海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:レヴァークーゼン

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 06:41:18.52 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    バイエルン 3-1 レヴァークーゼン

    【得点者】
    1-0 9分 ニクラス・ズーレ(バイエルン)
    2-0 19分 コランタン・トリソ(バイエルン)
    3-0 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)
    3-1 65分 アドミル・メーメディ(レヴァークーゼン)

    ブンデスリーガ公式日本語
    http://www.bundesliga.com/jp/news/バイエルンが今季も盤石のスタート.jsp


    ブンデスリーガが18日に開幕し、バイエルンとレヴァークーゼンが対戦した。

    2017-18シーズンのブンデスリーガが開幕した。金曜日開催となった開幕戦は、5連覇王者のバイエルンが昨シーズン12位のレヴァークーゼンをホームに迎えての一戦。キックオフ直前にはバルセロナ市で起きたテロ事件の犠牲者に捧げる黙祷が行われた。

    バイエルンは主将のGKマヌエル・ノイアー、DFジェローム・ボアテング、MFチアゴら主力選手と、新加入MFハメス・ロドリゲスも負傷で欠いたが、この日は新戦力が躍動した。

    開始9分、元ホッフェンハイムのコンビによって新シーズン第1号が生まれる。左サイドでFKを獲得したバイエルンは、セバスティアン・ルディがペナルティエリア内にボールを送ると、ファーのニクラス・ズーレが頭で合わせてゴール左隅に沈めた。

    19分には、またも新加入選手がゴールを決める。右CKのセカンドボールを拾ったアルトゥーロ・ビダルが浮き球パスを送り返すと、ゴール前右に残っていたコランタン・トリソが頭でゴール右隅に押し込み、バイエルンが追加点を挙げた。

    さらにバイエルンは23分、パス交換からエリア内右のトリソが右足シュートを放つが、これは相手GKの体に当たってわずかにコースが変わり、左ポストに弾き返された。試合が進むに連れて雨が強まる中、両チームとも決定的なチャンスを作ることができず、前半はバイエルンの2点リードで折り返す。

    後半に入ってバイエルンは51分、ロベルト・レヴァンドフスキがエリア内で倒されると、一度は流されたものの、ビデオ判定によってPKを獲得。今シーズン導入されたビデオ判定が開幕戦でさっそく活用された。53分、レヴァンドフスキが自らPKキッカーを務め、ゴール右隅に決めて追加点を挙げた。

    3点ビハインドとなったレヴァークーゼンは65分に反撃が実る。左サイドからパスを繋ぐと、中央のユリアン・ブラントからの横パスを、エリア内右に走り込んだアドミル・メーメディがダイレクトで右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

    だが、レヴァークーゼンの反撃は続かず、試合はこのままタイムアップ。ホームのバイエルンが3-1で開幕戦を制し、シーズン白星スタートを飾った。

    バイエルンは次節、26日に敵地でブレーメンと対戦。レヴァークーゼンは同日にホッフェンハイムをホームに迎える

    8/19(土) 5:41配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629499-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 08:38:15.82.net
    ウェストハムは20日、レヴァークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスの獲得でクラブ間合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。

    “チチャリート”の愛称で親しまれるエルナンデスは、数日中にウェストハムの本拠地であるロンドンに到着する予定で、個人条項の話し合いとメディカルチェック完了後に正式加入となる。

    現在29歳の同選手は2010年にマンチェスター・Uに加入。2014-15シーズンにレアル・マドリードへのレンタル移籍を経て、2015年夏にレヴァークーゼンに完全移籍した。

    レヴァークーゼンでは2シーズンで公式戦76試合に出場し、39ゴールを記録。同クラブとの契約は1年残っていたが、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、契約解除金は1300万ポンド(約19億円)に設定されていたという。

    プレミアリーグへは2年ぶりの復帰となる。J・エルナンデスは同リーグで通算103試合出場、37ゴール9アシストを記録。レヴァークーゼン移籍前の2015年8月22日行われた第3節ニューカッスル戦で途中出場したのが最後だった。
    GettyImages-642412128
    7/21(金) 6:30配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00615683-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/05(日) 01:30:02.72 ID:CAP_USER9.net
    香川途中出場のドルト、大量6ゴールでレヴァークーゼン撃破…リーグ3連勝達成
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00558923-soccerk-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/05(日) 01:30:32.48 ID:CAP_USER9.net
    SOCCER KING 3/5(日) 1:28配信
    2017-03-05_01h45_56
    ゴールを喜ぶドルトムントの選手たち [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

    ブンデスリーガ第23節が4日に行われ、日本代表MF香川真司所属のドルトムントとレヴァークーゼンが対戦した。香川は6試合連続でベンチスタートとなった。

    試合は開始早々に動く。6分、ペナルティエリア手前でルーズボールを拾ったウスマン・デンベレが右足のミドルシュートをゴール左下に流し込み、ドルトムントが先制に成功した。

    その後も攻勢に出るドルトムントは26分、右からのCKがゴール前にこぼれたところをピエール・エメリク・オーバメヤンが押し込み、リードを2点に広げた。

    だが、順調に試合を進めていたドルトムントをアクシデントが襲う。41分、ディフェンスラインの裏に抜け出したマルコ・ロイスがDFを振り切ってGKと一対一を迎えたが、シュートはブロックされてしまう。さらにこのプレーで左足のハムストリングを痛めたロイスは、44分にピッチを退き、代わってクリスティアン・プリシッチが投入された。

    2点を追いかけるレヴァークーゼンは後半立ち上がりの48分、左サイドをドリブルで突破したケヴィン・フォラントがそのままエリア内に侵入し、左足を一閃。強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、1点差に詰め寄る。

    ドルトムントは69分、敵陣中央でFKを得ると、エリア手前左でこぼれ球を拾ったデンベレがファーサイドにクロスを供給。これをオーバメヤンが頭で叩き込み、再びリードを広げた。

    73分、ドルトムントはデンベレに代えて香川を投入。しかし直後の74分、エリア手前右の好位置でFKを得たレヴァークーゼンは、キッカーのウェンデルが左足のシュートをゴール右隅に沈め、またも1点差に詰め寄った。

    それでもその3分後、ドルトムントは右サイドから攻撃を仕掛けると、エリック・ドゥルムの折り返しをプリシッチが流し込み、スコアは4-2となった。さらに85分、途中出場のアンドレ・シュールレがエリア内で倒されてドルトムントがPKを獲得。これをシュールレが自らゴール左に決め、決定的な5点目となった。

    後半アディショナル2分にはエリア内左でパスを受けたラファエル・ゲレイロにもダメ押しとなるゴールが生まれ、試合はこのままタイムアップ。ドルトムントが6-2でレヴァークーゼンを下してリーグ3連勝を達成した。なお、香川は73分から試合終了までプレーした。

    次節、ドルトムントは11日に日本代表FW原口元気所属のヘルタ・ベルリンと、レヴァークーゼンは10日にホームでブレーメンと対戦する。

    【スコア】
    ドルトムント 6-2 レヴァークーゼン

    【得点者】
    1-0 6分 ウスマン・デンベレ(ドルトムント)
    2-0 26分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2-1 48分 ケヴィン・フォラント(レヴァークーゼン)
    3-1 69分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    3-2 74分 ウェンデル(レヴァークーゼン)
    4-2 77分 クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)
    5-2 85分 アンドレ・シュールレ(PK)(ドルトムント)
    6-2 90+2分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 07:34:15.98 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    レヴァークーゼン 2-4 アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    0-1 17分 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
    0-2 25分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    1-2 48分 カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)
    1-3 59分 ケヴィン・ガメイロ(PK)(アトレティコ・マドリード)
    2-3 68分 オウンゴール(ステファン・サヴィッチ)(レヴァークーゼン)
    2-4 86分 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000784/match=2019620/index.html

    【スコア】
    マンチェスター・C 5-3 モナコ

    【得点者】
    1-0 26分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
    1-1 32分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    1-2 40分 キリアン・ムバペ(モナコ)
    2-2 58分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    2-3 61分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    3-3 71分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    4-3 77分 ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)
    5-3 82分 リロイ・ザネ(マンチェスター・C)

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000784/match=2019613/statistics/index.html



    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが21日に行われ、レヴァークーゼンとアトレティコ・マドリードが対戦した。

    レヴァークーゼンとアトレティコが2シーズンぶりにCLベスト16で激突。2014-15シーズンの前回対戦では2戦合計1-1でPK戦の末にアトレティコが準々決勝に駒を進めていた。リベンジを狙うレヴァークーゼンはカリム・ベララビやユリアン・ブラントらが先発。2014-15シーズンのCL準々決勝でレアル・マドリードの一員としてアトレティコ戦の決勝ゴールを挙げ、現在3試合で5ゴールと好調のハビエル・エルナンデスもスタメンに入った。一方、4シーズン連続のベスト8を狙うアトレティコはアントワーヌ・グリーズマン、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ガビらが先発メンバーに名を連ねた。

    試合は開始17分に動いた。アトレティコはサウール・ニゲスが相手選手を1人かわして右サイドを突破。そのままエリア内右まで持ち上がり、左足を振り抜くと、綺麗なカーブを描いたシュートは枠の左上隅に吸い込まれた。

    幸先よくゴールを奪ったアトレティコは25分、相手のミスを見逃さず追加点を奪う。ケヴィン・ガメイロが相手DFアレクサンダル・ドラゴヴィッチのクリアミスを拾い、そのままエリア内に進入。キープして横パスを送ると、走り上がっていたグリーズマンがフリーで左足ダイレクトシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

    反撃したいレヴァークーゼンは34分、ケヴィン・カンプルがエリア手前右で左足を一閃。強烈なシュートは枠の左上隅を突くが、相手GKミゲル・アンヘル・モヤの好セーブに遭う。アトレティコは34分にもグリーズマンに絶好の決定機が訪れるが、相手GKベルト・レノの体を張ったセーブに阻まれた。前半はこのままアトレティコの2点リードで折り返す。

    後半開始直後の48分、レヴァークーゼンの反撃が実る。中央のカンプルからのパスを、右サイドのベンヤミン・ヒンリヒスがダイレクトで折り返す。これにゴール前のベララビが右足で合わせて、ゴール左隅に決めた。だが、レヴァークーゼンは反撃ムードも束の間の58分、ドラゴヴィッチが股抜きでかわされたガメイロをエリア内隅で倒してPKを献上。アトレティコは59分にガメイロが自らキッカーを務め、ゴール中央に蹴り込んだ。

    それでも68分、レヴァークーゼンはラッキーな形で再び1点差に迫る。左サイドのブラントが低目の鋭いクロスを供給。これはGKモヤに阻まれるが、弾いたボールがステファン・サヴィッチの足に当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。

    オウンゴールを献上したアトレティコは78分に、グリーズマンとカラスコを下げて、アンヘル・コレアとフェルナンド・トーレスを投入。すると86分、右サイドのシメ・ヴァルサリコからのクロスに、ニアサイドに飛び出したトーレスが頭で流し込み、試合を決定付けるゴールを奪った。

    終盤はレヴァークーゼンが猛攻を見せるが、試合はこのまま終了。アトレティコが敵地で4-2の勝利を収め、ベスト8進出に前進した。

    セカンドレグは3月15日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。
    2017-02-22_07h47_17
    SOCCER KING 2/22(水) 7:16配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554349-soccerk-socc

    つづく
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 20:57:07.36 ID:CAP_USER9.net
    「チチャリート」ことメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスについて、所属先のレヴァークーゼン(ドイツ)が放出の準備をしているようだ。レヴァークーゼン側は2500万ユーロ(約31億円)の契約解除金を出すクラブがあれば、即座に売るつもりだという。現地時間5日付けの独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)が伝えている。

    エルナンデスは2015年8月にマンチェスターU(イングランド)から1100万ユーロでレヴァークーゼンに加入。昨季は公式戦26ゴールを挙げてチームに貢献し、一躍スターになった。今季も開幕から6試合で5ゴールを挙げたが、そこから不発に。PKを2本失敗するという不名誉も加わった。

    そうなると、今度はマイナス面が取り沙汰されるもので、『シュポルト・ビルト』誌は、エルナンデスはチームプレーヤーではなく、エゴイストと思われているようだと報道。同選手はレヴァークーゼンに加入した当初から新天地で友人を作ろうとせず、チームメイトとのクリスマスパーティにすら興味を示さなかったという。

    1095分間ノーゴールということもあって、チーム内でも、クラブ内でもエルナンデスへの風当たりが強くなっているとのこと。同選手にはまだどこからもオファーが来ていないようだが、クラブ側は2500万ユーロを用意できるクラブがあればすぐに放出する意向だという。2018年に契約が切れることもあって、レヴァークーゼンとしては今夏にも同選手を売りたいらしい。
    2017-01-06_21h35_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000014-ism-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/01(水) 22:01:04.58 ID:CAP_USER9.net
    レヴァークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは、これまで所属した2つのクラブで自身への扱いに不満を抱いていたようだ。

    チチャリートは2010年にメキシコのチーバス・グアダラハラを離れ、マンチェスター・ユナイテッドで初めての欧州挑戦に臨んだ。移籍当初は順調な歩みを続けていたが、指揮官の交代に伴い徐々に出場機会を減らし、2014年夏にレアル・マドリーにレンタル移籍。その1年後には再びユナイテッドに戻り、同夏レヴァークーゼンへと完全移籍を果たした。

    チチャリートは『フォー・フォー・トゥー』でビッグクラブでの日々を振り返っている。

    「ユナイテッドとマドリーでもっと出場機会を得られていたら、僕はスターになっていたかもしれない。それは誰にも分からないよ」

    「あの2チームでは、20試合連続で試合に出るようなチャンスは僕に与えられなかった。それでは、周囲の人々は僕が残留するべきか、その価値がないのかを語ることはできない」

    チチャリートは今季、ブンデスリーガで28試合に出場して17得点を挙げた。

    「数字が物語っている。ユナイテッドで先発出場したのは80試合。僕はその中で65ゴールを決めた。マドリーでは、たったの12試合だ。それでも、9ゴールを奪った」

    「違いは、たったひとつ。レヴァークーゼンは、僕に先発のチャンスを与え続けてくれた。ほかのクラブでは、そうじゃなかったんだ」
    2016-06-01_23h50_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/11(水) 09:29:13.00 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ『ビルト』によると、ハノーファーMF清武弘嗣にFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンも興味を抱いているようだ。パル・ダルダイ監督が獲得を望んでいるいという。

    降格が決まったハノーファーと清武の契約には、降格時に行使可能な650万ユーロとみられる契約解除金が設定されている。ハノーファーは清武を慰留し、1年での1部復帰を目指したい意向。だが、クリスティアン・メッケルSD(スポーツディレクター)は次のように認めている。

    「どこかのクラブがその金額を支払えば、我々には何もできない。だが、それ以下の金額なら何も起きないよ」

    今季のブンデスリーガでマン・オブ・ザ・マッチに6回選出されるなど活躍した清武には、ドイツの多くのクラブが関心を寄せている。『ビルト』はシュトゥットガルトやケルンの関心を伝えており、『キッカー』も先日、チャンピオンズリーグに出場するレヴァークーゼンも候補と報じた。

    そんな清武争奪戦に、ヨーロッパリーグ出場権を獲得したヘルタも名乗りをあげたようだ。ダルダイ監督は欧州での戦いに向け、新戦力を必要としており、次のように述べている。

    「新しいシーズンに向け、我々は次のステップを踏まなければいけない。そのためには、スピーディーなゴールを脅かす即戦力の選手が必要となる」

    『ビルト』によれば、ダルダイ監督の理想の補強は清武だという。14日に行われるバイエルン・ミュンヘンとの最終節を終えてから、清武がどのような決断を下すのかが注目される。

    GOAL 5月11日(水)9時24分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000003-goal-socc

    写真
    続きを読む

    2016-05-06_04h46_17
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/06(金) 00:33:27.72 ID:CAP_USER9.net
    残留争い組からチャンピオンズリーグ常連チームへ? ハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣の移籍先にレヴァークーゼンが急浮上している。

    すでに2部降格が決定しているハノーファーは、トップチームの多くの選手が今夏クラブを去る見込みだ。

    そのうちドイツでも去就が最も注目される1人は、契約に降格時に行使可能となる契約解除条項が盛り込まれている清武だ。その条項を行使するため、一部のメディアでは650万ユーロ(約8億円)に設定される移籍金を支払う必要があると報じられていた。

    以前はシュトゥットガルトが移籍先候補として噂されたが、同クラブはその移籍金を支払えないとされるうえ、現在降格圏17位に沈んでおり、ハノーファーとともに2部に降格するかもしれない。

    またFW大迫勇也がプレーするケルンも創造性が高いトップ下を求めて清武獲得に動き出す可能性が報じられたが、同クラブもドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(現ガラタサライ)を2009年に獲得した際に支払った額に次いで2番目に高額となる移籍金を清武の獲得に投じる可能性はやや低いとされているところだ。

    そんな中、ドイツ『キッカー』は、レヴァークーゼンが日本代表MFの獲得に動き出す見通しだと伝えている。同メディアによると、レヴァークーゼンはパフォーマンスが安定しないトルコ代表MFハカン・チャルハノールの代役、または後釜として清武に注目しているという。

    「ブンデスリーガを経験しており、高度の技術を持ち合わせるうえ、ゲーゲンプレッシングにおいてもアグレッシブ。危険なCKを蹴り、”キラーパス”も繰り出す能力を持つ」と評価し、レヴァークーゼンにとっては「論理的な補強」だと伝えている。

    また『キッカー』によれば、清武獲得に必要な移籍金は600万ユーロ(約7億4000万円)だという。今シーズンの順位は3位に確定しており、来季のチャンピオンズリーグ出場が決定しているクラブにとっては問題なく支払える金額だ。

    これまでニュルンベルクやハノーファーに所属し、残留争いの日々を過ごしてきた清武だが、
    この移籍が実現すれば、大きなステップアップになるのは間違いなさそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00000022-goal-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 17:00:41.80 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-27_19h28_16
    FW“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが、昨夏にミランなどイタリアの複数クラブからオファーがあったことを明かし、レヴァークーゼン(ドイツ)を選択した理由などを語った。

    エルナンデスは2014-15シーズンにマンチェスターU(イングランド)からレアル・マドリー(スペイン)に期限付き移籍。33試合9得点の成績を残したものの、完全移籍は実現せず。結局マンUに戻ったが、そこでルイス・ファン・ハール監督から構想外との評価を受け、2015年8月末にレヴァークーゼンに完全移籍した。

    エルナンデスは伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙のインタビューに応じ、それを伊サイト『calciomercato.com』が現地時間26日に伝えている。

    同選手は「彼らは僕を完全移籍で獲得し、2018年までの契約を結んでくれた。ここには、必要なすべてのものが揃っている。素晴らしいリーグで、チャンピオンズリーグ(以下CL)でもプレーできるし、良い金額の給料を貰っている。ここ数シーズンで、僕は3つの異なる国でプレーした。サッカーでは何が起きても不思議ではないと理解しているよ」と、レヴァークーゼンで充実のときを過ごしていると語った。

    その上で「セリエAは興味深いリーグだね」「そこでの経験も除外することはできない。昨夏にはユヴェントスとインテル、ミラン、ローマ、ラツィオが僕を欲しがってくれた。バイヤー(レヴァークーゼン)を選んだのは、CLに出場することと、必要とされていると感じさせてくれたからだ。このクラブは、僕と一緒ならもっといいシーズンを過ごせると確信していたし、僕はそれを誇りに思ったんだ」と、イタリア行きを断りドイツに移籍した経緯を語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000017-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461744041/

     
    続きを読む

    【レバークーゼン 0-1 ドルトムント ブンデスリーガ第22節】

     ドルトムントは現地時間21日、ブンデスリーガ第22節でレバークーゼンとアウェイで対戦した。

    レバークーゼン対ドルトムントでハプニング。監督の抗議に主審が退席して試合一時中断

     勝ち点差「13」で迎えた3位レバークーゼンと2位ドルトムントとの上位決戦となったが、日本代表MF香川真司はベンチスタートとなっている。

     ドルトムントは25日にヨーロッパリーグ(EL)ポルト戦2ndレグを控えており、マルコ・ロイスやユリアン・ヴァイグルらをベンチスタートとして温存。代わりに、17歳のクリスチャン・プリシッチが左サイドハーフで先発出場する。

     前半は動きが少なく、どちらも中盤で潰しあう展開が続く。ドルトムントは13分にピエール=エメリック・オーバメヤンがFKを狙うが壁に当ててしまう。対するレバークーゼンは15分にジョナタン・ター、34分にオマル・トプラクがセットプレーからゴールを狙うが、どちらもGKロマン・ビュルキを脅かすには至らない。

     両チーム通じて最大のチャンスは前半アディショナルタイムのドルトムント。マティアス・ギンター、プリシッチと繋いで最後はオーバメヤンが狙うが枠を捉えられず。前半にゴールが生まれることはなく、後半へと折り返す。

     局面を打開すべく、トーマス・トゥヘル監督は後半からマルコ・ロイスを投入する。

     後半最初のチャンスはレバークーゼン。51分、ハビエル・エルナンデスとのパス交換からカリム・ベララビがシュートを放つが、ビュルキの好セーブで凌ぐ。

     膠着した展開が続いく一戦だが、ついにスコアが動く。ドルトムントは自陣から一気にカウンターを仕掛け、左サイドを駆け上がったエリック・ドゥルムから最後はオーバメヤンが押し込んで先制に成功する。

     しかし、このシーンを巡ってハプニングが発生する。カウンターの直前にレバークーゼン側にファールがあったのではとロジャー・シュミット監督が抗議をすると、フェリックス・ツヴァイアー主審が自ら退席してしまう。

     試合続行を判断する人間がピッチを去ったことで試合は一時中断されてしまう。スタジアムは騒然とするが、10分程経過して続行された。

     しかし、この問題のシーンが生まれたゴールが決勝点となり試合は終了。上位対決はドルトムントに軍配が上がった。ドルトムントは4試合無敗キープ、レバークーゼンは7試合ぶりの敗戦となり、両チームの勝ち点差は16に開いた。

     また、結局最後まで香川に出番が訪れることはなかった。今季のリーグ戦で香川に出場機会が訪れなかったのは3試合目となる。ミッドウィークのポルト戦では、香川の出番はやってくるだろうか。

    【得点者】
    65分 0-1 オーバメヤン(ドルトムント)
    20160222_auba_getty-560x373
     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160222-00010002-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ