海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロナウド

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 18:33:19.88 ID:CAP_USER9.net
    イブラヒモビッチがスター3選手に言及。C・ロナウドについては努力で違いを生み出す選手になったと語っている。


    マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが最高の選手と感じているのはブラジルのスター2人だという。『ESPN』が報じた。

    イタリア、フランス、そしてイングランドでも成功を収めようとするイブラヒモビッチ。そんな最高のスター選手の一人であるイブラヒモビッチでさえ、元ブラジル代表FWロナウドには特別な敬意を払っているようだ。

    「ロナウドは怪物で、最高の選手だったと思う。僕にとって彼はまさにフットボールの一例だった。彼がやること全て人々を興奮させた。ドリブルやそのスピードとかね。ロナウドは生まれついての才能を持っているね。練習で身についたものじゃない。作られた選手ではなく、生まれついて彼は特別な選手だったんだ」

    また、2000年代初頭にロナウドとともにフットボール界に彩りを加えたトリックスター、ロナウジーニョについても言及している。

    「僕らはミランで一緒にプレーした。以前のようにベストではなかったが、僕は彼のドリブルや髪を揺らしながら仕掛けていく姿が大好きだった。周りを子供のようにさせていたね」

    一方で、2016年のバロンドールに輝いたクリスティアーノ・ロナウドについては「一緒にプレーしたことはないけど」と前置きしながら「彼はハードトレーニングによって違いを作り出した選手だ。生まれついての才能ではない」とロナウドやロナウジーニョとは異なるとしている。
    123
    http://www.goal.com/jp/news/23582/1/2016/12/30/30982932/1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 18:03:19.65 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターC(イングランド)のペップ・グアルディオラ監督は、度々比較され、常に議論の対象となるFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドについて言及。後者を称賛しつつもメッシは「別次元だ」と評している。現地時間25日、スペイン『マルカ』紙(電子版)が伝えた。

    バロンドール(世界年間最優秀選手)受賞5回を誇るメッシと、先日通算4度目となる同賞を受賞したC・ロナウドは、度々“どちらがより良い選手なのか”と世界中のあらゆる選手、監督、記者、ファンの間で議論されている。先日、バルサを率いるルイス・エンリケ監督もクラブの公式チャンネルで「メッシは“メロンドール”のようなものを受賞すべき。他の選手とは比較にならない」とコメントしている。

    かつてバルセロナ(スペイン)を率いた経験を持つグアルディオラ監督は、ボクシングデー(26日)の試合前の会見で“メッシ・ロナウド論争”について問われると「エンリケの意見に賛成だ。レオ(メッシの愛称)はゴールを決め、味方を活かす方法を知っているベストプレーヤーだ」とL・エンリケ監督に同調するとコメント。さらに「他の選手に敬意を持っているし、クリスティアーノはトップの選手だ。しかし、メッシは次元が違う」とかつての教え子を手放しでほめ称えた。

    また、ボクシングデーに行なわれるプレミアリーグ・ハル戦について「楽しみで眠れないよ」とコメント。さらに「多くの試合を見たが、ハルはスペシャルなチームだ。彼らは他のチームよりさらによいプレーをしようとするだろう。(ダビ・)シルバは私に年末のこの時期に試合をすることの意味を警告してきたよ」と、対戦相手を称賛しつつ、プレミアリーグ独特の年末の過密日程についてコメントしている。
    2016-12-26_20h13_47
    ISM 12/26(月) 17:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000015-ism-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 17:09:59.15 ID:CAP_USER9.net
    ユヴェントスFWゴンサロ・イグアインが、史上最高のFWとして元ブラジル代表FWのロナウド氏の名を挙げている。

    イタリア『プレミアム・スポルト』とのインタビューに応じたイグアインは、セリエAでプレーした数々の名ストライカーの名を挙げながら、それでもロナウド氏こそがナンバー・ワンであるとの見解を示した。

    「子供の頃もイタリアのフットボールは見ていた。トレゼゲ、バティストゥータ、クレスポ、モンテッラといった偉大なストライカーがこのリーグでプレーしていたね。だけど、僕にとって史上最高のFWはロナウドだ」

    「ルイス・スアレスも高いレベルにあるし、リヴァプール時代からさらに進化した。レヴァンドフスキ、アグエロもとても強靭なストライカーだね。ただ、僕が最も好んでいるのは、笑ってしまうようなゴールを決める選手なんだ」

    イグアインは一方で、FWパウロ・ディバラとバルセロナFWリオネル・メッシの比較を求められ、次のようにコメントしている。

    「ディバラとメッシはとても似ている。ただディバラは23歳とまだ若いし、その未来は彼次第だ。最高の選手となるすべての要素を備えているが、強靭なメンタルも必要だね」

    「凄まじいスピードでこのレベルにまで到達した彼だが、それを長い間維持することは簡単じゃない。これから浮き沈みがあるだろうし、常に安定を図るように気をつけなくてはならない。称賛、批判のどちらにも耳を傾けることなくね」
    ronaldo-da-lima-real-madrid_1hx9aggimb3od1ppxh9ae1y9qk
    http://www.goal.com/jp/news/1867/1/2016/12/26/30849202/1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/13(日) 17:11:43.47 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、幼いころに憧れた選手を告白した。クラブ誌『ユナイテッド・レビュー』のインタビューでのコメントを、12日に同クラブの公式サイトが伝えている。

    イブラヒモヴィッチが憧れの選手として挙げたのは、バルセロナやレアル・マドリードで活躍した元ブラジル代表FWロナウド氏。「彼は驚異的だった。やること全てに『ワオ!』と言ってしまうような選手だったね」と、衝撃的なプレーに魅了されていたと明かした。

    また、ボールタッチについて、「ボールを扱っている時は、『今、世話をしているところなんだ』と言っているかのようだったね。以前にこんな選手は見たことがないし、今になってもいないよ」と、絶賛した。

    さらに、「若い頃、ロナウドを見て、『あんな風になりたい』と自分に言い聞かせていた。違いを作れるし、光り輝いていたし、それでいてシンプルなんだ」とコメント。幼い頃から憧れていたと明かし、改めて同氏の凄さを強調した。
    2016-11-13_19h40_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161113-00514833-soccerk-socc
    続きを読む

    1:アルテミス ★@\(^o^)/:2016/10/20(木) 23:56:43.33 ID:CAP_USER9.net
    ▪︎現役時代を振り返ったロナウド

    現役時代にインテルやレアル・マドリードなどで活躍した元ブラジル代表FWロナウド。怪物と呼ばれ、バロンドールやW杯得点王にも輝いた同選手だが、ケガに悩まされるサッカー人生を送っていた。

    そんなロナウドがインタビューに応じ、現役時代を次のように振り返った。伊『Gazzetta dello Sport』など、複数メディアが伝えている。

    「僕はロベルト・カルロスやカフーのように、長い間プレイしていたかった。でも度重なるケガで、その願いは叶わなかったよ。試合を欠場したくなかったから、ケガを克服するために頑張ったんだけどね」

    そして、銀河系軍団と呼ばれたレアル時代の裏話もこのように語っている。

    「2度の遅刻でサッキやカペッロ監督から説教され、罰金を取られたことがあった。後日、再び遅刻をしちゃったんだけど、怒られる前に『叱るか罰金を科すか、どっちかにしてくれ』って先に言ってやったよ。そしてペレス会長から外出をなるべく避けるように言われたこともあったんだけど、そのときは『フィーゴのような妻がいれば、僕は自宅でたくさんの時間を過ごすんじゃないかな』って答えたよ」

    以前、インテル時代の指揮官ミルチェア・リチェスクから練習嫌いでナイトクラブ通いの日々を送っていたことを暴露されていたロナウド。これまで何度か結婚と離婚を繰り返している彼だが、しっかりとプライベートを管理してくれる妻が現役時代にいれば、さらなる怪物になっていたかもしれない。
    2016-10-21_07h13_38
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00010018-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/03(月) 22:49:26.05 ID:CAP_USER9.net
    ■同胞の憧れを支持

    世間が気にかけているのはリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの比較だけではない。

    バルセロナのスター、ネイマールがクリスティアーノと元ブラジル代表の怪物ロナウドではどちらがより偉大かを聞かれ、“R9”をチョイスしている。

    ネイマールの観点において、レアル・マドリードの新旧ロナウド対決を制したのは“元祖ロナウド”となった。現ブラジル代表のエースにとって、やはり同胞のカリスマを称えずにはいられなかったようだ。

    YouTubeチャンネル『Copa 90』に対し、ネイマールは次のように話している。

    「ロナウドとクリスティアーノ? R9だよ。ロナウドは無敵さ。最強のFWだね。彼とほんのわずかな時間だけ共にサッカーをすることができたけど、もっと長くやりたかったね。もちろんペレやロマーリオともプレイしたいよ」

    レアルでよりゴールを量産しているクリスティアーノは統計上において元祖ロナウドを上回っているものの、残したインパクトという点では怪物に見劣りするのかもしれない。
    2016-10-04_08h55_35
    theWORLD(ザ・ワールド) 10月3日 18時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00010021-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/24(水) 23:58:08.86 ID:CAP_USER9.net
    2002年日韓ワールドカップ優勝に貢献した元ブラジル代表FWで「怪物」と呼ばれたロナウド氏が、自身の選ぶ歴代ベストイレブンを選出。

    現役選手ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、ニューヨークシティFCのMFアンドレア・ピルロの3人が選出された。イングランドサッカー協会公式のYouTubeチャンネル「FATV」で語ったもの。

    バルセロナ、インテル、レアル・マドリードなどで衝撃的な決定力を見せつけたストライカーが選んだのは、文句なしのレジェンドばかりだった。

    守備陣は盤石だ。GKは38歳にして衰え知らずのブッフォン。DFラインは両サイドバックにロベルト・カルロス、カフーというブラジル代表時代の盟友を置き、中央に元ACミランの“バンディエラ”パオロ・マルディーニ、欧州最優秀選手にも選出されたファビオ・カンナバーロというイタリア代表が誇る伝説のDFを選んでいた。

    ◆王様と2トップを組むのは… 「では自分を」

    中盤も豪華絢爛だ。右の攻撃的MFにはアルゼンチン代表の英雄ディエゴ・マラドーナが入り、ダブルボランチはレアル・マドリード監督を務めるジネディーヌ・ジダンとピルロが並び、左の攻撃的MFはメッシが収まった。アルゼンチンの新旧天才が中盤の左右に配置されている。
    2016-08-25_07h31_23
    Football ZONE web 8月24日 21時58分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160824-00010011-soccermzw-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 17:11:59.32 ID:CAP_USER*.net
    GettyImages-518135044-min
    いまだ衰えぬその意欲

    GK大国と謳われるイタリアにおいても、いまだ彼を凌駕するストッパーは現れない。ユヴェントスでプレイを続けるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、壮大な目標と“異次元アタッカー”の存在をそれぞれ明かしている。

    2001年にイタリアのパルマからユヴェントスに加入を果たして以降、ブッフォンは常に世界最高のGKとして君臨し続けてきた。1月には38歳を迎えたものの、30節のトリノ戦では974分間の連続無失点記録を樹立するなど、その存在感は格別だ。そんなイタリアサッカー史上に残るであろう素晴らしいベテランGKが伊『Corriele dello sport』に対し、今後の大きな野望について言及している。

    「2年は今のプレイレベルをキープしたいね。僕は6度目のワールドカップに出場したいんだ。過去を振り返ってもそれは前人未到の記録となるだろう。メキシコのGKトト・カルバハルや、ドイツのローター・マテウスは5度のワールドカップに参戦したからね」

    さらに同選手はその長いキャリアにおいて、最も“恐ろしかった選手”を激白。それはかつてインテルでプレイしていた2人のストライカーだった。

    「全盛期のボボ・ヴィエリ、それからフェノーメノのロナウドだよ。ヤツらのせいで僕は眠れない日々を過ごしたね」

    ブッフォンが眠るのはまだ早いだろう。すべてのサポーターや同僚、そして何よりも彼自身が、W杯における“未知の6度目”を拝みたいと願っているはずだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00010005-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461485519/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 21:22:41.15 ID:CAP_USER*.net
    実力は申し分ないが……

    どうしてヨーロッパ最強のクラブを決める大会で、“世界最強の選手”が頂点に立てないのだろうか。欧州チャンピオンズリーグは、これまでに幾人ものスーパースターたちを葬り去ってきたようだ。

    欧州サッカー連盟の主催で毎年9月から翌年5月にかけて行われるUEFAチャンピオンズリーグ。ヨーロッパ各国リーグの上位チームだけが参加を許され、スーパースターたちの“本気”が見られる同大会は、世界中でその模様が配信され驚異的な人気を誇っている。

    英『squawka』は、そんな至高のステージにおいて強烈なインパクトを残しながら、一度も同大会を制したことのない意外なスター達を特集。何度も決勝戦に進出しながら“No.1”にはなれないユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンや、あと数分で頂点になれたはずの元バイエルン・ミュンヘンMFローター・マテウスなど、豪華な名前が並ぶこととなった。

    また同メディアはレヴァークーゼンやバイエルン、そしてチェルシーでプレイしたミヒャエル・バラックについて「彼は2002年にレヴァークーゼンを決勝へと導いたが、レアル・マドリードが誇る“ギャラクティコス”、ジネディーヌ・ジダンのボレーによって邪魔されてしまった」と言及。

    さらにこのドイツ人センターハーフは、2006年から加入したチェルシーにおいても決勝戦でマンチェスター・ユナイテッドに優勝を阻まれている。やはりスーパースターにとってもCL制覇は容易ではないようだ。

    またユヴェントスやレアルでプレイした経験があるファビオ・カンナバーロについては「驚くべきことに、
    彼は国内リーグの優勝経験すらキャリアにおいてわずかに2度しかない」と言及している。

    同メディアが選出した“CL無冠”選手によるベスト11は次の通り。

    【GK】
    ジャンルイジ・ブッフォン

    【DF】
    リリアン・テュラム
    ジャンルカ・ザンブロッタ
    ファビオ・カンナバーロ
    ローラン・ブラン

    【MF】
    ミヒャエル・バラック
    パトリック・ビエラ
    ローター・マテウス
    パベル・ネドベド

    【FW】
    ズラタン・イブラヒモビッチ
    ロナウド
    2016-04-15_23h12_35
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00010026-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460722961/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 18:49:02.28 ID:CAP_USER*.net
    ブラジルの人気者であり元バルセロナ所属のロマーリオがサッカーの歴史上最も偉大な5人の名を挙げた。しかしその中にはメッシもロナウドも入っていなかった。

    ロマーリオ自身の名が第2位にあることを見ると、おそらくメッシやクリスティアーノ・ロナウドよりも自分が優れていると考えているようである。

    ロマーリオが選ぶサッカー史上最も偉大な選手たち

    1位 ペレ
    2位 ロマーリオ
    3位 マラドーナ
    4位 ロナウド
    5位 ジダン

    このリストに関してロマーリオは「私のサッカー選手としての功績を考えるとトップ5に入るだけのことはしていると思う」と語っている。

    このリストの中にヨハン・クライフの名も入っていないことは驚きであるが、ロマーリオは「ネイマールはおそらくあと数年でこのリストに入るだろう」とコメントしている。

    ロマーリオがリストにC・ロナウドとメッシを加えていないのは、まだこの2人がワールドカップ優勝を果たしていないからだと主張した。

    2016年02月21日12時34分
    http://sport-japanese.com/news/2016/2/21/%E3%A1%E3%83%E3%B7%E3%84CR7%E3%92%E8%B6%E3%88%E3%8B%E9%B8%E6%8B

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456048142/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ