海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ヴィッセル神戸

    1: Egg ★ 2020/01/21(火) 21:54:53.46
    ヴィッセル神戸は21日、2020年の新体制を発表した。スローガンは昨季に続いて『the No.1 Club in Asia ~一致団結~』。天皇杯制覇で出場権を掴んだ初めてのAFCチャンピオンズリーグに向け、MFアンドレス・イニエスタは「みんなにとって特別なモチベーションになるでしょう」とコメントを発表した。

    合わせて新背番号も発表。FWダビド・ビジャが着けていた7番、FWルーカス・ポドルスキが着けていた10番は空き番号となり、イニエスタは引き続き8番を背負う。新加入のDF菊池流帆(←山口)は17番、DF山川哲史(←筑波大)は23番、FW小田裕太郎(←神戸U-18)は41番、FWドウグラス(←清水)は49番に決まった。

    また既存選手ではFW古橋亨梧が16番から11番、MF安井拓也が35番から14番、DF藤谷壮が34番から44番に変更となっている。

    ■スタッフ
    監督:トルステン・フィンク
    ヘッドコーチ:セバスチャン・ハーン
    アシスタントコーチ:マルコス・ビベス
    アシスタントコーチ:モラス雅輝
    GKコーチ:アレックス
    フィジカルコーチ:ニコラ ヴィドヴィッチ
    フィジカルコーチ:咲花正弥

    ■選手
    1 GK 前川黛也
    3 DF 渡部博文
    4 DF トーマス・フェルマーレン
    5 MF 山口蛍
    6 MF セルジ・サンペール
    8 MF アンドレス・イニエスタ
    9 FW 藤本憲明
    11 FW 古橋亨梧
    13 FW 小川慶治朗
    14 MF 安井拓也
    17 DF 菊池流帆(←山口)
    18 GK 飯倉大樹
    19 DF 初瀬亮(←福岡/期限付き移籍から復帰)
    21 FW 田中順也
    22 DF 西大伍
    23 DF 山川哲史(←筑波大)
    24 DF 酒井高徳
    25 DF 大崎玲央
    27 MF 郷家友太
    28 GK 吉丸絢梓
    30 GK 伊藤元太
    31 MF 中坂勇哉(←京都/期限付き移籍から復帰)
    33 DF ダンクレー
    38 MF 佐々木大樹
    41 FW 小田裕太郎(←神戸U-18)
    44 DF 藤谷壮
    49 FW ドウグラス(←清水)

    1/21(火) 19:44配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-43477447-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/01/21(火) 12:49:24.49
    ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが、同クラブとの現行の契約が切れる2021年以降も日本でプレーする意向を示している。

    現在、オフシーズンで母国スペインに滞在するイニエスタは、スペイン『カデナ・セール』とのインタビューで神戸と2021年まで結ぶ契約を全うする意向を口に。「契約は2年残っている。約束を果たしたいと思っている」と語った。

    現在35歳の元スペイン代表MFはまた、「今なおプレーに臨むモチベーションは持ち続けている。1年毎に進んでいきたいと考えているけど、今後の2年も同じようにモチベーションを保てたらいいね」と今なおプレーに臨む意欲が失われていないことを強調し、さらに「その後も力が残っているならば、プレーし続けたい」と2021年以降もスパイクを脱がない可能性があることを示唆。そして2021年以降も現役生活を続けるならば、家族も気に入っている日本が第一候補であるとの見解を示している。

    「まだ確かなことは分からない。でも、僕たちは日本でとても快く過ごしているし、何も起きることがなければ、プレーするのはあの国でなければいけないだろう」

    GOAL
    1/21(火) 12:00
    2020-01-21_13h18_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010008-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/18(土) 22:21:22.81
    J1の神戸は18日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)との契約満了に伴い、2020年シーズンの契約を更新しないと発表した。

    3度のワールドカップ(W杯)出場を誇り、2014年W杯ブラジル大会優勝メンバーでもあるポドルスキは2017年7月に神戸入り。J1リーグ戦通算52試合に出場し、15得点をマークした。

    ポドルスキはクラブを通じて「神戸に来た最初の日からタイトルを共に獲った国立での最後の日まで、神戸サポーターといつも最高の関係を築くことができました。サポーターの皆さまの気持ちは常に伝わっていましたし、一生忘れません。直接お別れの挨拶ができなくて申し訳ないです。いつか皆さまの前に立ってしっかりと挨拶させてください」とコメント。

    「そして三木谷会長とヴィッセル神戸のスタッフ、選手の皆にも感謝しています。日本という素晴らしい国に来ることも出来て、日本の文化に触れる事ができました。ヴィッセル神戸でJリーグを経験させてもらい、有難く思っています。この約3年間、ピッチ外でも家族と一緒に楽しい経験ができました。三木谷会長との縁はこれで切れるとは考えていないです。今後も連絡を取り合っていくと思いますが、今日はとりあえずこの場を借りてありがとうと言わせてください。皆さま、ありがとうございました」と別れを告げた。

    ポドルスキにはトルコ1部アンタルヤスポルに移籍する可能性が浮上している。

    1/18(土) 22:13配信スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000216-spnannex-socc
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/17(金) 20:30:05.45
    J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが残す2年の契約を満了し、さらにプレーを継続する可能性があるとした。スペインのラジオ局カデナ・コーぺとのインタビューで話したもの。

    神戸との2年契約が終わった後もプレーするかと問われたイニエスタは「現時点では分からない。だって体の状態が良いし、たくさんの意欲と気持ちの高まりがある。今年、とても楽しめたし(プレーを続けて行くかどうかは)年ごとに考えていくことになると思う。練習に行き、プレーし、楽しむ意欲、モチベーションは引き続きある。それが大事。今いるところで、とても良い状態で過ごしている」と語った。
    2020-01-17_21h24_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000123-dal-socc
    1/17(金) 19:20配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/11(土) 14:07:00.82
    今季ACL初出場の神戸が大型補強

    ヴィッセル神戸は11日、FWドウグラスが清水エスパルスより完全移籍で加入することを発表した。

    ブラジル出身のドウグラスは現在32歳。過去に徳島ヴォルティス、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島などでプレーした経験を持ち、清水には2018年7月から在籍。昨季の明治安田生命J1リーグでは30試合に出場し、得点ランク3位タイの14ゴールをマークした。J1通算では91試合46得点と、2試合に1ゴールのペースで得点を量産し続けている。

    加入にあたりドウグラスは「ヴィッセル神戸のみなさん初めまして。ヴィッセル神戸の一員になれて嬉しく思いますし、神戸で幸せな時間を過ごしたいです。これからサポーターの皆さんとたくさんの嬉しい瞬間を作りたいと思います。チームの目標が達成出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いします。一緒に戦いましょう」と意気込みを口にしている。

    また、清水を通じては「1年半、清水エスパルスでプレーする機会を与えてくれたクラブ関係者に、本当に感謝しています。そしてサポーターの皆さん、素晴らしい応援をいただき、心から感謝しています。素晴らしい瞬間がたくさんありましたが、これからは違う道に進んで、新しいチャレンジをしたいと思います。これまでの1年半、心からありがとうございました」とコメントしている。

    第99回の天皇杯を制した神戸は、2020シーズンにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)へ初出場することが決定。かつてUAEのアル・アインでプレーし、ACLでの戦いを知るドウグラスの加入は、神戸にとって大きな補強と言えそうだ。
    2020-01-11_14h38_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00010012-goal-socc
    1/11(土) 13:45配信

    FWドウグラス
    フリガナドウグラス
    背番号49
    身長/体重184cm/80kg
    生年月日1987年12月30日
    出身地ブラジル
    血液型O
    所属チーム名モトクラブ/ブラジル-マドゥレイラ/ブラジル-フィゲレンセ/ブラジル-徳島ヴォルティス-京都サンガF.C.-
    徳島ヴォルティス-サンフレッチェ広島-徳島ヴォルティス-アル アインFC/アラブ首長国連邦-アランヤスポル/トルコ

    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2020/01/09(木) 14:09:18.23
    FC東京が今季の新戦力として神戸のレバノン代表DFジョアン・オマリ(31)に正式オファーしていることが8日、分かった。

    C大阪の木本恭生(26)を獲得できず、U―23日本代表DF岡崎慎(21)が清水にレンタル移籍するなど、最終ラインの補強が急務だった。オマリは7月にアルナスル(UAE)から神戸に移籍。1メートル87と長身を生かした対人守備に定評があり、昨季は4試合1得点だった。

    2020年01月09日 05:30
    2020-01-09_16h41_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000036-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/08(水) 14:09:45.41
    ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、マレーシア王者のジョホール・ダルル・タクジムFC加入の可能性が浮上している。同クラブのオーナー、トゥンク・イスマイル・イドリス氏がポドルスキから「コンタクトがあった」と認めたという。マレーシアメディア「SemuanyaBOLA」が報じている。

    2014年のワールドカップで優勝を経験しているポドルスキは、2017年に神戸へ加入。2018年からキャプテンを務め、今年元日の天皇杯決勝ではクラブ初のタイトルをもたらした。バイエルンやアーセナル、インテルなどのビッグクラブを渡り歩いたレフティーは2019年シーズン限りでの退団が噂され、その去就が注目を集めている。

    そうしたなかで新天地として浮上しているのがマレーシアだ。マレーシアリーグ6連覇中の強豪ジョホール・ダルル・タクジムFC(JDT)のオーナーであるトゥンク・イスマイル・イドリス氏はポドルスキが同クラブへの加入に興味を示し、接触してきたとコメントしているという。ただし、外国人枠3人がすでに埋まっているため、交渉はその他の選手の去就次第となりそうだ。

    なお、ジョホール・ダルル・タクジムは2020年シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場が決まっており、天皇杯王者として出場する神戸とはグループGで同居している。ポドルスキにとっては、アジアの舞台で古巣対決を行う可能性が浮上している。

    1/8(水) 12:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00239612-soccermzw-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/03(金) 13:37:02.99
    ◆サッカー 天皇杯全日本選手権 ▽決勝 神戸2―0鹿島(1日・国立競技場)

    新しい国立競技場での初のスポーツイベントとなった決勝戦は、神戸が鹿島を2―0で下してクラブ史上初タイトルを獲得した。1995年、チームとして初練習が予定されていた1月17日に阪神・淡路大震災が発生。震災を乗り越えた地方クラブが25年の節目に栄冠をつかみ、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権も手にした。一夜明けた2日は地元に凱旋し、優勝報告会を実施。約3000人のサポーターが集結した。

    2003年に経営破綻したクラブを再建した三木谷浩史会長(54)がスポーツ報知などの取材に応じ、経営に携わってから15年で悲願を達成したチームへの思いを語った。

    ―念願の初タイトル。

    「25年目でようやく取ることができた。世界レベルの選手を集めて、単純に強いだけじゃなく、お客さんを魅了するスタイリッシュなフットボールを目指してやってきた。信念を貫いて良かったと思う」

    ―04年にクラブの営業権を取得した。

    「今だから言うと、本当は引き受ける気はなかった。でも『引き受けないとどうなるんですか』と聞いたら『消滅する』と言われて。それはさすがに忍びないな、と。神戸に生まれ育ったから今の自分がある。大量に損することは分かってましたけど、恩返しと思って引き受けたらどっぷりはまってしまいましたね。ちょっと使いすぎました(笑い)」

    ―多額の投資で強化することへのポリシーは。

    「神戸のプロジェクトはある意味、内からのJリーグ改革。日本ってサッカー先進国のなかで一番の経済大国なんです。イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、イタリアよりも日本の経済は大きい。ということは、やり方次第では本当に世界のトップリーグになれると思う。ウチに来ている選手は給料が安いか高いかでいえば高いんですけど(笑い)、いろんな情報化が進む中でスポーツが与える感動というのは経済的にも非常に大きいし、国民を笑顔にするところもある」

    ―今後のビジョンは。

    「日本人だろうが外国人だろうが関係ないでしょ、というのが僕の考え方。外国人枠も大きく緩和するべきで、そしたら世界中のトッププレーヤーが日本に来るんじゃないかと思う。逆に日本のいい選手が海外に行きたいと思うことを恥じるべきだ、と。少しずつ、海外のすごい選手が日本に来たい、となりつつある」

    ―日本にバルセロナやRマドリードのようなクラブを作って選手を呼んでくる考えは。

    「あります。そうできると思いますし、そうしたい」
     ◆三木谷 浩史(みきたに・ひろし)1965年3月11日、神戸市生まれ。54歳。88年に一橋大卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。96年にクリムゾングループを設立。翌年にエム・ディー・エム(現楽天)設立。2004年に神戸のオーナーに就任。同年秋には楽天野球団を設立し、プロ野球に新規参入を果たした。06年に神戸の代表取締役会長に就任。08年1月に楽天のオーナー職から退き、代表取締役会長に。12年8月に会長兼オーナーに再び就任。

    1/3(金) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-01020213-sph-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/03(金) 05:05:08.01
    神戸の元ドイツ代表FWポドルスキが、大減俸か移籍かの二者択一を迫られていることが分かった。

    現行の契約は今季限りで、現在は推定年俸6億円ながら、複数の関係者によると、神戸側は大幅な減額での契約延長を打診しているという。FWビジャとFWウェリントンが抜けて手薄になった攻撃陣では清水FWドウグラス(32)の獲得が決定的。元スペイン代表MFダビド・シルバ(マンチェスターC)は今夏獲得へ向けて調査を継続している。一方、元日本代表DF西には名古屋から正式オファーが届いているという。
    2020-01-03_12h10_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000008-spnannex-socc
    1/3(金) 5:00配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/03(金) 05:03:55.83
    初タイトルが終着点ではない。黄金時代を築くため、神戸の強化は続く。「(ACL出場クラブは)リーグ戦の方が苦戦しているところもある。今いるメンバーと補強のところを考えていきたい」と三浦SD。FWビジャとFWウェリントンが抜け手薄になった攻撃陣では清水FWドウグラス(32)の獲得が決定的だ。

    今季リーグ3位の14得点を挙げ、広島などでACLを経験している点も大きい。さらに元スペイン代表MFダビド・シルバ(マンチェスターC)は今夏獲得へ向けて調査を継続。フィンク監督の続投も既定路線で、FW古橋も残留が濃厚だ。

    一方、懸念材料は元日本代表DF西の動向だ。複数の関係者によると、名古屋から正式オファーが届いているという。神戸側は慰留に務めるも、今季リーグ29試合出場のベテランが流出なら痛い。
    2020-01-03_09h11_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000005-spnannex-socc
    1/3(金) 5:00配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ