海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロッベン

    1: Egg ★ 2019/04/24(水) 06:08:10.71
    バイエルン・ミュンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは今季限りでの退団を表明しているが、海外メディアでは数多くの新天地のなかでFC東京も候補に含まれていることが報じられている。スペイン紙も「ロッベンは日本での新たな挑戦を見据えている」とJリーグ参戦の可能性を取り上げている。

    これまでチェルシーやレアル・マドリードなど世界屈指のビッグクラブでプレーしてきたロッベンは、2009年にバイエルンへ加入。リベリーと両ウイングから仕掛ける攻撃がチームの軸となり、“ロベリー”のコンビ名で世界でも人気を博した。在籍10年目を迎え、バイエルンはロッベンにとって最も所属歴の長いクラブとなったが、契約満了となる今季限りで退団となる。

    今季終了後にメジャーリーグサッカー(MLS)への移籍が有力であると報じられてきたが、ここにきてFC東京入りの可能性が急浮上しているようだ。伊メディア「カルチョ・メルカート」によると、ロッベンに対しMLSに加えて中国や中東、古巣のPSVや強豪インテルが関心を示しているとのことだが、日本からはFC東京がオファーを提示したと伝えている。

    さらに、スペイン紙「AS」は「ロッベンはMLSを通過して日本での新たな挑戦を見据えている」と見出しを打って報じ、「バイエルンのウィンガーはアメリカではなく日本のJ1リーグへの移籍を好んでいるのかもしれない」と綴っている。世界中のファンを魅了したカットインシュートが、Jリーグで見られる日は来るのだろうか。

    4/24(水) 6:01 フットボールゾーン
    2019-04-24_07h21_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00184746-soccermzw-socc

    続きを読む

    51073_ext_04_0

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/23(火) 07:13:32.02
    イタリアの移籍情報サイト「カルチョ・メルカート」は22日、今夏にドイツ1部バイエルン・ミュンヘンを退団することを表明している元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(35)に対し、J1・FC東京が獲得のオファーを出したと報じた。

    同サイトは「6月にBミュンヘンとの契約が切れるロッベンは、JリーグのFC東京からオファーを受けた」と短く伝えた。

    かねて噂されていたロッベンのJリーグ移籍。2010年W杯南アフリカ大会でオランダの準優勝に貢献した名手へのオファーについて、FC東京関係者は金銭面の問題を理由に否定した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000009-sanspo-socc
    4/23(火) 7:00配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 13:04:39.30
    バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(35)に対し、FC東京がオファーを送ったとイタリア『カルチョメルカート』が報じている。

    今年6月に契約満了でバイエルンを退団すると見られるロッベン。同メディアは記事内で「6月に切れるバイエルンとの契約を更新しないアリエン・ロッベンが、現在Jリーグで首位を走る日本のチーム、FC東京からオファーを受けた」と伝えている。

    バイエルンの選手としてブンデスリーガ7度の優勝経験を誇るロッベンだが、加入10年目の今季は負傷により昨年11月から欠場が続いており、リーグ戦の出場はわずか9試合。ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとFC東京のほか、インテルやMLSのトロントFC、古巣PSVなどもロッベン獲得に興味を持っているという。

    4/22(月) 12:46配信 ゲキサカ
    2019-04-22_13h53_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-43466211-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/12(金) 07:47:36.13
    復帰の遅れるバイエルンFWアリエン・ロッベンが、現状に苛立ちを見せている。ドイツ『スカイスポーツ』が伝えた。

    バイエルンで10年目のシーズンを迎えているロッベン。ここまで15試合に出場して5ゴールを記録しているが、昨年11月の負傷以降、離脱が続いている。先月にはトレーニングへと復帰したものの、新たにふくらはぎを損傷。試合出場のメドは立っていない。

    今季でドイツ王者との契約が満了となるロッベンは、すでにシーズン終了後の退団を発表している。ブンデスリーガが残り6試合となる中、35歳のウインガーは現状にフラストレーションを溜め込んでいるようだ。

    「不安に思っている。今シーズン、もう一度バイエルンでプレーできるかわからないよ。ハッキリわからないのがまたイライラするね」

    バイエルン退団後も現役を続行するロッベンは、「数クラブからのオファーと電話がある。だけど、もちろん長期間トレーニングしたいんだ」と、移籍先を決めるよりもコンディションを上げることを最優先に考えていると明かした。

    ブンデスリーガ7度優勝の経験を持つロッベンには、インテルやMLSのトロントFC、古巣PSVやフローニンゲンが興味を抱いているという。また、明治安田生命JリーグのFC東京の関心が確認されている。

    キャリアを通じてケガに悩まされてきたロッベン。すでにバイエルンでのラストゲームを終えてしまったのかと恐れる35歳ベテランウインガーだが、今季中にピッチに立つことはできるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010004-goal-socc
    4/12(金) 7:04配信

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/09(火) 07:45:18.13
    バイエルン・ミュンヘンに所属する元オランダ代表のFWアリエン・ロッベンにメジャーリーグサッカー(MLS)への移籍の可能性が浮上してきた。7日付けの伊メディア『カルチョメルカート』が報じている。

    同メディアによると、トロントFCがロッベンに興味を持っているチームであると伝えている。また既に話し合いが行われたとも報じている。2006年に設立されたトロントFCは2017年にMLS初制覇を成し遂げた。今季も2試合少ないながらも首位と勝ち点差「3」の2位に付けている。

    ロッベンは既に今季終了後に10シーズン過ごしたバイエルンを退団する事を明言している。そんな35歳に対してはこれまでPSVや堂安律が所属するフローニンゲンといった古巣が獲得に興味を持っていると伝えられてきた。

    2009年から10シーズンにわたってバイエルンに在籍し、主力として数々のタイトル獲得に大きく貢献してきたロッベンだが今季は相次ぐ怪我で昨年11月を最後に出場機会がない。このままプレーすることなくドイツ王者を去り新天地に行くのだろうか。
    20180308_robben_Getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190409-00316978-footballc-socc
    4/9(火) 7:20配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/321579
    成績

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/25(月) 21:00:29.46
    元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)が、所属するバイエルン・ミュンヘンのユニホームを着てプレーする姿を見ることができない可能性があると、24日付の独紙ビルトが報じた。

    Jリーグへの移籍の可能性も報じられたロッベンは、昨年11月27日の欧州CLベンフィカ戦を最後に筋肉系の負傷で離脱している。4カ月が経過した、いまだに復帰のめどが立っていない状況だという。

    1月のカタール合宿に参加したことで復帰間近だったが、今度は太ももを負傷で再離脱となった。さらに今月9日のウォルフスブルク戦、そして13日欧州CLリバープール戦での復帰の可能性があったが、右ふくらはぎの肉離れを起こしてしまい「休養からリハビリ、復帰、そしてまた負傷」を繰り返している。

    同紙によると、ロッベンは現在、股関節と骨盤の間辺りに筋肉系の問題が見つかったという。治療をするのが難しい場所なだけに、トレーニングの負荷を下げる措置をとらざるをえず、現在は個別メニューでリハビリを行っていると報じた。4月6日のドルトムント戦での復帰を目指しているが、負傷の連鎖が続くと今季終了後までプレーできない可能性もあると伝えた。

    Bミュンヘンとは今季終了までの契約。次の移籍先が国外リーグならば、今季がブンデスラストシーズンとなる。最悪の場合、ブンデスリーガでもうロッベンのプレーを見られない可能性もある。クラブのサリハミジッチSDは「少し良くはなってきている。いつまたコンディションが良くなるかは言えない」と言葉を濁していた。(中野吉之伴通信員)
    2019-03-25_22h37_57
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-03250866-nksports-socc
    3/25(月) 20:28配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/16(土) 21:22:06.66
    バイエルンに所属する元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが、自身のコンディションについて語った。
    5日付のスペイン紙『マルカ』が同選手のコメントを伝えている。

    ロッベンは負傷のため、昨年11月27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節のベンフィカ戦以来公式戦のピッチに立てていない。

    1月29日にはトレーニングに部分合流したことが伝えられており、順調に回復に近づいていると思われた。しかし、ロッベンは現在の負傷状況について以下のようにコメント。公式戦のピッチに戻るにはまだ時間がかかることを明かした。

    「非常にイライラさせられている。治療のために様々なことに取り組んだが、それは効果を発揮していない。残念なことに、この負傷は大きな問題だ。何が原因なのか特定できないんだ。僕はこれまでに2度ほどチーム練習に合流したが、またケガが再発してしまった」

    現在35歳のロッベンは今シーズン限りでのバイエルン退団を表明していた。今季のブンデスリーガでは9試合に出場し3得点を記録している。10シーズンを過ごしたクラブで少しでも多くの試合に出場するため、同選手の一刻も早い復帰が待たれるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00907571-soccerk-socc
    2/16(土) 17:58配信

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/02(土) 08:47:41.61
    バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンは、今季限りでの退団が決定している。一部でJリーグ参戦の可能性が報じられるなか、英紙「インディペンデント」は「PSVとFC東京がロッベンを追走している」と、争奪戦はオランダの名門との一騎打ちだと伝えている。

    これまでチェルシーやレアル・マドリードなど世界屈指のビッグクラブでプレーしてきたロッベンは、2009年にバイエルンへ加入。元フランス代表MFフランク・リベリーと両ウイングから仕掛ける攻撃がチームの軸となり、“ロベリー”のコンビ名で世界でも人気を博した。在籍10年目を迎え、バイエルンはロッベンにとって最も所属歴の長いクラブとなったが、契約満了となる今季限りでの退団が発表されている。

    ロッベンには中国や中東からの関心も取り沙汰されているが、記事では「ロッベンは契約満了となる夏にバイエルンを去ることになり、FC東京とPSVの2クラブが彼のサインの筆頭として迫っている」と、現状2クラブによる一騎打ちだと指摘している。

    「PSVは35歳となったウインガーがキャリアの晩年で帰還することを望んでおり、かつてのチームメートであり、現在指揮官を務めているファン・ボメル監督との再開を計画している。その一方、彼は巨額のマネーでJリーグ参戦に迫っているとも報じられている。FC東京はベテランのワイドマンを引き抜くことに関心を抱き、新たなマーケットとなっている日本にさらなる欧州スターの追加を施そうとしている。イニエスタ、ポドルスキがヴィッセル神戸へ、トーレスがサガン鳥栖へと加入している」

    PSVはロッベンの古巣でもあり、指揮官はPSVやオランダ代表で同僚だったマルク・ファン・ボメル監督が務めている。有終の美を飾るべく古巣に凱旋する可能性もあるが、ロッベンにとって日本行きも魅力的な選択肢となっていることを主張していた。
    2019-02-02_10h02_31
    2/2(土) 6:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00167780-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/29(火) 05:56:30.62
    Bミュンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)が、今夏のJリーグ入りを検討していることが28日までに分かった。

    関係者によれば、FC東京入りが浮上しているという。神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)ら大物スターの加入が続くJリーグだが、世界屈指のドリブラーも参戦となれば、さらに盛り上がることは間違いない。

    またしても大物スターのJリーグ入りが現実味を帯びてきた。昨夏はイニエスタの神戸入り、トーレスの鳥栖移籍で沸いたが、今季も神戸がスペイン代表の歴代最多得点記録を保持するFWビジャを獲得。川崎Fにも元ブラジル代表FWダミアンが加入するなど、ビッグネームが続々と来日している。そんな中、今夏に“あの”ロッベンが加わる可能性が急浮上した。

    ロッベンは元オランダ代表のスーパースター。クラブでもチェルシーやRマドリードなど世界屈指の名門で活躍するなど、そのキャリアはまさに輝かしいばかりだ。代名詞は何といっても独特のリズムと左足から繰り出される高速ドリブル。オランダが準優勝した10年W杯南アフリカ大会では、岡田ジャパンとも1次リーグで対戦しており、日本でもトップクラスの知名度を誇る。

    既に6月末で契約が満了するBミュンヘン退団を表明。去就が注目され、中国や中東などのクラブから数多くのオファーが舞い込んでいるとされる中、ロッベンが最有力に挙げているのが日本だ。意向が強く反映されると言われているロッベンの家族も日本行きには前向きのようで、ロッベン自身もJクラブとの交渉役を担う代理人の委任状に極秘裏にサインしたという。

    関係者によれば「複数のJクラブが興味を示しているが、獲得に近い位置にいるのがFC東京」という。FC東京はかねて東京という立地を生かすためにビッグネームを迎え入れたい意向を持っており、既に水面下で調査を開始。スポンサーの後押しもあり積極的な姿勢を見せているようで、FC東京の青赤のユニホームを着た高速ドリブルが見られるかもしれない。今後の交渉の行方に注目だ。

    ◆アリエン・ロッベン 1984年1月23日生まれ、オランダ出身の35歳。
    16歳の00年に地元フローニンゲンでプロデビュー。
    PSVを経て04年3月にチェルシー、07年8月にRマドリードに移籍。
    09年8月に加入したBミュンヘンでは12?13年シーズンに欧州CL制覇。
    オランダ代表には各年代で選出されW杯には06、10、14年と3度出場。
    10年はスペインに敗れて準優勝もベスト11に選出。国際Aマッチは96試合37得点。1メートル80、80キロ。利き足は左。
    2019-01-29_12h11_44
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/01/29/kiji/20190128s00002014338000c.html
    2019年1月29日 05:43

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/08(火) 20:46:45.09
    バイエルン・ミュンヘンのアリエン・ロッベンが自身の将来について語っている。クラブ公式サイトが伝えた。

    2009年からバイエルンでプレーするロッベンは、今季終了後に退団することを発表済み。母国オランダへ戻る可能性の他、日本を始めとするアジア、そしてイタリアのインテルが興味を示していると報じられた。

    そんな中、ロッベンは自身の将来に言及。オファーがあることに関して「誇りに思うし、幸せなこと」と話しつつ、このように続ける。

    「代理人である父はここ数週間忙しそうだったけど、クラブから興味を持たれると聞くのはいい気分だね。僕の将来はまだオープンだ。今は再びフィットし、チームに戻ることに集中する必要がある。いつになるかはわからないけど、決断を下さなければならない。シーズン終了までは待たせないだろう。僕には家族がいて、プランもあるからね。他のチームからの興味には本当に感謝している」

    また、ロッベンはバイエルンと同じドーハでキャンプ中の古巣PSVを来訪。一部で復帰の可能性が伝えられたが、「オランダ代表やPSV、バイエルンでプレーしたマルク(ファン・ボメル)は今でもいい友人の一人だ。古い友人と一緒に練習を見ていただけ」と話すにとどまっている。
    2019-01-08_23h01_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010012-goal-socc
    1/8(火) 20:30配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ