海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロシアW杯

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 05:17:43.12 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 5:01配信

    西野ジャパン、初戦直前入れ替えも―。19日にコロンビアと初戦を迎える日本代表のFW岡崎慎司(32)=レスター=が16日、負傷のため大会登録の23人から外れることが濃厚になった。右ふくらはぎを負傷し、大会期間中には完治しないと判断されたもようで、3大会連続出場は絶望的。冒頭15分のみ公開となった16日の練習もただ1人、グラウンドには現れず。代わりにはバックアップメンバーとして帯同しているFW浅野拓磨(23)=ハノーバー=が登録されることになりそうだ。

    大事な初戦の3日前、西野ジャパンに衝撃が走った。冒頭15分のみ公開された練習。ピッチにはバックアップメンバーのFW浅野も含めた23人が現れた。だが、帯同している24人のうちただ1人、FW岡崎だけがピッチに現れなかった。関係者によると、負傷のため大会登録の23人のメンバーから外れる可能性が極めて高いという。

    岡崎は12日の親善試合、パラグアイ戦(インスブルック)で右ふくらはぎを負傷。もともと痛めていた右膝でも、左足首でもなかった。負傷部位をかばったのが影響した可能性もある。ゼーフェルト(オーストリア)の事前キャンプ地からカザン入りしても14、15日と完全別メニュー。ロシアでは一度もチーム練習に合流していない。西野朗監督(63)も15日の練習後には「非常に(状態が)厳しい選手もいます。岡崎(の状態)が一番気になる」と話していた。

    W杯のレギュレーションでは、初戦の24時間前までは選手の入れ替えができる。日本代表は現地時間19日午後3時(日本時間同午後9時)に1次リーグH組初戦でコロンビアと戦うため、18日午後3時までに診断書とともに国際サッカー連盟(FIFA)に提出すれば、選手の入れ替えが可能だ。現状ではサポートメンバーとして帯同しているFW浅野を登録する見込みだ。

    過去には2006年のドイツ大会直前にDF田中誠(当時磐田)が左太ももの肉離れで離脱。代わりにDF茂庭照幸(当時F東京)が米ハワイで休暇中に緊急招集されてメンバーに加わったこともある。大会直前のメンバー入れ替えは3大会ぶりとなる。

    5月中旬にガーナ戦(日産ス)のメンバー発表した際に、「ゲームの中での総合的な役割というのは代えがないと私は評価している」と指揮官が話し、W杯に必要と判断された。今大会でゴールすれば3大会連続の得点となるはずだった。前回大会のコロンビア戦で唯一ゴールを奪った男でもある。だが、大会直前に西野ジャパンは大事な1ピースを外さざるを得ない状況になった。

    ◆岡崎のW杯 10年南アフリカ大会で初出場。全4試合にいずれもFWとして途中出場し、1次リーグ(L)3戦目のデンマーク戦で後半42分に左足で初ゴールを決めた。14年ブラジル大会はFWで1次Lコートジボワール戦、ギリシャ戦ともに先発フル出場。コロンビア戦で前半ロスタイムに頭で同点ゴールを決めるも、後半24分に退いた。
    2018-06-17_06h45_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000055-sph-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 05:15:11.33 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 5:10配信
    西野監督、本田外しを決断…コロンビア戦ベンチスタート

    サッカー日本代表MF本田圭佑(32)=パチューカ=が、19日のロシアW杯H組1次リーグ(L)初戦コロンビア戦での先発落ちが16日、濃厚になった。戦術練習で主力組を外れているという。西野朗監督(63)は4月の就任以来、本田を信頼し続けてきたが、2試合連続で結果を出せなかったことなど考慮し、最も重要なコロンビア戦はベンチスタートにする決断を下した。

    本田にとって特別なW杯の初戦はベンチスタートが濃厚になった。日本サッカー協会関係者によると、15日のセットプレー確認をはじめ、戦術練習は控え組でプレーしたという。16日もクラブハウスからグラウンドに向かう際の顔つきは険しく、厳しいW杯になったことを表していた。

    土壇場でのスタメン落ちでもある。3月のベルギー遠征まで約半年招集しなかったハリルホジッチ前監督が4月に解任され、西野監督が後任に就いて追い風は吹いた。西野ジャパン初戦の先月30日のガーナ戦(0●2)、8日のスイス戦(0●2)と2試合連続で先発し、攻撃の中心に据えられた。しかし、2試合を通じて、1年9か月ぶりの国際Aマッチ得点を決める事はできなかった。一方で出場しなかった12日のパラグアイ戦(4○2)では、同じトップ下のポジションを争うMF香川が1得点2アシストし、活躍した。

    連続3大会目のロシアW杯は集大成と位置付けている。初出場した10年南ア大会は1次L初戦のカメルーン戦で初得点を決める →→ など2得点し、16強入り。14年のブラジル大会は初戦のコートジボワール戦でゴールするも1次L1分け2敗の惨敗だった。「優勝」「3大会連続初戦得点」も狙っていると公言していた。

    ロシアは本田がかつてプレーした場所。10年1月から4年間、CSKAモスクワでプレーし、リーグ、カップ戦合わせて4つのタイトルを獲得した。昨年12月に「ロシアでやるW杯です。皆さん、覚えているか、忘れているか分からないですけど、4年間、あそこで住んでいた。そんな日本人なかなかいない。必ずアドバンテージになる」と話しており、ロシアでのプレーに自信を示していた。

    本田は不発だった8日のスイス戦後、「この2試合、個人的に結果を出せていない。危機感を感じています」と話していた。レギュラー落ちもあり得る状況になっていたが、ロシア・カザン入りしてから杞憂(きゆう)が現実になった格好だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000016-sph-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 05:54:28.55 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 5:52配信
    スポーツ報知
    クロアチア、ナイジェリアに快勝 前半OG先制、後半モドリッチPK弾でD組首位発進

    2点目を喜ぶクロアチア代表イレブン(ロイター)
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグD組 クロアチア―ナイジェリア(16日、カリーニングラード)

    クロアチアがナイジェリアに快勝し、勝ち点3を手にした。前半32分にオウンゴールで先制。後半26分にはMFモドリッチがPKを決めて逃げ切った。クロアチアは、アルゼンチン、アイスランドもひしめくD組で首位発進となった。

    欧州屈指のタレント擁するクロアチアが、セットプレーで先手を取った。前半32分の右CK。モドリッチがニアサイドに蹴り込むと、MFレビッチが頭でそらした。そしてゴール正面のマンジュキッチが低い位置で飛び込むようにヘディングした。するとボールはナイジェリアMFエテボに当たって方向が変わり、ゴールに吸い込まれた。

    後半25分にはペナルティーでマンジュキッチがDFエコンに抑え込まれてPKを獲得。主将のMFモドリッチは冷静にゴール左下隅にグラウンダーのシュートを決めて2点目を入れた。
    2018-06-17_06h01_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00010001-spht-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 02:56:27.90 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 2:54配信
    デンマークがポウルセン弾で白星発進…ペルーはVARでPK獲得も痛恨の失敗

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が16日に行われ、ペルー代表
    とデンマーク代表が対戦した。

    9大会ぶり出場のペルーは、ジェフェルソン・ファルファンらが先発出場した一方、ドーピング違反での出場停止処分が凍結されてW杯出場が叶った“英雄”のパオロ・ゲレーロはベンチスタートとなった。対する2大会ぶり出場のデンマークは、エースのクリスティアン・エリクセンや守護神のカスパー・シュマイケルらが先発メンバーに名を連ねた。

    前半はデンマークがボールを支配した一方で、ペルーは素早い攻撃から積極的にミドルシュートも放ち相手ゴールを狙う。デンマークは35分、ウィリアム・クヴィストが負傷したため、ラセ・シェーネを投入する。ペルーは44分、クリスティアン・クエバがエリア内で倒されると、一度は流されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によりPKを獲得。だが、自らキッカーを務めたクエバは枠を大きく外してしまい、先制のチャンスを逃した。

    試合は後半に入って59分、デンマークが先制に成功する。ユスフ・ポウルセンがエリクセンのスルーパスでエリア内左に抜け出し、冷静に左足シュートを沈めて先制点を挙げた。失点したペルーは62分にエディソン・フローレスを下げてゲレーロを送り出し、1点を追って猛攻を仕掛ける。79分にゴール前のゲレーロがヒールシュート、84分にはファルファンがエリア内フリーでシュートを放つが、どちらも得点には結びつかず。

    試合はこのまま1-0でデンマークが勝利。21日のグループC第2戦はペルーがフランス代表と、デンマークがオーストラリア代表と対戦する。

    【スコア】
    ペルー代表 0-1 デンマーク代表

    【得点者】
    0-1 59分 ユスフ・ポウルセン(デンマーク)
    2018-06-17_03h05_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00777780-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Boo ★:2018/06/16(土) 22:51:43.89 ID:CAP_USER9.net
    ビートたけしが16日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、開催中のサッカーW杯について安住紳一郎アナから意見と求められ、「インチキの固まりみたい」と酷評した。

    安住アナウンサーがスペイン対ポルトガル戦を振り返り、ポルトガル代表のC・ロナウドがフリーキックを決めたことについて、たけしに「フリーキックを決めるってどんな気持ちでしょうね」と意見を求めた。

    たけしはしばらく沈黙した後、「サッカー見てると、ひっくり返ったやつがわざとらしく痛がって、全然ペナルティーをとられないと普通に立ち上がって走ってるから」と選手の中にはフリーキックを狙ってわざと転ぶ者がいると指摘。

    「泣き叫んでたのに。インチキの固まりみたい。何回もやると反則なんでしょ」と話していた。
    2018-06-17_00h30_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000164-dal-ent
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/16(土) 23:55:02.97 ID:CAP_USER9
    6/16(土) 23:54配信
    メッシのPKをストップ! 初出場アイスランド、アルゼンチンと価値あるドロー

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が16日に行われ、アルゼンチン代表とアイスランド代表が対戦した。

    1986年大会以来の優勝を目指すアルゼンチンはリオネル・メッシ、アンヘル・ディ・マリアらがスタメン入り。ホルヘ・サンパオリ監督が前日会見で発表した通りの11名となった。初出場のアイスランドはアルフレズ・フィンボガソンが1トップに入る4-5-1の布陣で臨む。

    19分、攻め上がったマルコス・ロホがグラウンダーで早いボールを中に入れると、セルヒオ・アグエロが反転から左足を振り抜く。このシュートがゴール左隅に決まり、アルゼンチンが先制した。対するアイスランドは5分後の24分、右サイドからクロスを入れると、GKウィリー・カバジェロが弾いたボールをアルフレズ・フィンボガソンが押し込んで、すぐさま同点とする。

    後半に入り64分、ホロドゥル・マグヌソンがエリア内でアグエロを倒し、アルゼンチンにPKが与えられる。しかし、メッシのPKはGKハンネス・ソール・ハルドーソンがセーブした。

    試合は1-1で終了。次戦は21日、アルゼンチンはグループD第2戦でクロアチア代表と対戦。価値ある勝ち点1を獲得したアイスランドは翌22日にナイジェリア代表と対戦する。

    【スコア】
    アルゼンチン代表 1-1 アイスランド代表

    【得点者】
    1-0 19分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)
    1-1 24分 アルフレズ・フィンボガソン(アイスランド)
    GettyImages-976168714-500x333
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00777655-soccerk-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/16(土) 20:53:08.03 ID:CAP_USER9.net
    6/16(土) 20:52配信
    フランスが“最新技術判定”から2得点! グリーズマン&ポグバ弾で豪州下す

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が16日に行われ、フランス代表とオーストラリア代表が対戦した。

    フランスは19歳の若さで10番を背負うキリアン・ムバッペ、21歳のウスマン・デンベレが両翼を務め、頂点にアントワーヌ・グリーズマンが入る3トップの布陣。一方のオーストラリアは浦和レッズのアンドリュー・ナバウトがスタメンに名を連ねている。

    スコアレスで迎えた57分、グリーズマンが抜け出すとジョシュ・リズドンがスライディングで止める。このシーンが今大会から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の対象となり、主審はフランスにPKを与えた。このPKをグリーズマンが決めて、58分にフランスが先制する。するとその4分後の62分、サミュエル・ユムティティがエリア内でハンドを犯し、オーストラリアがPKを獲得。このチャンスをミル・ジェディナクが決めて同点とした。

    迎えた81分、フランスが細かいパスワークで攻め込むと、ポール・ポグバがシュート。クロスバーの内側に当たり、一度はGKマシュー・ライアンがキャッチしたものの、ゴールラインテクノロジーによりボールが完全にラインを割ったとジャッジされ、フランスが勝ち越しに成功した。

    試合は2-1で終了。グループC第2戦は21日、フランスはペルー代表、オーストラリアはデンマーク代表と対戦する。

    【スコア】
    フランス代表 2-1 オーストラリア代表

    【得点者】
    1-0 58分 アントワーヌ・グリーズマン(PK/フランス)
    1-1 62分 ミル・ジェディナク(PK/オーストラリア)
    2-1 81分 ポール・ポグバ(フランス)
    GettyImages-976126010-500x333
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00777653-soccerk-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/16(土) 18:02:57.84 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップは16日にグループCの初戦が開催。フランスとオーストラリアのスターティングメンバーが発表された。

    【フランス代表 先発メンバー】

    GK
    1 ウーゴ・ロリス(トッテナム)

    DF
    2 ベンジャマン・パバール(シュツットガルト)
    4 ラファエル・バラン(レアル・マドリー)
    5 サムエル・ウムティティ(バルセロナ)
    21 ルーカス・エルナンデス(アトレティコ・マドリー)

    MF
    6 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
    12 コランタン・トリッソ(バイエルン)
    13 エンゴロ・カンテ(チェルシー)

    FW
    7 アントワーヌ・グリエーズマン(アトレティコ・マドリー)
    10 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
    11 ウスマン・デンベレ(バルセロナ)

    【オーストラリア代表 先発メンバー】

    GK
    1 マシュー・ライアン(ブライトン)

    DF
    5 マーク・ミリガン(アルアハリ)
    16 アジズ・ベヒッチ(ブルサスポル)
    19 ジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー)

    MF
    13 アーロン・ムーイ(ハダースフィールド)
    15 ミル・ジェディナク(アストン・ビラ)
    20 トレント・セインズバリー(グラスホッパーズ)
    23 トム・ロギッチ(セルティック)

    ▽FW
    7 マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)
    10 ロビー・クルーズ(ボーフム)
    11 アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ)
    2018-06-16_18h42_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00010014-goal-socc
    続きを読む

    1:代行@ベクトル空間 ★:2018/06/16(土) 13:48:18.71 ID:CAP_USER9.net
    ◇日本代表カザン合宿(2018年6月15日)

    西野ジャパンに新たな不安要素が現れた。

    埼玉スタジアムなど一般的なピッチは20ミリだが、カザンの練習場ピッチの芝は24ミリと長い。前日の開幕戦の映像を確認した指揮官は「ピッチがどこも悪い。ここも非常にやりにくい。どうしてもボールがブレる。(初戦の)サランスクはさらに長いと聞いている」と嘆いた。

    練習後には武藤や原口、乾がドリブルについて意見交換。
    武藤は「芝も長いので、ドリブルがしにくい。(技の)バリエーションや可能性を想定した」と話した。
    2018-06-16_14h47_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000068-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ