海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロッペン

    2e9e5_854_11109_ext_05_0
    images78


    1 : ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/11/16(土) 23:04:31.96 ID:???0
    国際親善試合

     オランダ 2-2 日本  [ゲンク/ベルギー]
    1-0 ファンデルファールト(前13分)
    2-0 ロッベン(前39分)
    2-1 大迫勇也(前44分)
    2-2 本田圭佑(後15分)

    ◆ オランダ  ファンハール監督
    GK 1 シレッセン(アヤックス)
    DF 2 ヤンマート(フェイエノールト)
       3 デフライ(フェイエノールト)
       4 フラール(アストン・ヴイラ/イングランド)
       5 ブリント(アヤックス)
    MF 6 ナイジェル・デヨング(ミラン/イタリア) → 15 ヴィレムス(PSV)(後0分)
       8 ストロートマン(ローマ/イタリア)
       10 ファンデルファールト(ハンブルガー/ドイツ) → 16 デグズマン(スウォンジー/イングランド)(後34分)
    FW 7 レンス(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
       9 シーム・デヨング(アヤックス) → 21 デパイ(PSV)(後25分)
       11 ロッベン(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)(Cap)

    ◆ 日本  ザッケローニ監督
    GK 12 西川周作(サンフレッチェ広島)
    DF 2 内田篤人(シャルケ/ドイツ) → 21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)(後34分)
       5 長友佑都(インテル/イタリア) → 3 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)(後28分)
       15 今野泰幸(ガンバ大阪)
       22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    MF 4 本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
       8 清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ) → 10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)(後0分)
       9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
       16 山口螢(セレッソ大阪)
       17 長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)(Cap) → 7 遠藤保仁(ガンバ大阪)(後0分)
    FW 18 大迫勇也(鹿島アントラーズ) → 11 柿谷曜一朗(セレッソ大阪)(後28分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/soccer/japan/jpn_20131116_01



    続きを読む

    3868911996_a0e211b1c3_z


    1 :大梃子φ ★ 2013/11/14(木) 12:19:32.64 ID:???0
     軽く苦笑いを浮かべたのもつかの間、DF長友佑都(インテル)の表情はみるみるうちに
    引き締まっていった。
     テレビ局のインタビュアーから「アリエン・ロッベン(バイエルン)は長友選手のことを
    知らないと話していた」と伝えられたときだ。ロッベンはテレビのインタビューで
    本田圭佑(CSKAモスクワ)や香川真司(マンチェスター・U)の名前は出したが、
    日本の左サイドバックについては語らず終い。長友はきまじめな顔をのぞかせながら、
    「それは僕の実力がまだまだということだと思う。次の試合で長友は嫌な選手だと
    知ってもらいたい」ときっぱり言った。セリエAの名門インテルでレギュラーを張る男の
    矜持だった。
     09年、10年のオランダ戦でも先発出場している長友だが、ロッベンとは代表でも
    クラブでの試合でもまだ一度も対峙したことはない。09年の親善試合ではともに先発したが、
    このときはロッベンが左ウイングでプレーしており、左SBとしてプレーした長友とは
    逆サイドだった。今回はロッベンが右のアタッカーとして出場する可能性が高く、
    マッチアップすれば初めてとなる。
    「ロッベンは世界のトップ3に入るパフォーマンスをしていると思う。そういう選手を
    止めないと勝利はない。対峙するのはすごい楽しみでもある」
     10月の東欧2連戦。日本は得意の左サイドからの攻撃を封じられ、2試合で1得点もできずに
    連敗した。「みんなが悔しい思いをしているが、次の試合で僕らが失うものはない。
    立ち上がりからアグレッシブにやりたい」と長友は力を込めた。
     所属のインテルではウイングバックでプレーし、今季はすでに3得点と攻撃面でも
    調子を上げている。オランダ戦を3日後に控えた13日の練習では、全体練習後に
    居残りでシュート練習を敢行。「インテルでは高い位置でやっているし、得点に絡んでいきたい」
    と意欲を燃やしている。
    「W杯まで日にちが限られている。強豪相手に今までやってきたサッカーをどれだけできるか。
    この2試合でチャレンジしたい」
     長友がロッベンとのマッチアップを制すれば、日本に勝利のチャンスが訪れる
    確率は上がるはず。世界レベルの攻防に注目だ。

    http://web.gekisaka.jp/407014_128300_fl
    http://f.image.geki.jp/640//pics/orig/S9ZUhacZWD.1.Kaoru%2520WATANABE.JPG



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ