海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロッベン

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/11(火) 06:58:33.07 _USER9
    来夏のバイエルン・ミュンヘンからの退団を表明した元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンだが、将来については「すべてがオープン」とまだ決断を下していないようだ。ドイツ誌『キッカー』 とのインタビューに応じた同選手は、現役引退の可能性も示唆している。

    2009年夏にバイエルンに加入したロッベンはドイツで公式戦305試合に出場して143ゴールを記録。ブンデスリーガでは198試合で98ゴールを挙げ、3桁の大台に迫っている。元フランス代表MFのフランク・リベリらとともにバイエルンで一時代を築き、2012-2013シーズンはクラブの3冠獲得に大きく貢献した同選手は、退団後も現役生活を続けるのかとの質問に対して、このように答えた。

    「まだ100%決めたわけではない。完全にやめるかもしれないよ。僕は今、どのようなチャンスがあるのかを見たい。そういう状況にいる。バイエルンを離れることは誰もが知っている。本当に100%の確信で、『これは魅力的だし、やってみたい』という気持ちにさせるオファーが届けばプレーを続ける。
    理想的なオファーがなかったら、引退も考えられる」

    以前、中国からの誘いを断ったと明かしていたロッベン。「お金のためにアジアに向かう可能性は?」と問われると、「子供3人の家族がいるし、みんなに幸せに過ごしてほしい。それは中国や砂漠の国(中近東)に限らず、どこでも同じ。どんな決断においても家族のことを重視したい」と強調。そうなると、母国オランダへの復帰がより現実的なのだろうか。

    「バイエルンを離れるといったニュースは、オランダで大きく取り上げられたからね。でも帰国に関して約束はできないと以前から話している。約束すれば、それを守らなければいけないので、故郷のクラブであるフローニンゲンとは連絡し合っている関係と話すだけにとどめてきた。いかなる形であろうと、今後も(フローニンゲンとの関係は)続くだろう。だが、今は来年のことについて、まったく何も言えないよ。すべてがオープンなんだ」

    オランダ紙『フォルクスクラント』は先日、フローニンゲンやPSVなど古巣のほか、恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティやアメリカのMLS、そして日本のJリーグをロッベンの新天地候補に挙げていた。だが、来年1月に35歳の誕生日を迎えるウィングが決断を下すのはまだ先となるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00010000-goal-socc
    12/11(火) 6:31配信

    no title

    no title


    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/321579
    成績

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/05(水) 12:42:03.05 _USER9
    今季限りでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンに古巣のクラブが興味を示しているようだ。

    現地時間2日、ロッベンは「今年が最後の年になると言える。それでいいと思う。クラブは前へ進んでいくし、僕も前へ進んでいくだろう。長く素晴らしい時期の終わりだ」と10年間過ごしたバイエルンを去る事を認めた。

    そんなロッベンに対し古巣のフローニンゲンが興味を指名しているとオランダ紙『Dagblad Noorden』が報じている。

    同紙はフローニンゲンでマネージャーを務めるハンス・ナイラント氏の「アリエンの父であるハンスが日曜日の午後にバイエルン退団を決断した事を私に伝えてきた」とのコメントを掲載している。さらに「次の日にはロッベンにメールを送ったよ。もしアリエンが将来的に何らかの形で我々のクラブに貢献してくれるのであればとても素晴らしい事だ」と同氏は話している。

    ロッベンにとってフローニンゲンは2000年にサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた特別なクラブだ。ここからPSV、チェルシー、レアル・マドリーそしてバイエルンとビッグクラブでプレーしてきた。

    フローニンゲンには日本代表のMF堂安律がプレーしており今後の状況次第では両者が共演する可能性もあるかもしれない。
    20181205_robben_getty-560x373
    12/5(水) 7:20配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00299898-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/05(水) 06:02:33.64 _USER9
    🌑マンC、トロント、そしてフローニンヘンとともに
    2018-12-05_08h27_56
    名手アリエン・ロッベンは日本へやって来るのか。俄然、注目度が高まっている。

    元オランダ代表のカリスマは先週土曜日、今シーズンいっぱい(2019年6月末)で満了となるバイエルン・ミュンヘンとの現行契約を更新しないと発表。およそ10年間に渡ってともにトップシーンを駆け抜けた超名門に、別れを告げる決断を下した。2018-19シーズンはここまで怪我などで欠場するケースはあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストと相変わらずの貢献ぶりを示している。

    ロッベン自身は現役続行か、あるいは引退するかを明言していない。「現時点ではさまざまなオプションがある、としか言えない。もし現役を続けるならばそれは僕自身が100パーセントやれると確信した時だけだ」とコメントし、「もちろん家族の意見を尊重する。僕だけでなく妻や子どもたちも楽しめるものにならなければならない」と付け加えた。

    はたして34歳となった稀代のドリブラーはどんな決断を下すのか。メディアを中心にさまざまな情報や憶測が錯綜しているが、これまで何度もロッベンを取材している名物記者が踏み込んだコラムを掲載した。オランダ全国紙『Volkskrant』のヴィレム・ヴィセルズ記者だ。

    敏腕はこう綴っている。

    「ロッベンにとってフットボールは情熱だ。そして彼は完璧主義者であり、練習の鬼だ。輝かしいキャリアのなかにあっても常にそのスタンスを崩さず、哲学を貫いてきた。だからこそ今回、彼は悩んだ末にバイエルン退団を決めたのである。通常よりうんと早い秋に公表するのだから、実にロッベンらしいと言えるだろう」

    ラジオ局のインタビューで選手本人が明らかにしたように、ヴィセルズ記者も中国や中東のクラブでの現役続行は現実的ではないと断じる。

    「中国やカタールのような国でプレーすることを彼は良しとしないだろう。そこには確かなクオリティーがなく、野心もない。ましてや家族の生活を重視するロッベンにしてみれば、大きな魅力とはなり得ないはずだ。もともとカネで動く選手ではない。いつだってフットボールを心底楽しみたいと、そう欲している選手なのだから」

    つづく

    12/5(水) 5:10 サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51109

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/04(火) 05:55:49.01 _USER9
    ついに名手が、慣れ親しんだ赤いキットに別れを告げる。

    日曜日、元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンが声明を出し、今シーズンいっぱいでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した。34歳のウインガーとドイツ王者の現行契約は2019年6月末まで。延長交渉は行なわれず、そのままフリートランスファーとなるようだ。

    2009年夏に鳴り物りでバイエルンに入団。この9年間で掴んだタイトルは合計13個で、ブンデスリーガが7度、DFBポカール(ドイツカップ)が4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップがそれぞれ一度ずつと輝かしい。今シーズンはここまで膝の怪我などでベンチ外となるケースがあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストとしっかり存在を示している。

    来夏以降の身の振り方はまったくの未定としており、現役続行か引退かも明確にはされていない。そこで、母国オランダのスポーツラジオ局『NOS Langs de Lijn』がロッベン本人を直撃し、その胸中に迫った。

    なにを置いても、バイエルンを離れるという決断そのものが痛みを伴ったという。

    「本当に難しい選択だったよ。僕のキャリアのなかで一番だったといっても過言ではない。いろんな出来事が走馬灯のように蘇ってね。でももう決めたことさ。残る時間を大切に過ごしたいと思う。先のことかい? 正直に言うよ。プレーを続けるか、引退するか、あらゆるオプションがある。それが事実なんだ」

    現役を続ける条件として挙げたのは、“家族の同意”だ。「もし現役を続けるなら100パーセントの確信がなければやらない。ベストを尽くせるか、楽しくやれるかも大事だ」と話したうえで、「それは家族も同じ。妻と子どもたちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない。家族はいつもひとつだからね」と説明した。

    これはドイツやオランダをはじめとした西欧諸国ではなく、アメリカやアジアという地での新たな生活を意味しているのか。インタビュアーが兼ねてから噂されている中国スーパーリーグからの誘いについて問うと、ロッベンはあっさりとこれを否定した。

    「まだなにも決めてはいないけれども、中国あるいは中東のクラブでプレーするというオプションは存在しない。とにかくいまはオープンに物事を考えているよ。いくつかのオファーがあるのは確かだ。よく吟味して、ゆっくり決めたい。といってもあまり時間はないんだけどね」

    つづく
    2018-12-04_08h28_41
    12/4(火) 5:08 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/12/03(月) 18:15:14.72 _USER9
    2009年から9年間で公式戦143得点101アシストを挙げた快足ウインガーの去就に世界注目

    元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが現地時間2日、今季限りでバイエルンを退団すると発表した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」はロッベンの去就について、スター選手が集う日本のJリーグも候補になるのではと言及している。

    ロッベンは2009年にレアル・マドリードからドイツの名門へ移籍。ドイツ公共放送「DWスポーツ」によれば、9シーズンのプレーで公式戦305試合143得点101アシストという成績を残した。

    右サイドから中央へカットインしてシュートを放つ一撃必殺は34歳となった今も健在。今季もここまで14試合で5得点1アシストを記録している。

    ロッベンは現役引退の意向はないとしているため、来季以降の去就には注目が集まる。記事では、将来のことはまだ不透明であるとしたうえで、新天地予想で日本のJリーグの名前も飛び出している。

    「今季の彼の好調ぶりから考えれば(アメリカの)MLSや、アンドレス・イニエスタやルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが移籍してホットな行き先となっている日本でキャリアを続けるということが思い浮かぶ。しかし、彼の負傷履歴を考えれば、スパイクを脱ぐという可能性があるかもしれない」

    現役引退も含め、海を渡った海外でプレーを続ける可能性など多くの選択肢があるのではと言及されている。スター選手加入が相次ぐJリーグへの参戦という期待も高まるが、オランダが誇るドリブラーはどのような道を選ぶのだろうか。
    2018-12-03_18h20_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00151894-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/03(月) 06:48:02.68 _USER9
    元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが、ドイツの絶対王者バイエルンを今季で退団することを発表した。ドイツメディア『ビルト』やイギリスメディア『BBC』が報じている。

    オランダの稀代のウィンガーで現在34歳のロッベンは、2009年から所属するバイエルンでブンデスリーガ198試合に出場。98ゴールを記録し、およそ2試合に1点は得点を決め、ゴールを量産してきた。また、バイエルンでは7度のリーグ優勝とチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げてきている。

    ロッベンは12月2日、次のように自身の去就について言及。引退ではないことを強調している。

    「今季が僕にとってバイエルンで最後の年なんだ。良い時期だと思う」

    「クラブは日々動き続け、僕も動いている。長いバイエルン生活を終える良い頃だと思う。まだ完全にサッカーを止めるつもりはない」

    オランダがスペインに敗れた2010年のワールドカップ決勝でもプレーしていたロッベンは、現在日本代表MF堂安律が所属するフローニンゲンでキャリアをスタート。その後、オランダの名門PSVで活躍するとチェルシー、レアル・マドリードでブレイクし、2009年にバイエルンに加入していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00871723-soccerk-socc
    12/3(月) 6:41配信

    no title

    続きを読む

    20151207120210afd
    1:風吹けば名無し:2018/03/02(金) 20:33:01.82 ID:QtzHf7S8a.net
    膝とか痛く無いん?
    2:風吹けば名無し:2018/03/02(金) 20:33:28.20 ID:tQfpWfZE0.net
    失敗したヤツおったぞ
    5:風吹けば名無し:2018/03/02(金) 20:34:30.33 ID:QtzHf7S8a.net
    >>2
    結構難しそうやもんな
    続きを読む

    o0557031113263304828

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/01/30(火) 14:39:54.243 ID:LcBqAZ0r0.net
    あと1人は?
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/01/30(火) 14:40:13.455 ID:BFx3tns30.net
    バティストゥータ
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/01/30(火) 14:40:21.327 ID:xeyZ/stap.net
    ジダン
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/24(金) 12:09:15.99 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンのFWアリエン・ロッベンが今シーズン終了後に現役を引退する可能性を示唆した。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

    33歳のロッベンはオランダ代表がロシアW杯出場を逃した1か月前、同代表からの引退を表明していた。2009年にバイエルンに加入。9年目になる今シーズンは公式戦18試合すべてに出場している。シーズン終了後に契約が切れるが、その後については去就が不透明なままだ。

    ユップ・ハインケス監督はロッベンがチームにもたらしたインパクトを賞賛しており、契約を延長する可能性について言及しているが、ロッベン本人はまだ決断を下せていない。

    ロッベンは独『キッカー』に「シーズン終了後については分からない。なにか新しいことにチャレンジするか、バイエルンでまた3年間プレーするか。どんな可能性もある」と現役引退の可能性を示唆。

    「自分のサッカーを楽しみつつ、なるべく高いレベルでプレーしていきたいと思っている。だけどいつまでそれができるかは分からない」と言及している。
    2017-11-24_14h20_46
    11/24(金) 11:24配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-01646685-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/12(木) 16:51:31.65 ID:CAP_USER9.net
    「最高の日々だった」
    美しきドリブルも遂に最終地へと到達したのかもしれない。オランダ代表のキャプテンを務める天才アタッカー、アリエン・ロッベンが同国代表からの引退を表明している。

    オランダ代表は10日、ロシアW杯へのチケットをかけて欧州予選第10節スウェーデン代表との一戦に臨んだ。大量得点での勝利が求められたゲームだったが、2ゴールを挙げるに留まり、グループAの3位でフィニッシュ。多くのタレントを抱えるオランダ代表がロシアW杯本大会への出場権を逃す結果となってしまった。

    そしてこの一戦後、オランダサポーターには第2の悲報が待っていた。常に同国へファンタジーをもたらしてきた天才が、オレンジ色との決別を発表したのだ。英『sky SPORTS』がロッベンの言葉を伝えている。

    「私がオランダ代表として過ごした14年間はいつも美しく、そして最高の日々だったよ。特に2010年の南アフリカW杯は自分のハートに残り続ける。2014年のブラジル大会もそうだ。私にとって決して忘れることのできない思い出さ」

    さらにこの生けるレジェンドは、この決断が一時の感情によって左右されたものでないことを説明した。

    「オランダ代表からの引退は長い時間をかけて考えてきたものだよ。もう私は33歳だ。バイエルン・ミュンヘンでのプレイに集中したい。新たな世代へバトンを渡す最高のタイミングだと思うよ」

    ロッベンとオランダ代表の物語は2003年のポルトガル代表戦からスタートした。その後の彼がいかなる魔法によってスタジアムを熱狂させてきたのかは説明不要だ。誰も追い付くことのできないスピードと、敵の裏をかく一瞬の切り返し。アリエン・ロッベンが残したものを脳裏から消し去ることはもはや不可能だろう。
    3f7f968b927406963e09e4cb24f9e82b
    http://www.theworldmagazine.jp/20171011/02national_team/182820
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ