海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ヴィッセル神戸

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/07/08(土) 16:46:28.95 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸に完全移籍で加入した元日本代表FWハーフナー・マイク(30)が8日、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で入団会見を行い、「得点が自分の生きる道。得点でチームに貢献したい」と抱負を語った。

    11年以来の日本復帰となるハーフナーは新天地に神戸を選んだ理由について「年も30歳を迎え、いい節目かなと考えていた時、神戸から話が来て熱意も伝わり、そろそろJリーグに復帰したいと思った」と明かした。

    6日に来日した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)との2トップに期待も高まる。「まだ一緒に練習できていないけどプレシーズンマッチ(22日、仙台戦)もあるので、コミュニケーションを取って合わせられるようにしたい」と競演を心待ちにした。

    フィテッセ(オランダ)、コルドバ(スペイン)、ヘルシンキ(フィンランド)を経て15年からデン・ハーグ(オランダ)に完全移籍。16-17シーズンはリーグ戦28試合9得点を挙げるなど、欧州リーグ通算162試合55得点のストライカーは「確実に体は強くなっった。勝負どころで得点を奪えていたので、そういう部分を神戸で出せれば」と意気込んだ。

    16年3月のW杯予選アフガニスタン戦(埼玉)以来遠ざかっている日本代表については「神戸でアピールすれば再びチャンスをもらえると思うので、神戸で結果を出したい」と思いを口にした。
    2017-07-08_17h14_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000071-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/08(土) 13:52:22.39 ID:CAP_USER9.net
    久々の「大物」がやって来た。

    ルーカス・ポドルスキ。

    2004年から13年間、ドイツ代表として地元ドイツ、南アフリカ、ブラジルで開催された三度のW杯を含む130試合に出場し、49得点を挙げたストライカーだ。愛称は「ポルディ」。32歳の今年、ドイツ代表こそ引退したが、まだバリバリの現役プレーヤーだ。
     
    ポドルスキが入団したのはJリーグのヴィッセル神戸。来日した7月6日には、スーパースターを一目見ようと神戸空港に約1000人のファン・サポーターが詰め掛けた。ポドルスキはファンが並ぶ沿道で足を止め、関係者が驚くほど長い間、サインや写真撮影に応じたり子供を抱き上げたりと、早速プロフェッショナルぶりを発揮した。

    日本のサッカー漫画「キャプテン翼」の大ファンで、すね当てには主人公、大空翼のライバル、日向小次郎のイラストが描かれている。インタビューでそのことを聞かれると「小次郎に電話してヴィッセル神戸に来るように言っておく。僕と小次郎のツートップなら無敵だ」と返答した。ヴィッセルのみならず、日本のサッカーファンに愛されること間違いなしの好キャラクターだ。
     
    欧州や南米リーグで活躍する現役の大物選手がJリーグにやってくるのは、2014年から1年半、セレッソ大阪に在籍したウルグアイ代表ディエゴ・フォルラン以来だろう。

    英プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したフォルランはウルグアイが4位に躍進したW杯南アフリカ大会の時の中心選手だったこともあり、来日の時にはちょっとしたフィーバーを巻き起こした。

    だがポドルスキのキャリアはフォルランのそれを上回る。所属クラブは日本代表の大迫勇也が所属するケルン(独ブンデスリーガ)を振り出しに、バイエルン・ミュンヘン(同)、アーセナル(英プレミアリーグ)、インテル・ミラノ(伊セリエA)、ガラタサライ(トルコ・スュペル・リグ)と名門ばかり。2006年のW杯ドイツ大会ではリオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドを抑えて最優秀若手選手賞に輝き、2014年のW杯ブラジル大会ではドイツの優勝に貢献した。

    大物だけに値段は張る。移籍金は260万ユーロ(約3億1000万円)。地元紙の報道によると、2年半の契約で報酬は推定1900万ユーロ(約23億円)に上る。

    つづく
    2017-07-08_15h23_02
    7/6(木) 20:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170706-00003248-bunshun-spo&p=1
    続きを読む

    no title

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/08(土) 02:21:42.13 ID:CAP_USER9.net
    【武田修宏の直言!!】ついに元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が来日したね。Jリーグに来た久しぶりの大物選手だけに期待は高まるよ。かつて元ブラジル代表MFジーコ氏(64)や同ドゥンガ氏(53)がJリーグのレベルアップや選手のスキルを引き上げてくれたように、ポドルスキの加入で日本サッカーも変わるんじゃないかな。

    実力も実績も申し分ないし、どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみだけど、ドイツ出身の選手にとって日本の夏は厳しいかもしれない。暑さはもちろんのこと湿気があるでしょ。ドイツの夏も暑いけど、カラッとしているからね。この湿度の高さに慣れるには時間がかかると思う。

    コンディション面で完全にフィットするのは少し涼しくなる秋以降になるんじゃない? チームメートとの連係を含めて、シーズン途中の加入はいろいろな面で難しいからね。最初はあまりプレッシャーをかけないで、慌てずに見守っていきたいかな。そうすれば自然に活躍してくれるよ。

    ただ、J1神戸がポドルスキ獲得に使った金額は移籍金3億円に年俸6億円の計約9億円(いずれも推定)。仮にその資金を自由に使えるならば、鹿島のFWペドロジュニオール(30)とMFレオシルバ(31)、GK権純泰(32)の3人を狙うよ。そうすればJリーグ優勝も夢じゃないからね。(元日本代表FW)

    7/7(金) 16:35配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000026-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/07(金) 19:34:44.31 ID:CAP_USER9.net
    港町に“ポルディフィーバー”が巻き起こった。J1神戸に加入した元ドイツ代表10番、FWルーカス・ポドルスキ(32)が6日に来日し、神戸市内で入団会見を行った。大歓迎を受けた世界屈指のストライカーは“神戸愛”をアピールし、三木谷浩史会長(52)は目標とするアジア制覇のキーマンに指名した。一方、Jリーグでは欧州出身のストライカーが活躍できない“負の歴史”も。果たしてドイツが誇るスター選手はジンクスを打ち破れるか――。

    推定年俸500万ユーロ(約6億4000万円)のポドルスキはこの日朝に関西国際空港に降り立つと、わざわざチャーター機に乗り換えて神戸空港に到着。約1000人のファン・サポーターなどから熱烈な歓迎を受けながら用意されたレッドカーペットを歩いた。

    その後、神戸市内で行われた会見で「家族会議で決めた」と移籍の理由を説明し「サッカーだけではなく日本の文化も学びたい」との意欲を語った。また世界的ブランドの「神戸牛を食べたい!」とアピールすると、三木谷会長らと高級レストランで会食。クラブ側も最大限の“おもてなし”で大物を迎えた。

    ドイツ代表として2014年ブラジルW杯で優勝。バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)やアーセナル(イングランド)、インテル(イタリア)などのビッグクラブで活躍した実績は文句なし。三木谷会長は「アジアを代表するクラブを目指している。世界レベルのスーパースターがどんどんJリーグに来る流れになればいい」と神戸を中心にJリーグを盛り上げる壮大な計画をブチ上げた。

    異例の歓迎ぶりはクラブだけではない。この日使用したチャーター機の使用料(推定100万円)も地元企業に「ご提供を頂いた形」(クラブ幹部)という。また会見にはJリーグ事務局がスタッフを派遣。「海外メディアの対応などにも追われるので打ち合わせのため」と説明したが、選手の入団会見に事務局が人員を割いて“後方支援”するのは異例だ。

    一方で大物スター選手には不安もある。14年には、C大阪に10年南アフリカW杯で得点王とMVPを獲得したウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(38=ムンバイ)が加入。世界的ストライカーの加入は大きな話題となったが、期待されたパフォーマンスを発揮できずにチームも低迷。同年にJ2へ降格した。

    さらに、J1クラブ強化担当者は「欧州出身の選手が日本で活躍できないっていうのはJリーグの定説。以前から言われていること」と指摘する。実際、成功例の多い南米選手と比べると、欧州出身のビッグネームでは名古屋でプレーしたユーゴスラビア代表FWドラガン・ストイコビッチ(52)が大活躍しただけだ。

    名古屋に所属したイングランド代表FWゲーリー・リネカー(56)、磐田でプレーしたイタリア代表FWサルバトーレ・スキラッチ(52)、柏に入団したブルガリア代表FWフリスト・ストイチコフ(51)ら歴代のW杯得点王も日本で結果を残せなかった。神戸でもデンマーク代表MFミカエル・ラウドルップ(53)やトルコ代表FWイルハン・マンスズ(41)が成功しなかった。

    果たして、ポドルスキは強力なバックアップを得てジンクスをはね返すことができるのか。注目のデビュー戦はリーグ中断明け初戦となる29日の大宮戦(ノエスタ)になりそうだ。

    【本紙カメラマンにケーキを!】

    ポドルスキの入団会見後に、サプライズでウエルカムケーキが振る舞われた。司会から「食べてください」と促されたポドルスキは報道陣に“一緒に食べよう”とばかりに誘うものの、みんな撮影に夢中。そのとき、前へ行こうとするテレビカメラを本紙中西カメラマンが注意すると、スター選手はケーキを食べたいアピールと勘違いし、近くまで歩み寄ってまさかの“ファーストバイト”をしてくれた。なんとも気さくなポドルスキの大ファンになった本紙カメラマンでした。
    2017-07-07_21h20_34
    7/7(金) 16:35配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000029-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/07(金) 07:02:22.67 ID:CAP_USER9.net
    2014年ブラジルW杯優勝メンバーで、神戸に完全移籍した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が6日、来日した。

    関西国際空港から小型チャーター機で神戸空港へ移動するVIP待遇で、約1000人が集まった歓迎セレモニーでは30分かけてサインに応じる“神対応”。最短の公式戦デビューは29日の大宮戦(ノエスタ)で、人気アニメ「ドラゴンボール」の必殺技「かめはめ波」のゴールパフォーマンスを予告した。

    会見に同席した三木谷会長はポドルスキの起用はネルシーニョ監督に一任する姿勢を示した。プロ野球の楽天では15年にコーチがシーズン途中で辞任し、フロントの“現場介入”が話題となったが「やっちゃうといけないでしょ」と笑って否定した。初対面のポドルスキについては「オーラがあって人格者。総合的に投資回収は見込める。スーパースターを日本に連れてくるきっかけになれば」と期待した。

    7/7(金) 5:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000069-sph-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/06(木) 13:03:25.49 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸に完全移籍で加わった元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が6日、入団会見に臨み、「Jリーグを盛り立てていきたい」と意気込みを語った。

    「こんにちは。ポドルスキです。よろしく」と日本語であいさつ。神戸への移籍については「家族会議で決めた。三木谷会長の熱烈なオファーも理由の1つ。神戸のことをインターネットでも調べて、大変気に入ったので来日を決意した」と説明した。

    この日の午前に来日し、空港では約1000人のサポーターらが歓迎した。「とても誇りに思っている。日本の空港はきれいで清潔。何もかもが整っていて非常に気持ちよかった」と印象。「子どものサポーターも多くうれしかった。これから日本のいろいろな文化を学んだり経験したい。Jリーグを盛り立てていきたいと決意している」と笑顔で語った。楽しみにしていることには「神戸牛が有名と聞いている。会見が終わったらぜひ食べたい」と話し、神戸牛デビューも心待ちにした。

    会見に同席した三木谷会長は「間違いなく世界トップのストライカー。個人的にはこれで日本人選手が海外に流出していくのではなく、世界のスーパースターがどんどん来日する流れになれば」と入団を歓迎した。

    背番号は「10」。早ければ7月29日の大宮戦でJリーグデビューする。

    ポドルスキは同日午前、予定より約30分遅れて神戸空港に到着。カタカナで「ポルディ」と書かれた帽子をかぶって登場すると、約1000人のサポーターらからは大歓声がわき起こった。サポーター1人1人にサインをし、記念撮影も行うなど、丁寧なファンサービスで歓迎に応えた。

    7/6(木) 12:34配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00000094-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 998b-9umI):2017/07/06(木) 10:43:59.06 ID:CAP_USER9.net
    7/6(木) 10:33配信
    日刊スポーツ

    来日しサポーターと記念写真を撮るポドルスキ(撮影・加藤哉)



    ヴィッセル神戸に加入する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が6日、神戸空港に隣接するヒラタ学園神戸エアセンターに来日した。

    ポドルスキは、自身で準備した神戸のチームカラーのTシャツとハーフパンツに、迷彩柄に「ポドルスキ」とカタカナで書かれた帽子を被って登場。チャーター機から降り立つと、詰めかけた大勢のファンは大歓声。サインや写真に応じながら、約60メートルのレッドカーペットを30分以上掛けて歩いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-01850911-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/04(火) 19:07:48.26 ID:CAP_USER9.net
    6日に来日し、ヴィッセル神戸加入会見を開く元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、4日に自身の公式ツイッターで動画を投稿。三味線、書道、盆栽、折り紙など和テイストの内容が話題を呼んでいる。

    32歳のレフティーは3日にインスタグラムで神戸のユニフォーム姿を披露していたが、今度は神戸入りに向けて“日本”や“和”をコンセプトにした動画を投稿。

    日本語で「新たな挑戦が楽しみです。神戸の皆さん、よろしくお願いします !」とのコメントを添えた。

    動画は三味線の音が鳴り響くなか始まり、ポドルスキが器用に折り紙を折り、盆栽を手入れして納得の表情。さらに、剣道の防具一式を着用して竹刀を何度も振り下ろすと、スイカを真っ二つに両断した。

    食事の場面では箸を起用に使いこなし、夜はベッドに寝転び、漫画「キャプテン翼」を読んで就寝というストーリーに仕上がっている。「禄」(ろく)という文字が飾られた額縁やキャプテン翼の6巻など、来日や会見日に合わせたかのように「6」を連想させる作りになっている。

    日本行きを楽しみにしているかのような動画に、ファンからも「Welcome to KOBE」と歓迎の声も上がっている。ドイツ代表通算130試合出場を誇り、10番も着用した男は今年3月に代表から引退したものの、ワールドクラスの技術は今も健在。

    Jリーグの選手第2登録期間は21日からのため、Jリーグデビュー戦は最短で7月29日のJ1リーグ第19節、ホーム大宮アルディージャ戦となるなか、スーパープレーで日本のサッカーファンを楽しませる日が着々と近づいている。

    Football ZONE 7/4(火) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170704-00010013-soccermzw-socc

    写真


    動画


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ