海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:三好康児

    1: Egg ★ 2019/09/27(金) 06:12:41.78
    【アントワープ 4-2 ロケレン クロキー・カップ6回戦】

    現地26日、クロキー・カップ(ベルギーカップ)の6回戦が行われ1部のロイヤル・アントワープFCと2部のロケレンが対戦した。

    アントワープは日本代表MF三好康児がトップ下で移籍後公式戦初先発。ロケレンでは柏レイソルから移籍したDF小池龍太が右ウィングで先発起用され、横浜F・マリノスから加入の日本代表MF天野純はベンチスタートとなった。

    試合は開始早々に動く。ロケレンがキックオフとともに攻め込み、MFギオルギ・ベリーゼのゴールで先制に成功した。開始11秒、電光石火の先制弾となった。

    しかし、主導権はアントワープが握り、すぐに取り返す。6分、三好が絶妙なタメを作ってスルーパスを繰り出し、左サイドの選手を走らせる。そしてMFディディエ・ラムケル・ゼの低いクロスに、ファーサイドで待っていたFWディウメルシ・エンボカニが合わせて同点に追いついた。

    そして三好はさらなる輝きを放つ。33分、ボールが右から左へ展開される間に相手センターバックの背後を取ると、ラムケル・ゼのスルーパスに抜け出してゴール前へ。飛び出してきたGKの動きを見極め、左足で逆転ゴールを流し込んだ。

    38分には先制ゴールを決めたベリーゼに代わって、天野が登場。日本人選手3人がピッチ上に揃い、アントワープの1点リードで前半終了となった。

    後半も三好はゴールに迫る。60分、ペナルティエリア内でこぼれ球を拾って強烈なシュートを放つも、これは相手GKの好セーブに遭い2点目とはならない。

    すると天野も負けじと、なんとかチャンスを作るべく縦横無尽に動き回って奮戦する。67分にはペナルティエリア内で倒されて主審の笛が吹かれ、PK獲得かと思われたが判定はシミュレーション。イエローカードをもらい、これには天野も苦笑いだった。

    後半の終盤はこう着状態となり、アントワープも主導権を握りながらチャンスをものにできず。すると85分、今度は天野が左足で貴重な同点ゴールを演出する。左サイドでボールを受けると、中央を確認してピンポイントクロス。最後はゴール前でフリーになっていた途中出場のFWフラン・ナバーロが頭で合わせて2-2とした。

    試合はそのまま延長戦に突入する。そして延長前半の98分、再び三好の左足が火を噴いた。右サイドからのクロスを落とし、パスを受けたMFハリス・ハルーンがシュートを放つ。これはGKに弾かれたが、こぼれ球に反応した三好が角度のないところから押し込み、値千金の勝ち越しゴールを奪った。

    延長後半は両チームとも運動量が落ちてきてオープンな展開に。ロケレンがボールを握る時間帯も増えたが、アントワープは勝負を決める追加点をカウンターで奪った。114分、中盤でボールを奪うと前線の3人で速攻に移り、三好が右から左に流れたことによってできたスペースに途中出場のFWアマラ・バビーが走り込み、エンボカニからのスルーパスを受けてフィニッシュ。リードを2点に広げた。

    これで勝負あり。アントワープは120分の死闘の末にロケレンを4-2で下し、ベルギーカップベスト16進出を決めた。2得点の三好だけでなく、1アシストの天野、2つのポジションで延長戦まで走りきった小池と日本人3選手が確かな存在感を示した一戦となった。

    【得点者】
    1分 0-1 ベリーゼ(ロケレン)
    6分 1-1 エンボカニ(アントワープ)
    33分 2-1 三好康児(アントワープ)
    85分 2-2 ナバーロ(ロケレン)
    99分 3-2 三好康児(アントワープ)
    114分 4-2 バビー(アントワープ)

    9/27(金) 5:58 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00340116-footballc-socc

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/09/15(日) 23:25:54.88
    名門アンデルレヒトを沈める決勝点
    現地時間9月14日に行なわれたベルギーリーグ第7節、アンデルレヒトとアウェーで対戦し、2-1で勝利した。

    アンデルレヒトはヴァンサン・コンパニはベンチ外、アントワープに今夏加入した三好康児はベンチスタートとなった。

    前半はともにゴールをあげられず、試合が大きく動いたのは後半だった。先制したのはアウェーのアントワープだった。49分にライオラ・レフェノフが先制ゴールを挙げるも、65分に取り返されて、リードは長く続かなかった。

    しかし、78分にアンデルレヒトがひとり退場者を出すと、アントワープは80分にアマラ・ベビ、82分に三好を投入する。

    初めてベルギーリーグのピッチに立った三好が輝いたのは87分のことだ。ゴール前でボールを持った三好はエリア外でボールを受けるとすかさずシュート。一度はDFに阻まれるも、三好がターンを交えて持ち直し、改めて左足を振り抜いたシュートが、ネットを揺らした。

    決勝点を挙げた三好は89分にも味方のシュートが弾かれたところをすかさずループで狙うが、これはDFのゴールラインクリアに阻まれた。

    試合はこのまま2-1で終了。三好の鮮烈なデビュー&決勝ゴールでアントワープがアンデレルレヒトを下した。
    2019-09-15_23h55_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00064219-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/20(火) 17:52:00.68
    買い取りオプション付きとの報道も
     
    8月20日、日本代表MF三好康児がベルギーの名門アントワープに期限付き移籍すると、川崎フロンターレが正式に発表した。

    三好の移籍については、アントワープの現地紙『Gazet van Antwerpen』がいち早く報じており、先週の段階で「来週にはメディカルチェックを行ない、サインする見込み」と伝えられていた。三好は17日に日本を発ち、先週末にはホームスタジアムで行なわれたリーグ第4節シント=トロイデン戦を観戦していたようだ。今後、メディカルチェックなどを経て、アントワープ側からも正式に発表されるとみられる。

    また、イタリアの移籍専門記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のサイトによれば、今回のレンタル契約は買い取りオプション付きのようだ。同クラブにとって初めての日本人選手となる三好。移籍決定にあたって、川崎の広報を通じ、以下のコメントを寄せている。

    「この度、ベルギーリーグ1部のロイヤル・アントワープFCと契約することができました。欧州移籍に挑戦させてもらうにあたり、支えてもらったクラブには本当に感謝しています。ありがとうございました。これからは、RAFCの一員として活躍する事でお世話になったクラブ、皆様へ恩返しができるように頑張りたいと思います。これからも、よろしくお願いします」

    三好は今季、川崎から横浜F・マリノスに期限付き移籍で加入。J1リーグでは19試合出場、3ゴールを記録した。さらに、6月に開催されたコパ・アメリカでは日本代表デビューを果たし、ウルグアイ戦で2ゴールを決めるなど鮮烈な印象を残している。現在22歳で、来年に控える東京五輪のメンバーとしても期待されるアタッカーのひとりだ。

    移籍先のアントワープは、リーグ開幕から4試合で3勝1敗と好調だ。昨季をリーグ4位で終え、現在はヨーロッパリーグ(EL)の予選に参加中。3回戦まで勝ち抜き、プレーオフ進出を決めている。8月21、28日には今夏に加入したDF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)との対戦が控えている。

    これで今夏新たにベルギー挑戦を決めた日本人選手は、シュミット・ダニエル、鈴木優磨(ともにシント=トロイデン)、天野純、小池龍太(ともにロケレン)に続き、三好で5人目。今季ベルギーでプレーする日本人選手は、現時点で9人にのぼる。

    日本でも屈指の技巧派として鳴らすレフティー。強力なサイドアタッカーが揃うアントワープで競争に勝ち抜き、真価を発揮できるかが注目される。

    8/20(火) 17:39配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00010005-sdigestw-socc
    no title
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/15(木) 06:38:19.50
    川崎Fから横浜に期限付き移籍中のMF三好康児(22)が今夏、ベルギー1部の古豪アントワープに移籍することが14日までに決定的となった。複数の関係者によれば、来年6月末までの期限付き移籍となる見通しで、三好は近日中に渡欧。メディカルチェックを経て正式契約を結ぶ予定という。

    三好は川崎Fのアカデミー1期生で、マンチェスターCからフローニンゲンに期限付き移籍中の板倉とともにトップ昇格。昨年川崎Fから期限付きで加入した札幌で才能を一気に開花させた。東京五輪世代中心で臨んだ6月の南米選手権では1次リーグ初戦のチリ戦でA代表デビュー。第2戦のウルグアイ戦では初ゴールを含む2得点を決め、日本選手として初めて、南米でのAマッチでマルチ得点という快挙を成し遂げた。

    南米選手権の活躍により三好の評価は一気に上昇。バルセロナなど欧州クラブからの問い合わせも殺到したようで、その中で最も熱心だったのがアントワープだったという。今夏は久保のRマドリードをはじめ、安部のバルセロナ移籍など、多くの東京五輪世代が海を渡ったが、期待のドリブラーもまた、海外に挑戦することになった。

    ▽ロイヤル・アントワープ ベルギーのアントワープを本拠に1880年創設。リーグ優勝4回を誇る古豪。92~93年シーズンにはカップウィナーズ杯で準優勝。チームカラーは赤と白。指揮官は元ルーマニア代表MFのラースロー・ベレニ氏(66)。マンチェスターUとは提携関係にある。本拠地はボサイルスタディオンで収容は約1万3000人。

    ◆三好 康児(みよし・こうじ)1997年(平9)3月26日生まれ、神奈川県出身の22歳。川崎F下部組織出身で15年にトップチームに昇格しプロデビュー。18年に札幌に期限付き移籍し自己最多のリーグ26試合出場(3得点)。今季は横浜に期限付き移籍し、リーグ19試合3得点。J1通算75試合11得点。6月18日の南米選手権のチリ戦でA代表デビューし、同21日のウルグアイ戦で初ゴールを含む2得点。1メートル67、64キロ。利き足は左。

    8/15(木) 4:30配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000000-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/06(火) 09:42:48.33
    ベルギー1部の古豪ロイヤル・アントワープが、川崎Fから横浜に期限付き移籍中のMF三好康児(22)の獲得に動いていることが5日までに分かった。複数の関係者によれば、アントワープは三好の実力を高く評価。今夏での獲得へ向け既に正式オファーを出しているという。

    三好は川崎Fアカデミー1期生で15年に現フローニンゲンのMF板倉とトップ昇格。徐々に頭角を現し、昨年川崎Fから期限付きで加入した札幌で才能を一気に開花させた。東京五輪世代中心で臨んだ6月の南米選手権では1次リーグ初戦のチリ戦でA代表デビュー。同第2戦のウルグアイ戦では得意のドリブルから初ゴールを含む2得点を決め、史上初の南米でのAマッチでマルチゴールという快挙を達成した。

    関係者によれば、ウルグアイ戦の活躍により、三好の名前は一気に広がり、欧州クラブからの問い合わせも殺到。その中で本格的な動きを見せたクラブの一つが、アントワープだったという。三好獲得には同じベルギー1部で、日本企業のDMMが経営権を取得したシントトロイデンも正式オファー。ベルギークラブでの争奪戦も勃発しているという。

    今夏はレアル・マドリードの久保をはじめ、バルセロナの安部、マリティモに移籍したFW前田ら多くの東京五輪世代が海を渡った。三好も海外志向はもともと強いようで、決断が注目される。

    ◆三好 康児(みよし・こうじ)1997年(平9)3月26日生まれ、神奈川県出身の22歳。川崎F下部組織出身で15年にトップチーム昇格しプロデビュー。18年に札幌に期限付き移籍し自己最多のリーグ26試合出場(3点)。今季は横浜に期限付き移籍し、リーグ18試合3点。J1通算74試合11点。Aマッチ3試合2得点。1メートル67、64キロ。利き足は左。

    ▽ロイヤル・アントワープ ベルギーのアントワープを本拠に1880年創設。近年こそタイトル獲得はないが、リーグ優勝4回を誇る古豪。92~93年シーズンにはカップウィナーズ杯で準優勝。チームカラーは赤と白。指揮官は元ルーマニア代表MFのラースロー・ベレニ監督(66)。マンチェスターUとは提携関係。本拠地はボサイルスタディオンで収容は約1万3000人

    8/6(火) 5:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000000-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/11(木) 20:52:35.49
    コパ・アメリカのウルグアイ戦で2ゴールを記録 「ラージョの興味を引きつける」
    横浜F・マリノスの日本代表MF三好康児は、6月に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)で、グループリーグ第2戦のウルグアイ戦(2-2)で2ゴールを決め、南米を驚かせた。この活躍を受け、スペイン地元放送局「ウニオン・ラージョ」は「多くのオファーが舞い込む存在」とスペイン2部ラージョ・バジェカーノに獲得を進言している。

    コパ・アメリカでA代表デビューを果たした三好は、初先発を飾ったウルグアイ戦で圧巻のパフォーマンスを披露した。1点目の場面では、MF柴崎岳(ヘタフェ)のロングフィードを右サイドで受けると、果敢なドリブルから右足でネットに突き刺した。2点目も、テンポの良いパスワークから三好が押し込み、勝ち越しゴールを奪ってみせた。

    FWルイス・スアレス(バルセロナ)やFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)、MFルーカス・トレイラ(アーセナル)ら世界トップクラスのタレントを揃えるウルグアイを相手に見せたインパクトは、スペインにも影響が及んでいるようだ。

    記事では、「ラージョの興味を引きつけるコパ・アメリカの選手たち」と見出しを打ち、スペイン2部ラージョ・バジェカーノに三好の獲得を進言している。

    「日本人MFはコパ・アメリカを魅了した。日本の舵取りを担い、多くのオファーが舞い込む存在」

    東京五輪世代を牽引するアタッカーが近い将来、世界に羽ばたく姿が訪れるかもしれない。
    2019-07-11_21h56_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00202940-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/23(日) 18:40:45.14
    6/23(日) 18:20配信
    Football ZONE web
    ウルグアイ戦で2ゴールの大活躍、現地取材のポルトガル紙記者も三好に衝撃

    日本代表MF三好康児、ポルトガル人記者が“欧州移籍”に太鼓判「通用する」「驚かない」

    森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦ウルグアイ戦で2-2と引き分けた。衝撃の2ゴールを挙げたMF三好康児(横浜F・マリノス)は一躍脚光を浴びる存在となったが、現地取材したポルトガル人記者が三好の“欧州移籍”に「十分通用する」「移籍しても驚かない」と太鼓判を押している。


    代表初先発の22歳アタッカーが鮮烈なインパクトを残した。17日のチリ戦(0-4)で途中出場し、ウルグアイ戦では4-2-3-1システムの右サイドハーフで先発を飾った三好が出色のパフォーマンスを見せる。

    前半25分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のパスを受けた三好が右サイドから持ち運ぶと、相手を翻弄する華麗なドリブルから強烈な一撃をネットに突き刺して代表初ゴールをマーク。日本に先制点をもたらし、会場を大いに沸かせた。

    さらに1-1で迎えた後半14分、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)のクロスをGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)が弾き、嗅覚を発揮した三好が詰めて日本が再びリード。その後に追いつかれて2-2ドローに終わったが、三好は2ゴールでマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

    海外メディアがこぞって三好を称賛したが、ポルトガル紙「A BOLA」の記者であるジョアン・モレイラ氏も衝撃を受けた1人だ。

    会場でそのプレーを見ていた同氏は感銘を受けた様子で、「今日の三好のパフォーマンスが、彼のなかで“ベスト”だったのかどうかは分からないけど、今夜の2ゴールで鮮烈なインパクトを与えたのは間違いない」と絶賛。そのうえで、三好の“欧州移籍”について次のように持論を展開した。

    ポルトガル人記者がお墨付き 「例えばポルトガルのクラブに移籍しても…」

    日本代表MF三好康児、ポルトガル人記者が“欧州移籍”に太鼓判「通用する」「驚かない」
    ポルトガル紙「A BOLA」の記者であるモレイラ氏【写真:Football ZONE web】
    「三好の技術レベルであれば、例えばポルトガルのクラブに移籍しても十分通用するし、欧州クラブに移籍しても驚かない」

    ポルトガル紙の記者であるモレイラ氏は、三好のハイパフォーマンスを受けて、母国リーグでも十分通用するとお墨付きを与えている。また「この日の日本代表であれば、全員が欧州でプレーしていると言われても不思議には思わないだろう。誰もが欧州でやれるだけのクオリティーを見せていた」と続けた。

    一夜にして「MIYOSHI」の名前は世界に轟いたなか、2ゴールに「衝撃を覚えた」というポルトガル人記者は、三好に“欧州移籍”の可能性を感じ取ったようだ。

    Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki
    2019-06-24_01h48_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00198888-soccermzw-socc
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/23(日) 06:21:24.16
    南米王者を目指してガチンコ勝負が繰り広げられている南米選手権(コパ・アメリカ)。強豪ウルグアイから2ゴールを奪った日本人選手が、横浜MでプレーするMF三好康児(22)である。

    2020年東京五輪世代の三好が、レアル移籍で注目のMF久保を“ベンチに追いやって”右MFで先発すると序盤から持ち味の<スピードに乗ったドリブル><俊敏な身のこなし>で相手ゴールに迫っていった。前半25分、味方からのロングボールを受けて利き足ではない右足で先制点をゲット。後半14分には、巧みなポジション取りからコボレ球に反応。左足でゴールに押し込んだ。

    「U―16代表の主軸として、13年U―17W杯の出場権獲得の原動力になるなどキレ味鋭いドリブル突破を武器に頭角を現した。川崎から、出場機会を求めて18年はJ札幌に、19年は横浜Mにレンタル移籍。

    Jリーグでのプレーを通して、着実にレベルアップしている。ウルグアイ戦での2ゴールで欧米のスカウト陣の目に留まるだろうし、10代から世界を意識してプレーする三好なので20年東京五輪後、欧州クラブに引き抜かれるでしょう」(サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏)

    日刊ゲンダイ 公開:19/06/23 06:00 更新:19/06/23 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/256747


    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ