海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロナウド

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/23(日) 10:45:42.60 ID:CAP_USER9.net
    買収したばかりのバジャドリーは降格圏を彷徨う

    元ブラジル代表のレジェンドで、“フェノーメノ(怪物)”ことロナウドがついに一念発起だ。2011年の現役引退以降、いっさい取り組んでこなかったダイエットに挑戦するというのだ。
     
    以前、レアル・マドリー時代の同僚であるマイケル・オーウェンに「ロナウドを見て、自分は引退したあとも大して太っていないんだと安心した」と笑いのネタにされた。

    その際も「だからなんだ? もう現役じゃないんだから、僕の体重がどれくらいあろうが関係ないだろ」と意に介さず。

    現役時代からぽっちゃり体型を指摘されていたが、引退後はもともと大好きだったビールとおつまみの摂取量が度を越し、現在に至るという。
     
    だが、そんなロナウドが考えをあらためたというのだ。先日、私費を投じてラ・リーガ1部のバジャドリーを買収し、経営権を取得して世間を驚かせたが、もちろんその一件と無関係ではない。ワールドカップで2度の優勝を経験したストライカーは、地元メディアの前でこう宣言したのだ。

    「もう選手じゃないから、これまではまったくと言っていいほどダイエットには関心がなかった。でも、もうそうも言っていられない。(バジャドリーの)選手たちと一緒にトレーニングをし、練習でも一緒に身体を動かしたいんだ。僕ができるアドバイスもきっとあるはずだからね。もちろん、監督が許す限りにおいてだけど。まあ、見ていてよ」
     
    どうやら本気のようだ。
     
    クラブの株式51%を3000万ユーロ(約39億円)で取得したロナウドは現在、取締役会長の任に就いており、「バジャドリーを欧州を代表するクラブに成長させたい」と意気込む。はたしてその夢は実現するのか。ダイエットに成功し、選手たちに秘伝の技を伝授できるのか──。
     
    今シーズンのバジャドリーは5試合を戦って3分け2敗と勝ち星がなく、降格圏を彷徨っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00047653-sdigestw-socc
    9/23(日) 5:36配信











    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/09/04(火) 22:49:33.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー元ブラジル代表FWのロナウド(Ronaldo)氏は3日、スペイン1部リーグに所属するレアル・バジャドリード(Real Valladolid)の株式の51パーセントを取得し、同クラブの経営権を手にしたと発表した。

    バジャドリードのカルロス・スアレス(Carlos Suarez)会長は、同市役所で行われた記者会見で「きょうは新たな始まりの日だ。ロナウド氏はこのクラブの株式の51パーセントを取得した」「彼は夢を愛し、その夢を広める人物だ」と述べた。

    一方、現役時代はレアル・マドリード(Real Madrid)とFCバルセロナ(FC Barcelona)に在籍してスペインでプレーし、ブラジル代表としてもW杯(World Cup)で2度の優勝経験を持つロナウド氏は「きょうは私にとって非常に重要な日だ」「私はピッチの内外で多くのことを経験してきた。バジャドリードの1部定着や自分たちの夢を持ち続けることに期待してほしい」と語った。

    バジャドリードは今季から1部リーグに昇格しているが、開幕後3試合の成績は2分1敗で現在は16位につけている。

    ロナウド氏は史上最高の選手の一人として広く認識されており、バジャドリードのファンとしては夢見心地だろう。

    FIFA最優秀選手賞(FIFA World Player of the Year)を1996年と1997年、2002年にそれぞれ受賞したロナウド氏は、2011年に現役を引退。41歳の同氏はファンに対し、クラブの未来を具体化するのに協力してほしいと訴えかけた。

    「すべての人にこのクラブの一員になってほしい。このプロジェクトに参加してくれるファンを求めている」

    「われわれはアイデアや意見、批判、野望を求めており、皆さんに現在と未来のバジャドリードの一部になってほしい」 【翻訳編集】 AFPBB News
    2018-09-04_23h19_27

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000026-jij_afp-socc.view-000
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/23(土) 18:05:43.47 ID:CAP_USER9.net
    元フランス代表のエマニュエル・プティ氏が、アルゼンチン代表のリオネル・メッシは、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドと比べてリーダーシップの資質を持っていないと、ベッティングサイトの『Paddy Power』で語った。

    世界最高のプレーヤーとも称される2選手だが、ロシアW杯では明雲が分かれている。C・ロナウドはスペインとの初戦でハットトリックを挙げる最高のスタートを切ると、続くモロッコ戦ではポルトガルを2連勝に導く決勝ゴール。ポルトガルもグループリーグ突破をほぼ手中に収めた。2試合ですでに4ゴールを挙げたC・ロナウドは、得点ランクでトップに立っている。

    一方で、アルゼンチンは2戦で1分1敗とグループリーグ突破に黄信号が灯っている。そのなかでメッシは、アイスランドとの初戦でPK失敗など精細を欠き、続くクロアチア戦でも見せ場を作れず完敗。ナイジェリアとの最終戦に可能性こそ残っているものの、もう1試合のクロアチアvsアイスランド次第ということもあり、他力本願であることは変わりない。

    自国開催となった1998年のフランスW杯の優勝メンバーで、バルセロナやアーセナルに在籍したプティ氏は、こうした点も踏まえてメッシよりもC・ロナウドの方ががリーダーシップ能力に長けていると語る。

    「メッシは最高のプレーヤーの1人だが、ロナウドのようにリーダーの資質を持っていないね。彼は考え方を示す必要がある」

    プティ氏は「バルセロナで上手く行っているとき、彼は素晴らしい選手だ。しかし、上手くいかなければピッチで消えてしまう。走ることなく歩いている」とメッシの姿勢に苦言を呈した。

    アルゼンチン代表については「ホルヘ・サンパオリが多くの間違いを犯してきた。チーム全体で自信と信頼がない」とし、「私は予選突破する光景が見えない」と厳しい評価を下した。

    「過去に偉大な選手を擁したアルゼンチンを覚えているが、このチームはまったくその時代に程遠い」

    アルゼンチンは現在勝ち点『1』でグループDの最下位に位置しているが、最終節のナイジェリア戦で勝利し、クロアチアがアイスランドに引き分け以上で終わればグループ2位で突破することができる。

    GOAL
    2018-06-23_18h54_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000012-goal-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/06/04(月) 17:37:51.38 ID:CAP_USER9.net
    かつての“怪物”が選考したベストイレブン。いずれも歴戦の強者がずらり居並ぶが、現在のサッカー界における“モンスター”は意外にも選外となった。

    6月3日、元ブラジル代表FWのロナウドは、近年恒例となっている自身セレクトの「歴代ベストイレブン」を発表した。言わば2018年版だ。

    その11人はいずれ劣らぬ伝説の名手たちが集う。システムはボックス型の4-4-2である。

    まず、守護神にはジャンルイジ・ブッフォンが入り、最終ラインは右から元ブラジル代表DFカフー、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ、同DFパオロ・マルディーニ、そして元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが並ぶ。

    さらに中盤から前線にかけては、文字通りの絢爛豪華。2ボランチに元フランス代表MFのジネディーヌ・ジダンと元イタリア代表のアンドレア・ピルロが並び、“天才マエストロ”コンビを形成。その一列前には、右にリオネル・メッシ、左にディエゴ・マラドーナという新旧アルゼンチン代表の10番が配置された。
     

    そして、注目の最前線にロナウドは、自分自身とサッカー界の“王様”であるペレのコンビをチョイスしている。

    申し分のないゴージャスな面子ながら、現在サッカー界のビッグスターでレアル・マドリーの後輩にあたるクリスチアーノ・ロナウドが落選している。これが大きな話題となっているのだ。

    スペイン紙『AS』は、かつて銀河系軍団でエースを担ったレジェンドの“クリロナ外し”について、「世界でもっとも偉大なイレブンでC・ロナウドの居場所はなかった」と報じ、さらには英紙『The SUN』も、「ロナウドによるロナウド外しだ。ブラジルの伝説的なスターは5度のバロンドール受賞者を選びはしなかった」と綴った。

    現役時代から話題に事欠かなかったロナウドだが、引退してもなお、その言動でサッカー界を盛り上げてくれている。
     

    フォーメーション画像


    GK ブッフォン

    DF カンナバーロ
      マルディーニ
      ロベルトカルロス
      カフー

    MF ピルロ
      ジダン
      メッシ
      マラドーナ

    FW ペレ
      ロナウド

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00041404-sdigestw-socc
    続きを読む

    ro

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)11:54:55 ID:8sy
    同じ時期やったけど

    2: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)11:56:19 ID:8sy
    同じブラジルでレアルとバルセロナで別れたけど

    7: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)12:01:26 ID:BRr
    技術はロナウジーニョ
    その他は圧倒的にロナウド

    続きを読む

    mig

    1:風吹けば名無し:2018/05/07(月) 16:02:30.16 ID:ete1vbdxr.net
    イニエスタ・ノイアー・リベリ・ネイマール
    13:風吹けば名無し:2018/05/07(月) 16:06:53.07 ID:K2acSRrn0.net
    サラーとネイマールとスアレス
    15:風吹けば名無し:2018/05/07(月) 16:07:18.02 ID:5uMJQpO+0.net
    スナイデル
    続きを読む

    201701102305441e0

    1:風吹けば名無し:2018/03/14(水) 05:06:07.91 ID:h2rlJJGMr.net
    昨シーズンのCL準決勝準々決勝ハットトリック
    決勝2得点でCL優勝とかそこら辺の選手なら歴史に残る
    2:風吹けば名無し:2018/03/14(水) 05:06:37.32 ID:4dmy5Dm40.net
    ワールドカップとってからいえや
    3:風吹けば名無し:2018/03/14(水) 05:06:59.05 ID:2KIz6IdTr.net
    今回もぶっちぎりやしな
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/12(金) 12:45:36.42 ID:CAP_USER9.net
    元ブラジル代表FWのロナウド氏は、同代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍を“一歩後退”と捉えているようだ。11日付のスペイン紙『マルカ』が同氏のコメントを伝えている。

    ネイマールは、昨年8月にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍。サッカー界の記録を更新する2億2200万ユーロ(約297億円)という移籍金が話題となったことは記憶に新しい。一方のロナウド氏も、1997年夏に当時の史上最高額となる2800万ユーロ(現レートで約37億円)でバルセロナからインテルに移籍。バルセロナから新天地を求めたという共通点を持つ2人だが、同氏は後輩にあたるネイマールの決断を否定的に見ているようだ。

    同じくブラジル代表のレジェンドであるジーコ氏の公式YouTubeチャンネルで対談企画に登場したロナウド氏は、現役時代の経験を踏まえながら次のようにコメントした。

    「スポーツ面において、彼の決断は一歩後退だと言えるが、チャレンジは本当に人それぞれだ。私も現役時代にバルセロナでプレーしていたが、インテル移籍を決断している。それは、当時のセリエAがリーガ・エスパニョーラよりもずっと高いレベルの競争があったからだ」

    ネイマールのパリ・サンジェルマン移籍を巡っては、今もなお賛否両論が渦巻いており、リーガ・エスパニョーラ復帰の噂も絶えない。果たして、「移籍の決断は“前進”だった」と周囲を納得させるような結果を残すことはできるのか。同選手の今後のパフォーマンスには一層の注目が集まる。

    1/12(金) 12:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00700563-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/05(金) 06:38:28.47 ID:CAP_USER9.net
    メッシとC・ロナウド以外のクオリティはどうか

    サッカーは年月を重ねるごとに進化しているが、選手のクオリティも上がっているのだろうか。オレたちの世代の方が良い選手が揃っていたと主張するのは、元ブラジル代表の元祖怪物FWロナウド氏だ。

    2007年以降はクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの2人がバロンドールを支配しており、この2人は数多くの記録を打ち立ててきた。

    しかし独『Sport Bild』のインタビューで、ロナウド氏は自身が現役としてピークだった時の方が世界一の座を争う戦いは激しく、今よりも難しい時代だったと主張している。

    「私の世代では今よりも競争が激しかった。メッシとクリスティアーノを過小評価しているわけではないけどね。2人は今後も世界最高の選手の座を争うだろうけど、

    僕たちの頃はジダン、リバウド、フィーゴ、私、それにロナウジーニョもいた。あの時代はより難しかったんだ」

    現代ではメッシ、クリスティアーノ・ロナウドの2人が凄すぎたため、他の選手が手も足も出ない状態となっていた。数年前に比べて世界最高の座を争う戦いがあっさりしたものになったのは間違いないだろう。

    ロナウド氏はそこに少し物足りなさを感じているようだが、メッシとクリスティアーノ・ロナウド以外の選手の質は元祖怪物が現役だった頃に比べて落ちているのだろうか。

    2018年01月04日(木) 21時30分配信
    https://www.theworldmagazine.jp/20180104/01world/192167

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ