海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロシアW杯

    1:Egg ★:2018/06/24(日) 06:00:27.39 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ グループH・第2戦

    日本―セネガル

    6月24日(日)20:00(日本時間24:00)キックオフ/エカテリンブルク・アレーナ(エカテリンブルク)



    故障者/日本=なし セネガル=なし 出場停止/日本=なし セネガル=なし

    グループリーグ初戦で白星を飾ったチーム同士の対戦。ここで勝ったほうが1位通過の可能性が高まるだけに、どちらも勝点3を狙うはずだ。実際、日本代表の西野監督も次のようにコメントしている。
     
    「これを3戦目まで持っていくか、持っていかないかということを考えると、3戦目(のポーランド戦)は敗者復活のゲームです。2戦目で決めなければいけないということも、翌日に選手たちに伝えていますし、そう思わなきゃいけない状況」
     
    ただ、ここでグループリーグ突破を決めようと考えているのはセネガルも同じと、宇佐美貴史は言う。
     
    「セネガルは明日にぶつけてくると思うので、そこの勢いとか相手の熱意とかに押されないように、チーム全員でしっかり準備していきたい」
     
    日本が勝利を目指すうえでの最大のキーマンは、CFの大迫勇也だ。コロンビア戦で決勝ゴールを決めたこのストライカーがカリドゥ・クリバリ(ナポリ)とサリフ・サネ(ハノーファー)という強さと高さを備えた怪物CBふたりに競り勝てるか。ここで劣勢を強いられるようだと試合展開自体が厳しくなるだろう。
     
    トップ下の香川真司をはじめ2列目の選手たちが前線に飛び出してフォローするなど、大迫のサポート体制もセネガルの組織的な守備を崩すポイントのひとつになる。
     
    ただ、攻撃ばかりに目を向けてはならない。セネガルにはリバプールでも活躍するサディオ・サネを筆頭にワールドクラスのアタッカーが複数いる。そのマネの体調不良が噂されているものの、たとえ彼が欠場したとしてもセネガルの前線にはパワーとスピードを備えた選手が揃っているので、やはりカウンターには警戒したい。
     
    ゴールが欲しいばかりにラインを高く設定すると、簡単に裏のスペースを突かれる恐れもある。そのあたりも考えながら、試合を進めなければならない。要するに攻守のバランスが重要になるわけで、その意味ではボランチコンビ(長谷部誠と柴崎岳か)の出来も肝となる。
     
    個々の能力で比較すればセネガルのほうが上で押し込まれる展開も想定されるが、ポーランド戦を見るかぎり、守備の局面でボールウォッチャーになる選手もいるなど足が止まる傾向も見受けられる。集中力を90分間保てるかも疑問で、決して彼らに弱点がないわけではない。
     
    日本としてはジリジリとした展開に持ち込み、相手の集中が先に切れるような展開に持ち込みたい。オープンな戦いを挑んで先制されるようだと、セネガルに勢いを持っていかれてしまう。立ち上がりは慎重に入りたい。少なくともエリア付近でセットプレーを与えるべきではないだろう。
     
    取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

    サッカーダイジェスト6/24(日) 5:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180624-00042770-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/06/24(日) 04:55:57.81 ID:CAP_USER9
    6/24(日) 4:55配信
    前回王者ドイツ、見せたゲルマン魂!崖っぷちの一戦でスウェーデンに逆転勝ち

    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 ドイツ―スウェーデン(23日、ソチ)

    初戦で敗れた前回王者ドイツが“負ければ敗退”のスウェーデン戦で逆転勝ちした。

    前半31分、先発に抜てきされたMFルディがアクシデントによる大量の鼻血で早々に途中交代。その直後に先制点を奪われた。重々しい空気の中、前半を終了。あのドイツが消えてしまうのか…。重苦しい空気を振り払ったのがロイスだった。後半開始直後の3分、左からのクロスに詰め、左膝内側で根性のボレーシュートを決めた。同38分にはDFボアテングが2度目の警告で退場。さらに追いつめられた中、後半ロスタイムに、クロースが決勝ゴールを決めた。
    2018-06-24_05h08_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00010001-spht-socc

    続きを読む

    2018-06-21_12h00_34

    1:風吹けば名無し:2018/06/23(土) 09:26:37.85 ID:wE83LqEm0.net
    教えてくれやクソニワカ共
    6:風吹けば名無し:2018/06/23(土) 09:28:01.63 ID:tPyAyIbu0.net
    前半3分でくPK獲得&クリバリ退場
    8:風吹けば名無し:2018/06/23(土) 09:28:04.03 ID:RCU3YbXj0.net
    勝てるやろ
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/23(土) 23:13:31.51 ID:CAP_USER9.net
    元アルゼンチン代表選手及び監督のディエゴ・マラドーナ氏が、ロシア・ワールドカップで同チームがクロアチアに敗れたことに憤りを表した。

    クロアチアに0-3で敗れ、グループステージ敗退の危機に陥ったアルゼンチン。マラドーナ氏は「テレスル」の番組で、この敗戦について次のように振り返っている。

    「表現できない苛立ちを覚えているし、内から怒りが煮えくり返ってくる。アルゼンチンのユニフォームに袖を通した男たちが、ドイツでもブラジルでもオランダでもなく、クロアチアなんてチームに叩きのめされるなど、あっちゃならない。それが真実なんだ」

    マラドーナ氏はまた、問題がFWリオネル・メッシではなく、他選手にあることも強調している。

    「レオはプレーすべきプレーを、できるプレーをした。彼がチームメートの問題も解決しなくてはならないなど、とても難しいことだ」

    「アルゼンチンはどうプレーすべきかを理解していないし、何の解決法も有していない。中盤も、守備も、攻撃でもだ、だ。アルゼンチンは壁パスもしなければ、ポストプレーでも勝てず、ボールを持つことができなかった」
    2018-06-24_02h35_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 01:53:42.41 ID:CAP_USER9
    6/24(日) 1:52配信
    メキシコ、韓国撃破で2連勝…エルナンデスが代表最多50点目をマーク!
    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が22日に行われ、韓国代表とメキシコ代表が対戦した。

    27分、チャン・ヒョンスがエリア内でハンドを犯し、メキシコがPKを獲得。これをカルロス・ベラが決めてメキシコが先制した。対する韓国はソン・フンミンがメキシコゴールに迫るも得点は奪えず。メキシコの1点リードで前半を折り返す。

    後半に入ると、韓国はイ・スンウを投入し得点を狙う。しかし、GKのギジェルモ・オチョアを中心としたメキシコ守備陣を崩せない。すると66分、メキシコは中盤でボールを奪うと、得意のカウンターが発動。パスを受けたハビエル・エルナンデスが追加点をマークし、リードを2点に広げた。なお、このゴールでエルナンデスは同代表の最多得点記録を50点に更新した。

    その後、アディショナルタイムにソン・フンミンが1点を返すも、試合は1-2で終了。メキシコはドイツ戦に続く2連勝で勝ち点を6とし、グループステージ突破へ大きく前進した。一方の韓国は2連敗となった。

    両チームは27日、韓国はドイツ代表と、メキシコはスウェーデン代表と対戦する。

    【スコア】
    韓国代表 1-2 メキシコ代表

    【得点者】
    0-1 27分 カルロス・ベラ(メキシコ)
    0-2 66分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ)
    1-2 93分 ソン・フンミン(韓国)
    2018-06-24_02h09_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00782675-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/23(土) 22:42:26.67 ID:CAP_USER9.net
    セネガル紙が日本を特集「敏捷性の質の高さはセネガルにとって懸念」
     
    ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日、第2戦でセネガルと激突する。互いに勝てば連勝で決勝トーナメント(T)進出が濃厚となる大一番。2002年大会以来16年ぶりの決勝T進出を目指すセネガルメディアは、MF香川真司を最大警戒している。

    コロンビアを相手に番狂わせを演じた日本。対戦国メディアも日本に対する印象を改めている。セネガル紙「Le Quotidien」は「敏捷性、日本の最大の武器」と題し、警戒を強めている。

    特に名指ししているのが日本が誇る背番号10だった。

    「カガワをプレイメイカーとして置く4-2-3-1のフォーメーションでコロンビアにリードを奪うと、日本は相手をポゼッションで圧倒し、いわば敏捷性の質の高さを見せつけた。典型的な背の高いセネガル人が小柄な日本に対して懸念するものだ」

    「明らかに気を付けるべき男はシンジ・カガワだ」
     
    記事では、コロンビアをポゼッションで圧倒。小柄ながら俊敏性を生かした日本の特長を存分に発揮したと紹介し、背の高いセネガルにとっては懸念材料になるだろうとしている。

    本田圭佑、長谷部誠、岡崎慎司ら実績十分の選手の名を挙げた上で、「明らかに気を付けるべき男はシンジ・カガワだ。アルゼンチンのリオネル・メッシやポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドのように、シンジ・カガワは日出ずる国の真のスーパースターだ」と香川をメッシや、C.ロナウドの名前を出して、日本の至宝的存在だとしている。

    セネガルメディアが最大限の警戒を払う香川。コロンビア戦では先制のPKを決めるなど躍動した日本の10番が、戦前の評判通りの活躍を見せるなら、セネガルを慌てさせ、同時に日本を決勝T進出に大きく近づかせることは間違いない。(THE ANSWER編集部)

    2018年6月23日 15時33分 THE ANSWER
    http://news.livedoor.com/article/detail/14908706/

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/23(土) 22:52:03.45 ID:CAP_USER9.net
    サッカーベルギー代表のFWロメルー・ルカクは、母親が水で牛乳を薄めているのを見たとき、自分の家庭がどれだけ貧しいのかを認識した。彼がW杯ロシア大会の舞台で見せるその才能は、家族が貧困を抜け出すためのパスポートとなった。

    イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属するルカクは、ベルギー・アントワープでの成長の過程、そして批判を無視するための解決策を明かし、今はロシアの地を楽しんでいる。

    ルカクはウェブサイト、ザ・プレイヤーズ・トリビューンで、成功するという決意はサッカー界最大の祭典から遠くかけ離れた、ベルギー2番目の都市のほこりだらけの郊外で築かれたと明かした。

    コンゴ民主共和国人の移民の子であるルカクは、小さいころによく食べ物が不足していたこと、そしてアパートの電気料金を支払うお金がなかったため、暗闇の中で祈ることもあったと振り返った。

    「一週間を暮らしていくだけの余裕がなく、お金が全くなかったんだ。単に貧しかったのではなく、一文無しだった」

    「私の父親はプロのサッカー選手だったが、キャリアの晩年のころにはお金は尽きた」

    現在25歳のルカクは、6歳の時に母親が牛乳の量を増やすために水を注ぎ足しているのを見て、どれほど自分の家庭が悲惨な状況にあるのかを知ったという。

    そして、プロサッカー選手としてのキャリアが貧困から抜け出す方法だと決心したのはそのときだった。

    またルカクは子どものころ、対戦相手の親に出身地を尋ねられ、プレーする資格を持っているのか質問されるなど、偏見の目で見られていたことを明かした。

    「『何だって?自分はアントワープで生まれ、ベルギーの出身だ』と思ったよ」と話している。

    さらにルカクは「アパートにはネズミが走り回っていて、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)も見ることもできず、他人の親からの視線もあって、大きな怒りの気持ちを持ってプレーしていた」と続けた。

    「必死だった。12歳のときには34試合で76点を決めたよ」

    ルカクは16歳の時にベルギー1部リーグのRSCアンデルレヒト(RSC Anderlecht)と契約を結び、それから11日後に代表デビューを飾った。W杯に臨むベルギー代表の初戦となったパナマ戦では、2得点を挙げる見事なスタートを切っている

    6/23(土) 21:19配信
    2018-06-23_23h31_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000029-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/23(土) 22:56:18.63 ID:CAP_USER9.net
    6/23(土) 22:55配信
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグG組 ベルギー5―2チュニジア(23日・モスクワ)  

    ロシアW杯1次リーグG組のベルギー―チュニジアは5―2で、ベルギーが圧勝した。  

    開始から主導権を握ったのは、ベルギー。前半6分。FWのE・アザールがPKを押し込んで先制。同16分には高い位置でボールを奪取してから最後はFWルカクが強烈な左足シュートを沈め、追加点。ルカクは同ロスタイムにこの日2点目を奪い、2戦連続マルチ弾。

    大会通算4得点とし、ポルトガル代表FW・Cロナウドに並び得点ランク首位に立った。

    2点リードで後半に入ってもベルギーの勢いは衰えず。ロングパスに抜け出したE・アザールが冷静なボールタッチでGKを交わし、この日2点目。3点差となった後は、ルカクとE・アザールを下げる余裕を見せた。終わってみれば大量5得点を奪い、2連勝。最終節は引き分け以上で、24日のイングランド―パナマ戦の結果次第では最終節を待たずに決勝トーナメント進出が決まる。
    2018-06-23_23h07_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00010002-spht-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ