海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ヴィッセル神戸

    1:3倍理論 ★:2018/08/16(木) 13:37:41.11 ID:CAP_USER9.net
    スペイン、ドイツ以外のメディアも動画と共に報道

    J1リーグ第22節が15日に開催され、ヴィッセル神戸は首位のサンフレッチェ広島と対戦。先制を許すも、アンドレス・イニエスタが”値千金”の2試合連続ゴールを決め、試合は1-1で引き分けた。

    【動画】イニエスタがまたもゴラッソ!鮮烈ミドルで2試合連続弾

    イニエスタにとっては前節に続く連続ゴール、しかも細かいステップとフェイントでDFを置き去りにして放ったミドルシュートの質の高さが、世界中で称賛されている。

    まずこの一報は、いち早く彼の母国であるスペインにも伝わり、複数のメディアが、元代表MFの活躍を大々的に報じた。

    スペイン紙『Mundo Deportivo』は、「神戸のイニエスタは、この1週間で2つの優秀なゴールを決め、契約を十分に果たしているようだ。まず、土曜日に最初のゴールを決め、水曜日は広島との試合で1-1の引き分けに持ち込むゴールを決めた」と、神戸の公式アカウントが投稿したゴール動画を引用して報道した。

    スペインの全国紙『Marca』は「イニエスタが日本でスタンフォードブリッジのゴールを再現」と銘打ち、「このゴールは、2009年にスタンフォードブリッジでのチェルシー戦でみせた、有名なゴールを連想させた」と、2008-09シーズンのチャンピオンズ・リーグでバルセロナが決勝進出を決定付けた試合を引き合いに、絶賛している。

    同じく全国紙の『AS』も、 「イニエスタッソが日本に上陸!」と報じた。“イニエスタッソ”とは、彼が決めるスーパーゴールに対する愛称で、「先週末に相手を粉砕し、この水曜日も相手を粉々にしてしまった」と綴った。

    また、連続ゴールの立役者であるルーカス・ポドルスキの母国、ドイツのタブロイド紙『Bild』は、「ポルディが、イニエスタの夢のゴールをサポートした!」と神戸の“ホットライン”を称賛している。

    加えて、イングランド紙『Daily Mail』は「バルセロナの伝説、イニエスタのゴールが神戸を救い、リーグ首位の広島に引き分けた」と大々的に報じた。

    欧州を中心に、世界のメディアもイニエスタ、ポドルスキの活躍に注目している。そして特筆すべきは、彼らの活躍とともに、神戸や広島というチームも世界に広く知れ渡ったことだ。ふたりのW杯優勝経験者の存在は、Jリーグが世界に認識されることにも大きく役立っているのだ。
    2018-08-16_14h41_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00045739-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/15(水) 23:29:20.54 ID:CAP_USER9.net
    <明治安田生命J1:神戸1-1広島>◇第22節◇15日◇ノエスタ

    イニエスタと一問一答

    --2試合連続のゴール

    イニエスタ ただ、勝ち点3をとれなかった。チームは頑張って、多くのファンに応援してもらった。

    --プレー内容は

    イニエスタ チームに貢献できることを心がけてプレーした。これからも自分のベストを出せるようにしていきたい。

    --首位広島とドロー

    イニエスタ 引き分けた結果がどうかは、次の試合次第だろう。相手は組織力が高かった。

    --ゴールに関してスペイン時代と意識の違いは

    イニエスタ 特に変わったとは思っていない。いいプレーをして、チームに貢献するのがゴールか、違う形なのか。

    --コンディションは

    イニエスタ 良くなっている。これからも試合に出ることで、どんどん良くなっていくと思う。

    --自身の2試合連続ゴールは珍しいことか

    イニエスタ 確かに普通のことじゃない。いいプレーをして、これからもゴールを重ねていけば。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00300755-nksports-socc
    8/15(水) 22:49配信







    【公式】イニエスタ、2試合連続のワールドクラスのゴール!ゴール動画:アンドレス イニエスタ(神戸)17分 ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島 明治安田生命J1リーグ 第22節 2018/8/15
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/13(月) 05:21:27.21 ID:CAP_USER9.net
    名手を支える愛妻と“3つの宝”

    ヴィッセル神戸とアンドレス・イニエスタに、強力なサポータートリオが登場だ。
     
    8月12日、イニエスタの妻で元スポーツジャーナリストのアンナ・オルティスさんが自身のインスタグラムを更新。「最高のサポーターたち!」との一文で映し出されたのは、イニエスタ家の3人の子どもたち。長女のバレリアさん(7歳)、長男のパオロ・アンドレア君(3歳)、そして次女のシエナちゃん(1歳3か月)で神戸のレプリカユニホームやTシャツを着込んで思い思いの表情を浮かべ、観る者の心を掴んで離さない。コメント欄には日本語での投稿も多く見られ、「可愛すぎる!」「勝利の天使たちだね」「こちらまで幸せな気分になる」と大反響なのである。
     
    アンナさんのインスタグラムはバルセロナ・サポーターのみならず、スペイン国内で有名で、一般の方にも関わらずフォロワーは32万4000人にのぼる。飾らないストレートな表現で思いを綴り、夫と子どもたちとの日々の生活を惜しげもなく披露するなど、好評を博しているのだ。

    つい先日、アンナさんは家族5人での新たな生活を神戸でスタートさせた。そこで書き込んだのがこんな一文である。
     
    「アンドレスと私、そして3つの宝と一緒に、いまだかつて感じたことがない、冒険心に満ちた生活が始まったわ! 夢、ストレス、喜び、恐れ……さまざまな感情が入り乱れているけど……どんなものも素晴らしい経験だと感じられるはずよ!」
     
    まさに、名手を支える良妻賢母。こちらのインスタグラムでは、時折イニエスタが意外な素顔を見せているのでそちらも要チェックだ

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00045555-sdigestw-socc
    8/13(月) 5:09配信








    ヴィッセル神戸 アンドレス・イニエスタ チャント
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/12(日) 21:30:31.77 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)のJリーグ初ゴールの動画が、公式チャンネルでの配信から20時間が経過した12日、再生100万回を突破した。

    神戸移籍後、3試合目の出場となったイニエスタは11日の磐田戦(ノエスタ)で来日初ゴールをマーク。前半15分、元ドイツ代表MFポドルスキの低く鋭いパスに、トラップと同時に反転ターンで磐田DF大井を簡単に置き去りにすると、次のタッチで相手守護神カミンスキーもかわす。最後は右足で軽々とゴールに流し込んだ。初めて組むポドルスキとのコンビネーション、ボールを受けてからの一連の動き、まさに“ワールドクラス”のゴールが生まれた。

    YouTubeのJリーグ公式チャンネルが「イニエスタのJリーグ初ゴール!ゴール動画」として配信した動画はすぐに話題となり、再生回数は急上昇。「ん?これJリーグか?」、「CGだろこれ最近の技術本当に怖いわ」など驚きのコメントも相次いだ。話題は国内にとどまらず、世界中からさまざまな言語でのコメントが続き、再生回数は早くも100万回を超えた。

    写真



    8/12(日) 18:24配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000120-dal-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/08/12(日) 18:43:21.96 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が移籍後3戦目でJリーグ初ゴールを決めた。

    ホーム・ジュビロ磐田戦の前半15分、初共演の元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)からパスを受けると、鋭いターンでDFを置き去りにし、GKもかわして右足で先制ゴール。全得点に絡む活躍で2-1の勝利に貢献した。スペイン代表(10年)とドイツ代表(14年)でワールドカップ優勝を経験した、英雄2人の年俸総額は推定約40億円。異次元のプレーで神戸は4位に浮上した。

    (中略)

    今回は大事な家族を伴っての再来日。7月の来日時はホテル暮らし。暇な時間はゲームセンターで時間を費やし気分転換したが、今は大きな支えが日本にいる。

    住居はマンションに決めたが暫定的な措置という。来日会見で「日本の文化を学びたい」と発言。日本庭園に興味があり、庭付き一戸建てが希望。

    すべてにおいて日本に溶け込もうとする精神が、成功を招いた。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201808120000071.html

    イニエスタ

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/11(土) 21:47:27.67 ID:CAP_USER9.net
    11日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節で、ヴィッセル神戸とジュビロ磐田がノエビアスタジアム神戸で対戦。試合は2-1で神戸が勝利を収めた。

    試合後、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがフラッシュインタビューに応じた。

    試合は15分、イニエスタのゴールで神戸が先制した。これがJリーグ初ゴールとなるが、イニエスタは「とても喜んでいます」と語り、次のように続けた。

    「でも大事なのは今日勝ち取った勝ち点3。これで上位での戦いを続けられることを喜んでいます」

    イニエスタのJ初得点をアシストしたのは、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだった。ポドルスキと公式戦でともにプレーするのは初めてとなる。ポドルスキの印象を聞かれてイニエスタは「ものすごいプレーヤーだと思います。彼と一緒に、このクラブをより良いものにしていきたいです」と回答。

    そして「ファンの皆さんも楽しんでいただけたと思うので、明日はしっかり休んで、次の試合に向けてまた準備をしていきたいと思います」と語り、「ファンの皆さんがゲームを楽しめたこと、そして勝利をプレゼントできたことを喜んでいます。このまま勝ち続けて上位に残ることを願っています」と続けた。

    次節はホームに首位・サンフレッチェ広島を迎える。イニエスタも「次の試合は1位との試合なので、難しい試合にはなります」と、気を引き締める。しかし、こう続けた。

    「僕たちの最高のプレーを見せることで、このホームスタジアムであれば、勝てるのではないかと思います」

    そしてインタビューの最後に、日本語で「アリガトウゴザイマス」と語り、ファンの声援に応えた。

    8/11(土) 21:35配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000025-goal-socc

    写真



    動画https://the-ans.jp/news/33148/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=33148_6

    イニエスタ、ポドルスキとの“世界一コンビ弾”に長友佑都も唖然「もう笑いがでたわ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00033148-theanswer-socc
    続きを読む

    2018-08-11_19h27_33
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/11(土) 08:01:43.79 ID:CAP_USER9.net
    神戸がJリーグ史上初めて外国人6人を同時起用する可能性が出てきた。11日の磐田戦(ノエスタ)に向け、10日に神戸市西区で非公開調整。8月に加入した新助っ人のカタール代表DFヤセルに関して、吉田監督は「まだコンディションは厳しい状況だけど(出場は)なくはない」とメンバー入りさせる可能性を示唆した。

    神戸は、外国人枠としてスペイン代表MFイニエスタ、元ドイツ代表MFポドルスキ、FWウェリントンを登録。アジア枠の韓国代表GK金承奎(キムスンギュ)、そして外国籍選手としてカウントされないJリーグ提携国枠のタイ代表DFティーラトンとヤセルも含めた6人は、全員のベンチ入り、および同時起用が可能だ。

    復帰明け初戦となるポドルスキは、イニエスタと左右のインサイドハーフとして先発出場する可能性が出てきた。「後ろから見ていても、スルーパスが右からも左からも出てくる」と語るのはDF渡部。外国人6人に、世界一経験者2人によるダブル司令塔。神戸がJリーグに新たな歴史を刻む。

    8/11(土) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000051-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/08/10(金) 04:05:22.33 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸が6人目となる外国籍選手の獲得を発表した。8月8日、神戸は、カタールのアル・ドゥハイルSCからDFアフメド・ヤセルが期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。

    カタール代表でもある24歳のヤセルは、Jリーグ史上初のカタール人選手となる。昨季はアル・ドゥハイルSCからスペイン2部のクルトゥラル・レオネサに期限付き移籍し、6試合出場・1得点という結果で、1月には再びカタール・スターズリーグへ戻り、アル・ラーヤンへ期限付き移籍していた。

    「Jリーグ初のカタール人選手として、ヴィッセル神戸のような素晴らしいクラブの一員になれたこと、本当に嬉しく思っています」とクラブ公式サイトを通じてコメントしたヤセルは、前述の通りチーム6人目の外国籍選手となるが、神戸にはこの6人の外国籍選手全員が同時にピッチ上に立つ可能性があるのだ。

    神戸には外国籍枠選手として、昨季から所属する元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキのほか、今季移籍加入したブラジル人FWのウェリントン、そして今夏鳴り物入りで加入した元スペイン代表のアンドレス・イニエスタがいる。

    アジア枠では、3年目を迎える韓国人GKのキム・スンギュが在籍。

    さらに、出場制限のない提携国枠の選手として、タイ人DFのティーラトンが今季開幕前にムアントン・ユナイテッドからの期限付き移籍で加入しており、計5人の外国人選手が在籍し、全員が同時にピッチに立つ可能性を有していた。

    そして今回、Jリーグとの提携国であるカタール国籍のヤセルが加入したことで、神戸はJリーグのルールに則ったうえで、6人の外国人選手を同時に起用する権利を得たことになる。チームの過半数が外国人選手で占められれば、Jリーグでは初めてのシチュエーションが誕生することとなる。

    ヤセルは8月8日にチームに合流しているが、果たして11日のホーム磐田戦での出場はあるのか?磐田戦では吉田孝行監督が怪我から復帰したポドルスキの起用を示唆し、この試合からイニエスタの復帰も確実。

    キム・スンギュ、ティーラトンはチームにとって不可欠な存在となっているだけに、あとはヤセルが出場すれば……。

    ポドルスキ&イニエスタの共演が注目される一戦で、日本でもJリーグ発足以来、初めての衝撃的な光景が見られるかもしれない。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=45367

    神戸に在籍する6人の外国人選手
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ