海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロナウド

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/03(月) 22:49:26.05 ID:CAP_USER9.net
    ■同胞の憧れを支持

    世間が気にかけているのはリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの比較だけではない。

    バルセロナのスター、ネイマールがクリスティアーノと元ブラジル代表の怪物ロナウドではどちらがより偉大かを聞かれ、“R9”をチョイスしている。

    ネイマールの観点において、レアル・マドリードの新旧ロナウド対決を制したのは“元祖ロナウド”となった。現ブラジル代表のエースにとって、やはり同胞のカリスマを称えずにはいられなかったようだ。

    YouTubeチャンネル『Copa 90』に対し、ネイマールは次のように話している。

    「ロナウドとクリスティアーノ? R9だよ。ロナウドは無敵さ。最強のFWだね。彼とほんのわずかな時間だけ共にサッカーをすることができたけど、もっと長くやりたかったね。もちろんペレやロマーリオともプレイしたいよ」

    レアルでよりゴールを量産しているクリスティアーノは統計上において元祖ロナウドを上回っているものの、残したインパクトという点では怪物に見劣りするのかもしれない。
    2016-10-04_08h55_35
    theWORLD(ザ・ワールド) 10月3日 18時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00010021-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/24(水) 23:58:08.86 ID:CAP_USER9.net
    2002年日韓ワールドカップ優勝に貢献した元ブラジル代表FWで「怪物」と呼ばれたロナウド氏が、自身の選ぶ歴代ベストイレブンを選出。

    現役選手ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、ニューヨークシティFCのMFアンドレア・ピルロの3人が選出された。イングランドサッカー協会公式のYouTubeチャンネル「FATV」で語ったもの。

    バルセロナ、インテル、レアル・マドリードなどで衝撃的な決定力を見せつけたストライカーが選んだのは、文句なしのレジェンドばかりだった。

    守備陣は盤石だ。GKは38歳にして衰え知らずのブッフォン。DFラインは両サイドバックにロベルト・カルロス、カフーというブラジル代表時代の盟友を置き、中央に元ACミランの“バンディエラ”パオロ・マルディーニ、欧州最優秀選手にも選出されたファビオ・カンナバーロというイタリア代表が誇る伝説のDFを選んでいた。

    ◆王様と2トップを組むのは… 「では自分を」

    中盤も豪華絢爛だ。右の攻撃的MFにはアルゼンチン代表の英雄ディエゴ・マラドーナが入り、ダブルボランチはレアル・マドリード監督を務めるジネディーヌ・ジダンとピルロが並び、左の攻撃的MFはメッシが収まった。アルゼンチンの新旧天才が中盤の左右に配置されている。
    2016-08-25_07h31_23
    Football ZONE web 8月24日 21時58分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160824-00010011-soccermzw-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 17:11:59.32 ID:CAP_USER*.net
    GettyImages-518135044-min
    いまだ衰えぬその意欲

    GK大国と謳われるイタリアにおいても、いまだ彼を凌駕するストッパーは現れない。ユヴェントスでプレイを続けるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、壮大な目標と“異次元アタッカー”の存在をそれぞれ明かしている。

    2001年にイタリアのパルマからユヴェントスに加入を果たして以降、ブッフォンは常に世界最高のGKとして君臨し続けてきた。1月には38歳を迎えたものの、30節のトリノ戦では974分間の連続無失点記録を樹立するなど、その存在感は格別だ。そんなイタリアサッカー史上に残るであろう素晴らしいベテランGKが伊『Corriele dello sport』に対し、今後の大きな野望について言及している。

    「2年は今のプレイレベルをキープしたいね。僕は6度目のワールドカップに出場したいんだ。過去を振り返ってもそれは前人未到の記録となるだろう。メキシコのGKトト・カルバハルや、ドイツのローター・マテウスは5度のワールドカップに参戦したからね」

    さらに同選手はその長いキャリアにおいて、最も“恐ろしかった選手”を激白。それはかつてインテルでプレイしていた2人のストライカーだった。

    「全盛期のボボ・ヴィエリ、それからフェノーメノのロナウドだよ。ヤツらのせいで僕は眠れない日々を過ごしたね」

    ブッフォンが眠るのはまだ早いだろう。すべてのサポーターや同僚、そして何よりも彼自身が、W杯における“未知の6度目”を拝みたいと願っているはずだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00010005-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461485519/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 21:22:41.15 ID:CAP_USER*.net
    実力は申し分ないが……

    どうしてヨーロッパ最強のクラブを決める大会で、“世界最強の選手”が頂点に立てないのだろうか。欧州チャンピオンズリーグは、これまでに幾人ものスーパースターたちを葬り去ってきたようだ。

    欧州サッカー連盟の主催で毎年9月から翌年5月にかけて行われるUEFAチャンピオンズリーグ。ヨーロッパ各国リーグの上位チームだけが参加を許され、スーパースターたちの“本気”が見られる同大会は、世界中でその模様が配信され驚異的な人気を誇っている。

    英『squawka』は、そんな至高のステージにおいて強烈なインパクトを残しながら、一度も同大会を制したことのない意外なスター達を特集。何度も決勝戦に進出しながら“No.1”にはなれないユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンや、あと数分で頂点になれたはずの元バイエルン・ミュンヘンMFローター・マテウスなど、豪華な名前が並ぶこととなった。

    また同メディアはレヴァークーゼンやバイエルン、そしてチェルシーでプレイしたミヒャエル・バラックについて「彼は2002年にレヴァークーゼンを決勝へと導いたが、レアル・マドリードが誇る“ギャラクティコス”、ジネディーヌ・ジダンのボレーによって邪魔されてしまった」と言及。

    さらにこのドイツ人センターハーフは、2006年から加入したチェルシーにおいても決勝戦でマンチェスター・ユナイテッドに優勝を阻まれている。やはりスーパースターにとってもCL制覇は容易ではないようだ。

    またユヴェントスやレアルでプレイした経験があるファビオ・カンナバーロについては「驚くべきことに、
    彼は国内リーグの優勝経験すらキャリアにおいてわずかに2度しかない」と言及している。

    同メディアが選出した“CL無冠”選手によるベスト11は次の通り。

    【GK】
    ジャンルイジ・ブッフォン

    【DF】
    リリアン・テュラム
    ジャンルカ・ザンブロッタ
    ファビオ・カンナバーロ
    ローラン・ブラン

    【MF】
    ミヒャエル・バラック
    パトリック・ビエラ
    ローター・マテウス
    パベル・ネドベド

    【FW】
    ズラタン・イブラヒモビッチ
    ロナウド
    2016-04-15_23h12_35
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00010026-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460722961/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 18:49:02.28 ID:CAP_USER*.net
    ブラジルの人気者であり元バルセロナ所属のロマーリオがサッカーの歴史上最も偉大な5人の名を挙げた。しかしその中にはメッシもロナウドも入っていなかった。

    ロマーリオ自身の名が第2位にあることを見ると、おそらくメッシやクリスティアーノ・ロナウドよりも自分が優れていると考えているようである。

    ロマーリオが選ぶサッカー史上最も偉大な選手たち

    1位 ペレ
    2位 ロマーリオ
    3位 マラドーナ
    4位 ロナウド
    5位 ジダン

    このリストに関してロマーリオは「私のサッカー選手としての功績を考えるとトップ5に入るだけのことはしていると思う」と語っている。

    このリストの中にヨハン・クライフの名も入っていないことは驚きであるが、ロマーリオは「ネイマールはおそらくあと数年でこのリストに入るだろう」とコメントしている。

    ロマーリオがリストにC・ロナウドとメッシを加えていないのは、まだこの2人がワールドカップ優勝を果たしていないからだと主張した。

    2016年02月21日12時34分
    http://sport-japanese.com/news/2016/2/21/%E3%A1%E3%83%E3%B7%E3%84CR7%E3%92%E8%B6%E3%88%E3%8B%E9%B8%E6%8B

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456048142/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 23:27:22.14 ID:CAP_USER*.net
    怪物はバルセロナFWネイマールを自身の後継者のように見ている。FWリオネル・メッシのレベルにも追いつけるとエールを送った。

    イベントでイタリアを訪れた元ブラジル代表FWロナウド氏が、イタリア『calciomercato.com』のインタビューで、さまざまなテーマについて語った。

    レアル・マドリー時代の旧友で、17日のチャンピオンズリーグ(CL)でローマに勝利したマドリーのジネディーヌ・ジダン監督については、次のように賛辞を寄せている。

    「ジズーが私の親友なのは知ってのとおりだ。彼について話すときは客観的になれなくなるかもしれない。本当に、彼が監督として素晴らしいキャリアを築けるように願っている。

    オリンピコでの勝利は彼にとってもマドリーにとっても大きな自信となったはずだ。ジダンは私がプレーした中で最強の選手だったよ。我々は目を閉じていても互いを分かっていた。ピッチで彼とはすごく楽しんだよ」

    「マドリーはCLを狙うべきだ。彼らにはそのためのすべてがある。11度目の優勝に向け、すでにとても強いチームに、ジダンが必要な気質を与えられるはずだ」

    現在最強の「9番」を問われると、ロナウド氏はバイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキ、バルセロナFWルイス・スアレス、マドリーFWカリム・ベンゼマの3選手を挙げ、「彼らは同等」と評した。一方で、自身に最も似ている選手は、「間違いなくネイマール」と答えている。

    「彼のことは大好きなんだ。バルセロナに加入したときは、当然最初は慣れなければいけなかった。でも、私は彼の力がすぐに発揮されると確信していたよ。欧州サッカーが彼を完成させてくれた。彼はよりフィジカルな、戦術的にも難しい状況に慣れているね」

    そのネイマールがメッシのレベルに到達できるかとの質問には、このように答えた。

    「私は可能だと思う。ネイマールに欠けているものはない。今後のセレソンの主役になれる」

    また、欧州のクラブに推薦できる若手には、サントスのガブリエル・バルボサとパルメイラスのガブリエル・ジェズスの名前を挙げている。

    「とても優れた選手たちだ。まだこれからだが、活躍するだけのクオリティーを持っている。それぞれとても若くて、まだ20歳にもなっていない。あまり期待をかけすぎてはいけないけどね」
    2016-02-20_08h54_03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160219-00000003-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455892042/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 19:43:54.07 ID:CAP_USER*.net
    メッシは完璧だと称賛するも

    かつてバルセロナやインテル、レアル・マドリードなどでプレイした元ブラジル代表のロナウドにとって、バルサのリオネル・メッシは世界で最も完璧な選手だという。しかし同氏は、ペレとディエゴ・マラドーナはそんなメッシをさらに上回っていたと感じているようだ。

    スペイン紙『マルカ』がかつてフェノーメノと呼ばれた“元祖”ロナウドのコメントを伝えている。

    「メッシは地球上の者ではない。もちろんクリスティアーノもすごいけど、僕が思うにレオはより完璧だ。彼はとても偉大だと思うよ。僕は他のどの選手よりも彼のことが好きだね。彼がやるすべてのプレイが華麗だ。素晴らしいプレイをするだけじゃなく、とても効果的でもあるよ」

    メッシの素晴らしさをひたすらに称賛するロナウドだが、メッシ以上にとんでもない人間についても言及した。

    「メッシはとんでもなく偉大だよ。でもペレとディエゴ・マラドーナはもっとスゴかったんだ」

    もちろん活躍した時代の異なるサッカー選手同士を単純に比較することなど不可能だろう。しかし、少なくともロナウドにとって先述の“レジェンド”たちはメッシを凌駕すると感じているようだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12月30日(水)17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00010013-theworld-socc

    ロナウド
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451472234/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/12(土) 21:19:15.37 ID:CAP_USER*.net
    UEFA公式サイトの企画 CR7、ネイマールの名前はなし

     パリ・サンジェルマン(PSG)のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが5人のドリームチームを選出。天上天下唯我独尊のカリスマは自身はもちろん、バルセロナ時代の同僚アルゼンチン代表
    FWリオネル・メッシや元フランス代表MFとジネディーヌ・ジダンら豪華メンバーを選出している。
    ゴールキーパーもディフェンダーもいない、超攻撃的な構成となった。

     欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト「UEFA.com」が「ズラタン・イブラヒモビッチのファイブ・ア・サイド・ドリームチーム」という企画を実施。「ファイブ・ア・サイド」とはフットサルに似た5人制のサッカーで実際には1人のキーパーも必要となるが、スウェーデン代表主将は「ディフェンダーは必要ない。アタッカーのみだ」として、歴代の世界最高クラスのアタッカー陣を選出。夢のチームに名を連ねたのは自身を筆頭に、バルセロナのメッシ、現在レアル・マドリード・カスティージャで監督を務めるジダン氏、そして元ブラジル代表FWの元祖怪物ロナウド氏と現在無所属のロナウジーニョの5人だった。

     2015年度のFIFAバロンドール最終候補にも選出されたレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナFWネイマールは選出されず。イブラヒモビッチ以外は歴代のバロンドーラーが顔をそろえる豪華陣容となった。
    2015-12-13_05h42_31
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151212-00010015-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449922755/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/04(金) 09:41:45.62 ID:CAP_USER*.net
    怪物と呼ばれた元ブラジル代表のロナウド氏は、現在のサッカー界にかつてのような規格外の選手が減ってしまったと考えているようだ。

    フェノーメノ(怪物)の愛称で親しまれ、クラブレベルでもブラジル代表でも数々の栄光を勝ち取ってきたロナウド氏。イタリア『メッサジェーロ』のインタビューで、同氏は次のように述べている。

    「危機に瀕しているのはイタリアだけじゃない。世界のサッカー界にタレントがいなくなっているんだ。ノスタルジックにはなりたくない。だが、私の時代は、チームに違いをつくる選手がいた。その国のベストプレーヤーだ。今は選手間のレベルがもっと拮抗している。だが、そのレベルは下がった」

    ピッチの上だけのことではない。ロナウド氏はFIFAの一連の事件など、汚職問題も懸念している。

    「ディレクターたちが刑務所に入り、スキャンダルがあり…サッカーは何も学んでいない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151204-00000000-goal-socc
    GOAL 12月4日(金)9時22分配信
    2015-12-04_11h34_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151204-00000000-goal-socc.view-000
    ロナウド氏、タレント減少を嘆く
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449189705/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 13:01:34.23 ID:???*.net
    故障に泣いた怪物と30歳で衝撃のゴールラッシュを続けるスーパースター

    9月22日は、2002年日韓ワールドカップ(W杯)で得点王に輝き、ブラジル代表を世界の頂点に導いたロナウドの39回目の誕生日だった。

    史上最高のストライカーとも称された男のバースデーに合わせ、イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では「フェノーメノ(怪物)とCR7、強いのはどっちだ」というタイトルの記事を掲載。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと比較して特集した。

    39歳のロナウドの全盛期は、1990年代後半から2000年代前半にかけてだろうか。W杯では日韓大会に加え、98年フランス大会と06年ドイツ大会にも出場(ブラジルの優勝した94年アメリカ大会は17歳でベンチ入りも出場なし)。3大会で合計15得点を挙げ、当時歴代最高記録だったゲルト・ミュラー(西ドイツ)の14得点を超えて新記録を樹立した。
    .
    ロブソン監督の名言「私の戦術はロナウドだ」

    ヨーロッパでのキャリアをオランダのPSVでスタートすると、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ミランといったスペインとイタリアの名門を渡り歩いた。バルセロナに所属していた当時、「攻撃の戦術が無い」と批判されたボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウドだ」と胸を張って言い返したというエピソードもある。

    インテル時代にユベントスとし烈なスクデット争いをした当時のルイジ・シモーニ監督も、同様の言葉を残した。それほどまでに、絶対的な存在だった。

    残念だったのは、キャリアの絶頂期に大きなけがをしてしまったこと。インテル時代に負った右膝の負傷は、ほぼ3シーズンに渡って彼のプレーを見る機会を失わせた。実際のところは、一度は復帰したが、その復帰戦で同じ箇所を痛めて長引く不運にも泣かされた。ロナウドがピッチに崩れ落ちた瞬間、
    対戦相手の選手が頭を抱えたほどの衝撃シーンだった。

    W杯日韓大会後に加入したレアルでは、太り気味の体形がしばしば批判の種になった。しかし、その体格からは想像もできないような瞬発力で抜け出してゴールを決めると「さすが! エル・ゴルド(肥満体)」という横断幕が張られたほど。最終的に11年に母国ブラジルのコリンチャンスで引退したが、クラブ通算518試合出場362得点、代表通算98試合出場62得点という驚異的な数字を残した。

    一方の、クリスティアーノ・ロナウドは、まだ30歳でバリバリの現役。日韓W杯が開催されていた当時、ポルトガルのスポルティング・リスボンで頭角を現すと、03年夏に当時の“サー”・アレックス・ファーガソン監督に見いだされてマンチェスター・ユナイテッドに加入。09年夏までにプレミアリーグ196試合出場84得点を記録してきた。

    その後、加入したレアルでもゴールを積み重ね、常に「世界最高の選手は誰だ」という話題で主役になる存在である。

    イタリアメディアアンケートでは80パーセントが「怪物が上」

    同サイトでは「自分にとってロナウドと言えばこっちだ」というタイトルでアンケートも実施している。

    常に数字は変動していくものだが、日本時間22日19時30分ごろの時点では、実に83パーセントの票が元ブラジル代表のロナウドに投じられている。今回の企画がイタリアメディアゆえに、当時世界最強リーグと呼ばれたセリエAで強烈なインパクトを残した“怪物”に多くの票が集まった可能性もある。

    UEFAチャンピオンズリーグ制覇など、クラブレベルでのタイトルやゴール数ではすでに怪物超えを果たしている異次元の“CR7”だが、サッカーファンの記憶に残る怪物の幻影を超えるためには、道のりはまだ長いのかもしれない。
    2015-09-23_14h16_10
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150923-00010009-soccermzw-socc&p=2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442980894/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ