海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ロマーリオ

    1:Egg ★ :2017/10/23(月) 22:30:17.47 ID:CAP_USER9.net
    1990年代後半にブラジル代表で実現した、ロマーリオとロナウドのいわゆるROROコンビ。活動期間こそ短かったが、サッカー史上最強の2トップと言っていいだろう。そんなROROコンビが現代に蘇っても通用するのか――答えはイエス、十分に通用する。なぜなら、ゴールゲッターはMFやDFとは違い、時代や戦術の変化を受けにくいポジションでもあるからだ。

    ■点獲り屋に必要な普遍的才能

    CL(チャンピオンズカップ時代を含む)の1試合あたりの得点率トップは1970年代に活躍したゲルト・ミュラーだが、トップ10には1950年代のアルフレッド・ディ・ステファノとフェレンツ・プスカシュ、1960年代のエウゼビオから1990年代のルート・ファン・ニステルローイ、そして今も現役のリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウド、レバンドフスキまで、それぞれ活躍した時代の違うストライカーが名を連ねている。彼ら高得点率ゴールゲッターたちの共通点、それは “特定のエリアでスペシャルな選手”であることだ。

    “特定のエリア”とは、ペナルティエリア内のゴールエリアの幅のこと。このエリアからのシュートが最も得点になる確率が高く、その他のエリアからのシュートとは格段の差があるのは古今東西の統計ではっきりしており、時代を問わずここでシュートを撃てる選手が多くの得点を獲れる。

    もちろん、その点の獲り方はそれぞれだ。メッシのようにドリブルで侵入するタイプもいれば、レバンドフスキのようにクロスボールをヘディングやボレーで叩いて決めるFWもいる。得点率王のゲルト・ミュラーに至っては、完全にこのエリア専用の選手だった。このエリアでのプレーだけが天才的で、他ではほぼ何もしない。

    ゴール前でのシュートチャンスは一瞬。その一瞬にどこへ蹴れば入るかわかっている、シュートの決断を速くできる。それこそが“ゴールゲッターの才能”である。ロマーリオ、ゲルト・ミュラー、メッシ……いずれもそうなのだが、シュートの前にゴールを見たりしない。見なくてもターゲットのゴールポストがどこにあるかわかるからだ。

    内蔵されているレーダーで常にロックオンしていて、反転してもジャンプしても、倒れながらでもゴールの隅にシュートを決められる。パスだとこうはいかない。ターゲットが動くパスの場合は、ギリギリまで敵味方の動きを見なければならないからだ。シュートであれば、ターゲットのゴールは動かない。

    だからゴールの四隅が体に入っていれば見る必要はないし、実際見る余裕もない。このゴールの位置がわかる感覚の有無が天性のゴールゲッターとその他を分けている。パスもシュートもすべてが巧い万能型もいる一方で、得点能力だけが傑出しているタイプがいるのはそういう理由であり、“決定力”は他の技術とは少し違うのだ。

    そして、これはMFやDFが現代では通用しにくい理由にも繋がっている。特定エリアで一瞬の違いを生み出せれば良いゴールゲッターは例外で、インテンシティが急激に高まっている現代サッカーではトップレベルでプレーするためのアスリート能力のベースが桁違いに上がっているからだ。

    ロマーリオはゲルト・ミュラーとよく似ていて、ごく短い距離のスプリント能力が抜群だった。重心の低さが方向転換に有利だったのも彼と同じ。ただ、ボールコントロールとシュートのアイディアに関してはゲルト・ミュラーより上。

    瞬間的にDFを外してのシュート、GKをあざ笑うようなループ、高速クロスにテニスラケットを合わせるように角度を変えるボレー、誰よりも素早くこぼれ球に反応し、落下点へ入るのが速いので背が低いのにヘディングも強かった。ロマーリオはゴール前で点を獲るために生まれてきたようなFWである。バルセロナではシュート練習だけして帰ってしまうこともよくあったそうだ。

    >>2以降につづく
    no title
    fballista  10/20(金) 20:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010001-fballista-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/05(木) 13:04:42.93 ID:CAP_USER9.net
    元サッカー選手、ロマーリオ・ジ・ソウザが著書『片目はボールに、もう片方は書斎に-ブラジルサッカー界の組織的犯罪』のプロモーションの場で、現役時代の功績をレオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのそれと比較した。

    現在政治家として活動するロマーリオは現役サッカー時代のゴール数をメッシやロナウドと比較し、「ゴールにおいては彼らを上回っているだろう。2倍以上。彼らは確かに選手時代の私と異なる性質を有している」と語った。

    またロマーリオはネイマールに関して次のコメントをしている。「ネイマールも彼らと同様に世界最高の選手の一人だ。彼は多くのタイトルを獲得したが、謙虚さをどこかに置き忘れている。もし彼がバロンドールを獲得しても、ピッチにおいては現役時代の私の方が優れている」と語った。

    現役時代に1003ゴールという記録を樹立したロマーリオは「30歳を過ぎると(ゴールは)さらに難しくなる」とコメントした。
    2017-10-05_14h22_59
    10/5(木) 12:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00010008-sportes-socc
    続きを読む

    1:胸のときめき ★@\(^o^)/:2017/05/29(月) 00:14:23.20 ID:CAP_USER9.net
    元ブラジル代表FWロマーリオ氏がスペイン『エル・ムンド』とのインタビューに応じ、バルセロナに在籍時代を振り返った。

    エル・ドリーム・チームと称された故ヨハン・クライフ氏率いるバルセロナの一員だったロマーリオ氏は、2000年代後半より
    新たな黄金期を迎えた現在のチームが、当時のチームよりも劣っているとの見解を述べている。

    「今のバルセロナも、現在の世界最高のチームのように思える。だけど、自分がいたバルサこそが至高だね」

    「バルセロナはクライフ、グアルディオラがいなければ、今日のようなチームになり得なかったわけだよ。あの2人がバルサに
    プレーの仕方を教えたんだ。そして私は、彼ら二人と同じチームで働いていたのさ」

    ロマーリオ氏は一方で、バレンシア時代に指導を受けた故ルイス・アラゴネス氏にも言及。ロマーリオ氏は練習中に
    アラゴネス氏から叱責されるなど、確執があったことで有名だが、今回のインタビューではアラゴネス氏を「愚か者だった」と形容している。
    2017-05-29_07h42_47
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170528/spa17052823330009-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/08(土) 21:59:15.00 ID:CAP_USER9.net
    元ブラジル代表FWロマーリオ氏は、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドがバルセロナFWネイマール、同FWリオネル・メッシに「かなり劣っている」と言い放った。

    『ESPN』とのインタビューに応じたロマーリオ氏。バルセロナに在籍したこともある同氏は、同胞ネイマールが現在の世界最高の選手との考えを述べた際に、C・ロナウドがネイマール、さらにはメッシと大きく差を付けられているとの見解を述べている。

    「メッシ、C・ロナウドには敬意を払うが、今日ではネイマールこそが世界最高の選手だ。ただしC・ロナウドは、ほかの2選手よりもかなり劣っていると思うがね」

    「ネイマールは自クラブとブラジル代表で最も素晴らしいプレーを見せている。神が望むのならば、彼はさらなるワールドカップをブラジルにもたらしてくれるだろう」
    2017-04-08_22h51_04
    GOAL 4/8(土) 21:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000038-goal-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/21(日) 18:49:02.28 ID:CAP_USER*.net
    ブラジルの人気者であり元バルセロナ所属のロマーリオがサッカーの歴史上最も偉大な5人の名を挙げた。しかしその中にはメッシもロナウドも入っていなかった。

    ロマーリオ自身の名が第2位にあることを見ると、おそらくメッシやクリスティアーノ・ロナウドよりも自分が優れていると考えているようである。

    ロマーリオが選ぶサッカー史上最も偉大な選手たち

    1位 ペレ
    2位 ロマーリオ
    3位 マラドーナ
    4位 ロナウド
    5位 ジダン

    このリストに関してロマーリオは「私のサッカー選手としての功績を考えるとトップ5に入るだけのことはしていると思う」と語っている。

    このリストの中にヨハン・クライフの名も入っていないことは驚きであるが、ロマーリオは「ネイマールはおそらくあと数年でこのリストに入るだろう」とコメントしている。

    ロマーリオがリストにC・ロナウドとメッシを加えていないのは、まだこの2人がワールドカップ優勝を果たしていないからだと主張した。

    2016年02月21日12時34分
    http://sport-japanese.com/news/2016/2/21/%E3%A1%E3%83%E3%B7%E3%84CR7%E3%92%E8%B6%E3%88%E3%8B%E9%B8%E6%8B

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456048142/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 10:34:40.57 ID:CAP_USER*.net
    【金沢新戦力】ロマリオ息子ロマリーニョ、日本代表でW杯目指す

    スポーツ報知 2月13日(土)10時23分配信

    サイドから切れ込むロマリーニョ

     今季、攻撃を活性化させる役割を期待されているブラジル人FWロマリーニョ(22)。1994年米国W杯MVPにも輝いた元ブラジル代表FWロマリオ氏(50)の息子としても注目を集めている。初の海外移籍とあって、不慣れなことも多い中、積極的に日本文化を吸収しようと努力。さらに、将来の日本代表入りを希望した。宮崎キャンプ中のチームは12日、西都市での練習を打ち上げ。13日からは宮崎市で更なるレベルアップを目指す。(構成・古川 浩司)

     ―初の海外移籍となる日本での生活は?

     「今は金沢から宮崎に来て、すごく落ち着いています。元々心配はしていませんでしたが、食べるときの箸が(笑い)。初練習のときから、みんな話しかけてくれました。すごく助かっています」

     ―日本で一番驚いたことは?

     「日本では、みんなしっかりサラダも食べていて、バランスのいい食事というのは、一番印象に残っています。ブラジルだと、朝はパンとコーヒーだけだったりしますが、日本は朝から米を食べたりするのでビックリしました」

     ―食事面が変わったことでコンディションに影響は?

     「バランスを考えながら食べられるので、こちらの方が全然いいです」

     ―実際、一緒にプレーしてみたツエーゲンの選手の印象は?

     「よく走って、しっかりマークにも付く印象です。J1に上がりたいという気持ちもあって、可能性を感じます」

     ―父親のロマリオ氏はバルセロナ(スペイン)などでも活躍したが、自身にとってどんな存在?

     「すごく尊敬しています」

     ―周りからは『ロマリオの息子』と見られることも多いと思うが?

     「昔は父。今は僕。違う形で見てもらえたら。人それぞれ違うので、僕は僕のスタイルでいきたいです」
    2016-02-13_12h07_22
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455327280/

     
    続きを読む

    3NkWOVC5zTWTahv1365391792_1365391805


    1: 名無し募集中。。。 2014/02/27 03:03:26
    あの得点感覚は半端無かった

    2: 名無し募集中。。。 2014/02/27 03:04:39
    バルサまでのロナウドかと思ってたわ

    3: 名無し募集中。。。 2014/02/27 03:07:46
    得点能力ならミュラーでしょ

    4: 名無し募集中。。。 2014/02/27 03:12:34
    ロマーリオの全盛期は数試合しか見たことない
    ロナウドの全盛期は結構見た
    うーんどっちが凄かったのかなぁ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ