールをマークした。いずれのコンペティションでも得点王を手にし、キャリア最高のシーズンとしている。

    一方で、今季はコロナ禍で例年とは異なるシーズンとなったため、バロンドールの表彰はなし。レヴァンドフスキは世界最高の栄誉をつかむチャンスを逃し、このように語っている。

    「1年はまだ終わりではない。バロンドール中止に関して、次の数か月で何かが変わることを願っている。僕らにとって素晴らしいシーズンだったけど、これからの2~3か月で何が起こるかはわからない。自分の仕事と起きることにフォーカスしている」

    また、バイエルンの2020-21シーズンは18日にスタート。ブンデスリーガ開幕戦でシャルケと対戦するが、レヴァンドフスキは例年とは異なるシーズンになると予想している。

    「これからのシーズンは、すべてのクラブにとってすべての選手にとって、最も困難なものになるだろう。3日ごとに試合があり、休みがなく、難しいはずだよ」
    2020-09-17_15h15_48
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e73298ac6006b89d0605d0cc7f91da7b8de513c9

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/31(月) 13:27:58.50 _USER9
    【AFP=時事】ドイツ誌キッカー(Kicker)は30日、同国サッカー・ブンデスリーガ1部の年間最優秀選手にバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)のFWロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)を選出した。

    31歳のレワンドフスキは、ジャーナリストによる投票で276票を獲得。3冠を達成した同じバイエルンに所属するFWトーマス・ミュラー(Thomas Muller、54票)とDFヨシュア・キミッヒ(Joshua Kimmich、49票)に大差をつけての受賞となった。

    レワンドフスキは同誌に「とても誇りに思う」「期待はどんどん高まっているし、毎年それを超えようとしている」とコメントした。

    リーグ戦で34得点、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2019-20)で15得点、ドイツカップ(German Cup 2019-20)で6得点を挙げたレワンドフスキは、今季出場した全ての大会で得点王に輝いた。

    バイエルンの公式戦で55ゴールをたたき出したレワンドフスキは、国際サッカー連盟(FIFA)が選出する年間最優秀選手の候補にもなっている。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が続く中、FIFAは今年も同賞の授与を行いたいと述べていたが、表彰式の日程については未定となっている。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b6a7a9a07bf34bb1d3a5e02b7cb1c76d1e9db2b
    no title

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/20(木) 11:25:05.60 _USER9
    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で7シーズンぶりに決勝進出を果たしたバイエルンで、史上最強のコンビが誕生した。

    中略

    『キッカー(日本語版)』によると、2人の合計は24得点となり、これは13-14シーズンにレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウド(17得点)とFWガレス・ベイル(6得点)が記録した計23得点を上回り、コンビとしてCL最多得点記録更新となった。

    7シーズンぶり6度目の欧州制覇を目指すバイエルンは、23日の決勝でパリSGと対戦する。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e229869891144bbc5af62b65a487cb3cc770d79
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/18(月) 03:03:36.41
    [5.17 ブンデスリーガ第26節 ウニオン・ベルリン0-2バイエルン]

    ブンデスリーガは17日、第26節2日目を各地で行い、首位バイエルンはアウェーでウニオン・ベルリンと対戦し、2-0で勝利した。負傷から復帰したエースFWロベルト・レワンドフスキがPKで先制点を挙げると、DFベンジャマン・パバールが追加点。ブンデスリーガをリードする王者が前人未到の8連覇へ、リスタートを切った。

    新型コロナウイルスの影響により、3月半ばから中断していたブンデスリーガがいよいよ再開し、ドイツ王者がアウェーに乗り込んだ。バイエルンは前半20分にセットプレーからビッグチャンスを迎える。

    右コーナーキックをDFヨシュア・キミッヒが蹴り込むと、MFレオン・ゴレツカ、MFセルジュ・ニャブリが頭でつなぐ。ラストパスをMFトーマス・ミュラーがプッシュし、ゴールネットを揺らした。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でミュラーのオフサイドが認められ、得点は取り消された。

    それでも、先手を取ったのはバイエルンだった。前半36分にゴレツカがファウルを獲得し、PKのチャンスを獲得する。キッカーはレワンドフスキ。右足できっちりと沈め、チームの再開“1号”となる今季リーグ26得点目をマークした。

    1-0で前半を折り返したバイエルンは後半35分にダメ押しゴール。キミッヒが右コーナーキックを蹴り込み、パバールがヘディングシュートでネットを揺らした。バイエルンは2-0で完封勝利をおさめ、2位ドルトムントを4差に突き放した。中断期間を挟んで5連勝を飾り、12試合無敗(11勝1分)とした。
    2020-05-18_09h14_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-43480337-gekisaka-socc
    5/18(月) 2:58配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20076973
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56
    得点ランキング

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/10(日) 07:27:57.66
    no title


    バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキが、51年ぶりにブンデスリーガ記録を更新した。

    9日に行われたブンデスリーガ第11節で、ドルトムントとの「デア・クラシカー」を迎えたバイエルン。最大のライバルとの大一番だったが、本拠地で躍動するチームは17分、レヴァンドフスキのゴールで先制に成功する。後半も勢いは止まらず、47分にニャブリ、76分にレヴァンドフスキ、80分にはオウンゴールで3点を追加し、4-0でドルトムントを粉砕した。

    この試合で2ゴールを挙げたレヴァンドフスキ。これでリーグ戦開幕から11試合連続得点を記録。通算得点数は「16」となり、元西ドイツ代表にしてバイエルンOBでもあるゲルト・ミュラー氏の記録(15ゴール)を51年ぶりに更新した。

    なおレヴァンドフスキは、チャンピオンズリーグでも4試合で6ゴールを記録し、DFBポカールでも1得点。今季は出場18試合で得点を奪えなかった試合はたった2試合のみ(DFBポカール:ボーフム戦、DFLスーパーカップ:ドルトムント戦)であり、通算得点数は「23」にも及んでいる。キャリア最高の時を過ごす31歳ポーランド代表FWを、止める手立てはないのかもしれない。

    また、この試合で2アシストを記録したMFトーマス・ミュラーは、『Opta』が統計を始めて以降、ブンデスリーガで100アシストに到達した初の選手となっている。

    GOAL11/10(日) 7:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00010009-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/07(木) 22:31:25.54
    2月6日のDFBカップ3回戦で、バイエルンは延長戦の末にヘルタ・ベルリンを3-2と沈め、ベスト8に駒を進めた。キングスレー・コマンの決勝点をアシストするなど、3得点すべてに絡む活躍を見せたのが、エースのロベルト・レバンドフスキだ。

    バイエルンは2日のブンデスリーガ第20節でレバークーゼンに1-3と敗れた。首位ドルトムントが引き分けただけに、勝点差を縮めるチャンスだったが、逆に7ポイント差とされたうえに、ボルシアMGに勝点で並ばれて3位に転落。痛い黒星となった。

    レバークーゼンに敗れた際、バイエルンOBのディトマール・ハマンは、「レバンドフスキがチームの問題になりつつある」と批判した。だが、この日のレバンドフスキはそれを一蹴したかたちだ。
     
    『ESPN』によると、レバンドフスキは試合後に「僕はいつも自分の仕事に集中している。カップ戦はいつだって難しいものだ」とコメント。「僕らは勝った。他人が自分のことをなんと言おうが、興味ないね」と、ハマンに反論している。

    「まったくの愚か者の言うことであればなおさらだ。(ハマンが)戦術を分かっているとは思えない」

    レバンドフスキは、「本当に僕らはよく戦った。ふたたび良い道に戻る吉兆となるかもしれない」と、追いつかれて延長戦に持ち込まれながらも白星をもぎ取り、ラウンド突破を果たしたことを喜んだ。

    「ここで勝ち上がったのは、自信という点でも大きいよ」

    2週間後には、リバプールとの対戦(チャンピオンズ・リーグ)も控えている。プレミアリーグで優勝争いを演じる強敵との大一番、今シーズンのCLで8ゴールと得点ランクの首位に立つレバンドフスキには大きな期待が寄せられる。

    ただ、まずはブンデスリーガでドルトムントに重圧をかけていかなければならない。バイエルンは9日の次節でシャルケをホームに迎える。

    2/7(木) 18:19配信
    2019-02-08_00h58_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00053918-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/07/19(木) 14:05:44.14 ID:CAP_USER9.net
    2018-07-19_17h46_19
    Goal
    http://www.goal.com

    日本と同じグループHで、まさかの最下位に終わったポーランド…。


    ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはロシア・ワールドカップが失意に溢れたものとなったことを認めている。ポーランド『Przegl?d Sportowy』が報じた。

    ポーランドはポット1としてグループHで、コロンビア、セネガル、日本と同居した。エースのレヴァンドフスキには高い期待がかかっていが、1ゴールも挙げることはできず。ポーランドもまさかの最下位に終わり、グループリーグ敗退となった。レヴァンドフスキはW杯後には大きなショックを受けていたという。

    「眠れない夜が続いたよ。何が間違っていたのか考えていた。今回がいつかの成功のためになると信じている」

    「とても傷ついたし、まだ消化できていない。大きな野心があったが、現実は夢とは全く異なっていた。胸が痛いよ。責任を感じている」

    また、キャプテンだったからこそ、ワールドカップでの戦いが重荷になったのか、という考え方には「全く気にしていなかった。全員とコンタクトを取るようにしていたよ。若い選手たちともね」と答えている。

    大会前から大会中まで、レヴァンドフスキの周りには常に移籍のうわさが渦巻いた。しかし、そういった憶測が影響したとは考えていないようだ。

    「僕の移籍話は常に起きてきたことだから、全く考えていなかった。レフ・ポズナンからドルトムントへ移籍する時、ドルトムントからバイエルンへ行く時もそうだった。こういった状況にどう対処するべきかはもう学んでいる」
    続きを読む

    1:名無しさん@ベクトル空間 ★:2018/06/27(水) 21:30:58.44 ID:CAP_USER9.net
    2018-06-27_22h40_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000027-goal-socc


    ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、28日に行われるロシア・ワールドカップグループH第3戦の日本戦に向けて期する思いを口にした。『FIFA.com』が伝えた。

    3大会ぶりのW杯を戦うポーランドだが、初戦でセネガルに敗れると、2戦目でもコロンビアに敗戦。最終節の日本戦を待たずして、グループリーグ敗退が決まっている。

    レヴァンドフスキ自身も、ここまで低調なパフォーマンスに終始してノーゴールに終わっている。チームを勝利に導けていない主将は、日本戦に向けて、「我々はファンのために勝利を手にしたいと思っている。彼らは常に我々をサポートしてくれた」とコメント。最終節に向けて覚悟を示し、以下のように語った。

    「ポーランドがW杯に出場できたのが偶然ではないことを我々は示したいと考えている」

    「過去数年、我々はファンにたくさんの喜びを与えることができた。しかし、今大会では何も与えることができていない。W杯に出場できた理由を示すようなスタイルを披露したい。だから、日本戦は我々にとって重要なんだ」

    ポーランドは、2002年の日韓W杯と2006年のドイツW杯でも2連敗でグループステージ敗退。しかし、いずれの大会でも最終節は勝利している。失うものがなくなり、勝利だけを見据えるポーランドは、もちろん決して侮ることができない相手だ。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/07(木) 22:11:55.85 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ最終戦で日本と激突するポーランド代表のエース、FWロベルト・レバンドフスキが所属するバイエルンのウリ・へーネス会長に移籍を志願。

    クラブ側は移籍金2億ユーロ(約260億円)以下では退団を認めない方針を伝えたという。ドイツ紙「シュポルト・ビルト」が報じている。

    レアル・マドリード行きを切望するレバンドフスキは、バイエルンのへーネス会長と会談を持ち、移籍を志願。バイエルン首脳は放出拒否の姿勢を示していたが、移籍金260億円ならば退団を認める方針だという。

    レバンドフスキと契約する代理人のピニ・ザハビ氏はマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、パリ・サンジェルマンに売り込みをかけたが、レバンドフスキ自身はレアルを望んでいるとされる。

    日本代表の前にも立ちはだかる“2億ユーロの男”は、W杯でその価値を高めることができるだろうか。

    6/7(木) 22:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00109182-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ