海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロシツキー

    1:Egg ★:2017/12/23(土) 18:34:14.17 ID:CAP_USER9.net
    20日にチェコ1部のスパルタ・プラハに所属する37歳の元チェコ代表MFトマシュ・ロシツキが現役引退を表明した。この発表を受け、ドイツ2部のザンクト・パウリに所属する元日本代表FW宮市亮が自身のインスタグラムを21日に更新している。

    ロシツキは2006年からアーセナルに在籍し、10年間にわたり中心選手として活躍した過去を持つ。宮市は2011年にアーセナルに加入するも英国就労ビザの発行基準を満たさなかったため、オランダ1部のフェイエノールトへ期限付き移籍した。その後もボルトンやウィガン、トゥウェンテなどを渡り歩いている。

    2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに加入したが、加入直後の7月に左膝の前十字靭帯を断裂して長期離脱を強いられた。その後復帰を果たし、2シーズンでリーグ戦23試合に出場したが、今年6月には練習中に右足の前十字靭帯を断裂。再び長期離脱を強いられることに。それでも8月、宮市はザンクト・パウリと2019年6月まで契約を延長している。

    宮市はロシツキの現役引退について「これまでのサッカー人生の中で本当に影響を受けた選手でした。色々なアドバイス本当にありがとう。サッカーに関しても、人としても一流とはまさにあなたの事だと思います。本当に尊敬しています。あなたに一歩でも近付けるようにこれからも頑張っていきたいです!お疲れ様でした!偉大な先輩」とコメントしている。

    https://www.footballchannel.jp/2017/12/22/post248087/

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/20(水) 21:18:34.00 ID:CAP_USER9.net
    元チェコ代表MFトマシュ・ロシツキー(37)が現役を引退を表明した。所属クラブのスパルタ・プラハが発表した。

    母国リーグのスパルタ・プラハでプロデビューを果たしたロシツキーは、2001年冬にドルトムントに移籍。2001-02シーズンにブンデスリーガ優勝を経験した。2006年夏にはアーセナルに移籍。2度のFA杯優勝を経験したが、度重なる怪我に悩まされ、満足いくシーズンを過ごすことができないこともあった。その後、昨夏スパルタ・プラハに復帰していた。

    また、チェコ代表としても105試合23得点の記録を残したロシツキーは、記者会見に出席し、「僕の体は、プロサッカー選手として試合への準備ができなくなってきた。慎重に考えた結果だ。ビッグクラブでもプレーできるよう最初のキャリアとして、僕を引き上げてくれたスパルタ・プラハに感謝したい」と引退を表明した。

    12/20(水) 20:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-01648004-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 17:19:02.59 ID:CAP_USER*.net
    アーセナルがドルトムントのMFヘンリク・ムヒタリアン(27)獲得に興味を示しているようだ。英『ガーディアン』が報じている。

    アーセナルのMFトマシュ・ロシツキー(35)とMFミケル・アルテタ(34)、MFマシュー・フラミニ(32)の中盤3選手の契約は今季までとなっており、未だ契約延長の話がないことから今夏の退団が濃厚とみられている。また、MFアレックス・オクスレード・チェンバレンの去就も不透明となっている。

    今冬にはバーゼルからMFモハメド・エルネニーを獲得したが、アーセナルは中盤の再構築に向けて更なる中盤選手の獲得を希望。その中でもドルトムントで背番号10を背負うアルメニア代表MFに興味を示しているとのことだ。また、同紙によると、アーセナルはムヒタリアンと同様にボルシアMFのMFグラニト・ジャカ(23)の獲得にも関心があるようだ。
    2016-03-31_19h34_14
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-01625972-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459412342/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ